エントリー

2020年01月04日の記事は以下のとおりです。

入管法違反

  • 2020/01/04 15:19

カルロスゴーンさんが日産から、特別背任罪、証券取引法違反の嫌疑等を理由とされ、刑事告訴されて、捜査対象となり、逮捕、拘留されて、代表執行役員を下ろされた、この時点でゴーンさんは「入管法規定、日本に在留出来る、滞在出来ると認められた根拠を失って居ます」

弘中弁護士、森本他検事、検察庁、島田裁判官、裁判所は「法務省、入管に対して、旅券法、入管法違反となった事実を持ち、ゴーンさんを日本に滞在させられるのか、理由は何とするか、又は”滞在資格喪失、別の滞在理由を認めない、パスポート、ゴーン氏は、法務省、入管が強制管理する、こう入管法規定により決定して貰わなければならなかったのです”」

入管法、旅券法違反事実を、三権分立規定から正しく理解、適用実施出来て居れば「ゴーンさんの身柄とパスポートの強制管理は、入管法規定を適用させて、入管が強制扱いとなって居たでしょう」

要するに弘中弁護士、森本他検事、検察庁、島田裁判官、裁判所は「憲法規定、三権分立順守、法務省所管の入管法規定と、財務省所管、旅券法の正しい規定適用も、全く分からないまま今も居る結果、ゴーンさんは、トルコ経由でレバノンへ出国した訳です」

日本の司法は、日本国憲法規定の根幹、三権分立から何も理解出来ておらず、よって「憲法遵守も、法の順守も行え無い、第三世界の、恐怖独裁支配国家の司法、と言うより、司法が恐怖独裁国家支配権力となって居ます」

日本国憲法、法律を、根本から蹂躙し捲る日本の司法、この事実が国際的に知れ渡って居るのです、第三世界、司法独裁恐怖支配国家日本から、人権を守る為脱出した、国際的に認められる行為でしょうね。

弘中弁護士、森本他検事、検察庁、島田裁判官、裁判所に「三権分立順守を果たして、旅券法、入管法規定を、法を所管する外務省、法務省に正しく遵守して頂く公式手続きを取って居れば”ゴーンさんの身柄とパスポートは、法務省、入管が押さえて居たでしょうから”」

こいつら法曹テロ権力が、日本国憲法三権分立規定、旅券法、入管法蹂躙に走り、ゴーンさんがトルコ経由でレバノンに、人権犯罪国家から脱出した構図となった、と言う事です、憲法、法律破壊テロに走り、この状況を招いたのは法曹テロ権力、と言う事です。

中世以前の日本の司法の瓦解

  • 2020/01/04 14:34

カルロスゴーンさんが、特別背任等を理由とされて、日産の代表執行役員を解任された、この時点でゴーンさん、弘中弁護士、森本他検事、島田裁判官、ゴーンさんの日本滞在許可条件が失効した、この事に先ず気付けたのか、気付ける筈が無いですよね、日本の法曹資格者の頭では、三権分立から何も分かりませんから。

入出国管理法の規定と、旅券法の規定等、法曹資格者は何も実務も含めて、知らない、分からないですから。

xxの一つ覚え「合ってすら居ない判例のみ、これ以外分った気にもなれません、実際には判例適用、等合っても居ないのですけれど」

日本の弁護士、検事、裁判官の頭の程度は「三権分立は、例えれば3次元、立体的な組み立てで構成されて居る、之から全く意味すら分かりません”弁護士、検事、裁判官の頭の程度は、1次元、点、線でしか理解した気になれない、3次元とは、これ自体何の事か分からない頭の程度なのです”」

ゴーンさんの事件は「ゴーンさんが特別背任等罪状により、日産から刑事告訴されて、逮捕、拘留されて、代表執行役員を下ろされた、この事実により、日本滞在許可条件が崩れた、入出国管理法の規定、日本滞在許可条件違反が生じた、入管、法務省所管の法律違反が発生した」

こう、刑訴法、入管法、旅券法が立体的に法律が適用されて居るが、弘中弁護士、森本他検事、島田裁判官は「刑訴法、入管法、旅券法の絡みも、全く理解が今も及んで居ない”刑訴法と言う点が全てだと、理解力ゼロ故勝手に思い込んでだけ居るのです”」

ゴーンさんが入管法違反、日本滞在許可条件違反となった、当然ですが「彼の旅券は法務省、入管が強制補完しなければならない、弘中弁護士が、入管法違反、旅券法違反で、刑訴法手続き事件で、何の権限も、入管法、旅券法所管権限も無いのに、保管出来る法の規定は無いに決まって居ます」

この状況となったなら「ゴーンさんの旅券と身柄は”入管法、旅券法規定に沿い、法務省、外務省、入管が押さえなければならないのです”不良外国人と、推定犯罪行為者と、ゴーンさんは刑訴法適用扱いで、なったのですから」

弘中弁護士、森本他検事、島田裁判官の頭では、この法律の適用、法を所管する機関の絡みも、全く今でも分からないままなのです、日本国憲法の正しい規定、3次元に置き換えられる正しい規定も、1次元が全て、と錯覚して、それから永遠に抜けられない法曹資格者ですから、まるで分からない結果です。

広告リニューアル内容です

  • 2020/01/04 09:43

@相続を終えた家財等、自身で処理等が出来ない方の家財等、家裁で罹災した家財等、神仏具等を、必要な費用を頂き、引き取り致します

@当社が委任営業エリアの札幌他市、町と協議を行って有り、当社の請負が認められ、実績を持って居る、当社の得意分野は次の請負です。

1、相続に関する物品、相続に関して、引き取り物品調査、品目リスト作成等(リストは有料の場合、提携行政書士委任)も受け、相続を受けた相続人様から、引き取り等を請け負って居ます(未相続だと相続に関する法律等に反し、相続トラブルに繋がります)相続物品調査、リスト作成は、遺産相続手続きに提出実績も持って居ます。

2、神仏具焚き上げ引き取り、自社設備での焚き上げを行います”焚き上げ等扱いに付いて、営業エリアの市、神社本庁、浄土真宗本山、日本ムスリム協会等に確認も行って有ります”。

3、建物火災により、罹災した物品の扱い、原則火災罹災物は、消防が再発火防止の為、廃棄処理請けを認めて居ません、消防、市環境と協議の上、引き取り、処理等実績を持って居ます。

4、自身で家財等を処分等出来ない理由のある方の家財等引き取り、処理等を請負、市と協議して、引き取り、処理等請負実績を持って居ます。

5、当社は、本業が住宅建設工事、主にリフォーム工事請負で、引き取り家財、特に木製品等は、一部再生活用、自社設備で焼却処理等を、建設業法、リサイクル法、廃棄物及び清掃に関する法律特例により、正しく行って居ます、環境省、営業エリアの市とは、当社の上記法律に沿った請負を協議、確認し、適法と認められて居ます

6、当社は建設業として、各請負工事、作業に関して、第三者を含む各事故被害に付いて、損害保険締結も行っており、万が一の事故にも備えて有ります。

7、環境省廃棄物適正処理推進室等はインターネットへの記載や、パンフレットも発行して”未相続遺産金品引き取り請負、生前整理請負等を古物商法許可、産業廃棄物許可で請負、処理する事を禁じて居ます”相続遺産侵奪、廃掃法、古物商法違反行為となっているからです。

8、当社は、リフォーム工事も含めて女性スタッフもおり、高齢の方や、女性の委任者様への対応も取れるようにして居ます。

※当社営業エリア

札幌市全域、小樽市、石狩市、北広島市、江別市、恵庭市、当別町等、各市町とは、当社の事業遂行に付いて協議,を重ね、認められて居ます。

入管法違反

  • 2020/01/04 09:22

ゴーン氏は「日産の代表執行役員を解任された、この事実だけで”日本滞在許可条件を失って居ますよね”日本滞在許可条件の変更手続き、取って有ったんでしょうか?」

ゴーン氏は「特別背任罪等を理由として、日産から刑事告訴されて、刑事訴訟法手続きを検察、裁判所に取られて、起訴されて居ます”日本国内で行動出来る日本滞在許可条件は、何も認められ無いですよね”」

ゴーン氏の状況は「入出国管理法の規定違反です、入国管理事務所、法務省が身柄を、拘束して扱う、之が正しい法律の適用、扱いでしょう”弘中弁護士がゴーン氏の身柄を預かり、自由に動ける特権をゴーン氏に与えた”完全に入管法違反です」

入管法第70条違反、日本滞在許可条件違反を承知の上で弘中弁護士、森本他検事、検察庁、島田一裁判官、裁判所は「ゴーン氏の身柄、ゴーン氏のパスポートを弘中弁護士が預かり、ゴーン氏が自由を手に入れられる、之を認めるように弘中が申し立てして、裁判官が認めると決定した、検事も入管法違反を承知で、追認した、共犯者責任を、刑訴法規定を適用させ、負わせるべきです」

この事実は、日本の法曹資格者、検察庁、裁判所が「憲法破り、行政所管、刑事罰則も付与されている法律蹂躙行為を手掛けた、この犯罪事実、入管法違反を行い、犯罪を行ったと言う、明確な実例証拠です」

入管法の規定は「不良外国人、日本で犯罪に手を染める外国人を排除する、国内で自由に犯罪を行わせない、之が鉄則です”弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所に、入管法を独善、独裁扱い出来る憲法、法律規定は存在して居ません”明確な憲法、法律違反、入管法違反行為の実行犯、共犯です、刑事罰を科すべきです」

憲法規定から弁護士、検事、裁判官は本当に理解も出来て居ない

  • 2020/01/04 08:37

カルロスゴーン氏が日産から告訴されて、代表執行役員を解かれた、刑事訴追されて起訴された、こうなった段階でゴーン氏は「日本滞在条件違反と決まった訳です”ゴーン氏の日本滞在許可条件違反、之が確定となったのです”」

入出国管理の法律違反、日本滞在許可条件違反が確定されたのですから「入出国管理の法律を所管する、法務省に対して”検察庁、裁判所は、ゴーン氏の日本滞在許可条件変更手続きを、公式に、国として取る必要が有ったのです”ゴーン氏の身柄は”法務省、入出国管理事務所が預かる、入出国管理の法律規定を準用して」

之が日本国憲法、法律、法の所管権限を持った、正しい手続き、扱いでしょう「日産の代表執行役員職を解かれて、刑事訴追を受けて、起訴されたゴーン氏に日本で自由を与えると”ゴーン氏が委任した弘中弁護士、森本他検事、検察庁、島田一裁判官、裁判所で、刑事訴訟法手続きで、刑訴法に無い内容とも気付けず、入出国管理法違反行為で審査する”先ずすべき事は、この弁護士、検事、裁判官の法曹資格停止措置、職権剥奪措置実施でしょう」

仮にも法曹資格者、検察庁、裁判所ですよ「所管出来ない法律規定、入出国管理法、旅券法適用事件で”弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所が、入出国管理法違反者を、刑事訴訟法に無い事も合わせて、違法を重ねて審査、決定して、ゴーン氏を解放した”入出国管理法違反でこの弁護士、検事、裁判官を、資格停止措置を取り、訴追すべきでしょう」

被疑者が委任した弁護士には

  • 2020/01/04 08:26

ゴーン氏が委任した、弘中弁護士には「ゴーン氏を刑事訴訟法手続きの一環で、公務として監視、管理出来る法律規定は、存在して居ないです”弘中弁護士が、保釈したゴーン氏の監視、管理を行う、等と言う保釈条件自体、刑事訴訟法違反の条件、こんな条件は、刑訴法の規定違反、でも認められる筈は無いです”」

ゴーン氏のパスポートを、弘中弁護士が預かる、責任保管する事は「入出国管理の法律、旅券の法律規定で、認められて居ないです”旅券は本人に発行され、本人が所持、使用する、之しか認められて居ないです”当然こんな条件を、刑事訴訟法手続きで認めろ、と求めた弘中弁護士と、この条件を認めた島田一裁判官は、刑事訴訟法違反、入出国管理法違反です」

そもそもゴーン氏が「特別背任等により、日本滞在条件違反とされ、執行役員を日産から解任されたのですから”保釈云々では無くて、日本滞在条件違反と言う事ですから”入出国管理法違反を適用させて、法務省、外務省に手続きを取り、法による判断、扱いを法務省、外務省、法を所管する国の行政機関に任せなければならなかった、之が正解でしょう」

弘中弁護士、森本他検事、検察庁、島田一裁判官、裁判所は「憲法の正しい規定違反から、ゴーン氏の事件でも、公に行ったと言う事です、入出国管理法、旅券法は法務省、外務省が所管する法律で有り、刑訴法だ、と偽り、弁護士、検事、裁判官が審理、法による執行権行使等出来る訳が無いのです」

入出国管理法

  • 2020/01/04 08:10

日本の刑事訴訟法の規定には、外国人がパスポートで日本国内で活動して、滞在資格も得た事に関して「刑事訴追を受けた場合、の規定は有りません”そう言う前提で日本に滞在して居て、滞在許可を受けた行為に関して、刑事訴訟法の適用を受けて、公式に捜査対象となれば、入出国管理法により、日本滞在条件変更の手続きが、先ず必要です”」

日本の入出国管理法の規定は「不良外国人を排除する、法に適った行為、行動以外を外国人に、日本間人に際しても認めない、これです」

カルロスゴーンさんを、日産の代表執行役人に迎えて、日本で日産の事業も、代表権を行使させて、仕切らせて来て、特別背任罪等で日産が告訴を提起して、検察庁、裁判所が刑事告訴を受けて、ゴーン氏を刑事訴訟法適用対象者とした、日産はゴーン氏を解任した。

こうなった段階で「ゴーン氏の日本滞在理由に付いて、変更の手続きが必須だった、入出国管理法の規定違反tなったゴーン氏なのだから、と言う事なのですよ」

この法の規定手続きも、やはり理解不可能な弘中弁護士、島田一裁判官、森本他検事は「刑事訴訟法規定により、ゴーン氏のパスポートの扱いや、日本国内で身柄拘束させず、動き回れるかどうか、手続き?を行ったのです」

ですが「日本の刑訴法の規定には、パスポートを持ち、日本滞在条件が認められた外国人が、滞在許可条件違反、犯罪行為の嫌疑を公式に掛けられた時、の法律規定は有りません、刑事訴訟法手続きで弁護士、検事、裁判官が審理、の時点で法に背いて居ます、そんな職権は、弁護士、検事、裁判官には無いのです」

この問題は「ゴーン氏が日本国内に滞在出来るか、この審査手続きと、パスポートをどう扱うか、この審査手続きを、法務省、外務省に対して”検察庁、裁判所のトップの責任で取る必要が有った”入出国管理の法律、旅券の法律に従って、と言うのが正解でしょう」

三権分立から、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所は、何も理解も出来て居ないと言う、正しい事実立証の一つです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4766123
ユニークアクセス:4006670
今日
ページビュー:230
ユニークアクセス:182
昨日
ページビュー:857
ユニークアクセス:777

Feed