エントリー

2020年03月25日の記事は以下のとおりです。

遺品整理、生前整理請負、犯罪により闇処理

  • 2020/03/25 15:12

札幌市戸籍住民課が、各区役所の戸籍住民課に設置させたスクリーンと、封筒に、遺品整理、生前整理請負業者?業者?犯罪者が業者?の広告を打たせている、この問題も「環境省、札幌市役所、市議会、道警本部、北海道庁、法曹権力、報道機関が相反した対応、犯罪故禁じる(でも市役所各部署で、直接この犯罪業者を使って居る)法による答え、動きと、犯罪を見逃す、法を破戒させて、法を適用不可として、犯罪者に犯罪を、好き放題行わせる」

この両方が、実際答、行動で出続けて居ます、治外法権国家に陥り切って居ます、保護受給者に相続が発生した後、処理が必要な不動産、動産は、保護受給者も含めて放り出して、未来に付けを回して通して居る、この事実、証拠も表に出されているように、法による個人所有物、個人の遺産物品他業者による有料処理請負は、犯罪塗れと承知で委任者、監督機関、犯罪業者、報道等が、共に犯罪に手を染めて、行えて居るのです。

当社はこれ等犯罪委任、請負を「相続事件にも”負債動産遺産”と証明して、証拠に出しても居ます、遺産相続事件に証拠で出してもおり、証拠で使われて居ます、ですが、その先がとんでも状態に陥って居るんです」

司法犯罪相続は、得する遺産だけを、弁護士、司法書士用犯罪闇公認、犯罪で遺産収奪、犯罪者で山分け、これを犯罪者と共犯の弁護士、司法書士、裁判官、裁判所等の犯罪により、国中で成功させて来て居ます。

未相続の遺産金品泥棒、闇処理請負も、この司法他国家権力犯罪に乗って、国中で派手に行えて居ます、泥棒から始まって居る、明確な犯罪ですけれどね。

当社のこれ等請負は違法、禁止広告と、この犯罪請負ます広告が、札幌市戸籍住民課!により、泥棒、古物商法、廃掃法違反行為の合否と言う、とんでも審査が行われて、どっちの広告を載せるか、決められるんです。

色々根本から間違って居る、のですけれど、どうなるやらねえ、そうそう「xx市役所環境局”遺品整理、生前整理請負、保護受給者相続家財保護事業で処理等の合法化実現、警察ぐるみで犯罪支援、加担、委任潰しに動いて来たxx、環境局の部長に来季から就任、と言う、本気で合法化に舵を切り、動いているxx市、のような動きが」

司法が金融機関犯罪を

  • 2020/03/25 14:55

最高裁大法廷、札幌犯罪弁護士会、弁護士、共に「遺産泥棒を詳細に、自分達ぐるみの犯罪行為事実を、公の書面でも認めて居ます、札幌弁護士会、弁護士に至っては、口座名義人を偽り、資金を盗んでいる、金融機関ぐるみの犯罪だ、弁護士、弁護士会も、正しい犯罪だと公に主張しても居る、犯罪に当たらないんだ」

こうまで、義理の兄、両親の身分を偽り、金融機関と共犯で資金を盗んだ泥棒の身内から、犯罪利得を巻き上げて、浪費し捲って居るこの男らの犯行実例、証拠を持ち、札幌弁護士会、所属弁護士連中が、懲戒せず決定書に、詳細に犯罪事実、犯罪は正当だ、等書いて公開して居ます。

もう絶対に言い逃れ出来ない、司法犯罪事実証拠の一端です「瀬川行政書士事件は”瀬川氏が相続人を被害者とさせて、遺産預金を3,300万円横領した犯罪者”こう言う組み立てで逮捕して、報道されたけれど、司法犯罪のなぞりで有り、金融機関ぐるみの口座名義人偽造、資金窃盗行為で、司法、警察、金融機関監督先等が直接犯罪に手を染めている”最高裁大法廷、札幌の弁護士連中、弁護士会が、公式に認めている犯罪のなぞりですから」

瀬川行政書士を、遺産預金を横領した嫌疑で訴追、出来ませんって、司法、警察、法務省、金融機関監督先、政治、行政全部直接犯罪で加担して居るんだから。

瀬川行政書士逮捕事件は、実に良い実例です「正しい死人の預金横領事件、の組立ですが”司法、警察、金融機関、監督官庁他が、国中で直接手を汚し捲って居る犯罪のなぞりだから”金融機関の記録、証拠を使えば、数年分金融機関の帳簿等を揃えて、証拠で使えば、破綻しますから、同じ犯罪が幾つも、弁護士、裁判所の指示によって凶行されている事実、証拠が揃って居ますから」

国の裏で死人、認知悪化者を偽り、預金を口座名義人が引き出したと、虚偽で偽り、資金を盗んで通って居る、金融機関、司法、警察、監督機関が直接実行犯だから、証拠の山、金融機関には。

札幌の弁護士連中、札幌弁護士会も愚か過ぎます「事実がそうですけれど”正しい犯罪だ”の筈が無い事も理解不可能、オウムがまだマシに思える、最上位のカルトテロ国家権力集団、だと」

遺産相続に関わる審判、裁判決定では

  • 2020/03/25 08:45

元々合法相続も、全く理解も出来て居ない弁護士、弁護士会、裁判官、書記官、調停委員、法務省、法務局、検事、検察庁、警察ですから「4人の遺産相続に絡む事件と、遺産の相続、処理等事実、証拠、審判決定、判決と、札弁連綱紀員会の文書、犯罪事実証拠、刑事事件の出鱈目扱い等によって」

根本から遺産、遺産相続、各扱、処理も何も、この連中も行政の連中も、政治権力も、他の士資格者も、本当に何も知らない連中ばかりなので「不都合な事は強制放り出し、虚言、犯罪により、捻じ曲げて正当と偽装、法を犯し放題、犯罪に走り放題で”都合の良い所だけ奪い、不都合は無い事と、司法テロで強制放り出しで逃げているに過ぎない”これ等真実が、正しい事実証拠、公式文書記載等と、刑事事件の出鱈目扱い、強制執行の犯罪実態、保護法違反の握り潰し等々」

これ等が多数表で証明されて、良く知られ、証明出来て居ます「正しく遺産を証明して、正しく相続を終えて、処理等を果たさせる、当社の尽力が功を奏して、ここに至る実例、証拠が揃い続けて居ます」

結果「司法、警察には”合法を果たした遺産の相続、処理完遂能力、知識は無い、公に相続を、合法に実現させて、完遂させるとさせれば、闇に隠して来た、この連中が指揮する犯罪が、表に出されて、処理が公式に残る”その先は、責任を負うべき所、者らが、物理的に処理を果たさなければ、何時までも相続は終えられない、之が公式事実、証拠で証明されて居ます」

保護受給者の遺産相続の実際が、ここに公式に加わって居ます、司法犯罪相続の実際が公に加わっており、遺産相続の合法化が公に求められだして、司法犯罪相続の実態が証明された、之と重なり合って、三権、報道他の犯罪が証明されて居る事と、完全にぶつかってしまって、国家権力が責任を、本当に正しく責任を負わなければならない事態が、当社によって出来て居ます。

札幌弁護士会が、金融機関が口座名義人を偽る手で、資金を盗ませていると、事実通り文書に書いて出して居る、保護費詐欺、阿部さんの甥による保護受給者相続人分も含めた、遺産預金窃盗、遺産年金詐取犯罪も、金融機関、年金機構が直接犯罪を指揮していると、札弁連も公式に自白している。

保護費詐欺の直接実行犯、金融機関、年金機構、司法、警察、行政他が、保護費詐欺も共犯実行、とんでもない事実、証拠です、札幌弁護士会も、良い証拠を出す物です。

泥棒に与して、被害者に再犯被害予定、司法が

  • 2020/03/25 07:52

阿部さんと兄妹の相続遺産を、犯罪によって収奪して、見事犯罪が証明されている、相続人保護受給者次男の息子と共犯で「弁護士、裁判官、裁判所、執行官が”再犯を予定して居ます”阿部さん、遺産不動産に居住している阿部さんを、自営業共々強盗方式で叩き出して、営業看板を破壊する、複数が所湯社の物品を、根こそぎ甥が所有者と偽り、強盗収奪する”予定も組まれて居ます」

この甥は「阿部さん達、実父、叔父叔母の相続遺産と、溘悦氏の自宅から除雪機も盗み、公式捜査を受けて居ます”これ等の犯罪は、証拠も自白も揃って居ます”」

こう言う状況の中で「法も何も破壊させて、甥に溘悦氏居住、相続人、保護受給者相続人の相続遺産不動産、動産も、根こそぎ司法が強奪する、之を予定もしてあるのです」

再犯を予定して有る、司法が指揮を執ってです、之が司法を名乗る、独裁テロ犯罪国家権力の、日常行為、司法犯罪恒常化の真実です「この甥は、実父、叔母が保護受給者ですから、生活保護費充当遺産金も、司法ぐるみで犯罪収奪して居るんです」

この一連の犯罪を、司法が完遂させると、犯罪の限りを尽くして居ます、これが日本の司法が指揮する、司法犯罪の実態です。

犯罪が表で発覚、証明された、司法テロ集団が仕切る犯罪もばれた、居直って司法テロ続行、と言う事です。

自分達の犯罪を、わざわざ公式文書に書いて、公開している法曹権力、愚かにも程が有ります「金融機関が口座名義人を偽り、資金を盗ませて居るんだ、札幌弁護士会平成30年(綱)第10号、向井諭綱紀員記載文書です”この犯罪は正しいと弁護活動している、正しい弁護活動だ、も書いて有ります」

この文書の記載でも「最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反だったから、今後採用禁止、平成28年12月19日最終決定が、その後も公式に使われて来て居る、之も立証されているのです、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、法務省も直接犯罪行為者で」

司法犯罪の動かぬ証拠続々

  • 2020/03/25 07:35

司法犯罪の公式証拠が、たった4人の被相続人の「遺産犯罪収奪他、司法、警察犯罪実例証拠により、正しく証明されて行って居ます、札弁連も愚かを極めており、わざわざ”口座名義人を偽って金を盗んでいる、金融機関ぐるみの犯行だ”と、懲戒せず決定書に書いて、公開犯罪証明して居ます」

この弁護士会公式文書自白も、とても凄い司法犯罪の証拠、動かぬ証拠です「実行犯が違うけれど、次男の犯行と書いているけれど”犯罪証拠、預金先提出証拠で、次男の妻子が実行犯と、義理の長女の犯行だと、証拠も揃って居ますから”」

この懲戒せず決定書は、とても良い、司法、警察ぐるみの、金融機関犯罪の動かぬ証拠です「金融機関も共犯で、口座名義人を偽装させて、資金を盗み、口座名義人が預金を引き出した、と偽って有ると、実例証拠に沿い、札弁連は文書に起こし、公開して居ます、之が正しい犯罪だと、正しい犯罪だと弁護して居ると、ここまで事実通り書いて有るし」

妻の遺産相続は、割とまともに終わりました、まあ、あれで有れば良いでしょう、ほぼ遺産処理は終えられているから、遺産物品は、東北町が責任を負う、之も確定ですし。

阿部さんの両親の遺産相続は「審判も確定して、但し”部分相続だけ確定”しているけれど、阿部さんを詐取した遺産不動産から、犯罪司法が、犯罪を重ねて叩き出そうと謀って居るが、色々防衛策を、法によって構築して有ります”司法の所業は単純強盗ですから、合法は無いですから」

相続遺産物品の相続も、これからとても面白いです「相続人保護受給者長女は”物品特定も無しで、216,000円の有価動産を相続受けした”さて、どうやってこれを証明出来るんでしょうね?裁判官決定事項ですが、そんな有価遺産動産、相続遺産動産、どれとどれでしょうね?”」

厚労省、札幌市、市議会は先ず「有価遺産動産を、216,000円の有価動産特定と、この有価額証明と、換金作業が必要です”保護費に充当する必要が有るので”泥棒と取引は、当然厳禁です、窃盗罪で公式捜査を受けている、泥棒との違法取引は、当然厳禁です」

泥棒に手を染めた、地面師詐欺に手を染めた、之で遺産を収奪して居る事も、判決に記載され、自供もしています、保護費詐欺も公式立証されて居ます、司法の文書でも、さて秋元市長、厚労大臣、市議会、保護課、どう責任を取る、保護費詐欺公認責任を。

弁護士への犯罪収益提供

  • 2020/03/25 06:17

@昨日、弁護士会以外へは改めて配布した、札弁連懲戒せず決定書、義父母の遺産分割審判、両親の身分偽装で金融機関ぐるみ資金窃盗犯、共犯次男、長女による控訴却下決定、阿部溘悦氏立ち退き訴訟、控訴審判決記載でも、憲法、法律、社会正義の破壊、司法、警察に相続も、正しい処理能力も無し、物理的な相続完遂を”司法、警察、行政、地方政治に果たさせれば、司法決定後、物理的処理が必要な、今まで闇に消して来た問題が公式に表に出る、警察、行政、政治ぐるみの責任が表に出る、等分ったでしょう”秋元市長、市議会、保護自立支援課、遺産動産保護受給者分引き取り、処理完遂までの、保管、保全費税金で支払い”責任も発生して居ます

                                   令和2年3月25日

加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係福田、石倉企画法令
FAX03-3592-1459(2826,2827)
秋元克広札幌市長、市議会議員全員、保護自立支援阿部、環境事業廃棄物八田、循環型清水、介護保険桐越、障害福祉坪田課長、広報、戸籍住民課
FAX011-218-5166 緊急配布
森雅子法務大臣、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 弁護士会が”金融機関共々資金窃盗”公認
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 どの法律で”口座名義人偽装、資金窃盗を”
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 執行名目押し入り、鍵は事前に下見で壊す
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 口座名義人偽造、資金窃盗合法、司法の常
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110 泥棒が正しい、根拠は
日本弁護士会連合会会長
FAX03-3580-2866
札幌弁護士会樋川会長、犯罪合法綱紀員会
FAX011-281-4823 口座名義人偽造で資金窃盗合法、横領も無い
FAX011-210-5592 道新報道センター内山他記者

1、司法が決定すれば正しい「阿部溘悦氏が保管、保全中の、両親が遺した遺産物品、保護受給者相続人4人の相続分の保管、保全費用を、阿部溘悦氏から秋元市長、市議会宛に、別紙請求書面を持ち、送る事と、阿部さんと協議して決まりました、別紙の通り、この審判の決定済みです”物品不明で、相続人保護受給者長女は、216,000円分の有価動産を相続受けした、残る数千点の物品は、阿部溘悦氏他が所有権者、残りは処理が必要な遺産動産、逸失させたら窃盗罪、賠償責任が生じる(保護費充当財産)甥xxxx用に”高裁判決記載に有る、相続人遺留分相続遺産窃盗分、違法入手者xx氏の返還責任(保護費詐欺分も)を握り潰して、溘悦氏,強制立ち退き名目強盗で、誰彼構わずで、存在する物品も強奪、所有者偽装処理も予定されて居ます”」

2、保護受給者相続人二名が相続を受けている、有価動産一人分、処理すべき動産二人分、各々溘悦氏は、不当に保管、保全させられて居ます、保護事業責任で保管、保全費を支払うのは当然です「それを果たせば、保護受給者相続遺産動産を、司法が強奪、違法処理する犯罪は防げます、xx氏に対して、保護費充当分収奪遺産金請求回収せず責任、高裁判決遵守せずで、は消えませんが」

3、早急に、これら保護受給者相続済み遺産物品保護事業で調査、有価動産引き取り、処理動産保護事業で処理費拠出、処理遂行責任も果たす事を求めます、当社と溘悦氏に不当に責任を負わせたまま、逃げても物理的解決も果たせません。

4、記載先「阿部xx氏が北海道銀行、日本年金機構と共犯で”阿部花枝氏死去後、花枝氏の遺産預金287,000円と、遺産年金366,000円余りを窃盗、詐取した事件の背後理由も、札弁連懲戒せず決定書記載でも証明されている通り、司法、警察が直接指揮、実行犯で、権利者による行為と偽造させ、犯罪利得入手を行わせて、成功させて有ります”物証も渡して有る通りです」

5、瀬川行政書士は”この司法、警察他指揮、実行犯犯罪をなぞったに過ぎず、預金先金融機関が共犯で、口座名義人、死人が預金引き出しと偽造して有るのです”義理の兄の妻子、義理の姉、阿部正明氏と同じ犯罪です「預金先の帳簿等記録と、これ等証拠が揃えば、横領も何も立件不可能です”遺品整理も同じ、偽造が武器です”合法相続後、金品相続人から受領、合法処理等行われて居ません」

6、阿部xx氏は「遺産不動産、遺産預金、遺産年金(溘悦氏の除雪機も)を、犯罪によって収奪しており、高裁判決、自白証拠も揃って居ます”保護受給者相続分は、保護費に充当が鉄則”保護費詐欺を認めている記載先は、税金詐欺共犯でも有ます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4849952
ユニークアクセス:4080418
今日
ページビュー:1221
ユニークアクセス:1073
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed