エントリー

2020年03月16日の記事は以下のとおりです。

腹積もりが

  • 2020/03/16 19:15

妻の兄、4男の土地建物を、違法極まりない競売に付す事件、4件目の買い取り不動産業者と話して、腹積もりも分かりました、法に沿った対抗策を講じる為に、必要な情報です。

今の不動産競売物件買い取り業者、単なるサラリーマンですね、バブルがはじけた後、裏家業の方々が食い付いた、支払い不能となった不動産に絡む丁々発止、あのころとは全く違って居ます。

彼らには、普通の競売物件を扱う事しか、あれでは出来ませんね、世の中には「裏事情を知らなければ、見えている物だけでは分からない事が、実に多く有るのです、この事件、表面だけ見て、楽でおいしい競売物件と錯覚して居ますが、根本から間違って居ますから」

事情を正しく把握すれば、この事件は「彼らの手に負える事件では無い、幾らお金が入用で、どれだけの処理事項が有るか、表面だけ見て読めて居ない彼らには、手に負えないです」

この事件は、司法犯罪を糊塗する為に、法も無視して競売に走った、治外法権司法犯罪です、サラリーマンの買取屋には、正しい手の打ち方も見えて居ないです。

当社はこう言った案件も、元々知識を持っており、バブル崩壊後の競売物件も関わったし、実践に強いから。

この事件、弁護士、裁判官、執行官、買い取り不動産屋等には、法律すら分からないこの連中には、元が犯罪行為です、法による対抗手段を講じられれば、手に負えません。

阿部さんの不正な遺産不動産収奪司法犯罪と、同時進行です、司法犯罪不動産収奪事件、二件も同時に何て、何でしょうかねえ、そこまで司法犯罪が蔓延している、と言う事でしょうけれど。

 

遺品整理、生前整理は正業、札幌市戸籍住民課が

  • 2020/03/16 16:01

@札幌市役所二階、戸籍住民課丹野係長は”当社が正業である遺品整理、生前整理事業を、悪意を持ち、犯罪事業と誹謗して居る、遺品整理、生前整理が犯罪との証拠等一切無し、ハウスリメイクの悪意で犯罪と誹謗して居るだけ、遺品整理こころ、ルーツ・オブ・ジャパンが違法に遺品、生前整理に手を染めている証拠も無い、戸籍法、住民基本台帳法の規定で判断した”こう答えて居ます

                                  令和2年3月16日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

小泉進次郎環境大臣
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課、渡井担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電四品目高橋担当
秋元克広札幌市長、市議会議員全員、環境局事業廃棄物八田、循環型社会数維新清水課長、保護自立支援課阿部、介護保険桐越、障害福祉坪田課長、介護事業も遺品整理、生前整理に手を広げて居る
FAX011-218-5166
FAX011-218-5105
FAX011-218-5108
FAX011-218-5191 戸籍住民課、丹野係長
FAX011-218-5161 広報大内係長
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
長田広告株式会社 長田社長
TEL011-789-7077
FAX011-789-7088
ルーツ・オブ・ジャパン湊源道社長
FAX011-803-6446

1、札幌市役所二階、戸籍住民課丹野係長、区戸籍住民課で遺品整理こころ、ルーツ・オブ・ジャパンの広告を打って居る審査担当係長は本日、当社からの電話に対し、次の法による答えを、強く返しました。

丹野係長ー遺品整理、生前整理が犯罪と言う証拠は一切無いにもかかわらず、ハウスリメイクはだしい事業者の遺品整理、生前整理請負、遺品整理こころ、ルーツ・オブ・ジャパンも含めた業者を、悪意を持ち誹謗中傷して居る、遺品整理士資格は社団法人が与えて居る市、弁護士、退官後の警察官も加わって居る、弁護士(タクシー暴行事件実行犯弁護士、放映されたあの男)退職警察官が、悪事に加担する筈が無く、ハウスリメイクは悪意を持ち、一方的に遺品整理、生前整理を犯罪と非難して居る。

山本ー環境省、小樽市、恵庭市は、遺品整理、生前整理は違法、廃掃法、古物商法違反、頼む、使う事はしない事と、広報して居る、札幌市環境局清水課長は、上記理由を持ち、道警にこれ等業者の摘発を求めたが、道警は”犯罪と承知で認めている、摘発しない”と答えている事実も有るが、正しい事業だと、何の法律で決めた、環境省、恵庭、小樽市、清水課長が公的立場で、合法業者を誹謗したと言う、法の根拠は何だ?

丹野係長ー廃掃法、古物商法は関係無い、戸籍法、住民基本台帳法規定で、犯罪は無い、適正事業と決めた。

山本ールーツ・オブ・ジャパン湊社長は一昨年4月、STVどさんこワイドで、清水課長も見たと言う放送で”独身女性が死去して、知人を名乗る男性との間で、遺品古物を数万円で買った、廃棄処理費から引いてこの価格で遺品整理します、古物売買記録は無し、安いでしょう”こう商談を纏め、古物購入品、廃棄物を自社に持ち帰った、正しい古物売買、遺品家財処理請負だな。

丹野係長ー違法と言う証拠は無いです、古物商法違反、廃掃法違反かどうか分かりません、犯罪行為とは証明出来ません。

山本ーこのあと私は、北31条東15丁目の、ヤマトホームコンビニエンスの、遺品等古物直売所に行き”中古物を購入しようと思い(1万円の椅子)古物取引記録の有無を聞いたら”遺品等が主体なので、正しい売り主がおらず、ほぼ古物取引記録は無いです、出所を証明出来ないので”と答えたので、東署生安高松部長等を捜査に入れた、市保護課はルーツ・オブ・ジャパンを筆頭にして、保護受給者の遺品、家財を年300件以上違法処理させて、無許可引っ越しも、これ等業者に、共に税金で行わせており、東区役所に東署が,平成29年5月に任意捜査に入って居る、東署も言い掛かりで捜査に入った訳だな。

丹野係長―それらは自分は確認して居ない、だから知らない、それら行為が古物商法違反、廃掃法違反かどうか、公安委員会、環境省、環境局に確認する気は無い、戸籍法、住民基本台帳法で、正しい広告遺品整理、生前整理と審査し、決めた”札幌市の広告審査基準にも、違法、犯罪事業は禁止となって居るが、遺品整理、生前整理は正しい事業です”遺品整理こころ(私が実家の家財一括処理を頼んだら、二つ返事で全部運び出して、処理しますよと快諾)ルーツ・オブ・ジャパンも正しい遺品整理、生前整理事業者です、広告代理店に、合法な遺品整理、生前整理請負と、事実証明させるよう手筈を取って有ります”ちゃんと相続を受けさせて、正しく廃棄処理して居る筈で、合法事業です、ハウスリメイクは、悪意を持って犯罪と中傷して居るに過ぎません”

2、こう言う事との答えです「古物商法、廃掃法は戸籍法、住民基本台帳法で判断して居る、統一させるよう求めます、もう環境省、札幌市環境、警察の言う事は聞きません。

司法犯罪指揮を受けての金融機関犯罪

  • 2020/03/16 08:41

@死人は死後も生きて居て、死人が預金を引き出して居る、司法遺産泥棒用の、金融機関偽造、証拠隠滅による資金横領、犯罪者に提供、瀬川行政書士事件でも、この犯罪の闇を証明出来た、重要証拠で使われて居ます

                                  令和2年3月16日

北海道銀行頭取、個人融資矢澤部長代理、遺産管理後藤担当
TEL011-233-1121
FAX011-233-1166

             阿部〇〇、山本〇〇子氏から、両親の遺産等調査委任を受けた会社
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                           (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、先程送った書類の補足説明です。

(1)当社の尽力、遺産、遺産預金窃盗証拠の公開、使用、負債遺産放り出し司法犯罪相続潰し等が功を奏して、最高裁は昨年暮れから「民法第896,1031条、新民法第909条2を正しく適用させた遺産相続を徹底遵守と、負債遺産も相続を行わせる事等を通達で出しました、結果妻と4男は、犯罪相続の時代から、合法相続の時代に切り替わり、一定合法な相続を受けられた訳です”なお、遺産動産は、青森県警、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札弁連、次男、長女共犯弁護士の尽力が功を奏して?東北町が全責任を負う”結果が出て居ます、税金で管理、処分されると言う事です」

(2)十和田おいらせ農協、青森銀行、北海道銀行ぐるみの「口座名義人偽装の手で金融機関資金横領、犯罪者に提供、手続き書類、帳簿偽造、ビデオ隠匿の手で”正しく口座名銀が預金を引き出した、と偽り、金融機関資金横領、犯罪者に提供を穴埋め”これ等の証拠等を使い、一昨年のスルガ銀行職員、預金者偽装で一億六千万円横領事件を潰せたし、昨年11月、秋田銀行職員が、預金者偽装で2、500万円、横領報道事件も潰せました、又”瀬川行政書士遺産預金3,300万円横領事件にも、一連の司法、金融機関犯罪証拠と説明文を、江別署刑事二課市原警部補、担当検事、瀬川行政書士に送り、江別署刑事も、この事実、証拠では、そもそも立件出来なかった、預金先金融機関の証拠を取れば、死人が預金を引き出して居る”ので、瀬川氏を立件は居でしょう、等答えており、現に48時間と二拘留が過ぎて居るが、二次報道は有りません」

(3)当社からは「死人が死後預金を引き出したと、預金先で偽造して、偽って有るから、これ等証拠を金融機関から押収した上で、瀬川氏を遺産預金横領で立件出来なければならない”でも、最高裁ぐるみのこの手の犯罪で、昨年11~12月から合法化に着手したので、瀬川氏事件は2016年3月、以降の義父母、阿部さん両親事件を免責で逃がして居るし、立件は無理だと思いますよ、等伝えて有ります」

(4)義理の兄と姉の遺産相続は「義兄が盗んだ遺産金を使い果たしたので、義姉に渡す金と、弁護士に渡す金が無くなり,焦った弁護士、地裁、裁判官は”4男を強引に敗訴させた、遺産は犯罪に手を染めて収奪して適法、盗めた遺産は保全不要、これ等を求めた4男、私が犯罪者判決(私は上告)4男分を使い、165万円を回収する、4男の土地建物を、いきなり競売に付すと決定した、こう通告して来て、強制売却に走って居ます、もう強盗以下の所業です」

(5)当然ですが「4男には正当な対抗措置を講じさせて有ります”今後根抵当も、契約も無しで、はした金の債権を持てば、いきなり債務者の所有土地建物を、競売に付せる、狂った実例が出来た訳です”債権を持てば、債務を持つ会社を、自由にこの手で潰せる訳です、今後の経過を注目下さい”なお、買い取り業者達は、私から経緯と、対抗策を聞いて、絶対に採算が合わないし、異常な競売事件、手を引きます、こんな違法な競売事件、経験が有りません”等答えて居ます」

之で司法、警察と言う、マフィアそのものの所業、犯罪集団

  • 2020/03/16 07:48

義父母の遺産犯罪収奪事件、阿部さんの両親の遺産犯罪収奪事件、遺産預金、認知悪化した義母の預金は「口座名義人を偽造、偽り、金融機関が”手続き書類、帳簿偽造、ビデオ隠匿に手を染め、口座名義人が預金を引き出した”ように偽って有り、この犯罪を成功させて居ます」

阿部さんの父親の遺産不動産は「遺言状の記載が有るからと、民法第1031条規定違反、地面師詐欺の手を使い、遺贈を受ける者名義に、他の相続人の遺留分まで名義を書き換えて、詐取して居るのです」

どれも明白な犯罪ですが、弁護士、司法書士がこの犯罪に加担する、犯罪者と共犯になり、犯罪者に犯罪利得を得させて、山分け出来るように、法務省、検察庁、検事、裁判所、裁判官、警察、金融機関監督先等が共犯で犯罪を指揮、実行して、成功させて居ると言う、司法犯罪の闇が有り、これ等遺産、財産犯罪収奪も、強引に成功させて有るのです。

この司法犯罪も、妻の両親の遺産、財産収奪利得の多くを「結果として遺産に計上されて、相続人4人が各々4分の1ずつ相続を受ける、之で確定して居ます、遺産は犯罪によって収奪に成功すれば、犯罪収益は犯罪者と共犯弁護士が山分け出来て通る、とはなりませんでした」

結局次男と長女、遺産預金、認知の義母の預金泥棒一味は「盗んで使った、遺産金と認定された分を使い果たしているようで”遺産金と認定された総額の4分の1ずつの遺産金は、決定後受け取る分は、総額は全く無い”と言う、遺産犯罪収奪金の保全は不要だ、保全を求めた事が犯罪で、犯罪収奪者が被害者だ、この犯罪判決、原因が、犯罪者に跳ね返っただけ、となって居ます」

犯罪者等は「遺産全部を手に出来ると、勝手に決めて、盗んだ金も使い捲って、失わせたのです、勝手に使い込んだ遺産金です、それ以上手に入る筈が無い、当たり前です」

あんな連中に違法を認めて、親の金を持たせてりゃ、使い捲る事は兄妹は熟知して居ます、こうなる事を見越して、遺産を盗んだ分、保全させようとした事にも全く理解を及ぼせず、正しく泥棒二名で遺産相続も果たせず、他の費用も賄えなくなり?脳死した法曹資格者、法曹テロ集団は、自業自得に陥った訳です、瀬川行政書士事件にも使えているし、多方面に役立って居る、義理の兄姉、司法、警察、金融屋犯罪証拠です。

xxxx

  • 2020/03/16 06:19

         @阿部健一、阿部花枝の遺産違法収奪利得返還請求

                                   令和2年3月16日

阿部健一、阿部花枝の遺産違法収奪者、本件不当利得返還請求相手
〒047-0262 小樽市星xxxxxx
阿部xx(相続人保護受給者阿部xx長男)
携帯

本件、遺産不正収奪利得返還請求者、阿部健一、阿部花枝長男
〒004-0001 札幌市厚別区厚別東1条6丁目8番16号
阿部溘悦(不正利得収奪者父方伯父)
携帯090-6527-xxxx

本件、阿部xxによる遺産不正収奪犯罪、阿部花枝の遺産預金窃盗、窃盗証拠隠匿、隠滅等共犯者
北海道銀行頭取 個人融資矢澤部長代理、遺産管理後藤担当
TEL011-233-1121
FAX011-233-1166
西区、厚別区区長、保護課
TEL011-641-6957
FAX011-641-2406 西区保護課
TEL011-895-2537
FAX011-895-4031 厚別区保護課
※ハウスリメイク山本氏の義理の両親の遺産相続審判で”盗まれた遺産預金で証明出来た分も合わせた総額の遺産預金を、相続人4人が各々4分の1ずつ相続を受ける”と、審判決定、遺産窃盗犯二名の上告共にで出て決定した、山本氏の奥方、義兄4男が完勝した、との事です。

1、阿部健一遺産不動産不正収奪利得金額、阿部xxに対する不正利得返還請求金額
 ;金800万円、市場価格調査による、阿部健一所有不動産価額1,600万円の半額を再度請求する。

 ;阿部花枝の死去後、道銀ATMから盗んだ、花枝の遺産預金287,000円全額返却を求める。

 ;阿部花枝の遺産年金366,000円全額返却を求める。

 ;この不当利得返却の求め書面到達後、5日以内に不当利得返却について、答えを出す事を求める。

 ;xxが当家から盗んだ除雪機窃盗事件(すでに手稲署で押収済み)に付いて、この窃盗が正しいなら、法律根拠を私と警察に証明せよ、今後も当家に押し入り、窃盗を繰り返す積りと見受けられるので。

2、相続人4人が持つ、民法第1031条による、阿部花枝の相続遺産金返却と、阿部健一遺産不動産に付いて、相続遺留分(減殺遺留分)の返却を求める、なお、xx実父阿部xxは、自身で弁護士を委任し、自己の相続遺留分を正明から取り返す、との事なので、xxが実父に4分の1を返し、残り4分の3を私に返す事でも構いません、xx、xxxxxxは保護受給者です、xxによる阿部健一、阿部花枝のの遺産不正収奪行為は、生活保護法違反でも有る事を自覚して下さい。

3、阿部xxは阿部健一所有遺産不動産所有名義を、健一との間で交わした遺言状記載を根拠とさせて、全て正明名義に書き換えて、該当遺産不動産に居住する私を、弁護士を使い、裁判所手続きによって強制立ち退きさせる目論見で訴訟を提起したが、控訴審判決文に「xxが違法に収奪した被相続人所有不動産に付いて、相続人は遺留分請求権を行使しなかったのが悪い、等記載されて居るが、私は乙10号証、正明による遺産不動産、預金、年金不正収奪利得の返還請求書面も、正しく証拠提出した事は、xxが承知の事実です、又xxxxと委任弁護士小寺xxは、上記控訴審に於いて、本件不当利得返還請求内容全て、xxによる遺産不正収奪事実を、控訴答弁書、準備書面で認めているで事も承知の通りです」

4、北海道銀行、日本年金機構は「犯罪証拠の隠匿に走り”一旦違法に収奪出来た遺産預金、年金は、犯罪者が所有権を得た、犯罪証拠は出さぬが、阿部xxが手に入れた、被害者は道銀、日本年金機構であり、相続人は被害者とならぬ、北海道銀行、日本年金機構が被害届、犯罪証拠を出さないので、これ等犯罪は立証不可能、道銀は更に、xxに花枝の預金通帳、印鑑を預けたと言う事は、花枝の預金、遺産預金全てをxxに渡したと言う事である、拠って一切犯罪事実無し、xxによる花枝死去後の預金引き出しは合法”と強弁して居るが、別紙新聞記事の通り、今年2月20日に、遺産となった預金通帳、印鑑を、相続人から預かった瀬川賢一行政書士は、この遺産預金3,300万円が、被相続人死去後抜かれた事件で、被害者を相続人と扱い、遺産預金を横領した嫌疑で逮捕されて居ます”つまり道銀、日本年金機構は、xxの共犯者”と言う証拠です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5003178
ユニークアクセス:4221987
今日
ページビュー:942
ユニークアクセス:908
昨日
ページビュー:1958
ユニークアクセス:1913

Feed