エントリー

2020年04月06日の記事は以下のとおりです。

もう司法による強盗も、実行出来なくなった

  • 2020/04/06 13:55

もう阿部さんの遺産不動産に、司法強盗で強制押し込みも出来なくなりました「居住者、相続権者に対して、地面師詐欺を犯罪により、強引に成功させる為に、居住の権利強奪決定、占有権強奪蹴邸を出して有りましたが、地面師詐欺実行犯、甥と共犯弁護士、裁判官は、この決定を取り消しましたから」

つまり「もう阿部さんの相続遺産不動産、阿部さんが居住している土地建物に、裁判所、執行官、鍵屋が鍵をこじ開けて、錠前を叩き壊して押し入る事は出来なくなった訳です、司法強盗は、もう出来ません」

執行官が強制管理して居る不動産、でも無くなっています、元々遺言状が絶対、と偽り、慈雨面師詐欺で収奪しただけ、の遺産不動産です、合法は元から無かったのですから。

この取り下げ決定で、もう「後付けで甥の除雪機窃盗犯罪も、消し去れる、不動産明け渡し強制執行名目の、正しい強盗で、阿部さんの居住している土地建物に有る、全ての物品を、甥が所有者だと、弁護士の指揮を受けた裁判官、裁判所、執行官が偽って、強制執行名目の強盗に走り、強奪して、甥が所有者と偽り、古物売却、廃棄処理して、強盗を消せる、この予定も消えて居ますから」

もう執行官、裁判所は、この不動産に、強盗目的で強制押し入りも出来ません、甥による除雪機窃盗を、後付けで正しい泥棒だったと、不動産明け渡し強制執行凶行により、偽って通す、司法犯罪予定も潰えて居ます。

この実例でも分かるように「不動産明け渡し強制執行手続きを使えば「該当する土地建物内外に有る、全ての金品は債権者?申立者が所有者だと、弁護士の命令を受けた裁判官、裁判所、執行官が、虚偽で決めて、強盗し放題して通って居るんです、民事執行法でだ、こう虚言を吐いて、実際にこの司法強盗も、国中で凶行されて、強制適法虚偽決定で通せているんです」

阿部さんが受けさせられている、遺産強盗被害は、遺産不動産強奪被害と、除雪機窃盗被害に付いては、もう犯罪完遂、は無理でしょうね、この二つの犯罪は、絡み合わされています「地面師詐欺で収奪した遺産不動産を、犯罪者の甥が全部所有権を持って居る、こう司法犯罪虚言で偽り、この不動産内に有った、阿部さんの除雪機も、甥が盗んだ犯罪、犯罪被害も、司法犯罪により、後付けで甥が不動産内外の金品全て所有権者だ、この司法強盗により、甥が自分の除雪機を、伯父の家から持ち帰った行為」

こう、完全な偽り、泥棒の正当化虚言で、強引に押し通そうと、が、潰されたんですよ、強盗、窃盗に手を染めてばれた、司法、警察が、後付けで正しい泥棒だと決めて上げるから、まで仕組まれている?中での合法化です。

業務上横領、証拠偽造を命じて有る司法他故

  • 2020/04/06 12:44

義父母の事件、石川絹江さんの事件、武藤さんの事件、阿部さんの事件、相続遺産預金を、被相続人の身分を偽造で偽らせて金を盗み、共犯の金融機関は、司法、警察、監督官庁、国税からの命令を受けており、死人が預金を、死後引き出したと、帳簿から何から偽造して、正当な死人、口座名義人による、自分の預金の引き出しと偽って有り、これ等国家権力が、指揮犯だから通されている訳です。

被害を受けたのは、相続人ですからね、金融機関には被害も無いから、幾らでもやり放題出来て来て居る、国家権力犯罪なのです「国民の財産を、無差別に犯罪により、収奪し捲って居る、日本の国家権力なのです、強盗です、単なる、国家権力を悪時に使い、成功させて有る、日本の国家権力こぞっての犯罪なのです」

このように、金融機関に口座名義人を、偽造で偽る事に直接金融機関を加担させて有るから、常時この犯罪利得入手は成功し続けて居ます、つまり「金融機関の手続き書類、ビデオ映像、帳簿等記録は、金融機関の職員が、金融機関の金を横領した事件、であっても、正しく横領の証拠では、絶体使えません、苫前町農協、虚偽の職員による顧客預金横領冤罪事件で、気が狂ったあの連中が、絶対に帳簿、決算書を証拠で使わせないんだ、と大慌てで騒いだ理由ですよ」

正しく事件を、法律に沿い、物理的に立証されては困る、と言う事です「口座名義人を偽る手で、金融機関ぐるみで金を盗み、偽造で合法な、口座名義人による預金の引き出しだ、と偽らせて有る、司法、警察、行政、国税が、この犯罪を命じて有って、それですからね、絶対に手続き書類、帳簿、決算書、ビデオ映像を、業務上横領の証拠で使えないんです」

遺品整理請負、不動産明け渡し強制執行も「物品の所有者を偽れているから、単なる犯罪が成功して居ます、未相続遺産金品は、泥棒が所有者だと偽りが通っており、成功しているし、不動産明け渡し強制執行なる、司法強盗も”事実は違うけれど、申立債権者?が、該当物品全部の所有者だ、金の所有者だ、こう裁判官、裁判所、弁護士、執行官で偽り、強盗、違法故買、違法廃棄処理を成功させて有ります」

当然ですが「該当場所に有る金品が、誰の所有かから、全く証明もせず”全部申立者の所有金品だ、事実、証拠は関係無い、司法がそう決めたからだ”この強盗を、常時働き、通して居るんです」

之が司法犯罪、他者の財産強奪の手

  • 2020/04/06 07:38

;預金を盗み、通せている手口は”弁護士、裁判官、裁判所(国税、税務署、地方税部署等も)は金融機関に対して”条件を告げ、口座名義人を偽って金を盗み、口座名義人が預金を引き出した、と偽って置いて、盗んだ金を差し出せ”口座名義人の金が失われるが、口座名義人が預金を引き出した、と、偽造で偽って置けば通す”金融機関に被害は生じないから、口座名義人側が騒いでも、被害者は金融機関、預金は正しく引き出された、口座名義人側に被害は無い、こう虚言で決めて通す、安心して犯行に及べ、と犯罪命令を出して有るから、常に成功?させられて居ます、そら成功?する訳だ。

;遺言状が有るからと、民法第1031条も無効だ、と嘘で決めて、他の相続人の相続遺留分まで、地面師詐欺で遺産土地建物の根異議を、遺言を受ける者名義に強制書き変え、司法書士、法務局、弁護士、裁判官、裁判所犯罪は”兎に角地面師詐欺で、遺言を受ける者名義に土地建物名義を、10割書き換えろ、これで遺産土地建物は、遺言を受けた人間が全部収奪出来た、他の相続人の相続遺留分相続は、法律等無視で認めないからな、裁判官が、常に、この司法犯罪を武器とさせ、常時地面師詐欺を成功させて来て居ます。

野崎幸助さんが、遺言状で、遺産全てを田辺市に遺贈する、こう遺言したけれど田辺市は「法定相続人に、野崎さんの再婚相手がいるので”遺産は田辺市と奥方とで、民法規定通り5割ずつ相続を受ける”こう決めて、発表して居ます、上記司法、法務省犯罪は、正しく犯罪との公式実例証拠です」

阿部健一さんが、相続人保護受給者の息子、健一さんの孫に、健一さんが所有する土地建物を遺贈する、こう遺言状を巻いたからと、健一さんが死去後、孫名義に遺産土地建物名義を書き換えて、居住する相続人伯父、二個人事業も営む叔父を、共犯の弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官が共犯で、何時も通り収奪させる、予定で訴訟を行ったが「叔父を叩き出す為の訴訟を行たが”控訴審になったら、他の相続人が持つ、遺留分請求を行わないのが悪いんだ”と、請求を行っている証拠も出して居るのに、嘘で偽り、判決に書いた訳です、遺留分侵害を認めた訳です」

この二例だけを見ても「遺言状に書こうと、他に相続権者が居れば、遺贈を受ける者が遺産を10割収奪して通せる、は虚偽、犯罪による相続人相続財産収奪なのです」

この犯罪は「地面師詐欺に成功すれば、弁護士、裁判官、裁判所が、法律無効とでっち上げで決めて、居住者、相続権者の権利を、強制執行名目の司法強盗に走り、蹂躙して通して成功させて有る、強盗を重ねて収奪させて居ます」

遺言状悪用、法律犯罪司法が無効とでっち上げで

  • 2020/04/06 07:20

遺言状を巻けば、他の相続人が民法第1031条で守られている、相続遺留分、減殺遺留分相続権も、法の規定破壊が通り、遺言を受ける者が、法に無いが強制収奪出来て通って居る、司法犯罪の一つです。

;野崎幸助さんの遺産相続事件でも”野崎さんは、死去前で、再婚前に遺言状を巻き、遺産全てを田辺市に遺贈する”と遺言していました、田辺市は”民法第1031条も守り、唯一の相続人である、奥方と5割ずつ相続を受ける、と決めました”遺言状が有る、他の相続権者が持つ、遺留分、減殺遺留分も強制収奪出来る”この司法犯罪には手を染めて居ません、野崎さんに負債が有る場合、を想定して、相続人である奥方の了解を得て田辺市は、限定相続を選びました。

;筧千佐子さん、石川絹江さんの長男、阿部健一さんの孫、保護受給者相続人の息子は”遺言状が有るから、を根拠と、法律無視で、民法第1031条も無効とでっち上げで決めて、遺言状の記載の遺産、遺産不動産を、詐欺犯罪で収奪して居ます”当然ですが、法律根拠は無い、強盗、窃盗、詐欺行為です、弁護士、司法書士、法務局、裁判官、裁判所、警察他が直接実行犯、共犯です。

こうして「合法な相続実施事件が、公に表に出れば、司法犯罪遺産強奪、窃盗、詐取犯罪が、正しく犯罪である事が、全く言い訳出来ない形で立証されるのです」

司法犯罪遺産強奪には「法律は備わって居ません、でっち上げただけの、相続遺産分割除外説が根拠だ、遺言状記載が絶対、とのでっち上げが根拠だ、之しか無いですから、一方合法相続実施には”民法第896,1031条、新民法第909条2規定等、合法との法律根拠と、事実立証が備わって居ます”」

司法犯罪遺産犯罪収奪は、犯罪そのものです、死人の財産を、犯罪を正当と虚偽ででっち上げた説、言っただけ、を根拠と偽り、強制的に正当と決めて、通して成功させて有るに過ぎません、司法、法務省、警察、国税等も実行犯で。

居直り強盗以下の、国家権力を悪用させての、財産収奪、強盗犯罪なのです「司法、警察、法務省、国税が、職権を悪用させて、犯罪は正しい、法律は無効故だ、」こう、強制決定を下して、成功させて有るに過ぎないのです、合法は何処にも無い、荒っぽい犯罪なのです。

司法、警察が直接犯罪を

  • 2020/04/06 06:56

一連の、司法犯罪遺産泥棒、詐取犯罪の扱い等を見れば、最高裁大法廷も2016年12月19に、過去に遡り、相続遺産分割除外説を根拠とさせて、遺産を盗めれば、盗めた遺産は泥棒が所有権を得た、遺産から強制除外決定、この犯罪は、民法第896条違反他だった、最高裁がこの説を正しいと、法によらず決めた2003年に遡り、この説の採用は間違い、今後採用を禁じる、こう決定を下して居るので、遺産泥棒は犯罪だったと、法によっても確定済みですが。

法律も守らず、最高裁大法廷最終決定も、全く実効性も持たせられて居ない司法テロ集団、この真実が、言い逃れの余地なく立証されて居ます。

その状況の中で「瀬川行政書士”だけ”を、2016年3月の事件、相続遺産分割除外説が常時使えて通っている時代の、死人が預金を引き出した、と、金融機関が弁護士、司法書士、裁判官、裁判所命令を受けて有るから偽造で偽り、遺産泥棒が通った時代の事件で、被害者は相続人だ、と言う事件構成で逮捕された訳です」

他の同じ犯罪は「死人偽装、口座名義人偽装で預金引き出しは正しい犯罪である、一切犯罪事実は無い、被害者は”死人偽装で金を盗まれた、相続人では無い、死人偽装で共に金を盗んだ金融機関が、盗んだ預金の穴を埋めず、被害者だ”こう、法律破壊ででっち上げて、口座名義人偽装で資金窃盗を、常時成功させて来て居る訳です」

つまり「瀬川行政書士を、亡くなった人を金融機関と共犯で偽り、遺産預金を死人が引き出した、と偽る犯罪は”金融機関に、死人が預金を引き出した”と偽造させて有る司法犯罪証拠が作られているので、瀬川行政書士の犯行、被害者は相続人、だとは、金融機関に偽造させて有る司法犯罪、この事実により、出来なかった訳です、事件の構成も、被害者が相続人、との組み立ても、法律上は合っているけれど、司法犯罪死人を偽装して、遺産預金を盗めれば、泥棒と共犯の弁護士、司法書士が、盗んだ遺産預金の所有権を、犯罪で得たと強制偽装、決定されて通って居る”この司法犯罪の実際、実例山のように、と、全く真逆なのです」

司法犯罪が、当然ですが、紛れも無い犯罪です、この犯罪を、過去から強制適法とさせ、犯罪者と共犯の弁護士、司法書士が、犯罪利得を山分け出来て、通って来て居るんです「義理の両親の事件、阿部花枝さん偽装で預金引き出し事件も、この司法犯罪のなぞりです、最高裁大法廷も手を汚して来た、もう止める、と決定した後も、この司法犯罪が、堂々と行えて、司法、警察ぐるみで成功させて来て居る、実例証拠の一端です、死人は死後も生きて居て、預金を引き出して居る、遺産預金は失われた、と、金融機関医偽造させて、通し続けて居る実例証拠です」

司法が手を汚して居る、極悪犯罪の

  • 2020/04/06 06:25

瀬川賢一行政書士を、2016年3月の事件、相続人から預かった、被相続人の預金通帳、印鑑を、瀬川行政書士と預金先の金融機関で、共に犯罪認識を持った上で、死んだ人が死去後預金を引き出した、と、数回に渡って偽り、3,300万円”亡くなった口座名義人が、死去義自分で預金を引き出した”と、司法犯罪命令通り、偽造で偽って通した、定番過ぎる死人による預金の引き出し、適法な預金の引き出しで、何故か今年2月20日に、江別警察署刑事2課に、被害者は相続人、の構成で逮捕されたのですけれどね」

時系列で改めて書いて行きますと、こう言う事実が分かります、司法犯罪が、単なる犯罪だと、公式立証されて居ますから、おれおれ詐欺より荒っぽくて、単純で悪質です。

;瀬川行政書士の事件は、2016年の3月の事件です”司法、法務省他犯罪、相続遺産分割除外説、遺産は盗むと泥棒と、共犯の弁護士、司法書士が所有権を得られて、犯罪によって遺産から強制抹殺して、通して有る”時代の行為です。

;2016年12月19日、最高裁大法廷は、原審が大阪高裁事件、2015年(許)第11号、遺産分割審判事件に付いて、この事件で相続人一人は、もう一人の相続人が法律で守られている、相続遺留分、減殺遺留分相続の権利を、遺言状を持って侵して、不当に収奪した、根拠は最高裁も採用して来た、相続遺産分割除外説、最高裁も平成15年から採用して来た、民法第896条違反だった説であるが、実は民法第896条違反だった、もうこの説の採用を禁止する、大阪高裁決定を破棄して差し戻す、以後相続は、民法第896条規定に沿った相続以外認めない、と最終決定を下して居ます、瀬川氏事件は、この最終決定前の犯行です。

;2017年11月7日に、義理の父が死去して、2日後に相続人次男の次女が、8日後に次男の妻が、十和田おいらせ農協、青森銀行と共謀して、義父の家から盗み出した、義父の預金通帳、印鑑を使い、義父による死去後の預金引き出しと偽り、金を盗んで居ます、2018年4月2日には、特養に入所して居た義母が、ここに預けて居た預金通帳、印鑑を、職員が持ち出して、相続人長女に渡して、長女は義母による預金引き出しと、青森銀行職員と共謀して偽り、金を盗んで居ます。

;2018年10月11日に死去した、札幌在住だった阿部花枝氏の遺産となった預金を、相続人次男、保護受給者の息子(か妻)は、この人はグループホームに入所して居て、預金通帳、印鑑、キャッシュカードを預かっていた事を悪用して、死去日と死去4日後に、キャッシュカードを使い、道銀から金を盗んで居ます。

;紀州のドンファン事、野崎幸助さんは、多分2018年5月に死去して、再婚前に遺言状を作成して居て、全財産を田辺市に遺贈する、と遺言を遺しました、で、田辺市は「限定相続を奥方に認めて貰い、奥方と田辺市で、法に沿い、5割ずつ相続を受けると決定して、報道されて居ます」

;筧千佐子さん事件では”遺言状が有る、を根拠と偽り、死去した5人中4人の遺産を、他の相続人遺留分まで収奪して、通されて居ました。

之で司法、警察、法務省他が企み、成功させて来て居る、遺産を巡る刑事、民事事件手続きです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年04月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4956246
ユニークアクセス:4180026
今日
ページビュー:900
ユニークアクセス:874
昨日
ページビュー:1703
ユニークアクセス:1606

Feed