エントリー

2020年02月20日の記事は以下のとおりです。

保護受給者は保護を打ち切られず、年幾ら収入を得られるか?

  • 2020/02/20 16:18

保護受給者には、保護を打ち切られず金を得て、使える闇特権が有ります、現在までの実例では「一人頭数千万円までは公式に、保護を打ち切られず得られる金額、となって居ます、数百万円なら、全く問題とならず、保護を継続して貰えて居ます」

こんな真っ黒い税金事業、司法、行政が指揮して成立させて有ると言う、政治も直接犯罪に加担して居ると言う、法治国家の欠片も無い現実です。

ここまで保護受給者は、税金不正入手も合わせ、認められて居ます、司法、行政、政治、報道が共犯で、保護受給者の犯罪擁護に走って来た結果です。

正しく事業を営む、正しく社会生活を送る、止めた方が良いです、国際カルトテロ犯罪国家権力司法、行政、政治、警察が、自分達の悪行と合わず拙いからと、テロ粛清に襲い掛かって来ますから「国家権力犯罪を、無条件で受け入れるべきです、なぞらなければなりません、粛清されるよりましです」

この犯罪も、司法、行政、政治、警察、報道が直接犯罪に手を染めて、成功させて有ります、合憲、合法が通る国家権力は皆無です、粛清されるのを待つばかり、に追い込まれるだけです。

保護受給者に一定のお金と、高額が必要な遺産不動産、動産も遺贈を受けて貰う、後は役所が税金で、日本中の保護受給者遺贈受け不動産、動産を、税金で処理してくれる、こんな素晴らしい制度を、司法、行政、政治、警察が公式に認めてくれたんです、構築に走ったんです、国民こぞって活用しましょう。

今後少なくても「正の遺産は負の遺産を気にせず、手に入れて良くなりました、司法、行政、政治、警察犯罪の結果で、しかも”保護受給者さんに一定のお金と、処理に高額必要な不動産、動産も遺贈すれば、役所が税金で処理してくれる”この制度まで構築されて居ます」

最終的に日本国は、罪線破綻するのは目に見えて居ますが、抗っても無駄です、この保護受給者への遺贈制度、どんどん活用して、近未来に日本が破綻するまで走りましょう。

後、死人が預金を引き出して、死人が使っている偽装司法制度、これも金融機関の職員も含めて、どんどん活用して、正しく犯罪利得を手にしましょう「金融機関が帳簿等を偽造して、死んだ口座名義人が、死んでから金を引き出した、こう帳簿等が偽造されており、犯罪性無しですからね」

この金融犯罪も、弁護士用の司法犯罪です、今まで通りのこの犯罪を、今後は公に凶行しましょう、死人が金を引き出しに来たぞ、こう宣言して、金を引っ張れるのですから。

新制度構築も

  • 2020/02/20 15:40

遺言状による遺贈、司法犯罪事件のなぞりが大きく物を言い、新制度も構築されて居ます「遺言状による遺贈を、保護受給者に対し行う、保護受給者は”数百~数千万円、保護を打ち切られず金を得て良い“制度と組み合わせて、一定のお金を添えて、処分が必要な物品を、幾らでも保護受給者に遺贈すれば、後は役所が税金で処分してくれる、日本初の制度を構築出来ました」

この保護受給者への遺贈制度を活用すれば、何百、何千、何億円の、処理が必要な建物、物品でも遺贈する事で、役所が税金で処理してくれるのです、特になる遺産は貰い、こう言った、始末に困る不動産、動産は、多少の金も添えて、保護受給者に遺言状で遺贈すれば、役所が税金で処分してくれる、新制度を当社は構築しました。

こう言った不動産、動産、不良遺産は、相続人居住市町村以外に有る場合が多いけれど、この保護受給者への遺贈制度なら「保護を支給している市町村が、保護受給者が遺贈を受けた市町村まで足を運び、数十トンの遺産漁船でも、処理物が大量にある工場でも、大量の産廃遺産でも、役所責任、税金で処理してくれます」

何て素晴らしい新制度、司法、警察、行政、地方政治が協力?して、公式精度化に漕ぎつけた制度でしょう「保護受給者は、数百、数千万円でも、保護打ち切り無しで金を得て、自由に使える特権を与えられて居ます”この制度も活用して、ある程度の金と、処理すべき不動産、動産を遺贈して、受けて頂けば良いのです”良い保護受給者の臨時収入です、何しろ司法、行政、政治、警察が手を携えて、構築に持ってきた制度ですから”」

生活保護受給者は、保護を打ち切りされず、数百、数千万円収入を得て、使い放題が認められて居る、国民が知らなかった、保護受給者優遇策です、遺贈の仕組みと合わせて、保護受給者に一定の金と、処理すべき不動産、動産を遺贈して、受けて貰う”保護受給者は、金を手に入れて、処理すべき不動産、動産は、遺言状を福祉事務所、保護課に持ち込み、後は地方役人、保護担当役人に、日本中に有る処理すべき遺産不動産、動産を処理して貰える”最高の相続新手続きです。

違法な遺品整理、死後受任契約等頼まずに、この保護受給者活用新制度を、どんどん誰でも活用しましょう、保護受給者は、自由に使えて保護を打ち切られないお金が手に入り、処理すべき不動産、動産は、役所が税金で、日本中何処の遺産不動産、動産でも処理してくれる、こんな素晴らしい制度を活用するべきなのです。

岩内町の事件は

  • 2020/02/20 12:37

昨年放送された、岩内町での事件、大量の産廃が放置されて居て、どんどん廃棄物がたまり続けて居る、と放送された、あの事件は「産廃業者さんがお亡くなりになられて、相続権者は”得する遺産を手に入れて、処理が必要な産廃は放り出した結果、でした」

もう言い逃れも出来ない「司法、行政犯罪”得する遺産を分捕る、山分けして、処理を要する建物、物品は、相続せず放り出せば、建物、物品が所在する市町村が、税金で処理して下さる”司法、行政犯罪相続の、とても大きな一例なのです」

この事件も有りますから、今後は「生前贈与、遺贈により”保護受給者さんに一定のお金を渡して、大量の処理が必要な物品を差上げれば”後は行政が、税金で処理等して下さいます、とても素晴らしい、司法犯罪不要物処分の手続きも構築出来ました」

遺言状は「得する遺産だけ相続を受ける、に使うより”莫大な費用が掛かる遺産物品押し付けに使う方が、より効果が有るんです”司法、行政が、行政所管法律行為を、憲法、法律の適用はなれない、こう公言して、法破り悪事にお組織続けて来て居るんです、利用を積極的に行うのが」

今月末には阿部さんの両親の相続も、一定分だけ決まります「処理費を莫大に要する、負債分類遺産動産も、保護受給者相続人も、正しく相続を受けます、後の扱い、処理は、全て税金が注ぎ込まれます」

生活保護受給者と組む事で、こんなに特典を得られて居ます、高額処理費を要する遺産物品処理は、疲れます、欲に目が眩んだだけなのに、あの犯罪者連中は。

生活保護受給者は「保護を打ち切られず、何百万円まで、無税で通るのか、金額の上限も答えが出て来たら、どんどん生活保護受給者を使えば良い訳ですから」

もうほぼ何の法律も、ここまでテロ、犯罪に手を染めて居る司法、警察、札幌市長、市議会、保護自立支援、環境他、犯罪集団国家権力なのです。

まあ、保護受給者に渡せば、後は税金で行政が、何でも処理してくれるわけです、どんどん遺言状を活用して、処分物品を行政に押し付けましょう、実例も複数存在して居るしね。

司法犯罪のみ凶行でずっと来た法曹権力、警察、いきなり合法化実現と、最高裁に決められても、合法の意味すら理解不可能の連中です、弁護士、高裁以下裁判所、裁判官には、警察も役人も報道カルト、政治も。 

司法犯罪被害の積み重ね、実例証拠を揃えて

  • 2020/02/20 11:33

遺産となった預金も「死人は死去後も生きており、死んだ人が、死後も預金を引き出して居る、ように偽って有る、弁護士用が主体、遺産犯罪で入手、所有権取得、遺産から強制除外されて終わる、最高裁ぐるみの司法遺産強奪入手制度です」

江別署が「遺産となった現金、預金を相続人から預かり、金を抜いて逃げた角で、行政書士を逮捕した”正しい犯罪なのに”間違って逮捕した事件も、死人が死後、死人自身で預金を引き出して、行政書士さんに贈与した、こう金融機関の記録上は、なって居ます」

死んだ人が、死人になってから、国中で預金を引き出して居る、この犯罪が行われる度、金融機関はこう、偽造で帳簿等を処理して居ます、つまり「金融機関の記録では、多数の死人による、正しい口座名義人、死人、の預金引き出し記録が存在して居るんですの」

金融機関の記録が「死んだ人が死去後、自分の預金を引き出した、こうなって居る偽造でこうなって居ます、何処の金融機関も、司法犯罪を正当と偽る為の偽造です、ここまで証明されて居るんです”遺産預金を引き出して横領した、では無くて、死んだ日相続人が死去後、死人自身で預金を引き出して、行政書士に贈与した”が、金融機関の偽造記録と、司法犯罪、相続遺産分割除外説、を持ち、正しい答えなのです」

この事件も冤罪?です、死んだ人が死去後、自分の預金を引き出して、行政書士に贈与提供した、と言う事なのに「手続き書類、帳簿の記載上、之が事実となって居るのに、行政書士が遺産現金、預金を横領した、と言う虚言で逮捕されて、報道された、人権犯罪でしょう、冤罪なのに」

死人は死去後も生きて存在しており、死んだ人は死去後も、預金先に行き、預金を引き出して居る行き「司法犯罪、遺産犯罪収奪で無税所有権取得、犯罪に金融機関も追従して、死んだ人は死去後も、自分の預金を口座名義人ですから、引き出して居る、こう偽造、虚言を弄して、偽りが正しいとの事実証拠を、いよいよ出すしか無くなって居ます」

行政書士を遺産現金、遺産預金横領容疑で逮捕「先ず預金先の金融機関から、死人が死後預金を引き出した、となって居る記録を確認して、死人が死後も預金を引き出して居る、多数の同様事実も証明して、司法犯罪との事実も認識、証明して、同じ犯罪者、義兄妻子、阿部さんの甥の同様犯罪事実証拠も、道警本部、手稲、厚別署とも協議して確認して”行政書士は犯罪に手を染めて居ない、死んだ人が死後、自分のお金をくれた、贈与で有る”脱税では有るが、業務上横領は無い」

これを確認、証明する必要が有る、この冤罪を晴らす捜査を求めたので「金融機関の記録で犯罪の有無を証明が必須捜査、この正しい事件捜査、事実立証に向いた以上、行政書士は、死んだ人が死後、お金を下さった事実証明により、冤罪が証明される訳です」

遺産窃盗で行政書士逮捕、即刻冤罪晴らしに

  • 2020/02/20 11:13

江別警察署刑事二課が、2016年に行政書士が「相続人から預かった遺産現金XX万円と、遺産預金xxx万円を我が物とした角で逮捕された事件が、今日の北海道新聞に掲載されました」

早速江別警察署刑事二課に電話を入れて”xx刑事さん”と話して、下記を調べるように、冤罪ですよ、と伝えました。

(1)死人の遺産は”相続権無関係で、犯罪に手を染めて手に入れれば、犯罪者が所有権を得て、相続遺産から強制除外される”弁護士用最高裁ぐるみの犯罪、相続遺産分割除外説、遺産泥棒法を破戒して適法でっち上げ説、が根拠です”この説を、最高裁大法廷は、平成28年12月19日に、大阪高裁平成27年許第11号決定差戻、相続遺産分割除外説を採用して、遺産預金窃盗で適法入手、被害相続人に相続権は無くなった、決定を破棄、差し戻して今後禁止、民法第896条違反だから、最高裁も平成15年から認めて来た、相続遺産窃盗適法捏造制度もは、今後採用を認めない、民法第896条規定等適用相続とする、これ等も調べて下さい、最高裁ぐるみの、弁護士用犯罪事実も分かります。

(2)お金を引き出させた金融機関は”死人が死去後も預金を引き出して居る、適法な、死んだ口座名義人による預金引き出しだ、こう手続き書類、帳簿、決算書の偽造を、監督官庁、顧問税理士、公認会計士、弁護士ぐるみ行っており、金融機関犯罪でも有るので”遺産預金を抜いた金融機関に、帳簿等を提出させて、死人の預金を引き出して、どう処理して有るか、他の口座名義人偽造資金窃盗は無いか、これ等を捜査して下さい、弁護士、裁判所、税務署等に迎合して、山のように口座名義人偽造資金窃盗、帳簿等偽造で犯罪抹殺、実例が出るから、金融機関ぐるみです、立件は無理だから。

(3)同じ犯罪で遺産預金を盗み、適法犯罪と裁判官、弁護士会、弁護士、青森県警、道警が言い張り、成功させて有る事件は、北海道銀行、北洋銀行、青森銀行、ゆうちょ銀行、十和田おいらせ農協等実例証拠を、多数持ち、司法、警察に出して、正しい犯罪、公式決定されて居ますよ”こう言う事実証拠が揃って居て、二年前のスルガ銀行、昨年の秋田銀行職員が、口座名義人偽造で資金横領報道後で、金融機関、、地検相手で使てって、事件を潰せていますよ、道警本部、手稲署一課、厚別署二課にも~~の事件で、同じ犯罪を訴えて有って、捜査もしていますから、道警本部にも確認して下さい。

等々伝えて、先ず金融機関の帳簿等から調べて頂く「死人が死去後預金を引き出した、正しい帳簿等偽造事実、証拠と、同様犯罪多数立証、之を求めて置きました、起訴出来る筈が無い、司法位札、金融機関、行政、政治が直接犯罪に手を染めて居るのですから。

保護受給者が相続を受けると

  • 2020/02/20 06:28

@江別市保護課、崑課長から”保護受給者に相続受けが発生した場合、保護受給者は、相続を受けた後、自己申告で届け出すれば良い、福祉事務所、保護課で相続に付いて調査は行わない、厚労省の指示”と答えを得たので、厚労省社会援護局企画法令、石倉担当に問合せて”保護受給者が相続を受ける場合、事前届け出は不要、福祉事務所が相続受け事実調査は求めて居ない、自己申告次第、大量の動産も相続を受ければ、保護法違反だが、保護費で自宅に運ばせ、所有可の筈、之から調査等する”と答えを得て有ります、保護受給者が相続を受けた後、正の遺産相続を受けても、保護費充当回収無し、の理由が分かりました

                                   令和2年2月20日

@相続人阿部溘悦、山本二三子氏より、法による相続遺産等調査委任を受けた会社、建物解体撤去、動産引き取り、処理等遺産は、弁護士、行政書士は関わると違法故、建設業法、労基法、労安法、労災補償保険法等違反となります、厚労省、地方役人、司法が法を知らないので記載
                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504

@下記回答を求める事項に、保護、廃棄物、税金事業に携わる責任を持ち、文書回答を求めます、小樽他市、廃棄物ぬ送るので、以前の文書も合わせ、保護課にも提供願います

加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課福田他、企画法令石倉担当
FAX03-3592-1459(2826福田、2827石倉担当)
道労働局長、各労基署長、労基、労安、労災補償課長
FAX011-737-1211 各先配布願う、厚労省労働犯罪も認められない

秋元克広札幌市長、市議会議員全員、自民吉野、民主市民連合木村、共産浅水、増川事務職員、保護自立支援阿部、環境事業廃棄物八田、循環型社会推進清水、介護保険桐越、障害福祉坪田課長
FAX011-218-5166
小樽市長、市議会、塵減量推進菊地次長、保護課山本課長
FAX0134-32-5032
石狩市長、市議会、廃棄物、保護課菅原課長
FAX0133-75-2275
北広島市長、市議会、廃棄物、保護課奥山課長
FAX011-372-6188
江別市長、市議会、廃棄物、保護課崑課長
FAX011-382-7240
恵庭市長、市議会、廃棄物、保護課深田課長
FAX0123-33-3137
千歳市長、市議会、廃棄物、保護課佐藤課長
FAX0123-23-2492
岩見沢市長、市議会、廃棄物、保護課湯浅課長
FAX0126-23-9977
森雅子法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 遺産は犯罪で入手し放題、預金は死人偽装窃盗入手で適法の筈?
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 憲法、法律は間違い、議員立法は無効故、法に背く遺産収奪適法は?
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110 遺産預金抜き取り行政書士逮捕、適法な遺産入手でしょう?

1,記載先相手にも送って有る「札幌市長、市議会、保護自立支援課、区長、司法、警察が手を組み、遺産犯罪収奪は正しい、保護受給者相続人2名の相続に付いても”保護費で回収を逃れる為、被相続人の遺産不動産は、地面師詐欺の手で、遺産預金は窃盗で、遺産年金は詐欺の手で、被相続人孫が手に入れて適法な遺産入手、保護費詐欺にもならない、金額換算で、保護受給者相続遺産金分450万円程度この手で消して適法”訴訟、審判で証明され、通されている事実と、保護受給者相続人二名も、大量の遺産物品を相続受けする”事実に関して、下記に付いて文書回答を求めます」

2、幾つかの市保護課課長は「要望が有れば聞き置く、自分達も司法も、違法行為は一切無い、全て法に適った公務を行って居る、相続は弁護士、裁判官が全権を持って居る、との、三権分立から知らない対応です、上記事実に付いても、合法と言う以上、厚労省、各市保護課は、税金で事業運営して居る以上、公式回答が必要です”建物解体撤去、遺産物品優勝処分は、弁護士、行政書士、裁判所、裁判官の職権は及ばない”厚労省社会援護局、労基、労安、労災補償担当に事実確認すべきです」

※質問事項、その前に、別紙道新本日付け記事をご覧下さい”遺産現金、遺産預金を預かって居た行政書士が、この金を抜いた、使った角で逮捕されて居ますが、記載事件等も含めて、昨年11月までは、遺産現金、預金は、犯罪によって入手出来れば、犯罪者が正しく所有権を得た、相続遺産分割除外説が根拠、遺産から強制除外される”司法制度が強制適用されて来て居ます、この遺産窃盗、横領逮捕も冤罪の筈、道警、地検に冤罪事実証拠も送り、冤罪を是正させます。

(1)生活保護受給者は、相続遺産、正、負共が発生した後、相続を共に受けて、その後自分が申告したければ申告すれば良いだけ、福祉事務所、保護課が自自調査を行う事は無い、この生活保護事業手続きが合法との根拠を答えて下さい。

(2)遺産土地建物、物品も、保護受給者も正しく相続を受けて良い、売れない家屋、物品を相続受けする場合も”厚労省、市町村は、解体撤去、廃棄処分等も全て、弁護士、裁判官、裁判所職権で行えるので、弁護士を委任し、建物解体撤去、物品処理も委任、実施させれば良い、と保護受給者に指導して居る”との答えですが、完全に建設業法、労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法違反、廃棄物及び清掃に関する法律違反です”厚労省、各市保護課、環境、犯罪行為で事故、犯罪故逮捕時、責任を取れませんよ”司法他士商売事業者に、こう言った労役請負は禁じられて居ます。

(3)保護受給者も法に沿い、解体が必要な戸建て、マンション等、高額費用を要する遺産建物折が必要な遺産物品(漁船、漁具、農機具、工場物品、大量の収集廃棄物等遺産も全て)も、相続を受けた後、保護課に申告すれば、税金で処理等する、今までは有耶無耶にして来た、負の遺産保護受給者相続だが、今後こう言った税金処理対応も必要(相続が合法化された漸く民法第896,1031条、新民法第909条2規定順守、最高裁大法廷最終決定、平成28年12月19日、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反故、以後採用禁止決定が、漸く適用された故)と、法により答えて居ますが「多くの場合、こう言った負債遺産は、保護受給者居住地と違い自治体に有ります、実態調査方法、税金で処理する費用負担するのは保護支給地、物品所在地のどちらか、文書で答えて下さい」

(4)過去の、こう言った保護受給者相続物品相続せず隠蔽、事実に付いて、調査、公式処理するか否か、之も答えて下さい。

(5)阿部健一、花枝氏の遺産相続事件、正の遺産、保護受給者相続分で被相続人孫が、司法、警察、札幌市長、市議会、保護課の直接協力も得て450万円程度犯罪入手し、通って居ます「保護受給者は年間何百万円まで、保護費打ち切り無し、保護費支給金充当回収無しで通るのか、法を明記して、文書で回答願います」

(6)この遺産相続事件では、相続人阿部xxxxxx、xxxx氏は「大量の売れない遺産物品も、法に沿い相続を受けます”保護事業支出で、保護受給者自宅に運び、保護続行とするのか、保護事業支出で、相続受け後、物品所在不動産から搬出、引き取り等するのか、保護受給者自治体が引き取るのか”法を明記して答えて下さい”逃げても物品は無くなりません」

(7)3年位前、札幌xxxxxx丁目の「不動産明け渡し強制執行実施一戸建てで、xxが仏壇に残って居て、xxxxxが出て大騒ぎとなりました”この家の所有者は、xxxxxxxxx後、この高額xxxxxxxxxxxx受けして、自己所有として、xxxxxxxxxxx切り無し、別にxxxxxxxxxxも務めて数十万稼いで通って居ました”何故xxxxxxとならないか聞いた所”xxを受けた後、不動産、現金を相続しても、家に住まない、申告しない、之で遺産不動産、現金を手にして、xxxxxxされない、相続不動産は、不動産屋が高額買い取りするので、居住者を追い出して貰った手続き、等教えて頂きました”xxxxxは、数千何円でも、xxxx後手に入れ、xxxxxxxxxxも無い、この事実も合わせ、xxxxxxxがxxを打ち切られず、手に出来る金の上限を、法を明記して答えて下さい」

3、保護受給者が相続を受けた後、福祉事務所、保護課に、処理が必要、搬入費が必要な、物理的物品相続を自由に受け、税金支出で解体撤去、処分(弁護士、士商売事業者に請け負わせて居るが、違法です)違法物品所持用搬入させれば良い、遺産金は犯罪によって闇に溶かす、手に入れて使って保護費打ち切り、保護費充当回収せず「司法、警察、国、地方行政機関が公式実施犯罪です"特に厚労省、労働関係法律、労働者保護の法律破りを公認”正気の沙汰ですか」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年02月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4849933
ユニークアクセス:4080400
今日
ページビュー:1202
ユニークアクセス:1055
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed