エントリー

2020年01月07日の記事は以下のとおりです。

xxxxxxxxxx

  • 2020/01/07 17:16

※当社の尽力、遺産家財の相続実施を果たす為の尽力が実を結び、昨年暮れから家裁の遺産相続手続きに”遺産家財の相続項目”も加わって居ます、未相続の遺産物品処理請負は法に触れる事を、裁判所も認めた結果です。

日本の司法、法務省の憲法、法律に無知蒙昧事実を晒したゴーン氏事件

  • 2020/01/07 16:56

カルロスゴーン氏を刑事訴追したが「当然ですが”ゴーン氏は日産から証券取引法違反、特別背任の容疑で告訴されて、刑事訴追された”のですから、ゴーン氏は労働ビザは無効ですし、観光ビザが有っても、日本で犯罪に手を染めた容疑で、日本で犯罪に手を染めて、犯罪利得を得た、との容疑で訴追を受けて居ますから、観光ビザも無効です」

つまりゴーン氏は「日本滞在自体が、入管法第70条規定で刑事罰則が適用される、犯罪行為となって居ます”その状況で起訴して、ゴーン氏に自由を与えて、旅券も持たせて居た日本の司法、法務省と言う、愚かにも程が有る現実により、ゴーン氏は観光の為、東京の自宅から大阪に行き、空港から飛行機でトルコ、レバノンへと旅立ちました”」

旅券法、入管法の規定も、弘中他弁護士だけでは無くて、森本他検事、東京地検、島田一裁判官他担当裁判官、東京地裁は、知らなかった結果の「起訴されたが、自由を司法から与えられたゴーン氏による、国内外観光旅行実行です」

三権分立、日本国憲法の規定も、この連中は全く理解も出来て居ないから「刑事訴追を受けたゴーン氏は”日本滞在資格自体失っており、入管が身柄を拘束する必要が、真っ先に有った事も理解出来ない検事、検察庁、裁判官、裁判所、弁護士が、入管法違反とも理解不可能で、ゴーン氏に自由を与えた、旅券も持たせて自由を与えた”とんでも司法テロ、犯罪なのです」

ゴーン氏を自由にさせて居たが「ゴーン氏を起訴して居るのですから”何年間ものゴーン氏の自由の身での日本滞在、刑事裁判を受けさせる為の日本滞在を、何の日本滞在許可条件を持ち、通す気だったのでしょうか”入管法の規定上、ゴーン氏が刑事被告人の立場で、日本に自由の身で滞在し続けられる等、有り得ないのですけれど」

ゴーン氏、労働ビザは無効ですから、かと言って、犯罪に手を染めた嫌疑で起訴されており、観光ビザも無効です、ゴーン氏には、自由の身が認められた刑事被告人の外国人で、何の日本滞在許可が出て居たのでしょうね?入管法の規定では、こんなゴーン氏の立場は成立不可能です。

遺品整理、未相続遺産金品泥棒請負も

  • 2020/01/07 16:38

妻の相続遺産強奪、窃盗犯罪を「正しい泥棒だ、死人となった妻の父の身分を偽り、十和田おいらせ農協、青森銀行が共犯となり、妻の兄、次男の娘、妻が金融機関ぐるみで金を盗んだ犯罪は、正しい犯罪であり、犯罪事実は存在して居ない、死人の財産、認知者の財産は、犯罪によって奪えれば犯罪者と共犯弁護士が、正しく所有権を得た、と偽り、取るんだ。

こう札幌弁護士会、元知事、現国会議員、元市長が在籍する弁護士事務所の弁護士、他の札弁連所属弁護士、青森県警、北海道警察本部、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌検察庁、検事、国税等行政機関、報道が、公式に手を汚し、通して来て居る犯罪も「阿部健一、花枝氏の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪事実に付いて”日本共産党も、この犯罪に関して動いた事も功を奏して”道警本部、札幌方面手稲、厚別警察署が、刑事訴訟法手続きを取り、動く事態となって居ます」

死人が生きている、と偽り、死人の預金が有る金融機関と泥棒が共犯で、金融機関の金を盗めれば、泥棒と共犯弁護士が所有権を得た、事と「金融機関も顧問税理士、弁護士、公認会計士共々”司法犯罪だから、を理由とさせて、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書等を偽造する手で、死人による預金引き出しである”と偽装する犯罪により、国中で出来て居ます」

ですが、阿部健一、花枝氏の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪で、この司法が指揮する、犯罪に手を染めても居る犯罪が、犯罪によって正当な犯罪、とは出来ない事態に陥って居ます「弁護士と札幌地裁、家裁、裁判官が共犯なのに、泥棒の共犯なのに」

阿部健一、花枝氏の遺産相続事件で「遺産家財の相続と、新民法第909条2規定を踏まえた、遺産預金の仮支払いを受けたか否かを、家裁が遺産相続項目に加えて居ます”遺産は盗めば泥棒が所有者、遺産から消す”司法犯罪と合いません」

正の遺産で処理が必要な、負の遺産不動産、家財は、弁護士の取り分が減じるからと、強制的に裁判官、裁判所が遺産から除外して押し通して来ている事実、とも合わなくなりました、同じ司法業務なのに。

未相続の内に遺産金品を盗み、闇に溶かせば遺産を消せる、遺品整理請負、泥棒請負も、犯罪と裁判所が更に証明した訳です。

遺産相続手続き変更

  • 2020/01/07 09:52

裁判所の遺産相続手続きが「当社による、弁護士用の遺産泥棒入手、犯罪公認司法犯罪潰し実例、証拠が物を言い、昨年暮れ、大きくリニューアルされて居ます」

;阿部さんの遺産相続事件で、遺産物品の相続に付いて、の項目が新設されて居ます、相続人4人中2名が生活保護受給者です、負の遺産家財の相続を、司法犯罪によって強制抹殺して、闇に葬る今までの手は、阿部さんの両親の遺産物品に関して、当社が遺産家財等物品証明を、相続事件にも出して有り、弁護士の指揮を受けた裁判官が、負の遺産家財相続を強権発動で潰す手も、こうなれば難しくなったでしょう。

;新民法第909条2の規定により、相続遺産預金の仮支払いを受けたか否か、この項目も新設されて居ます”未相続の内に遺産を盗めれば、泥棒と共犯の弁護士が、無税で犯罪利得の所有権を得た”と偽り、強制的に成功させて居る、今までの司法犯罪と、どう整合性を取れるのか。

こうなってしまえば「未相続の遺産金品泥棒請負、遺品整理委任、請負犯罪も、元々泥棒ですけれど、正しく泥棒請負と証明されて居ます」

さて、当社の合法化用司法犯罪事実立証により、裁判所の遺産相続手続きも、合法化項目が作られてしまって居るんです、もう弁護士指揮、遺産強奪正当偽造で成立、も破綻です。

普通に考えれば分かる

  • 2020/01/07 09:38

ずっと前、日本人数人が東南アジアの国を経由して、オーストラリアに行った所「東南アジアの国で”麻薬を荷物に仕込まれて、オーストラリアの入国審査で麻薬が見つかり”オーストラリア政府に身柄を押さえられて、刑事訴追されて、有罪に処されて、確かまだオーストラリアの刑務所に収監されて居る、筈ですよね」

外国人が自国で犯罪に手を染めて、刑事手続きを取られれば「滞在許可条件違反、上記の場合は入国条件違反ですから”犯罪容疑を科せられた他国の政府に、身柄もパスポートも強制的に抑えられます”当たり前です」

ゴーン氏は「有価証券法違反、特別背任罪容疑で日産から告訴されて、東京地検特捜部が”ゴーン氏の日本滞在許可条件が違法となった”事も気付く頭を持たず、勝手にゴーン氏の身柄と旅券を、入管法違反ですから法務省、入管に強制管理させず、東京地裁刑事部と共犯で、刑事訴追して”ゴーン氏を逮捕したが、放免したと言う、理由が」

ゴーン氏が雇った弘中他弁護士が「旅券法、入管法違反でゴーン氏の旅券、身柄を預かるから、この条件でゴーン氏を自由放免した、完全な憲法の三権分立規定破壊、旅券法、入管法違反行為です」

ここまで程度が低い、酷いのです、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省の実態は。

余りの頭の程度の低さが、弁護士用犯罪を生み出させ続けて居るのです、法曹資格者、検察庁、裁判所、法務省、政治に「日本国憲法、各法律の正しい規定の理解と、正しい適用方法をしている人間が払底している結果です」

これが日本の司法の実際

  • 2020/01/07 08:43

入管法違反、之が根本理由です、東京地検特捜部で刑事訴追する、と決めた外国人を「入管法の規定も知らず、東京地検、東京地裁刑事部の検事、裁判官、頭の所長、検事正は、真っ先に入管法の適用違反をどう扱うか、法務省、入管と公式協議もせず”入管法違反と理解も出来ない故”ゴーン氏を刑事訴訟法だけ、で訴追した訳です」

そもそも、自国で犯罪の嫌疑を、検察庁、裁判所によって公式に科せられた外国人は「滞在資格要件違反となっており、滞在している国の在留資格を失って居ます、刑事訴訟法規定だけを適用させて、訴追した、逮捕拘留したが、保釈した、ゴーン氏にパスポートも持たせて、日本滞在を認めて、国内移動も認めた、入管法、旅券法規定違反です」

この刑訴法での決定事実だけでも「東京地検、森本他担当検事、東京地裁刑事部、島田一他裁判官、弘中他弁護士に対して先ず”法曹資格停止措置が必要でしょう”明確過ぎる憲法の規定、三権分立規定違反、入管法、旅券法違反が証明されて居ます”この連中は法曹資格者です、ここまでの憲法、法律違反行為を行った以上、先ずは法曹資格を停止するべきです」

当然ですが「入管法、旅券法違反行為犯罪、単なる民間業者の弘中他弁護士と共謀して、弘中弁護士にゴーン氏の旅券、身柄を預ける暴挙を認めた、違法な刑事訴訟法手続きを認めた、追認した東京地検検事正、担当職員も、東京地裁所長、刑事部担当職員も”職権濫用罪、国家公務員法違反”等で刑事訴追しなければなりません」

普通の頭を持ってりゃ「他国で犯罪の嫌疑を検察庁、裁判所手続きで科せられた外国人は”訴追された国に身柄と旅券を強制的に抑えられますよ”当たり前でしょう、他国の滞在許可条件違反となったのだから」

ここまで無知蒙昧、無能だと世界に

  • 2020/01/07 06:47

@カルロスゴーン氏日本出国に成功、理由は”日本で犯罪に手を染めた外国人は、日本滞在資格取り消し、パスポート、身柄を法務省、入管が強制管理、出入国管理法第70条、入管法違反刑事罰則適用各規定を見れば分かる”弘中他弁護士、森本他検事、東京地検、島田他裁判官、東京地裁刑事部が、刑事訴追された外国人ゴーン氏の身柄、パスポート扱いを、違法行為で弘中弁護士に一任、の是非を審理自体違法、憲法の三権分立規定、旅券法、入管法違反です”日本で刑事訴追された外国人は、日本滞在許可条件不適合、入管が身柄とパスポート強制管理”国際的に当たり前です
@日本の法曹資格者、検察庁、裁判所、法務省は”三権分立憲法規定も理解出来ません、弁護士用犯罪制度”で行政所管法蹂躙犯罪、死人が預金引き出し偽装も同じ理由”道銀事件で警察は、犯行時ビデオ映像で、死人が預金引き出しは嘘、は認めて居ます

                                  令和2年1月7日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※森雅子弁護士兼法相、ゴーン氏海外出国後”上記旅券法、入管法規定違反刑訴法手続き”に気付いたようですね”弁護士が検察庁所管法相兼務、政府、与野党による利益相反、ここも原因でしょうね

森雅子法務大臣、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 旅券法、入管法は外務、法務省所管
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 死人が預金引き出し、司法犯罪故の偽造
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 弁護士犯罪、死人が預金引き出し加担
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、介護保険、障害福祉、環境
FAX011-218-5166 保護受給者用、遺産泥棒利得も公認
              遺品整理等業者、遺産泥棒と結託、も行政犯罪
山岸直人道警本部長、1,2,3課、生活経済。保安課長
TEL,FAX011-251-0110 死人が預金引き出しは虚偽、責任は
日本弁護士会連合会会長
FAX03-3580-2866 弁護士風情が旅券法、入管法所管は不可
札幌弁護士会樋川会長、犯罪直接実行綱紀委員会
FAX011-281-4823金融機関職員横領、適法と弁護無し理由は
北海道新聞社主、報道センター内山、吉田、樋口道警記者クラブ
FAX011-210-5592 入管法、旅券法規定に弁護士所管は無い

1、カルロスゴーン氏は「日本入国、滞在許可条件として、日産の代表執行役員を務める、日本で犯罪に手を染めない、これ等を持って日本入国、日本滞在が認められて居ましたが”日産の代表執行役員を解任されて、証券取引法違反、特別背任容疑で刑事訴追され、起訴されましたので、ゴーン氏は日本滞在許可条件違反、入管法第70条各号、3年以下の懲役、300万円以下の罰金が併合で科せられる立場であり、ゴーン氏の旅券と身柄は法務省、入管が保管、、身柄拘束を、強制的にしなければならない”これが旅券法、入管法規定手続きです」

※別紙、入管法第70条、刑事罰則規定参照

2、ゴーン氏を刑事訴追したい、となった後「東京地検特捜部、森本他検事、東京地裁刑事部、島田一他裁判官は”法務省、入管に対して、ゴーン氏の身柄、旅券を入管が強制管理させる手続きを取った上で”法務省がゴーン氏に対して、強制送還措置を取るか、刑事裁判を受けさせて、有罪が確定したら刑に服させた後、強制送還するか、法務省、入管が、入管法所管権限を行使し、決定、措置行使とする、この憲法の三権分立規定、入管法、旅券法規定手続きが必須だったのです」

3、ゴーン氏はどんな日本滞在許可条件で「入管が旅券、身柄を持たず、日本に滞在し続けられる事に決められて居たのでしょうか?日産の代表執行役員を、証券取引法違反、特別背任罪容疑を持って解任され、刑事訴追された外国人です”身柄拘束されず、旅券を所持し、日本滞在の許可が出る筈が有りません”刑事裁判は10年単位でしょう、どんな日本で入管から身柄拘束されず、日本滞在し続け許可ですか」

4、弘中他弁護士が「ゴーン氏の身柄と旅券を、弁護士が持つからゴーン氏の拘束を解くよう”刑事訴訟法手続きで申請、法を知って居れば地裁は却下が当然だが”東京地裁、島田一他裁判官、東京地検、森本他検事が、旅券法、入管法違反申立とも理解出来ず、刑訴法手続きで審理、旅券法、入管法違反で許可を出した”関与した法曹資格者、弁護士、検事、裁判官には、法曹資格停止措置を取るべきですし、地検、地裁所長、事件担当は、重い懲戒処分、公務員による職権濫用罪も科すべきです」

5、日本で、犯罪に手を染めた容疑で刑事訴追された外国人は「諸外国と同様に、国が旅券、身柄を強制管理します、当然の措置であり”刑事訴追されたゴーン氏を法務省、入管が身柄拘束、旅券管理せず、旅券を所持させ自由の身とした”法務省、法曹権力が憲法、法を犯したのですから、法曹資格停止、剥奪、公務員による職権濫用罪等で刑事訴追されるべきです」

6、別紙記録は「死去した阿部花枝氏の身分を偽り、死人が預金を引き出した、と、道銀が偽っている事件(弁護士用犯罪、遺産窃盗入手制度に加担、商法、銀行法規定上死人が預金引き出し偽装処理以外無い)に関して、札幌方面手稲警察署刑事が、相続人阿部溘悦氏に電話で伝えて来た、荷電内容です」

7、刑事は阿部氏に対して「死人は預金を引き出して居ない(道銀ぐるみの犯罪証言)実行犯の身元は、警察は犯行時のビデオを入手、確認し、容疑者を任意で呼び、犯行の自供も得ているが、相続人にビデオ提供、犯人特定は、現行出来ない」これ等を伝えて来て居ます。

8、之で更に「弁護士用が主眼犯罪、死人が死後預金を引き出しており、遺産預金は適法に消失した、と、金融機関が、顧問税理士、弁護士、公認会計士と共犯で手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造し、犯行時ビデオの隠匿、隠滅を最後の武器とさせ、正しい死人による預金引き出し、と偽り、通せている犯罪も”虚偽、偽造、証拠隠匿、隠滅で成功させて有る、実例証拠が更に出来て居ます”当然ですが、公に捜索押収許可状も、逮捕、拘留状も、出せる筈が無いです”生活保護費詐欺も加わって居るが”弁護士用司法犯罪ですから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4766059
ユニークアクセス:4006612
今日
ページビュー:166
ユニークアクセス:124
昨日
ページビュー:857
ユニークアクセス:777

Feed