エントリー

2020年03月09日の記事は以下のとおりです。

未相続の遺産金品は、相続が終わるまで手を付けられない

  • 2020/03/09 15:30

日本では過去からずっと、遺産は犯罪に手を染めて、手に入れれば犯罪者が所有権を得る、遺産から強制抹殺を、司法、警察が指揮を執り、通して来て居る、証拠偽造、隠滅を武器で使って、司法、警察権力を悪用させて。

之が当たり前で、民法第896,1031条の規定を守った司法権力相続決定は、この法律の意味も知らない法曹資格者、調停委員、公証人、法務省の役人、金融屋、監督官庁ですからね、そんなまとも、合法な相続は、やり方すら知らないし、行われて来て居ないのです。

弁護士、司法書士が「狂った犯罪者の頭で、自分が多く金を得られる屁理屈を考えて、裁判官、調停委員に要求すれば”弁護士様がおっしゃておられるんだ、相手が他相続に如、言う事を聞け”こう脅して、飲ませて来た訳です、法律等無関係で」

之が常時通るから、元々合法相続も分からない連中です「司法犯罪相続説、をでっち上げて、地裁で通る、高裁で通す、地裁、高裁で通した、最高裁も通して良いだろう、之を重ねて、司法犯罪相続、相続遺産分割除外説のでっち上げ、法の破壊で遺産犯罪収奪入手を強制適法で通す、こうなって、通されて来た訳ですし」

遺言状が有れば、遺贈を受ける者は、他の法定相続人が民法第1031条で持って居る、相続遺留分相続の権利も全て奪える、司法犯罪、法務省、金融屋、監督官庁、金融屋の顧問税理士、弁護士、公認会計士ぐるみの犯罪も、司法犯罪制度だ!こう強弁して、強制でっち上げ、之を常時成功させる、この司法犯罪にも狂奔し捲って来たのです。

犯罪の連鎖だけを、こいつらは重ねて来て居ます、一歩弁護士用の犯罪に足を踏み込んだら、法曹権力、法務省、警察他挙げて、犯罪を見逃して、再犯も認めてくれた、次々犯罪を悪質化させて凶行して、他の権力が犯罪を認めて、加担して、之を繰り返して来て。

相続遺産分割除外説が絶対、遺産犯罪収奪で入手、遺産から強制除外決定も、遺言状で他の相続人相続遺留分も強奪、入手適法も、国中で法律破壊、犯罪を偽造で適法と偽り、通して、今の司法犯罪相続以外、司法、警察がテロに走って通さない、日本の犯罪相続ばかりの現状に至ったのです。

犯罪を武器とさせて有るから、司法、警察が指揮を執り、必要な犯罪を、犯罪が必要な先に命じて、凶行させて有るから、ここまで狂った司法犯罪が、公にされても重ねられて居るんです。

その結果の一つが「義父母の遺産相続事件”犯罪弁護士、義姉、金を回収出来たのか?あの男から?”特に金を使い果たして居るから、回収は不可能、では?」

未相続の遺産物品

  • 2020/03/09 11:36

未相続の遺産物品は「相続遺産物品と、供養を引き継ぐ物品と、分かれています”ですから遺産物品の証明は、幾つもの区分分けが必要なのです”」

相続外の遺産物品、形見分けが有りますし、有価古物が有ります、そして、供養を引き継ぐ人が受け継ぐ信教の対象遺産物品に、廃棄する対象遺産物品、こう言った区分分けが基本必要です。

これ等をきちんと分けて、相続人方から聞いた上で、分類して、相続人が受け継ぎたい物品も、相続人が他の意向を聞いて、区分けして、区分けした遺産物品証明を作るのです。

これ等が分からないと、未相続の遺産物品も含めて、相続には関われません、他人が相続に関わるのであれば、こう言った未相続の遺産物品の、区分ごとの扱い、仕分けも、正しく理解して、出来なければならないんです。

弁護士、司法書士、行政書士、税理士だの行った所で「上記すら、多分誰も理解以前で、分からないと思いますよ”こう言った未相続遺産物品の、正しい法に沿った仕分けと、相続人方の意思の調整と、扱い毎の分類、正、負の遺産分類、証明書作成等々”未相続の遺産物品の、正しい相続の為の証明書作成だけでも、凄い相続の実務知識が必要です」

今回の広告は「先ず、未相続の遺産物品は、遺品整理屋等を頼み、闇処理してはならない、これを札幌市の戸籍住民課の封筒に、宣伝で打ち、市民に遺品整理は法を犯して居る?こう疑問を抱いて頂く、札幌市役所と協力した形の、未相続遺産金品泥棒他を潰す為の広告です」

本来は一民間業者が打つ広告でも無いのですけれどね、当社以外は打てない、法を犯す業者を使てはなりません、啓蒙広告ですから、止むを得ないでしょう。

正しい相続を先ず果たさなければならない、未相続の遺産金品を、闇の業者を使い、闇に消す、遺品整理請負を、正しく犯罪委任、犯罪請負と、司法に続き、札幌市役所、市議会に、公に求めさせる事も踏まえた広告です。

遺品整理、生前整理請負業者は「真っ当な業者で、これ等の請負も真っ当だと、報道も嘘と承知で宣伝して居ます、犯罪請負を、犯罪なのに正業と偽り、遺品整理屋の広告を垂れ流して居るのです、報道各社も」

不動産明け渡し強制執行、実際は司法強盗

  • 2020/03/09 07:18

不動産明け渡し強制執行、実際の所業は「裁判官、裁判所、弁護士による、強盗行為でしか有りません、占有場所に有る金品を”誰が所有者かもすっ飛ばして強盗、破壊収奪して居ます”」

強奪、破壊した占有場所に有る金品を、札幌の場合であれば、道民運輸、まこと引越センターの倉庫に運び込み「執行官が廃棄責任者、排出者と偽り、物品所有者と偽り、産廃と虚偽を吐き、環境事業公社、産廃業者ぐるみで強制処分、犯罪処分して居るし、執行官が所有者の古物と偽り、古物商と売買取引して居ます」

単なる強盗ですよ、之が不動産明け渡し強制執行の実務です、当社が証明した事の一つです。

この司法犯罪と「遺言状が有る、を理由とさせて、他の相続人が民法第1031条で守られて居る、遺留分相続の権利も蹂躙して、遺産不動産の名義を全部、遺贈を受けた人間名義に、地面師詐欺で書き換えて、強奪して居る司法犯罪が組み合わされて」

他者の所有する不動産、司法強盗収奪も、成功させられて居る訳です「不動産取引の、法に沿った実務など、司法、法務省は何も知らないから、無法の限りに走り、司法書士、弁護士用の犯罪、不動産犯罪収奪、施入場所に有る金品強盗を合わせて、他者の所有する、権利を有する不動産強奪も、強引に成功させて来れて居る訳です」

強盗、地面師詐欺を、法曹資格者、裁判所、執行官、行政が共謀して凶行して、強引に、犯罪により成功させて居ます、司法犯罪の闇のからくりです。

この手口と変わらない司法犯罪、他者の所有する不同案を、強制売却する悪行も、公式に重ねて居ます「関係法律、不動産の実務を知って居れば、正しい対抗策を講じられます、不動産取引の実務を知って居れば、こんな司法不動産強盗に、正しく対抗出来るのです」

借金のかたにもなって居ない、他人様の所有して居る土地建物を、全く別の「司法犯罪判決で生み出した債権の回収を目論見、競売に付すと決定した、とやったって”お金を貸して、債務者の所有する不動産に、一定の借金返済の滞りを根拠とさせて、貸したお金を返して貰う為に、根抵当を打って有る債務者の不動産を競売に付す”事件とは、全く違うんですよね」

根抵当を打って有り、債務者がお金を返せなくなって、債権回収の為に債権者、根抵当を打って居る権利者が、債務者の不動産を競売に付した事件で有れば「一番抵当権者が、一番先に債権を回収出来ます、不動産が売れればですが”でも、根抵当も打って居ない人間が、勝手に他者の不動産を競売に付したって、抵当権者が先にお金を回収しますし、抵当権者が応じなければ、債務を別人が返すから、と言ったって根抵当は外れません」

又、他の権利者が居て、立退料が発生する、引き渡し時に、大量の物品が残って居るなら、処理費も購入者負担です、幾らお金が居るか、ですからねえ、誰か買うんでしょうか?

誰かが、不当な司法犯罪相続の付を負う

  • 2020/03/09 06:57

義理の両親が遺した、大量の農機具等や、家財等は「札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌弁護士会、犯罪共犯弁護士、青森県警、道警等が犯罪者と共犯で”正しく物品を特定して相続遺産物品と証明して、正しく相続を受けて、正しく処理する事を、強権発動に走り、叩き潰しました”」

結果「これ等処理が必要な、大量の遺産動産は”相続から強制除外されて、相続は終了したので、物品が存在する東北町が、遺影、位牌、仏壇等と共に、責任を持って扱う、と決定して居ます”何しろこれ等物品は、司法が決定して、誰も権利者、相続権者が居ない物品と確定済みですからね」

まあ、神である弁護士、裁判官が「遺産分割審判決定、控訴事件でも決定して、確定した事実です”誰も権利者が居ないと確定済み”の物品ですから、従って当然です、今更誰かが権利者、責任者だとは出来ません」

同様の「遺産物品、供養対象物品の相続も有る事件では”当社は廃棄を前提として、特に物品特定もせず、ざっと処理対象遺産物品を列記して、処理費を基本額で算出して、相続事件の証拠で、委任者が出した訳ですが”」

遺産相続調停、審判を申し立てた「相続人、保護受給者の相続人が”物品特定無し、有価である根拠証明無しで、216,000円余りの価額を付けて、有価で相続を受けるのだ”こう審判で決定されたのですが」

有価の遺産動産だ、之を立証する根拠はゼロですから「保護受給者の相続人は”この有価遺産物品は何で、各々の遺産物品が幾らの価額が存在して居て、何と何を合わせれば、216,000円の有価遺産動産となるのか”立証が必要ですけれど、無理です、この審判決定の根拠、当社が出した、廃棄前提の遺産物品証明、処理費用基本額記載証明書ですから」

あの証明書は「処理対象の遺産物品を、ざっと書いて、基本の処理費用を算出しただけの、有価遺産物品証明には使えない証明書ですから」

有価遺産動産の証明書なら「各々遺産物品を特定、証明して、古物商に古物買い取り金額証明を出して貰う、これ等が必要です、その上で有価遺産動産証明書を作らなければなりませんが、経費の方が高くなるでしょうね、一般家庭の遺産動産では」

処理対象で作った遺産動産証明書を、勝手に有価遺産動産の根拠で使う、之で司法と言うのですから、真逆だろ、証明事項が、何をしているやら本当に。

お陰で?生活保護法規定で、正しく保護受給者が相続を受ける有価物?立証を、保護費”支給札幌市も証明が必要となった訳です”残った遺産動産、無価値で処理が必要な遺産動産は、保護受給者相続分に付いて、札幌市が生活保護事業で税金処理が必要です”も証明出来たから、良いですけれど。

犯罪相続しか出来ないから

  • 2020/03/09 06:42

弁護士、検事、裁判官、調停委員、公証人、この司法カルト集団、調停員は元書記官ら、公証人は元検事、裁判官が主体、の連中は「世間知が全く備わって居ない、それ以前に”事の正しい善悪判断能力がほぼ備わって居ません、自分達を全知全能の絶対神だ、自分達が決めたら絶対だ、黙って言いなりに、決めた通りが正しいように、必要な法破り、犯罪に手を染めて、司法決定を成功させろ”」

これを常時要求して、他の国家権力、国家資格者、関係する事業者等が「司法犯罪要求を受け入れて、必要な犯罪に、喜んで手を染めて、司法犯罪適法蹴邸が正しい、と偽り、成功させる事だけに走って来て居るのです”犯罪組織の上が、顎をしゃくれば、下が犯罪に手を染める”の構図と同じなのです」

司法が犯罪を適法だと、法律も何も、正しい常識からして知らない頭で「法曹資格者、神が決めた、従え、と要求したからと、他の権力が、無条件で犯罪に手を染めて、司法からの犯罪適法でっち上げ決定が正しい、と偽装して、通して居るから成功して居る、之が事実です」

;死人が死後、死人自身で預金を引き出しており、遺産預金は死人により、正しく引き出され、遺産から失われた、手続き書類、帳簿等を死人が預金引き出し、と偽造して、犯行ビデオを隠匿もして、正しい死人による預金引き出しだ、との虚偽を強引に成功させて有る、司法オカルト犯罪です。

;遺言状が有り、他の相続人が民法第1031条で守られて居る、相続遺留分、減殺遺留分も遺贈を受ける者が収奪出来る、と書いて有るからを根拠と言い張り”遺産預金は死人が死後引き出した、との偽造の手で窃盗、横領入手、遺産不動産は地面師詐欺の手で詐取”この犯罪により、遺産を犯罪で収奪して来て居ます。

;負債となっている遺産不動産、遺産物品は”相続対象では無い、事に弁護士、裁判官、調停委員、公証人等で、法を破戒して強制決定して、未来と地元自治体に、処理の付を回す事に狂奔して居る”

何処にも合法が無い、犯罪で構成されて居て、犯罪によって成功させて有る、極悪な司法テロ相続、が実際なのです「当社が公式に、遺産相続調停、審判、裁判で証明を果たした。当事者の求めで必要調査を行い、立証した事です」

司法犯罪相続、犯罪で構成

  • 2020/03/09 06:22

恐らくですが「義理の両親の遺産となった預金、認知悪化で特養に入所して居た義母の預金、共に口座名義人を偽装して、金融機関も共犯となり、次男の妻子は義父を騙り、長女は義母を騙り、金融機関の資金を盗み、口座名義人による預金引き出し、と手続き書類、帳簿等を偽造して偽り、金融機関が預金を横領した事件の被害資金、ほぼ次男に渡ったと、実行犯等が言い張る事件ですが」

共犯者の弁護士、札幌の裁判所、裁判官連中の異常極まる所業の連鎖を見れば、次男はとっくに犯罪利得を使い果たして居ますよね?遺産金で保全などせずに?

こうなった事を知り「弁護士は、金の拐取が出来なくなって、大慌てでは無いのでしょうか?次男が手にした金を、正しく保全する訳が無いから、根こそぎ使い捲って終わるから”4男は、盗んだ金を保全させようと、訴えを提起したのですけれどね、愚かを超えた弁護士と札幌高裁以下裁判所、裁判官は、保全の求め自体が犯罪だの、と却下して、151号事件で訴えさせて、盗んだ金の保全を求めた事が犯罪と確定した、犯罪者は正しい行為者だ、被害を受けた犯罪者に賠償金を払え」

こう判決まで出した訳です、愚かにも程が有ります「で、犯罪共犯者の弁護士は”次男から金を回収出来なくなって、大慌てで相続審判家裁決定に異議を唱えて控訴した、のでしょうね”」

次男に「他の相続人3人それぞれが、遺産預金から11万円余りを渡せ、長女の相続遺産金、次男に盗んだ金を渡したから、相続遺留分から長女は、50万円も不足して居る、相続遺産金全部を、理由も無しで次男に相続させろ、実家の土地建物を”競売に付して金にして、4人で分けさせろ」

この控訴理由、却下されて「法律通り、遺産金を4等分して各々相続を受ける、家裁の審判の決定が確定しましたけれどね、実家は次男、長女が自分で”無価値かマイナスの不動産、売れる見込みは無い”と書いて出して居るだろう、売れないと自分で言って置いて何だ」

と言う、高裁も次男、長女の控訴?却下決定で終わって居ますが「次男は両親の金を、自分の妻子、長女に盗ませて回収して、使い捲ったから、実際に盗み、使った金は、相続遺留分の金額に150万円前後を加えた金額を、とっくに使い果たして居るから、審判で相続を実際に出来る遺産金は、当然無い訳です」

之では弁護士、愚かな弁護士は、次男から回収する事が出来ない訳です、で、焦り捲って「上記控訴、法も実務も無い控訴の提起、に走ったようですね、で、却下で終了、と言う、次に金を拐取しようと焦り、裁判官ぐるみで打った手も、不動産実務も知識ゼロなので、と言う」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4849987
ユニークアクセス:4080449
今日
ページビュー:1256
ユニークアクセス:1104
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed