エントリー

2020年01月05日の記事は以下のとおりです。

法律規定を順守、基本をここに

  • 2020/01/05 17:42

当社は個人の所有物引き取り、処理等も請け負って居ます、自社で再利用、一部引き取り家財をばらして、使用出来る部材で有れば、や、自社設備で焼却処理を行える体制が出来て居ます。

建設業法、建設業法による建設業とは”土木建設工事、建具、家具、塗装、足場工事、解体業等多岐に渡って居るのですが、役人からして、建設工事の範囲も知らないから”引き取った家財等をばらして、再利用、使用不可の部材は廃棄、焼却処理等している、建設業、リサイクル、廃掃法特例により、適法な事業を遂行して居る、この法律規定から、理解も出来ないのです。

昨年末に、ようやく札幌市環境部署に、これ等の法律規定、法律を適用させて居る、当社の事業を理解して貰いました。

これ等に加えて”未相続の遺産物品は、相続が正しく果たせるように、出来る範囲で手を貸す”当社の実績を踏まえた事業内容も加わって居ます。

火災で罹災した家財の引き取り処理請負も、自分で処理等が不可能な方の家財等の引き取り、処理等も、役所と協議して、請負、処理等を行って来て居ます。

出来るだけ公式に、法律を踏まえて、当社はこれ等請負を行っても居ます、建設工事、リフォーム工事も、火災保険が適用される、罹災被害工事も数多く手掛けて居ます。

当社の得意分野を、今年から公式に打ち出して行って居ます「実績を持って居ますから、公式に得意分野として、打ち出せるんですよ」

法律は何の為に作られ、施行されているか、この国の、特に法曹権力は、根本から枝葉まで、本当にほぼ何も知らない、言われても理解不可能です、言うだけ無駄です、あそこまで無知蒙昧、カルト犯罪行為集団化しているのでは。

行政は、色々な役人が居ますから、根気良く法律の正しい規定、適用方法を、実践を持ち伝えて、理解させるように努めて居れば、理解に至ってくれる事も多く有ります、法曹テロ集団と違って。

犯罪をしのぎと、闇で認められて通されて居る日本

  • 2020/01/05 08:15

日本国憲法、法律規定を正しく適用されてしまえば「普通の常識からまるで理解不可能、虚言、詭弁、言い掛かりだけで法律家業務、公務?と、法の埒外の所業にも走り、通せている法曹資格者、検察庁、裁判所は、刑事、民事訴訟法手続きを偽る、司法犯罪の実際が犯罪と証明され、破滅します」

ゴーン氏は代表執行役員を解任されたし、特別背任罪等容疑を持ち、刑事訴追されました「彼に認めた、日本滞在条件は無効となったのですが、弘中弁護士、森本他検事、検察庁、島田一他担当裁判官、裁判所は”ゴーン氏は日本滞在許可条件違反となって居る、入管がゴーン氏の不法滞在容疑を持ち、入管法違反でゴーン氏の身柄を押さえて下さい”こう申請が、当然必須だったのに」

こいつらは「ゴーン氏が入管法違反、日本滞在許可条件違反となった事すら、法に無知過ぎて理解も及ばず、刑事訴訟法手続きで、ゴーン氏を身柄拘束、自由を与える、と、国の公務で行って来たのです」

刑事訴訟法手続きで、不法滞在外国人の身柄拘束、解放可否審理、決定は出来ません、この法律規定も、こいつら法曹資格者、検察庁、裁判所は、何も知らないのです。

三権分立、日本国憲法の大原則から、法曹資格者は本当に理解も不可能なのです「刑事訴訟法手続きが認められる範囲が、当たり前だが有る事から、日本の法曹資格者は、本当に理解不可能な頭の程度なのです」

日本滞在許可条件が認められて、日本に滞在出来て居る内容が、刑事訴訟法手続きによりと、日本の事業者の代表執行役員だったが、役員会決議で解任とされた、当然、日本滞在許可条件は無効となった、こうなれば入管法違反なので、入管がゴーン氏の身柄を押さえる、入出国管理法規定手続きで有り、弘中弁護士、森本他検事、検察庁、島田一他裁判官、裁判所が入国許可条件違反のゴーン氏の身柄を押さえる、開放する権限は、無いに決まって居ます。

弁護士用の犯罪、当然日本国憲法、法律蹂躙テロ行為

  • 2020/01/05 07:53

無能、無知蒙昧さしかない弁護士が、神の特権を持てているように、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省が共謀して、闇で偽り、強制的に必要となる犯罪を、関係する機関に行わせる手を講じて、強引に偽って、押し通して居ます、日本の実際です。

死人は死後も生きており、死人が預金を引き出し続けて居る、相続遺産分割除外説なる、単なる死人の財産強盗を、法の破壊と、犯罪の闇公認を武器とさせ、通して居る司法遺産泥棒根拠、がこの犯罪が正しい、根拠だと、今もして、犯罪の限りを泥棒、共犯弁護士、裁判官、裁判所が頭を張り、尽くし捲って居ます。

民法第896条、1031条、新民法第909条2の規定も、こいつらは全く意味も何も理解不可能なままで「死人が出た、遺産を強盗、泥棒、詐取出来れば、犯罪者と共犯弁護士が、犯罪で手に出来た遺産を、無税で手に入れられる、相続遺産分割除外説が絶対で、永遠に絶対で通る説だからだ」

こう偽り、強引に犯罪を重ね、犯罪を行わせて、この犯罪を重ね続けて居ます「民法第896条、1031条、新民法第909条2の規定を守り、田辺市は野崎幸助さんから、遺産の全ての遺贈を受けた、野崎さんの遺産を”唯一の法定相続人である、奥方と5割ずつ相続する為”公式に動いています」

司法犯罪、遺言状で遺産全てを遺贈されたとなれば「法定相続人が民法第1031条規定等で持つ、相続遺留分、減殺遺留分相続の分まで強奪して、手に入れて通る、司法、法務省犯罪では有りません」

遺品整理なる「未相続の遺産金品泥棒請負と、遺産強盗、泥棒、詐取制度で犯罪に成功出来た遺産は、犯罪者と共犯弁護士が、法を犯して所有権を得た、この司法、法務省、警察他犯罪とは、同じ犯罪です”合法な遺産相続手続きを取らず、遺産泥棒で入手、正しい遺産泥棒だ”との嘘、犯罪を持ち、司法、警察、行政、国税、報道が遺産強盗、泥棒を、強引に成功させて有る、同じ犯罪なのです」

ゴーン氏の事件でも現出して居る、司法による憲法、法律規定蹂躙

  • 2020/01/05 07:37

司法書士、弁護士が相続に絡み、法を犯す闇特権が、司法書士、弁護士にはある、と、法律には当然無い詐欺行為を「法曹権力、法務省、警察等が闇ででっち上げて、強制力行使により、司法書士、弁護士が、犯罪者に与すれば、犯罪によって遺産を強奪、窃盗、詐取出来た分、所有権を手に出来る、こう偽って成功させて来て居ます」

関係している行政機関、遺産を預かって居る事業者、顧問税理士、弁護士等が、犯罪に手を染めて「正当な司法書士、弁護士用犯罪行為だ、監督機関、警察、司法が犯罪指示を出しており、犯罪を行わせて認めている」

こう、今では「当社が実例証拠を、正しく公式に揃え、公開したので、実行犯が認めて居ます”犯罪は適法にはならないので、犯罪を重ねてtだしい犯罪だ、と偽る手を講じて有る”この事実を、実例証拠も作成、発行して、実行犯金融機関等が認めても居ます」

カルロスゴーンさんが「こんなテロ犯罪独裁司法犯罪国家日本、と言う事実、証拠が揃って居る日本から”言い掛かりとしか見えない罪状を持ち、刑事訴追されて、正しく裁判を受けられない、中世より悪い日本の司法”から、弘中弁護士等、森本他検事、島田一他裁判官による、旅券法違反、入管法違反行為に走っての、ゴーン氏の身柄解放、レバノンへの出国公幇助を受けて、無事出国出来た事も、行政所管法律を、司法が公に蹂躙して、ゴーン氏が無事司法テロ独裁日本国家から脱出出来るように幇助したから、です」

こいつら法曹犯罪集団は「入管法違反の共犯ですから、入管法第70条を適用して、刑事訴追しなければならないのです”ゴーン氏は、日産の代表執行役員を解任された、特別背任等で刑事訴追された”これ等事実を持ち、日本滞在資格要件違反となって居た、滞在許可条件変更手続きを取っておらず、日本滞在資格を喪失して居たのです、ゴーン氏が解放される筈は、入管法違反事実だけでも無かったのですから」

日本の、司法書士、弁護士犯罪用相続、法務省もグル

  • 2020/01/05 07:14

強盗、泥棒、詐欺、日本で司法書士、弁護士が絡む「相続事件、相続手続き?で、恒常的に行われ、犯罪適法化、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、弁護士会共謀テロ、犯罪制度を根拠?とさせて、犯罪者と共犯弁護士が、犯罪によって相続遺産を強奪入手出来ている、遺産の犯罪入手方法、犯罪行為の実態です」

当然ですが、強盗、泥棒、詐欺を働き、相続遺産を奪うのですから、犯罪に手を染めて、相続遺産を奪って所有権が得られて居る、司法、警察犯罪適法化の為、関係する行政機関、金融機関、国税等が、必要な犯罪に手を染めて、成功させて有ります。

法務局は「遺産不動産を”民法第896条、1031条違反行為、他の正当な相続人の相続遺留分、減殺遺留分まで強奪、窃盗、詐取を成功させる為”遺言状でxxに、遺産不動産を遺贈する、こう書いて有るから、上記法の規定も蹂躙させて、XX名義に遺産不動産名義を、闇で書き換えて”他の相続人の遺留分、減殺遺留分遺産不動産まで、法務省犯罪に手を染め、強奪させて、通す悪事を働いています”」

遺産預金強盗、窃盗、詐取は「遺産預金が有る金融機関も直接、犯罪者と共犯の弁護士、裁判官、裁判所の犯罪、死人が死後預金を引き出した、口座を解約して、金を持ち帰った、こう偽造で偽り、正しい口座名義人、死人による預金引き出し、解約だ、との虚言を正しいように、犯罪によって偽り、強制正当化を通す事を重ねて居ます」

当たり前ですが「犯罪行為であり、適法は無い悪事です、司法書士、弁護士が、犯罪を認められて居る、事と偽り、民法第896条、1031条規定蹂躙を、常に働けば”関係する公的機関、金融業者が、必要な犯罪に手を染めて、正しい遺産強盗、窃盗、詐取であると、証拠等を偽造、事実証拠隠匿、隠滅して偽って有り”司法書士、弁護士用犯罪が、今も正しい事と偽り、通されて居る、日本の司法の現実です」

同じ事を「金融機関の職員が、自己の犯罪利益入手を目的として行うと”証拠の帳簿等を、上記司法他犯罪事実、証拠が載っている故使えず、金融屋、共犯弁護士が、業務上横領行為、犯罪である”と、真逆の嫌疑を持ち出し、告訴提起等に走って居るのです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4949498
ユニークアクセス:4173570
今日
ページビュー:69
ユニークアクセス:68
昨日
ページビュー:1743
ユニークアクセス:1627

Feed