エントリー

2020年02月15日の記事は以下のとおりです。

国賊司法

  • 2020/02/15 17:50

国賊そのものです、法曹資格者、検察庁、裁判所の実態は、当社の尽力が功を奏して、司法犯罪相続も崩壊させられて居ます、犯罪の主犯裁判所、裁判官、弁護士会は、最高裁が、法律規定による相続の徹底方針、指示を出した事で、犯罪相続はもう出来なくなりました。

法律に沿った相続の徹底、遺言状が有ろうと、二人以上相続を受ける者が居る場合、遺贈を受けた人が、10割遺産を手に入れる事は出来ない、法の規定がようやく絶対となったのです。

司法犯罪相続は、犯罪そのものです、元々認められる事では無かったのです、当社が一身に、司法、警察犯罪攻撃を受け続けて、それを凌ぎ続けて、司法犯罪を証明して、合法を通す為、被害者に手を貸し続けて、合法相続が実現され出して居ます。

最高裁が、平成28年12月19日の最終決定、相続遺産分割除外説は民法第896条違反、以後採用を認めない、過去にこの説を認めた、最高裁決定も破棄する、こう最終決定を下した事を、ようやく高裁以下裁判所、裁判官に、法と共に正しく遵守させる事と決めた法のですから、暫くは犯罪相続が弁護士のしのぎ、とは出来なくなるでしょう。

まあ、もううちは、犯罪相続被害受けも無いから良いけれどね「東北町に、義理の両親と、義理の兄二名の遺影、位牌、仏壇、神棚、物品全てを引き取らせられたし、土地建物は”自己所有と自分で決める、種々を抱き抱えて、離す必要無し判決も出ている、あの男が手続き上も、自己所有として居るし”」

自分でも文書を出して「遺産は全部自分が管理するんだ、こう書いて寄越して居ますしね、どうぞ、喜んで妻も4男も、差上げますから」

幾つもの訴訟、判決を経て「負の遺産は妻も4男も、司法決定によっても”相続は不可、一切相続させない”と決定、判決が出て居ます、心置きなく差上げられますから」

弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所犯罪の結果「懸案だった遺産不動産、動産、供養対象物品は、4男、妻には無関係と決定されて居ます、妻のアルバム、実家に残して来たアルバムも、妻には所有権が無い、引き取りに行くと逮捕されるので、東北町が所有権を得たのです、司法決定事実です」

損害保険詐欺に、事件

  • 2020/02/15 15:28

当社を損害保険詐欺に利用しようとした、方の事件は「警察も、周りの住人も、管理組合も、共に事実等を正しく把握して、のようです」

当社を利用して、損害保険事業から金を引っ張ろう、利用だけして、自己利益を懐に入れて、切り捨てれば良い、と言う料簡で、当社を呼び、利用に走った訳です。

うちは「犯罪に加担する気は無いです、犯罪が分かって、当社を利用するだけして、犯罪責任が生じれば、犯罪がばれれば、うちが実行犯だ、こう陥れに走った、人間禄でも無い種類のも居ます」

まあ、結果としてですが「警察にも、事実が証拠と共に、正しく伝わって、良かったですよ”言い掛かりで金を要求されて居る、管理組合も良かったと思います”当社の尽力で正しい事実が伝わり、ですから」

他人を都合よく利用して、自己不当利益を得て、利用した相手を陥れに走る、そういう生き方をして来たのでしょうけれど、毎回うまく行くとは限らないのですよ。

結果、もう管理組合と、他の火災保険から、違法に金を引っ張る事も不可能となった訳です、元々違法な要求です、損害保険から違法に金を引っ張る為に、他者を利用して、利用するだけして陥れる、最悪ですよね、やって居る行為が。

当社は正しい請求を行って居ます、警察を利用して、支払いを逃れて、当社を言い掛かりで犯罪者に落とす、今これに走っているけれど「近隣住民にも、違法な集金が有ったか、虚偽犯罪での110通報か、捜査協力願いも出して有り、結果、となって居ます」

己の悪事を証明されて、当社を犯罪に利用しようとして暴かれて、契約を解除されて、請求を受けたら「言い掛かりで当社を犯罪者に落とそうと、警察を利用して居る、まあ、良くここまで性根が腐り切って居る物です」

自分達の悪行を、警察等にも詳細に知らせている結果に繋がって居る、巨大ブーメランですね、呆れ果てた連中です。

初めから分かって居たから、警戒して相手して居ましたからね、まともな連中では無い事は、初めから分かりましたから。

一人は結果、キチンと契約を履行して、契約完了、支払い全てを終えて居ます、御主人がまともだったからです、こっちは揃って、ですねえ、予想通り。

私利私欲以外無い公権力

  • 2020/02/15 15:13

公共の利益の為、当社から指摘された、権力悪、犯罪を、自分達でも理解して、どうにかしなければ、と動いて居る、札幌市議会会派は「共産党だけです、自民党、民主市民連合は、公共の利益など、意味も分からないようです、まあ、そうだろうとは、元々思っていたけれどね」

地方自治体の中で、大きなs独裁権力を持って居る事を利用して、市役所等に不当でも圧を掛けて、利を引っ張りたい、低度なんでしょうね、公共の為に多少でも、自分で考えて、合法化に向かわせる意思等、資質の段階で、備わって居ないんでしょう。

良くも悪くも、共産党だけが、公共の利益も見て、自分達でも考えて、出来るだけ何かしたい、と考えて居ます、行動に移せるかどうか、之はまだ未知数ですが。

地方議会など、存在する公共的意味は、無いに等しいと言う事でしょうね、国会議員であれですし。

政治権力として、日本国に、地域にとって最も良い方向とは、之を常に考えて、方向が間違って居れば、是正しながら、色々な声を聴いて、収受選択出来て、良い答えを導きだして、公共の利益実現に向けて政治権力を行使する、そんな資質も何も、見事に備わって居ないです。

地方政治が之です、地方自治体の法破りを見抜き、糾弾して、是正させて、責任を正しく取らせる「地方政治としての責務何て、何の事かも全く理解も出来て居ないんでしょう、地方役人の違法公務を、正しく理解する資質も何も無い、伝えられても理解の端緒にも付く能力も無い、お粗末の極みです」

こんな地方政治権力など、何の正しい役にも立ちません、セレモニーで「行政悪を問い質す、操り人形にもならないレベルです、役人によると”専門的な行政の仕事に、何か聞いて来る事は、地方政治権力は、無いに等しいとの事です”利権に関わる事以外、何も役所、役人に向かえないんでしょうね」

遺品整理請負、未相続の遺産金品泥棒請負を認めるべきだろう、等と言う「勘違いを超えた、犯罪事業者からの、等に関しては「相続人の相続遺産窃盗、廃掃法、古物商法違反等の犯罪が行われて居る請負なのに、求めて来る、とか、、。」

己らの利権しか、頭に無いんでしょうね、こんな連中を税金で飼っている市民は本当に愚かと言う事です。

司法犯罪相続崩壊し続け

  • 2020/02/15 09:11

友人からの連絡で「札幌のテレビ放送と同じ内容、遺言状が有っても”複数相続人が居る場合、遺産10割相続受けは出来ない”と言う内容を、どこぞの弁護士が、ブログに書いて居る、と教えてくれました」

この弁護士は、法に疎い法曹資格者らしく「今までは”遺言状が有れば、他の相続人が持つ、相続遺留分まで遺贈を受けた人が奪えたが、法が変わり?遺言状が有っても、他の相続人が法で認められて居る、減殺遺留分侵害取得は出来なくなった”嫌な世の中になりました、と書いて居る、との事ですが」

テレビ放送でもそうでしたが「法律の規定は”ずっと、複数相続人が居れば、遺言状が有ろうと法定相続人が法で守られて居る、遺留分、減殺遺留分侵害取得は出来ない”こう法律で決められて来て居ます、司法犯罪相続説、を根拠と偽り、異遺産根こそぎ犯罪種立つに成功すれば、犯罪者が法を犯し、手にした遺産の所有権を、無税で得た、と強引にでっち上げ決定して、押し通して来たに過ぎません」

司法、警察が、こうした遺産犯罪収奪、合法相続強制叩き潰し、を国中で凶行して、犯罪を通して成功させて来ただけです。

警察、司法が犯罪を指揮して、犯罪に手を染めているから、荒っぽいだけの遺産強奪、合法相続叩き潰しが、強制的に成功させられたに過ぎません「司法、警察が組織犯罪に手を染めて、遺産泥棒の支援を国中で凶行、之によって成功して来ただけです」

阿部健一、花枝氏の遺産犯罪収奪も、もう成功は無理でしょう、司法犯罪遺産強奪で入手達成説、之を唯一の拠り所とさせて、泥棒と共犯者保護受給者相続人の叔母、双方利益相反弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌市長、市議会、保護自立支援課が共犯で、正の遺産犯罪収奪、負債遺産家財放り出し、これを成功させるべく、犯罪に走って来たけれど、裁判所がこの犯罪相続破壊、法律通りの相続を通す、としたから、もう「遺産犯罪収奪犯甥が、叔父を遺産土地建物から叩き出して、地面師詐欺で所有名義10割を、甥に書き換えて貰った事が根拠だ、と言っての司法犯罪も、成功させる法律根拠が存在しません、元々合法根拠は無いんですけれど」

司法、警察、札幌市長、市議会、市担当部署、報道他が犯罪に加担して、成功させるべく、犯罪の限りに走って来たけれど、成功させる要件が、見事に失われて居ます、元々地面師詐欺で所有権詐取、ですからねえ。

裁判所が犯罪相続を止めたから

  • 2020/02/15 08:57

法律の規定は、根本は変わって居ません、遺言状を書いた所で「相続を受ける者が2以上で有れば、一人が10割遺贈を受けて通る、之を認めた法律は、すっと存在して居ません」

遺言状で遺贈を受ければ、負の遺産は相続せず逃げられる、之を認めた法律も、ずっと存在して居ません。

遺産を犯罪に手を染めて、手に入れれば、犯罪者が犯罪で手に入れた遺産の所有権を得た、遺産から犯罪収奪被害遺産は、強制除外された、之を認めた法律も、当然存在して居ません。

売れない土地建物、物品は、相続遺産から抜いて、放り出せば良い、得する遺産だけを相続で良い、之を認めた法律も、当然存在して居ません。

遺言状で土地建物を遺贈されたから、他に法廷相続人が居るが、所有名義を10割書き換えて取った、之を認めた法律も、元々存在して居ません。

生活保護受給者なら「遺産金を手に入れて、使っても、保護打ち切りせず、手に入れた遺産金回収もしない、売れない遺産土地建物、物品は、相続せず放り出せば良い、之を認めた法律も、元々存在して居ません」

でも「これ等の犯罪が、司法犯罪相続説、が根拠だと狂言を吐き、強引に通されて来て居るんです」

特に平成15年から、相続遺産分割除外説をでっち上げて、上記犯罪が、強制適用されて来て居ます、居直り強盗ですが、司法、警察、行政、地方政治、報道、士商売の連中等が共犯で、犯罪相続が常に通る、を重ねて来たのです。

遺産で儲かる分は、弁護士用の司法他国家権力犯罪により、犯罪し放題で手に入れて、所有権を得た、と、司法、警察、国税が偽って決めて通して、無税で犯罪利得を得られて来たし、売れない土地建物、物品遺産は、司法犯罪相続説で、放り出して通されて来たんです。

遺言状で遺贈を受ければ「負の遺産、負債は相続せず、得する遺産だけを、無税で相続受け出来ると言う、司法犯罪相続説、も国中で強制適用されて来て居ます、どれも法を蹂躙した、司法他国家権力犯罪でしか有りません」

司法犯罪相続崩壊、保護受給者負の遺産相続も、この手で闇に

  • 2020/02/15 06:44

@昨年暮れまでずっと”正の遺産は法を犯して抜けば、犯人と共犯弁護士が所有権を得て、山分け出来る、遺言状で遺贈を受ける、死後受任契約や、遺品整理を名乗り、未相続遺産物品相続受け、闇処理すると、負債遺産は相続せず通る,負債保護受給者は、負債土地建物、物品遺産は相続せず逃げられる”法を犯す相続だけで通して来たが、もう保護受給者相続発生も含めて、正、負の遺産土地建物、家財等共に相続受け”が通せるように、当社の尽力が大きく物を言い、変わって来て居ます

                                   令和2年2月15日

                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504
※保護受給者の相続で”金融資産相続受けは有るが、売れない土地建物、物品相続受け事例は一つも無し”保護課、環境の答えです”単に無い相続、で未来に付けを回しただけ”詐欺相続司法手続き等で”今後こうした不動産、動産負債遺産処理が、行政、国民に降って来ます、税金支出で

秋元克広札幌市長、市議会自民吉野、民主市民連合木村、共産浅水、増川職員、保護自立支援阿部、介護保険桐越、障害福祉坪田、事業廃棄物八田、循環型社会推進清水課長
FAX011-218-5166 保護受給者相続家財、どう扱うか文書回答して下さい、合法策で
小樽市長、市議会、保護1課山本課長、塵減量推進菊地次長
FAX0134-32-5032 記載各先配布願う、後日連絡しますので
石狩市長、市議会、環境、保護課
FAX0133-75-2275 記載先配布願う、後日連絡しますので
北広島市長、市議会、環境、保護課
FAX011-372-6188 記載先配布願う、後日連絡しますので
江別市長、市議会、廃棄物対策、保護課
FAX011-382-7240 記載先配布願う、後日連絡しますので
恵庭市長、市議会、廃棄物対策、保護課
FAX0123-33-3137 記載先配布願う、後日連絡しますので
千歳市長、市議会、廃棄物、保護課
FAX0123-23-2492 記載先配布願う、後日連絡しますので
岩見沢市長、市議会、廃棄物、保護課岩瀬課長
FAX0126-23-9977 記載先配布願う、後日連絡しますので
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 換金出来ない土地建物、物品遺産は、相続対象から強制除外
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 遺品整理も含め、法を犯す遺産収奪は犯罪、遺産は犯罪入手可実例多数
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110 犯罪で遺産収奪適法実例多数作って来た

1、特に平成15年頃から「正の遺産は犯罪によって奪えば、犯罪者と共犯弁護士が所有権を得た、犯罪公認で、負債遺産は、遺言状で遺贈、未相続の内に盗む手で相続せず通す、売れない土地建物、物品遺産は、相続対象から強制除外して、未来に付けを回す、この司法犯罪相続のみを強制適用して来ました」

2、遺産となった預金は「死人偽装で盗むと、遺産から消して犯罪者所有と偽る、遺言状でxxに土地建物を遺贈する、と書けば”他の相続人が持つ、遺留分まで地面師詐欺で名義を書き換え、奪う”売れない遺産土地建物、物品は、弁護士、裁判官が、遺産から強制抹殺して、処理を未来に強引に回す、之だけを通して来ました、当社が協力して立証した実例証拠です」

3、昨年暮れから「裁判所の方針が変わったようで”民法第896,1031条、新民法第909条2他を順守した相続に代わり、負債土地建物、物品も、相続人が遺産目録に載せれば、相続対象で扱い出して居ます”司法が法破りを止めた、と言う事です」

4、札幌で発生した、遺産相続に絡む、過去の司法、行政犯罪相続を踏襲した事件「遺産土地建物は、保護受給者を含む相続人4人の遺留分まで、被相続人孫、保護受給者名義に、地面師詐欺で書き換えた、この人は、遺産預金、年金も法を犯し、得た”彼に付いた弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官等は、法を犯して奪えた遺産は、孫が所有権を得た、相続遺産から除外となった、保護受給者相続人相続遺産侵害は、保護費詐欺とならぬ”等を、地裁で主張し、判決で認めました、札幌市長、市議会、保護自立支援課も加担して、之を通そうとして来ました”該当不動産に有る、大量の遺産物品、未相続遺産物品も、相続人が相続遺産と証明しましたが、孫が所有者と偽り、通す予定にもなって居ました”強制執行で違法搬出、処理する予定でです、札幌市も、保護受給者相続家財を、司法が法を犯し、消して貰えるので大歓迎だった訳です」

5、当社の、こう言った犯罪実例証明が功を奏して、「昨年暮れから裁判所の相続手続きが”民法第896,1031条、新民法第909条2の規定通りと変わった上、相続人が、売れない土地建物、物品も、遺産目録に載せれば、日本初で,遺産で扱う実例も出来て居ます"保護受給者の相続遺産にも、処理が必要な遺産物品も、公式に入って居ます”別紙により、秋元市長、市議会他に、保護受給者の相続遺産、家財の扱い、処理に付いて回答を求めて有る通りです」

6,札幌市保護自立支援課、環境も、他の市役所同部署も「保護受給者の相続で、金融資産相続は有るが、処理が必要な土地建物、物品の相続事例は無い、恐らく日本中の保護受給者相続で、売れない土地建物、物品相続事例は無い筈、と答えて居ますが、単に行政、司法ぐるみ、特に保護受給者の売れない土地建物、物品相続は、無い事と偽って来たに過ぎません」

7、ネットを検索して見れば「売れない不動産等は、保護受給者は相続せず通せば良い、金融遺産だけ相続すれば良い、等、司法、市町村保護課の実際が載って居ますが、単なる相続詐欺です」

8、札幌市の実例のように「盗ませた、盗めた遺産金融換算資産は、犯罪者所有と偽り、保護受給者ぐるみの犯行でも、正当な犯罪、犯罪とせず、保護打ち切りも、保護費不正で回収もしない、でも”国民の実害は目に見えません、司法、警察、行政、地方政治が共犯で通せる通りです”日本の遺産相続、保護受給者も含めた、得する遺産の窃盗、使用実態ですから」

9、ですが「この札幌の実例を作りましたので”今後は保護受給者も、売れない土地建物、物品も相続を受けなければなりません、直接税金から、保護受給者が相続を受けた、建物解体費、物品処理費支出が行われます”行政、地方政治、国民が、直接税金支出を突き付けられます”もう、行政が遺品整理屋を使う遺産物品闇処理”も拙い訳です」

10、又「遺産不動産は”相続放棄する為の条件が有ります、他の相続人が、誰かが相続放棄する事を、文書で認めて、他の相続人が相続を受ける、管財人を立てて(100万円~費用が居る)国地方自治体が、不動産を引き取るまで管理して貰う”と言った条件が有ります”管財人費用も、保護受給者相続発生後、必要となる訳です”処理が必要な遺産物品相続は、直接保護事業支出が求められます」

11、司法、行政、政治、警察、報道が結託して、必要な法破り、犯罪を認める、公権力の悪用で法を犯す、実行部隊が士商売者、法務局、運送屋、便利屋、遺品整理屋、共犯が報道機関で成り立たせて来た「犯罪相続、保護受給者用もありは、当社の尽力、被害者への協力も功を奏して、崩壊して居ます、先ずは保護受給者が相続を受けた、処理を要する遺産物品を、保護事業で処理実施、之を果たす事が必要です、山のように行われて居る、同様物品犯罪処理委任、請負の手は使えません」

12、記載先各市役所担当部署、当社と行政書士山本隼に相談下されば、適法な方法等を伝授します、日本で我々以外、誰も適法な答えを持って居ません「司法、行政、警察による、法を犯す犯罪相続は、もう崩壊して居ます、保護事業詐欺相続、売れない遺産土地建物、物品相続潰し、死後受任契約で社協他が違法処理、遺品整理屋委任闇処理も合わせ、違法相続に走って来た責任を、地方自治体、地方政治は、この先もっと”負の遺産引き受け、東北町実例のような結果責任、税金巨額支出責任”を問われます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4847188
ユニークアクセス:4077894
今日
ページビュー:104
ユニークアクセス:101
昨日
ページビュー:1290
ユニークアクセス:1187

Feed