エントリー

2020年02月05日の記事は以下のとおりです。

相続人から

  • 2020/02/05 14:30

遺産の段階で、遺産金員を盗ませて差し出させる、遺産物品をその金で犯罪処理請負する、遺品整理を謳う、泥棒他犯罪請負の実態です。

同様の犯罪を「阿部健一、花枝氏の遺産物品犯罪処理で、不動産明け渡し強制執行名目の、司法が指揮する強盗により、果たそうとして居る訳です」

この未相続遺産物品犯罪強奪、犯罪処理は「金は遺産不動産、金員詐取、窃盗犯の、被相続人の孫が、犯罪で得た利得から支出して、遺産物品を自己所有と偽り、犯罪処理する予定が組まれて居ます」

遺品整理委任、請負の、司法犯罪版です、犯罪の内容は、基本同じです「遺産利得法を犯して侵奪入手、遺産物品、所有者を偽って処理、同じ犯罪が凶行されて居ます”司法が犯罪の指揮を執って居る、之が加わったに過ぎません、司法が指揮を執ろうとも、遺品整理請負と同じ犯罪行為です」

通常の遺品整理請負は、闇の中で行われて、世間的には分からない訳です、ですが「遺産犯罪収奪犯罪での、遺産家財司法犯罪処理の場合、裁判所を通っており、公文書証拠も揃い、遺品整理と同じ犯罪が、裁判所、裁判官、弁護士、執行官、実行犯業者、雇用されている労働者により、凶行されるのです」

阿部健一、花枝さんの遺産物品犯罪処理を「公開された中で凶行予定となって居る、不動産明け渡し強制執行手続きにより”その前に、遺産土地建物、家財等犯罪侵奪が証明されて、犯罪利得受益者も、法を犯して遺産利得を得た、等認めて居る上で”高裁裁判官も、地裁裁判官に続き、遺産土地建物10割の所有権入手、遺産預金窃盗利得入手、遺産年金詐取で入手は、正しい遺産利得入手だ、遺産家財は同じ犯罪者所有となった”こう判決を下す予定の、高裁裁判、判決が有ります」

通常は、この犯罪が流れ作業で常に、犯罪と承知で司法犯罪制度だから、で強制適法化されて、記載犯罪が凶行されて、終わらされるんです、阿部さんの事件は「不動産明け渡し強制執行名目司法強盗、ちょっと成功はおぼつきませんね」

不動産明け渡し強制執行、遺品整理請負、共に犯罪、手口は同じ

  • 2020/02/05 13:52

阿部さんの事件、遺産土地建物、遺産家財強奪、窃盗で「司法が強制遺産から抹殺決定、遺産土地建物を、不動産明け渡し強制執行を謳う、強盗行為により、居住する相続人と二個人事業毎強制排除する、予定が組まれて居る、司法定番犯罪」

不動産明け渡し強制執行を謳うが、疑いの余地の無い強盗行為、予定犯罪は「該当不動産内外に有る金品を”執行官、孫委任弁護士が道民運輸か、まこと引越センターの運転手を指揮して、強盗して、倉庫に運ばせる”この犯罪を、阿部さん居住不動産で、凶行します”」

これ等の金品、有価物は「執行を申し立てた、被相続人の孫が所有者だと、何の事実も無しと承知で偽り、強盗を凶行します、強盗まで事前に組まれて居る、司法犯罪なのですから」

これ等遺産金品は「相続を正しく果たす事を拒絶して居る、詐欺遺産分割調停で”存在しない遺産金品”と、虚偽決定される予定になって居ましたが、阿部さんが当社で作った遺産物品証明書を、証拠で出して有る上に”阿部さん自身で、3点遺産物品を、金銭価値を示して、遺贈を受けるとも記載し、詐欺審判に出しても有ります」

これ等の手も打ちましたので「強制執行名目強盗に走り、遺産金品なのに、孫が所有権者の金品だ、こう裁判所、弁護士、裁判官、執行官で偽り、強盗して所有者偽装処理は、適法と全く出来なくなっています、元々強盗ですけれどね」

なお、義父母の相続遺産物品は「相続人次男、長女、委任犯罪弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札弁連、青森県警らが共犯で犯罪を重ねて「法律上、存在しない未相続遺産物品、と決定されて居ます”まあ、これで義父母の遺産物品、公式に無くなった訳で”処理も不要で良いですけれどね」

阿部さんの遺産司法強盗、泥棒、詐欺抹殺、犯罪者が所有権者犯罪では「遺産家財相続、処理を、司法犯罪決定、判決により、物品は有るが、遺産から強制抹殺、義父母の事例と同じに、之も防ぐ為、当社が種々尽力して来たのです”この司法犯罪の結果で、近未来に行政機関は、税金を使い、莫大な相続遺産から強制除外家財等の処理が降り掛かるんです”税金ですよ、処理費は」

司法犯罪集団には

  • 2020/02/05 13:25

司法犯罪国家権力には、司法が法の破壊ででっち上げた、犯罪制度に関して、直接必要となる犯罪を凶行する権限等、有る筈は御座いません。

要するに「司法犯罪を凶行する、こう決定、判決を下したら、警察、役所、役人、士事業者、犯罪実行業者が、各々必要となる犯罪に、阿吽の呼吸で手を染めて、司法犯罪を成功させて居るだけなのです」

犯罪を何処も、誰も行わなければ、又は「一部でも、司法犯罪指揮、命令に従わず、犯罪を拒めば、司法犯罪は成功させられ無いか”もっと荒っぽい犯罪が、犯罪を拒んだ実行犯以外により、凶行されるのです”結局犯罪を手掛けて、司法犯罪決定、判決を成功させるだけです」

阿部さんの居住している土地建物を、阿部溘悦さんの甥が全部奪おうと目論んで居る、司法地面師詐欺の完遂目論見訴訟詐欺、強盗不動産収奪も、犯罪を重ねて、強制完遂を目論んで有りますが「公開司法犯罪と、正しい事実証明が果たされて居ますから”この司法犯罪を成功に持ち込むには、公に公的機関複数と、札幌市議会も、直接犯罪に加担しなければ、成功させられない所まで追い込めて居ます”」

実行犯は伊藤執行官、道民運輸かまこと引越センターの運転手ですが「この司法強盗実行となれば、警察、労基も現場に臨場します、強盗を目の当たりにして、警察、労基が見過ごせる筈は無いです”労働者に公開強盗を行わせて居る”司法犯罪制度に拠って、何処にも合法が無い、単なる犯罪を、警察、労基が目の当たりにして、見過ごせる筈が無いのです」

そもそも「地面師詐欺により、遺産土地建物の所有権10割を、被相続人の孫名義に書き換えた事に合法は無いと、犯罪利得受益者孫と、委任弁護士と、この名義書き換え手続きを代行した、國分司法書士も認めて居るのですしね」

何処にも司法強盗を凶行出来る、法を持った根拠は無いのですから、幾ら司法だ、裁判官、裁判所だ、と威張ったって「警察、行政を従わせて、敵に回して、労働者に犯罪を強制実行させて、通せる特権、独裁権力は無いんです」

司法犯罪を成功させて有る、直接犯罪に手を染める公権力、事業者、士自営業者が何処で、どう言う犯罪を、司法犯罪を成功させる為、分担して凶行しているか、之からするか、ここを表に出して、犯罪を公開で行わせる、とすれば、何処かは犯罪から手を引きます、司法犯罪の完遂が破綻するんです。

労働者を犯罪に従事

  • 2020/02/05 07:33

阿部溘悦氏を、遺産土地建物から「司法犯罪により叩き出す、地面師詐欺により、遺産土地建物所有名義を10割、孫名義に書き換えたから、j之を武器とさせてです」

でも「孫も委任弁護士も、名義10割書き換え手続きを行った、國分司法書士も”合法の無い名義10割書き換え”これを認めている、この名義書き換えを合法と答えられない”こう答が出て居ます」

つまり「不動産明け渡し要求の訴えも、認めた一審判決も。訴訟詐欺と証明されて居る訳です」

土地建物所有名義書き換え、手続きに付いては、所有者、手続き代行司法書士、法務局が権限、権利を有しており、法曹資格者、裁判所職権では有りません、名義を書き換えて貰った受益者、手続き代行司法書士、法務局が「合法な名義10割書き換えでは無い、こう認めて居るんです、この訴訟提起、訴えを完全に認めた判決に、合法は無いと言う事です」

地面師詐欺を認めている、当時者が揃って、ここまで証明されている中で、高裁も詐欺を認めた判決を出して、強制執行名目司法強盗に走った所で「実行犯労働者は、合法労働とはならないのです、犯罪行為ですから、厚労省、労働局、労基が之を認めれば、労働自体破綻します」

今後強盗、窃盗、詐欺も「労働者に行わせれば、適法な労働と出来てしまいますし、犯罪収益も、正しい事業収益、犯罪対価、労働対価となってしまいます」

阿部さんの事件で「厚労省、労働局、労基がどう動くか、之も重大になって居ます、他の同様犯罪多数への、重大な影響も合わせて」

司法が指揮を執ろうとも、犯罪に労働者を従事させられる筈はありません、当然です、ここまで漸く、当社の尽力で持って来れました・

司法犯罪に、労働と称して従事を

  • 2020/02/05 07:19

阿部溘悦氏を遺産土地建物から、溘悦氏が営む二の事業毎叩き出す、地面師詐欺により、被相続人の遺産土地建物所有名義を、孫名義に10割書き換えて有るから、之が根拠と言って。

一審判決は「この地面師詐欺名義10割書き換えを、法の破壊を武器とさせ、無条件で認めました、控訴事件に移り、孫と委任弁護士は「遺産土地建物、所有名義を、孫名義に10割書き換えた事に付いて”合法では無いので、時効1年を援用する”と、公に地面師詐欺を認める主張を出した訳です」

つまり、この建物明け渡し請求提訴も、之を無条件で認めた一審判決も、地面師詐欺と証明されて居る訳です、孫名義に10割、所有権移転登記手続きを行った、國分司法書士も、合法な名義書き換えだとは、全く答を出せないままです。

ここまで事実、証拠が揃っている訳です「この状況で、阿部さんに対して、控訴審でも、遺産土地建物は孫が10割所有権を得ている、溘悦氏と自営二事業は、無条件で退去せよ判決を出そうとも「強盗行為と言う事実は、もう隠せません”実行するのは道民運輸、まこと引越センターの運転手です”労働と偽り、犯罪に従事させる訳です」

犯罪に労働者を従事させて居る、厚労省、労働局、労基も責任を大きく負って居ます、例え裁判所、法曹資格者であろうとも、労働と偽り、労働者を犯罪に従事させてはなりません、責任をだれも取れませんから。

この事件の経緯、司法が主犯の犯罪行為事実、実行予定等により、司法犯罪相続の真っ黒い事実が、公式に表で証明されても居ます。

今も国中で、同様の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪と、司法指揮強盗が繰り広げられて居ます、犯罪だと公式立証された上で、司法が指揮を執り、警察、行政、地方政治も公式加担に走り、強盗を国中で凶行し続けて居るのです。

阿部さんの同様犯罪、予告済みの犯罪で、どう実行犯公権力が動くのか、厚労省、労基も直接労働者に犯罪を行わせて通すか、を突き付けられて居ますしね。

 

司法犯罪、実行命令の可否

  • 2020/02/05 06:36

@阿部溘悦氏を居住する相続遺産土地建物から、法を犯し叩き出す、不動産明け渡し強制執行名目強盗行為は”道民運輸、まこと引越センター、環境事業公社等による強盗他犯罪、労働では無い”労働局、労基も理解に至って居ます”控訴審で裁判官が、法の破壊を一審同様押し通し、この犯罪を認め、実行の暁には、警察、労基、市議会、市保護課、環境全て現地出動が必須

                                    令和2年2月5日

                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504

加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係福田他担当
FAX03-3592-1459(2826)
道労働局長、各労基署長、労働基準、労働安全衛生、労災課長
FAX011-737-1211 各先配布
秋元札幌市長、市議会、各区長、各区保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 
FAX011-218-5119 市議会自民市議、吉野事務職員
FAX011-218-5121 民主市民連合市議、木村事務職員
FAX011-218-5124 共産市議、浅水、増川事務職員
FAX011-218-5180 保護自立支援阿部課長
FAX011-218-5117 介護保険桐越課長他
FAX011-218-5181 障害福祉坪田課長他
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 実態は強盗、窃盗他、判決を出しても実行犯全て加担無しなら成功不可
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 未相続遺産金品泥棒請負、強制執行名目強盗他犯罪多数免責
山岸直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110 上記国、地方行政機関、政治全て加担で成功、犯罪拒絶なら破綻

1、札幌中央労基、労働局も「阿部溘悦氏を遺産土地建物から,自営二事業毎”地面師詐欺の手を講じて叩き出す民事訴訟、控訴審になり、詐欺利得の恩恵を受けた孫、弁護士は、違法取得等を認めて居ます”つまり、一審判決の前に、建物明け渡し請求の訴え自体違法と証明されて居ます。

2、よって「不動産明け渡し強制執行実行は、司法による強強盗と言う事です、犯罪に労働者を従事させる事は、厚労省、労働局、労基の責任です”労働局、労基は、この事実もようやく理解して、阿部溘悦氏に対する、遺産土地建物からの叩き出し、不動産明け渡し強制執行名目強盗実施の場合、現地に出動頂けるようです”現在この所業が切正規労働課、犯罪行為か、労賃か、犯罪行為によるか、等協議頂いて居る所です」

3、該当土地建物所有名義を10割、被相続人孫名義に書き換えた事実に付いて、國分司法書士からも、合法名義書き換えである、との書面は出て来て居ません、犯罪収益を得た正明氏も、10割所有権入手に合法無し、等認めて居ます「控訴審で裁判官が、遺産土地建物所有権は10割孫が得た、阿部溘悦氏が営む2事業営業権も認めぬ、遺産家財も正明氏所有と偽り、処分して良い、こう判決が出されて、不動産明け渡し強制執行を実行しても、強盗、窃盗との事実は変わりません、保護費詐欺も同様に、適法とはなりません」

4、労働局、労基、阿部溘悦氏に対する、不動産明け渡し強制執行名目強盗実行の場合、必ず現地に赴く事を、改めて求めると同時に「道民運輸、まこと引越センター、札幌市環境事業公社、下請け一廃事業者による、不動産明け渡し強制執行名目等他行為、労働と偽る犯罪に労働者を従事させて居る事実に付いても、労基法、労安法違反です、調査する事を求めます、労働と偽り、犯罪に従事させる事を認めていたのでは、労基法、労安法、労災補償法も破綻します」阿部溘悦氏事件を契機として、同様の犯罪に労働者を従事させて居る、札幌市、市議会の責任も問うべきです。                  

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797743
ユニークアクセス:4034969
今日
ページビュー:257
ユニークアクセス:254
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed