エントリー

2020年02月04日の記事は以下のとおりです。

死後受任契約、遺言状だよな

  • 2020/02/04 16:13

社協が司法書士、行政書士と組み「実行は遺品整理屋、犯罪請負闇商売の連中に丸投げ前提で”死後受任契約だの謳い、死んだ後、遺言者の金と家財の遺贈を受けて、家財を違法業者を使い、処分する、怪しい相続手続き”も行って居ます」

遺言状を交わして居ようと「死んだ途端、遺産は相続権者全員が相続権を得ます、遺言者では無くて、遺産は相続権者全員に、所有権、相続財産として、所有権、相続を受ける権利が移ります」

つまり「この遺言、死後受任契約だのと言う遺言状”10割効力発揮は、他に相続人が居れば、相続を定めた法律規定上も合わせ、完全実効性は無いです”」

せいぜい「5割まで、が実効性の範囲です、家財処理費用が5割まで、家財死後処理請負が違法、の前に、愚かしい、遺言状適当に活用契約です」

そして「家財処理作業を、遺品整理屋、便利屋に丸投げ前提労役請負です、幾つも違法労役請負、丸投げとなって居ます、第一”こんな遺言状契約で、廃棄前提で、家財処理を丸投げ処理前提で、請け負え無いから”」

しかも「この程度の知識、頭で”家財廃棄処理を、遺言状契約で請け負いました、相続を一部受けました”遺言者に債務が有れば、社協、提携司法書士、行政書士、無条件で債務も相続して居ますよ」

地方自治体が「遺贈者の債務も相続受けして”税金で債務処理する訳です”税金の犯罪使用ですが?相続を規定した法律の内容、意味も、本当にこの連中も、法曹資格者同様、知らないんですよね」

遺産土地建物10割所有権入手、地面師詐欺で得たと偽装が事実

  • 2020/02/04 15:58

遺言状に「xxに遺産土地建物を遺贈する、こう書いて有るからだけを根拠とさせて”他にも相続人が居て、相続遺留分、減殺遺留分相続権が、法の規定で守られて居るのに、xxに遺産土地建物所有権を、名義書き換えで得させている”」

じゃあ「この名義書き換え、合法な10割xx所有名義に書き換えなのか?と言う、当然の、法律規定を持った疑念に付いて”阿部健一氏の遺産土地建物所有名義10割を、遺言状が有るから、だけを根拠とさせて、國分司法書士、所属事務所、法務局は、遺贈を受ける孫名義に、10割所有権を書き換えたんですけれど”」

相続人は他に、この孫の実父、叔父叔母合わせて4人、名義書き換え時には、健一氏の妻も存命だったので、合わせて5人の相続人が居ました「健一氏の孫が、遺産土地建物所有権10割を、無条件で手に入れられる訳では無い、と言う状況です」

じゃあ「この、孫名義への土地建物所有名義10割書き換えに、合法根拠が有るのか、この問題に対して”孫と共犯弁護士は、時効を援用する”と、控訴事件で答弁しました、一審で無条件勝訴したんですけれどね、控訴事件に移行したら、遺産土地建物所有権10割取得は、合法では無い、等認めたんです、地面師詐欺の自白です」

この、地面師詐欺土地建物所有権名義10割書き換え代行、國分司法書士、所属事務所は未だに「阿部健一氏の遺産土地建物所有名義10割を、孫名義に書き換えた手続きが合法、違法とも答えを寄越しません”国家資格者が行った、所有名義10割書き換え手続きです、孫委任弁護士は、違法な名義書き換え等認めて居ます”国家資格者が違法と認めている、國分司法書士、所属事務所、法を明記して、合法書き換えと証明する責任を負って居ます」

司法犯罪制度は、犯罪強制適法決定、判決で強制成立

  • 2020/02/04 15:28

司法犯罪制度、相続遺産分割除外説、遺言状記載で”正の遺産だけ、法に背く手を講じてでも手に入れられて、負の遺産は相続せず通される”そんな都合の良い法律規定は、当然無いですけれど「弁護士、司法書士用の犯罪利得入手用、犯罪正当化、法の破壊で強制決定、判決記載で成功させて有るんです」

阿部健一、花枝さんの遺産、正の遺産も、法を犯した所業により、被相続人の孫が、遺産土地建物所有全権利を、違法名義書き換えで得た、筈でしたが「合法な遺産土地建物全所有名義書き換え、遺産不動産所有権10割入手では無いと、犯罪利得受益者と、共犯弁護士が、控訴事件で自白しましたので」

司法犯罪相続制度、遺言状記載と、相続遺産分割除外説を根拠とさせた「他の相続人が持つ、相続遺留分、減殺遺留分相続受けの権利蹂躙、叩き潰して”法を犯して遺産を手に入れた者が、犯罪収益の所有権者となる、今まで常に成功させられて来た、司法犯罪が破綻して居ます”」

この遺産土地建物、犯罪による10割収奪を「弁護士、裁判官、裁判所が”正しい犯罪収奪で有り、孫は遺産土地建物所有権10割を得た”こう判決を下した、一審判決が、控訴審でも法の破壊で、遺産土地建物の所有権10割は、孫が得た、遺産不動産に居住して、個人事業も営んで居る叔父の相続権、居住権、営業権全て却下、認めない”と言う内容の判決が出て居ますけれど」

控訴審になり「犯罪利得受益者の孫と、共犯の弁護士”法を犯して遺産不動産所有権10割、遺産預金、遺産年金を手に入れた”等認めました、訴訟詐欺と言う事実を、犯罪利得受益者と共犯の弁護士が、公に認めたんです」

裁判官、裁判所犯罪が証明されて居ます「同様の遺産犯罪収奪、犯罪利得は犯罪者が所有権を得た、決定、判決が、今まで常時出て来て居ます、司法犯罪が公式立証されて、実例も出来た、さて司法、法務省、どう責任を取るのか」

阿部さんを強盗により、自営業毎叩き出す、司法犯罪不動産明け渡し強制執行も、さて、警察、労基、市議会等が関わる中で、凶行突破出来るのか、完全な強盗ですから。

死後受任契約、地方自治体犯罪請負

  • 2020/02/04 09:16

司法犯罪相続制度絶体、之が大元に有る事で「市、町が社協に、司法書士、行政書士等と組ませて行わせて居る、遺産侵奪と、負の遺産犯罪処理請負も、成功させられて居ます」

司法犯罪遺産侵奪制度、正の遺産は「法を犯して手に入れ有れれば、犯罪者が所有権を得た、遺産から消えたと、司法、法務省、国税が虚偽決定して、犯罪収益入手者と、共犯の弁護士の、犯罪収益入手を正当と強制偽り、犯罪収益なのに、無税で逃がして居る」

負の遺産は「遺産建物の解体撤去、遺産家財の犯罪処理請負を”違法業者、社協、弁護士、司法書士、行政書士が元請け受注出来て居て、工事、作業を違法に請け負ったこの連中は、犯罪工事、作業請負責任も、犯罪労働に対する責任も、一切負わずに逃がされて居る”労働局も共犯で、之も通されて居ます」

犯罪建設工事請負、責任を負わず、丸投げで工事を実施出来て、通せている、犯罪遺産家財処理も請負、犯罪請負実施は、やはり犯罪業者に丸投げして、通せているんです。

これ等の地方自治体、社協、士資格商売の連中による、犯罪請負と、請負者責任全て放り出せて、ピン撥ねで稼いで通って居る理由も「司法犯罪相続制度のみ、常に強制的に正しい、と偽り、通されて居る、之が武器で通って居ます」

先ずは、阿部健一、花枝さんの犯罪遺産侵奪、犯罪遺産家財処理事件、既遂犯罪は、犯罪収益入手者と、委任弁護士が「犯罪収益入手等を自白して居る訳で”今後、不動産明け渡し強制執行名目の、司法強盗、犯罪家財処理、犯罪請負、犯罪労働、予告犯罪が、どう推移するか”ですよね」

司法主犯、保護費詐欺も公開証明されて居ます、この司法ぐるみ税金詐欺も、どう決着されるか、権力犯罪が多岐に渡って居ると、事実証拠で公開されており、予告犯罪も揃って居るのですから。

犯罪に厚労、国税も加担

  • 2020/02/04 07:51

今日の文書、解説で「司法犯罪相続制度には、厚労、国税も直接、法を犯して加担して居る、之も公式立証して有ります」

遺産建物の解体撤去、処理が必要な家財遺産処理の請負、死後受任契約だのと言う、遺言状を交わして。

建設工事請負、作業請負で有り、社協、共犯の司法書士、行政書士が請負、丸投げ工事、労役させられる筈が無いのです、違法の極みです。

第一、この遺贈を受けた遺産金、他に相続人が居れば、半額は他の相続人相続遺留分で、返金が必要です、又「違法労働だと、労基に訴えられれば、社協、提携司法書士、行政書士は”違法請負、丸投げ労働責任を問われるしね”当たり前です」

関係する法に無知故、こんな犯罪相続に手を出すんです、愚かな。

今後、阿部さんの遺産家財を、不動y産明け渡し強制執行名目で、実際には強盗、犯罪による処理に走ったなら、厚労省、労基も動くしか有りません、司法が幾ら独裁テロを通そうとしても、労基には労働者を守る責任が有るし、厚労には、労働者保護に加えて、保護費詐欺潰し責任も有る訳です。

ここまで雁字搦めにしてしまえば、もう司法犯罪相続も、成功は無理でしょう、札幌市長、市議会、市犯罪部署も、犯罪に走るのは困難ですし、司法犯罪は、行政、警察他が犯罪に手を染め、成功させる、一連のからくり、実行犯が、ここまで公開された予告犯罪は、成功は難しいでしょう。

司法犯罪破綻の先

  • 2020/02/04 06:29

@阿部健一、花枝氏の遺産は”金額換算で900万円前後、孫、相続人次男の息子が違法利得で手に入れており、本人と委任弁護士も、違法利得と認めて居ます”保護費詐欺、負の遺産家財犯罪処理予定、司法、警察、行政が手を汚して、犯罪利得への課税問題、犯罪労働予定事実、これ等当社指摘済み、も表に出て居ます”遺品整理、生前整理、死後受任契約、どれも同じ犯罪であり、公権力が犯罪事実を隠して来たが、合法相続も通るように変わり、破綻して居ます、当社、行政書士の息子と協議すべきです

                                  令和2年2月4日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目9番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※負の遺産建物解体撤去、負の遺産物品引き取り各処理は”行政書士、弁護士には請け負え無いし、負の遺産目録独善作成件も無し”記載先、当社と行政書士の息子が、記載に付いても詳細に説明致します

加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係福田他担当
FAX03-3592-1459(2826)家財犯罪処理、労働者犯罪です
道労働局長、各労基署長、労働基準、労働安全、労災課長
FAX011-737-1211 中央労基から厚労他配布、犯罪労働対処
秋元札幌市長、市議会議員全員
FAX011-218-5166 関係先配布
FAX011-218-5119 自民市議、吉野事務職員
FAX011-218-5121 民主市民連合市議、木村事務職員
FAX011-218-5124 共産市議、浅水、増川事務職員
FAX011-218-5180保護自立支援課阿部課長、保護費詐欺禁止
FAX011-218-5105 事業廃棄物八田他課長
FAX011-218-5108 環境事業部清水課長他
FAX011-218-5117 介護保険課桐越課長他
FAX011-218-5181 障害福祉課坪田課長他
森雅子法務大臣、民事、刑事局、民事執行係り
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 司法犯罪相続制度、記載他犯罪で成功
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 司法犯罪は、共犯者により成功、事前予告
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
山岸直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110

1、阿部健一、花枝氏の相続遺産犯罪侵奪、金額換算で、健一氏遺産不動産800万円以上、花枝氏遺産預金287,000円、遺産年金366,000円以上の法を犯した侵奪”合法に手に入れた遺産利得にあらず”を、犯罪利得受益者、相続人保護受給者息子、阿部xxと、委任弁護士xxxx他弁護士は、札幌高裁令和元年(ネ)第292号事件で認めて居ます「単純計算で、相続人4人中2名が保護受給者相続人、各々相続遺産金額は、200万円以上存在しており、負の遺産家財処理保護費拠出分、保護受給者一人当たり100万円前後(扱いにより大きく増減)を差し引いても、まだ100万円前後残る、巨額の保護費詐欺も立証されて居ます」関係行政所管法律に、職権は無い裁判官の、高裁判決で適法化は出来ません。

2、この事件で更に立証された「司法犯罪遺産犯罪相続制度の現実”阿部健一、花枝氏の相続遺産家財、不動産明け渡し強制執行を名乗る、強奪に廃掃法、古物商法違反、労基法、労安法、労災補償保険法違反も加わった悪行実行予定”でも、司法犯罪事実が公開証明されて居ます」札幌市長、担当各部署、市議会、道警、厚労が加担しなければ、成功させられない、予告犯罪です。

3、司法犯罪により、実際に行われて居る犯罪に付いて、下記に列記します。

(1)不動産明け渡し強制執行名目の犯罪事実は、既に伝えた通りで「犯罪を実際に請け負って居る道民運輸、まこと引越センター労働者は、犯罪に従事させられており、刑訴法手続き実行時、犯罪労働による受傷の場合”労働者で扱われません”まして阿部健一、花枝氏の遺産物品強奪、処理犯罪では、労基も責任を負って居ます。

(2)解体撤去が必要な遺産建物解体処理請負、処分が必要な遺産物品引き取り、各処理請負と、こう言った「工事、作業が必要な負の遺産目録作成に付いて、弁護士、司法書士、行政書士、社協、遺品整理屋、便利屋は、請負禁止、遺産目録独善作成が禁じられて居ます」

(3)理由は「建設工事、各労役請負に付いては”建設業法、作業毎の労働者を、合法労働、作業に従事させる為の法律、労基法、労安法、労災補償保険法、最低賃金法、中間搾取を禁じた法律”も適用されるので、士事業者、建設業で無い事業者、窃盗の類を請け負う業者には、請け負う資格自体無い、合法に工事、労役を遂行出来る、合法に労働者を、労役に従事させる資格が無い、からです」

(4)又「金銭負債に付いては”弁護士、行政書士は、負の遺産として遺産目録を作れますが、工事、労役が必要な負の遺産に付いては、弁護士、行政書士単独で、負の遺産目録作成は禁じられます、適法、合法に請負、労働者に労役を行わせられる業者、者以外、工事、作業費用算出も、請負も不可能だからです”」

(5)これは「遺産相続手続き、制度に設定が無い、上記労働に関わる法の適用の場合の、負の遺産処理設定が無い故です」

(6)最近、市、町が、社協と司法書士、行政書士と組ませて「死後受任契約と言う、相続等法に無知故の”遺産金一定額と、処理が必要な遺産家財処理を、被相続人となる者と交わし、死後遺産金と家財を社協、司法書士、行政書士が元請けで相続を受け、遺品整理屋を下請けで使い、処分する”公務を行い出して居ますが、上記法に反して居る事が先ず有ります」

(7)又「今までは、司法犯罪相続制度絶体、法によらない犯罪相続により”法を犯して遺産を手に入れれば、遺産から強制抹殺、この手と、遺言状で正の遺産を遺贈されれば、負の遺産は相続せず逃がされる制度”により、死後受任契約、遺品整理請負、被相続人遺産家財、不動産明け渡し強制執行名目強盗他により、犯罪処理請負実行出来たのですが、下記法の適用に、当社の尽力が大きく有り、変わって居ます」

(8)紀州のドンファンこと、野崎幸助氏による、田辺市への遺産全て遺贈遺言状執行でも、田辺氏が取った手続き「唯一の相続人、奥方と遺産を5割ずつ相続受け、但し”負債が出た場合に備え、奥方の了解を得て、限定相続受けとした”この合法遺言状による相続手続き、之が今後の雛形、遺言状による、複数相続人が居る場合の雛形です」

(9)死後受任契約の違法により、起きる問題には「他に相続人が居れば、遺贈を受けた家財処理費用の半分は”他の相続人減殺遺留分金員で、死後受任契約で、全額入手は出来ません”又”家財を処理した費用は、違法請負故、社協、市、町が訴えられれば責任を負います、処理費は社協、司法書士、行政書士持ちで”違法請負ですから、実行労働者から、違法労働で労基に訴えられても、負けます」

(10)死後受任契約、遺贈を受ければ当然「被相続人に負債が有れば、死後受任契約で遺贈を受けた社協、提携司法書士、行政書士は、負の遺産も相続します”母体が市、町による、違法遺贈受け、違法作業物品処理請負、遺贈請けです”債権者は、取り立て出来る相続人から債権回収出来るので、とりっぱぐれが有りません”」

(11)今までは「司法犯罪相続制度で”犯罪で遺産を手にした者(相続人以外も含む)遺言状で正の遺産だけ遺贈を受けた者は、負の遺産は相続せず、逃がされる司法犯罪制度”により、正の遺産犯罪入手、負の遺産相続逃れ出来たに過ぎません」

4、これ等の犯罪相続、犯罪請負は「厚労省、労働局も、犯罪労働を公認して来た事と、犯罪収益への合法課税を、税務署も故意に逃れさせて来た、事実も武器で成功しただけです”厚労、労働局も、もう逃げられません”」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4847120
ユニークアクセス:4077828
今日
ページビュー:36
ユニークアクセス:35
昨日
ページビュー:1290
ユニークアクセス:1187

Feed