エントリー

2020年01月13日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪被害、一定は回復の模様ですが

  • 2020/01/13 15:26

阿部さんの両親の遺産泥棒、詐取被害に、相続人阿部さんの除雪機も、自宅から盗んで居て、今まで見逃されて来た、司法犯罪遺産泥棒入手犯罪公認で、強制適法化、相続人の相続権も、司法テロ権力が強制剥奪、犯罪者擁護が全て、司法テロ権力が国中でこの犯罪も凶行、の一実例。

この司法テロ、犯罪では「阿部さんの自宅から、遺産泥棒、詐取犯の甥、相続人保護受給者さんの相続人の息子が、遺産と併せて?盗んで行って居ました」

何しろ司法犯罪、主眼が、弁護士が犯罪者と共犯となれば、犯罪に手を染めて遺産を強盗、泥棒、詐取して、泥棒と共犯弁護士が所有権を得た、と偽造捏造により、通されて来て居る犯罪に係累して居る、遺産泥棒による、遺産以外も泥棒に走った、遺産泥棒を認めて有り、係累した泥棒も、合わせて免責されて、盗品も泥棒が所有権者、之で通されて来て居る、こう言う犯罪に倣った、泥棒行為です。

そう言う事実、山のような犯罪実例と、犯罪と承知で、泥棒と証明されて居るが「司法犯罪で、弁護士が犯罪で利得を得て、通されて居る、弁護士が指揮する犯罪の一環だから、遺産泥棒は、係累した窃盗犯罪を、自由に凶行出来て、通って来て居る、こっちを摘発すれば、遺産泥棒を認めて有る事と、同じ犯罪者です、整合性が全く取れなくなるから」

弁護士用の犯罪制度化、犯罪だが、犯罪に手を染める事で、正しい犯罪だ、と偽って、通して来て居る司法犯罪と、全く整合性が取れなくなるんですけれど「阿部さんの遺産泥棒被害と、阿部さんの除雪機も同じ犯人が窃盗事件は”刑事訴訟法捜査、立件手続きが”除雪機は、証拠で警察が保全した、犯人も引っ張って来た、自供も当然?」

司法犯罪、遺産は犯罪で盗めれば、泥棒と共犯弁護士が所有権者、と犯罪で偽って有るが「矛盾が大きく出て居ます、全く整合性が取れません、司法犯罪国家権力が集い、正当な犯罪である、一切犯罪性も無い」

こう、札弁連、弁護士全員、高裁以下裁判所職員、裁判官、最高検以下検察庁、検事他が、公に打って出て居ない事は、司法犯罪を認めて逃げ回って居る、と捉えられても、でしょうね。

司法マフィアの

  • 2020/01/13 15:09

最高裁、政府筋等が、司法犯罪遺産強盗、泥棒詐取犯罪入手、犯罪を重ねて表向きの適法と偽装、司法犯罪は成功させられて居る、この一連の「司法権力を悪時に用いて、強引に、犯罪を重ねて成功させて有る所業に付いて、犯罪を成功に持ち込んでる、犯罪の手口を潰して来て居る、ように思えます」

昨年11月までは、司法犯罪を成功させる為、犯罪に走らせる、手を汚す行為を、当たり前に、当社が表で司法犯罪のからくり、闇を表に出したので、当たり前に、公に凶行し捲って来て居ました、総指揮は弁護士犯罪法曹資格者、単なる民間事業者が執り、検事、検察庁、裁判官、裁判所、国税等が、盲目的に犯罪指揮、命令に従い、犯罪を凶行し捲って居ました。

ですが、12月に入ってから、幾つもこの弁護士用、弁護士が指揮を執る、犯罪で利得を、犯罪者と共犯弁護士が手に入れている、司法犯罪制度を成功させて有る、れっきとした犯罪行為に、犯罪を公然と行えなくなる、それなりの手立てが講じられて来て居ます。

何か国家権力の上、高裁以下裁判所、全裁判官、最高検、以下検察庁、検事、警察に対して、司法犯罪、弁護士用犯罪で利得入手、犯罪によって犯罪を適法と偽造作り変えで逃がす、一連の「司法を名乗るが、実態は組織犯罪集団、マフィアによる、犯罪で利得を強引に”正当な犯罪で得た利得である”と偽る各犯罪を、再犯で重ねる事が困難となる、適法化策を下ろして居る、ようです、犯罪司法テロ権力等に対して」

犯罪が国の闇で、司法テロ集団と共犯に認めて有る、この所業に対して、国家権力の上が、是正策を講じ出して居る、ように思えますが「実行犯司法テロ集団、弁護士会、弁護士連中全員は、その事も分からない訳です、実行犯のままですから」

取り敢えず今後も、同様の弁護士用司法犯罪を、常時成功させて行ける、犯罪を免責で潰して、司法犯罪を成功させ続ける、が全犯罪で通る、訳にも行かないようです。

司法遺産泥棒制度が

  • 2020/01/13 07:26

主体が弁護士用の司法犯罪「死人は死後も生きており、死んだ人が、日本中で自分の預金を引き出して”来て”居る、窓口手続き書類、ビデオ映像、帳簿等で、日本では死人が死後、金融機関に来て、窓口手続きで、ATMを使って死人の遺産預金を引き出して居る、口座を解約して、引き出し資金を持ち帰って居る、この事実が証明されて居るんだ」

こう、実際に金融屋は「偽造、行使犯罪に、今も走って居ます、当然ですが”ビデオに死人が預金を引き出しに来て、預金を引き出して帰った場面が映って居る”こう偽造により、偽って有る話は嘘、でっち上げ、虚言です」

阿部さんのご母堂を騙り「道銀、札幌弁護士会、所属弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官が共謀して、実際には孫がご母堂を偽り、道銀手稲星置支店のATMから資金を盗んだ、等の事件で”手稲署一課刑事さんは、阿部さんのご母堂のキャッシュカードを使い、道銀手稲星置支店ATMから金を盗んだ犯人”について”孫”か妻か、相続人の一人、共犯者のxxxxか、と、ビデオ映像も手に入れ、犯行場面を見て、と言う、、、。」

この事件捜査の今を見ても「死人が死後も生きており、死んだ人が窓口手続き、ATMを使い、預金を引き出して居る、過去から今、明日以降も、死人は死後も預金を引き出して行く、証拠は金融屋の手続き書類、帳簿等他就作成書面、犯行時のビデオ映像が、死人が死後も預金を引き出している証拠だ、は、完全な嘘と証明されて居ます」

ここまで稚拙な嘘、虚言を、司法犯罪集団は「金融屋、顧問弁護士、公認会計士、税理士に犯罪も指示して、正しい嘘、虚言で有る、と偽らせるべく、今も暴走を重ねて居ます」

司法犯罪が公式にばれて

  • 2020/01/13 07:02

司法犯罪は、関係する先の事業者、行政機関、警察等が「犯罪に手を染めて、司法犯罪が正しい犯罪、と偽りを事実と偽装して、成功に持ち込んで有ります」

死人は死後も生きており、死んだ人が死後、窓口手続きで、ATMを使って預金を引き出しており「口座名義人の死人が、自分の預金を引き出したので、合法な預金引き出しである、ビデオに死人が預金を引き出す映像が正しく写り、存在して居るのだ」

こうまで金融屋は偽造、虚言を吐き「司法犯罪、遺産泥棒を糊塗に走って居ますが”手続き書類、帳簿多重作成、決算書、監査報告書を偽造、複数作成して、この犯罪を糊塗して、監督官庁も指揮、実行犯だから、多重帳簿等作成、行使も通っている訳です”」

つまり「日本中の金融屋は”預金引き出し手続き書類、預金解約手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書の偽造、行使、多重帳簿作成、表、裏帳簿作成、行使、死人が死後、預金引き出し等行った映像は無いから、ビデオ隠匿、抹殺に走り続けて居る訳です”」

当然ですが、この司法用他犯罪は、監督機関、国税も共犯です、多重帳簿作成、都合に合わせて行使、手続き書類偽造等を、監督官庁、国税も、金融屋に指示して、今も大々的に、口座名義人偽造の手で資金窃盗、横領を重ねさせて、重ねて居る訳です。

ですから「金融屋の帳簿、決算書、監査報告書は”国家権力犯罪指揮により、偽造ばかりと言う事です”ここにメスを入れれば、日本の金融事業は破滅します、犯罪によって事業を遂行して居る、司法他国家権力が、金融屋の資金を狙い、犯罪に手を染めさせて、金を盗めている結果でです」

司法犯罪の実態は、どれもこう言う代物、憲法規定、行政所管法律蹂躙、破壊、犯罪を糊塗する為、関係先に司法犯罪用の犯罪を、強制して行わせて、成功に持ち込み、正しい金融事業所監査を行わせない、行わない、等を武器で成功に、強引に今も持って行って居ます。

阿部さんの遺産相続に絡む事件、甥、妻、相続人長女、年金機構、道銀、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌弁護士会、所属犯罪者共犯弁護士が共犯で、遺産泥棒、詐取実行、行き掛けの駄賃司法犯罪制度に拠り、阿部さん自宅から除雪機も窃盗で挙げられた、この事件の今後の推移は?

令状は基本、司法犯罪です、出せない訳ですしね、司法が自分を挙げる結果と、、。

司法犯罪制度に拠り

  • 2020/01/13 06:48

主体が弁護士用の、犯罪闇適法化、犯罪を制度と強弁して、弁護士を使えば犯罪し放題、犯罪責任免責、犯罪によって得た利得は、犯罪者と共犯弁護士が「憲法第29条、他者の財産犯罪によって侵奪行為を行い、ばれた場合の刑事罰則の適用も、当然司法犯罪用に免責として居る”こうしなければ、司法犯罪、弁護士用の犯罪が成功させられ無いからです”」

この司法犯罪の闇制度化、テロ犯罪、司法、警察、法務省が犯罪集団故成功させられてある、国際司法が主犯犯罪も、昨年12月頃から破綻し出して居るようです。

死人は死後も生きており、死人自身で預金を引き出して居る、金融機関も手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書の偽造、行使、偽造により犯罪隠匿に、顧問税理士、公認会計士、弁護士共々狂奔して、死人が死後も預金を、正しく引き出して居ると偽装して「監督官庁もこの犯罪を、金融機関に指示を出して、行わせており、今もこの犯罪が、国中で凶行されて、泥棒と共犯司法書士、弁護士が、犯罪で得た利得を山分けし放題、が通されて居ます」

この状況の中で「新民法第909条2により、遺産預金の仮支払いを受けましたか?だのと、昨年12月位から家裁が、相続人らに調査書を送り出して居ます」

ですが「民法第896,1031条は、相続遺産分割除外説絶体、司法犯罪の続行事実が有り、順守破壊、死人が死後、遺産預金を引き出したので、死人によって遺産預金は減じて居る、相続遺産から正しく消失した、この司法犯罪は、強制続行されて居ます」

結果、死人は生きており、死人が預金を引き出した、と偽造捏造、証拠隠匿、隠滅の手で偽っている金融屋は「死人が死後、正しく引き出した預金以外の、死人の遺産預金額で、遺産預金仮支払いする、の手と、死人が死後預金を引き出した、遺産預金は消失した、と、死去時の額の遺産預金額で仮支払いしたが、死人が死後引き出した遺産預金は、正しく消失して居る等、多様な犯罪に走って居るのです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4766055
ユニークアクセス:4006608
今日
ページビュー:162
ユニークアクセス:120
昨日
ページビュー:857
ユニークアクセス:777

Feed