エントリー

2020年02月13日の記事は以下のとおりです。

判決で決定済み、義父母の遺産預金通帳、印鑑

  • 2020/02/13 16:20

金融機関から「妻が”両親緒遺産となった預金通帳、届け出印鑑の存在”を問われましたので、別紙文書記載を、各金融機関に伝えて有ります」

何しろ「司法決定事項です”妻の両親の遺産預金通帳、届出印は、次男と長女が絶対所持権者であり、合法相続手続きの為にも、返還して保全する、と4男が訴えて、訴え自体が犯罪である、この違法な訴えは、私が4男を偽り、提起した、犯罪行為訴訟で有る、私が犯罪者と確定して居る、次男と長女に犯罪行為事実を証明した、4男を騙り訴訟を提起した、私が高額賠償金支払いせよ”と判決も出て居るんです」

当然ですが「4男も妻も、次男に両親の預金通帳、届出印簡に付いて、関わりを持てば”私も含めて、犯罪行為者とされて、逮捕されます”何しろ確定判決が有るんですから、両親の遺産預金通帳、届出印に付いて、次男、長女に何かを言えば、犯罪者となる、確定判決が有るんだから」

恐ろしい日本の弁護士が指揮を執り、裁判所、裁判官が「合憲、合法は間違い、司法犯罪のみが絶対で通る、之だけを強制決定、判決に書いて確定させて、通して居る日本の司法テロの実態なのですから」

両親の遺産預金通帳、届出印は「次男が絶対の所有権者であり、誰も次男に”両親緒預金通帳、届出印に付いて、存在証明から求められません、刑事犯罪行為者と、即刻確定されて、逮捕拘留、起訴されて、油剤に落とされて、高額損害賠償金支払いも命じられます”」

こんな恐ろしい結果を、司法テロ権力が生み出して居る、両親の窃盗された遺産金、預金通帳、届出印なのです、次男と長女は、正しい犯罪行為者、次男の妻子共々、こう確定判決も出ており、この連中の犯罪事実を証明して、訴訟を提起して、犯罪撲滅、犯罪被害の回復、合法な遺産相続実現を求めれば、即刻刑事犯罪者と確定されて、逮捕されますからね。

両親の遺産預金が有る金融機関各位も「絶対に両親の遺産預金通帳、届出印を、正しく示す事、等求めては駄目です、速攻で刑事犯罪者と確定されて、逮捕されて、高額賠償請求されるから」

犯罪相続による

  • 2020/02/13 12:31

@平成29年11月7日死去、被相続人小林武四郎、平成30年7月4日死去、被相続人小林オナヨの遺産預金通帳、届出印に付いて

                                   令和2年2月13日

ゆうちょ銀行、青森銀行、十和田おいらせ農業協同組合殿
※被相続人の遺産預金が存在する各金融機関、別紙遺産分割審判決定書記載金融機関

                         相続人山本あつ子
                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                               氏名       印
                             TEL011-784-4060
                             FAX011-784-5504
                             携帯

1、別紙、被相続人小林武四郎、オナヨの遺産分割審判決定書に記載されて居る、被相続人の遺産預金通帳、届出印に関して、下記事実を伝えます。

2、小林武四郎の遺産預金通帳、届出印、ゆうちょ銀行、青森銀行、十和田おいらせ農業協同組合遺産預金通帳、届出印は、次男小林    が多分所有して居る筈で「4男小林清志が、札幌家裁平成30年(ハ)第981号、後に地裁平成30年(ワ)第1180号事件訴訟を提起して、次男に上記武四郎名義の預金通帳、届出印、遺産現金を、保全する為引き渡すよう求めましたが、判決で”これ等遺産預金通帳、届出印、遺産現金(他)は、小林    が所持して合法、一切引き渡し、保全は不要”と確定判決が下って居ます」

3、小林オナヨの遺産預金通帳、届出印は「誰が所持しているかも不明です、ですが”所在証明、保全を求めれば、下記判決にも触れて、犯罪私の夫が犯罪者と、更にされます」

4、4男が次男を、盗んだ預金を金融機関に返還せよ、等で訴えた裁判判決、札幌地裁平成30年(ワ)第588号事件判決で”盗んだ金の返還、保全は不要、合法な行為である、と確定判決が出て居ます、又、相手方弁護士、地裁による訴訟詐欺行為により、宙に浮いて居る、私と小林清志が青森銀行、秋葉会を、長女が母を騙り、青森銀行の資金を盗んだ事件関係で訴えた、札幌地裁平成30年(ワ)1640号事件全てに付いて、次男と長女が、小林清志、夫を訴えた訴訟の判決〈上告事件)は、下記となって居ます。

5、上記訴訟は、私の夫が小林清志、山本あつ子を偽って提起した訴訟で有る「これ等訴訟提起理由は、正しい犯罪と承知で訴えを提起した事が、敗訴事実でも証明されて居る、私の夫は犯罪者である、次男、長女、親を騙り資金を抜いた原告二名と家族は、誰が見ても正しい犯罪に手を染めたのであり、犯罪事実は存在しない”正しい犯罪を、犯罪と指弾された被害者である、夫は原告二名に対して、合わせて380万円を支払え”こう判決が出ており、現在上告中です」

6、こう言う事実、証拠が揃って居ます「被相続人二名の預金通帳、届出印は、私も清志も、絶対に手に出来ませんし”手にしようとすれば、夫は刑事犯罪者に、強制的に落とされもします”」上記訴訟資料を裁判所に行き、確認する事を求めます、詳細に資料を検分して、事実と確認下さい。

司法犯罪相続のみ正しい、説崩壊

  • 2020/02/13 09:33

阿部さんの遺産相続で、祖父母の遺産を犯罪によって奪った甥に対して、札幌市議会は、議会に挙げて「相続人4人中2名は保護受給者であるから、奪われた遺産金900万円位の内、保護受給者相続人二人の相続遺留分の金を、札幌市、保護事業は、甥から回収する為の手を講じさせるよう、議会承認を取る」

こう言う方針を、当然ですが、遅まきながら決めて居ます、今更ですけれどね、元々札幌市、市議会も保護受給者相続分も含めた、遺産犯罪収奪、保護費詐欺を認めてきた立場ですからね、札幌の司法、道警と共犯で。

その前に、今月末には「詐欺相続絶体説を、強制的に通すべく、の、強制詐欺相続決定審判結果が出ます”遺産金の極一部、70万程度を遺産金全てだ、と虚偽決定して4分割決定、遺産家財も4分割相続か、無い相続動産で逃げる、裁判官が”相続人の意思を無効と決めて、相続遺産を正しく証明し切らない内に、強引に遺産はこれだけだ、とでっち上げ決定して、強制決定を出す、予定だった審判決定です」

でももう、この司法恐喝審判決定で、絶体の相続終結だ、とも出来ません「法を犯して遺産金を、900万円位収奪した甥と、共犯者の弁護士が、法を犯して遺産を収奪した、他、相続に鍋溘悦氏が証明して、出して有る犯罪内容全てを、争うと認めたしね”一審判決では、溘悦氏の証明事実は全て根拠無し”こう、法と事実根拠無しで、判決を下して居るんですけれどね、こう、見事な訴訟詐欺用虚偽判決だとも、立証されて居るんですよね」

今までこう言う手口を強制決定で使い、司法犯罪相続を決定させて、犯罪者と共犯弁護士が、犯罪で得た遺産を山分けして通されて来たんです「保護受給者に相続が発生したら”にもっと悪質な、地方自治体、地方議会ぐるみの犯罪相続を行っているし”極悪な公権力ばかりしか、日本niは居ない事実が証明されて居ます]

生活保護事業も、証明して有る通り、犯罪移植に染め上げられて居ます、税金から保護事業費用は拠出されて居ます、犯罪相続により、保護費詐欺も当たり前で行われて居ます、犯罪者と弁護士が、不正に遺産を奪い、保護受給者も、闇で違法利得を手に出来て、保護費打ち切りも無し、国中で行われて居る事です。

負の遺産となる家屋、家財の相続は、午後受給者なら相続自体を無い事と偽り、相続を潰して居ます、後はどこかに付けを回して居る訳です、遺言状での遺贈受けは「法を犯して、負の遺産は相続無し、司法犯罪決定で、之だけを通して来て居るんです、司法犯罪国家権力が、弁護士からの犯罪指揮に従って、当社が証明して、犯罪を潰して行って居る真実です」

保護受給者の犯罪相続も、崩壊

  • 2020/02/13 07:52

阿部さんの遺産犯罪収奪、司法、行政、警察ぐるみの犯罪行為、被害事件で「相続人4人中2名が、札幌市から生活保護を受けている、泥棒は保護受給者相続人緒息子、保護受給者の一人の相続人、この連中の同時受任弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌市保護自立支援課、市議会らが共犯者」

この事件により「保護受給者の相続も、犯罪塗れと言う事まで立証出来て居ます、当然ですが、保護課、地方議会も共犯です、保護受給者の場合も、合法に正,負の遺産とも相続を受けなければならない、法の規定ですから」

地方自治体、地方議会は「生活保護受給者の相続の場合”些少の正の遺産なら、無い事で逃がす一方、負の遺産は相続不要、保護受給者は相続人から抜いた、と偽る手で”この手で保護受給者の相続を、犯罪相続とさせて来たから、今まで上手く行って居ただけです」

裁判所が昨年暮れから「当社の綿密な”司法、警察犯罪相続説”事実立証を受けて、法に沿っ他相続手続きに、当たり前ですが、遺産相続を改めた事で”相続遺産分割除外説が絶対、遺言状記載が絶対、法律は無効、適用されない”司法犯罪相続が、崩壊して行って居るんです」

阿部さんの遺産相続では、相続人4人中2名が札幌市から保護を受けて居ます「先ずは札幌家裁詐欺審判決定が今月末出されて”遺産金の極一部、70万円位だけの、4分割相続決定と、処理が必要な遺産動産家財も、法律上は遺産金泥棒の甥も含めて、各々相続を受ける訳です”特に保護受給者の相続事案では、売れない家財の相続受け決定は、日本初でしょう”」

今後の重大問題は「じゃあ”保護受給者が相続を受けた、他の相続人が管理して居る、大量の遺産家財相続受け物品で、保護受給者が相続を受けた物品”を、どうやって生活保護法規定に沿い、正しく扱うのか、この問題が大きく浮上して居ます」

もう保護受給者が相続を受ける、大量の動産に付いても「闇に消す事も無理ですし、存在しない相続受け遺産家財、とも出来ません”公に裁判官も、遺産家財に付いても、相続財産と認めるしか無くさせて有るから”今月末には、保護受給者も遺産家財の相続も決定します、決定から逃げても、もう公式に遺産家財も証明済みです、無い遺産家財とは、司法、札幌市、厚労省、警察、市議会も出来ないから」

司法犯罪相続説、昨年暮れで崩壊

  • 2020/02/13 07:17

司法犯罪相続絶体説、昨年暮れに崩壊して居ます、犯罪に手を染めて遺産を奪えれば、犯罪者が遺産の所有権を得て、遺産から強制除外して押し通して来た、司法犯罪相続説で。

遺言状が有るからと、法定相続人が法で守られて居る、相続遺留分、減殺留分まで、犯罪により奪い、通して来た、遺産預金は死人偽装で窃盗、遺産不動産は、地面師詐欺で詐取、この犯罪手法を国中で凶行して、強引に成功させて来た、司法が犯罪を命じて、犯罪に手を染めて、金融機関、法務省、法務局と共犯で。

解体が必要な遺産建物、処分が必要な遺産物品は「存在しない負の遺産故、相続から強制除外して、凶行位突破で遺産相続を、司法テロで終わりと虚偽決定して、未来に付けを回して逃げて来た、金銭負債は、遺言状で正の遺産だけ遺贈される、と虚偽司法決定で、負債相続を潰して来た、司法犯罪決定で」

行政も共謀して「遺品整理請負、死後受任契約遺贈受けで、負の遺産家財闇処理、犯罪相続を国中で展開して来て居る”この犯罪相続受けで、処理費と処理物品は、遺産から消した”こう行政が、司法、警察と共謀して、虚偽決定して来ても居ます、遺品整理請負、死後受任契約遺贈も、相続受けですから、負の遺産も無制限相続受けですが、負の遺産相続事実を、無い相続受けと司法、行政で偽り、消して来て居ます」

ですが「裁判所、最高裁が昨年暮れに”法に沿った相続に改める、正、負の遺産、処理が必要な遺産物品等も、全て相続遺産で扱う、相続は法の規定通りで相続させなければならない”と、当たり前に相続を変えた事で(変えた、では無く、司法犯罪相続を、合法に改めた)上記行政ぐるみ、犯罪相続が崩壊して居ます」

当然ですが「阿部さんの犯罪相続事件でも証明されて居る”遺言状で遺贈を受けたら、他の相続人の遺留分まで奪えるの、遺言状記載に無関係で、相続人の財産を奪い放題出来る、負の遺産は相続せず逃げられる”これ等が法を犯しており、もう通せない事も立証されて居ます」

犯罪を司法、行政、警察が共犯で、政治、報道も組して、正しいと虚偽を決めて通して来たから、こんな荒っぽい犯罪が、おおっぴらに凶行出来て、通せて来たんです「司法、行政、政治、警察、報道が共に犯罪者ですから、どんな極悪な犯罪でも、こうして成功した訳です」

法律以前の司法犯罪が

  • 2020/02/13 06:18

@札幌市の遺産犯罪収奪他、当社の綿密な調査、犯罪証明が功を奏している事件、相続人4人中2名が札幌市から保護受給、保護受給者息子が正の遺産900万円程度犯罪収奪、自供済み事件、今月末に先ず、遺産犯罪収奪隠蔽目論見で、些少の遺産金だけ強制審判決定を下し、犯罪で抜いた遺産金、負の遺産物品相続潰し予定だった審判決定が出ます”相続が合法化されたので、この審判決定は、保護受給者も一部正の遺産相続受け、負の遺産家財も相続受け”盗まれた900万円は未相続”と言う結果です、日本初の、保護受給者も入った正、負の遺産相続審判決定です

                                令和元年2月13日 

                 〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号 
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504
※保護受給者に発生した、遺産家財等処理相続、日本中違法相続で、司法、行政ぐるみ相続潰し、札幌市議会は”議会に挙げて、盗まれた遺産金保護費充当回収予定、家財処理は今後の重大課題、日本中で、保護受給者も含め、無い負の遺産相続で、司法、行政、警察が潰せたので

小樽市長、市議会、塵減量推進、保護課
FAX0134-32-5032
石狩市長、市議会、環境、保護課長
FAX0133-75-2275
北広島市長、市議会、環境、保護課
FAX011-372-6188
江別市長、市議会、廃棄物対策、保護課
FAX011-382-7240
恵庭市長、市議会、会器物管理、保護課
FAX0123-33-3137
千歳市長、市議会、廃棄物管理、保護課
FAX0123-32-2492
岩見沢市長、市議会、廃棄物対策、保護課
日本広告審査機構
FAX03-3541-2816 報道も”相続は法の規定による”等報道姿勢変更、遺品整理も相続受け
道新くらし編集委員福田淳一記者他
FAX011-210-5607 もう遺品整理も無理、報道も相続は法の規定で、報道開始も
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局記者各位
FAX011-233-6008 HTB報道部、広告局
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道制作センター中館デスク

1、札幌市厚別区で起きて居る、相続遺産金犯罪収奪、相続人4人中2名が保護受給者、札幌市役所、市議会も保護費詐欺等該当遺産窃盗、保護費詐欺指揮、負債となる遺産家財は保護事業から抹殺、も合わせ、相続から抹殺予定、定番となっている司法、行政、警察ぐるみ犯罪相続事件も、当社の尽力で「犯罪収益遺産金、相続遺産から強制抹殺、負債家財も遺産から強制抹殺目論見審判決定、判決も、破綻させられました」

2、今月末に、札幌家裁審判事件、455,456号遺産分割強制審判決定が出ますが「別紙記載の通り、司法、行政犯罪相続を踏襲し、法を犯して抜いた遺産金900万円を遺産から強制抹殺、盗めなかった遺産金70万円程度だけを相続人4人で分割、遺産家財は、負の遺産から強制抹殺審判決定、今までの司法、行政犯罪相続雛形通り、の予定でしたが、昨年暮れに裁判所が、法による相続へと方針を変更した事で、正の遺産は一部相続、負の遺産家財は、4人が負の遺産で分担相続、この決定しか出せなくなっており、札幌市議会、保護自立支援課、環境も、もうこの手は通せないと諦めて、下記方針を打ち出して居ます」

(1)被相続人甥が違法に抜いた、遺産金900万円位の半分は「相続人二名が相続を受ける、保護費に充当すべき正の遺産金なので”市議会に挙げて、保護事業が保護費充当資金として、回収を掛ける”不正入手を当人と、委任弁護士小寺正史も認めており、市、市議会ももう言い逃れ出来ない」

(2)今月末位に出る「一部の正の遺産金相続受けと、負の遺産家財相続に付いて”保護受給者の場合、負債建物(解体費が負債)処理が必要な家財等遺産は、相続させず、存在しない負債遺産”で逃げて来れたので、市、市議会とも、正、負の遺産共に相続受けに裁判所が変わり、対応策が見当たらず困って居る”当然保護事業で、負債家財相続受け債務処理も必要”とは承知して居る、市担当部署、市議会と、引き取り等を請け負う当社と、息子行政書士と、家財保管相続人とで協議も必要」

(3)裁判所が昨年暮れに方針を変え「法律通り、正、負(解体する建物費用、処理が必要な物品処理費)の遺産全て証明、相続受けと決めたので”保護受給者も含めて今後は、負の遺産建物解体費、家財処理費、被相続人が負って居る金銭負債全て相続が必要”死後受任契約、遺品整理請負、遺言状遺贈で消せ無い事負の遺産だと言う事も理解して居る”一部でも遺産を受け取れば、負債は無制限相続受け、も理解して居る」

3、当社と息子の尽力で、ここまで遺産相続、保護受給者相続も、合法化出来て居ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4847191
ユニークアクセス:4077897
今日
ページビュー:107
ユニークアクセス:104
昨日
ページビュー:1290
ユニークアクセス:1187

Feed