エントリー

2020年02月16日の記事は以下のとおりです。

遺品整理、死後受任契約物品処理請負

  • 2020/02/16 16:25

日本の遺産相続は、弁護士犯罪利得獲得を目論見、犯罪で構成されて、犯罪塗れで強制処理されて来て居ます。

遺産預金は、死人が死後預金を引き出したと、偽造捏造を公権力が認めて、金融屋ぐるみで金融機関の資金窃盗し放題、この手で盗み、遺産預金は死人の手で失われたと、強制決定して、通されて来て居ます「よって金融機関の帳簿等は、偽造捏造の嵐、偽造三昧の代物となって居ます」

有価物の遺産土地建物は「複数相続人が居るのに、xxに遺贈する、と、遺言状に書けば、法務省、司法書士、司法が共犯で、他の相続人が法で守られて居る、相続遺留分まで、地面師詐欺と承知で、xx名義に10割書き換えられて、他の相続人の不動産相続権は失われた、地面師詐欺収奪が正しいからだ、こう判決に書いて、正当化して来て居ます」

処理が必要な遺産建物、物品は「遺産、負の遺産ですが、遺産から除外させて、存在しない遺産建物、物品だ、相続受けは、負の遺産から除外したので無しと決まった、この詐欺相続決定、判決だけを、常時下して来て居ます」

ここに付け込んで、司法、行政他にも都合が良いので「遺品整理請負、死後受任契約遺贈受けが、国中で、司法、行政らも活用、犯罪処理委任しており、この犯罪請負が公に出来ている訳です」

司法、行政、警察、報道が、直接これ等犯罪行為委任者、共犯行為者ですから、地方政治も同じくですから「犯罪請負ですが、おおっぴらに公権力からの委任も受けて、犯罪請負処理を、国中で行えて居ます」

法を犯した者を取り締まる、処断すべき司法、警察、行政、政治が、犯罪委任者、共犯者ですからね、法律は適用除外されて、犯罪し放題が通っている訳なのです。

昨年暮れから、最高裁等の指揮で「民法第896,1031条、新民法第909条2等に沿い、合法を果たした相続に、それ以前の犯罪相続絶体、の真逆の相続に是正されて居ます、遺品整理屋、死後受任契約、遺贈受けで家財等相続受け、遺品整理屋と組んで闇処理社協、司法書士、行政書士等による犯罪行為も、完全に、元々ですが、犯罪と証明が、更に果たされて居ます」

国税と警察が、遺品整理屋等犯罪業者を、公に見逃してくれているから、今もこの犯罪委任、犯罪請負で稼げています「当然ですが、帳簿等の処理は、偽造捏造で構成されて居ます、犯罪を請け負って稼ぎ、税務署が見逃してくれている結果です」

処理せず引っ張られても

  • 2020/02/16 15:58

阿部さんは「司法、行政、政治、警察、報道が全て法の枠外国家権力、犯罪相続に加担して居る公権力、と言う事実が有り、両親の遺産犯罪塗れ相続に巻き込まれて居て”処理が必要な遺産物品も、当社の尽力が奏功して、相続人4人、二名は保護受給者が相続権者も含めて、遺産物品も4等分で各々相続を受ける”こう、法の規定ですから決まった先の問題」

阿部さんは、甥が地面師詐欺により、所有権10割名義書き換えして貰った、遺産土地建物に居住して居るので、遺産物品も管理して居ます「司法犯罪相続詐欺適法判決が、一審裁判で出て、控訴事件になり、地面師詐欺で利得を得ている、阿部さんの甥と共犯弁護士が”法に背いた遺産収奪等を認めた”等が無ければ、阿部さんが正しく遺産物品の管理、保管をしている事に付いても、阿部さんを司法犯罪判決を下し、違法叩き出しが果たされる予定だったが、甥と弁護士が、犯罪遺産種立つ等を認めたので、遺産物品も、不動産明け渡し強制執行で、甥が所湯社と偽り、強奪犯罪処理実施も、成功する見込みがほぼ失われた訳ですから」

阿部さんの意思でしか、遺産物品を、遺産不動産から正しく搬出する事から、出来なくなっています「予定が完全に狂ったんです”札幌市役所、秋元市長、市議会各会派は、飼っている弁護士共々、札幌の裁判所、裁判官が、この件でも”遺産だった土地建物と、不動産に有る者全ては、遺贈を受けた甥が所有者だ、こう定番司法犯罪判決を下して、何もかもを、不動産明け渡し強制執行名目強盗により、処分されて終わる”こう高を括って来たのですよ」

元々札幌市他行政機関も、司法も、個人の所有物請負処理は「違法請負業者と組み、法を犯して処理してだけ来ています”阿部さんの事件では、相続人4人中2名が保護受給者で、正の遺産犯罪侵奪犯は、保護受給者の息子と、保護受給者の長女です”拙い状況ですが、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌弁護士会,弁護士、道警、札幌市役所が共犯で、処理が必要な遺産物品も、法に背いて相続遺産では無い、遺贈を受けた人間が所有者だ”」

こう偽りで決定、判決を下して、不動産明け渡し強制執行強盗で、何時も通り処分完了で逃げられる、予定で来ただけですけれど「この権力合体犯罪で処理、の思惑は、見事潰えて居ます、この手で犯罪処理完遂、以外の逃げ道を、こう言った事件でこの連中は、他に持ち合わせて居ませんから」

阿部さんが管理して居る、相続遺産物品は「処理して貰わなければ困るんだろう、だから法律どうこう無関係で、公権力が犯罪業者を使い、処理してやるから良かったなやる、この手で処理して逃げられる物品では無いです」

阿部さん自身は「保護費詐欺事実が有るから、法律に沿い、保護受給者相続分、遺産物品を、保護事業責任で処理せよ、と求めているのです、犯罪は、司法、行政、警察医事であろうと認められませんから”公権力が処理してやる、処理されなければお前が困るからだ”がこの手は、この事件ではもう使えないのです」

公権力と言うけれど、マフィアそのものの言動、所業ですよね,法を犯す連中とずぶずぶ、、一緒に犯罪に興じている、腐敗し切った権力です。

弱みに付け込む手口

  • 2020/02/16 15:37

家財を処理しなければ困るだろう、だから「合法性云々では無くて、善意で家財、遺産物品の処分を代わって行って上げているんだ、この詭弁だけを拠り所とさせて、遺品整理屋、便利屋、運送屋、不動産明け渡し強制執行名目強盗は行われて居ます」

家財、遺品物品を、そこから運び出して、どう言う手で有ろうと処分しなければ困るだろう、合法性は無関係で良い事をしてやっている、困って居るから行って上げているんだ、良い事をしているのだから、合法云々は問われない、こんな詭弁だけを使っているだけですから。

阿部健一、花枝氏の、処理が必要な、大量の遺産物品も、公に、裁判所で「保護受給者も二名入って居る、相続人4人の遺産相続事件で、4分割相続とされても”生活保護事業で、公式に、保護受給者が相続を受けた、処理しなければならない相続遺産物品を、どうやって公的に処理すれば良いか、札幌市役所、市長、市議会、警察、司法の何処も、正しい方法も何も持ち合わせて居ないんです”」

元々が「違法行為に手を染めて”公的機関が法を犯す事に手を染めて、法を犯す業者を使い、法に背いて闇処理して居る、が事実ですから”公式に処理が必要な遺産物品を、相続を受けた二人、保護受給者相続遺産物品を、札幌市役所、秋元市長、市議会が、法に沿い、公式処理の為の手立てを公式に取る”事も出来る訳が有りません」

この事件では「被相続人孫が、遺産土地建物を、遺言状が有るからと、相続人4人の減殺遺留分まで地面師詐欺で名義を書き換えて貰って有り、遺産だった土地建物内外の物品と、居住して居る叔父と、叔父は営む二個人事業、看板ごと所有権者だ、公共犯弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官が、虚偽で強制事実認定判決を下して手に入れて、全てを強盗行為で処分出来る予定となって居たから」

秋元市長、市議会、保護自立支援課、環境局、道警、報道カルトは「今まで通りの犯罪処理司法テロで、闇処理出来て終わらせられる、と踏んで居たのです”札幌市、市議会各会派が飼っている弁護士連中も、何時も通り"遺言状で遺産不動産の遺贈を受けた者が、不動産内外のあらゆるものの所有権者である”こう判決が下り、不動産明け渡し強制執行で、全部強奪、闇犯罪処理が果たされて、終わらせられると踏んで来たのです」

この連中に、憲法、法律順守など、元々無いですからね「処理しなければ困るんだろう、だったら合法云々言うな、公権力が良いと言えば、法律違反だろうと正しいんだ、黙って任せて置け」

これを、この事件でも通せる予定で居たのですよ、その予定が根こそぎ破綻した今、法による、生活保護法、廃掃法、財産所有権規定を守った、保護受給者が相続を受けた遺産物品処理方法を示せる筈が無いのです。

国家権力集団に、憲法、法律規定の理解能力自体から無い

  • 2020/02/16 09:09

他国も変わりませんけれど、国家権力を手に入れれば、己が神に等しい存在になった、こう思い上がり、自分より上の神は誰か、だけに注力して、下の存在だと決めた相手を迫害、粗雑扱いして、権力を持った特権を享受して居る、特に地方になれば、之がほぼ全てとなって居るのです。

自分で何も、物理的な事を行え無い権力側の組織、構成員は、特にこれが顕著です「物理的に行う必要が有る事が出て、自分達に遂行させる責任が生じても、こう言う手合いばかりの公権力は、事を遂行、完了させられる、正しい知識も能力も、何も無いので、全く役に立ちません」

司法犯罪で構成相続説、も「無知蒙昧、無能の極致集団法曹資格者、司法書士、裁判所、弁護士会、弁護士等が、犯罪を制度と偽り、相続に絡み、強引に相続を、犯罪相続で終わった事とさせて、弁護士、司法書士が、報酬を得られるように仕組まれた、無能さを隠す為の、司法犯罪相続説でっち上げなのですの、」

遺言状が有れば、他の相続人が法で守られて居る、相続遺留分まで強奪出来て通る、そんな法律規定は無いけれど「この司法犯罪相続説で”弁護士、司法書士を使えば、正の遺産を法を犯して、手に出来る”司法犯罪相続が活用出来ると、司法書士、弁護士は宣伝して、この犯罪を成功させて貰えるから、犯罪相続遺産強奪特権所持者として、宣伝して稼げて来たのです」

この司法犯罪相続説には「犯罪で正の遺産を奪えれば、遺産から強制除外される、犯罪手法と、犯罪によって正の遺産を手にした者や、遺言状で法を犯し、正の遺産だけ違法入手、侵奪に成功した者は”負債遺産は相続せず通される特権”も加えて有ります、当然ですが、法律規定を犯した、司法犯罪特権付与です」

この司法犯罪相続説に便乗して、地方行政機関、地方政治は「保護受給者の相続人は”金融遺産は、数百万程度なら、法を犯して手にして良い、貰って良い、保護費減額、打ち切りをしないから、使い捲って良い特権と、負債遺産土地建物、物品、金融負債は相続せず、逃げられる特権、地方行政機関、地方政治ぐるみの生活保護法違反も入れた犯罪”を、国中で凶行しているんです」

このように、遺産相続だけを見ても、国家権力は、犯罪集団化し切って居るのですよ、日本国憲法、法律等、無いのと同じ扱いを、国家権力が集って行い、強制成立させて居ます「各々の国家権力が、自分より下と見た相手に対して、自分は神だ、自分が思う、決めれば絶対正しいんだ、従え、法を犯している自分と証明されても、自分は正しいから法の適用は除外で通って居る」

こう、国家権力揃っての犯罪行為談合を通して居ます、日本国民が、この事実を臨んだ結果です、江戸時代からほぼ変わって居ない、日本の公権力と平民なのです。

司法犯罪相続絶体説、が負債遺産放り出しにも

  • 2020/02/16 08:39

犯罪で染め上げて有る、司法犯罪相続絶体説が根拠とされて「遺言状で他の相続人が、法律で守られて居る、相続遺留分、得する相続遺留分まで犯罪によって侵奪して通る、強盗、窃盗、詐欺相続遺産入手も、戦後ずっと成功させられて来たし」

成功と言っても「遺産預金は”死人は死去後も生きており、死んだ人自身で窓口手続きや、ATMから預金を引き出して居る”と、手続き書類、帳簿、決算書等を偽造して偽ると言う、犯罪そのものの手で成功させて有ります、金融屋、顧問税理士、公認会計士、弁護士、監督機関、国税が共犯、実行犯で成功させて来ました、国際金融犯罪ですよ」

有価遺産不動産侵奪は「二以上相続人が居ても”遺言状に、一人に不動産、遺産を相続させると書けば、法を犯して有価遺産不動産所有名義を、遺言で遺贈を受けた者名義に10割書き換える”地面師詐欺の手で収奪に成功して来て居ます」当然ですが、犯罪行為でしか有りません。

この手で有価遺産不動産所有権を、法で相続遺留分相続が認められて居る、他の相続権者相続分まで詐取して「地面師詐欺で遺産不動産を手に入れた者が、該当不動産を奪う為、不動産明け渡しを求める訴訟を提起すれば、他の相続人が法で守られて居る、不動産相続遺留分は認めない、申立者が該当不動産所有権を10割持って居るんだ”こう、定番判決だけ出て来て、地面師詐欺が常に、司法犯罪によって成功して来たのです」

この遺言状で、遺産詐取、強奪が常に成功する、法務省、司法地面師詐欺収奪には「負債遺産は相続せず、逃げられる特権も、法を犯して付与されて居ました、犯罪司法の面目躍如でしょう」

阿部健一さんの遺産不動産を、孫に遺贈すると、遺言状を書いたからと、法を犯して相続人4人の相続遺留分まで、孫名義に書き換えて、居住している相続人叔父を、二個人事業毎叩き出す為、定番の建物明け渡し請求事件で訴えて「法を犯して不動産相続遺留分侵奪をしても良い、遺産不動産は、全て遺贈を受けた孫の所有だ、叔父は無条件で出て行けと、札幌地裁平成31年(ワ)第386号事件で、一審判決が出たけれど、定番の判決です」

叔父が公訴を提起した、札幌高裁令和元年(ネ)第292号事件となったら「孫と委任弁護士は”法を犯して遺産不動産所有権10割を得た、遺産預金窃盗、遺産年金詐取事実が有るが、全てこれから正当性を争う、と答弁しました”」

つまり「遺産不動産は無条件で孫所有だ、居住して、二個人事業を営む相続人叔父には、法を犯して奪えた遺産相続権も無いし、居住権、営業権も無い、拠って即刻出て行け、こう訴えた裁判自体も、判決も、訴訟詐欺と証明されたんです」

重罪が科せられるべき、司法ぐるみの犯罪と立証されて居ます、相続人4人中2名は、札幌市から生活保護を受けており、保護費詐欺も入って居ます、秋元市長、市議会、保護自立支援課も、司法、警察と共犯と言う、救いようが無い権力犯罪も、公式立証されて居ます。

これ等全ても、当社が公式犯罪証明して、ここまでに持って来たのです、当社が関わらなければ、闇に葬られた権力犯罪です。

日本の国家権力の頭では、日本国憲法は崇高すぎ

  • 2020/02/16 08:15

日本国の国家権力の頭、人間の資質では、日本国憲法は崇高過ぎて、念仏のような代物とされて居ます。

国民の程度でしか、国家権力に君臨する連中の程度も備わらない、事実そうです、日本国民、国家権力の実際の程度、資質では、日本国憲法、法律、GHQが造り、与えた憲法、法律は、崇高過ぎて正しい理解自体不可能、拠って正しい効力は、備わって居ないのです。

この現実により「三権分立から、御題目化して居るのです、日本の司法、行政、立法は、国、地方単位共に”談合国家権力でしか有りません”三権分立など絵空事が実際なのです」

三権分立から、そこにいる権力者集団揃って守れる資質、知識、能力が無いから、守れていないのです、三権分立の遵守の段階で、守れていないのだから、その先の、各憲法の規定の遵守が果たせる道理が無いのです。

地方に至っては、三権分立も何も、談合だけですよ、首長、地方議会議員、都道府県庁、市町村の実際は。

日本の国民、国家権力には、GHQが試験的に、理想に近い憲法、法律を作り、日本に与えた日本国憲法、戦後の法律は、崇高過ぎるのですよ、権力は権力を得た事を、私利私欲の為に悪用する、平民は、権力に無条件で諂う、之が体質で染み付いて居ますから。

崇高な、理想を求めた日本国憲法を与えられたって、資質が備わって居ない日本国民、国家権力です「憲法、法律は間違っているから、条文通りの適用はなされないんだ、法務省、最高裁が言い放ち続けた言葉通り、条文に効力は無い、之で強制扱いされているだけなのです」

日本国民、国家権力に、日本国憲法、法律の条文を、正しく守らせるとされれば、三権こぞって破滅します、そんな能力も知識も思考力も、資質も無いですから。

全て権力同士の談合で、三権がともに国民を食い物にして、私利私欲を得られるように、之を唯一として、江戸時代と変わらない、権力同士の我欲用談合に興じてだけ居るんです。

相続遺産分割除外説を、最高裁は平成28年12月19日に、廃止と決定したが、それ以降も法務省、公証人、高裁以下裁判所、裁判官、弁護士会、弁護士、警察、報道談合により強制続行されて来て、合法相続にいきなり昨年暮れ、切り替えられた、最高裁が指揮して、最高裁も、政府筋から命じられて、でしょうけれど、日本国憲法、法律規定蹂躙司法独裁司法実行犯相続犯罪も、犯罪国家権力自身では、合憲、合法化は果たせないのです、実行犯国家権力では。

司法犯罪相続破綻

  • 2020/02/16 06:49

加藤厚生労働大臣、小泉環境大臣、当社の尽力が功を奏して”相続人4人中2名が札幌市から生活保護を受けている”相続に絡む裁判、調停、審判で、正の遺産犯罪収奪で保護費詐欺も、と、負債となる大量の相続動産、相続を受けた者全員相続受けが必須、保護受給者分は、保護事業で処理等が必要、これを裁判所、裁判官も決定させる、今月末に審判決定も出る事案を作れました、厚労省、環境省、札幌市長、市議会、保護課、環境局は現実逃避して居ますが、物理的な保護事業での処理は必須です、日本中の保護事業にも反映します

                                   令和2年2月16日

                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                             TEL 011-784-4046
                            FAX011-784-5504

加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、福田他担当
TEL03-5253-1111(2826)保護受給者用相続で、負債不動産、動産、借金
FAX03-3592-1459 は相続放棄、金融遺産のみ相続受けを、日本中で実施
小泉進次郎環境大臣
TEL03-3581-3351
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課渡井、佐藤他担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル法高橋他担当
秋元克広札幌市長、市議会全市会議員、自民吉野、民主市民連合木村、共産浅水、増川他事務職員、区長、保護自立支援課阿部、事業廃棄物八田、循環型社会推進清水、介護保険桐越、障害福祉坪田課長
FAX011-218-5166 記載先全て”闇で家財処理委任、保護事業も含め”札幌圏で
                千数百件なのに、本件適法保護事業処理の答え無し

1、加藤環境大臣、小泉環境大臣「当社の尽力が功を奏して、別紙”札幌市が生活保護を支給して居る相続人が2名入って居る、相続人は4人の事案で、負債分類遺産動産大量の、法による相続決定も,今月末、添付資料審判で出ます、文書記載の通り、遺産金は一部だけを強制審判決定、遺産動産は、当社が物品証明と、引き取り費用一括で、に限定で算出し、相続人阿部溘悦氏が、訴訟、調停、審判に証拠提出済みです”」

2、昨年暮れに、最高裁が「相続遺産分割除外説、法を犯して捏造した遺産相続説を、全面禁止して、下記相続を高裁以下裁判所、裁判官に通達した事で、この相続関係訴訟、調停、審判他実例と、今月11日札幌のテレビ報道や、弁護士のブログでも、今の合法相続は、と謳いこうなって居ます、相続遺産分割除外説の真逆に激変しました」

(1)相続を受ける者が2以上居る場合”遺言状で一人が正の遺産全て遺贈を受ける、となって居ても、他の相続人には、法律規定により、本来の相続遺留分の5割の遺留分が認められており、遺贈を受ける者が10割遺贈受けは出来ない”昨年暮れまでは、民法第896,1031条等は無効、遺言状で他相続人遺留分、正の遺産だけを全て奪える、負の遺産は相続せず逃げられる、と強制決定されて居ました。

※別紙相続事件で、被相続人の孫、相続人次男息子が、遺産土地建物所有権10割(5割分800万円が違法収奪、保護費詐欺も含めて)と、遺産預金287,000円、遺産年金366,000円を、犯罪によって手にして、本人と委任弁護士、名義書き換え手続き、國分三恵子司法書士が”遺産不動産名義10割書き換えも含め、合法入手では無い、こう認めた事は、上記合法相続への舵切が最大の理由です。

(2)今までの相続説では”負債不動産,有価物動産(数千万円でも、相続税脱税が出来る、国税も認めている事実)負債動産は、相続遺産から除外として通す”この出鱈目相続でしたが、当社が作成した、ほぼ負債の遺産動産証明書を、添付相続事件証拠でも出した事を受け、相続権者全員が、負債動産も相続を受ける、こう激変して居ます、添付事件、保護受給者相続人が申立者の相続事件で、日本初の保護受給者も、負債動産相続も受ける実例が出来て居ます。

3、昨年暮れまでの「法を犯した、相続遺産分割除外説が絶対、と偽る、上記等相続は崩壊して居ます”阿部健一、阿部花枝氏の遺産の相続で、保護受給者の相続正の遺産と、他相続人相続正の遺産合わせて900万円位犯罪収奪(保護受給者息子による犯罪収奪、保護費詐欺も)と、負債家財相続遺産の相続受け必須が証明されて居ます,、厚労省、司法、道警、秋元市長、市議会、保護自立支援課、環境局他が、無い事として居間を逃げよう”として来た、権力犯罪、地方の三権、警察犯罪ですが、最高裁が合法相続に舵を切った事で、責任逃れが不可能となって居ます」

4、加藤厚労大臣、小泉環境大臣「保護受給者の相続受けで”日本中で多分一件も、負債不動産、動産の相続受け事案は無い事となって居る”と、複数の市役所保護課、環境も答えて居ますが、ネットにも載って居るように”負債となる不動産、動産は、保護受給者は相続せず逃げて良い、得する金融資産だけ相続受けすれば良い、こう保護事業者が指導して居る”為でしか有りませんよね」

5、添付相続事件では「札幌市挙げて”保護受給者子が、違法に遺産不動産所有権10割(半分は相続人相続分、800万円以上詐取)と、遺産預金287,000円、遺産年金366,000円窃盗、詐取と医療の遺産動産相続受け、保護受給者二名に付いて、故意に見逃して、闇に消す”公式方針を出して来て居ますが、最高裁が相続の合法化に舵を切り、保護受給者息子と委任弁護士、國分司法書士も、法を犯した遺産入手を認めており、地方三権犯罪も、もう通りません」

6、厚労省、環境省「今後日本中の、多くの負債動産、不動産も相続受け事件で、保護受給者も(遺品整理屋、死後受任契約、遺贈請け社協も)負の遺産動産、不動産緒相続も受けなければなりません、法に沿って”この札幌市の保護受給者相続で、相続人息子による、保護費詐欺でも有る正の遺産収奪、負債遺産家財相続受け、保護受給者分保護事業で処理実施”共に責任処理が必要です、之以上当社、相続人阿部溘悦氏に、不当な犯罪相続行為責任を押し付けないで下さい、日本の同様相続行為の、今後の雛形実例ですから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4849938
ユニークアクセス:4080405
今日
ページビュー:1207
ユニークアクセス:1060
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed