エントリー

2020年07月の記事は以下のとおりです。

本業の知識も役立っている

  • 2020/07/31 16:40

裁判所による、強制執行が決定された、占有場所に有る物は、根こそぎ、執行対象者に権利が無い物でも構わずに強奪して、諸湯社を偽り故買、廃棄処理を国中で凶行し捲って居る、この犯罪も、更に追い込まれてしまって居ます。

建設業者は、事業の性質を踏まえた事による特例が、有り、施主の不用家財等を、自社所有産廃として、処理する事が認められて居るのに、この法律行為、合法請負行為まで、法の破壊によって違法とねつ造されて、潰されて来て居ます。

一方で司法犯罪強制執行名目の、実際には強盗行為は、法を蹂躙させて、行わせて有るのです。

裁判所が所在する市役所が、犯罪物品の処理に、直接組して、犯罪物品を抹殺して上げています、共犯ですよ。

この司法犯罪も、ようやく「単なる強盗、泥棒だと言う事実、証拠通りに扱われる、公式証明されて、通るようになって来て居ます」

裁判所犯罪を、札幌市役所環境局は、単なる強盗、泥棒行為、廃棄物でも無い盗品処理引き受け、之も認めたのです。

当社の不当な被害受け事実、証拠も、この事実でも役に立って居ます、良い事なのか、、、。

調査中の事

  • 2020/07/31 16:18

小樽市に有る、農水省が管理責任を負って居る、国有農地を、昔から勝手に、道路造りの為に土砂を盛り、道路違法造成して、使って居ます、不特定多数が。

この件も出た事で当社は、公有地の問題で、民有地や民間の建物等に被害を加える結果になった時、どの法律により、どうやって罹災被害の一時食い止め、再発防止工事実施等を行って居るのか、札幌市役所と、北海道庁財産管理等関係部署に連絡を入れて、確認をして貰って居ます。

国有地の違法侵奪、管理する国の機関名は置いて置き、同じ国有不動産財産で、同じ法律規定が適用されて、工事実施、確認検査実施等になって居る訳です、地方自治体が管理している、公有土地も、違法侵奪被害が分かったら、同じ対抗策等を講じなければなりません。

さてどうなって行くのか、直近の事件ですら、大半の平民は、事件が起きて居ても、理解自体出来ないから、何の予想による、命等を守る意識が無いんですね。

裁判所犯罪

  • 2020/07/31 16:05

当社が貸し出して有ったリース物品、裁判所により、有建物明け渡し強制執行が決まった人に貸し出して有った物品を、執行の場所に引き取りに行ったら「後で返しますから、一旦持って行かせて下さい、と言われ、信じた事が間違いだった、司法が合法行為を取る訳が、やはり無かった」

結局「騙されて持ち去られた、執行を受けた人に貸して有った物品、新品価格で25万円位のリース貸出物品は、違法に売り飛ばされた、廃棄処理されました」

裁判所、司法犯罪が、この事件でも起きた訳です、犯罪が起きました、案の定。

この司法泥棒被害の、証拠も合わせて揃っているから、同じ犯罪を日常行為として居る、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、執行官、明け渡しの訴え担当、不動産屋、委任弁護士なのです。

この事件実例、証拠が揃って居て、被害を泣き寝入りしろ、こう強要されて来て居るのですから「強制執行公務?は強盗、泥棒で有り、法に沿った公務遂行でも無い、実例、証拠が示す通り、之が事実で広まり、同じ犯罪実行の抑止力にも、一定はなって居たりもします」

札幌地裁、民事執行部所の連中は、札幌市役所環境局と、道庁、振興局環境が、強制執行は泥棒、廃掃法違反と言うなら、裁判所、執行事件に関して「証拠事実を公開して、合法と証明すれば済むだけです」

でも、違法、犯罪だから、合法と証明は、無理です、闇に紛れようと、暗い所を目指して、どんどん職業xx者になり切って行くのです。

危険防止対策、権力犯罪対策

  • 2020/07/31 09:33

農水省が管理責任を持って居る、小樽の国有農地が、古くから住民らにより、違法に道路を造成して作り、自由に使用されて来て居る、勾配9~10度、上下差8~10メートル位、隣接する一方は、垂直の切り立った崖造成?逆側は、適当に埋め立てて、道路を造った上から、垂直、急傾斜の擁壁が立って居る埋め立て住宅地、一件は土留め無し、崩落し続けて居る埋め立て地です。

この埋め立て造成宅地の土砂の重さと、擁壁の重さ、下と下部横に掛かる、膨大な重量を、国有農地側は、勾配造成道路の土で、横への圧力を防いでいる状態です、元の地面は、泥炭層のような軟弱地盤の上に、こう言う造成、盛り土がされて居ます。

この国有農地を埋めて、勝手に造られた道路の土では、この土と、横の住宅地の埋め立て土砂、擁壁重量は支えられません、何時崩落する、道路の土が横に吹っ飛ぶ事態に陥っても、不思議はない状態です。

国有農地の土、擁壁重量を、横方向で支えるには、高さ分くらいの、傾斜を付けて行く土盛りが必要でしょうね、現状の国有農地の幅では、崩落防止公共工事は、無理でしょうね。

司法、行政犯罪、個人所有物犯罪処理もそうですが、法律等無いのと変わりません、国家権力が、素人以下の連中ばかり故です。

ようやく

  • 2020/07/31 08:29

ようやく札幌地裁(全国ですが)民事執行が行って居る、占有場所のあらゆる物品、退去決定されていない他の権利者の所有物、営業看板等根こそぎ強奪、破壊撤去、持ち去り、違法故買、廃棄処分行為に付いても、北海道庁、振興局環境部署、札幌市役所(札幌地裁管轄市町村と併せて)が集い、司法による廃掃法違反、と言うより、執行対象者と、以外の権利者の財産権、営業権、居住権強奪、犯罪で物品等処分、越境事件も有り、この司法犯罪も、廃掃法を所管する行政職権で、法による措置等実施と決まりました。

元々犯罪だと承知で、犯罪証拠物の闇処理に加担して来て、成功させて来ただけですからね、札幌地裁犯罪は、札幌市、道庁、振興局、道警が直接共犯、実行犯で成功させて来たに過ぎません。

行政が職権で与えられて居る、廃掃法所管権限と、廃棄物許可出し権限と、廃棄物処理場建設許可権限、運営権限を悪用させて、司法強盗物品の、闇処理等に加担して、成功させて来たに過ぎません。

札幌地裁も承知の、司法犯罪に与した、地方自治体犯罪です、地方自治体が、所管法律、業務違反を止めれば終わらせられたんです。

この札幌地裁、司法犯罪公崩壊により、生活保護事業、介護、障害福祉事業犯罪、遺品整理、生前整理犯罪請負業者養成、犯罪委任、実行させて居る法の犯罪も、崩壊させて行けるでしょう。

札幌地裁

  • 2020/07/31 07:35

@札幌地裁民事執行部所は”越境搬入も含めて、強制執行物品を札幌の運送屋倉庫に運び入れ、所有者偽装、廃棄処理区分虚偽等で処分している事実に付いて”廃掃法を所管している札幌市、道庁が、行政として法的措置を取れと、札幌市に対しても、公式通告しました

                    令和2年7月31日

  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
         (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
              TEL011-784-4046
              FAX011-784-5504
※この件で札幌市環境、清水部長から当社への要請、本件に関して札幌地裁から、振興局、札幌市環境局に、協議目的連絡してくれるよう、当社から伝えて欲しいと求められ、伝えて有ります

鈴木道知事、道議会、石狩振興局環境生活課、鳴海主査他
FAX011-232-1156(34-347)
足元札幌市長、市議会議員全員、環境局清水部長他、総務部行政監察、法務部、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166
小泉進次郎環境大臣、廃棄物適正処理推進課、伊藤企画法令
FAX03-3593-8263
森雅子法務大臣、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
※札幌市環境局から、札幌地裁への連絡の求は、地裁総務課内山課長の部下に伝言して有ります
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357執行名目、実際は泥棒です
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長

1、昨日別件が有り、序に13階環境局に立ち寄り、清水部長を呼んで頂き、札幌地裁民事執行部所、伊藤総括執行官に電話を掛け、清水部長が前に居る事も告げ、次の事実に付いて、答えを求めました。

山本ー強制執行実施で、札幌地裁管轄全部の市町村を対象地域とさせて有り、越境事案も含めて、全ての執行物品を、札幌の道民運輸倉庫か、まこと引越センター倉庫に先ず搬入して、一定期間経過後、物品所有者を偽る、個人所有物を、事業系一廃等偽り、廃棄処分して居るが、廃掃法等違反だ、何故この違法処理を行って居る。

清水部長ー廃掃法違反の前に、処理される物品所有者は、持ち出しも処分も応じて居ないのですから、廃棄物ですら無いし、窃盗行為等ですよね?”これも伝えて有ります”

伊藤執行官―法律条文等は答え無いし、答える気も無いです、法に沿って行っており、違法と言うなら法的措置を講じれば良い事です。

山本ー伊藤執行官、裁判所の処分は、札幌市環境局が、違法と承知で廃棄処理に応じているから成功している、この件は”廃掃法を所管して、処理事業を運営している札幌市役所と、越境に付いては道庁、振興局、該当市町村環境部署が所管する法律違反だ”法による措置実施は、これ等行政機関による法的措置だ、三権分立から分かって居るのか?

伊藤執行官ー行政が所管する法律問題で、道庁、札幌市環境等が法的措置を講じる規定なら、行政が法的措置を講じれば良い事、法的措置を講じて下さい。

山本ー清水部長、裁判所の答えだ、もう違法廃棄処理は禁じて受けるなよ、裁判所の強制執行、生活保護事業の同種犯罪で、違法廃棄処理して証拠隠滅して居て、遺品整理屋に廃掃法違反等、行政として出来る訳が無い、即刻裁判所の執行物品処理を禁じて、所有者に返却させろ”執行事件実務を調べろ、廃掃法所管権限によって、道庁、振興局環境共々で”。

2、札幌市役所環境局、清水部長から当社への依頼事項が出て居ます。

清水部長ー山本さん、札幌地裁に”札幌市環境局と、石狩振興局環境生活課に、この件で協議したいと、裁判所の責任者から連絡してほしい旨伝えて頂きたいのです”札幌市、道庁環境から動くと、執行物品処理を禁じる以外無くなります、先ずは今後の対応に付いて、廃掃法を所管している道庁、振興局、札幌市環境局に、違法公務を行っているであろう、札幌地裁の責任者から、協議の為の連絡をしてほしい旨、連絡するよう伝えて下さい、一定期間連絡が無い場合、廃掃法違反の疑いにより、法的措置を講じなければならなくなります、元々所有者の意思に背いた物品処分で、違法ですから。

清水部長ーハウスリメイクさんからこの件も指摘、証明された、平成29年にきちんとこの件も、廃掃法違反の解消を、裁判所との間でして置くべきでした、持ち主に変えさせて、所有者責任で処理以外認めない、とさせるべきでした、所有者の意に反しており、遺品整理屋より違法ですから、廃棄物ですら無いですから。

3、札幌地裁総務部、内山課長の部署に電話を入れて、清水部長からの言伝を伝えて有ります、一定期間裁判所から、札幌市、石狩振興局環境に連絡が無い場合、廃掃法違反による法的措置実施、とも伝えて有ります。

4、石狩振興局環境生活課は、札幌地裁管轄市町村、札幌市とも、この件も含めて、廃掃法違反、越境個人所有物搬出入、違法処理問題を協議して行きます、との事です。

xxxxxxx

  • 2020/07/31 06:12

 @江藤拓農林水産大臣、迫俊哉小樽市長に対する、緊急要求

                    令和2年7月31日

江藤拓農林水産大臣、国有地管理課本間担当
TEL03-3502-6445
FAX03-3592-6248
迫俊哉小樽市長、市議会、都市計画宅地グループ高橋主査他
TEL0134-32-4111(351)
FAX0134-25-1487(総務課経由)

小樽市幸2丁目18―39地権者より、調査他を委任された会社
  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
         (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
              TEL011-784-4046
              FAX011-784-5504

1、江藤拓農林水産大臣、迫俊哉小樽市長殿、小樽市幸xx-xx国有農地、農水省管理地と、xx-xx私有地一部に、違法に土盛りして(最高高さ、切り立った道路部分で数メートル)作られ、郵便局員他が通行している、違法造成道路は、xx-xx私有地に、x-781,7832,783住宅盛り土、擁壁事崩落する危険が大きい、違法造成道路です、xx-xx地権者が、崩落を食い止める為土砂を運び入れたが、一カ月も置くな、崩落等関係無い、撤去せよ、崩落問題は、崩落被害を受けるxx-xx地権者と、xx-xx国有地管理、農水省、xx-xxx盛り土造成宅地地権者間の問題、xx-xx地権者から、この件の訴えが出たので、農水省、xx-xxx地権者に対して、早急な崩落防止対策の求を、小樽市は出す、との事です。

2、xx-xxに隣接する宅地、x-781,782,783宅地、781,782は、盛り土、急峻擁壁施工(元の軟弱地面から7~10m位?違法造成道路上から擁壁施工)となっており、783は擁壁無し故、崩落し続けて居る、この盛り土宅地の、横方向への土圧を、xx-xx国有農地の盛り土、幅4メートル位で受けており、x-781,782,783盛り土造成宅地毎、何時崩落してもおかしくありません。

3、昨日、札幌市役所土木部道路課技術職員等、及び公共工事等、ビル工事請負会社技術者とも、この状況に付いて話し合い、xx-xx国有農地も含めて、隣接するxの住宅盛り土、擁壁事崩落する危険が非常に大きい、恐らく現状で、xx-xx国有農地の幅で、隣接するx地域住宅地の盛り土、擁壁等の重量を支える土木工事は無理であろう、この状態でxx-xx国有農地の崩落防止工事は、どの工事会社も請けないでしょう、国有農地の盛り土を削れば、x住宅地の擁壁、盛り土が崩落する危険が大き過ぎます、との、当然の答えに到達しています。

4、対策は、x地域の住宅を撤去して、xx-xx国有農地と併せて掘削から工事を行うか、xx-xx私有地を、xx-xx国有農地隣接部を購入するか、借り受けて、幅広く土盛り等に使うか(数年掛けて土圧を掛け、沈下し切らせてから)でしょうね。

5,xx-xx住宅地所有者からの、緊急要求は、xx-xx国有農地盛り土が、xx-xx私有地に、一切崩落、落下しない対策を、半月程度以内に取る方法を答えて、実施する事、之が要求です”小樽市長、農水省に対して、このxx-xx地権者からの、正当な要求も含め、xx-xx国有農地盛り土が、xx-xx私有地に崩落しない対策を、即刻先ず取らせるよう求めます”私有財産保護の為の、当然の求です。

6、当然ですが、xx-xx国有農地も含め、崩落すれば、xx-xx民有地が被害を受けます「土木の専門部署の、詳しい人間と、当社とで協議したいので、数日以内に、農水省で、土木の専門職員担当者を決めて下さい”小樽市は、住民、地権者から、こう言った正当な訴えが出た場合、即刻公式対応する市役所ですから”」xx-xxx住人には、当社からも、早急な擁壁施工を求めます。

7、特に後志総合振興局職員、農務課米田職員は酷過ぎる傲慢な役人です、下記文言は余りにも酷過ぎます。

米田ーxx-xx国有農地と、隣接するx住宅地が盛り土だ、崩落の危険が大きいと何故言える、あんたは土の専門国家資格を持った人間か、資格を言って見ろ、土の専門国家資格がないのに、盛り土だ、崩落の危険が大きい等言えるか、資格も無いくせに何を言って居る(この国家資格を持った農水省職員を、即刻当社との協議担当にする事)

米田ー何十年も盛り土国有農地道路は持って来た(昭和60年頃測量して有り、違法に国有地が道路造成、使用されて居る事は承知だった)崩落の危険が大きいと何故言える、xx-xx側が切り立った崖状態で、矢板も無い、ガードレールも無いので、車両、通行人落下の危険も大きいから、即刻通行止め措置を取れだと、何十年も崩落して居ないし、車も人も落ちて死傷して居ない、人身被害もないのに何故車、人が落下する危険が大きいと言える、死傷者が出ても居ないんだ、死傷者が出て居なければ、危険とは言えないんだ。

米田ーまず急いで現場を、あんたと確認するようにだと、緊急性も、危険性もないのだから、何時現場を見るか答える必要は無い、道路通行止め措置も、緊急性も危険も無いから、急ぐ必要は無い、との事、農水省、全責任を負う事、xx-xx私有地へ、xx-xx国有地盛り土が、少しでも崩落した場合、責任を取って頂きます「北海道財務局管財部、松井国有財産松井管理官とも面談しており、国有地の責任で、民に被害を与えた場合も、民法第198,199条等で、国が責任を負います、との答えを得て有ります」

遺品整理の方が善良、不動産明け渡し強制執行よりまだマシと言う

  • 2020/07/30 16:51

遺品整理屋は、一応誰かの了解を得て、所有者を偽る、等法を犯すが、個人所有物を違法処理目論見で、請け負って居ます。

一方裁判所、弁護士連中の犯罪、不動産明け渡し強制執行は「占有者は、物品を強奪されており、強奪に合意して居ません、当然ですが、排出者、廃棄区分偽装で処理も、認めても頼んでも居ません」

ですから札幌市環境局、部長も「遺品整理屋はまだ、一応処理を了解している、物品の所有者かどうかは別にしても、了解しているだけマシ、強制執行は、まさしく強制的に、占有場所の物品を運び出して、所有者が認めても居ないのに、違法に廃棄処理して居る、廃掃法違反の前に、泥棒、強盗ですから、廃棄物とも決まって居ない訳ですから、廃掃法違反ですらありません」

こう答えているのです、強盗で奪った物品です、廃棄物では全く有りません、所有者から強盗で奪った物品です、廃棄物とも決められて居ません、遺品整理屋はまだマシ、不動産明け渡し強制執行よりまだマシ、事実です。

破棄物も何も、強奪品だから

  • 2020/07/30 15:44

札幌市環境局、清水部長ー山本さん”裁判所の強制執行って、強制執行された人達、物品を持って行って良いとも言って居ませんよね”強奪品で有り、廃棄物では無いですよね。

山本ーそうだよ、うちの会社がリースで貸し出した物品を、借主が強制執行を受けて、当社が契約書等を持参して、当社の貸出リース品だから、返すように現場で求めたら、後で返すと嘘を吐いて、返さず売り飛ばした、処分された事件の通り、強盗物品で、廃棄物でも無いよ。

清水部長ーここだけの話ですが、遺品整理屋より悪質ですよね、遺品整理、生前整理請負は、正しいかどうか置いて置いて、誰かが処理を頼んだ物品ですから、強奪、窃盗品では無いから、裁判所が一番悪質ですよね。

山本ー裁判所犯罪と、生活保護事業判事を潰さない限り、遺品整理屋も増殖するだけだよ、生活保護課、裁判所の犯罪を見逃して、違法と承知で廃棄処理を請け入れて、成功させて居るのに、遺品整理屋に廃掃法違反だの、言える筈が無いのだから。

清水部長ー、、、、、、、、(;'∀')

で、札幌地裁、民事執行係りは、追い込まれ過ぎて逃げ道を失い、居直りに走って居ます、札幌市環境局、石狩振興局環境生活課、さてどう所管法律で処理出来るか、逃げる道は、札幌市に犯罪物品請負れ処理させて行く、だけでしょうね、もう。

報告です

  • 2020/07/30 14:47

別件で札幌市役所に行き、先ずは13階、環境局最水部長を呼び、札幌地裁民事執行係り、伊藤総括執行官に電話を入れて、次の事を行って有ります。

山本ー伊藤執行官、私は今、札幌市役所13階、環境局清水部長の前に居る、伊藤執行官、札幌地裁管轄の全部の市町村を対象とさせて”不動産明け渡し強制執行手続きで、執行相手の所湯物と、証明も無くさせ、札幌の道民運輸か、まこと引越センターの倉庫に運び込み、一定期間経過後、債権者か、債権者に代わり不動産を管理している、不動産屋が所有する物品と偽り、廃棄処理して居るが”法律根拠を答えてくれ。

伊藤執行官ー全て法律に沿って行って居ます、法の条文は、答える必要は有りません、法律に沿った手続きです。

山本ーこの行為は、廃掃法違反以前に窃盗だ、所有者が処理を認めても居ない、廃掃法違反の前に、所有者が廃棄物とも決めていない、強制的に持ち去った物品を、違法処理して居る、法律条文を答えない、で済むか、清水部長、札幌市は違法と承知で、廃棄処理を請けて居る事が違法だ、何故違法処理を請けている。

伊藤執行官ー違法と思うなら、法律手続きを執って下さい。

山本ー伊藤執行官、三権分立を知って居るのか、この問題は、行政が所管する法律、業務違反だ、札幌市が法律違反による措置を講じなければならない、理解して居るのか。

伊藤執行官―であれば、札幌市が行政として、法律による措置を裁判所に取って下さい。

山本ー清水部長、伊藤執行官は”札幌市が廃掃法違反により、札幌地裁に対して、行政として措置を取るよう求めている、”札幌地裁に対して、法律による措置を取れ、札幌地裁が求めて居る事だ、良いな。

と言う事で「遺品整理屋を大きく超えた、犯罪公務実行札幌地裁、民事執行部所犯罪に、札幌市、石狩振興局観光は、廃掃法違反による措置を講じる事となった訳です」

ページ移動

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5106758
ユニークアクセス:4313397
今日
ページビュー:954
ユニークアクセス:909
昨日
ページビュー:1222
ユニークアクセス:1142

Feed