エントリー

2020年03月13日の記事は以下のとおりです。

死人は生きている、のか?

  • 2020/03/13 15:49

死人は死去後も生きて居て、金融機関の窓口手続きで、自分の預金を引き出して居る、ATMから預金を引き出して居る、弁護士、弁護士会、青森県警、北海道警察、検察庁、検事、裁判所、裁判官が共犯者で、国中で凶行している、国家権力、司法、法務省犯罪です。

当たり前ですが、死んだから死人であり、死んだ人は生きている訳は無いです、常識以前の真実です。

死人は死去後も生きており、死んでからも死人は法律行為を、物理的に行い続けて居る、正気の沙汰では有りませんが、司法、警察、法務省他が、日本中でこの、死人は生きており、物理的な法律行為を行い続けて居る,法螺話が事実だと、証拠偽造、事実隠滅により、事実と偽り、通して居ます、弁護士、司法書士用の司法他犯罪です。

手稲警察署刑事一課の浜井警部補は、阿部さんに「阿部健一、花枝の孫である、あべxxは、死人を騙り金を盗んだが”葬儀に使った筈だから、犯罪とならない”こう断じたのです」

私は阿部さんからこの話を聞いて、浜井警部補を糾弾して、浜井警部補のレベルから、知る事となりました。

浜井警部補は「阿部健一、花枝氏の息子、孫である阿部xxの父親は、生きており、被相続人の孫、息子の息子には、被相続人の孫には相続権は無い事から、本当に理解して居ませんでした」

更に浜井警部補は「相続人4人中2名は、札幌市から生活保護を受けており、xxが盗んだ祖父母の遺産の半分は”生活保護費に充当する遺産金で、孫も含めて勝手に使えない、税金支給費用に充当しなければならない、税金資金だとも知りませんでした”」

金を回す、遺産金を渡す優先順位すら、警察官、法曹資格者、検事、裁判官は、本当に何も知らないと言う、恐ろしい真実が、又証明出来た訳です。

こんな連中が、司法、警察として、法律公務、業務、刑法犯作り出し等に走って居ます、冤罪が生まれて当たり前です、正しく犯罪の立証も出来ない司法、警察で,この連中がそもそも犯罪集団ですから。

道警の

  • 2020/03/13 12:44

@道警は”民事不介入の鉄則を順守する事と併せ、被害者を名乗る通報者の言い分の可否確認を、事実証拠で確認する事、自分勝手な責任逃れに警察を利用する事に、安易に乗らぬよう、本部長、監察に申し入れします

                                   令和2年3月13日

北海道警察山岸直人道警本部長殿
道警本部監察課
TEL,FAX011-251-0110

                            本件申立社
                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、原因

;札幌市清田区〇〇〇〇〇〇
 〇〇〇〇、〇〇氏が当社を昨年8月28日、電話で自宅に呼び(電話呼び出し3回目)隣接する区画所有者〇〇氏奥方と共に、平成27年12月31日、〇〇氏上階住居からの漏水被害に付いて、復旧工事と、火災保険へ請求する為等、必要な調査を、当社に委任し、当社が請負、契約を交わした(別紙請負契約書が証拠)

2、契約破棄の理由

;〇〇氏夫婦は、一旦金融公庫火災保険に対して、異常な高額請求(通常、高く言っても300万円前後の工事費なのに、900万円の見積り、請求だったとの事、ユニットバスに水が掛かった、全取り替え等、言い掛かり)を行って,すぐ請求を取り下げていた、つまり当社を使い、詐欺請求(とっくに請求時効が来ていた)を目論んだと判明、又〇〇氏は、平成26年に屋上から漏水して、自分の区画に漏水した、やはり900万円保険で払え、二重に保険金を払え(合計1800万円)と管理組合に要求して居る事も判明したので、当社は契約を破棄した。

3、これ等の事実、証拠により、当社は〇〇氏、幇助行為者の〇〇氏(奥方が幇助)に契約破棄を通告し、違約金請求を行たら、〇〇氏は〇〇氏奥方を使い、当社が勝手に火災保険詐欺請求を行った等、虚偽文書を送って寄越した(別紙ファックス、〇〇氏の指示でしょう)

4、〇〇氏の件は、御主人と会って話して、契約金額で工事を行い、完了させ、工事金全て支払い済み。

5、〇〇氏に対して、昨年11月後半から請求を掛けたが、〇〇氏は道東の、奥方の弟宅に逃げて、時々戻り、請求から逃げて居たが、今年1月後半くらいから、自宅にこもり、下記のように支払いを逃れる虚言を吐き、警察を利用して、豊平署も裏を取らず、当社の請求を妨害して来た。

6、初めの〇〇の110通報は「言い掛かりを持ち、金を請求されて被害を受けている、等で110通報、パトカー3台、6人位が臨場、契約書も見せ、請求書も確認させたが、警察は妨害行動」

7、豊平署に事情説明文書、証拠文書等を届けて、地域課も理解、次の〇〇の110通報は「犯罪となる取り立てで被害を被って居る、と偽り110通報数回、臨場した警察官にその度、合法請求だが、取り立てが犯罪となる取り立てに違いない、と言われて妨害を受けたので、別紙の通り、豊平署とも話して、犯罪による取り立てか否か、近隣へ任意捜査を行う事を確認、捜査協力書を、当社が近隣に配布する事も告げ、了解の上配布」別紙文書参照。

8、次の〇〇氏の虚言が「豊平警察署を騙り、違法請求を度々受けていると、郵便受けに張り紙。豊平署生活安全課、土屋警部はこの〇〇の虚言に、裏も取らず一定乗り、当社に言い掛かり架電を寄越したが、事実を説明したら、引いた」豊平署は「豊平署を騙る違法請求が有ったとの、〇〇からの通報事実は無いし、そのような証拠も無い、と回答」

9、豊平署刑事2課北川警部補、生活安全課土屋警部、清田交番青山、高知山、佐々木警察官、北野交番松山(事実は知らぬが、お前が犯罪となる取り立てを行った、〇〇が言うから正しい等当社を威嚇し続けた)小野寺警察官、豊平署地域課等が関与、事実証拠を持って居ます。

10、ここまでが今までの、〇〇夫婦の虚言110通報の経緯です「次々嘘が発覚しては、次の虚言110通報、豊平署、交番警察官は、その都度事実、証拠を確認済みです、〇〇夫婦の嘘の連鎖を、その都度裏も取らず、事実と糧に思い込み、当社の請求行為妨害は、警察による違法な民事介入、犯罪者擁護行為です、道家本部長、監察課、この件に付いて、〇〇氏夫婦の犯罪行為見逃しと併せ、監査を求めます」

司法、行政犯罪

  • 2020/03/13 09:23

@司法犯罪遺産泥棒入手、遺産から強制抹殺、阿部健一、花枝氏の事件で、保護受給者相続人が勘違いで,自分の息子が盗んだ遺産を、兄に弁護士を立て、請求する事態に発展、札幌市戸籍住民課が、戸籍住民課で打って居る、遺品整理、生前整理屋広告の合法、犯罪を、広告代理店に調査、回答要求、札幌の介護事業所が生前整理実施報告

                                   令和2年3月13日

                  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504
      ※地方自治体、報道も共犯、遺産犯罪収奪入手、保護費詐欺、遺品、生前整理請負

小樽市長、市議会、塵減量推進菊地次長、保護課山本課長 下記も含め、記載先配布
FAX0134-32-5032
石狩市長、市議会、廃棄物、保護課菅原課長
FAX0133-75-2275
北広島市長、市議会、廃棄物、保護課奥山課長
FAX011-372-6188
江別市長、市議会、廃棄物、保護課崑課長
FAX011-382-7240
恵庭市長、市議会、廃棄物、保護課深田課長
FAX0123-33-3137
千歳市長、市議会、廃棄物、保護課佐藤課長
FAX0123-23-2492
岩見沢市長、市議会、廃棄物、保護湯浅課長
FAX0126-23-9977
FAX011-210-5592 道新報道センター内山他記者
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局、記者各位
FAX011-233-6008 HTB報道部、広告
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道制作センター中館デスク

1、別紙記載の通り、司法犯罪遺産収奪入手、保護費も詐取で通って居る事件、勘違いした相続人保護受給者は、間違った相手を弁護士を就け、遺産を渡せ訴訟を提起予定、秋元市長、市議会、司法、警察の今後は?戸籍住民課が遺品整理、生前整理広告を打っている問題、遺品整理心、ルーツ・オブ・ジャパン広告の合法、犯罪を、戸籍住民課は広告代理店に調査、回答指示、死人が故買、処理して居る根拠も合わせて、介護事業者が生前、遺品整理も実施、を送ります。

司法犯罪遺産強盗入手恒常化の結果

  • 2020/03/13 07:56

司法犯罪、得する遺産は相続権,他の相続人の遺留分を、弁護士、司法書士と共犯で、犯罪によって収奪出来れば、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が、犯罪で得た利得を手に出来る、司法犯罪相続遺産分割除外説、が根拠と言う、絵に描いた権力犯罪です「司法が指揮を執り、関係する国家権力、国家資格者、事業者が、必要な偽造、証拠隠匿、隠滅を手掛けて、司法犯罪が正しいと偽装して、成功させて有ります」

この司法犯罪により、阿部健一、花枝さんの遺産相続、孫に遺産を犯罪で奪われた事件、弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官、道警、司法書士、法務局、道銀、年金事業、札幌市長、市議会、保護自立支援課共犯の犯罪への加担、これがもっと状況悪化して行って居ます。

愚かな相続人の長女の犯罪に続き、今度は次男も同じレベルで「お前の息子が盗んだ遺産なのに、兄の溘悦氏が遺産金800~900万円を隠し持って居ると、勝手に錯覚して、兄を相手取り、弁護士を立てて、自分の相続分を渡せ、と訴えると通告して来たと言う、、、。」

どんどん状況が悪化して行って居ます、収拾が全く付きません、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、調停委員、書記官、警察、札幌市長、市議会、保護自立支援課が「遺産強奪入手、保護受給者相続分も犯罪で収奪に加担、保護費詐欺も免責、司法犯罪を成功させるべく、国家権力が揃って犯罪集団化して、ここまでの犯罪に走り、犯罪者を守り、犯罪を強引に成功させて居るから、図に乗った無能な犯罪者は、同類の相続人等は、更なる犯罪に手を染めて」

狂い切った弁護士、裁判官、裁判所は、次なる犯罪に、ともに走る訳です、収拾も何も、どんどんつく筈が無い事態を招き続けて居ます。

司法独裁権力、自分達をこの立場だと、弁護士、弁護士会、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省、警察庁ででっち上げで決定させて有る、なので「弁護士犯罪国家資格者が、狂った頭で思い込んだ、犯罪が正しい手口、による犯罪で、犯罪収益を実行犯共々上げれば、他の国家権力が共犯で”正しい犯罪、弁護士犯罪である、犯罪によって手にした犯罪収益は、犯罪者と共犯弁護士が所有権を得た”こう、偽造捏造、証拠隠滅、法の完全曲解、犯罪者免責により、強制でっち上げ確定させて」

司法犯罪を成功させて有るのです「この先の犯罪が、どんどん起きて、表に出されて居ます、司法、警察、行政、政治が共犯で、司法犯罪を強制適法化、その先の司法他犯罪凶行が、どんどん公開実行されて居ます、根本が犯罪を、正しい犯罪だと偽るから、司法テロ集団は、犯罪とも理解不可能のまま、犯罪を加速させて居る結果です」

xxxxxxxx

  • 2020/03/13 07:10

         @父母の、相続されて居ない遺産の内容の伝達

、                              令和2年3月  日

本文発送者
〒004-0001 札幌市厚別区厚別東1丁目xx丁目xxx番xx号
阿部溘悦
TEL

本文送付相手、弟、西区から保護受給
〒063-0826 札幌市西区xxxxxx丁目xxx番xxxxx-xxxxx
阿部xxx
TEL

秋元克広札幌市長、市議会議員全員、保護自立支援課、西区、厚別区長、保護課
FAX011-218-5166
山岸直人道警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110

1、阿部xx殿、貴殿は私が告げた、父母の未相続の遺産に付いて、全く理解もせず、私が父母の遺産金800~900万円を隠匿して居る、4分の1は自分が保護費と合わせて手に出来る、相続遺産金だ、私を弁護士を使って訴えて、自分の相続分200万円以上を保護費と別に手に入れる、等告げて来て居ますが、根本から間違って居ます、弁護士を使うのは良いですが、西区保護課ともこの書面記載も用いて、何をすべきか正しく把握して、動いて下さい、保護を打ち切られるだけです。

2、未相続で残って居る遺産は、おおむね次の通りです"カン違いして私を訴えれば、健治は保護を打ち切られます”下記を正しく理解するか、出来ないなら先ず、西区保護課、手稲警察署刑事一課、厚別警察署刑事二課(xxの犯罪を訴えて有る先です)に相談するべきです。

(1)xxの息子xxxxが、xxxxxxと共謀して詐取して手に入れた、阿部花枝の遺産年金3か月分、約366,000円、請求相手は息子です。

(2)xxが道銀手稲星置支店ATMから盗んだ、花枝の遺産預金287,000円、請求先は息子です。

(3)xxが地面師詐欺で自分名義に書き換えた、阿部健一所有の土地建物、私達兄弟の遺留分5割、金額で700~800万円、請求先xx、請求証拠札幌高裁令和元年(ネ)第292号事件判決文記載文言他。

(4)xxxxが、何の根拠証拠も無しで、216,000円の価額が有るとして、相続を受けたらしい、健一、花枝の遺産物品多数、処理費は相続人4人で負担が必要、xx、xxxxxxの処理は、保護事業で費用拠出、保護課と協議が必要。

司法犯罪遺産泥棒が招き続ける

  • 2020/03/13 06:29

@弁護士、司法書士が犯罪者と共謀して、遺産を犯罪収奪出来て、山分けを、犯罪適法虚言で成功させる、司法指揮犯罪”阿部健一、花枝氏次男、西区から保護を受けている阿部xx氏は、兄が遺産金800~900万円を隠匿して居ると、勝手に勘違いして、保護費に加え200万円以上手に入る、兄を弁護士を使い、訴える”と言い出しました”戸籍住民課が遺品整理広告を打っている問題、広告代理店に合否調査を求めたとの事です””当家一角新納さん宅で、住人退去自宅から、介護施設が所有介護用車両で家財処理二回目が行われました”

                                   令和2年3月13日

                 〒007-0862 札幌市東区伏し古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                                  TEL011-784-4046
                                  FAX011-784-5504

加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課 保護受給者支給保護費、詐取は幾らまで?
FAX03-3593-1459(2826福田、2827石倉企画法令)
秋元札幌市長、市議会議員全員、区長、保護自立支援阿部、環境局事業廃棄物八田、循環型清水、介護保険桐越、障害福祉坪田課長、広報大内、戸籍住民平野係長
FAX011-218-5166 緊急配布願う
小泉進次郎環境大臣
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課渡井担当
FAX03-3593ー8264 廃棄物規制課、家電リサイクル高橋担当
森雅子法務大臣、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 遺産泥棒入手司法犯罪、裁判官、弁護士により犯罪加速中
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正、刑訴法手続き、証拠を正しく使う事
FAX011-222-7357 死人は生きており、法律行為継続、司法犯罪を刑訴法でも踏襲
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110

1、別紙文書記載に有るように、阿部健一、花枝氏の息子次男、西区から保護を受けている阿部xx氏は、長男溘悦氏から「終わった審判は一部だけ、xx氏の息子が盗んだ遺産金が、不動産金、年金合わせて800~900万円有る、又、家財の処理負担も残って居る」と聞かされて、審判の意味も分かって居ない事もあり「兄が遺産金800~900万円を隠匿して居ると言うから、弁護士を頼んで兄を訴えて、自分の分200万円以上を回収する、保護費を貰ったのと合わせて、別途遺産金も手に入れて、二重に収入を得られると聞いた」と通告して来た、との事です「まあ、この虚言を持ち込んだら、弁護士、裁判所、裁判官は、大喜びで阿部溘悦氏を被告として、遺産金200万円以上渡せ、訴訟を始めるでしょう、どんどん収拾が付かなくなり続けて居ます」

2、札幌市国籍住民課が「遺品整理、生前整理請負ます広告を打っている問題、スクリーンで遺品整理心、封筒広告でルーツ・オブ・ジャパン(札幌市各部署、札弁連、弁護士と組み、遺品整理、生前整理大々的展開)遺品整理、生前整理広告を打っている問題で戸籍住民課は、代理店に対して「遺品整理、生前整理が正業化、法を犯す行為者か、次の事項による調査を行い、回答せよ、と求めたとの事です」遺品整理、生前整理請負の合否市役所からの調査指示、日本初でしょう。

(1)死んだ人の所有物を、誰の所有で古物売却、処理して居るか、未相続物品は、誰も所有者は居ない、古物売却、処理出来る方法が無い筈。

(2)所有者偽装で古物売却、排出者偽装、一廃を事業系産廃偽装は古物商法違反、廃掃法違反、事業者に公安委員会、札幌市環境局に、遺品整理、生前整理の実際を伝え、合否の答えを文書で得させるべき、これ等の合否確認を、戸籍住民課に追加で伝えて有ります。

3、当家一角北西角、新納さん自宅平屋一戸建て住宅、新納さんは一人住まいで、数年前から自宅退去の空き家で昨日”は”介護施設車椅子の方用マイクロバスと、多分派遣労働者を5人ほど使い、新納さんのブラウン管テレビ他家財をマイクロバスに積み込み、処分目的運搬を行って居ました”昨年今頃に、ケアマネが指揮を執り、事業者不詳の便利屋を使い、多くの家財を処理用搬出して居たので、もう家財は無いと思って居ました「保護、介護、障害福祉事業は、遺品、生前整理請負も行って下さるのですね、処理方法を文書で答えて下さい」

4、介護保険、環境には「正しい遺品整理、生前整理の手、強制執行、帯広市の遺品整理処理の手、札幌市が飼っている遺品整理、生前整理業者の手で行うべき、業者を不詳とする、車両はレンタカーを使う、引っ越し屋を使って偽装する、事業系一廃と偽り、一括処分する、自分が所有者と、市処理施設共々偽って処分する、等々、上記から伝授頂いた、実際に行われて居る、官民、警察犯罪処理の手です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4849984
ユニークアクセス:4080446
今日
ページビュー:1253
ユニークアクセス:1101
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed