エントリー

2020年06月03日の記事は以下のとおりです。

瓢箪から駒で他

  • 2020/06/03 17:38

当社は「狙った訳では無くて、札幌市役所から公文書が出て、自由に?個人の不要所有物引き取り、処理を請け負えるし、相続に関わる遺産物品を調べて、証明書を作成する、行政書士と提携して、行える、公式に行えて、証明書を公の証拠で使える、この事業の許可を得て居ます」

苦節3年半、ようやくここに到達しました「廃掃法は、環境省と地方自治体が所管して居ます、一般廃棄物は、市町村が所管する法律です、当社と業務提携している行政書士は、法を所管する札幌市から、上記事業許可を得たのです、こう文書も出されて、許可を得て居ます」

生前整理、遺品整理請負ます、業界最安値に挑戦、遺品整理士在籍、こんなうたい文句の、犯罪業者、自称だけの資格犯罪業者では有りません、法により、法を所管する行政機関から、公文書で事業許可を得ている、正しい事業者なのです。

北海道新聞が、犯罪と承知で打ち続けて居る、生前整理、遺品整理請負ます広告に付いて「違法だろう、何故認めているんだと、札幌市環境局に、抗議の電話が来たと言う事です”正しい抗議です、あの広告は、犯罪を請け負います、広告です、道新も、あんな犯罪を正業と偽った広告を、本当は出せる筈が無いんです」

札幌市の生前整理、遺品整理請負禁止への動きが有り、道新の生前整理、遺品整理請負ます広告に対する、違法広告だ、との抗議事実が更に物を言って居ます、道新等報道機関、生前整理、遺品整理請負犯罪業者の広告打ちは、犯罪を故意に行わせている広告です。

法を所管している、廃掃法を所管している、一般廃棄物の法律、事業を所管している札幌市の合法化への動きに、道新他報道機関、犯罪請負結託業者は、真っ向から法の破壊で向かって居ます、犯罪を通すべく、法律蹂躙で向かって居ます。

裁判所の公務、不動産明け渡し強制執行、実体は強盗公務で強奪物品処理も、もう公になった通り、犯罪を重ねて成功させて有る、法を犯す公務です。

弁護士等唯の代理行為者、絶対権限を持った独裁者では有りません、之が真実だと、義理の両親の遺産相続事件、阿部さんの遺産相続事件の結果でも、正しい事実と立証されて居ます「役に立たない処か、犯罪事実、証拠、委任した人間が手を汚したこれ等犯罪も、裁判所手続きで立証されて居ます、弁護士が役に立った、事実も無いのですし」

法律以前で役に立たない

  • 2020/06/03 15:54

今日も田辺氏から、回答が来ませんでした、想定して居なかった問い合わせだった、と言う事でしょうね「分かって居れば、物品の相続、処理を最後にする訳が有りませんの、始めに解決、処理が必要な相続処理手続きですから」

田辺氏も「弁護士(法務省)が万能だと、勝手に思って居たんでしょうね、行政機関なのだから、自分が相続に付いても基本を理解して居て、正しく田辺市役所で、調査、処理しなければならないのに、弁護士、法務省に聞いた、言われたから正しい方法だ、こう勝手に思って来たんでしょう」

野崎幸助氏に、負債が有れば困る、弁護士、市役所には調べる能力も無いので、限定相続とした、この決定の時点で、委任している弁護士のレベルから、理解して、田辺市、地方行政機関責任で、必要な調査、相続に関する各決定方法等々を、きちんと構築するべきでした。

三権の1権だと言う自覚、認識が欠落しており、弁護士に任せれば良い、こう錯覚して来たのでしょうね「弁護士等単なる代理行為者、三権の1権、行政機関の田辺市役所は自分の責任で、野崎幸助さんから遺贈された遺産に付いて、1円の無駄も省いて相続を受けて、市民の為に活用する責任が有るんです”弁護士に無駄な支払いをせず、行政機関として調査から行い、正しく相続を受ける、無駄な出費を抑えてこれを果たす”この意識、能力が欠けているんでしょうね」

弁護士等に払う委任費用が、一億八千万円ですけれど、之だけ支払って「負債の調査、処理も出来ないのですから終わって居ます、田辺市役所が自分で、正しく調査、相続処理を行えば良かったのです、田辺市で出来る業務全てを」

金を取るけれど、まともに役に立たない、相続の正しい実務、色々な相続の実務も、まるで知らないから本当には役に立たない、之を証明して居ます、田辺市役所の役人連中が、自分達の職責等を自覚して居ない事と併せて、本当にどうにもならないですね。

正しく遺産相続実務を知って居れば「最後に相続物品を扱う、筈が無いんです、始めに解決、処理が必要な問題ですよ、得する遺産だけ、犯罪に走り、収奪、之しか知らない法曹権力、法務省なので、遺産物品の正しい扱いも、本当に知らないんです」

遺品整理は違法

  • 2020/06/03 10:11

漸くあちこちが、生前整理、遺品整理請負は犯罪だ、之に気付いて来たようです、札幌市戸籍住民課は、スクリーン広告、封筒広告から、遺品整理請負広告を、今年7月の広告切り替えから排除と決めて、差し替えたとの事です。

札幌市環境局にも「道新が打っている、生前整理、遺品整理請負広告は違法だろう、何故認めている、等の抗議がき出して居る、と」

闇の請負です、未相続の個人所有物を、犯罪を重ねて処理を請け負っている、個人所有物の処理請負を、事実、証拠を偽造、隠滅、隠匿して処理を請け負っている、犯罪そのものです。

報道も拙くなっています「札幌市役所に、遺品整理広告は違法だろう、と抗議がき出したんですから、当社は関係無いですよ、この抗議に付いては、市民が正しく行った講義ですから」

札幌市環境局は「個人が所有する物品で、未相続で有れば、相続を受けた事から証明が必要で、遺品整理業者が搬出、処理は認められて居ません、等答えている、との事です」

田辺市役所の遺言状による相続受けでも「相続手続きの基本がわからず”動産の調査、古物売却、処分が最後になって居ます、最初に手を掛けるべき、相続事案です”最後に回すのは違います」

相続の正しい実務も、知らない結果ですよね、行政書士の息子は、こう言った相続の根本から、大体知って居ます、実務は私が詳しいけれど。

法律を正しく、実例、事実に沿って適用させて、実務上はたせる証明、扱い、処理を行わなければならない、特に公的機関、公務員、国家資格者は鉄則です、之が先ず知らないから出来ないのが実際なのです。

之が真実ですよ、この国の公権力、国家資格者、政治権力、報道等、公権力の、法律どうこうの前に、正しい常識、正しい実務が分からないんです、困った現実です。

間違い、法律違反を指摘されれば、逆恨み、逆上に走り、冤罪粛清に動く、之が常なのです、困ったカルトテロ権力です。

税金の使われ方

  • 2020/06/03 08:20

地方交付税の使われ方には「犯罪者に自由に流して、足が付かない税金資金、役所が犯罪者と手を組み、税金不正取引が出来る、こう言う性質が、地方交付税には有る訳です」

ファイナンスリース、実際には「物品購入費の融資を、公務所が禁じられている、ファイナンス金融から受けて、物品のリース借り受けだと偽って、やり放題出来ている事実も、地方交付税が使われている故、償却資産税脱税を組み込んで、成功させて来て居ます”足が付かない税金使用、犯罪者への税金投入”が通って居るのは、地方交付税、一般財源は、犯罪使用し放題出来る、証拠を残さず使える故”なのです」

生活保護受給者の所有物を、違法業者を使い、生前、遺品整理で、闇処理させられている理由、税金でこの犯罪を成功させられている理由も「使用根拠を揃えず通る、地方交付税、一般財源から税金資金拠出故です」

この税金資金は、足が付かない🅂金、地方自治体が好きに使えるお金です「ファイナンス、リース、あの違法融資事業でも、地方交付金、一般財源が使われて居ました”ざっくり予算を取り、流すので、ファイナンスリースに流すかね、では取れず、ざっくりした総予算が減らされれば、ファイナンスリースの支払いに困る、こう言って居ましたよね”」

生活保護受給者の家財の処理は、地方交付税資金、一般財源から拠出して居ます「支出根拠、証拠が要らない税金資金を使って居ます、だから違法なファイナンスからの融資受け、詐欺物品リースも、保護受給者所有物生前、遺品整理委任、請負公務も成功して居ます」

この黒いからくり、行政の闇、税金の悪用事実が有るので、生前整理、遺品整理請負も、大手を振って行い、通って居ます、公権力の真っ黒い闇が、どんどん公開証明されて行って居ます。

犯罪を税金で行わせて居る、生前整理、遺品整理委任、請負もこれだと、ここまで証明して、公開して居ます。

もう言い逃れは無理です、どんどんこの犯罪も、破綻し続けて居ますから、実際犯罪ですからね、当社が公開立証した通り、司法が絶対、何処が、も証明して有ります。

足が付かない税金事業の理由

  • 2020/06/03 08:00

何故生活保護受給者に関わる犯罪は、足が付かないで通って居るのか「根本は、保護受給者の人権保護等と綺麗ごとを吐き、犯罪証拠の隠滅、隠匿に走って通されているからです、実際は”面倒だし、合法を通す知識も人間性も欠落して居る事実が、公権力の構成員の大半に有るので、楽して取れば、証拠を隠滅して、犯罪に走った方が楽だから、です」

保護受給者の所有物を、生前、死去後、違法業者に税金を渡して「証拠を残さず犯罪で処理させて通せている、根本理由は”足を付けず済む、地方交付税、一般財源から金を出しているから”ですよ、濡れ手で粟の、血税が資金源故です」

地方交付税、一般財源は「自由に、証拠を残さず使い放題の税金資金、こう扱われて居ますので”ファイナンスリース、ファイナンス金融から、役所の癖に違法融資を受けて、通して居るあの融資詐欺の資金源も、地方交付税、一般財源だったでしょう”」

生活保護受給者の所有物、生前、遺産整理、処理の、税金を投じての闇処理委任、請負も、この闇で自由に使える、地方交付税、一般財源が資金源故です「だから違法請負業者に”足が付かないように、一式で出せ”と、保護課が指示して居るんです、流石に違法な個人所有物処理委任、請負です、こう言う見積は、出させられません」

阿部健一、花枝さんが遺した、大量の物品を、何故「保護受給者沼xx子が、根拠も時期も無しで、216,000円で相続を受けた、こう出鱈目決定を下したか、理由の一つが”泥棒の阿部xxが、沼内が相続を受けた?この特定無し物品全部?を、216,000円で買い取った、こう偽って、不動産明け渡し強制執行で、根こそぎ闇処分して、幾つもの権力犯罪を、証拠重共闇に葬る予定、だった訳です”」

生活保護受給者が相続を受けて居て「解体撤去が必要な建物、土地は売れない不動産と、大量の物品、処理が必要な物品を、そのまま”保護課も確信犯で放り出して居る”問題、事実も”こう言った保護受給者相続受け、負債建物解体費、家財処理費拠出が必要な、保護受給者が相続を受けた不動産、動産に付いて、保護課が法に沿い、証明、処理に動くと、保護事業の犯罪、保護受給者所有物犯罪処理、出鱈目な、犯罪塗れの保護受給者相続受け後の扱いが、発覚するんですよ、阿部さんの相続事件で、処理対象家財を、保護受給者分も正しく扱った日には」

司法犯罪相続も破綻しますしね、もう破綻させたけれど、公に、合法化実例が出来て居ますから、司法犯罪相続と逆の実例証拠が揃って来ているから。

根本が出鱈目、司法を名乗るテロ犯罪集団

  • 2020/06/03 06:29

@阿部花枝氏の遺産預金窃盗犯で、花枝氏の息子、長男阿部溘悦氏自宅から除雪機窃盗も手掛けて、花枝氏息子、保護受給者阿部健治氏息子、阿部正明氏の上記窃盗事件は、昨日溘悦氏が被害者、加害者阿部正明氏の事件構成で、溘悦氏被害者調書録りが行われました、司法遺産犯罪収奪適法、裁判官決定が絶対、共に破綻した事件構成です”田辺氏宛て二回目の文書も添えます、大量の物品相続を、最後に遺した事が根本で間違い、古物で売れる物品は売り、金銭遺産で計上、処理物は所有者証明、相続受け者特定、所有者責任で処理、負債遺産計上”先ずはこの手続きから、ですから

                                   令和2年6月3日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※上記事件、昨日根本の疑問で上がったのが”何故札幌市は、保護受給者である沼内悦子に、高齢の両親の財産管理を認めたのか”自由に財産、遺産を扱わせて認めたのか、ここでした、保護担当役人も、税金詐欺で扱うべきですが?

秋元克広札幌市長、市議会議員全員、区長、保護自立支援課高橋課長、環境清水部長他、介護保険、障害福祉、広報、戸籍住民、空き家対策
FAX011-218-5166 遺産不動産内外物品、処理策なしで済む気楽さ
FAX011-218-5180 保護自立支援高橋、保護事業犯罪財源が理由
FAX011-218-5105 環境、保護受給者家財、一般財源で足が付かず
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課福田、石倉企画法令
FAX03-3592-1459 保護受給者家財処理、地方交付税故証拠不要
鈴木道知事、地域福祉課保護担当、酒井課長補佐
FAX011-232-4070 保護事業家財処理、保護費で無いから足が付かず
小泉進次郎環境大臣、廃棄物適正処理推進課、伊藤企画法令
FAX03-3593-8263 保護事業、相続で個人家財犯罪処理、公務犯罪
森雅子法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-1459 遺産窃盗は犯罪、判決、決定絶対とも否定
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 偽造で遺産預金窃盗合法、この判決責任は
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 被害者金融機関から、相続人に変わった?
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 道銀帳簿は証拠押収しましたか?偽造証拠
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110 同じ法の下で真逆の事件構成
道新報道センター内山他記者
FAX011-210-5592 取材しない自由で市環境取材せず遺品整理擁護

1、昨日、阿部花枝氏の遺産となった預金を、花枝氏息子、保護受給者阿部健治氏息子、阿部正明氏が盗んだ事件、道銀手稲星置支店ATMから二回、287,000円、244,000円を盗んだ犯罪と、同じく阿部正明氏が、花枝氏息子長男、阿部溘悦氏自宅から除雪機を盗んだ事件に付いて、メイン犯罪が預金窃盗(手稲署管轄)付帯窃盗が除雪機窃盗(厚別署管轄)被害者阿部溘悦氏、加害者阿部正明氏、この事件構成で、溘悦氏の被害者調録りが行われました、正明氏は他に、花枝氏の遺産年金約122,000円も詐取している、遺産不動産も根こそぎ地面師詐欺で収奪している、伝えた通りの事実です。

2、この一連の事件、昨日の窃盗罪扱い刑訴法手続きにより幾つもの権力犯罪が、更に浮き彫りとなって居ます。

(1)私の妻の親の遺産預金窃盗他の通り”相続遺産分割除外説でっち上げ、絶体闇制度に拠り”今年2月19日に、瀬川賢一行政書士が、遺産預金横領、被害者相続人、この構成で逮捕、報道されるまでは”遺産預金を共犯で盗み、死人が預金を引き出したと、証拠偽造、隠匿金融機関が被害者、口座名義人、相続人は被害者にあらず”こう、事実を作り変えて、遺産預金等盗んで手に入れ放題で来た、花枝氏の事件も、今年に入るまではそう扱われて来たが、瀬川行政書士事件から、被害者が相続人に変わった”

(2)阿部正明氏が盗んだ除雪機も含めて、札幌家裁、裁判官は、沼内悦子(阿部正明氏も)委任弁護士、小寺正史弁護士の言い分通り”阿部溘悦氏自宅に有る全ての物品は、時期、物品特定せず、全て保護受給者沼内悦子が相続を受けた、こう決定されている”除雪機所有者は沼内悦子の筈”この決定であれば、判決、決定は絶対では無いのか?

(3)この一連の犯罪は、札幌市役所、保護事業が”保護受給者沼内悦子氏に、親の財産、遺産管理を任せて、沼内氏が自由に親の金を抜いて使って認め、保護費削減等せず、遺産の大半を、甥阿部正明氏に法を犯させ、渡して保護費詐欺を成功させて来た、之が最大の原因、警察も疑問を呈して居る事”主犯は市長、市議会議員、保護課役人では無いのか?

(4)そもそも、今までの司法、警察犯罪、死人偽装で遺産預金窃盗が適法、正しく遺産預金は犯人と共犯の司法書士、弁護士が入手して、遺産から消えた(筧千佐子氏と東大出弁護士事件もこの扱い、野崎幸助氏の件は法律通り相続)この司法犯罪と、全く整合性が取れないが、どっちも犯罪とならず、で通すべきでは無いのか”金融機関の金は、口座名義人偽装で抜き放題が適法”これが正しい筈。

3、別紙田辺市役所宛て文書記載をご覧下さい「大量の遺産物品の相続、処理が先行、相続分物品特定、証明(各物品緒所有者特定、証明です)相続を受けた者か、相続権者全員の合意で先ず物で売却して、金融遺産で計上、処理物品は、相続を受けた者の責任で処分、処理費は負債遺産で計上(遺品整理は、これ等を証明して、証明書作成、証拠使用が鉄則)これが先行します、他の物品、他者が所有の物品は、持ち主に返す、供養対象品は、供養を行う者が引き取る、形見分けは、相続と扱わず各々引き取る、この手続きが、先ず先行します」

4、保護受給者の生前整理、遺品整理の金は「足が付かない地方交付税、一般財源から拠出して居ます”ですから証拠を残させず、金を犯罪業者に渡して、違法家財処理出来て居ます、保護法では、保護受給者所有物処理費拠出が認められて居ない、何処かの局長が、別財源の金で、保護受給者の家財処理を行っても良いのでは?”こう言った事が根拠です」

5、ですから保護事業は「一般会計に”適当な支出要求を出して(保護受給者家財処理が合法根拠無しで良い)支出合法根拠不用で、会計課が拠出して居ます”こう言う事実が有るので”保護受給者が放り出して居る、実家の建物解体費、家財処理費支出は出来ません”多くが、保護費支給自治体と、実家のある自治体が違います”地方交付税、一般財源、証拠を残さず拠出は無理です”生活保護受給者の所有物、生前整理、遺品整理を、税金を使い、証拠を残さず違法業者に渡して闇処理公共事業は、こう言う地方行政の闇で成立させて有ります」

6、この地方自治体犯罪、裁判所犯罪もですがに「違法業者を使い、法を犯させて、証拠抹殺で成功させて有るから”証拠が残らない事案だけ、生前整理、遺品整理委任、請負が成功して居ますし、これ等業者に、司法、警察、行政は、手を出しません”共倒れしますので、報道も確信犯で共犯です」

7、こう言う行政、地方政治の闇が有るので「生活保護受給者が相続を受けて放り出して有る、実家等相続遺産土地建物、物品、保護受給者生前、死去後の実態調査、行政責任保護受給者負債処理は、手を出せない訳です”流石にこれでは、事実調査等出来ませんし、保護費支給自治体と、相続を受けて放り出して有る、実家等所在自治体間で、闇協議、地方交付税拠出、事実証拠隠滅、は無理ですから”空き家対策も、これ等保護事業犯罪、多くの同様事案が隠されている事も承知で、隠して居ますよね”」

8、札幌市環境局「この保護事業犯罪物品も含めて、不動産明け渡し強制執行、所有者から偽装物品処理も合わせて、合法な個人所有物処理策を、正しく構築する事を求めます”何の根拠で市民に、法と条例を守らせるとして居るのか、こんな犯罪を認めて置いて、遺品整理屋をのさばらせる事も行って」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年06月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5009947
ユニークアクセス:4228167
今日
ページビュー:224
ユニークアクセス:223
昨日
ページビュー:1301
ユニークアクセス:1269

Feed