エントリー

2020年03月06日の記事は以下のとおりです。

犯罪複数

  • 2020/03/06 16:19

阿部さんの甥、阿部さんの弟、保護受給者の弟の息子は、阿部さんの妹、保護受給者の妹、長女と共謀して、阿部さんの両親の遺産を、犯罪によって収奪して居ます。

;もう刑事事件では事項ですが”平成23年3月24日に死去した阿部健一さん、阿部さんの父親の遺産土地建物を、遺言状による遺贈で、他の相続人4人が民法第1031条で保証されて居る、相続遺留分まで、國分三恵子司法書士、札幌法務局の地面師詐欺、名義全て書き換えの手での地面師詐欺。高額の遺産犯罪侵奪、この事件は刑事事件では、時効は来ていますけれど、民事の時効は来ていません、相続権者は回収出来ます。

;平成30年10月11日に死去した阿部花枝さんの遺産は、遺産預金287,000円が、死去後にATMから盗まれて居ます、その後244,000円も盗まれて居ます、甥の手で。

;花枝さんの遺産年金12,00円も、年金機構が共犯で、甥の手に渡って居ます、相続人は甥しか居ないと、完全な虚偽を用いてです。

この件は、刑事事件の時効も、民事の時効と合わせて来て居ません、甥を犯罪行為者として、阿部さんは被害届を出して有ります、相続人二名は保護受給者です、秋元市長、市議会、区長、保護自立支援課は、保護費詐欺を追認して居るのです、税金詐欺を。

甥を刑事、民事事件加害者として、正しく責任を取らせなければなりません、高裁判決でも、甥による違法な遺産収奪、相続人が被害を受けて居る事は、明記されて居るのですから。

甥は阿部さんの除雪機窃盗犯で、既に犯罪事実、証拠も揃えられて居ます、遺産犯罪収奪を見逃す事は、権力犯罪です、保護費詐欺も込みですし。

窃盗罪

  • 2020/03/06 14:58

阿部さんの両親の遺産を、犯罪によって収奪した、阿部さんの弟の息子による、阿部さんの自宅から除雪機も盗んだ犯罪行為ですが「警察は盗まれた除雪機が、阿部さんに所有権が有る、阿部さんは窃盗により、金銭被害を受けた事を証明する、正しい証拠も、任意押収して行った、との事です」

阿部さんは昨年初め頃、窃盗被害に遭った除雪機を、5万円以上かけて修理して居ます、警察は修理業者さんから、阿部さんが修理に出した、阿部さんが所有権を有する除雪機である、この証拠も、もう入手して居ますから、甥はもう言い逃れ出来ません。

之で更に、秋元市長、市議会議員、保護自立支援課、区長も逃げられなくなっています、生活保護受給者の相続遺産も窃盗、と合わせた犯罪行為ですから。

警察はようやく、甥の犯罪、取り敢えず除雪機窃盗の立件、証拠硬めに動き出したのです、盗品の除雪機は、既に警察が押収済みですから「阿部さんは何れ、甥に拠る除雪機窃盗の被害請け証拠が手に入ります」

お金を盗み、使ったなら、直接的盗品証拠は無くなるけれど、除雪機窃盗に走り、盗品を押さえられて居て、犯行を自供して居て、所有者が証明されてでは、全く言い逃れ様は無いです。

甥による、この除雪機窃盗犯罪証明と、遺産預金窃盗行為、遺産年金詐取行為犯罪が証明されて居るのです、更に。

「遺言状による、遺産不動産遺贈受けで”他の相続人が民法第1031条規定で守られて居る、相続遺留分、減殺遺留分違法収奪行為も、札幌高裁令和元年(ネ)第292号、建物明け渡し控訴事件判決で、遺贈を受けた甥が、上記法律規定違反で収奪した、阿部さんと兄妹の相続遺留分の侵害を、甥は行って居るが、相続人が返還請求して居ないのが悪いんだ、と判決文に書かれて居ます、甥は他の法定相続人相続遺留分、減殺遺留分を、法を犯して収奪した事は、この高裁判決記載文言でも、正しい事実と確定して居るのです」

まして、甥自身も委任弁護士もま「この控訴事件答弁書、準備書面に記載して、遺産不動産相続人遺留分侵害事実も、遺産預金、年金犯罪収奪事実も認めて居ますから、そして除雪機窃盗が証明されて、刑訴法手続きを取られて居るのです」

秋元市長、市議会議員、区長、保護自立支援課は「保護費詐欺に加担して来た事実に付いて、公式に責任を取らなければならない、もう逃げられない状況になって居ます。

一気に動き出した

  • 2020/03/06 09:17

司法犯罪相続崩壊実績、当社と息子の実績が功を奏して、一気に各機関も合法化に動き出して居ます。

先ずは「札幌市から生活保護を受けている、相続人二名の相続に絡む犯罪、相続人保護受給者の息子と、もう一人の相続人、保護受給者による”正の遺産犯罪収奪、金銭被害の回復、保護受給者相続分は、保護費詐欺ですから、厚生労働省、秋元市長、市議会、保護課が責任を負って居ます”今まで見逃して来た事が、一気に火を噴いて居ます」

高裁判決にはっきりと「民法第1031条で相続k県が守られている遺産なのに、違法に収奪された遺産と承知で、相続人が、遺産収奪者に相続遺留分請求を行って居ないのが悪い、こう書いて有るんです、証拠で出して有る通り、違法収奪遺産の返還要求を行って有るのですけれど、裁判官、見落としたんでしょうか?」

でもまあ「こんなにはっきりと、根拠法も明記して”違法に収奪された遺産は、相続人には相続権が有り、違法収奪者に返還請求を行わなければならない”と明記されたのです、犯罪者と共犯弁護士は、逃げられませんから、当社の調査の結果、この実績も作れました」

秋元市長、市議会、保護自立支援課の責任も,完全に明確化されました、保護費詐欺と承知で、800~900万円もの遺産金収奪被害、半分は保護受給者相続遺留分金員と承知で、保護費詐欺を認めて来たのですから。

この犯罪収奪被害遺産金、保護費に充当しないなら「公文書でそう答えなければなりません、秋元市長は、当然ですが、札幌市あげての保護費詐欺が成立します、偉い事になりますからね、今でも十分大事なのに」

当社と息子が挙げた、司法犯罪相続破壊の実績は、日本中に大きく波及します、法を正しく明記させて、適用させた実績は、誰も覆せません、当社と息子が正しいのですから。

司法犯罪相続破綻、乗っかって来た警察、行政、法務省、司法書士、金融屋、遺品整理屋、地方自治体、地方政治、報道機関は、当社と息子の合法化実現の成果により、犯罪相続の責任を、国中の規模で取らされて行くのです。

犯罪相続だけを、法律も知らないから凶行が

  • 2020/03/06 07:53

民法第896,1031条、新民法第909条2、遺言状による遺贈、これ等の合法相続も、法曹資格者も誰も、まるで知らないで、犯罪相続に明け暮れて来て居ます。

当社の尽力により、最高裁も合法相続への舵切通達等で、当社の合法化を目指す動きに同調してくれている事も大きく反映されて居て、上記法律の正しい適用と、遺言状による、相続人が複数いる場合の遺贈の扱いも、正しい扱いが「遺産相続関係審判、裁判で、裁判官も決定に、判決に使い出して居る実績を作り続けて居ます」

当社の実績の一部です、これ等の法律適用相続と、遺言状による遺贈の合法化、根拠法の適用は、全て当社と息子行政書士が果たした実績です。

司法犯罪相続強制適用と、保護受給者用、犯罪相続と、負債分類不動産、動産を、法を犯して合法相続させ、合法扱いさせる事を逃れさせて来た事も、当社が潰した実績を作りました。

遺産相続の合法化の実現を、当社と息子は、大規模に果たして行って居ます「民法第896,1031条、新民法第909条二の正しい、も含めた、審判、判決文への明記実例に、遺言状による合法遺贈記載実例を作れたことで、今後の遺産相続事件、遺言状による遺贈事件、保護受給者の遺産相続事件も合わせ、合法化が果たされて行きます」

当社が挙げた、日本初の実績の一端です、遺産相続審判決定、遺言状による違法遺贈事件裁判判決に、公式に使われた実績が出来た以上、もう司法犯罪相続には、戻れないでしょう。

今後当社と息子、行政書士は、協力して「これ等の実績を武器として使い、日本中の遺産相続の適法化、未相続遺産犯罪収奪、負債遺産放り出しを潰して行きます、司法の法の合法化実現は、形で作れました、今後は地方自治体、国の行政機関、地方政治を合法化に向かわせます」

先ず司法に、当社の実績で、合法相続を目指す、法律による相続決定、判決実例を公に作ったのですからね、日本で当社と息子以外、誰も無しえなかった成果ですから。

今後は「地方自治体、地方政治を合法相続実現に向かわせます、当社と息子以外、出来ない事ですから」

司法、警察、行政犯罪

  • 2020/03/06 07:20

相続遺産分割除外説が絶対、根拠法は無い、単なる司法強盗、遺産犯罪侵奪、之を当社は、実際の遺産相続事件犯罪で立証して行って居ます。

法律根拠ゼロ、遺産の犯罪侵奪、弁護士、司法書士用の遺産強奪犯罪入手、法律など何も分からない法曹資格者、司法書士、税理士、公認会計士、行政書士、警察他なので「相続遺産分割除外説をでっち上げて、正の遺産だけ強奪、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪者と共犯弁護士が所有権を得たと偽り、山分け出来て、遺産から強制除外して、通して来て居る司法犯罪ですが。

当社が合法相続実現を目指して、民法第896,1031条、新民法第909条2の正しい適用に動き、負債分類不動産、動産も、正しく遺産で扱い、相続を受けて、処理等を果たさなければならない実績も、当社は作ったのです。

これ等の実績には、遺産動産の物品証明、処理費算出、証明実績も加わって居ます、まあ「有価動産の物品証明、価額証明とは全く違う証明なのですから、無価値で処理を要する遺産動産の証明書を、有価動産の証明書で、勝手に使われた事は、ですけれど、動かぬ実績は確かです」

今後当社は「公の広告も含めて、この事業も宣伝して、請け負って行けるのです、遺品整理屋と違い、適法な請負ですから」

負債分類の遺産物品も、正しく証明して、正しく負債遺産で扱わなければならない、日本の司法犯罪相続で、無い負債遺産で強引に扱われて、未来に付けを回す、犯罪者を使い、闇に葬る悪事を働いて来て居る現実を、当社は表立って犯罪と証明したのです。

札幌市役所、市議会、保護課、環境、介護保険、障害福祉課、環境事業公社は「保護受給者の相続事件で、遺産動産も、犯罪により闇に葬ろうとして居る、保護受給者、相続人保護受給者の息子、司法、警察犯罪、相続遺産犯罪収奪、保護費詐欺も加わている犯罪で、法を持った答えを出さなければならない、之も当社の実績です」

今も行われて居る、司法犯罪相続は、保護受給者の相続人の相続でも、生活保護法違反も加え、行われて居るのだとも、当社は表で証明して居ます、日本中に反映されて行く、司法、行政、政治他犯罪相続立証です。

犯罪撲滅の成果

  • 2020/03/06 06:30

@被相続人4人、二組のご夫婦の遺した遺産相続事件で、当社の調査により、民法第896,1031条、新民法第909条2の適用と、当社の作成した、遺産物品証明証拠使用、審判決定根拠がなされています、札幌家裁遺産相続審判事件4件決定と、遺産不動産犯罪収奪者による、相続人を遺産不動産から追い出す札幌高裁令和元年(ネ)第292号高裁判決で、これ等法の規定、遺産物品証明使用が果たされて居ます”都合5件の遺産相続事件決定、判決で、真逆の決定、判決根拠?が、各裁判官により出て居ます”未相続遺産金品泥棒請負遺品整理、上記法を犯す未相続遺産窃盗入手、相続遺産分割除外説が根拠”を犯罪と、当社が証明しました

、                                   令和2年3月6日

                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504
※札幌市保護受給者相続込み事件が入って居る、札幌区役所で”遺品整理屋の広告を流して居る”これ等事実により、別紙記載札幌市部署、市議会挙げて対応が決まりました

〒067-0073 江別市弥生町23番地
北海道警察札幌方面江別警察署長、刑事二課市原警部補他
収監施設内瀬川賢一様
TEL011-382-0110 ※審判決定書、判決文他一式証拠添付

小樽市長、市議会、塵減量推進菊地次長、保護課山本課長
FAX0134-32-5032 送付先記載先に配布願う、下記も
石狩市長、市議会、廃棄物、保護課菅原課長
FAX0133-75-2275
北広島市長、市議会、廃棄物、保護課奥山課長
FAX011-372-6188
江別市長、市議会、廃棄物、保護課崑課長
FAX011-382-7240
恵庭市長、市議会、廃棄物、保護課深田課長
FAX0123-33-3137
千歳市長、市議会、廃棄物、保護課佐藤課長
FAX0123-23-2492
岩見沢市長、市議会、廃棄物、保護課湯浅課長
FAX0126-23-9977
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局記者各位
FAX011-233-6008 HTB報道部、広告
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道制作センター中館デスク

1、添付した別紙記載の通り、被相続人4人、二組の被相続人ご夫婦の遺産相続審判、裁判で、当社の調査結果の反映が、4件の遺産分割審判決定、判決で使われました、日本初の相続合法化達成実現の成果です「民法第896,1031条、新民法第909条2規定の正しい適用、扱いは、実務も含めて当社、息子行政書士しか理解出来て居なかったので、真逆の扱い決定、判決文記載が出て居ますが、日本初の成果を挙げました」

2、当社が作成、証拠提出した「未相続の遺産動産”処理前提物品証明、基本の引き取り処理費算出証明が、遺産分割審判決定根拠で使用されました、相続人4人中2名は札幌市から保護費支給者の事件で”使い方は根本から間違い故、別紙記載の通り、秋元市長、市議会他に、合法な遺産動産”保護法による扱い、処理実施も求めて有ります」

3、当社と息子行政書士は、日本初で、遺産分割調停、審判決定で民法第896,1031条、新民法第909条2の組み合わせた適用を果たさせました、又、遺言状で他の相続人遺留分まで侵奪事件でも、この所業は民法第896,1031条が適用されるので、違法行為と認めさせて有ります「札幌市から生活保護受給者二名の相続遺産も、法を犯して侵奪事件ですから、この高裁判決の記載も合わせて”厚労大臣、秋元市長、市議会、保護自立支援課だけでは無く、日本中の相続事件、保護受給者相続事件も含めた相続事件に大きく反映されて行きます”」

4、札幌市環境局他は「当社のこれ等実績を持ち、当社が”未相続遺産動産を、相続を合法に果たす為、遺産動産物品証明書作成、引き取り費等算出、証明書作成、証拠使用、合法相続後、相続受け者から処理等を請け負う事業を、広告打ちと併せ、認めました”相続審判、判決に証拠で出して、証拠採用され、決定、判決に反映されたのですから当然です」

5、当社と息子行政書士の尽力が実を結び、遺産相続審判、裁判で、民法第896,1031条、新民法第909条2が適用されているし、遺言状で他の相続人遺留分も侵奪は犯罪、之も認めさせました、又”未相続の遺産物品を、遺産金と共に受け取り、闇に消す遺品整理、死後受任契約は、明確に犯罪とも立証しました”包括遺産全てを被相続人死去時で凍結して、相続人全員の共同相続遺産とする、遺産は正、負共に全て遺産であり、相続が必須、之を通した実績です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4850066
ユニークアクセス:4080525
今日
ページビュー:1335
ユニークアクセス:1180
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed