エントリー

2020年03月04日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪崩壊し続け

  • 2020/03/04 18:49

相続遺産分割除外説、犯罪によって遺産を収奪出来れば、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が、犯罪で手にした遺産の所有者と偽りで通されて、犯罪利得を山分け出来て来た、司法犯罪。

この犯罪も、民法第896条、1031条、新民法第909条2違反、犯罪とはっきり最高裁も認めて居て、合法な遺産相続へと、最高裁が一気に舵を切る決定、通達を出して居ます。

しかし、ずっとこの犯罪しか、遺産相続手続きに無いと、弁護士、司法書士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、金融屋、監督官庁、金融屋の顧問税理士、公認会計士、弁護士、地方自治体、政治権力他が共犯で、必要となる犯罪に手を染めてまで、遺産犯罪収奪入手、之が遺産相続、遺産入手の絶対の手だ、こう、法律の枠外犯罪だけを常時行い、通して来て居るから。

合法化に舵を切れ、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反だから、採用を禁止する、高裁高裁に決めて、通達を出されても、高裁以下裁判所、職員、裁判官、日弁連他弁護士会、弁護士は、合法な遺産相続に是正せよ、と言われて居る事の意味も何も、全く理解不可能です、なので

「遺産犯罪収奪で所有権獲得制度、これを凶行突破で続行しようと、司法テロを重ねて居るのです」

ですが「部分部分で合法な遺産相続事件、決定も出て来て居るから、完全に司法犯罪が証明されて、司法が破滅して行って居ます」

幾ら何でも、司法が同様の事件で、犯罪相続強制決定実例作りと、合法化を果たす決定と、次々出している状況は、全く言い訳も出来ませんからね。

弁護士、裁判官、検事、書記官、検察事務官、警察官、司法書士、金融屋の顧問税理士、公認会計士、弁護士等、遺産犯罪収奪実行犯の連中は「合法を果たした相続決定実例が出て来て居る事に対しても、犯罪相続強制決定と、完全な真逆だとすら、まるで理解出来ないのです」

阿部さんの両親の遺産動産の相続でも「遺産物品特定、物品毎の遺産と言う証明、価額証明無しで21万円余りの価額が存在する、申立者、保護受給者の相続人、長女が遺産物品全てを21万円余りの価額を付けて、遺産物品を相続受けすると決定したと、審判で決定して居ますが”遺産物品特定証明無し、有価証拠無し、全く相続が果たせていません、詐欺相続です」

負債遺産物品を相続させる、この狙いは果たせました、当社が日本初の実例を作りました、今後宣伝材料として行きます。

司法犯罪証拠で犯罪証明

  • 2020/03/04 16:20

司法犯罪実例証拠、相続遺産分割除外説、でっち上げた遺産犯罪収奪正当偽装説、関係する先が、司法遺産犯罪収奪を正当と偽造で偽り、犯罪利得を犯罪者と共犯弁護士、司法書士が得て、山分け出来るように企んで有る、国家権力、国家資格者、政治、報道他犯罪。

ほぼ当社の尽力により、この極悪司法犯罪も、実例証拠を積み重ねて、武器で使い続けて、犯罪者に矛盾を来させて来た、弁護士、司法書士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、税理士、公認会計士、国税庁、金融機関、監督官庁、政治、行政、報道が揃って共犯者、も含めて、実例証拠を次々作り出して公開して、犯罪潰しの武器で使って来て居る。

その結果、義父母、阿部健一、花枝さんの遺産、財産犯罪によって収奪、犯罪者と共犯弁護士、札弁連、司法書士、札幌高裁以下裁判所、裁判官、書記官、青森県警、北海道警察、報道、道庁、札幌市他市町村、地方議会、金融屋、監督機関等の犯罪事実証拠を揃え続けて、犯罪潰しも含めて対抗して来た事で。

義父母の事件は、遺産相続審判決定、高裁でも同じ結果で決定、この事件は勝利出来ました。

今後は「司法犯罪遺産犯罪収奪強制適法化、に暴走し続けて居る弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、警察、報道犯罪の法を持った撲滅、合法化に是正させる、之が中心になります」

阿部溘悦さんがこの司法犯罪被害を受けている事に付いて、救済も必要です、幾つも救済策は、既に講じて有りますから。

司法犯罪強制適法決定、判決が出されて居ますが、対抗策は複数有ります、不動産明け渡し強制執行で、阿部さんを強制叩き出しは、無理となるように、手を打っても有ります、元々単なる強盗ですからね、合法根拠は無し、司法強盗ですから。

強盗で有る事を、物理的に立証して有りますし、新たな司法犯罪証拠も、次々揃い続けて居ます、今までのように、司法強盗だから成功させられる、とは行かないでしょう。

幾つもの裁判証拠、矛盾判決を組み合わせて

  • 2020/03/04 15:54

司法犯罪、遺産犯罪収奪制度に関わる事件の、民事裁判複数の証拠、判決と、刑事事件の扱い複数を組み合わせて、弁護士、司法書士用遺産犯罪収奪法の破壊d瀬強制適法決定、之を破綻させて行って居ます。

昨年11~12月から「強制合法相続手続きへ移行、最高裁等の指示、通達でこれを高裁以下裁判所、裁判官、日弁連経由で弁護士会、弁護士に要求し続けて行って居る、けれど」

今まで犯罪しか行て来て居ないこの連中に「合法な遺産相続手続きに、強制移行せよ、と命じた所で”合法な遺産相続???どうやれば良いんだ?”ここにとどまったままですよ、合法の意味も何も、全く理解不可能だもの」

こう言う理由が有るので「遺産犯罪収奪強制決定を止めさせられて、法による合法相続判決、蹴邸を出そうとしても”民法第896,1031条、新民法第909条2規定の意味も、全く理解出来ない弁護士、裁判官ですから”これ等の法律の、正しい規定、適用内容も、当然理解は不可能のままです、なので」

法律を書いて居ても「書いた法律の正しい規定と、全く違う、愚かしい文言を、判決文にも書き連ねているので”まあ、違う意味で大きな武器となって居ます”司法犯罪の動かぬ証拠、になって居ます」

当社は日本で初めて「保護受給者の相続人も入って居る遺産相続調停、審判事件、民事訴訟に”負債分類遺産動産証明書”を作り、証拠で出して、公式に扱われて居ます、遺品整理屋とは違い、法に沿った負債分類遺産動産証明書作成、証拠使用、採用です”」

この実例は、今後当社の凄い武器となります、何しろ「裁判所の遺産相続調停、審判決定で使われた、公式証拠実例ですから、誰も当社に、言い掛かりも付けられ無いです」

法を正しく知悉して、法の正しい規定による請負、事業を行って居る、だからこう言った成果も出せるのです、遺品整理屋だの、遺産犯罪収奪犯罪者共犯弁護士、裁判官連中とは、根本から違うんですよ。

報告です

  • 2020/03/04 15:31

さっき帰宅して、阿部溘悦さんを遺産土地建物から追い出す、遺産泥棒が訴えた高裁事件係に電話をしました。

令和元年(ネ)第292号、建物明け渡し控訴事件係への電話です、この控訴事件、今年の2月20日に判決が出て居るのですけれど、虚偽による判決、之が証明されて居る事を指摘しました。

この高裁判決には「阿部溘悦は、被控訴人阿部xxに対して”相続減殺遺留分支払い請求を行って居ない”よって阿部xxの建物明け渡し請求に対抗出来る、減殺遺留分未払により、阿部xxは、本建物明け渡し請求権は無い、との溘悦主張は失当、言い掛かりで有るので却下して、一審判決通り、建物明け渡しを認める」

こう、明確に記載して有るのですけれどね「一審被告阿部溘悦提出証拠、乙第10号証で”阿部xxが、阿部健一、花枝の遺産を犯罪により侵奪した事実により、不当利得返還を求める、こう書いた、阿部xx宛請求書面が、証拠でも出されて居ます”控訴審で阿部xxと共犯弁護士は、これ等遺産不当利得入手等を認めても居ますし」

つまりこの高裁判決は「確信犯で虚偽を理由とさせて、建物明け渡し請求が正当だ、阿部溘悦には、対抗要件が無いんだ、阿部xxに対して、不当利得遺産減殺請求を行って居ない以上、居座る権利は無いんだと、完全な虚偽事実認定、判決を下した訳です」

実に見事な「虚偽事実認定での高裁判決です、言い訳の余地は一切無い、訴訟詐欺判決です、ここまでの訴訟詐欺判決でも、こいつらは平気で出す実例証拠です」

こう言った弁護士、裁判官、裁判所ぐるみでの訴訟詐欺も想定して、法による対抗策を講じて置かなければなりません、明日でも「この高裁訴訟詐欺証拠他を配布します、動かぬ訴訟詐欺用判決、虚偽事実認定での、訴訟詐欺そのもの判決証拠ですから」

こんな手合いが相手です、まともに対抗しても「司法犯罪を武器とされ、潰されますからね、法の正しい運用で、実務法律知識を駆使して、予想の範囲ですからね、対抗して行けるのです」

この訴訟詐欺高裁判決内容により「保護受給者相続人二名に対して秋元市長、市議会、保護自立支援課が、正しい保護費詐欺金回収をしない、之の責任を問えます」

多数の遺産物品が、処理品未記載

  • 2020/03/04 10:33

阿部健一、花枝氏の遺産物品は、処理前提ですから、多数の遺産物品が、目録、証明書に記載されて居ません、ですから「幾ら審判決定で、申立者、相続人長女が”あんな遺産物品記載書記載物を、21万円余りの価値を付けて相続受けする”と決定したって、遺産である証明が無いので、個別遺産物品証明が無いので、相続受けは無効です」

遺産として成立するのは「正しく遺産と特定が出来て、保全されている遺産に限る、之が法の規定です」

阿部溘悦氏が居住し、管理している土地建物内外に有る物品は「阿部溘悦氏の所有物です”遺産とするには、正しい遺産物品との証明が必要です”当社の証明書は、廃棄用で有り、個別物品所有者証明は、無いですから」

有価の遺産動産で相続を受けるなら「誰が所有者の物品か、個別に立証が必要ですし、有価と決めた個々の物品が、どれを差して、何故その金額が出たか、証明が居るけれど、申立者相続人、弁護士、裁判官、そんな証明は無いですよ」

まあ、普段から出鱈目ばかり重ねて来て、強引に成功させて来れた結果「泥棒と相続も、全く判別出来ない頭なのです」

他者が管理する不動産内の動産は、原則管理者が所有者です、大原則ですけれど、分からないのですよ、法曹資格者、検察庁、裁判所、法務省の役人連中には。

動産の所有権証明は、非常に困難なのです、窃盗罪が正しく適用となる為の所持証明、どれだけ大変か、ここから知らない結果です、愚かしい連中です。

司法犯罪、そう上手くは

  • 2020/03/04 10:21

阿部健一、花枝氏の遺産犯罪収奪、司法犯罪事件、國分三恵子司法書士他が、法律も知らない頭で犯罪収奪を、被相続人の孫である者に奪わせて、上手く成功した気で居たけれど、犯罪で遺産を収奪して居ます、弁護士、裁判官、裁判所犯罪も加えて、成功させると法を更に犯して、どうにか成功に持ち込もう、を重ねて居る訳ですが。

根本が犯罪です、こちらに正しい実務法律知識が備わっているから、司法犯罪だろうと成功は、無理です。

こう言う法律問題は、実務法律知識のレベルで勝敗が決まるのです、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、役所で有ろうと、犯罪に手を染めて、証明されてりゃ、元々勝てる筈は無いのです。

法律問題で戦う場合「犯罪に手を染めて、ばれている側に勝機は無いのです、根本がばれてりゃ、勝てる筈はありません」

司法犯罪は、犯罪と司法、警察の連中が、そもそも気付く頭を持って居ないから、あんな程度の低い犯罪を、国中で重ねて来たんですよ、馬鹿を超えた程度の犯罪とも気付く頭を持たず。

こちらは備えて有ります、正しいのはこちらです、犯罪を証明も果たして有ります、幾ら司法、警察であろうと、現状の相続合法化への流れです、犯罪を成功させるのは、無理です。

愚か過ぎて笑う以外無いです、必死でひねり出し立て、犯罪を成功させる手も、次々しくじり続けて居る、気付く頭も無いから困るんです。

向こうが司法犯罪行使特権を、公式に発揮してくれば、備えて有る対抗策を発動するだけです、当然です、正しいのはこちらですから。

向こうの司法、警察犯罪行使実例証拠は、他の同様事件に直接波及します、愚か過ぎて気付けないようですが、瀬川行政書士逮捕事件、もっと拙くなっていますが?

四人の被相続人の遺産窃盗事件は

  • 2020/03/04 06:22

@小林武四郎、オナヨ、阿部健一、花枝氏、被相続人4人の遺産窃盗他事件が絡んだ遺産相続審判事件は”負債分類遺産不動産、負債分類遺産動産共に、遺産との証拠,証明書を、出され、負の遺産も相続が必要、之すら知らなかった弁護士、裁判官は、逃げ道を失い、相続が行われる結果も出せました”阿部氏の負債分類遺産物品証明、引き取り等費用証明書は、当社が作成、証拠提出した物です、司法が公に認めた、遺産物品証明、引き取り等費用証明書です

                                    令和2年3月4日

                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504
※広報課”遺品整理請負は犯罪にあらず、で区役所で、遺品整理こころの広告打ちこころの強行”環境に対抗してとの事”当社は未相続遺産物品、引き取り費は、相続を確認後、相続受け者から引き取り、未相続なら窃盗他犯罪故、犯罪広告打ち責任を取るべきです

日本弁護士会連合会会長
FAX03-3580-2866
札幌弁護士会樋川会長、綱紀委員会、相続は法律通り決定、犯罪収奪で入手絶体崩壊
FAX011-281-4823
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課福田、企画法令石倉担当
FAX03-3592-1459(2826福田、2827石倉)
秋元克広札幌市長、市議会議員全員、保護自立支援阿部、環境事業八田、循環型社会推進清水、広報沼田、介護保険桐越、障害福祉坪田課長
FAX011-218-5166
森雅子法務大臣、刑事、民事局、公証係 他者管理課に有る動産は、別人が所有権証明出来
FAX03-3592-7393 出来なければ、占有、管理者が所有者、個人の財産権証明の鉄則
大谷直人最高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110
道新報道センター内山他記者
FAX011-210-5592

1、小林武四郎、オナヨの遺産分割審判事件は「義理の両親の身分を偽り、金融機関と共謀して印を盗み、手にした次男側と長女の要求は却下、控訴提起(令和2年ラ第11号)も却下、札幌家裁令和元年(家)第190,191号審判決定が確定しました、概要は下記となって居ます」

(1)遺産金部分は”遺産で証明出来た総額を、相続に人各々が法に沿い、4分の1ずつ相続を受ける(約xxx万円ずつ)

(2)長女の相続分は(次男が多く盗んで足りないので)4男、次女が相続を受けた以外の残り、約xxx万円に付いて、一旦次男が受け取り、その後次男が長女にxxx万円を渡す。

(3)遺産土地建物は”次男、長女がほぼ無価値、マイナスの遺産と証明して居るので、4人で所有すべき”

(4)大量の遺産農機具等、家財等、遺影、位牌、仏壇等は”相続に含めず、後は不明”東北町が結果責任管理、青森県警、七戸署が”実家の土地建物、内外物品全て次男、長女が所有者、4男、次女が入ったり、自己所有物、供養対象物を持ち出せば、住居不法侵入、窃盗で逮捕する、こう公式通告済み、簡裁平成30年(ハ)981号、後地裁に移送事件判決,30年(ワ)1180号判決で遺産家屋等の鍵を4男に引き渡せ、遺影、次女等を引き取る為、との要求は理由無し、遺産建物の管理等全権、遺産動産、供養対象物全て次男の権利故一切認めぬ確定判決”が根拠。

2、この事件の判決、審判決定により”負債分類の遺産不動産も、相続が必須”との公式実例が出来て居ます。

3、阿部健一、花枝氏の遺産相続審判の結果の概要は、下記となって居ます。

(1)正しく遺産物品特定されて居ない遺産物品(当社が証明書作成、無価値で廃棄対処故物品個別特定無し)は、申立者、相続人保護受給者xxxxが、216,155円の有価物と、根拠無し、物品特定無しで決めた事として、xxxxが相続を受ける、阿部溘悦が求めた、テレビ、冷蔵庫サイドボード(物品特定無し、よってこの決定に根拠無し)の相続は認めぬ。

(2)阿部溘悦、阿部xx(保護受給者)山本二三子は、各々216,155円を相続する。

(3)阿部溘悦、山本二三子は、阿部健治の長男阿部xxが(法を犯して)阿部健一、花枝の遺産を収奪しており、xx収奪分も相続対象と主張するが、この相続審判とは関係しないので、この審判では考慮しない。

(4)遺産となるのは”相続開始時(裁判官が言うのは、相続手続き開始時で、死去時では無い)に被相続人の所有となって居る遺産の未相続対象となる、平成28年12月19日最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説採用禁止、民法第896条、被相続人死去時で遺産凍結、相続人全員の共同相続遺産で扱う、この最終決定も、相続開始時に存在する遺産”を差すのである?よって相続手続き開始前に抜かれた遺産は、本来遺産相続の対象とすべきでは無い?だが、阿部正明犯罪収奪阿部健一、花枝氏の金融遺産相続権無し、とは書いて居ない、相続人らの権利、司法が強制剥奪は出来ません。

※では”瀬川行政書士が逮捕された根拠は?被害者が相続人、で逮捕されて居ますが?”相続対象で無い死んだ方の遺産預金が引き出された、相続対象外の資金ですよね?相続人は被害者適格性無し、冤罪ですね。

4、動産の所有権は”動産が所在する土地建物を、法により管理、所有する者の所有に原則帰する”但し、契約等証拠が有り、他者管理場所に、他者所有動産が存在する事を、部地理的に証明出来た場合はその限りにあらず”こうなって居ます「阿部溘悦氏が法により、居住、管理して居る不動産に存在する動産全ては、原則阿部溘悦氏の所有に帰して居ます”阿部溘悦氏は居住場所に有る動産の多くに付いて、自己所有証明を果たして有り、窃盗、強盗被害防止の為、警察、最高裁、労基等に事前に自己所有動産証明書を送る事として居ます。

5、当社が作成して、証拠で出した、阿部健一、花枝氏の遺産物品引き取り目的証明は”古物商の鑑定を受けて、無価値と証明の上、処理目的引き取り前提の証明書で、沼内悦子氏、裁判官が、何の動産所有、特定根拠も無しで、有価物、21万円余りの価額として相続受けする”と決めても実効性は無いです、個別物品証明、各物品有価証明無しですから。

6、沼内悦子、小寺正史、弁護士事務所、裁判官は”動産の所有権証明、有価証明が、物品所有権を証明する為には必須”この鉄則も分かって居なかった訳です”阿部xx氏が遺産詐取、窃盗を成功させられるようにと、阿部健一、花枝氏の遺産動産を、全てxxxxが有価物と偽って相続を受けて、21万円余りで阿部正明に媒酌し、所有権を移す予定”でしょうが、これはxxxx、阿部xx氏等の遺産犯罪収奪を成功(内外物品全て阿部xx所有で強制執行を成功させる目論見)させる為の、詐欺相続です、xxxx氏は保護受給者、完全な犯罪行為です。

7、阿部xx氏が、阿部溘悦氏自宅から盗んだ除雪機の件ですが「阿部溘悦氏は5万円以上掛けてこの除雪機を修理しており、所有権証明が出来て居ます”警察は阿部xx氏と共謀して?この除雪機も被相続人が阿部正明に"遺贈した口頭で遺贈した”と偽る予定のようでしたが"阿部溘悦氏には、除雪機修理事実証拠が有ります”警察は諦めて、窃盗罪で事件扱いするようです」

8、これ等事実、証拠により「遺品整理は未相続遺産金品窃盗、闇犯罪相続受けが証明出来て居ますし”死人を偽り、金融機関ぐるみで資金窃盗、死人による預金引き出し、他者に提供は合法な遺産預金所有権移転、司法犯罪の完全な矛盾、真逆の事件扱い実例複数も証明出来て居ます”」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5003209
ユニークアクセス:4222017
今日
ページビュー:973
ユニークアクセス:938
昨日
ページビュー:1958
ユニークアクセス:1913

Feed