エントリー

2020年01月20日の記事は以下のとおりです。

弁護士等使った結果

  • 2020/01/20 17:38

遺産、認知者の財産を、法を犯して奪い、追及されて、犯罪責任から逃げられる、犯罪を完遂させて貰えると、弁護士を使った結果、犯罪が公式に表で証明されて、犯罪を手掛けた犯罪者だが、辯護士が指揮を執り、裁判官、裁判所、警察が、犯罪を免責で逃がしてくれて、犯罪で得た利得を、犯罪の成果で?自己所有と、法に反してしてくれようとして居る。

でも「犯罪で得た、得られると、弁護士、裁判所、裁判官、警察が言って居た、筈の犯罪利得が、どうも手に入れられないような状況に、陥り続けて居ると言う」

挙句「司法遺産強奪制度に付与されて居る、行き掛けの駄賃、他者の財産も強奪特権も、犯罪だから当たり前ですが、犯罪で扱われてしまって居る、司法犯罪、弁護士用犯罪だから、成功するはずだったのに、成功させて貰えなくなっている、弁護士が犯罪を成功させてくれていない」

法律通り、犯罪に手を染め、犯罪で利得を手にしたら、刑法規定が適用されて、被疑者で扱われて居る、一方遺産泥棒、詐欺取得は、同じ泥棒、詐欺により、他者の所有財産犯罪強奪なのに、犯罪を見逃して貰えている、犯罪者、と言う事実は、公に証明されて居るが、犯罪行為責任は、負わされず通って居る”弁護士を使ったけれど、犯罪行為者との事実立証、公式確定”は、公になされて居る、言い訳の出来ない犯罪行為者、と証明されて居る。

遺品整理、未相続遺産金品泥棒請負も、正しく泥棒請負だと、合わせて公式立証されて居る、泥棒を請負、摘発されず通って行くか、阿部さんの事件で、泥棒と共犯弁護士、裁判官、裁判所ぐるみの犯罪裁判、刑訴法手続きにより、正しい泥棒請負により、に持って行かれるか、泥棒が正しいと公式認定されるか、ここにも来ています。

司法、法務省犯罪

  • 2020/01/20 17:12

民法第896,1031条を蹂躙して、泥棒と言うより、泥棒の共犯弁護士が、犯罪によって遺産を強奪、窃盗出来るように、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、検察庁、検事、警察、財務省、金融庁が、法務省の指揮が主体で「法律破壊、犯罪と承知ででっち上げただけ、の、相続遺産分割除外説、単なる相続正の遺産強盗、窃盗、負の遺産は相続を潰して、泥棒の共犯弁護士の取り分を減らさないように、まで仕組まれて有る」

完全な犯罪、合法蹂躙、司法、法務省が指揮を執る犯罪だから、何処にも合法が無しで、常に成功させて来て有る、第三世界以下の、日本の司法を名乗るテロ、犯罪国家権力の実態です。

無能を超えた弁護士、何の法律の、正しい知識も持って居ない、実際には役に立つ筈が無い「無能そのものの法律家、代理人だから、犯罪を、司法犯罪制度、と強制力行使ででっち上げて,弁護士が神を超えた法律知識を備えて居て、法律業務を、合憲、合法によって遂行出来ている、現人神集団だ、とねつ造する以外、弁護士等使い物にも、なのです」

当然ですが、検事、裁判官連中も変わりません、ゴーン氏の事件でも、弁護士、検事、検察庁職員、裁判官、裁判所職員、法務省の役人連中の「旅券法、入管法も、何も知らない結果、ゴーン氏日本で旅券を所持出来て、自由に旅行も出来たから、出国自由自在、あの結果を招いたのですから」

国際的な法律適用事件でも、あそこまでの無知蒙昧さ、無能さを見せつけている、法曹資格者、検察庁、裁判所職員、法務大臣、法務省役人の、本当がゴーン氏事件、遺産泥棒弁護士用犯罪制度等で、公にこの連中の無知蒙昧、無能振りを、国際的に見せつけて居るのです。

泥棒は正しい犯罪だ、相続遺産分割除外説が唯一絶対だからだ、之を今でも、唯一の遺産相続、遺産強盗入手正当根拠だ、に暴走してだけ居る、司法犯罪集団ですから。

司法犯罪相続

  • 2020/01/20 16:44

司法犯罪相続は、得する遺産だけ、弁護士が共犯となった相続人、遺贈を受けた人間も含めた相続権者ならもう完全に、法を犯して他の相続人の遺留分、減殺遺留分まで奪い、司法、警察等が「正しい犯罪による、遺産強奪、窃盗、詐欺行為入手だ、犯罪者と共犯弁護士が、犯罪によって法を犯し、他の相続人の相続分まで、正しく奪えたのだ」

これを、今も変わらず、犯罪と承知で押し通して居ます、今ではもう、公式司法遺産強盗、泥棒制度となって居ます。

遺産を司法テロ国家権力ぐるみで、犯罪によって強奪されて、被害を飲まされている、司法、警察テロによって、これを少しでも防ぐには「遺産強奪、窃盗、詐取被害を事前に食い止める、之しか手立てが無いのです”司法、警察、金融機関、監督官庁、法務省、法務局が、遺産強奪犯罪実行犯、共犯ですから”」

一旦この連中が共謀して、遺産を法を犯し、強奪出来れば、被害者は泣き寝入りを強要されます、逆らうと司法犯罪、泥棒と、共犯の弁護士用司法犯罪ですから、弁護士が指揮を執り、冤罪粛清に走られるしね「私のようにです、裁判官、裁判所、警察が、犯罪弁護士の指揮下に居るので、弁護士冤罪を成功させるべく、冤罪を成立させられる犯罪ででっち上げた犯罪証拠作り、悪用に走ります」

他の相続人が、法律規定によって守られて居る、遺産相続を受ける権利を、司法テロ、犯罪国家権力は、犯罪特権を行使して、破壊し放題に走って居ます。

又「初めに処理が必要な、負の遺産は、やはり司法犯罪相続、が正しいと偽り、放り出して近未来に付けを回し捲って居ます、弁護士の取り分が減る、を理由とさせて」

弁護士用の司法犯罪

  • 2020/01/20 16:24

弁護士用に、犯罪を見逃す特権を闇で与えて有る、相続遺産分割除外説、要するに死人の財産泥棒、泥棒を、説だのと詭弁を弄して、死人を騙り、死人の財産を犯罪により、手に出来る、司法犯罪制度も、どんどん、元から犯罪で構成して有る、司法、警察他、国家権力が犯罪を指揮、実行して、成功に持ち込んで居るだけ、が暴かれ、犯罪が通せなくなり続けて居ます。

この説?を踏襲して、死人を騙り、死人の財産を強奪、窃盗、詐取に成功したなら、行き掛けの駄賃で、他者の財産も強奪、窃盗して、正しい犯罪、犯罪によって他者の財産を取得出来た、と、遺産泥棒共々、実際に認められて居ます。

遺産を犯罪に手を染め、奪って通されて居るんですよ、合わせて他者の財産も、犯罪に手を染めて奪ったからと、遺産の犯罪入手は正しい犯罪、犯罪とせず、犯罪で手にした遺産も、犯罪者と共犯弁護士が、公式に所有権を得た、之を、犯罪によって通して居るんです。

行き掛けの駄賃で、他者の財産も強奪、窃盗して、こっちだけを窃盗、詐欺犯罪、犯罪となるし、犯罪で奪った被害者の財産も、被害者の被害だと扱えば「同じ犯罪行為者による、ともに他者の財産(遺産は相続人の財産です)窃盗、詐取なのだから、遺産泥棒は正しい犯罪、盗品は犯罪者と共犯弁護士が所有権を得た、こう扱いながら、合わせて他者の財産を奪った犯罪は、犯罪と扱い、犯罪被害財産は、被害者の財産犯罪収奪被害、とは、不整合の極みで出来ないですよ」

阿部溘悦さんの甥(と、溘悦さんの妹も共犯)による、溘悦さんの両親の遺産犯罪強奪、窃盗、詐取行為を「正しい犯罪、相続人に、相続遺産窃盗被害は無い、甥が犯罪で奪った遺産は、甥が所有権を得た、と扱いながら」

甥が溘悦さんの家から、除雪機を盗んだ事件は、窃盗罪と扱い、盗品除雪機は、溘悦さんが財産権侵害被害を受けた、と扱って、終わらせたのでは「除雪機窃盗も無罪、冤罪ですよ、同じ他者の財産犯罪収奪加害、被害だから」

犯罪を反省せずと

  • 2020/01/20 08:40

弁護士等使うから、窃盗罪、詐欺罪で刑事事件捜査を受けている立場なのに、手を汚した犯罪は、全部正しい犯罪だと、公式に主張を出して、警察、検事、厚労省、札幌市保護課、市議会等相手に打って出る事となって居るんです。

生活保護受給者の実父、叔母の相続遺産を、民法第896,1031条は無効だ、詐欺、窃盗が正しい相続だ、保護費詐欺にもならない、こうも、叔父相手で主張に走るんです「会計検査院、厚労省、札幌市、保護課、市議会、警察、検察を相手取り、この主張をして、通す事でしょう」

そもそも、犯罪に手を染めて、他者、叔父叔母、実父の財産を奪って、刑事事件で扱われて居る訳です、正しい犯罪、の筈が無いでしょう、不満が有れば、警察、検事に「詐欺、泥棒は正しい犯罪だ、犯罪で扱われて居るが、冤罪、人権侵害だと、この方と共犯の弁護士で、立ち向かわなければならないのです」

生活保護受給者の実父、叔母の相続遺産窃盗、詐取が「生活保護費詐欺、税金詐欺である、筈が無いとの主張も出して居るけれど”会計検査院、厚労省、札幌市、保護課、市議会、国政に向かう事です”」

他者の財産を、犯罪によって奪い、正しいと主張して居るが、相手は阿部溘悦氏では無いし、民事の裁判官が、犯罪に手を染めて、他者の財産を奪って正しい、と判決を出しても、犯罪のままです。

この甥と共犯の弁護士「この状況で、この連中の犯罪適法主張を通せば”実父、叔母の生活保護費も、この男が永遠に巻き上げられる事態を生むんです”流石に通せないでしょう、公に他者の財産泥棒、詐欺も正しい、犯罪で他者の財産収奪は正しい、之は通せないでしょう、もう公には」

司法犯罪、他者所有金品強盗、不動産明け渡し強制執行、実態は強盗も

  • 2020/01/20 08:18

札幌高裁令和元年(ネ)第292号、不動産明け渡しを求めて居る訴訟、控訴審「叔父と叔母二名、実父の相続減殺遺留分まで不正に強奪する為、居住者である相続人、叔父だけを、甥が訴えている訴訟の控訴審に、甥と叔母、遺産泥棒共犯、保護受給者の双方代理弁護士は”不動産明け渡し強制執行手続きと言うが、実際の所業は、占有場所に有る金品を、申立者が所有者と偽り、根こそぎ強奪して、所有者を偽り、犯罪処理して居る”この事実も、控訴人の叔父が、控訴理由書に書いて出して有るのですが」

甥と共犯弁護士は、控訴答弁書に続く、準備書面に「この司法、国による犯罪行為、不動産明け渡し強制執行を謳う、実際は強盗、古物商法、廃掃法違反犯罪に付いても”事実がこうなのに、争う、阿部溘悦氏と争う”と主張を出して来て居ますが”事実通りを溘悦氏は、書いて出した訳で、違うと言うなら、どう違うのか、きちんと主張を出すべきですし」

そもそもこの司法、裁判官、裁判所、国による他者所有金品強盗、犯罪処理強制執行を謳う犯罪行為手続きは、阿部溘悦氏と泥棒甥、共犯弁護士で争ったって、何の合法化も果たせないから。

全く争う当事者双方が違うし、事実がこうなのです、阿部さんと争ったって、何の意味も無いです、愚か過ぎる、無知蒙昧が極まっている弁護士です。

この事実、見当違いの争いにより、不動産明け渡し強制執行を謳う泥棒、廃掃法、古物商法違反公務や、遺品整理、生前整理を謳う泥棒請負も、公に表で、民事裁判で公式に争いで出た訳です、見当違いですけれど。

生活保護受給者の相続遺産家財、も対象です、生活保護法違反も公式に俎上(訴状では無くて、控訴理由書、控訴答弁理由書に)に載った訳です、犯罪が正しい、裁判官が判決で書いても、正しい犯罪、とは出来ないです、もう。

いよいよ公式に出た、遺産泥棒は正当、合法は無効主張

  • 2020/01/20 07:48

弁護士、裁判官、裁判所が共犯となって、犯罪に手を染めて、他の相続人が相続権を持つ相続遺産を強奪、窃盗、詐取、犯罪を重ねてこれを成功に持って行って居ます、司法犯罪、だから、犯罪を隠蔽、偽造等により、強引に成功させて有ります。

この犯罪は「相続遺産分割除外説、なる、民法第896,1031条蹂躙、遺産は犯罪で手に出来た犯罪者と、共犯者の弁護士、裁判官、裁判所が共犯で犯罪に走り、犯罪を免責と、法律根拠無しで、司法権力の悪用を持ち、通す手も講じて、犯罪利得入手、相続遺産から強制抹殺、遺産預金窃盗は、金融屋に帳簿等を偽造させる犯罪を命じて、不動産は、詐欺で泥棒に名義を書き換える、法務局犯罪によって、等、司法が指揮を執る犯罪を重ねて、遺産強奪、詐取を正当と偽って有るのです」

この犯罪制度を、阿部溘悦氏の甥、相続人、保護受給者の弟の息子と、相続人、保護受給者の長女らで活用して、溘悦氏の両親の遺産窃盗、詐取に走り、行き掛けの駄賃で、溘悦氏自宅から、除雪機も盗んだ訳です、札弁連、所属弁護士も共犯です。

これ等の犯罪、法律規定蹂躙による、札幌高裁以下裁判所、裁判官も共犯、実行犯緒犯罪訴訟で「溘悦氏の甥、妹長女双方代理弁護士は”民法第896,1031条も、相続遺産分割除外説採用禁止、最高裁大法廷最終決定も間違いだ、守る気は無い、こう主張を公式に出して居ます」

更に「保護受給者である実父、叔母の相続遺産に付いても、法を犯して手にしている所業は、生活保護法違反、税金詐欺である、この事実も、法を持たず否定に走って居ます」

おまけに「不動産明け渡し強制執行手続きの実態は、占有場所に有る金品を、申立者所有と偽って強奪、搬出、法を犯して処理して居る、この事実も否定して居ると言う、阿部溘悦さんと争って、正しい犯罪となる筈も無い事すら、愚か過ぎて理解不可能なのでしょうね、厚労省、札幌市役所、市議会、警察、国税、法務省等と公に争う事です」

この男は、窃盗、詐欺罪により、捜査を受けて居て、遺産預金窃盗、遺産年金詐も、証拠を警察が揃え、確認済み、この事実も争う、否定と主張して居ます、警察、検察と争う事で、阿部溘悦氏と争ったって、正しい犯罪とはならないです。

弁護士、裁判官、裁判所犯罪が立証されて、責任逃れのみ考えて、委任者が負うなっても構わない、と言う事でしょう。

司法犯罪、弁護士用犯罪、遂に合法破壊を主張

  • 2020/01/20 06:33

@阿部xx、xx氏の遺産不動産、遺産預金、遺産年金窃盗、詐取行為者で、相続人阿部溘悦氏自宅から、除雪機も盗み、xx署に窃盗罪で挙げられた、相続人保護受給者次男の息子は、札幌高裁令和元年(ネ)第292号、建物明け渡し請求控訴事件、明け渡し申立者の立場で”合法は無効、犯罪が正しい、これを通すと争う”と主張を出しました、厚労、会計検査院、札幌市、警察、検察も相手取らねばなりません

                                令和2年1月20日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

秋元札幌市長、市議会、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166保護費詐欺、家財闇処理実行犯、業者共犯
日本広告審査機構 遺品整理、生前整理合法、法の根拠無し
TEL03-3541-2811 司法犯罪遺産泥棒、家財闇処理事件で
FAX03-3541-2816 合法遺産相続、家財処理請け公式拒絶
遺品整理士認定協会 訴訟、刑訴法手続きで弁護士、裁判官共に、
FAX0123-42-0557 遺品、生前整理も犯罪、合法根拠無し立証
FAX011-210-4020 ネクステップ 水江千秋社長
FAX011-803-6446 ルーツ・オブ・ジャパン湊源道社長
FAX011-299-7753 遺品整理想いで社長
FAX011-210-5592 道新報道センター吉田、内山他記者
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局小川まどか他記者
FAX011-233-6008 HTB報道部、広告局
FAX011-271-1535 STV報道部,どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道制作センター中館デスク

1、阿部xx、xx氏、祖父母の遺産窃盗、詐取と、叔父である阿部溘悦氏所有除雪機、自宅から窃盗行為者の、相続人で保護受給者次男の息子、阿部xx氏は「阿部溘悦氏を、祖父所有遺産不動産から”減殺遺留分踏み倒し、溘悦氏が営む二個人事業、看板破壊で営業権潰し用訴訟控訴審(札幌高裁令和元年(ネ)292、控訴人溘悦氏事件に、委任弁護士xxxx等で、下記主張を出して来ました”」

2、民法第896,1031条、相続遺産分割除外説禁止、最高裁大法廷最終決定は順守不要、xx氏は「実父、叔母が相続人で保護受給者だが、この二名の遺産違法入手は、生活保護費詐欺とならぬ、不動産明け渡し強制執行の実態は、溘悦氏自宅家財等を、xx氏所有と偽り、看板破壊、家財強奪、所有者偽装処理行為に走って居る、この事実の否定?刑事事件で捜査受けも否定」訴訟資料も提供します、弁護士、裁判官、裁判所他犯罪、遺産泥棒、詐欺、家財闇処理法によらず適法、日本初の泥棒と弁護士主張です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797694
ユニークアクセス:4034920
今日
ページビュー:208
ユニークアクセス:205
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed