エントリー

2020年02月10日の記事は以下のとおりです。

遺産相続完了の

  • 2020/02/10 15:34

遺産を相続受けした人達は「遺品整理屋、死後受任契約受け者も、相続を確定させる調停、審判、裁判等に、相続受け者として出て、相続人全員で、相続が完了した証明書を、裁判所から取る必要が有ります、それで無ければ、相続が終わった事を証明出来ません」

遺品整理、死後受任契約、遺言状による相続を受けた者は「相続受け者から、手に入れた遺産共々抜かれる、そんな法律規定、存在して居ないから、完全な犯罪相続遺産入手、詐欺相続司法手続きです」

司法犯罪で組まれた、犯罪塗れ相続、日本の司法犯罪相続の実態が、更に立証されて居ます「最終的には司法を経て”相続が正しく完遂した証明書を出させる必要が、法律規定上も存在して居ます”」

その法律規定、手続きも全く知らない、法曹資格者、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士、警察、検察庁、裁判所、法務省、地方自治体、地方政治権力、報道なので「遺産は盗めば、犯罪に手を染めれば、闇で入手出来て、相続受け者、相続遺産だけど、抹殺して通って居る、相続遺産分割除外説、遺産泥棒入手で遺産から強制抹殺司法犯罪制度、と言う、司法テロが公式証明されて居ます」

遺品整理請負、死後受任契約、れっきとした相続受け者、遺産緒相続受けです、遺言状による遺贈受けも、相続受け者、遺産相続受けです「この手で遺産を手に出来れば、相続受け者、相続受け遺産から強制抹殺して、通して居る、司法犯罪相続説による、正気さの欠片も見当たりません」

相続遺産分割除外説なる、司法違反犯罪入手で遺産から強制抹殺、相続受け者なのに、相続受け者では無い、と虚偽強制蹴邸、極悪非道な司法犯罪相続実態です。

昨年11~12月から「いきなり法律に沿い、合法に相続を果たす事、高裁高裁から高裁以下裁判所、裁判官に命令、強制指示が出たようですが”合法な遺産保全、相続手続きの意味から、弁護士、検事、裁判官は、全く理解も出来ないままです」

当然ですが、司法犯罪相続以外、理解出来たように偽装出来る頭も無いので「相続を受けた者と、法定相続人と、共に相続権者である事も、法曹権力は、今も全く何の事かから、理解不可能なままで居ます」

この現実なのです、合法を証明出来た相続手続き実施、相続完遂は、不可能なままです、ですが、遺品整理請負業者、死後受任契約受け者、遺言状で相続を受ける、受けた者は、全て相続権者、相続受け者です。

中途半端過ぎる

  • 2020/02/10 15:14

長女の相続受けは「売れもしない遺産土地建物は、何故か”原稿の相続で、認められて居ない、何の根拠も無しで、25%相続を受ける”となって居ます」

で、遺産金員は「ゼロです、長女は遺産金員に関して”相続を受ける金額は、ゼロと決定が出て居ます”売れもしない遺産土地建物は、25%相続を受けろで、遺産金員は、ゼロ、相続を受ける権利一切無し、ですよ」

どれだけ出鱈目、適当な相続決定なのか、更に良く分かります「遺産金員の相続受けは、法律根拠も無しで、長女はゼロならば、売れもしない遺産土地建物に付いて、現行の相続法律規定、手続き規定で認められて居ないのに、25%相続を受けろ、は、矛盾し過ぎですよね」

遺産土地建物は、25%相続を受けろ、決定であれば、誰が考えても「遺産金員も、25%の金額、相続を受けられて当たり前でしょう、売れもしない、次男だけが必死に星がている遺産土地建物だけを、25%相続を押し付けられても、迷惑なだけでしょう、まあ、欲に囚われて居る連中だから、喜んでいるかも知れないけれど?」

それにしても、長女も「遺産金員も、25%分の金額、相続を受けたかったと思いますけれどね、ですが「次男と長女は、同じ弁護士を使っており、一切利害は存在して居ないんで、長女としても、遺産土地建物は25%相続を受けるが、遺産金員は、ゼロ相続と言う審判の決定にも”一切異議は無い訳です”利益相反は存在して居ません、次男と長女の間では”」確定事項ですから。

まあ、ここまで色々司法犯罪証明もなされて居ます、次男と長女の間では、一切利害の対立は無い、今後もそう、之で確定して居る事は、もう変えられませんから。

相続人4人共に「遺産農機具等と、遺産家財等物品、供養対象物品は”司法による判決、決定により、全て東北町が所有、管理、処理当時者と決まって居ます”取り敢えず物品全てに付いては、相続人4人は、何の権利も責任ももう無い、わざわざ東北町まで足を運び、引き取る、処分する”必要も、権利も無い訳です”」

市町村が、被相続人の所有物を「司法判決、決定により、所有権、管理、保管、処分責任、権利を持たされて確定する、実例証拠が出来て居ます、今後日本中の市町村も、同様の司法判決、決定により、被相続人所有物、供養対象物の所有権を持てますよ、相続人はこれ等物品全て、被相続人地元役所、役場に渡させられる、実例が出来上がって居ます、まあ、要らない物品を、が強かったりも、、、、、」

報告事項、火災保険金詐欺の今

  • 2020/02/10 12:30

金融公庫火災保険金詐欺に、当社を巻き込み、終いには当社が左飛はんだ、こう冤罪まで被せに走られた、そこに加えて豊平警察署の警察官連中も「違約金請求行為は合法だが、請求を止めろ、法の根拠は無いが、請求を止めろだの、お前が事件化する違法請求を行った、根拠はXXが事件になる違法請求を、お前が行ったと110通報を行ったからだ」

こう、合法請求現場に来て、警察権力を悪用して、脅迫を重ねて来て居ます、警察が直に。

きちんとマンションの住人と、近隣戸建て住宅の住民に「事件となる、違法な請求行為が有ったか否か、捜査を行い、事実確認しなければならないのに、捜査を故意にせず、犯罪者の擁護に警察権力を悪用して居るんです」

事件化される違法な請求が有ったか否か、近隣住民に捜査を掛けなければなりませんから「豊平警察署の了解も得て、マンション、近所の戸建てに「捜査協力願い文書を配布して有ります”元々は、XXによる火災保険金詐欺請求事件です”当社を利用して、保険金詐欺を働こうと目論見、拙くなって当社が詐欺を働いた、こう話を作り変えて、陥れようと謀った”」

之が元々です、とんでもない連中です、合法な違約金請求から逃れようと今度は「豊平署の警察官を使い”当社が事件化する、違法せいきゅを行て居る、こう虚偽110通報して、豊平署の警察官が、近所に捜査も掛けず”xxが事件化する違法な請求を受けている、と110通報したからそうだ、近隣の捜査をせず、決めた」

こう、請求を潰そうと警察が、当社を遅している、暴力団以下の警察実態で「いい気になって警察を、こうやって己の犯罪隠蔽と、合法支払いを潰す為、悪利用して居るxxなのです」

まあ、今後は「住民へのお願い書面を多数配って有るし、警察は、事件化する請求が有ったか否か、近所を捜査しなければなりません、元々当然の捜査です、xxは”事件化される、違法な請求を受けていると、何度も110通報して居ますから」

地域住民も、捜査への協力内容書面を配って有るし、何の捜査なのか、事前に分かっている訳で、捜査もスムーズに進みます、その後xxの110通報が事実か、虚言通報か、こっちの捜査を行えば良いのです、いよいよ事件として、扱われるでしょう。

法定相続遺留分はゼロで良いなら

  • 2020/02/10 07:21

長女、法定相続遺留分の遺産金額に、両親の面倒を見る為に、千葉から青森まで通った交通費も上乗せしてくれ、之を審判で求めて、全部無し決定、つまり「長女には、法定相続遺留分遺産金相続受けの権利は無い、こう決定が出て居ます、長女には、一円も遺産金相続を受ける権利は無い、自分の遺産金相続受け分は、全て次男が相続を受けて異議が無い、こう、長女も無条件で認めた訳です」

自分の相続遺留分は、全部次男に渡したと、審判決定に一切「次男と長女間で利益相反は無いので、この二人の間で確定済みです”長女は自分の相続遺留分はゼロで良い、全ての遺産金相続受け権を、次男に差し出した、之で決定させた訳です”」

つまり長女は「弁護士費用と郵券、印紙費用を自己負担した訳です、何故弁護士を使い、相続争いに出たんでしょうか?意味が分からない行為です」

自分で弁護士、郵券、印紙費用も負担して「自分が法律上持って居る、相続遺産金相続受けの権利全てを次男に渡した、こう決定を取った訳で、何のための行動課、全く理解出来ません」

自分が相続を受けられる遺産金相続受けの権利は、全部次男に渡すんだから「そう言って、後は相続争いに関わらなければ良かっただけです”そうして居れば、弁護士費用、郵券、印紙費用の自己負担は無かったんだから”わざわざ追い金を打って、自分が相続を受けられる分の遺産金を、全部次男に渡す”こう決定を取る為、何故出て来たやら?」

長女の行動は、審判の結果が「長女が相続を受けられる、法定遺留分遺産金全額を、法律根拠無しで次男が相続受けする、長女の相続受け遺産金は無い決定と出て、長女に異議は一切無いのだから、行動の意味が全く分かりません」

別に長女が、自分が相続を受けられる遺産金全額を、次男に相続させて異議が無い、こう求めたからと言って、次男も4男も妻も、異議も無かった訳だしね、そう言えば良かっただけです、次男と同じ弁護士を、金を出して使わずとも。

まあ「本当は”長女が持つ、法定遺留分の遺産金額に、出来れば交通費も上乗せした金額を、長女は欲しかったんでしょうけれど”次男と同じ弁護士を使っている理由が、次男と長女の間には、一切利益相反は無い”これですから、長女は法定遺留分遺産金全て次男が相続を受けて、長女はゼロ相続、この審判決定にも、一切異議は無く、確定事項なのです”」

長女は弁護士費用、郵券、印紙代を自己負担しただけです「要求と鑑みれば、見事な大敗ですけれどね、普通に相続手続きしてりゃ、一定の遺産金を受け取れたのに、私が多くの遺産金を保全したから」

長女の要求は「法定遺留分遺産金額に、両親の面倒を見る為使った交通費上乗せ金額を、自分は受け取りたい、之が要求のようでした、弁護士も使っての要求です”で、決定は、長女には遺産金相続受けの権利無し、長女の相続受け分は、全部次男が、二人分相続を受ける”この決定です、長女は次男との間で、一切利益相反は無いので、無条件受け入れ以外無いんです」

交通費も多く寄越せ、要求以前に、相続受け遺産金ゼロ決定

  • 2020/02/10 06:59

義姉、次男との間には、利益相反は一切無いと、自分も認めている以上「自分の法定相続遺留分は無し、全部次男が長女の分も相続を受ける、この審判決定に、何一つ異議を唱えられません、つまり「長女は自分で”法定相続遺留分は、自分には無い、自分が相続を受ける権利、遺留分4分の1は、次男に渡した”これも、審判決定にも異議が無いので、認めたのです、相続を受ける権利を、自分で放棄した訳です」

当然ですが「4男と妻に対して”お前らが法定相続遺留分、遺産金4分の1ずつを相続受けすると、審判決定で認めた事に異議が有る、次男が自分の法定遺留分も、全部相続受けした事には、一切異議は無いけれど”と訴えを提起するのも、無理があり過ぎます」

そもそも審判決定の何処にも「次男が長女の法定相続遺留分も、全部相続を受ける、二倍相続を受ける、長女の法定相続遺留分はゼロだ、この審判決定に、何の法律根拠も書いて有りませんしね」

この審判決定の根拠が、何も無い中で「次男との間に、長女との間に、何一つ利益相反は無い、無条件で審判決定を認める、こう次男と長女は、元々から認めている訳です、この審判決定に、次男と長女は、何の異議も無い以上、4男と妻がそれぞれ、法定相続遺留分、遺産金4分の1ずつ相続を受ける、審判決定にも、異議の出しようが無いです」

長女は「(多分相続遺留分以外に)両親の面倒を見る為に、千葉から青森まで通った交通費も、相続遺留分遺産金額に上乗せしろ、こう審判で求めて居たのですけれど”長女には相続を受けられる遺産金は無い、こう審判決定が出て居ます、交通費の上乗せ処か、相続遺留分の遺産金自体、ゼロ決定ですから”こう言った、金銭要求を、長女は出して、却下されて居ます」

長女の相続遺留分遺産金は全て、長女との間に一切争い無しの次男が、次男の相続遺留分に、長女の相続遺留分全部毎相続出来る、審判決定が出て居ます、之は確定事項です、この二人の間で。

この二人の間の確定審判決定が有る上で「誰を誰が相手取り、何の要求を出せるんでしょうか?控訴を提起したが、控訴当時者、控訴理由を出せもしない次男、長女は?もう控訴理由書提出期限も過ぎているしね」

長女は「(多分)法定相続遺留分の遺産金額に、両親の面倒を見る為に、千葉から青森に通った交通費も上乗せしてくれ、こう審判で要求を出して、ゼロ決定が出ている、長女の分は、全部次男が相続受け決定で、長女も異議は無い、誰を相手取り、何の控訴提起が出来るんでしょうか?」

数多くの司法犯罪実例証拠が

  • 2020/02/10 06:36

義兄と義姉は義兄「一切利益相反が無い立場で、同じ弁護士を使い、遺産相続に関わる裁判、調停、審判に臨んで来ました”この二人の間には、一切利益相反は無い、札幌弁護士会、札幌高裁以下裁判所、裁判官が決定した事です”」

出、強制実行遺産分割審判の決定で「義姉は”自分は両親の為に、千葉から青森まで度々通い、費用も多く掛けている、この分も相続分に含ませて欲しいと、それはそうだと、妻も4男も理解を示して居る求めも出して居ました”あくまでも”本来の遺産相続金額に、両親の面倒を見る為、千葉から青森に通った交通費を乗せてくれと言う、次男以外は元々思って居る、当然の求めです”」

何しろ長女一人が、両親の為に千葉から青森まで、事あるごとに通って面倒を見たのですから、次男は親の金を毟るだけで、何の貢献もせず、でしたから。

で、審判の決定は「長女には、相続を受ける遺産金は無い、次男が二人分相続金を受け取る、こう決定が下って居ます”両親の面倒を見る為に、自分がせっせと千葉から青森まで通った交通費も”遺産相続金に上乗せして欲しい、と言う求めも何も、上乗せの元の遺産相続金自体がゼロ決定です、ゼロに上乗せは、出来る筈が有りません」

ですが長女は「次男との間に、一切利益相反は無い、これを自分でも認めて居て、故に同じ弁護士を使って来ましたから”自分が相続を受ける遺産金はゼロ、この審判決定にも、何一つ異議を唱えられません”自分の相続受け遺産金はゼロで良いのです、ゼロで良い以上、控訴理由は無いです”異議を唱えるなら、次男を相手取る訳ですし、であれば、絵に描いた利益相反です」

長女には、遺産金を相続受け出来る根拠は無い、この審判決定に、理由、根拠は書いて有りません、無条件で遺産金の相続受けは却下、と言う決定です。

次男は「二人分遺産金の相続を受けられました、何の異議も無い決定です”何の理由で次男は、二人分遺産金を相続受け出来るのか、一切根拠は無い決定です”根拠は無いが、次男は長女と二人分、遺産金を相続受け出来る、利益相反は無い次男と長女です、双方間に争いは無い決定事項です」

長女は「遺産金相続受け権利無し、控訴理由は無いです、ゼロで良いのですから、次男は”長女の分も遺産金を相続受け出来ました、異議など出せる筈はありません”公訴を提起した、筈が、60日以上経過しても、控訴提起者、控訴相手、控訴理由は出て来ない筈です」

双方代理弁護士を、次男、長女間に利益相反は無いと、この二人と札幌弁護士会、札幌高裁以下裁判所、裁判官が決定して、通して来て「上記決定となった訳です、控訴を提起?次男と長女のどっちが?誰を何の根拠によって?この二人の間には、争いは無いし?ゼロ相続と、二倍相続受け者の間には、争いは無いんだし?」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797643
ユニークアクセス:4034870
今日
ページビュー:157
ユニークアクセス:155
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed