エントリー

2020年06月02日の記事は以下のとおりです。

誰も正しい相続の理解を

  • 2020/06/02 17:26

野崎幸助さんの遺産を、遺贈で受けた田辺市役所も「遺産に土地建物、大量の物品が有るので、先ずは”建物、庭を壊すのか否か、物品は、古物で売れる物品は売って遺産金にする、売れない物品は、法定相続人である奥方と、所有者等を擦り合わせて、所有者を決めて、田辺市か奥方、相続を受けた側が処理して”負債金で遺産に計上か、事前にこの処理費を、遺産相続から引いて置く」

この手続きが,先ず必要、先行すべき手続きでしたが、多分弁護士、法務省当りの助言に沿い、正の遺産土地建物、預金、有価証券等を、田辺市の所有に切り替えて来て、残りが物品、古物売却出来る物品を調べて、売れる物品は古物商に売ってお金にして、遺産金に乗せる、と言う事だったのでしょう。

でもねえ「違うんですよ、先ずは遺産土地建物を、そのまま残すのかどうか、之を決めて、壊すのであれば壊して、遺産金から差し引く、物品は、売れる物品は売って遺産金で計上して、売れない物品は、奥方と所有者等を証明して、相続を奥方、田辺市のどちらかと決めるか、両名が相続と決めて、処分対象物品は処分して、経費で正の遺産から差し引く、この作業が先行で必要だったのです」

大量の物品、古美術品等を最後に遺した、売れない大量の物品、どのお金で、どうやって、誰が排出者として、どう処理するんだ、何故これを考えて居ないんでしょうか、始めに行うべき手続きでしょう。

今日も田辺市役所、答えを寄越しません、やはり何も考えて居なかった、のでしょうね、日本中の司法、政治、行政機関、警察が、考えて居ない事ですから「合法な相続達成、処理完遂方法は、何処も構築して居ません、つまり”合法な手続きは、行われて居ない”と言う事です、闇で遺品整理屋を使い、法を犯して闇処理、之しか行って居ないんです」

なお「保護受給者の所有物、遺品整理屋を使い、生前、遺産整理ですが”このお金、一般会計から、支出理由どうでも良い”この手で支出されて居ます、保護事業からの支出では無いので、証拠不要で通って居ます、厚労省に証明が不要なので」

今後この支出も、拙い事になって行くでしょうね、ここまで生活保護事業の闇、が表に出されてしまったんだから、

追加

  • 2020/06/02 16:00

                  @朝の文書の追加

                                   令和2年6月2日

田辺市役所 真砂充敏市長、野崎幸助氏遺贈遺産、相続手続き担当
TEL0739-26-9917
FAX0739-26-9960
秋元札幌市長、市議会、環境清水部長、保護自立支援高橋課長、介護保険、障害福祉、広報
FAX011-218-5166

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、今朝の文書の追加です「日本中の公的機関、報道他がそうですが”日本国の相続に関わる法律の、正しい規定以前に、常識の段階から、本当に何も理解も出来て居ません”想像力が欠落しており、相続にしても、起きる状況を、多数想定する事が出来ないで、常識外の権力出鱈目制度?で、強制力行使も合わせ、処理を正しく果たさず、責任転嫁で逃げて、不都合が無いように、権力行使で其の場だけ偽って有る、之が事実です」

2、多分日本で一番、相続実務、負債となった遺産物品に付いて詳しいと思える、札幌市役所環境局(清水部長他、TEL011-211-2920)にしても、相続対象物品が大量に有る、被相続人と、相続人の居住する都道府県、市町村、国が違う場合の、処理対象相続物品を、どう扱えば良いか、合法と証明出来る解決策、処理策は持って居ません、今後の緊急対応、処理策の構築が急がれて居ます「被相続人が所有して居た物品で、処理対象物品は、被相続人、相続受け者どちらの自治体で処理すべきか、正しい答えは”相続を受けた人の居住自治体”でしょうが(故人排出一廃は、排出者居住自治体で処理、移動中の個人排出物処理等が良い例、基本持ち帰って処理)大量の相続物品で、現実的でも有りません」

3、田辺市は多分「弁護士、法務省、県庁辺りに相続手続き等を聞いたのでしょうが”法に沿った正しい相続手続きを、司法、法務省他は、そもそも知りません”田辺市の現状(報道内容)を見る限り、先行相続、処理するべきだった、遺産物品古物売却(現金遺産に置き換える)廃棄対象物は、法定相続人と田辺市とで、始めの段階で物品相続受け者を、協議して決めて、廃棄処理して、正の遺産から処理等費用を差し引く、この手続きが先行です、之で遺産物品は、正の遺産現金と、完全な負債物品、処理費は正の遺産から差し引く、正しい相続が果たせました」

4、建物、築庭を攫うのであれば、事前に建物、庭を撤去して、費用を正の遺産から差し引くとすれば、この文政の遺産を減じられました「壊すのであれば、田辺市は、この方法が得でした」

5、札幌市に限らず「生前整理、遺品整理請負、運送業者、古物商に”保護受給者生前、死去後の物品闇処理委任(一般財源、地方交付税を、会計課が支出)介護保険、障害福祉課も、ケア対象者の家財等、生前、死去後の処理を、やはり委任”だからこの請負も、法を犯して成功させられて居ます、この請負、法を犯す請負を、正しく証拠を持ち、表に出せば、委任者、請負者、会計課、保護課他も破滅します”当社だけが、同種請負で、正面から白黒を付けるよう求めて、通せたのです」

6、田辺市に限って居ません「大量の売れもしない遺産動産御証明、相続受け証明、表立った廃棄処理の方法は、当社以外知らなかったので”田辺市にしても、野崎幸助氏が遺した、大量の古物売却品、処理等物品相続を、最後に回したのですし、どうやって相続物品と証明するかから、考えられて居ないんですよね”本当に合法を証明して行えば、莫大な調査費が必要です”誰が権利者なのか、全物品でこれを調べて証明する作業は、途方もない労力と時間と手間が必要です、その先の廃棄処理方法は、どの自治体も構築無しですし」

7、折角ですから「田辺市、札幌市、協力して記載等証明、処理を果たすのはどうでしょうか、日本国の雛形作りの為に」

本質から全く理解も出来ない、この現実が招いている

  • 2020/06/02 08:39

日本国の法律規定、之を持った遺産相続、処理、弁護士、弁護士会、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省、公証人、調停委員、報道の連中、警察官、誰もこの合法手続きも何も、知らないのが実際です、ド素人が遺産相続事件を、強権を与えられて、独善で犯罪相続を通す、之を狂った料簡で押し通して居ます。

本当にこの連中は、相続問題も何も知りませんが「国家権力を、独裁テロ行使特権と共に与えられた、狂ったカルト犯罪独裁国家権力、と自分を信じ込み、実際通されてしまう事で、不都合が生じれば、真実隠匿、抹殺、犯罪正当のねつ造、でっち上げが通る、合法を証明して、合法化を果たすべく動く人間は、冤罪粛清して通って居る、何しろ”元々合法の破壊、テロが行えて、通って居るんで、冤罪でっち上げ、粛清もし放題出来て居ます”」

この状況が、どんどん加速し続けて、犯罪しか通させない日本の司法、警察他国家権力「必要な犯罪は、全て認められて、通して居る日本、この事実が常で絶対、ここまでのテロ国家化が進行しています」

犯罪相続以外認めない、合憲、合法相続を認めない、逆らう平民は、冤罪に落として思い知らせる、司法、警察テロ、正の遺産犯罪収奪で入手、負債遺産は、特に遺言状による遺贈で有れば、司法が強制相続対象除外決定他、この司法犯罪相続に楯突く人間は、冤罪粛清して思い知らせても居る、日本の司法、警察犯罪相続の現実です。

この現実が、次々公の「犯罪相続は犯罪、合法、適法な相続を果たす、遺産泥棒は、正しい事件構成で刑訴法事件で扱う、遺言状で遺贈を受けても、相続の法律は守らなければならない、正の遺産だけ、法を犯して、他の法定相続人遺留分も何も、犯罪で収奪、法定相続人の相続権強制抹殺は、違法で認められない」

こう、法律通りの遺産相続実例が、出て来て居ます「過去の大量の、司法、警察犯罪相続制度のみ強制達成、司法、警察テロで成功させて来ている事実は、どうやって実行犯に責任を取らせるんでしょうか、闇に消して済む事では無いです」

司法、警察犯罪相続のみ強制適用、正当な相続を、強権発動で叩き潰してだけ来た、どうやって責任を、法曹資格者、司法書士、警察、検察庁、裁判所、法務省、金融機関、監督先、報道は取るのでしょうか、責任を取らせるべきです、当然。

之で司法、法務省

  • 2020/06/02 08:06

司法、警察、法務省、実際は犯罪集団、とんでも無い事実が、次々実例、証拠を持ち、表に出され続けて居ます、もう完全に、テロ、犯罪国家権力です。

阿部さんの両親の遺産相続をめぐる、司法犯罪相続制度に、保護事業ぐるみの遺産窃盗犯罪、保護費詐欺犯罪制度実行も加わり、次々司法、警察、法務省他、国家権力犯罪が公開事実証明されて行って居ます、何処にも正義等、この国の国家権力、国家資格者には無い、根本から他者の財産犯罪収奪行為犯罪集団、之に成り果てて居ます。

阿部さんが被害を受けている、遺産犯罪収奪、自宅から除雪機も盗まれた事件では「犯人は泥棒の甥、被害者は、遺産金窃盗事件は相続人らが被害者、除雪機窃盗は、除雪機所有権者と証明されている、金銭被害を受けている阿部さんが被害者、この合法事件構成で、被害者、犯人の調書を録り、検察庁に送致される事が、ようやく決まりました、今後は司法が、この正しい窃盗事件潰しに狂奔、でしょうか?」

瀬川行政書士さんの事件で初めて「死人を騙り、遺産預金を盗んだ角で、被害者は相続人、窃盗、横領犯は”補填もせず、共犯で手を汚した預金先金融機関では無く、相続人が金銭被害者”この構図で事件が構成されて、瀬川行政書士が、相続人が権利者の、遺産となった預金3,300万円横領行為で逮捕、報道されましたが”実行犯の片割れ、金融機関に正しく捜査を及ぼして居ませんので、死人が預金を引き出した、と偽造でしてある」

ここを追求したら「事件は闇に消されて居ます、拙い事実ですから、金融機関が死人を騙り、預金窃盗の真実は、今まで行い、成功させて来て居る”死人が死後預金を引き出したと、金融機関に事実を偽らせて、証拠偽造、事実隠蔽工作を行って有る”口座名義人、相続人は被害者では無いんだ、この権力犯罪の山が、説明を付けられませんから」

で「阿部さんの事件が二例目でしょうね”被相続人を騙り、遺産預金窃盗”この事件で、道銀、預金を抜かせた先が被害者だ無く、との虚偽事件構成では無く”相続人が遺産預金窃盗行為被害者である、この合法な事件構成、被害者合法特定で、預金窃盗事件扱い、送致は」

今後検察庁、検事、裁判所、裁判官が共謀して「道銀が被害者だ、盗ませた預金の補填をせず、道銀が被害者だ、相続人は被害者にならない、司法犯罪制度がこうなって居るからだ、之を通そうと暴走する、かどうかでしょうね」

弁護士、弁護士会、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察、報道合体で、この虚偽預金窃盗事件構成だけを、犯罪を承知で押し通して来て居るのです、合法が果たされれば、この権力犯罪集団が拙いから。

司法犯罪遺産泥棒、負債強制放り出しを

  • 2020/06/02 07:03

@阿部健一、花枝氏の正の遺産犯罪収奪、保護費充当遺産金も犯罪収奪犯、西区で保護支給、相続人阿部〇〇氏息子に付いて、阿部〇枝氏の遺産窃盗、付随犯罪、相続人阿部〇悦氏自宅から除雪機窃盗事件共に、西警察署が被害者、加害者員面調書も録り、検察庁に送致が決まりました、野崎幸助氏から遺贈を受けた田辺市に対して”売れない動産の相続手続き、処理に付いて、問合せしました”

                                   令和2年6月2日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

秋元克広札幌市長、市議会議員全員、区長、保護自立支援高橋課長、環境清水部長、介護保険、障害福祉、広報、戸籍住民
FAX011-218-5166 〇枝氏遺産等窃盗事件化、保護費詐欺立証
FAX011-218-5180 保護自立支援、保護費詐欺犯役人責任は
FAX011-218-5105 環境清水部長他
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課福田、石倉企画法令
FAX03-35921459
鈴木道知事、地域福祉課保護担当、酒井課長補佐
FAX011-232-4070
小泉進次郎環境大臣
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課、伊藤企画法令
森雅子法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110
道新報道センター内山他記者
FAX011-210-5592

1、別紙文書二部をご覧下さい「阿部〇枝氏の遺産金窃盗、及び阿部〇悦氏自宅から除雪機窃盗犯、〇枝氏孫、保護受給者相続人阿部〇〇氏息子の上記犯罪に付いて”遺産預金窃盗、除雪機窃盗共に、被害者阿部〇悦氏、窃盗犯加害者阿部〇〇氏の事件構成で、被害者、加害者の員面調書も録り、検察庁に送致する”事が決まりました”瀬川行政書士事件に続き、二件目の遺産預金窃盗被害者は相続人、補填しない金融機関が被害者は虚偽”が証明された事件です」山のように被害者金融機関、相続人は、抜かれた遺産金相続泣き寝入り強要、之が重ねられて来た事への責任は、どう取るのでしょう。

2、二部目の文書は「公の事件、遺言状による遺贈で、表で行われている、合法相続日本初実例、野崎幸助氏が遺言状で、田辺市に遺産全てを遺贈した事を受けた、田辺市による正、負の遺産共に相続受け手続き事件に関して”負債となる大量の物品、信仰対象物、処理対象物の証明、相続受け者特定、処理方法に付いて、この問題に答えを頂きたい等記載して送った文書です、この問題だけ、田辺市は表に出して居ませんので”」多分想定外だったのでは?

3、上記遺産預金窃盗、除雪機窃盗事件事件化決定で「保護費詐欺を阿部〇〇氏、保護受給者相続人〇〇〇子氏、札幌市役所、保護課、司法ぐるみ実行も立証されて居ます、又、保護受給者〇〇氏が、実家の物品一切証明無しで、期日特定も無しで、無限相続受け決定も虚偽と証明されて居ます」

4、田辺市が野崎氏から、遺言状で遺産緒相続を受けた事件で「法定相続人遺留分支払い実施、正の遺産だけ基本相続受け、正の遺産証明等に、弁護士、司法書士、不動産鑑定士、古物商、税理士委任、負債遺産の内、動産は相続証明、処理方法未定が表に出ました”遺言状での遺贈受け売破り制度は取られて居ません”」

5、札幌市環境局と「保護受給者が相続を受けて、負債故放り出して来た、大量の物品、土地建物相続受け遺産に付いて、保護事業で保護受給者の生前、死去後調査により、これ等負債動産、不動産(内外物品が有る)が存在した場合、行政責任で処理しなければならない、今まで保護事業が闇に葬って来た問題、もう放置出来ない、之も確認して有ります、市長、市議会、責任を持ってこの件も合法化を求めます」

合法実現実例、司法犯罪相続では無い実例

  • 2020/06/02 05:59

@田辺市真砂充敏市長、担当部署役人方に回答頂きたい事項が有り、連絡致しました、野崎幸助氏から遺贈を受けた遺産の内、処理に回す大量の動産に付いて、どう言う手続きで個別相続を受け、どう言う手続きで処理するのか、廃掃法を所管する地方自治体の立場、責任で文書回答頂きたいのです

                                   令和2年6月2日

回答頂きたい自治体

田辺市真砂充敏市長殿、野崎幸助氏遺贈遺産相続手続き担当者様
TEL0739-26-9917
FAX0739-26-9960

                     ファックスで宜しいので、回答を願う事業者

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、昨日はいきなりの電話問合せで失礼致しました、恐らく想定して居なかった問い合わせだった事と思いますが、現在起きて居る、大量の放置空き家、大量の放置物品発生原因は「法を守らない、刑事罰則適用レベルで法を犯して居る、犯罪領域の遺産相続制度が理由で有り、生前整理、遺品整理請負なる代物も、根本原因は同じ故、日本初の公開、遺言状による遺贈受け実例、野崎幸助氏遺贈者、遺贈受けが田辺市、奥方で公開されて居ない部分、古物売却不可能な、大量の物品の相続手続き方法、処理方法に付いて、廃掃法、一廃部分を所管する田辺市に、ファックスで宜しいので回答頂きたいのです」

※古物商が有価買い取りしない、大量の物品に付いて、次の事を知りたいのです。

(1)相続対象物品との証明方法、大量の相続対象物品特定、証明方法。

(2)各々の物品を、奥方と田辺市が、供養対象物、遺品分け、遺産動産有価、無価区分け証明済みで相続を受けた証明方法。

(3)古物商が無価値として、古物買い取りしない物品を、田辺市はどう言う手続きで、一廃で処分するのか、この負債遺産費用は奥方、田辺市でどう費用負担配分するのか。

2、この問い合わせの理由は下記事実に拠って居ます。

(1)日本国で行われて来た、司法書士、弁護士、裁判官、裁判所、法務省他による遺産相続の実態は”民法第896、1031条他を守らず、法を多数犯して、正の遺産だけを犯罪により収奪出来れば、相続遺産分割除外説が適用だと、裏で決めて遺産から抹殺”弁護士作成遺産目録も、当然偽造、之が当たり前で通されて来ました(最高裁大法廷平成28年12月19日に相続遺産分割除外説以後採用禁止、理由は民法第896条等に違反して居たから、でも守られず来た)

(2)この正の遺産犯罪収奪方法は「遺言状による、複数相続人が居ながら、誰かに遺産全て、不動産全てを遺贈するとした場合で言うと”遺産土地建物は、他の相続人に隠れて、司法書士、法務局で遺贈受け者名義に全て書き換えて、他の相続人が民法第1031条二より守られている売賊遺留分、減殺遺留分まで強制強奪”」「遺産預金は、見つけ出せた遺産預金に付いて、預金先金融機関も加担して”死人の預金者が死去後、死人自身で預金を引き出したと、預金窃盗犯と金融機関が、手続き書類、帳簿等偽造、犯行ビデオ警察共々隠匿で成功させている”」こう言った犯罪が行われ、成功させて来て居ます。

(3)負債借受金、負債となる土地建物、廃棄物品は「司法、法務省の慣習?で”遺言状での遺贈の場合は特に、負債遺産は全て相続受け対象外”と、法によらず決定して、遺言状で遺贈を受けた者は、負債相続を、強制除外特権を享受出来ている」

3、これ等司法法破り遺産相続制度、遺言状での遺贈受け法破り制度と、田辺市が野崎幸助氏から、遺言状で遺贈を受けた実例は、真逆の扱い、田辺市の遺言状による遺贈受け手続きが合法と言う、重大な事実が有るのです「通常?の弁護士、法務省、裁判所、裁判官法破り遺言状での遺贈受けで有れば”法定相続人である、野崎氏の奥方には、正の遺産は一切渡さない、上記方法で田辺市が押し通せる”負債は一切相続受け不要、拠って田辺市は、限定相続手続き不要、野崎さんに債権を持つ債権者が出ても、全て債権踏み倒しでとされる、過去の同様実例が之で通って居る、通されて来たので」

4、つまり田辺氏が取った、野崎幸助氏からの遺言状での遺贈受け手続きは「日本で行われて来た、法を犯す遺産相続制度を、法により違法と事実証明した、画期的な相続実例なのです”後妻業と騒がれ、逮捕された筧千佐子さん事件では”遺言状による遺贈受け故で、他の法定相続人遺留分は、一件以外全て踏み倒されて居ますし、違法収益枝の税務調査等も無し(向町警察署、右京税務署に確認済み)です、この事実を見ても、田辺市による遺贈受け手続きは、日本の法を犯す遺産相続を、法律手続きを正しく取った、画期的な遺言状による遺贈受け実例なのです”こう言った真実を承知で、野崎氏の奥方を、遺産目当てで野崎氏を殺害した容疑者と、情報操作等に走って来た公権力のやり方は、完全に間違って居ます”」

5、生活保護受給者に相続が発生した場合”特に売れない土地建物、大量の処理物品等が有れば特に、保護事業が加担して、一定の遺産金は、保護費減額せずを約して、保護受給者は相続人にあらず”と偽らせ、負債土地建物、負債大量物品を放り出させる手を、国中で講じて居ます。

6、当社はこれ等重大な法を犯す相続手続き?負債遺産放り出し、相続せずで、遺産物品闇処理請負遺品整理等を潰し、相続手続き、個人所有物請負処理を、透明化させる為動いて来て居ます「札幌市環境局、清水部長が当社の合法化に向けた動き等を理解して下さり、次の所管法律順守手続きに動いて下さっています」

(1)所謂生前整理、遺品整理請負業者(札幌市保護自立支援、介護保険、障害福祉課で使っている業者だけで150以上)は、実施事業事実証拠を添え、個人所有物処理請負事業の審査を受ける事、保護課等もこれに準じる事(当社は審査を通して居ます、息子提携している行政書士と共に)

(2)保護自立支援課は、札幌市で保護を支給している受給者に付いて、相続を受けて居ながら放り出して有る、負債分類遺産動産(不動産も同じ)が無いかどうか、実態調査を行い、相続を受けたまま放置して有る動産に付いて、事実が出れば、環境局等と処理協議する、又、保護受給者が死去した場合、相続を受けて放置して来た、負債物品(土地建物等も)が無いかどうかも調査して、存在すれば、行政責任で処理等しなければならない。

7、田辺市による、野崎幸助氏からの、遺言状による正、負の遺産相続受け、法定相続人の奥方への遺留分配分等は、実は画期的な、合法相続手続きなのです「残る問題は、売れず処理に回す大量の動産、信仰対象物等の合法な相続証明、処理方法です、宜しく回答願います」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5010120
ユニークアクセス:4228340
今日
ページビュー:397
ユニークアクセス:396
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed