エントリー

2020年03月30日の記事は以下のとおりです。

泥棒がしのぎ、国家四大権力、国税他ぐるみ

  • 2020/03/30 13:09

泥棒、死人が出れば、相続されない内に死人を騙り、死人の財産、諸湯物を強盗、窃盗、詐欺によって収奪出来れば、国家権力がこぞって犯罪者と共謀して、犯罪の限りに揃って走る事で、犯罪収奪、山分けを成功させている「ソマリアの海賊と変わりません、頭を張って居るのは弁護士、弁護士会、司法書士、共犯で指揮を執って居るのは裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、公証人、警察、政治、行政、報道、国税です」

ここまで国家権力、法律家が全部、遺産強盗、窃盗、詐取犯罪者なのですから、合憲、合法が破壊されて、正しい相続等通される訳が無いのです「兎に角得する遺産だけ、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が、犯罪を好き放題凶行して、奪えれば犯罪者が所有者、こう偽りで強制確定させて通されている、日本なのですから。

最も分かり易いのは「後妻業でしょうね、後妻に入った人と、共犯の弁護士、司法書士が共謀して、遺言状を巻かせて後妻に入った人が、全部遺産を受け取れる、こう仕組んで、旦那が急死して、後妻さんが”民法第1031条も無効化されたと、法務省、裁判官、裁判所、検事、検察庁警察、預金先金融機関、顧問税理士、弁護士、公認会計士が共犯で、他の相続人が持つ遺留分、減殺遺留分も全部、犯罪によって収奪を成功させて、後妻さんと共犯の弁護士、司法書士が、犯罪利得を山分け出来て通って来て居る”もっとも典型的な、司法、警察他犯罪、遺産緒犯罪収奪、公認犯罪です」

死人は生きており、弁護士が共犯で、死人を実体も持って降臨させて実体、死人が自分の預金を、金融機関も加担して、引き出して居る、この手で遺産となった預金を、泥棒、共犯の弁護士、司法書士、金融屋ぐるみで盗めて居ます。

死人は死後も生きて居て、弁護士、司法書士と泥棒、金融機関、裁判官、裁判所は「死人を実体も備えて降臨させて、預金を引き出させて居る、この連中は、本気でこの犯罪も手を染めて、指揮して、犯罪を命じて、証拠隠滅、証拠偽造を武器とさせて、成功させて来て居ます」

妻が両親の遺産預金の相続を受けて、預金を手に出来た、方法は「相続人である事を、謄本等によって、遺産預金が有る金融機関に対して証明して、妻が持つ相続遺留分の預金が証明されて、妻の相続遺留分の遺産預金を、妻が自分に渡した、こう言う合法相続遺産預金入手です」

死人を実体を持って降臨させて、死人に預金を引き出させて居る、こう偽りの記録、犯罪証拠隠滅を武器で使い、偽って通して来て居る司法他、オカルト犯罪国家権力の犯罪は、妻が両親の相続遺産預金を”合法に相続を受けて、回収した証拠”にもより、犯罪と正しい事実通り、更に証明されて居ます。

死人が死後実体毎?呼び出されて降臨して、死人が預金を正しく引き出して居る、遺産預金は正しく失われた、こう偽る犯罪は、崩壊して居ますけれど、今もこのオカルト犯罪、重ねられているんです、司法、行政、国税、警察、報道他が指揮を執り、手を汚して成功させて有るんです。

xxxxxxxxx

  • 2020/03/30 10:02

        @令和元年3月1日~令和2年2月29日期当社税務申告

                                  令和2年3月30日

法人税申告法人

住所
法人事業者名
取締役        印

申告相手
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
国税庁長官殿
TEL03-3581-4161

経由税務署
〒001-0031 札幌市北区北31条西7丁目3番1号
札幌北税務署 法人税担当部署

1、当社の法人税申告に付いて、添付証拠の通り、当社が営んで居る事業の一つ、相続に関わる遺産金品合法相続を受けた後、当社で引き取る、等事業、関連事業に関して、未相続の遺産金品を犯罪により収奪して通されている犯罪、遺産金品未相続の内に盗ませ、提供させて闇に溶かす犯罪請負等が、法曹権力、法務省、警察、政治、行政、報道他により、犯罪を重ねて成功させられている事実が有り、当社の適法事業が犯罪と、法の破壊で言い掛かられ、法人税法第159条違反嫌疑が科せられる強い恐れにより、当社独自で法人税申告は不可能です、国税庁も共犯の犯罪です、当社が法に沿い、法人税申告出来る方法を、国税庁が公文書で指示する事を求めます。

2、添付証拠

(1)今年2月29日付、市議会他宛て文書、2月14日付、当社委任者から厚労大臣他に充てた文書、2月27日付、札幌市、秋元市長からの文書、回答します、文書、遺品整理、生前整理の委任、請負禁止、環境省パンフレット。

(2)当社が阿部氏から、各調査と遺産物品を正しく相続受けさせた後、当社で引き取り等を行う請負、相続人4人中2名は札幌市より保護受給事案、一部相続審判決定書、保護受給者委任弁護士作成、一部遺産目録”遺産物品は調査から不能、特定不可記載”当社でざっと処理用に遺産物品証明、引き取り等費用を算出し、証拠採用された証明書。

(3)今年3月25日付、委任者から秋元市長に送った、保護受給者相続遺産動産、有価物証明後の引き取りと、処理が必要な相続受け遺産物品保護事業で支出まで、管理費を請求して居る書面、関係書面。

(4)今月30日付、秋元市長、市議会、法務大臣他宛て文書、山本あつ子が両親の遺産預金を、自身の遺留分に付いて、自身から自身に渡した証拠、瀬川行政書士が、相続人を被害者として、遺産預金横領で逮捕された、今年2月20日、道新記事、令和元年8月7日付、青森銀行顧問弁護士沼田徹が妻に出した、死人、認知者の身分を偽り、資金を盗み提供している、等自白書面、札幌弁護士会平成30年(綱紀)第10号、懲戒対象弁護士横路    は、妻の兄次男妻子、妻の姉長女を共謀して、両親の身分を偽り、十和田おいらせ農協、青森銀行職員共々資金を盗み、手に入れたが、正しい犯罪であり、横領罪の適用も無い、等記載した文書、つまり札弁連ン越しも、口座名義人偽装で、金融機関も共犯で資金を盗み、帳簿等を偽造して、口座名義人の資金を盗み、正しいと自白している訳です。

2、こう言った、司法、警察、政治、行政、国税他が実行犯の、遺産犯罪収奪、未相続遺産物品犯罪請負処理、犯罪事実証拠が、公に揃っている中で「合法、適法な類似事業も営んでいる当社には、正しい事業と証明して、正しく法人税申告する手立てが有りません、国税庁も「こう言った犯罪収益は、正しく税務申告出来ないので、偽造で適当に申告して、脱税して良いと、共に手を汚している立場故、認めている訳ですし、当社に対して、どう法人税申告手続きを行えば良いか”生活保護事業関係も扱っている当社に、公文書で指示する事を求めます”」

3、これ等は全て犯罪であり、国家権力が手を汚しても、適法にはなりません「死人の預金通帳官、キャッシュカードを手に入れられれば、入って居る遺産預金を盗み、所有権を得る、この弁護士、司法書士、裁判官、警察、税務署、金融機関の言い草は、全て虚偽、犯罪です」

司法、警察犯罪

  • 2020/03/30 09:12

今日の文書も合わせて、司法、警察、政治、行政、報道他による、死人が生きて実態を持ち、法律行為を行って居る、と偽り、遺産となった預金を窃盗、遺産金品を泥棒させて差し出させて、闇に溶かす請負の裏、犯罪事実立証を更に果たして居ます。

この程度の頭で、弁護士だ、検事だ、検察等だ、裁判官だ、裁判所だ、法務省だ、警察だ、立法府だ、行政府だ、報道だ、税理士、公認会計士だ、監督官庁だ、金融機関だ、等居威張り散らして、オカルト犯罪に狂奔して居るんです。

死人が死後も生きている、弁護士、司法書士、裁判官、裁判所は、共犯の泥棒と組み、死人を実態毎召喚出来て居て?死人に預金を引き出させて、金を抜き、持ち帰られせている、こう金融屋、顧問税理士、弁護士、公認会計士、監督官庁が共犯で、偽造捏造、証拠隠滅の手を用いて偽り、通して有る、オカルトの程度も、呆れ果てるばかりに低い訳です。

この犯罪も「当社が実例、証拠を次々手に入れて、完全に犯罪の手口と、犯罪である証拠を揃えて公開もしています、ここまで程度が低い犯罪を、国家四大権力、税理士、公認会計士ぐるみで、国中で凶行し捲り、金融機関の資金を盗み捲り、預金者の預金で穴を埋めて、逃げて来て居るのです」

金融機関の手続き書類、帳簿、決算書、税務申告書、監査報告書、預金手続きビデオを調べれば、口座名義人を偽り、資金を盗み、偽造、証拠隠滅で隠匿、穴は預金者の預金横領で埋めて有る、口座名義人、相続人に国家権力が主犯で被害を負わせて通して居る、之が立証されるのです、警察、国税庁も直接共犯です。

昨年7月1日から施行された、新民法第909条2により「死人を召喚して遺産預金を、死人の手で引き出させる、こう偽る犯罪が”表立っては出来なくなっています”相続権者と証明した相続人各々の相続遺産預金を、遺産預金が有る金融機関は、法の規定を守ればですが、被相続人死去時の遺産預金額証明書を出すと共に、仮支払、相続決定による、全部の支払手続きを取られれば、金融機関は”相続権者各々の遺留分を、相続人各々から自分に渡す手続き、之に変わって居ますから」

死人を召喚して、死人が預金を引き出す手続きを行って居る、このオカルト司法他犯罪は崩壊して居ます、表立ってはですが、闇では変わらず弁護士、司法書士、役人連中の手で、共犯の犯罪者共々、国中で凶行が続いていると言う、之で近代法治国家、近代法治国家の司法、警察、政治旺盛だと偽って居る訳です。

この程度が真実、法曹資格者、法務省他の程度は

  • 2020/03/30 07:49

死人を召喚して、死人は実態を持って居る事にして、死人が死後預金を引き出したと、金融屋と顧問税理士、弁護士、公認会計士に偽造で偽るよう命じて、この連中は喜んで手を汚すので、ずっと「死人が死んだ後、実体を持って蘇り、預金を正しく引き出し、持ち帰ったんだ、遺産預金は失われた、こう判決で、審判決定で確定させた、これを常時成功させて来た訳です」

オカルト集団、オウムを超えたオカルト犯罪国家権力です「当然ですが、日本中このオカルト司法が主犯犯罪を凶行して、強制合法決定させて来て居ます、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士に、犯罪収益を与える為、が主眼の司法が主犯の犯罪です、司法書士には”遺言状記載が絶対、と偽り、他の相続人が持つ、遺産不動産相続遺留分も、地面師詐欺で収奪、この犯罪も認めて有ります」

遺言状絶体虚言での、他の相続人遺留分犯罪収奪利得提供は「犯罪者と共犯の弁護士には、死人偽装で遺産預金窃盗、この犯罪収益提供を認めて有るんです」

之が司法を名乗る、オカルト犯罪国家権力の所業です、死人を召喚して、実体を持った死人が預金を引き出して居る、こう金融機関の記録を偽造で偽らせて有る、証拠のビデオは隠匿、抹殺して成功させて有る、正気の沙汰では無いですが、真実です。

神を気取って居る法曹資格者ですが、この程度しか無いのが真実なのです、この程度の犯罪でしか、弁護士、検事、裁判官の仕事?を行えません、だからここまでのオカルト犯罪を、国中で凶行し捲って来たのです。

こんな頭の程度しか無い連中が、日本を独裁恐怖支配している独裁者、エリートだ、笑う事も出来ません。

こんな連中です、遺品整理士?泥棒程度にも、あっさり引っ掛かり、共犯で犯罪を指揮する事も厭わない訳です。

馬鹿を独裁国家支配者に据えてりゃ、日本国の制度、憲法、法律規定も理解不可能の連中を、狂った独裁恐怖支配者に据えりゃ、ここまでのオカルト国家権力犯罪が、国中統一で凶行されて当然なのです。

死人が実態を持って蘇る、之を弁護士、裁判官、裁判所職員は出来ている、正気の沙汰では無いです。

昨年7月1日から「いきなり新民法第909条2施行が原因で、死人を実態を持って召喚、が公に出来なくなた、頭が完全に狂って居ます。

国家権力が全部犯罪者の強み

  • 2020/03/30 07:27

国家権力が揃って犯罪者集団、この事実を強みとさせて、遺産強盗、泥棒、詐取で稼いで来ている訳です、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が、犯罪収益を山分け出来て、通されて来て居ると言う構図です。

遺産預金の収奪は「死人を実態と共に召喚して、死人が自分緒預金を引き出して居る、こう偽造、証拠隠滅の手で、司法、警察、政治、行政が、金融機関に”死人が死後実態を持って蘇り、自分の預金を引き出したと、偽造と証拠隠滅の手を使い、金を盗んで差し出せ、死人の預金を盗むから、金融機関に被害は生じない”の後は裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、監督官庁、報道が共犯で、正しい死人による預金引き出しだ、遺産預金は正しく失われた、こう強制決定して、通すから、どんどん死人を偽装して金を盗み、弁護士用に差し出せ」

こう命令して、金融屋の顧問弁護士も手を汚して、国税庁、財務省も「金融屋の顧問税理士、税理士会に”死人は死後、預金を引き出して居ると、帳簿等を偽造して偽れ、後は任せろ”こう命令して、国中で死人が死後預金を引き出した、遺産預金は失われた、この犯罪を繰り広げて来たのです」

ですが、最高裁大法廷が、政府等から命じられてでしょうが「平成28年12月19日に、相続遺産分割除外説、死人による預金引き出し偽装の手で、遺産預金窃盗入手を、最高裁も平成15年から認めて来たが、実は民法第896条違反だった、今日から止める、等最終決定を下した事を受けて”民法第改正に反映させた訳です、で、死人が死後預金を引き出せている”このハンザ鵜が、続行されたけれど、駄目になった事により」

新民法第909条2が策定されて、昨年7月1日から施行されたんです「この法律は”死人が死後預金を引き出した、こう偽造で偽る手を止めて、相続権者である事を、謄本等で証明出来た相続人は、遺産預金が有る金融機関に対して、謄本等を証拠に用いて手続きを取り”遺産預金過去10年分の履歴証明書、被相続人死去時の遺産預金額証明書、民法第896、909条2の規定による、被相続人死去時の遺産預金額証明書を発行させて、自分が持つ相続遺留分遺産預金額を、各金融機関毎に確定させて」

金融機関毎に「自分が持つ遺産預金遺留分から、仮支払、全額相続受けを、自分の遺留分を自分が自分に渡す手続き、この合法な遺産預金入手手続きにより、遺産預金を受け取る、こう合法化されたんです」

つまり「司法他犯罪、弁護士、裁判官、裁判所、金融屋は”死んだ預金者を召喚して、死人が実態を持っているので?死人が自分で預金を引き出した”このオカルト犯罪を、昨年7月1日以降、合法な死人乃召喚で、死人が預金を引き出したんだ、こう偽る事も、出来なくなっている訳です」

司法犯罪崩壊

  • 2020/03/30 06:17

@新民法第909条2発効により”死人を召喚して死人が預金引き出し”この司法、行政指揮犯罪は破綻して居ます”審判決定、判決を悪用して、遺産泥棒、負債遺産闇抹殺、保護費詐欺等を隠蔽工作、これも破綻して居ます”法を犯す悪事を、審判出鱈目決定、中途半端な犯罪を認めた判決で隠蔽工作に走っても、実効性も生じない”証拠共々送ります、記載先全て実行犯

                                  令和2年3月30日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
  ※札幌市長他市町、市議会各会派、市担当部署、顧問弁護士も同じ犯罪行為者、確認すべき

秋元克広札幌市長、市議会、市税、保護自立支援、環境八田、清水、介護保険、障害福祉、戸籍住民、広報
FAX011-218-5166
FAX0134-32-5032 小樽市長、市議会、市税、塵減量、保護
FAX0133-75-2275 石狩市長、市議会、市税、廃棄物、保護
FAX011-372-6188 北広島市長、市議会、市税、廃棄物、保護
FAX011-382-7240 江別市長、市議会、廃棄物、市税、保護
FAX0123-33-3137 恵庭市長、市議会、市税、廃棄物、保護
FAX0123-23-2492 千歳市長、市議会、廃棄物、保護、市税
FAX0126-23-9977 岩見沢市長、市議会、市税、廃棄物、保護
森雅子法務大臣、利益相反弁護士、法務大臣兼任、当然実行犯の一角
FAX03-3592-7393
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課福田、石倉企画法令
FAX03-3592-1459 保護事業犯罪、詳細に記載配布、悪で構成
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 司法ぐるみ犯罪、法を犯す決定での逃げ破綻
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 経済事犯も窃盗も詐欺も、自白のみも発覚
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110 天下り口で遺品整理に加担
日本弁護士会連合会会長
FAX03-3580-2866 札幌弁護士会、弁護士は、直接実行犯、他も

1、司法、警察他指揮、遺産泥棒、関連犯罪遺品整理、生前整理なる、泥棒他犯罪請負は、犯罪が暴かれ、国家4大権力他が直接手を汚して成功させて有る事実、証拠も揃い、公開されて、破綻して居ます、送った証拠の通り、記載先も全て直接手を汚して居る、自覚するべきです。

2、昨年7月1日から、新民法第909条2が発効した事で「死人が死後預金を引き出した、口座名義人が自分の預金を引き出した、合法な預金引き出しだ、こう、弁護士、裁判官、裁判所が金融機関に犯罪命令を出し、偽造、証拠隠滅の手で成功させて来た、警察、監督機関、政治も共犯(税務署、地方税部署も口座名義人偽造命令で資金窃盗)にのオカルト犯罪は「添付証拠、妻が受け取った遺産預金記録”妻の相続遺留分を、妻が自分で自分に渡した合法手続き記録”の通り、破綻して居ます”弁護士、裁判官、裁判所は、死霊を実体と共に召喚し、預金を引き出す霊能力を失った、訳です、過去の清算が当然必要です、司法犯罪責任を取るのは当然です」

3、阿部健一、花枝氏の遺産、地面師詐欺収奪、遺産預金窃盗、遺産年金詐取、保護受給者、弁護士、裁判所、札幌市長、市議会、保護課等が共犯犯罪を「出鱈目な遺産相続審判決定で握り潰そうと謀った事件も、添付文書記載の通り、根こそぎ破綻して居ます、日本中同様の犯罪が繰り広げられて来て居る、記載先も承知の事実が証明されて居ます」

4、偶然にも、遺産泥棒、保護費詐欺実行犯は、除雪機窃盗も手掛け、事件化された事と、瀬川行政書士が2016年3月の、相続人が被害者、の構成で、遺産預金窃盗容疑で逮捕された事件も重なり「犯罪事実、犯罪の構成、刑事事件となる物証、犯罪と出来る法律理論構成が、正しく事実立証された、他が重なり、共犯弁護士、札幌の裁判所、裁判官共々言い逃れ出来なくなった、犯罪抹殺決定、判決で犯罪抹殺、が成功しなくなった訳です」

5、平成28年10月から当社は、息子行政書士と共に「遺品整理、生前整理請負は違法、犯罪撲滅、合法化を果たす、と動いた所”道庁、振興局環境、道警出向警部、道警本部、札幌方面警察署こぞって、産廃許可、古物商届け出で、所有者、廃棄区分偽装で請負処理させる、逆らうと逮捕だ”と、遺品整理士認定協会の手口で直接脅しを掛けて、この犯罪請負を支援して来て居ます”遺品整理士認定協会、ネクステップ、北洋銀行等への天下り口を得ての”遺品整理他の手口を犯罪と承知で指示”共犯、だった訳ですね」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年03月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956280
ユニークアクセス:4180059
今日
ページビュー:934
ユニークアクセス:907
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed