エントリー

2020年03月28日の記事は以下のとおりです。

出来る限り広く配って

  • 2020/03/28 16:12

義兄の妻子と、義理の姉による、金融機関と共犯での、両親の身分をつわり、資金を盗んだ犯罪事実、証拠に、札幌弁護士会倒壊せず決定書、向井諭弁護士による文書、義父母の遺産相続審判、広告も却下決定書、金融機関が絡む横領事件で、今後はもっと、金融機関で起きた横領事件は冤罪、之の公式証拠で使えますのでを、日々配布し続けて居ます。

犯行当時者は今後もっと「同様の犯罪で事件化されたなら”自分は同じ犯罪に手を染めたけれど、犯罪行為責任を免責された”証人で活躍して貰って行きます、当然ですよ、札幌弁護士会、共犯の弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌検察庁、検事、北海道警察、青森県警は、金融機関で行わせて居る、口座名義人を偽り、資金横領犯罪当事者です”同じ犯罪が起きても、免責させる責任も負って居ます」

金融機関の資金は「口座名義人を偽る手で、幾らでも横領、窃盗し放題で通る、この事実、証拠を持ち、実行犯です、同じ犯罪で、資金を手に出来て、犯罪者責任も、犯罪利得没収も免責で通させる実行犯、犯罪免責当時者なのですから」

こんな有名な”国際的犯罪者”が、義理の身内に居る訳で、本当は縁を切りたいです、こんな犯罪者、一切関わり合いになりたく無いですから。

今までのこの犯罪者連中の功績は、一昨年のスルガ銀行職員の、上肢に要求されての、16,000万円,顧客を偽って資金を横領した事件で、告訴も無し、使途不明金で処理が果たせた実例に、昨年11月の秋田銀行女性職員による、2,400万円横領事件報道、結局これ等司法ぐるみ犯罪事実証拠に、説明文を送った結果、やはり続報も無し実績が上がって居ます。

そして今年2月20日に報道された、瀬川行政書士が2016年3月の事件、相続人から預かった遺産預金通帳、印鑑を金融機関と共犯で使い、3,300万円横領、被害者相続人の組立で逮捕、報道事件、これ等の犯罪証拠を添えて、瀬川行政書士と江別警察署刑事二課に送った結果、続報無し、となって居ます。

義理の兄次男の妻子と、義理の姉の犯罪証拠と、札幌弁護士会この犯罪は適法犯罪証拠、札幌高裁以下裁判所、裁判官犯罪証拠は「同様の犯罪行為者に取り、金融機関資金横領し放題、適法犯罪で処理される結果を生める、物凄い武器なのです、実績もどんどん積み重なているように」

司法が指揮する金融機関資金横領、証拠が多数

  • 2020/03/28 15:19

司法が指揮を執る、金融機関の資金横領、窃盗犯罪「何の事は無い、2007年からずっと日本が、欧米各国から求められて来て居る”日本の金融機関は国際マフィア、犯罪組織に手を貸して、犯罪収益のロンダリングを行ている、日本国政府は、自国の金融機関がマフィア、犯罪組織と結託して、犯罪収益の洗浄を行って居る事を止めさせろ”ってとの要求は、根本から間違いだった訳です」

日本の金融機関に犯罪収益の洗浄を行わせて居る、金融機関自身が資金横領を常態化させている、之が事実で、これ等の犯罪を指揮している、共犯で手を汚して居るのは「日本の法曹権力、警察、監督官庁、法務省、警察、国税庁等です、国際マフィア、国際犯罪組織と結託して、では無い訳です」

日本の現実は、法曹権力が頂点に君臨して、金融事業を犯罪塗れと、犯罪を命じてさせて居ます、前提が全く違うんです、欧米各国の要求、日本の金融機関が、国際マフィア、国際犯罪組織と結託して、犯罪収益を洗浄して居る、止めさせろ日本政府、この要求は、根本から間違って居るんですよ。

日本の金融機関の事業内容は「弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、役所から命じられるがまま”口座名義人を偽造させた手続き?に日常的に走り、資金を横領して、犯罪者、共犯弁護士、役人等に渡して、ちゅぼ等を偽造して、口座名義人による預金の引き出しだった”こう偽って、通されているんです」

日本の金融機関は「国際犯罪組織、マフィアと結託して、犯罪収益を洗浄して居る処か”率先して口座名義人を偽り、資金を盗み、闇に流す、犯罪者と共犯の弁護士、裁判官、裁判所から命じられてこの犯罪も、国中で凶行している”国際犯罪国家権力、金融機関、之が実際です」

札幌弁護士会、所属弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官も「得意になってこの犯罪事実、証拠を”肯定して、正しい犯罪だ”こう公に、司法である認識も無い故文書にも書いて、出して公開して居ます」

日本の金融機関は、司法、役人、警察、犯罪者連中の手先、預かった預金泥棒。を命じられれば、当たり前に犯罪に走り、資金を盗み差し出しが日常で、犯罪行為責任を見逃して貰えている、被害は預金者に、不当に押し付けて通されている、詐欺犯罪事業者なのです。

同じ犯罪に手を染めて居るのに

  • 2020/03/28 08:53

他者の預金を盗んだ犯人、義父母の身分を偽り、十和田おいらせ農協、青森銀行職員と共謀して、義父母が自分の預金を引き出した、と偽り、金を盗んだ相続人次男の妻子、相続人長女は「青森県警本部、北海道警察本部、札幌高裁以下裁判所、裁判官、札幌検察庁、検事、札幌弁護士会、弁護士連中が共犯で”正しい犯罪だ、横領にも窃盗にもならない”こう、法律根拠無しで強制的に犯罪者なのに、逃がして貰えて居ます、2017年11月、2018年4月の犯罪です、被害者は共犯の金融機関だ、相続人の遺産預金は失われた、被害者にならないんだ、こう司法、警察は、法も何も無視して強弁し、決めて逃がして居ます」

阿部健一、花枝氏の遺産詐取、窃盗犯、相続人次男の息子は「相続人長男の自宅から除雪機を盗んだ犯罪と合わせt、花枝氏の遺産預金窃盗、遺産年金詐取の嫌疑で捜査対象となって居ます、上記犯罪と同じ犯罪で、22018年10月~の犯罪行為です”今は窃盗罪、詐欺罪容疑で捜査対象となって居ます”」

瀬川行政書士は「2016年3月の犯行、相続人から預かった遺産預金通帳、印鑑を悪用して、預金先金融機関と共謀して、3,300万円を横領した、被害者は相続人である、こう言う事件構成で、今年の2月20日に逮捕、報道されて居ます」

この事件、事件の扱いを見ても「司法、警察が、どれだけ出鱈目な横領、窃盗、詐欺事件扱いを行っているか、正しく理解出来るし、証明されているでしょう”同じ犯罪に手を染めて居ながら、義理の次男の妻子、義理の姉だけ犯罪扱いされず”理由は”金融機関が共犯で有れば、横領にも窃盗にもならない、正しい犯罪だ”が理由です」

当然ですが、こんな司法、警察の虚言は「何の合法根拠も有りません”金融機関は特別背任罪他が、正しく科せられるし、実行犯で犯罪資金を得た者は、窃盗罪、横領罪が科せられます”又、手続き書類、帳簿等を偽造して、口座名義人が偽造書類、ATMから資金窃盗、この事実を隠匿して、犯行ビデオも隠匿している金融機関は、銀行法違反、商法違反、国税徴収法違反、税理士法違反、公認会計士法違反等々科せられます、事業免許剥奪と、税理士、公認会計士、弁護士資格停止、剥奪もされるのが法の規定です」

これ等司法、警察他、国家権力犯罪事実証拠が揃って居ます、言い逃れは無理です、ここまでの不整合、司法、警察、行政他の不整合、犯罪は同じで免責、摘発事実証拠が揃って居ます。 

犯罪を司法が直接指揮、手を汚しても居る事実証拠

  • 2020/03/28 08:28

札幌公開以下裁判所、裁判官、札幌検察庁、検事、道警、札幌弁護士会、弁護士連中は「金融機関に”口座名義人を偽る手で資金を盗ませて、犯罪者と共犯弁護士に差し出せ”こう命じても居ます、金融機関は国中で、喜んで従い、この犯罪に手を染めて居るんです」

この司法、金融機関犯罪も、事実、証拠が揃って居ます「その結果”瀬川行政書士を、相続人から預かった遺産預金通帳、印鑑を使い、金融機関と共犯で”2016年3月、死人が預金を引き出した”偽造の手で3,300万円をてにして、行方をくらませていたけれど、今年2月20日に、相続人が被害者、業務上横領罪の嫌疑で逮捕されました」

札幌弁護士会、青森県警、他移動警察本部、札幌検察庁、札幌高裁以下裁判所、裁判官は「公の文書にも”口座名義人を偽り、金融機関と共犯で資金を盗む行為は正しい、犯罪とならない”こう、公式に決定して、通して来たのに、どう言う間違い方で逮捕状、拘留許可状を請求出来たのか、発行、行使出来たのか、あまりにも愚かしい行為です」

この権力集団、自分達が手を汚して、犯罪によって成功させて有る、金融機関の資金窃盗の手口から何から、何も理解すら出来て居ないんですよね。

犯罪に手を染めて居ながら、理解すら全く出来て居ないから「瀬川行政書士を”被害者は相続人、遺産預金を横領した嫌疑により逮捕”出来たんです」

一方で「口座名義人を、金融機関と共犯で偽り、資金を盗む事に成功して、金融機関の手続き書類、帳簿等を、口座名義人による合法預金引き出し、と偽造して偽り、ビデオ隠匿で犯人隠匿も、この犯罪は、正しい司法、警察他指揮犯罪である、この判決、決定事実証拠も、山のように作り、公開して居るのです」

完全な自爆事実証拠、司法、警察が指揮を執って居る、手を汚させて、汚している犯罪に関しても、自爆して居ます「瀬川行政書士だけ”相続人が被害者である、瀬川行政書士は、相続人から預かった遺産預金通帳、印鑑を使い、金融機関と共犯で3,300万円を横領した犯罪者である、この嫌疑で逮捕したけれど”」

預金先の記録を証拠で使って居ないし、当方が提供した、この司法、警察ぐるみ犯罪事実証拠も使わないから逮捕、事件化出来ただけです「今までどれだけの件数、同じ手口の司法、警察他ぐるみ犯罪が行われ、犯罪によってと、司法、警察による、犯罪、犯罪者免責で成功させて来ているか、己らの犯罪実績を顧みるべきでした」

司法犯罪添付

  • 2020/03/28 08:05

今日の文書には、次の司法が指揮を執り、金融機関に「口座名義人を偽らせて、資金を盗んで差し出させて、口座名義人による預金引き出しと、証拠を偽造して偽っている犯罪、之を添えて有ります」

;青森銀行顧問弁護士による”義父母の身分を偽った書類を、次男妻、相続人長女に書かせて、義父母による預金引き出しだと偽って金を盗ませた、便宜払いと言う犯罪方法である”業務上横領罪より、特別背任罪が適切、でしょうね、銀行許可を取り消すべきです。

;瀬川行政書士が、2016年の事件、相続人から預かった遺産預金通帳、印鑑を金融機関と共犯で使い、3,300万円を引き出して、相続人が被害者、業務上横領で逮捕された事件、の記事”日本初の、相続人が被害者で扱われた逮捕事件”預金先の死人が預金引き出し、帳簿等は証拠で使われて居ないから、瀬川氏を逮捕出来た”

;義父母の身分を偽り、十和田おいらせ農協、青森銀行と共犯で、相続人次男の妻子、相続人長女が、2017年11月7,15日と、2018年4月2日に、義父母による預金引き出し、こう偽り、金を盗んだ事件に付いて、札幌弁護士会、向井諭綱紀委員会委員弁護士が”正しい口座名義人偽造、金融機関が共犯で資金を盗んでおり、横領罪にならぬ、等記載した、平成30年、懲戒せず決定書抜粋”見事な矛盾、司法、金融機関犯罪証拠の一部です。

この証拠だけでも「金融機関の実態は”口座名義人を偽る手で、資金を盗み捲れて通って居る、司法がこの犯罪も、直接指揮を執り、手を汚して成功させている”これ等事実が証明されて居ます」

金融機関で「預金者を偽り、金を盗んだ事件が起きたと報道されても”証拠の手続き書類、帳簿、ビデオ映像等を証拠で使う訳に行かない”理由です」

この司法が指揮する、金融機関が応じて手を汚して居る「口座名義人を偽り、資金を盗み、偽造、証拠隠滅の手で”口座名義人が正しく預金を引き出した、死んだ口座名義人、認知悪化で当事者資格も失った口座名義人、人工呼吸器を付けて入院している口座名義人”が、自分で金融機関に足を運び、預金を引き出して帰った、と、偽造と証拠隠滅を武器で使い、成功させて有る犯罪を、札弁連、検察庁、裁判所は、証拠も揃えられて居るのに、正しい犯罪だ、こう決定して、公式文書も出して居ます」

ここまで司法、金融機関ぐるみの犯罪を、証拠も揃えられて立証されて居るのに「理解も出来ず、正しい犯罪だと、公式文書記載、発行,決定を重ねて来たのです、で、最高裁が禁止通達を出して、瀬川行政書士を逮捕して、この司法犯罪事実証拠が物を言い、立件自体不可能、弁護の方法が無い、事態に陥って居ます」

後の祭り

  • 2020/03/28 06:58

@金融機関と共犯で、口座名義人を偽り、資金を盗み、口座名義人による正し引き出し、と帳簿等を偽造し、正当化している”横領にもならない”札弁連文書一部と、青森銀行共犯行為証言文書、瀬川行政書士横領で逮捕記事”を合わせて法律で考えて下さい”金融機関で起きた業務上横領事件、帳簿等を証拠で使わない故事件化可、使えば告訴自体不可”動かぬ実例、証拠です

                                  令和2年3月28日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※札幌市役所は”保護受給者に発生した相続受けの、法による合法相続受け手続き実施、遺産物品合法相続受け、相続受け者による扱い、処理”手続き構築に、当社の協力を仰いでいます、下記役職省略

FAX0134-32-5032 小樽市長、市議会、塵減量推進菊地、保護山本
FAX0133-75-2275 石狩市長、市議会、廃棄物、保護菅原
FAX011-372-6188 北広島市長、市議会、廃棄物、保護奥山
FAX011-382-7240 江別市長、市議会、廃棄物、保護崑
FAX0123-33-3137 恵庭市長、市議会、廃棄物、保護深田
FAX0123-23-2492 千歳市長、市議会、廃棄物、保護佐藤 
FAX0126-23-9977 岩見沢市長、市議会、廃棄物、保護湯浅

1、当社の尽力も大きく奏功して「最高裁も、昨年暮れから高裁以下裁判所に対して”遺産保全、凍結、民法第896条規定順守、2以上相続人が居る場合、遺言状記載だけで、遺言を受ける者に遺産全て相続受けは認めない、民法第1031条順守、相続人と証明した者による、合法遺産預金仮支払遵守、民法第909条2、負債不動産、動産も、相続に出されれば、負債遺産で相続実施”これ等を守る事、を通達しました”ですが、犯罪相続しか出来なかった法曹権力なので、たった4人の遺産窃盗絡みの相続決定、判決で、真逆の決定、判決が複数、根本の問題で出されており、司法他にはもう、当事者資格も失われて居ます、当社の成果です」

2、札幌市は今、当社にこれ等問題に付いて、協力要請を行って来て居ます、一応非公式ですが、当社の指針で動いて居ます「添付証拠で”口座名義人を、預金先共々偽造、資金窃盗、横領恒常化司法も直接指揮して恒常化事実を確認下さい”瀬川行政書士を逮捕した江別警察署刑事二課、市原警部補は、これ等司法犯罪証拠を受け取り”初めから業務上横領罪で事件化は出来なかった”等答えて居ます、起訴も弁護も出来ません、司法が直接実行犯の一角ですから」証拠の帳簿等を使わず、業務上横領自白だけで有罪、之と対になって居た訳です。

3、幾つもの公的機関から「今後どうすれば収拾が付くか聞かれて居ますが”当社には権限も無いです”実行犯が公式な犯証拠の山を持ち、責任を取る以外、この先の合法化は出来ません、委任されれば息子共々、一定の対応策の助言、事例毎の扱い方法は出せます、ご検討下さい」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956278
ユニークアクセス:4180057
今日
ページビュー:932
ユニークアクセス:905
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed