エントリー

2020年03月03日の記事は以下のとおりです。

報告です

  • 2020/03/03 18:21

阿部さんの両親の遺産相続強制審判決定「どう有っても”泥棒の甥を逃がす必要が有る”これを果たすべく、とても面白い、法律以前が入った内容で決定しました」

;処理が必要な遺産動産は、遺産泥棒の共犯、相続人保護受給者長女が”何の根拠、証明も無しで、20万円位価値が有る、事にして、遺産動産を全部相続受けする”と決定を出して居ます。

この決定理由は「相続人、遺産泥棒の一角保護受給者の長女が”遺産動産全部を相続受けすれば、甥が遺産不動産強盗に成功するだろう”この目論見で、でしょうね」

生活保護法の規定も、この連中は、何も分からないから「保護受給者の相続人が”当社の物品証明、引き取り、処理が必要な、負債遺産と証明書を作って、証拠で出した物品を、保護受給者の長女が相続受けすれば、甥が所有者と偽り、強制執行で運び出して、排出者偽装で処理出来る”こう法も知らず、企んだのでしょうね、弁護士と裁判官、裁判所、警察で」

長女は生活保護受給者です、日本で初めてでしょうね”保護受給者が、処理が必要な大量の遺産物品の相続を、家裁審判蹴邸で受けた実例は”今後秋元市長、市議会、保護自立支援課は、保護受給者が大量の遺産家財の相続を受けた後、保護事業でそう扱うか、之への法による答え、家財の扱い実施も、之を物理的に行う答えを、公式に出すしか無くなったのです。

今まで生活保護受給者は「負債分類の不動産、処理が必要な遺産動産の相続は、無いと偽って通して、通されて来たのですが”この実例で、もうこの虚言保護受給者不都合な相続抹殺、は通せません”」

そして「当社は日本初で、裁判所の相続扱い事件で”処理が必要な遺産物品を証明して、相続させた実績”を作りました、司法が当社の処理を要する遺産物品証明書を、遺産目録と認めて使用したんです”」

又「甥が遺産を犯罪に手を染めて、犯罪収奪した、この犯罪収奪された遺産も、当然相続遺産である、事に付いて、法律以前の裁判官は”この遺産相続審判には関係無い”と書いて居ます」

決して「甥が犯罪収奪した遺産は、相続遺産では無い、とは書いて居ません、秋元市長、市議会、警察は”甥の犯罪に加担して来た責任も、更に明確にされて居るのです”」

今日知った事

  • 2020/03/03 18:07

遺産相続審判事件は「家裁の審判決定、高裁への控訴、之で相続は決定する、今日知った事です」

上告は出来るけれど「家裁の審判決定、控訴、之で相続は確定する、上告しても”決定した相続は、影響が及ばない、そうです”つまり、妻らの相続は、決定と言う事です」

と言う事で「私が協力した、妻の両親の遺産相続は”勝利決定でした”法律規定通り、相続人4人が各々4分の1ずつ相続を受ける、之で決定ですから」

次男、長女は「法律規定取りの相続受けで決定、家裁審判決定で確定です、弁護士に金を払って、法律通りの相続で確定”弁護士に払った金は、意味が、、、と言う”」

相続遺産分割除外説でっち上げ、強制適用は「弁護士を使えば”犯罪相続受け出来て得する”これを司法、裁判官、裁判所が、弁護士への犯罪利益供与を目論んで、犯罪相続を正当と偽る説”をでっち上げただけです」

犯罪に走り、遺産を収奪出来れば、犯罪収奪出来た遺産は、犯罪者と共犯弁護士が、犯罪利得を山分け出来て、通される、之を法を破戒して、正当と強制決定して、通して「弁護士を使えば遺産も、犯罪収益で手に出来るんだ、とやり続けて来た、と言う事です」

ですが「次男、長女は”盗んで使い、隠した100万円余りは、まんまと盗んで使って、隠せた、自分が手に出来たけれど”遺産で出した分は、法律規定通り、相続人4人各々が、4分の1ずつ相続を受ける、之で決定です」

弁護士を使い、弁護士に払う金と、愚かしい”不動産屋を使い、実家解体見積、違法遺産物品処理見積もりさせた費用他”全て馬鹿馬鹿しい出費でした。

正しく利害得失が見えない、xxな連中です、こう言う手合いは、言うだけ無駄ですから、自分の欲しか見えません「まあ、瀬川行政書士逮捕事件で、瀬川氏無罪証拠を、この連中も作ってくれたし、社会貢献して居る、とも言えなくも」

遺産犯罪入手がどんどん公開証明されて行って居る

  • 2020/03/03 07:41

昨日当社が知った、区役所戸籍住民課に設置されて居る大型スクリーンで流されている広告、遺品整理、生前整理等請け負います、遺品整理こころ、この請負は、遺品整理士資格、古物商許可、軽貨物届け出で請け負って行って居ます、都の広告により、更に犯罪相続は、国家権力がこぞって共犯、実行犯故成功させられて居る、之が証明されて居ます」

未相続の内に遺産を、犯罪によって収奪する、闇に溶かせれば、犯罪だが全て免責で逃がされて、成功させて有る、国家権力が共犯、実行犯だから、遺品整理請負、未相続の遺産筋皮にゃ未入手、犯罪相続受け、闇に溶かして逃げられている犯罪もしかり。

札幌市役所、市長、市議会が直接共犯、実行犯との公式実例が、遂に表に出た訳です、事もあろうに市役所が区役所で流して居る、犯罪請負広告です。

この連中も、司法犯罪集団同様「自分達が与えられて居る職権を、犯罪者との共謀に悪用して居る訳です、進んで犯罪者側に行っている訳です、性根が同じだから、犯罪者と波長が見事合う結果です」

司法、警察、政治、行政、報道、何処も犯罪行為集団だと、更に証明されて居ます、こんな犯罪国家権力が、正しく公務を遂行出来ている筈が無い、事実洗って出る結果は、犯罪者との犯罪、之ばかりが出て来ている通りです。

未相続の内に遺産を犯罪収奪で取得、闇に溶かさせて通して居る、日本の国家権力の真実が、どんどん公開証明されて居ます。

札幌市役所、市議会ぐるみ、未相続遺産金品犯罪相続受け

  • 2020/03/03 07:00

たまに区役所戸籍住民課も訪問するべきですね、遺品整理、生前整理請負ます、業界最安値を目指して居ます、遺品整理こころ、、、。

この犯罪業者のネット広告も見て見ました「大型家具、家電四品目、大工道具、工具等々、処理次席を謳い”環境事業公社のパッカー車両に投げ込み、処理を謳って居ます”どうやってパッカー車で処理出来るんでしょうか?大工工具、家電四品目、パッカー車が壊れるし、家電リサイクル法違反ですし、フロンガス違法散布ですしねえ家電、札幌市役所、市議会、環境事業公社、共犯と証明されて居ます」

又「未相続の遺産金品を、違法に闇で請けて、違法処理して居ます”死人の所有物のままです、排出者が居ないのに、誰が排出者と偽り、廃棄処理を公社、札幌市は受けて居るのでしょうか”完全な廃棄物及び清掃に関する法律違反、秋元市長、市議会、札幌市環境部署、公社ぐるみの犯罪廃棄処理です」

この事件により、札幌市役所、秋元市長、市議会が、環境事業公社を使い、未相続の遺産物品犯罪処理請負の共犯行為者、之も立証出来て居ます「わざわざ札幌市ぐるみの犯罪を、区役所の大型スクリーンで広告して居るんです、一切言い訳出来ない”未相続遺産金品犯罪入手、闇処理業者との、札幌市役所、秋元市長、市議会犯罪の証明が果たされて居ます”」

多くの札幌市民が、区役所戸籍住民課に設置されて居る、大型スクリーン広告、遺品整理こころの犯罪広告を見て居ますこころ「この犯罪請負は”遺品整理士、自称士詐欺資格””軽貨物運送事業許可””古物商事業許可”で請負、実施して居ます、とも広告を打って居ます」

環境省は「家庭の不要物品処理請負を”古物商、産廃事業許可で行う行為は違法、廃掃法、古物商法違反で認めないと、公式に謳っているし”遺品整理士士資格って、単なる民間の自称の資格です、こんな詐欺士資格、公に謳い、金を得ている段階で詐欺成立ですよ”まるで国が資格を与えた、かのように偽って居る、れっきとした詐欺行為です”」

こんな犯罪請負広告を、札幌市役所は、区役所戸籍住民課の大型スクリーンで、市民相手に営業広告を流して居るんです、とんでもない犯罪宣伝、犯罪者との共犯公務です。

この事件で完全に、未相続遺産金品犯罪入手、闇に溶かしている犯罪請負は「札幌市役所、秋元市長、市議会も直接共犯だと証明されたのです”犯罪自治体、市長、市議会議員と証明されて居ます”こんな連中に公務を行わせる特権が与えられて居る、司法犯罪集団共々、もう言い逃れられません」

負債分類の遺産不動産

  • 2020/03/03 06:41

犯罪弁護士が、見事玉砕、ぼろ負けした義父母の遺産相続審判決定、闇で行われた、控訴事件判決、この事件では「負債分類の土地建物の相続も、決定書、高裁判決に明記されて居ます”遺産動産はスルーですけれどね”まあ、遺産動産、遺影、位牌、仏壇等は、青森県警、七戸警察署の強権発動も功を奏して、東北町が責任引き取り、扱いと決定ですから”知った事では無いけれどね」

阿部さんの両親の遺産犯罪収奪事件、犯罪相続事件と、義理の両親の遺産犯罪収奪事件を合わせて「今まで闇に葬られて来て居る”負債分類の遺産不動産の相続と、負債分類の遺産動産の相続が、それぞれ公式に、相続が必須の遺産である”と、犯罪裁判所の事件で扱われた訳です」

この負債不動産、動産も相続が必須、との、裁判所での扱い実績も、日本の遺産相続、弁護士用犯罪相続の破壊、保護事業等も同じ犯罪相続を、常時重ねて来て居る事実の破壊でも有り、犯罪相続を潰した、日本初の実績、司法、行政が負債遺産不動産、動産の相続を潰して、闇に葬って来た権力犯罪を潰した、日本初の実績でしょうね。

相続が必要となる遺産には「法務局に投棄されている遺産不動産、その上に建って居る建築物、構築物の相続も必須ですし、遺産物品の相続、処理も必須なのです”今まではこう言った負債分類の遺産は、弁護士の取り分が減じるし、弁護士、司法書士、裁判官、裁判所、法務省の役人、公証人、税理士、地方自治体、地方政治権力、報道の誰も、合法な相続、処理も知らない頭の程度だから”複雑で面倒な相続対象物、負債分類の不動産、動産の相続は、強制的に無い扱いで押し通して、未来に付けを回して逃げて来て居るのです」

この連中は、その程度の連中でしか無いのです、権力の一角に君臨して居ると、権力同士で悦に入って居るが「持てて居る公権力を、正しく使える人間性も、知識も方法論も、見事に無い連中です」

この犯罪塗れ相続制度、国家権力が揃って犯罪相続の実行犯、共犯者との事実に、犯罪で利得を、遺産犯罪収奪犯と犯罪利得を山分け出来て居る弁護士、司法書士は、守られて来ただけなのです「地方も含めた行政機関、政治権力、死人偽装で預金詐取金融機関他も、犯罪弁護士を買い、犯罪相続も”憲法、法律以前に、正しい社会常識、社会正義も備わって居ないから”平然と凶行し、成功させて来たのです」

当社が「負債分類の遺産不動産、動産の相続も、犯罪裁判所、裁判官扱い事件で公に作らせられました、負債分類の遺産不動産、動産は、弁護士の取り分が減るから相続遺産から強制除外、未来に付けを回す、この犯罪相続を、破壊出来て居ます」

逃げ回るばかり、税金を食って居ながら

  • 2020/03/03 06:20

弁護士、司法書士に犯罪で利得を得させる目論見、相続遺産分割除外説をでっち上げて「民法第896,1031条の規定は無効だ、犯罪に手を染めて、遺産を収奪出来た犯罪者と共犯者の弁護士、司法書士が、犯罪で奪えた遺産の所有権を得られて、犯罪利得を山分け出来る、相続遺産分割除外説がこの犯罪を正当と偽る、唯一の、法を無効化した根拠だ」

この説が最高裁大法廷により、平成28年12月19日に「民法第896条違反だったから、以後採用は禁止する、最高裁も平成15,16年にこの説を採用したけれど、全部無効化する、之は最終決定である、と禁じられていたけれど」

その後も弁護士、司法書士用犯罪だ、を理由とさせて、遺産を犯罪によって収奪出来れば、警察、司法、法務省他国家権力、政治、報道挙げて「最高裁も民法第896,1031条も間違い、拠って無効だ、相続遺産分割除外説と、法律規定無効化、遺言状記載で他の相続人が法で守らrている、相続遺留分侵奪も”遺産不動産は地面師詐欺で収奪、遺産預金は死人が死後預金を引き出して、遺贈を受けた者に提供したと、証拠偽造ででっち上げて有る犯罪により、奪えて犯罪収奪適法、で通して有る」

を強制続行させて来て居ます、完全な犯罪ですが、弁護士が指揮を執り、他の国家権力、士商売の連中(司法書士、税理士、公認会計士)金融機関、地方自治体、地方政治権力、報道等が犯罪を共に手掛けて、強制遺産犯罪収奪続行、犯罪を重ねて成功させて来て居ます。

そうこうしている内に、最高裁が昨年11~12月に「合法な相続に移行せよ、と通達を出した訳です、その上”負債分類の不動産、動産も、きちんと遺産で相続事件に出せば、遺産相続審判、訴訟で、負債分類で相続決定も行わせられて居ます”当社の実績です」

さて、こうなりますと「阿部健一、花枝氏の遺産犯罪収奪者で、相続人二名が保護受給者なので、保護費詐欺も働きながら”道警、手稲、厚別警察署、秋元市長、市議会議員全員、札幌弁護士会、弁護士連中、札幌高裁以下裁判所、裁判官連中、札幌高検、地検、検事、報道等、遺産犯罪収奪犯罪に手を染めて来て居る権力に守られて来て居る”阿部さんの甥の多重犯罪公認は、どうなるでしょうね、負債となる遺産動産の相続に付いても、こいつも責任を負って居るのですし」

又「秋元市長、市議会議員、保護自立支援課は”保護受給者相続人二名も、正しく遺産家財相続受けも、公に必要とはっきり公開証明されて居ます、今迄闇に葬って来た、保護受給者の正、負の遺産相続に絡む犯罪も、公に出されて居る訳です、地方自治体、地方政治、地方警察、司法、報道、全部犯罪に加担して来て居る、保護受給者の犯罪緒相続も、之も公式に表に出せています」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4850002
ユニークアクセス:4080463
今日
ページビュー:1271
ユニークアクセス:1118
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed