エントリー

2020年07月01日の記事は以下のとおりです。

この事実で、合法な税金支出事業、の筈が無い

  • 2020/07/01 16:40

平成29年から調べて来て有る、札幌私生活保護受給者の生前整理、遺品整理委任、請負税金事業実態、今日一部調査内容を記載して、札幌市役所総務局法制部、会計局に”合法な税金を使った事業、之を文書で証明して、市議会、保護課、環境局、市税事務所に出す事、との求め文書、記載調査事実”です。

まあ、改めて調査事実、動きを記載して言える事は「何処にも合法が無い、税金を使った市役所の公務、事業とは、全く言えませんよね、この事実、調査内容、多くの札幌市の役人からして、摘発されるべき事実ですから」

生活保護受給者の生前整理、遺品整理、税金を使って委任、実施内容を、正しく調べて、事実証明すれば、法を犯している事実が続々出ます「高橋保護自立支援課長は、この事業の調査、税金支出合法根拠証明を求めて居ます、法に適っている税金支出か否か、この問題への公式回答の求め、請負業者の名簿を出すから、業者の事業を調査するよう、との求め、平成29年に実施して置くべきだった調査等です」

保護受給者死去後、遺品整理委任も、札幌市保護課は、税金を使い、行って実施させて居ます、合法な税金支出、未相続遺産物品等、違法を重ねての処理実施です、未相続の段階でもう、札幌市役所は、重大な違法行為を行って居ます、処理出来る筈が無い、相続を受けた人が決まって居ないんだから、所有者が居ないのに、適法な処理が出来る筈が無いのです。

札幌他地方自治体が、相続されても居ないのに、遺品整理業者に税金を支出して、保護受給者の遺品整理も行わせて居る、絶対に言い訳出来ませんよね「相続は合法に終えて、相続を受けた人の権利、責任で扱う、この鉄則から犯して居ますから”司法犯罪集団と同様に、未相続遺産泥棒、犯罪処理です”」

誰も合法、適法と思っても居ない、生前整理、遺品整理請負なのに、札幌市役所保護課、総務局法制部、会計局等が「司法犯罪集団の無知蒙昧な虚言を、裏も取らずに信じて、合法だ、と強弁して、破綻して居ます、愚かな役人連中です」

この問題、保護課等で飼っている、保護課、介護保険課、障害福祉課継投で飼っている、凄い数の違法請負業者連中も、公に追い込まれています、今後、保護受給者所有物処理請負、税金支出事業請負、公式審査からされます、請け負って審査を通せるのか、他の同様請負事実も合わせて。 

犯罪委任、請負に

  • 2020/07/01 14:25

@保護自立支援課高橋課長の答え、生活保護受給者の所有物を、生活保護事業で、税金を使い、処理出来る保護法規定は無い、違法なのに何故税金支出出来て来た、財務、会計は法律で答えて欲しい、等発言は、正しい法律による答えです、会計室、保護課、環境局、市税に答えを先ず出して下さい

                                   令和2年7月1日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※本日から北区役所戸籍住民課、区役所出先の封筒に、当社の広告が掲載されて居ます”相続に係る調査、証明書作成(行政書士と提携)当社引き取り、各扱、市の許可を得て有る、リフォーム、解体等も請け負います、広告です”遺品整理、生前整理とは違い、適法です

秋元克広札幌市長、市議会議員全員、市税、保護自立支援
FAX011-218-5166
FAX011-218-5103 会計室、黒川担当他
FAX011-218-5105 環境局清水部長他
FAX011-218-5171 総務局法制課、合法根拠を示す事 
※二区役所保護課から、残り全区保護課に送って下さい
FAX011-757-2012 北区役所保護一課、松田課長
FAX011-743-2717 東区保護課
道労働局、中央、東労基署長、関係部署
FAX011-709-8786 龍瀧専門官経由

1、北、東区役所保護課、他の区役所保護課全てに本文書配布願います、会計室、総務局行政部法制課、保護自立支援課高橋課長の回答に有る通り、生活保護法には、保護受給者の所有物を、生前整理、遺品整理等業者を使う等して、生前、遺品整理を税金で行わせられる保護法規定無し、現状実施これ等保護課事業は、法律根拠の無い違法な事業実施、委任、税金で費用拠出出来る筈が無い、この通りです、会計室、総務局法制課、法を明記して、合法立証を文書で果たして、保護課、環境局、市税、市議会に渡して下さい。

2、平成29年に当社は、前年度の保護受給者所有物、保護事業で費用拠出334件の写しを取り、156業者に対して、当社と東警察署生安、高松巡査部長、真鍋巡査長で、これ等業者に電話を入れ、生前整理、遺品整理請負は違法、止めるように、等連絡を入れて居ます、保護課も承知の事実です。

3、環境局清水部長は翌年から、北海道警察本部に対して「生前整理、遺品整理請負は、無許可で個人所有物処理一括請負を行って居る、って札幌市は一廃許可も出して居ない、廃掃法違反、捜査等願う」と申し入れて来て居ます、道警本部が”遺品整理士資格?古物商届け出、産廃許可で、所有者、排出者、廃棄区分等偽装で請け負って良いと、法によらず、公式では無く認めている”摘発しない、こう言い張り、摘発せず逃がして来た事実も有ります。

※札幌方面各警察署、市環境局、清水部長らは”保護受給者所有物生前整理、遺品整理(相続せず、違法処分実施)委任、請負は違法と承知ですが、違法に目を瞑り、行わせて居る、之が真実です、合法、適法は全く有りません”請け負っている業者等も、道警等が認める、古物商届け出、産廃許可、遺品整理士自己申告資格で適法請負、処理等出来ない”事を認めて居ます、ですから当社以外、公式相続関係証拠作り、使用、環境と協議して、個人所湯物扱い、引き取り処理等実施が出来ないのです”

※環境局は、違法業者疑い等が有れば、環境に情報提供の事、業者を調べる”と文書も出して有るが、一切問合せ、調査要望無し”今後委任業者を告知の事、等求めて居ます、従いますか?保護課。

4、保護課が闇で飼い、保護受給者所有物処理を請け負わせている(介護保険、障害福祉課、ケアマネ業者と同じ、違法請負も同じ)業者等は、平成29~31年、今年、保護受給者所有物生前、遺品整理請負に付いて、こう答え続けて居ます。

5、この請負は違法なので、保護課から”足が付かないように、違法が証明されないように、一式で見積もる事””一部業者に対しては、合い見積もりの形を取るが、使い勝手が良いお宅は、他2社を当て馬にして、どんどん仕事を回す、やらせ見積もりで出す事”と約束してくれていて、毎月一定仕事が回って来る、勿論違法行為ですが、二社も了解済みなのでばれず居ます”

6、他の業者等は”正しい家財等処理実施の見積もりを作り、適正費用を出すのですが、市条例に有る、分別、リサイクル、廃棄に回す物品として、分けて扱う作業を認めません、費用を安くして、条例順守不要で行う事、”と要求して来ます、等答えて居ます。

7、他の保護受給者家財等処理請負業者は”見積もった後、他者から処理物品を持って来させて、税金で一緒に処理しろ”等要求される事もしばしば、保護課は”揉めず一緒に処理せよ、追加は無いから”と、業者に要求します、違法処理です(お宅も違法請負だけど、、)保護受給者は傲慢で高圧的で、税金で処理させて居るのに、仕事を出してやって居る、等言ってくる人が多いです。

8、こう言った事実、違法請負業者証言等が有ります、これ等に高橋課長の答え、証言を合わせて「会計室、総務局法務課、合法な資金拠出、合法な事業だと、法も明記した文書を出し、証明して下さい」

報告です

  • 2020/07/01 09:32

本日、令和2年7月1日より、札幌北区役所戸籍住民課窓口、出先の封筒に、当社の広告が出回ります、お出かけの際は、是非持参して、確認して下さい「札幌市戸籍住民課が、公文書で当社に事業支持を出した内容を軸にした、遺産関係調査、行政書士を使った証明書作成、相続関係証明書作成、使用請負、相続済み等物品、自社引き取り、分別処理等請負、増改築請け負います、の広告です」

先月までの「生前整理、遺品整理請負ます広告は”札幌市で事業の合否審査等、一切せず、市が戸籍住民課で、広告を打って通して居ました”違法広告を、札幌市が打って居たのです」

当社はきちんと、札幌市環境局、広告審査先、戸籍住民課から、事業審査を受けており、公文書で実施事業内容の決定もされて居ます、適法な請負事業の広告です。

さて問題は「じゃあ、生前整理、遺品整理請負ます広告、請け負って実施に、生活保護事業でも法律根拠ゼロなのに、どんな合法、適法根拠が有るんだ、と言う事です」

札幌市環境局、清水部長は環境局課長だった二年前からずっと「北海道警察本部に対しても、違法業者、廃掃法違反事業だから、捜査、摘発するよう求めて来て居るので、違法業者、違法発注、違法請負と知って居ます、立場上黙認して居るけれど、もう黙認も無理です、札幌市保護自立支援課、高橋課長がはっきりと”生活保護法規定に、保護受給者の家財等処理が出来る法律は無い、違法行為だ”と認めて居ますから」

だから言って来たんですよ「違法な事業だから、ある程度言い訳出来るように繕って置くように、違法業者を使って居るのだから”ある程度言い訳出来る業者だけ使うように”と」

保護自立支援課高橋課長は、札幌市役所、保護課が行って居る、犯罪公務、表で証明されている事実を、ちゃんと法も添えて、認めて居ます「司法、警察犯罪だと言う事も、結果証言して居ます、法による事実通り」

札幌私生活保護課が発注している、保護受給者の生前整理、遺品整理発注、請負実施の調査を、今後札幌市環境局、市税が、名簿を貰い行って行きます、ほぼ違法業者でしょうけれどね。

軽い自白では無い

  • 2020/07/01 08:41

司法、警察他が、司法書士、弁護士に犯罪を闇で認めて、犯罪者と共謀して、犯罪種駅を得られるように、司法、警察権を悪事に活用し捲り、司法犯罪を次々制度と偽り、強制的に成功させて、通して居る、マフィアそのものの現実です。

札幌市保護自立支援課、高橋課長の「法律による、保護事業犯罪事実を認めて、責任先を名指しして、責任を取るよう求めて居る事で、保護事業が保護受給者に遺産犯罪者に収奪させ、保護費で回収を逃れるようさせた自白も合わせて、司法、警察犯罪も、更に確固たる証明が果たされています」

司法犯罪相続遺産分割除外説が有る、之で保護受給者の相続遺産を、札幌市、保護課役人が、保護受給者に指示を出し、犯罪者に収奪させて、保護費で回収を逃れさせた、保護受給者で無い相続人遺留分も、犯罪者に収奪させた事を認めた、保護受給者沼xx子氏が相続を受けた?長男居住不動産に有る、全部の物品、時期、物品特定無しでこう決められ、相続を受けたと決定済みの物品等の調査と合わせて、保護課、市が故意に調査潰しも行って居る事も認めて居るのです、事実通りを。

この証言、事実の認め証言で、更に札幌弁護士会、所属弁護士連中の犯罪事実証拠と、札幌の裁判所、裁判官等の犯罪事実証拠、道警、青森県警犯罪事実証拠が「権力を悪用させた、テロ、犯罪である、この正しい事実の更なる立証も果たして居るのです」

司法、警察、行政、政治、報道が「高橋課長の事実に沿った、違法、犯罪と言う事を認めた証言、自白も大きな武器となり、犯罪者の一角、犯罪者と組み、権力犯罪を恒常化させて、通して居る、この事実も立証を、更に果たして居るのです」

単純な事ですが「阿部さんの家に有る、所有者、権利者複数の物品は、正しく沼xx子が相続を受けて、所有権を得たのか、法律根拠証拠は何なのか、之への答えが出せる筈ですし、相続遺産分割除外説が根拠で?他者相続遺産を盗めたから、遺産から消失して、保護費で回収も不要となった、法律根拠を証明して貰う必要が有るんです」

法によれば「単純に強盗、泥棒です、国家権力、司法強盗行為です、合法となる法律根拠、無いですよ」

これ等物品、遺産泥棒甥の所有と偽り、裁判所、弁護士、執行官、運送屋が阿部さんの自宅に押し入り、強盗予定と言う事実も有ります、一体誰が所有者なのだ?

生活保護事業からして犯罪、税金を使った犯罪

  • 2020/07/01 08:13

札幌市役所保護自立支援課、高橋課長は「生活保護受給者の家財、生前整理、遺品整理委任を認める保護法規定は無かった、違法だった、何故財政、会計課は、違法事業に税金を拠出出来たんだ、法の根拠を示せ、環境局は、違法事業、事業者と承知で、何故保護課、保護受給者に、違法家財処理委任、請負をさせている、市税は、違法請負業者故、合法税務申告、納税して居ない事を承知で、加担して居る、委任業者名簿を渡すから、調べて違法が有れば、告発、徴税せよ」

こう、ど真ん中の法律に沿った事実回答、責任先追及を行って居ます、まとも過ぎる、反論の余地の無い回答、指摘です。

高橋課長は他にも「保護受給者である沼xx子に、保護費で回収されないように、保護受給者以外の相続人遺留分まで、根こそぎ両親の遺産を、甥に犯罪で収奪させた事も認めて居ます」

高橋課長は他に「沼xx子が無限相続受けした、と決定済みの、元実家、甥に詐取で名義書き換えさせた、長男居住土地建物内外の全部の物品、長男が営む個人事業関係看板等、リース借り受け品全てを”両親の相続遺産だと、沼xx子、小寺弁護士等、札幌家裁、裁判官がでっち上げで決めた”全部相続遺産だから、沼xx子が相続で所有権を得た、この詐欺相続決定物品調査も、故意に行わず居る、犯罪収奪させた遺産の調査共々、故意にせず通して居る事も認めて居ます」

これ等の行為は、当然ですが、犯罪行為であり、札幌市役所主導、弁護士、裁判所、裁判官、警察、国税が共犯者の犯罪です、極悪な国家権力犯罪です。

この犯罪事実を認めた上で高橋課長は「沼xx子に、保護費名目の税金資金提供し続けて居る事実も認めて居ます」

これ等の犯罪は正しいと、法務等から適当に教えられて、法の根拠も調べないで、信じて私に「一切犯罪は無い、生活保護法違反も一切無い、今合法との、保護法規定を教えるから、生活保護法第4条で財産活用規定が有ります?生活保護法第29条で、保護受給者の財産調査規定も有ります、保護受給者の財産を調べて、別収入現金等、貴金属等が有れば、お金に変えて、保護費に充当等しなければならない、と言う保護法規定です、札幌市保護課に対して、厚労省が正しく監督しないのが悪い、会計検査院が、国税使用に付いて、正しく会計検査せず居るのが悪い、ここに責任が有ります」

こうも答えて居ます「もうどの共犯国家権力も、言い逃れなど不可能です、正しく法を持ち、犯罪事実証明を、高橋課長は行い、責任先も指弾して居ますから」

さて「こうした事実、証言、証明がなされた上で”生前整理、遺品整理請負は適法な法律根拠、出して来ますでしょうか、合法根拠はゼロ、之が答えですけれど”」

法律による答えを、行政として

  • 2020/07/01 06:38

@札幌市保護自立支援課、高橋課長は”生活保護法規定に、保護受給者所有物税金で処理実施規定は無かった、費用支出違法、請負処理業者違法、財務、会計、環境局、市税が責任を負う”法の根拠が無い以上、費用拠出違法、請負業者委任追認、違法業者脱税黙認行為責任を負う、こう、法律的に正しい答えを出して居ます”生前整理、遺品整理請負、犯罪委任、請負と言う事でも有ります、合法根拠ゼロなのですから

                                   令和2年7月1日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
一部市役所、北洋銀行、ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパン、遺品整理こころ、遺品整理想いで等と組み、遺品整理、生前整理委任、請負、丸投げ処理公認で来て居ます、法律根拠無しですから、行政犯罪です”許可の法律根拠回答を求める”

秋元克広札幌市長、市議会議員全員、区長、保護自立支援、市保護課、財務、会計、総務部、環境局、直接税金で犯罪委任、犯罪法を犯して公認責任を負って居ます
FAX011-218-5166 保護受給者沼内氏相続物品、放置で合法根拠は
小寺・松田法律事務所、沼内、阿部正明氏双方代理
FAX011-281-5060 沼内氏相続物品証明は?
FAX0134-32-5032 小樽市長、塵減量、保護、市税送付先配布願う
FAX0133-75-2275 石狩市長、環境、保護、市税、各配布願う
FAX011-372-6188 北広島市長、環境、保護、市税
FAX011-382-7240 江別市長、環境、保護、市税
FAX0123-33-3137 恵庭市長、環境、保護、市税
FAX0123-23-2492 千歳市長、環境、保護、市税
FAX0126-23-9977 岩見沢市長、環境、保護、市税

※遺品整理、生前整理請負正業特集、報道、広告、法律根拠を示すべき、上記行政機関共々、ミネルバと同様の構図、犯罪被害者(実行犯?)を募って居る広告
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、高橋他記者
FAX011-210-5607 くらし報道部、福田編集委員
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局記者各位
FAX011-233-6008 HTB報道部、広告
FAX011-271-1535 STV報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道制作センター中館デスク
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 強制執行、占有場所金品所有者複数無視他
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 今年に入り、他者預金等窃盗は犯罪切り替え

1、札幌市保護自立支援課高橋課長は「生活保護法の規定に、保護受給者所有物を,税金で処理出来る法律条文は無かった、費用拠出財務、会計は、違法支出している、違法業者に処理丸投げを認めている環境局は、所管法違反委任させて居る、違法請負業者故、合法税務申告せず、脱税して居る事を、市税は違法と承知で見逃して居る、業者名簿を作り、提供する、所管法による調査、違法が有れば告発、徴税せよ、等、事実と法の規定通り答えて居ます」

※記載先市役所”保護受給者所有物生前処理、未相続遺産整理違法業者に委任、この事業を適法と認めている法律根拠を記載して、当社に対して、文書で今週中に回答する事を求めます、高橋課長は、電話先で保護法を調べて、保護法根拠無し、費用拠出、委任等違法”と答えて居ます、すぐ法を持ち、文書記載し、当社にファックス送信出来ますよね。

2、高橋課長は、保護受給者沼xx子に指示を出し、両親の遺産を、法を犯して収奪させて甥に手に入れさせ、保護費で遺産回収逃れを行わせた事実、既報事実と、沼内氏が根拠ゼロで、無限相続を受けたと決定済み、札幌市厚別区厚別東1条6丁目8番16号、長男居住元実家内外物品全てを、正当な所有者特定せず、無限相続受けしたと決定済みだが、保護法第4条、29条規定を知らず、上記遺産隠匿、保護費で回収せずと併せ、遺産調査を故意に行わず居る、之も認めている通りです”根拠は多分、弁護士、総務部等の世迷い毎、相続遺産分割除外説絶体、遺産は法を犯し、手に出来れば遺産から消せる、一切犯罪にならぬ”でしょうか、高橋課長が認めている通り、生活保護法第4条,29条違反、行政ぐるみの犯罪行為です”保護受給者で無い相続人二名の遺産も、併せて収奪”させて、司法、警察ぐるみ、通して居ますし、公の公権力財産収奪、保護受給者ぐるみの税金詐欺等犯罪です。

※記載先各市役所、環境、保護課”この沼内氏相続済み、大量の相続受け物品(遺品整理屋も、分別等無し、産廃偽装一括処理で3~4日掛かる量)は、誰が所有権者でしょうか?”裁判官決定ですが”長男所有物、個人事業関係物、リース物品、営業看板、中国から送られた感謝状等有るのですが?”このまま保護費偽り税金支給で、放置で通る筈が無いです、少なくても厚労、会計検査院、札幌市は、この物品所有者と決定沼x氏、何の法律根拠で所有者、廃棄物排出者と決定されるのか、記載行政機関、違法業者に遺品整理、生前整理、保護受給者に付いても委任、実施許可を与えて居るのです、文書回答を求めます”厚別区保護課、厚別警察署は、当社がこの事実追求する事を潰す為、冤罪も仕掛けて居ます”。

3、この回答要求文書、出た答えは「祖母の遺産預金窃盗実行者、孫阿部xx氏、上記住所地叔父自宅からは、伯父に財産権が有る除雪機窃盗も実行者、刑事事件被疑者で扱われているこの方”も”瀬川、山本行政書士同様”正しい他者の財産収奪、入手者、であろうから、札幌地検に無罪証拠の一部で渡します”何故捜索押収許可状から出せたのか、相続遺産分割除外説絶体、犯罪と暴き証明して、再犯を防いだ当社、私が犯罪者と決定、札幌弁護士会平成30年(綱)第10号、札幌地裁平成31年(ワ)第151号民事事件判決も出して居るのに」

4、今後の当社の、「正しく市から許可を得た遺産調査、行政書士委任による”財産目録との表題での”相続遺産物品、相続受け者共証明書発行”当社引き取り、分別各扱い処理請負”にも、公式活用する回答要求文書、回答文書です”又、遺産犯罪収奪適法、犯罪と立証、再犯防止が犯罪等”司法、警察の常套行為への対抗の武器でも有ります」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047320
ユニークアクセス:4262091
今日
ページビュー:130
ユニークアクセス:129
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed