エントリー

2020年02月17日の記事は以下のとおりです。

阿部さんの両親が遺した遺産物品相続の先

  • 2020/02/17 16:24

阿部さんの両親が遺した、大量の遺産物品も「当社が手を打ち、相続遺産動産、で計上されて居ます”法律規定で当然の、遺産動産計上、相続手続き用計上です”」

得する遺産物品か、不要で換金出来ない遺産物品なのかに関係無く「物理的に存在して居る遺産動産です、誰かが相続を受けて、扱うのは当然です、放置しても、消え失せる筈が無いのですから」

司法犯罪により、義父母の遺産物品のように「公に東北町が所有権を、司法によって与えられた、相続人、残置物品所有者には、引き取り、所持は犯罪とされており、扱い不可能の結果です、司法、警察蹴邸が、絶体であるので、結果、物品が所在する、青森県東北町が、公式に所有権者と確定したのです、のように、公的機関が公式所有となれば、遺産動産は、相続権者の手を、司法テロにより離れて通されます」

ですが、阿部さんの両親の相続遺産動産は「当社で物品証明、引き取り処理等基本金額算定証明書を作り、調停、審判、訴訟に証拠で出して有るので、一部遺産物品を、阿部さんが金銭価値を付けて相続したい、とも審判に出して有るから」

それ以外の遺産物品は、特に誰も欲しいとも申し出していないようだから、多分4分割相続で決定、でしょうね「札幌市が所有権侵奪、と決定を出せば別ですが、出しても多分、相続人は困らないけれど」

今のまま、遺産物品4分割相続決定となれば「保護受給者の相続人二人の相続遺産物品のその後、が大問題なのです”札幌市が二名の保護支給を打ち切れば良いですが、保護費支給続行なら、保護費詐欺となります”」

公に保護受給者相続人二名に「相続遺産金、一部の遺産金相続受けと、遺産動産の相続受けが決定して居るのに、遺産物品は、他の相続人が保護受給者相続動産を、結果隠匿保管して居る訳で、保護費詐欺の共犯ですから」

公の保護費詐欺、地方の国家三大権力、道警が頭の犯罪への引き込みです。

遺産相続に関わるなら

  • 2020/02/17 16:06

遺産相続に関わるなら、多数の実務知識が必要です、遺産窃盗の方法、それを出来るだけ防ぐ手段、弁護士指揮、司法、警察犯罪、遺産泥棒に就いた弁護士用の警察、司法テロ犯罪被害の手口、多くの裏の実務知識から必要です。

正しい遺産相続は、原則行え無いと思って下さい、揉めればもう、司法、警察犯罪相続制度被害が「犯罪に手を染めて、遺産を不正に手にしたい相続人、でない側の相続人に、決まって降り掛かって来ますしね」

法を犯して、不正手段に手を染めてに、自分だけ違法に多く、遺産を手にしようと企む相続人につく弁護士は、当然同類ばかりです「法を犯して遺産を多く手にしようと企む相続人、遺言状で遺贈を受けた者らは”同類の弁護士しか、使わないですからね”当然、法を犯して遺産を多く手にしようと企む側の弁護士です、法令順守など、存在すら分からない訳で、法破りの限りを尽くして、法律に沿った相続潰しテロ、に暴走し続けます」

他の「まともな相続人を、言い掛かり、冤罪で潰しに走られます、その弁護士テロに呼応して、警察、裁判官、裁判所も、言い掛かり犯罪攻撃に、テロ冤罪粛清に、決まって暴走して来ます」

そう言う日本の、弁護士指揮犯罪相続、相続遺産犯罪収奪用犯罪、警察、裁判官、裁判所、法務省犯罪を、昨年11~12月になって、いきなり禁止措置が講じられた訳です、民法第896,1031条、新民法第909条2を守った、合法な相続のみ通す事、こう変わりましたから、犯罪相続以外分からない弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、警察は、合法相続が分からない頭であたふたして居ます。

地方自治体、地方政治、報道も、司法犯罪で構成、相続遺産犯罪収奪制度、これ以外分からないままですから、司法がこの犯罪遺産収奪、負の遺産強制遺産から除外決定以外、常に通さない中で、地方自治体、地方政治権力も、それを悪用だけして来て居るから、もっと対応出来ないでいます。

日本中に弁護士が犯罪相続で稼げれば良い、之だけで闇で凶行されて、強引に権力が通して来た、司法犯罪相続だけしか通さないようにして来た、この犯罪制度を、いきなり合法に是正せよ、もう犯罪相続財産収奪も認めない、こう真逆の合法相続に、強制是正されたから、犯罪高裁以下裁判所、裁判官、弁護士会、弁護士連中も、地方自治体も地方政治権力も警察も、全く対応も出来ないでいるのです。

犯罪相続のみ、延々と行い、通して来た権力集団です、いきなり法令順守、適法な相続を行う以外認めない、と命じられても、方法すら分からないのですよ。

司法犯罪が崩壊した事で

  • 2020/02/17 11:05

司法犯罪相続、犯罪で奪えた正の遺産は、犯罪者と共犯弁護士が、無税で所有権を得た、と、国家権力が共犯で偽り、通されて居る、負の遺産は、泥棒で遺産を手に入れる、遺言状で遺産を遺贈された人は、相続せず逃がされて居る、相続遺産分割除外説、でっち上げた司法犯罪遺産犯罪入手、抹殺制度が崩壊して行って居ます。

この司法犯罪崩壊により、犯罪を成功させて貰える予定だった、阿部さんの遺産相続絡み事件も、予定が完全に狂ってしまって居ます「相続人4人中2名が、札幌市から生活保護を受けており、保護費で遺産金を回収しないようにと、得する遺産を詐取、窃盗により、相続権が無い、被相続人孫、保護受給者相続人の息子に、大半犯罪入手させて、札幌の三大国家権力、札幌市役所、市議会、市長、札幌の裁判所、弁護士会、道警が共犯で、この犯罪遺産収奪、保護費充当回収を潰して通して居ます」

地方の国家三大権力、道警が直接手を組み、この犯罪を行って居ます、保護費詐欺も承知で、ここまでの犯罪を、地方の国家三大権力、道警が凶行しているのです「昨年暮れまでは、この手の犯罪は、裁判所、裁判官が”正しい犯罪だ、こう判決、決定を下して、法の破壊で強引に正当化してくれて、成功したのです”」

それを当たり前と考えて居たから、札幌市長、市議会、道警、札弁連。弁護士等は「被相続人の孫が、得する遺産ほぼ全てを、犯罪収奪して居る事を”正しい遺産入手だ、相続遺産から失われた、奪えた遺産は全部孫が所有権を得た”これを言い張り、通して来たのです」

処が、昨年暮れに最高裁が「民法第896,1031条を、これからは守った相続にせよ、遺言状が有っても、他に法廷相続人が居れば、遺言を受けた者が遺産全てを奪える事は無い、等を通達した事で、ここまで常に成功させて貰えた、相続遺産分割除外説を絶対と偽った、正の遺産犯罪収奪で所有権強奪,負の遺産は放り出せば終わり、が通らなくなってしまったのです」

この激変により、相続遺産分割除外説が通り、正の遺産犯罪収奪が正当と決定して、負の遺産物品は、相続遺産から強制除外されて通り「保護受給者の正の遺産犯罪収奪被害、保護費充当金犯罪被害も無くなるし、保護事業で処理責任を負う、売れない動産の相続も潰せて”生活保護事業犯罪も、無く出来て終わる”筈だった、地方の国家三大権力、道警共犯犯罪が、犯罪そのものとも証明されてしまったのです」

遺産動産も「正、負の遺産分類は兎も角、相続遺産だから、正しく物品特定して、正しく相続を終えなければならない、こう法律通りに変わったから”未相続遺産金品泥棒請負、遺品整理犯罪も、遺言状での相続、死後受任契約請負も、相続を受けた者か、未相続遺産金品窃盗犯”と、正しく証明されて居ます」

当然ですが、これ等一部遺産相続受け、遺贈受け者は「負の遺産も相続して居ます、今までは、これ等遺産相続受けを、無い相続受けと偽って来れたから、相続を受けた者が負う責任から、逃げて通っただけです、もうこの手は通りません、法律が正しく適用、こう昨年暮れに、最高裁が方針を決めたから」

家財犯罪処理委任、請負も、更に犯罪が公に

  • 2020/02/17 10:25

阿部さんが居住する土地建物に有る、両親が遺した遺産物品「相続人4人いて、二名が札幌市から生活保護を受けて居ます、つまり”合わせて半分は、生活保護事業が相続受けさせて、税金で処理を要する、相続負債遺産物品です”」

札幌市長、市議会、市担当部署は、札幌の司法独裁権力と組み「この相続負債遺産も、無い相続遺産と偽り、保護事業が責任を負う事からも、権力悪用により、逃げようとして居ます、地方の三権が共犯となり、この犯罪相続、保護事業で責任処理からも逃げようと悪事を重ねて居ます」

この相続物品は、遺産土地建物に居住する、相続人が「保護受給者相続物品も、隠匿保管して居る、と言う構図となって居ます”生活保護法違反行為でしょうね”地方の三権が結託して、この犯罪も、相続人居住者に行わせて居るんです、司法犯罪相続が、この事件でも成功すると信じて居て、司法犯罪相続が崩壊したから、他に逃げ道が見いだせず、こう言う権力犯罪に走って居ます」

今、この相続犯罪では「遺産金員900万円位は、犯罪遺産収奪犯、被相続人孫が不正に手に入れて、隠匿を地方の三権、道警によって認められて居るのですし、当然半分は、生活保護費に充当すべき、遺産金犯罪収奪なのですが、地方の三権、道警が、この犯罪利得収奪、隠匿、保護費詐欺を見逃して、共に犯罪に走って、通させて居ます」

明白過ぎる、地方の三権、警察共謀犯罪です、保護費充当の遺産金を、犯罪で収奪させて、遺産から強制抹殺して上げて、正しい遺産金犯罪収奪だ、と強制でっち上げしているんです、地方の三権、道警が共犯で。

被相続人の孫、犯罪収益収奪者は「地方の三権と道警により、犯罪収益入手を、ほぼ公式に認めて貰えて居ます、半分は保護受給者相続遺産金、保護費充当金員なのに、税金詐欺まで地方の三権、道警は、おおっぴらに犯罪潰しに走って居ます”高額保護費詐欺”地方の三大権力、警察が共犯で」

遺産物品は、処理費が居るから「無い相続物品と、強引に司法、地方行政機関、地方政治権力、道警が共犯で、合法相続を叩き潰して、元々は、遺産侵奪者の所有物、と偽り、不動産明け渡し強制執行名目、実際は押し込み強盗に裁判所、執行官、弁護士は指揮を執り、手を染めて犯罪処理を常時凶行しているので」

本当は上手く運ぶ予定だったのです、負債となる遺産物品相続潰しも、上手く3大国家権力共謀犯罪が功を奏して、成功出来る筈だったのです、最高裁が合法相続へと舵を切る前までは、上手く運ぶ予定だったんですよ、国家権力談合によって。

三権分立は絵空事です、日本が近代法治国家だと言うのも、法螺そのものです、司法犯罪充満国家、司法テロ独裁国家ですから。

地方の三権が結託して、公権力悪用犯罪を

  • 2020/02/17 09:28

地方の三権と報道が結託して、明確な犯罪を凶行しています、元々は国家中枢の三権が仕組み、弁護士、司法書士用の、犯罪によって利得を得られるように、として有る犯罪です。

生活保護受給者も二名入って居る、札幌で起きて居る「正の遺産犯罪侵奪、処理が必要な、負債分類物品相続潰し、明確な犯罪司法制度相続が起きており、予定では”複数の訴訟、調停、強制審判で、訴訟詐欺によって成功させられる、筈でした”」

ですが、当社の尽力も功を奏したようで「この地方の三権と、報道が共犯の犯罪、札幌弁護士会も直接実行犯の権力犯罪も、根本から崩壊して居ます」

裁判所が昨年暮れから「司法犯罪相続絶体説、之を止めて、民法第896,1031条、新民法第909条2等を、正しく適用させた相続に改めて行って居ますし、つまり”遺産預金は死人引き出し偽装で窃盗入手、遺産不動産は、遺言状が有るからと、他の相続人相続遺留分まで、地面師詐欺で詐取”これ等の犯罪は、もう正しい犯罪、正しい遺産入手だ、司法決定、判決が下り、正当化完遂、は、常時成功する事が無くなったのです」

阿部さんの両親の遺産犯罪相続も、もう成功は無理でしょう「遺産土地建物を、遺言状が有るからを理由と言い、10割甥に名義を書き換えて、不動産遺留分、内部の金品、叔父が営む二個人事業営業権、全てを司法犯罪で奪い取れる、予定だったけれど”民法第1031条、896条も正しく適用されるように、当たり前が通るように、最高裁が変わり”この地面師詐欺、強盗も、成功させる根拠を失って居ます」

遺産預金窃盗、遺産年金詐取被害も「司法犯罪相続説で、犯罪利得を得た甥が、所有権を得たと司法が虚偽決定を下し、相続人に被害を押し付けて逃がす予定だったけれど、之も危うくなっています、元々単なる窃盗、詐欺ですから」

遺産物品の相続も、の処理費を要するからと、司法犯罪相続物品強制除外、詐欺相続で潰せる予定だったのですが、之も予定が狂い、相続財産で扱うようになって、破綻して居ます。

相続人4人中2名が保護受給者で、相続財産犯罪収奪者が得ている、遺産金員不当利得900万円程度と、負債分類遺産動産、処理費数百万円の負債遺産の半分、保護事業で回収が必要、処理が必要な相続遺産隠匿も、もう成功しません。

地方の三権が、これ等の犯罪を共に凶行している、公とした事実です、表に出せた地方の三権結託犯罪、多分日本初の実例でしょう。

生活保護受給者の相続も、地方の三権、警察が直に犯罪で手を組み、正の遺産犯罪者に収奪させて、保護費充当回収せず、負債分類遺産動産は、結果として「物品を保管して居る、保護受給者の兄妹の一人が”保護法違反で隠匿保管”犯罪に手を染めさせている地方の三大国家権力、この事実も立証されて居るんです」

生活保護事業は「税金事業です、地方の三権、道警、札弁連、所属弁護士が結託して、保護費充当遺産金犯罪収奪、隠匿に加担して、保護受給者が相続を受ける動産は、相続人に保護受給者相続家財、を隠す為、隠匿保管させて居る、言い逃れられない、地方の三権、警察犯罪なのです」

司法犯罪が崩壊した事で

  • 2020/02/17 07:48

相続遺産分割除外説が崩壊した事で、阿部さんの相続遺産犯罪収奪被害受けと、遺産物品犯罪強奪、処理予定が、見事潰えて居ます。

犯罪収奪出来た筈の遺産不動産明け渡し訴訟で勝訴させて、盗めなかった遺産金だけを相続遺産と偽り、相続を強制終結させる予定だった審判決定で、この一連の司法、行政、政治犯罪を、見事闇に葬れる筈だったのですが、司法犯罪相続が潰えた事で、目論見が完全に狂ったのですよ、地方の三権犯罪予定も。

相続した遺産、相続出来ないように収奪して、ばれている遺産金を、札幌市長、市議会、市役所、札幌高裁以下が、保護受給者相続分まで「法を犯して隠蔽工作に走って居る、地方の三権による”生活保護法違反行為です”」

犯罪を地方の三権が、共謀して行って居ます、札幌弁護士会、所属弁護士も、直接実行犯でです。

ここまで公とさせた、地方の三権結託犯罪です「生活保護法違反犯罪も、地方の三権が共謀して、公開で実行して居る、日本初の事件でしょうね」

司法犯罪相続が崩壊した事で、札幌市長、市議会、市の担当部署の黒い思惑も崩壊して居ます、生活保護受給者の正、負の遺産の闇抹殺も潰えて居ます、地方の三権犯罪も崩壊です。

相続遺産分割除外説、之が潰れた結果、阿部さんが巻き込まれている事件、遺産金銭分900万円位犯罪で侵奪被害を受けて、大量の遺産動産は、司法犯罪相続により、未来に処理の付を回して逃げる事件も「相続人4人中2名が保護受給者で、保護受給者の正、負の遺産相続も、この犯罪により、無い相続と偽って通す目論見の、地方の三権結託犯罪も、破綻してしまって居るんです」

現在この司法犯罪相続遺産収奪、負債遺産抹殺犯罪では「相続人次男の息子が、正の遺産収奪利得を手に入れたままとされて居て、負債家財等遺産は”物品が存在する遺産不動産に居住して居る、相続人長男が”相続審判決定が出れば、公に保護受給者が相続した、遺産家財の隠匿に手を染めている、地方の三権が、保護受給者相続遺産動産を、無い遺産と偽る為、隠匿させて居る、保護法違反行為者”こう言う状況になって居ます」

地方の三権が、犯罪を指揮して、加担しており、不当に犯罪に手を染めさせて居ます、表に出た事件では、多分日本初の、地方の三権共犯犯罪でしょうね。

権力犯罪への

  • 2020/02/17 06:42

@阿部健一、花枝氏の遺産犯罪収奪、負債遺産動産、犯罪処分予定、保護費詐欺隠蔽等、司法、地方行政機関、地方政治が関わる、遺産犯罪相続制度踏襲事件、中間纏め、予想通りの結果を出せた上、この犯罪制度崩壊、合法化路線への道筋付けも

                                   令和2年2月17日

                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                               TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

秋元克広札幌市長、市議会、区長
FAX011-218-5166 
FAX011-218-5180 保護自立支援阿部課長、行政責任を果たす事
FAX011-218-5105 事業廃棄物八田課長
FAX011-218-5108 循環型社会推進清水他課長
FAX011-218-5117 介護保険課桐越課長
FAX011-218-5181 障害福祉課坪田課長
※家財処理をしなければ困るだろう、だから公権力が手を貸してやって居る、合法云々は問うな、遺品整理、死後受任契約処理、不動産明け渡し強制執行処理、どれもこの言い訳”困らない場合、公権力が犯罪者を動かす悪事が、重大な権力責任の結果を生みますが”
森雅子法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691

1、阿部健一、花枝氏の遺産相続に絡む、定番となっている司法犯罪、遺産犯罪収奪で所有権強奪、負の遺産は放り出して未来に付け回し事件も、当社が相続人阿部溘悦氏に手を貸して、想定を超える結果を出せています。

2、この一連の犯罪行為の内「相続人4人中2名が、札幌市から生活保護を受けている、保護受給者相続人次男息子が、相続人保護受給者らと組み、法を犯して遺産の大半を収奪の、札幌市長、市議会、保護自立支援課等も加担して、犯罪を完遂させて逃がす予定、負債となって居る大量の遺産家財は、裁判所が相続動産から強制除外予定だった事件に関して、中間纏めを行います」

3、法を犯して収奪した、金銭換算遺産約900万円は「予定では”不動産明け渡し要求訴訟で、すべて消滅させられる、違法判決により”1審判決が正にこれ”でしたが”違法に遺産を収奪した、当時者と委任弁護士が、控訴審になり、実は合法入手では無い、之から法を犯し、手にした遺産の所有権等を争う”と自供した事と、報道、弁護士等も、裁判所が合法相続に舵を切った事で、法を犯して他の相続人の遺留分侵奪は認められない”と公表して居る事等により、従前の、不動産明け渡し要求訴訟で、遺産不動産10割収奪、遺産預金、年金窃盗、詐取入手を正当化して、遺産家財も不動産明け渡し強制執行で強奪、闇処理、合わせて保護費詐欺も抹殺は、正当化出来なくなっています」

4、3により、この一連の犯罪が正当と強制偽装されて逃げられる予定と「保護受給者相続人に、恐らく札幌市の意向で、遺産分割調停、審判を、遺産収奪犯と同じ弁護士を使わせ、提起させて、犯罪収奪した遺産は無いと偽り、遺産動産も、遺産から除外させて通す決定を下して、生活保護法違反も潰せる、予定だったのでしょう”札幌市が抱えている弁護士等とも、でしょうか?”相続遺産分割除外説が有る、全て闇に葬れる、予定でしたか?」

5、事実を伝えて置きますが「阿部溘悦氏は”遺産動産の処理を、どう有っても果たさなければならない事情はありません”現状で困るのは”数百万円に上る、保護受給者相続分遺産金を、法を犯して保護費充当せず、処理が保護費詐欺に走って居る札幌市、市議会、必要な遺産動産、保護受給者相続分も、公に処理等から逃げる算段”の札幌市、市議会です、札幌高裁事件と、家裁審判事件共に、遺産犯罪収奪虚偽正当化、遺産動産犯罪処分、共に成功はおぼつかなくなっていますので、黒い思惑が外れて、困るのは公権力でしょうね」

6、こう言った、個人所有物の、公権力絡みでの犯罪処理実施も「実行犯便利屋、遺品整理屋、運送屋の言い草と、公権力の言い草は同じで”家財等を処理して貰わなければ困るだろう、合法云々では無くて、困って居るから手を貸してやって居るんだ、困って居る人に、良かれと思ってて手を貸してやって居るんだ”この詭弁で犯罪と承知で、犯罪者と組み、法を犯させて処理を重ねて居ます”犯罪者の言い草そのものです、需要が有るから違法薬物供給、売春斡旋してやっている、違法カジノ経営を行って居る、闇金融資を行って居る”これ等と同じ言い草です」

7、阿部溘悦氏は「司法犯罪により、遺産不動産相続遺留分、遺産預金、年金犯罪収奪他被害を不当に負わされて来て居ます”元々大量の遺産動産は、遺産犯罪収奪犯の所有と偽り、不動産明け渡し強制執行で犯罪処理を、札幌地裁、執行官、弁護士、札幌市が共犯で果たす予定でした”これが潰えた今、直接拙いのは、生活保護法違反も手を染めて来て居る札幌市、市議会ですから”日常的に同様犯罪に手を染めて居るが、適法根拠は無し、よって違法収奪された、保護受給者相続分遺産金、保護費充当の為回収、負債遺産動産、保護受給者相続分、保護事業費で先行処理、共に行う事も出来なくなっています」

8、阿部溘悦氏に、保護受給者相続人相続遺産動産を管理させて行くなら「別の問題が、秋元市長、市議会、市役所に降り掛かります、法を犯して保護受給者相続済み、相続動産を、阿部溘悦氏に、市長、市議会、市役所が違法管理させるのですから」日本初の、地方の三権犯罪公開証明、保護受給者の相続財産隠匿行為です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4850039
ユニークアクセス:4080499
今日
ページビュー:1308
ユニークアクセス:1154
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed