エントリー

2020年02月06日の記事は以下のとおりです。

自由主義経済の意味も、実は全く理解不可能、法曹権力

  • 2020/02/06 16:32

自由主義経済国家の場合「国民は、私有財産所持も認められて居ます、当然ですが、私有財産は、処理責任も、所有する者が責任を負うんですけれどね」

法曹資格者他士商売の連中、法務省、裁判所、検察庁、警察組織の構成員は「実は揃って共産主義絶体、之を根本に据えて、士資格業務、公務を行って居るんです」

共産主義を根本に据えて居るので「個人の財産を、犯罪に手を染めて強奪して、犯罪者が所有権を得た、之を国中で、司法、警察テロで強制正当化を常時果たして居るんです」

個人が財産を所有する権利を、日本国憲法、法律で認めて居ますが「共産主義経済を、実は根本制度と決めて、通しており、個人が財産を所有出来る、と言う事の意味も分からないのです」

国家権力が、国民の命も財産も、全て私物化して居る、頂点に君臨して居るのは法曹資格者、次が士商売の連中と公務員だ、こう、本気で狂信して、之を通して居ます。

ですから「個人の遺産の相続と言われても、何の事かから、この連中には全く理解出来ないのです、自分達国家権力が、日本のあらゆる物を独裁支配して、所有出来ていると、本気で狂信して、実際通せていますから」

法令順守出来る頭すら無い結果

  • 2020/02/06 16:16

司法犯罪遺産強奪、詐取入手で所有権強奪決定、最高裁広報中山、法務省民事、刑事局他は「日本国憲法、各法律は全て間違い、拠って条文通り適用される事は無い、法曹資格者が憲法、法律によらず、各々独善で決めれば絶対の答えとなるんだ」

こう嘯き、司法犯罪こそ唯一正しい相続だ、と、職権悪用を正当と偽り、言い張り、遺産強盗入手のみを、公にまで通して来た訳です。

一方、負の遺産、特に売れもしない土地建物、家財に付いては「相続から強制抹殺して、近未来に付けを回す、之だけを強制適用させて来て居ます、負の遺産を正しく、正の遺産で処理すると、弁護士の取り分が減るから、これを実際の理由とさせてです」

犯罪塗れで司法犯罪でっち上げ制度、相続遺産分割除外説を、常に強制決定で通して来て居るんです、この司法犯罪により「義父母の遺した農機具他家財大量も”遺産から強制抹殺を、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札弁連、犯罪弁護士が共犯で、見事果たした訳です、青森県警も直接、この犯罪抹殺に与して居ます」

結果、あの大量の遺産だった物品は「所有者が消されましたので”法律上、存在しない物品と、公に決定した訳です”つまり、もう相続人には、一切所有権も、処理責任も無くなりました、司法犯罪ロンダリングの成果です」

今後、あの大量の物品は、東北町が責任を持って、税金を投じて、処理が必要となりました、当然ですが「所有権も無い、義父母の相続人には、物品を処理した費用の請求は、出来ません、所有権は無い物品だから、司法が相続責任、処理責任を、公式に消して下さったんで」

こう言った部分では、司法とやら、有り難いですよね、司法犯罪ロンダリングは、結構活用範囲が広いと言う事です。

死後受任契約等交わさずとも「処理が必要な土地建物、物品は”司法犯罪相続制度に載せて、相続遺産から公式抹殺出来るのです”弁護士の取り分が減ると分かれば、遺産から強制抹殺して、強制決定しますから、弁護士の下僕の裁判官が、決定、判決に書いて」

司法犯罪ロンダリング被害が、国中で発生して居ます、時には義父母の遺産物品のように「司法犯罪により、税金で市町村が責任処理で終わらせてくれる、と言う、司法犯罪ロンダリングの恩恵も与えるけれどね」

義父母が遺した遺産物品は

  • 2020/02/06 09:55

札幌の法曹権力と、青森県警とが主体で「義父母が遺した、ほぼ負債遺産物品は”目出度く法律上、誰の所有でも無い物品”と、司法犯罪決定により、確定して居ます、当然ですが、これ等の物品の処理は、東北町、町議会が責任処理します」

司法、警察が、存在する遺産物品を、法律上存在しない遺産物品、こう決定してくれた訳です、有り難い事ですね「これがいわゆる、司法犯罪ロンダリングです、司法犯罪集団を使い”犯罪をロンダリング出来るんです”負債物品、遺産負債物品を、札幌弁護士会、所属弁護士連中、青森県警、札幌高裁以下裁判所、裁判官が、見事存在を、所有権、相続物品事実を消してくれたんです」

何しろ「司法が決定した訳ですから”もうあの大量の、遺産農機具他物品、家財他物品は、誰の所有でも無い”物品と確定しました、見事な司法犯罪ロンダリング実例です」

当社はずっと「こうなるからね、当社にきちんと”遺産物品の調査、証明書作成をさせて、遺産で司法の場に挙げて置かなけりゃ”と言い続けて来たんですから、もう司法犯罪決定が出たし、今更東北町も、言い逃れ出来ませんしね」

死後受任契約等もそうですが「些少の遺産金と、家財を遺贈請けさせれば”遺贈を受けた社協、つまり市町村と提携司法書士、行政書士が”負債でしか無い遺産土地建物も、無条件で相続受けして居ます”是非税金を投じて、相続を受けた遺産建物の解体撤去も行ってくださいね”」

遺贈を受ける、正の遺産だけ遺贈を受ける、処理が必要な物品を、処理費と利益金を、合わせて遺贈を受ける、当然ですが「負の遺産も無制限で相続消して居ます、無条件で負の遺産相続も、受けて居るんです”是非市町村、遺贈を受けた行政機関が、遺産建物解体撤去を、遺贈を受けた責任に於いて、税金で行って下さいね”喜んで上げます、負の遺産土地建物も」

行政が負の遺産も、無制限で遺贈を受けたんです、行政責任で、行政の出費で「遺産建物の解体撤去も、自由に行って下さいね”遺贈を受けた行政機関、地方議会の責任ですから”」

死後受任契約で、些少の遺産金と、処理前提物品を遺贈受けした、地方自治体等が「売れない土地建物も相続を受けて居ますし、解体撤去するなら、相続を受けた行政機関、地方議会責任でどうぞ」

遺言状による遺贈受け

  • 2020/02/06 08:46

遺言状で「得する遺産だけ相続を受けた、気になり”大喜びで遺贈を受けた”負債も無条件で相続を受けてしまうんですよ、当たり前でしょう」

死後受任契約だ、遺産金の一部と、処理前提の遺産物品”だけ相続を受けた”愚かしい、相続を受けた以上、負債も無制限で相続受けして居ます。

市、町、社協、提携司法書士、行政書士は「死後受任契約、遺言状で遺贈を受けた以上”負債も無条件で相続を受けたんだから、売れない土地と、解体費がべらぼうに必要な建物も、無条件で相続受けしたんです”」

この手に乗り、少しの遺産金と、要らない物品を、死後受任契約で「親と組んで相続させて、売れない、解体費が掛かる不動産も押し付ければ良いんです」

遺贈を受けた、喜んで遺贈を受けると「負債も無条件で相続受け確定です、当たり前の法律規定です、まして”市、町が遺贈を受けたんです”負の遺産土地建物も、無条件で相続受けして居るに決まって居ます”」

是非些少の遺産金を遺贈受けして、売れない土地と、解体費が必要な、負の遺産不動産も相続を受けて下さいね「後は税金で処理が必要です、市、町村、地方議会が責任を負うだけです、当社は実績、実例も、ちゃんと作った訳だし”宮城県庁の公文書、遺産家財も、相続人が相続を受けて、相続を受けた相続人の権利、責任で、家財を扱う”あの公文書の意味も、こうなれば良く理解出来るでしょう」

相続の怖さも全く、無知蒙昧故知らない法曹資格者、士資格商売の連中、行政機関、特に地方政治権力、の結果です。

阿部さんの遺産相続事件では「義父母の件と違い”正、負の遺産物品も、公式に証明出来ており、司法が存在を消して、札幌市に処理を押し付ける事も出来ません”又、被相続人の孫、遺贈を受けた、遺産を犯罪で抜いた孫は、相続人が負って居る保護費支給金債務と、処理が必要な物品債務と、共に負って居ます、盗んだ遺産金員の返還責任も」

正しい相続とは、当社が構築して有る、日本最高位の法律適用手続きです。

遺言状で遺贈を受ければ

  • 2020/02/06 07:45

遺言状が有るからと「喜んで得する遺産を手にしたなら”被相続人に負債が有れば、無条件で負債も相続受け確定して居ます”田辺市は、この相続法の規定も知って居たから、法定相続人である奥方と協議して、限定相続とする事を、奥方の了解を得られたから、決めたんです」

一方阿部健一氏の遺産土地建物を「遺言状が有るからと、他の相続人、実父、叔父叔母合わせて4人と、この当時は存命だった祖母の減殺遺留分まで”地面師詐欺の手で、所有権10割自分名義に書き換えて貰い”正の遺産土地建物だけ得緒相続受け出来た」

こう、司法犯罪相続制度をなぞり、決定事項と錯覚して「遺産土地建物を、居住する叔父が営む二個人事業営業権毎、強盗で奪うべく、不動産明け渡し要求訴訟を提起して、一審判決で、無条件勝訴したんです、合法根拠無しでの判決です」

ですが「この遺贈を受けた人、実父、叔母は保護受給者ですから”当然ですが、実父、叔母が受給を受けている、生活保護費、相続遺産分の負債も相続受けして居ます”又、遺産家財の処理費負債も、無条件で相続受けして居ます」

この人は「もうこれ等負の遺産相続受けも、確定済みですよ、今更逃げられませんから、負の遺産相続決定事実からも逃げられません」

死後受任契約だの、市、町、社協、司法書士、行政書士が組、遺贈を受ける契約を交わして「遺産金の一部と、遺産物品処理前提相続受けして居るが”この遺贈受けも当然、負の遺産も合わせて、無条件で相続受けして居ます”田舎の遺産土地建物も、市、町が遺贈受けして居ます、負債額が巨額です」

遺贈を受ける、負の遺産相続からも逃げられ無いのですけれど「司法犯罪相続制度、之が今まで絶対と、虚偽決定、判決が常に出る事で”犯罪で遺産を奪う、遺言状で遺贈を受ければ、犯罪利得の所有権を得られた、負の遺産は相続せず逃げられる”この司法犯罪相続が常に強制決定されるから”今まで上手く行って居ただけです」

もうこの司法犯罪相続も、常時成功は無理です、死後受任契約等と合わせて。

遺贈の罠

  • 2020/02/06 06:37

@紀州のドンファンが、田辺市に遺産全てを遺贈すると遺言状を遺したが、田辺市は”遺贈を受ければ負債も負う”事と、限定相続は他の相続人の合意が必要”とも知って居たから、奥方の了解を得て、限定相続条件で遺贈を受ける、事として、奥方に、現金で減殺遺留分支払いした上で、遺贈を受ける事で動いて居ます”この手続きをせず、遺贈を受ければ、負債遺産も無条件で相続となります”阿部xx氏、死後受任契約で遺贈を受ける市、町、社協、司法書士、行政書士も同じです

                                    令和2年2月6日

                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                      (有)エッチエイハウスリメイク  山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504

加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、福田他担当
FAX03-3592-1459(2826) 阿部正明氏は”親、叔母の負債、保護費、税金負債も相続済み”
FAX011-737-1211 道労働局長、各労基署長、各先配布
秋元札幌市長、市議会議員全員、区長、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 各先配布
FAX011-218-5119 自民党市議会議員、吉野事務職員
FAX 011-218-5121 民主市民連合市議会議員、木村事務職員
FAX011-218-5124 共産党市議会議員、浅水、増川事務職員
森雅子法務大臣、民事、刑事局、公証係
FAX03-3592-7393 遺言状で遺贈なら、負債相続無しは虚言、詐欺、田辺市も証明
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 義父母の遺産動産、審判決定で負の遺産から消滅、後は東北町が処理
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 遺言状で相続受け、無条件で負の遺産も相続、阿部正明もしかり
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 遺産物品強制執行、遺品整理で処理請け、負債も相続、所有者偽装は窃盗
山岸直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110

1、遺言状による遺贈受けで「死後受任契約だのも含めて”正の遺産だけ、阿部正明氏のように手に入れれば、無条件で負の遺産も相続確定となります”紀州のドンファン、野崎幸助氏が、田辺市に財産全てを遺贈すると、遺言状を遺しました、田辺市は”野崎氏に負債が有れば、負債も相続を受ける事となるので、唯一の法定相続人である、奥方と協議して、了解を得られたので、奥方と5割ずつ、正の遺産を、限定相続として相続を受ける”事を決めて居ます」

2、限定相続とするには「他の相続人全員の、書面による合意が必要です、ですから田辺市は”合法な相続を果たすべく、奥方の合意を得て、限定相続受けとして、他の遺贈を受ける条件である、法定相続人の奥方に、正の遺産5割分を金銭支払いで遺留分相続を果たした上で、田辺市に、奥方への債務が無い事とした上で、、野崎氏の財産遺贈を受ける手続きを行って居るのです。」

3、阿部xx氏と、死後受任契約で、死去者の遺産金一部と、遺産物品処理目的で遺贈を受ける市、町、社協、提携司法書士、行政書士は「無条件で”負の遺産も相続受け確定して居ます”遺言状で遺贈を受ければ、正の遺産だけ相続して、負の遺産は放棄して通る”等と言う法の規定は無いです」

4、義父母の遺産犯罪塗れ強制審判決定では「遺産物品の調査、証明を、司法、青森県警が強制叩き潰しして、負の遺産の存在を強制抹殺したので、あの大量の農機具、家財は、所有者が消えており、東北町が税金で処分する事が決定して居ます、司法犯罪ロンダリングの効力です」

5、遺品整理請負も「当然ですが”無条件で負の遺産も相続受けして居ます”司法犯罪相続、法を犯して遺産を手に入れる遺言と、泥棒が所有権を得て逃げられる、遺言状で遺産の遺贈を受ければ、他の遺産、特に負の遺産は相続せず逃げられる、この司法詐欺相続が強制的に、常に通されたから、遺言状で正の遺産だけ奪って逃げる、死後受任契約で、遺産金と家財だけ相続を受けて逃げる、遺品整理を謳い、遺産金、家財だけ相続を受けて逃げる”犯罪相続が通っただけです」

6、阿部xx氏は「保護受給者の遺産金員窃盗入手と、土地建物の遺贈を受けて居ます、無条件で保護事業債務支払い、家財処理費負担責任も負って居ます”当然ですが、違法に手にした、他の相続人が持つ、減殺遺留分返還責任も負って居ます”」

7、死後受任契約を活用すれば「遺産金の一定額,市、町数十万円を、社協、司法書士、行政書士に遺贈して、家財も遺贈して”負の遺産土地建物を押し付けられます”この手法も分かって居なかったようですね”義父母の遺産物品を、司法、警察が犯罪に走り、存在を消して、東北町に処理責任を押し付けた、司法犯罪実例と合わせて、現行の司法犯罪相続を活用すれば、負の遺産土地建物、家財等を、存在する市、町村に押し付け出来ます市、当社が証明した事実の一端です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797646
ユニークアクセス:4034873
今日
ページビュー:160
ユニークアクセス:158
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed