エントリー

2020年03月26日の記事は以下のとおりです。

遺産犯罪収奪も、弁護士、司法書士用犯罪だったから

  • 2020/03/26 14:25

昨年最後直前まで、遺産を犯罪によって収奪出来れば、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が、犯罪収奪出来た遺産を、犯罪によって所有権者だと、虚偽、偽造で偽って貰えて、犯罪収益を得て通って来た訳です。

妻の両親の遺産も、阿部さんの両親の遺産も「正の遺産は犯罪者の身内、金融機関、法務局らが共犯で犯罪に走り、犯罪収奪されて居た訳です、今も犯罪で収奪されたままで居ます」

犯罪者が犯罪を行い、遺産を収奪して、犯罪を犯罪にあらず、こう司法、警察、法務省らが虚言で決めた事にして、押し通して来たのですけれど、昨年11~12月から、最高裁が合法相続実現通達を出した事で、犯罪は犯罪、こう、真逆に変わったのです、元々こっちが正しい答えだったに過ぎません。

遺産は犯罪者と、共犯の弁護士、司法書士、法務局、金融機関他、実行犯の犯罪への加担が行われて来ており、司法、警察、行政、政治、報道が全部犯罪行為者と言う、狂った日本の実際が有り、犯罪収益を犯罪者と共犯の弁護士、司法書士で、山分け出来て、逃がされて来たのです。

でももうこの犯罪も、常時成功はさせられません、最高裁も法律に沿い、合法相続を果たさせると、公に動いて居ます、ですから司法犯罪相続中と事件で、司法、警察が破綻している事等も。

遺産は犯罪に手を染めて、犯罪収奪に成功すれば、犯罪者と共犯弁護士、司法書士が所有権を得て通る、もう崩壊して行って居ます。

遺産分割審判決定、幾ら決定打と喚こうとも「物理的に相続が残っている、相続遺産と証明されている、幾つもの遺産を、相続せず放り出して逃げる事を、弁護士の指揮を受けた裁判官は、日常的に凶行し捲って居ます」

理由は「合法を果たした遺産相続等、何の事かも分かって居ないからです」

之が弁護士、検事、裁判官、士資格商売の実態です、無知無能、勘違いと逆恨み、之が物凄く強い、だけの傲慢集団です「正しいと言える遺産相続は、こいつら端から痛い目に遭わせるぞ、逆らうやつは、之が全てで、合法相続等知らない、事実です」

司法決定は確定済み、残る相続事案共々

  • 2020/03/26 13:58

阿部健一、花枝さんの遺産相続事件は「大きな相続が残って”一部相続だけが終わって居ます”未相続の方が遥かに大きくて、面倒です、今まで司法、警察、行政が、無い相続事案だと、強引に虚言で通して来た、その部分が未相続で残って居ます”」

生活保護受給者相続遺産、遺産預金窃盗被害に、遺産年金詐取被害が「刑事事件でも扱われ、犯罪者が盗んだままで、合法相続がなされず残って居ます」

同じ犯罪者、被相続人保護受給者の息子は「健一氏相続遺産不動産も、行政書士、札幌法務局との共犯犯罪で、法定相続人4人が持って居る、減殺遺留分まで詐欺で名義変更して、保護費詐欺も合わせ、遺産を詐取して逃げられて居ます”高裁判決で、相続人が泥棒に請求しないのが悪い、と書かれて有る、公式遺産窃盗、詐取です”泥棒に対する請求書は送っており、証拠でも出して有るのに、故意に虚偽を持った判決記載、でしょうと、、。」

遺産相続審判の決定で「遺産泥棒、詐取犯の相続人長女は”遺産物品特定無しで、遺産家財を有価物で、216,000円の有価で相続を受けたのだ”こう書いて有り、決定して居るんですが」

どの物品が遺産物品で、それぞれ幾らの有価動産で、何個相続受け済み有価動産が有って、216,000円の価額が存在する、と証明出来て居るのか、全く証明も出されて居ないままです「遺産物品が存在する建物に入れないのですし、こんな有価動産が有り、保護受給者の相続人長女が、216,000円の有価で相続を受けた、審判決定、確定も、虚言なのです」

残っている数千点の遺産動産、処理前提動産の相続、保護受給者相続分は、生活保護事業で費用を拠出して、正しく処理しなければならない問題も、全く解決、処理に動いて居ません、札幌市長、市議会、区長、保護課他は。

と言う事実を持ち、これ等物品を、一方的に保全、保管させられている溘悦氏から秋元市長に対して「保全費、保管費の請求も行いました、保全費保護受給者一人分、保管費保護受給者二人分、各々500円、合計日額1,500円を、審判の決定が出た翌日、先月29日からカウントして、請求を行った訳です、生活保護事業の責任です、間違い無く」

審判、裁判は「中途で終わり、確定している、残っている相続事件は、当時者と責任者、犯罪行為者の間で処理を行う、と言う当然の請求です」

愚かすぎる法曹資格者、司法機関の

  • 2020/03/26 13:27

義父母の身分を偽り、金融機関と共犯で、実際は金融機関緒資金を横領、窃盗しながら「口座名義人が自分で、偽造記載によって?自分の預金を引き出したと、金融機関自身で偽造に手を染めて、この犯罪が正しく、口座名義人による預金の引き出しだ、こう強制でっち上げで成功させてある犯罪、司法犯罪の一つ、この犯罪手法を、義父母の預金横領、窃盗犯罪でも使って有ります」

この犯罪は正しい、犯罪事実は無いと「札幌弁護士会平成30年(綱)第10号、対象弁護士の共犯犯罪は正しい、犯罪事実も無い、懲戒しない、向井諭綱紀員会会長記載、発行文書の内容の一つです」

向井弁護士は得意になって「金融機関の指示により、口座名義人を偽る手を使い、金融機関の資金を盗む行為は横領にはならない、正しい犯罪である、この口座名義人を偽造して、資金を盗む事は正し、こう弁護士が弁護活動する事も、合法な弁護活動である」等々書いて、公開して居ますが」

2016年3月の事件で、瀬川行政書士は「相続人から預かった預金通帳、届け出印鑑を使い”死人が死後預金を引き出した”との手続きを持ち、遺産預金を3,300万円、被害者は相続人、瀬川氏は業務上横領の嫌疑により、今年2月19日、江別警察署刑事2課に逮捕され、拘留されたんですよ”」

義父母の身分を偽り、金融機関十和田おいらせ農協、青森銀行と共犯で、相続人次男の妻子、相続人長女の犯行で資金を盗んだ事件で札幌弁護士会、向井諭綱紀員会会長は「口座名義人を金融機関ぐるみで偽り、口座名義人による預金引き出し、青森銀行弁護士の書面の記載では、便宜払いと言う偽造、窃盗、帳簿等偽造犯罪の手は、横領罪にもならない、合法な金融機関資金窃盗で有る、こう公の書面で断言している訳です」

であれば札幌弁護士会、瀬川行政書士は犯罪等行って居ない、冤罪である、違法な逮捕、拘留状発効、行使、報道で有る、即刻釈放して、札幌高検検事長、高裁長官、道警本部長は、謝罪会見を開かなければならない、こう公に動く責任を、当然負って居るのに「その社会正義実現の動き?も、一切せず逃げ回って居るんです」

この連中が、この手で他者の預金を正しく引き出した、口座名義人による、偽造手続き引き出しだ、犯罪者と共犯弁護士が、犯罪利得を山分けして通されている、それでこいつら、弁護士用犯罪だ、犯罪にならない犯罪だ、こう勝手に、法律以前の社会常識も、全く理解不可能なので、糧に思い込んで、こんな文書も、本気でxった頭で正しいと思い込み、なのですx、見事の自爆、犯罪公式潰し行為です。

札幌市役所は

  • 2020/03/26 09:10

札幌市役所は、環境局の課長だった清水課長を、来季から環境局の部長に抜擢しました、北海道庁、北海道警察本部が”清水課長から、遺品整理は違法、犯罪だから摘発をするよう求められたが、犯罪と承知で摘発却下、天下り口を貰って”の元担当課長が、部長に昇進しました。

さて、今後北海道庁、北海道警察本部、道内他の市、町、報道各社は今後「遺品整理、生前整理請負業者との共犯行為、公認を、どう言い繕うのでしょうかどう、実行犯です、言い逃れは無理です」

犯罪を請け負っている、犯罪を請け負わせている、之が遺品整理、生前整理請負の実際です「未相続の内に遺産金品を、泥棒させて差し出させて、犯罪によって闇に溶かして居る、正しく犯罪行為です」

合法相続、適法相続が、弁護士、司法書士用の犯罪により、司法、警察、法務省他の手で強引に潰されて、通されて来た、ですが「最高裁も法を守った相続実現へ、舵を強制的に切って居ます、もう弁護士、司法書士用の犯罪相続、遺産強奪で所有権強奪成功、負債分類遺産は放り出して押し通して来た、司法犯罪相続は、もう常に成功は、果たせなくなったのです」

犯罪が正しい、訳が無いのです、犯罪は処断されなければならない、法治国家では当たり前の事です、司法、警察が、犯罪を直接手掛けている、犯罪者とじかに手を組み、犯罪に走らせて、走って通して居る、日本の相続の実際ですが、もうこの司法犯罪も、破綻して居ます。

当社と息子行政書士が、ここまで持って来ました、もうかこの司法、警察遺産強奪で入手、負債遺産は強制放り出しを通す、は絶対では無くなったのです。

犯罪は司法、警察であろうと犯罪です、当たり前です、犯罪を行使して、通せる独裁テロ国家権力は、日本では存在しないのですから。

今後司法、警察犯罪遺産強奪、窃盗、詐取で所有権強奪、負債分類遺産は法を犯して相続から強制除外、遺品整理請負なる、犯罪請負を蔓延らせる原因を作っても来た、これ等司法犯罪行為責任を、過去10年分先ず問われるのです。

出鱈目を超えた犯罪相続

  • 2020/03/26 08:22

馬鹿を超えたこの国の士資格商売の連中、司法機関、法務省他行政機関、警察、政治、報道カルト、遺産相続に関しても、まあ、呆れ果てるしかない、犯罪で構成して、己らの短絡、単純な頭が神の頭だ、と本気で錯覚して「犯罪相続をどんどん加速させて来たのです、けれど”最高裁も当社の合法化実現、犯罪相続立証、犯罪潰しの動きに呼応して”合法相続の実現を果たせ、通達も出して居ます”」

弁護士、司法書士に遺産を犯罪により、手に出来た犯罪者と共謀して、犯罪利得を所有出来る、山分け出来ると、裁判所、裁判官、検察庁、検事、警察、法務省他が共犯で「犯罪を認めて、通して来た過去の司法犯罪を、最高裁は禁じました」

結果「司法、法務省、警察、金融屋犯罪事実、証拠が”言い逃れられない、司法他国家権力犯罪の証拠となって居るんです”何の言い逃れも出来ない、完全な犯罪事実証拠ですから」

司法権力、弁護士犯罪権力を悪用すれば、他の国家権力がこぞって「弁護士の犯罪指揮に従い、テロの限りに走ってくれている、狂った日本の現実が、言い逃れようが無い弁護士、司法書士用犯罪事実、証拠の構築も果たしたのです」

犯罪者と共謀して、遺産犯罪収奪出来た、犯罪収益ですが、この犯罪収益を、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士で山分け出来て通されており、遺産から強制抹殺されている、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察他国家権力が、こぞってこれらの犯罪に、直接加担、実行して成功させて来て居る、ですが。

昨年暮れから「この一連の弁護士、司法書士用、遺産泥棒で犯罪収益を、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が手に入れて、山分け出来て、遺産から強制抹殺されて、通されて来た犯罪適法説は、犯罪故禁止とされて居ます」

この通達が出た事で、2016年3月の遺産預金横領の嫌疑により、瀬川行政書士が逮捕されたんですけれどね「預金先金融機関が共犯で、死人が預金を引き出した、こう偽造して有るんです、瀬川行政書士による、遺産預金引き出しでは無い訳です、瀬川氏を被害者が相続人、遺産預金横領の嫌疑で訴追、札弁連決定書記載、同じ犯罪合法主張事実も有るし、無理ですよね、司法犯罪のなぞりですから」

犯罪相続は

  • 2020/03/26 06:38

@当社と息子行政書士の尽力が最高裁も動かして、昨年11~12月に、最高裁から高裁以下に通達も出て、遺産相続を民法第896、1031条、新民法第909条2の規定に沿い行う事、2以上相続人が居る場合、遺言状が有ろうと、遺言受け者が100%遺産取得は出来ない、負債分類遺産不動産、動産も”相続に取り上げられれば、相続を果たさなければならない”盗んだ遺産金、遺産預金を相続から外す説は無効、これ等を通達し、実現させて居ます

                                  令和2年3月26日

本別町町長、社会福祉協議会所管部署、死後受任契約で遺産物品処分は違法
TEL0156-22-2141
FAX0156-22-3237
北海道新聞社、くらし福田編集委員
TEL011-210-5605
FAX011-210-5607

@被相続人小林武四郎、小林オナヨ相続人妻、4男、被相続人阿部健一、花枝氏相続人阿部溘悦氏、山本二三子氏から、相続に関わる各調査、遺産物品引き取、処理等委任を受けた会社

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、本別町長、社会福祉協議会所管部署「死後受任契約により、死去された住民の遺産物品を、遺産金の一部と共に社協が受け取り”遺品整理屋、単なる犯罪請負業者、こんな資格、資格事業は無い”等に丸投げ、処理する行政公務を実施、2018年1月19日、道新くらし報道くらし、行政書士法人支心会、高橋澄恵代表談他記事が出ました、2019年12月23日には、同じ道新くらしに”相続争い遺言状で防いで、伊藤みゆき司法書士談”も特集されて居ます」

2、本別町「相続は基本法律が、民法第896,1031条、新民法第909条2、之の遵守が必須で有り”遺言状での遺贈、死後受任契約での遺贈共に、他の相続人が持つ相続権を蹂躙出来ませんし、一部でも相続を受ければ、負の遺産相続も、制限無しでなされます”当社と息子行政書士、山本隼行政書士は、妻の両親の遺産相続と、政治団体関係者から個人的に頼まれた、阿部溘悦さんのご両親の遺産相続事件に関わる、必要調査、法による、合法相続完遂に必要な要件証明、遺遺産罪収奪、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、法務省、司法書士、金融事業者、監督官庁が手を汚して成立、これ等事実、証拠を揃えて行き、4人の遺産犯罪収奪、相続人が被害者、この法律規定事実を、遺産分割審判決定、関係訴訟判決、刑事手続きで認めさせました」

3、又「今までは”弁護士利権の為、負債分類遺産不動産、動産は、遺産分割審判、訴訟等で遺産から強制抹殺し、正の遺産、しかも盗めなかった遺産だけを遺産と強制決定させて、強制相続決定、負債遺産不動産、動産は、将来に付けを回す”これのみを強制的に通して来ましたが、当社と息子行政書士の尽力も功を奏して、昨年11~12月に最高裁が高裁以下に通達も出し”盗まれて証明出来た遺産も、相続遺産で扱う、遺言状が有ろうと、他の相続人遺留分収奪は認められない、負債分類の不動産、動産も、相続に出されれば、相続を果たさねばならない”これ等を通達で出し、上記4人の遺産相続(4人分の遺産が、犯罪によって収奪されている)で、相続審判決定、関係訴訟判決記載、民事、刑事訴訟法手続き証拠で採用されて居ます、日本初の実績を上げています」

4、別紙一部証拠も送りますが「遺言状での遺贈受け、死後受任契約とやらも遺言状での遺贈受けですが”他に相続人が居れば、遺言状が絶対、とはならないし、遺言状で遺贈を受けても、負債遺産も無制限相続受けが必要です”遺言状で遺贈を受ければ、司法、法務省でっち上げ説で、民法第896,1031条規定は適用せず、そもそもそんな法律自体、検事も裁判官も、公証人も知らないので守って居ないし、負債遺産は相続受け不要と、法に無い相続を通して来た、法務省広報、東京中の公証役場、元エリート検事、裁判官だった公証人が、昨年7月以降も答えて居ます」

5、本別町、別紙文書の通り「阿部さんの両親の遺産相続事件では”遺産物品相続に付いて、相続人4人中2名が保護受給者で、遺産の大半は保護受給者相続人息子が、遺言状悪用で遺産不動産所有権収奪、遺産預金、年金窃盗、詐取に走って捜査対象、保護費詐欺実行犯も有り、に当社が持って行かせたし、遺産物品相続で、当社の処理目的遺産物品一部証明書を審判証拠で使い、物品特定無しで216,000円有価物あり、保護受給者が相続受け、残る無価物は放り出し、決定を下した事で、保管者相続人は、秋元市長に対して、保管費請求と、合法有価物特定、保護事業で引き取り、保護費に充当せよ、残る物品保護受給者分を保護事業で費用を拠出し、処理等を果たさせる事”等請求書を送って居ます」

6、今までの遺産相続、司法の扱い、行政の扱いは「違法を超えた犯罪相続がまかり通った、それを通せると高を括った実行犯(不動産収奪司法書士、法務局も)札弁連、弁護士、札幌高裁以下裁判所、秋元市長、市議会(保護費詐欺等、知って認めて来た)でしたが、当社と息子による、民法第896、1031条順守、新民法第909条2遵守、建設業法(家屋解体)廃掃法、古物商法順守(遺産物品扱い)を果たす為の必要事実、法律適用証明と、死人偽装で遺産預金窃盗事実証拠を揃えて使った結果”金融機関職員業務上横領が事件化出来ず”実績が物を言い、最高裁が昨年11~12月に、上記を守り、法に沿った相続を果たす事と、高裁以下裁判所の通達を出し、4人の相続、相続遺産に絡む犯罪、違法行為が、高裁以下裁判所、裁判官も,通せなくなった実例を、日本初で作れたのです」

7、未相続の遺産金品、負債分類遺産不動産の合法相続実現と、盗めた遺産も相続遺産、遺産から強制除外は違法、刑事訴訟法手続き事件扱い実現(同じ犯罪が免責、も有り)これ等を日本で初めて実現させた、当社、息子行政書士以外、誰も合法、適法相続完遂知識を持って居ません「最高裁も認めた事実です(強制執行名目、占有場所金品強奪、違法処理も、最高裁は当社に合法化策の構築を、執行官経由で委任一されて、一定法化実現)」

8、行政は三権の一角です「誰かが、何処かが之で良いと言った、行って居るでは無く”相続事件毎に生じる、必要な法律適用、実務知識と合法実践遂行体制、関係行政機関、警察との協議、各相続人との調整(負債分類遺産物品と、処理等費用拠出に関して)これを満たす必要が有るのです、当社、息子行政書士山本隼に御相談頂ければ、必要費用を頂き、適法な、遺産家財等相続後処理策の基本を伝授出来ます、”事例毎に対応が必須、これを先ず認識下さい」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4850045
ユニークアクセス:4080505
今日
ページビュー:1314
ユニークアクセス:1160
昨日
ページビュー:1647
ユニークアクセス:1552

Feed