エントリー

2020年07月08日の記事は以下のとおりです。

一部の区役所保護課は

  • 2020/07/08 17:23

札幌は10の区役所が有ります、10の区役所ですから、まともな課長らが居る区役所も有れば、おかし過ぎる課長等が上に君臨している、権力のはき違えだけの上司が支配する、狂役所も、当然あります、厚別、北区役所等は、市役所で有ってはならない、犯罪に染まった区役所です。

死役所、狂役所であれば、こいつら犯罪役人による、憲法、法律蹂躙、権力悪用テロ行為責任は、市民、国民が何れ負うのです、後始末を押し付けられるから、出来るだけ状況悪化しない内に、悪事を食い止めて、市民、国民に回る不当な被害を減らしたいんです。

札幌の10の区役所、保護課で「平成29年に当社が洗い出して表沙汰にした、保護受給者の所有物犯罪業者156を抱え、税金悪用を認めて、犯罪処理334件毎年凶行潰し、を思い出して”違法業者の違法業務の是非から、再度調査を開始している、之を行い出した、まともな上が指揮する区役所も、出て来ているそうです”」

相反した、各区保護課の動きが、ようやく出だしたようです、逆の動きが出だして呉れれば、一つの市役所ですから、どちらかに収束されて行きます、犯罪で統一か、適法に合わせて纏まるか、です。

最大の事実、適用事項は「法律根拠も無く、税金を拠出して、保護受給者の生前整理、遺品整理を請け負わせている、ここですよ”血税を、法律根拠無しで拠出して、犯罪を行わせて居る、犯罪を日常行為としている業者に、犯罪者と承知で税金を流して、法を犯させて居る”決して許されません」

日常的に、犯罪をしのぎとさせている業者には、そもそも違法拠出税金を流す事は、本来認めてはならないのですからね「犯罪を日常行為としている業者か否か、先ずはこれの確認が必要です、当たり前です」

遺品整理士資格が有る、良し、正しい事業者だ、遺品は手を付けられない、遺品整理士等自称資格で、公の資格では無いし、何の効力も、職権も無いから。

保護課の連中、違法拠出税金を渡して、保護受給者の生前整理を請け負わせて居て、遺品整理もですけれど「摘発を食ったら、犯罪者と結託責任、取れないですからね、行政が犯罪者と結託ですから」

行政、警察、報道犯罪

  • 2020/07/08 16:19

直球で言うけれど「札幌市役所保護課による、保護受給者の生前整理、遺品整理一括請負、税金違法拠出で発注、犯罪を蔓延させた訳で、重大な責任が発生して居ます、札幌の場合で言えば、最も犯罪蔓延責任が重いのは札幌市役所、保護課、環境局です」

ルーツ・オブ・ジャパン、鈴木商会に、ようやく個人所有物犯罪処理一括請負行為責任に付いて、石狩振興局が、監督権限を発動しましたが、遅いのと、札幌市役所、市議会のこの犯罪指揮、委任、共犯行為者責任が、正しく証明されている訳です。

犯罪を蔓延させた責任を、当然取らなければなりません、札幌市の場合は、札幌市役所が、最大の実行犯、指揮犯、主犯なのだから。

石狩振興局は「見ない振りで来た、道新第一社会面広告、鈴木商会の、おせっかい広告に付いて”一般廃棄物を一括処理する、産廃偽装で処理する請負広告と見える、違法故事実確認からします、鈴木商会に対して”」

こう認めて、事実確認した筈です、ルーツ・オブ・ジャパンに続いて、一廃違法処理前提、一括請負許可は与えて居ない事を持ってです。

何年もずっと、鈴木商会のこの犯罪請負も指摘して来ました、当社は、ようやく石狩振興局は、廃掃法違反請負、その事業許可は与えて居ない事を持ち、鈴木商会へも、調査が入って居る訳です。

翻って札幌市役所、環境局、財政、会計課、保護課は、犯罪蔓延主犯責任を負うべきです、大々的に、一廃犯罪処理一括請負を蔓延させて、犯罪を見逃して成功させて来たのですから、監督機関の職権を悪用させてです。

札幌市が保護を支給している人間の、要らない所有物、税金違法拠出で違法処理業者を、多数闇で抱えて、犯罪請負実行させて来て居る、悪の権化札幌市役所の現実です。

この犯罪を、犯罪と承知で犯罪責任免責を常時通して来て居る、札幌市役所の行為事実です、腐った言い訳は良いから、あとどれくらい犯罪実例を重ねれば、犯罪が正業に変わる、予定でしょうね?

鈴木商会へも違法請負禁止と

  • 2020/07/08 10:21

今日の北海道新聞、第一社会面の広告、鈴木商会の広告「かたづけおせっかい、家庭の不用物品、物置の不要物品等、オフィス不要物品等、産廃で処理前提、引き取り処理します広告に付いて、石狩振興局環境生活課、札幌市環境局、産廃許可を与えて居る地方自治体部署は”家庭の不用品、一廃一括産廃処理請負許可を出してはいない”」

と言う事で「確認と禁止の連絡を、これから入れます、禁じて有る一廃一括産廃処理請負なので、との事です」

北海道新聞社は、違法、刑事罰適用行為と承知で、広告を打ち続けて居ます「札幌市役所、北海道庁、石狩振興局が、この請負許可を出している訳では有りません、廃掃法の刑事罰が科せられる、犯罪行為です」

こんな請負に手を出すのであれば「請負場所の地方自治体と、綿密な協議、確認を行い、どうすれば良いか、状況による、適切な代理処理は、どうやれば良いか協議して、事例毎に適法、止むを得ないと行政が認めた、個人所有物代行処理を実施する、之が方法です、根本的には」

報道と組み、勝手に遺品整理、生前整理、個人所有物一括違法処理を請け負います、と特集を流す、広告を派手に打ち、犯罪委任者を募る、雇用労働者に犯罪を行わせる、摘発を食えば、自業自得で終わり、前歴、前科が付いても自業自得だ、で逃げて終わらせて居る事実が有る事も合わせて、とんでもない悪事です。

労働者にこの犯罪を行わせるなら「これは犯罪だから、摘発されて当然の悪事実施で、摘発を食えば自業自得で終わる、刑事罰を受けても、自業自得で自己責任だ、犯罪には労災も効かない、之も労働者、犯罪実行者にも伝えるべきです」

納棺協会仙台支店長だった、逮捕されて実刑を受けた方と同じ運命に、遺品整理、生前整理請負業者と、使用している労働者は有ります「道庁、道警、札幌他市役所が、共犯の立場、行動故、道内で遺品整理、生前整理請負、犯罪請負、犯罪廃棄処理が成功して居ます」

宮城県庁、仙台市、宮城県警、仙台の警察署は、頑張って有罪に落とさせた訳です、正しい立件、刑事罰適用、か?疑問は残りますが、基本良いでしょう。

都道府県、市毎に法の出鱈目扱い

  • 2020/07/08 08:52

東北、北陸では「ベルコ、あいプラン下請けで、遺品整理、生前整理一括請負を行って居て、越境一廃無許可仙台搬入、排出者偽装で、仙台の処理施設で処理、この嫌疑で納棺協会、仙台支店長が摘発を食い、実刑を受けて居ます」

使用された立場で、禁固10カ月の実刑ですよ、前科が付いたんです、従業員の立場で、人生終わりです、再就職の時、前科で書かなければなりません、採用が難しいです、前が有るんでは。

便利屋よっち、クイックパートナー事件は「当社の尽力、出鱈目捜査、立件の指摘が物を言い、23日も代表を拘留したのに、略式起訴、30万円の罰金系です、前歴ですね、前科では無くて、こっちの方が”札幌市保護課が費用を拠出、保護受給者家財等、一括違法処理委任の結果事件も有り、悪質で、立場も犯罪責任当事者なのに」

ルーツ・オブ・ジャパン、鈴木商会等、遺品整理、生前整理一括処理請負業者も含めて、犯罪を請負、実施して居ます、当然ですが「代表と実行犯従業員、犯罪行為者ですから、納棺協会と仙台支店長と同じく、廃掃法違反で摘発、刑事罰適用が正しい法律扱い、法を犯した行為責任の取らせ方です」

当然の事で「札幌市保護課が、札幌市が、違法に税金を拠出しての、保護受給者所有物、法を犯して処理委任、請負多数も、同じく摘発、刑事罰適用が必要です、税金を使い、犯罪者に犯罪委任、犯罪を税金を貰い、実行ですから」

次々遺品整理、生前整理、犯罪請負に、法を所管する地方自治体部署から、違法禁止通告が入って行って居ます、元々犯罪です、公に広告も打ち、行政も税金を違法拠出して委任、請け負って犯罪実行、こんな悪行が通る筈が無かったんです。

北海道新聞他報道機関、テレビ局「犯罪を請け負います特集、広告打ちを重ねて来て居るが”公にっ法を犯しており、禁止して居ると、業者に監督機関から、連絡が入って行って居ます”犯罪請負ます特集、広告打ち責任は、確信犯なのだし、取るべきです」

監督機関、産廃許可を出している監督機関が「遺品整理、生前整理、一廃違法処理請負は禁止、それを認めた事業許可を出して居ない、こう許可出し業者に連絡して行って居ます」

どの犯罪で告発され、摘発されたかと言う事

  • 2020/07/08 08:12

ベルコ、あいプランの請け負って来た遺品整理、生前整理は、元々は「北海道、青森県、宮城県等をエリアとさせて、納棺協会が一括下請け実施して居ました」

処が宮城県庁、仙台市役所で、納棺協会だけを「東北の複数の県から、個人の所有物を仙台に運び込み、虚偽排出者で仙台の処理場に持ち込み、処理させて居る、この部分だけで、産廃不法処理で告発しました」

結果、納棺協会は、100万円の罰金刑で、雇用された立場で、この犯罪を仕切った仙台支店長は「禁固10カ月、執行猶予付き刑事罰を受けて居ます、使用された立場で、実刑を科せられた訳です」

今日の事業所も、同じ犯罪実行犯、実行事業者と、実行者雇用者です、正しく法律を、統一で適用とされれば、同じ刑事罰が科せられるんです。

CSCサービスは「納棺協会、ベルコの下請けで、北海道、東北、北陸で大掛かりに、遺品整理、生前整理請負を行い、稼いでいた納棺協会が摘発されて、この会社と仙台支店長に”違法に個人所有物を、越境して仙台市に運び込み、排出者を偽装して処理施設に持ち込み、処理させた嫌疑で逮捕され、刑事罰を受けた事実が有り”後の遺品整理、生前整理下請け実施を引き受けているから、同じ行為に走り、札幌市、道庁が同じ内容で告発した場合、摘発を食うと恐れているので」

焚上協会、焚き上げ用と称して大型焼却炉を入れて、自社でも生前整理、遺品整理請負で稼いでいるここに「集めた個人書湯物を、一括で渡して、焼却等させているんです、青森、宮城で上がった事実が有り、怖いので」

この事実を見れば「北海道庁、振興局環境、札幌を含めた市役所環境部署は、確信犯で仙台の摘発、実刑をを科した、遺品整理、生前整理請負犯罪、廃掃法違反犯罪を科した”許認可権限を悪用して、手を貸しているし、委任させて居るんですね”」

ベルコ、あいプランは、下請けで使っていた納棺協会が、越境一廃収集運搬持ち込み、排出者偽装で仙台の処理場持ち込み嫌疑で、宮城県庁、仙台市が告発した結果、納棺協会は罰金刑、って仙台支店長は禁固実刑を受けて居る事が有り、破砕工場持ち込みが怖いんですよ、で、ベルコ、CSCサービス札幌は、同じ犯罪で稼いでいて、大型焼却炉を持つ、焚上協会に、孫請けで処理させて居ます」

通報続き

  • 2020/07/08 06:41

@遺品整理、生前整理一括請負等と言う”合法事業は存在しません”刑事罰則が適用される行為を重ねた所業です、当然この行為業使用者は、労災も不適用です、犯罪は労働にあらず、鈴木商会他、使用者に正しく事実を伝える責任を果たして下さい”御社の産廃収集運搬許可、道、札幌の許可で、家庭の不要物産廃偽装一括処理は認められて居ません、焚上協会、遺品整理、生前整理等犯罪、CSCサービス孫請けこれ等物品一括焼却共合わせ、どの機関が許可しましたか

                                   令和2年7月8日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※石狩振興局環境生活課、札幌市環境局、鈴木商会に認めた産廃許可で、家庭の不用品産廃偽装一括処理公認、法を犯す公認です、労基は労働者が之を行った場合、労災不適用と答えて居ます、ルーツ・オブ・ジャパンと同様に、犯罪であり、労働に該当せず故、当社は市から実施事業指示受けで適法業者、北区戸籍住民課封筒に広告打ち

鈴木道知事、石狩振興局環境生活課、鳴海主査他
TEL011-231-4111(34-374)
FAX011-232-1156? 個人所有物産廃偽装一括処理、犯罪
秋元克広札幌市長、市議会、環境局清水部長、保護自立支援課、市税、財政、会計、介護保険、障害福祉、広報、戸籍住民
FAX011-218-5166
FAX011-218-5105 清水部長、違法公認で対抗します??
道労働局長、札幌中央、東労基署長、労働局龍瀧専門官経由
FAX011ー709-8786 過去の逮捕労働者、労災不可事実
山岸直人道警本部長、生活経済、保安、1,2、3課課長
TEL,FAX011ー251-0110
鈴木商会社長 一廃一括産廃偽装処理許可無し、そんな許可自体無い
TEL011-215-1289
FAX011-280-8900
道産廃許可 第00110009491号
道産廃許可 第00160009491号
札幌市産廃許可 第05110009491号
札幌市産廃許可 第05060009491号
(株)焚上協会 産廃、一廃許可無し、焚き上げ用焼却炉で家財等焼却等
TEL011-833-0089
FAX011-883-0090 市保護課委任請け実績有り
(株)CSCサービス本社、納棺業者、ベルコ下請け生前、遺品整理
TEL06-4259-8799 一括受け後、焚上協会に出し、窯で焼却
FAX04-4259-8798
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、高橋他記者 

1、石狩振興局環境生活課、札幌市環境局、ルーツ・オブ・ジャパンによる、生前整理、遺品整理、保護受給者同様請負、裁判所不動産明け渡し占有場所個人所有物、一廃一括産廃処理で請負、越境も実施通報に続き、道庁、札幌市が産廃収集運搬許可を出して居る、鈴木商会が道新広告も打っている「家庭の不用物品も、産廃で一括処理実施請負、かたづけおせっかい請負も、無許可一廃産廃偽装、一括処理請負なので通報します、この事業者は道庁、札幌市共に産廃許可出し、一廃許可無し、家庭、事業所等の不要物は、生物、木質系、金属系、布系、紙系、油系、薬品系等有ります、これ等を一廃、産廃収集運搬許可も出して居ませんよね」

2、道労働局、労基も法を持ち、答えているように、下記事業者も含めて、雇用されている労働者が、この行為を行った場合、労災は不適用です、犯罪ですから「過去、あいプラン、ベルコ等も一括請負委任して居た、札幌納棺協会が”東北、北陸、道内で広く生前整理、遺品整理、焚き上げ請負を展開して居て、仙台市処理場にこれ等一廃を、排出者偽装等を重ねて持ち込み続ける等で摘発され(この部分で立件させた、県庁、市回答)納棺協会は100万円の罰金刑、仙台支店長は禁固10カ月、執行猶予2年?の実刑に処せられて居ます、当然労働とは認められて居ません」

3、記載先の請負犯罪も、当然同じ法の適用、扱いです「労働者に手を汚させて居る以上”これ等事実を伝えた上で、犯罪に従事させるべきです”この事実電卓事業者は、労基の労災適用時の調査資料でも有ります」

4、平成29年11月、札幌市保護受給者家財等一括処理、税金で処理請負等実施、便利屋よっち、クイックパートナー代表、雇用者が廃掃法違反で摘発された(札幌市保護受給者家財等、税金処理分も入って居た)事件では「札幌市役所保護課、保護受給者に手を及ぼすと拙いので略式起訴で代表者だけ処罰、雇用者は逮捕後、見逃しました、東区保護課発注保護受給者家財一括処理で、石狩に不法投棄で摘発事件では、東区保護課、保護受給者捜査をせず、不法投棄で扱った事を、請負者に頼まれ、警察に突き付けた事で、事件は消されました”札幌市保護課に手を入れれば、保護課職員だけで100人は摘発となるので、手を掛けず逃がした結果です」

5、札幌のCSCサービスは、ベルコの下請けで、会員の葬儀に際し、遺品整理(生前整理も)もベルコが元請け、CSCサービスが一括下請けで、納棺協会逮捕が有り「札幌の場合は”焚き上協会に持ち込み、焚き上げ用焼却炉で焼却等、二次下請け犯罪請負実施、焚上協会は、自社でも違法な生前整理、遺品整理自社焼却込み、違法請負実施、焚上協会も認めている事実です”当然雇用者が行う場合、労災適用は不可、労働者に事実通り伝えて下さい」

6、焚上協会、廃掃法違反、違法に焚き上げ専門焼却炉使用で調べられたなら「札幌市保護受給者違法家財等一括処理請負実績、之で対抗して下さい、市保護自立支援課、10区区長、保護全員共犯ですから、労働者は守りませんが、会社は守りに入ります”保護法以外不適用、違法拠出税金で過去から毎年300件以上、違法に保護受給者家財等処理を、違法業者に一括等処理させて来た、道警も承知で見逃してきた実績が有る”と打って出てくれます、過去の犯罪故意に見逃し実績に続いて」

7、札幌市役所、焚き上げ用で大型焼却炉を購入し「生前整理、遺品整理物品も、下請け受注も加え、焼却可の法律根拠を答えて下さい”札幌のCSCサービスは、生前整理、遺品整理請負が犯罪故、破砕工場持ち込みで、納棺協会と同じく”違法収集一廃を、排出者偽装で破砕工場持ち込み、廃掃法違反”で、宮城県庁、仙台市同様、札幌市が告発して上がると拙いから、焚き上げ用として大型焼却炉を持ち、自社でも大規模に、生前整理、遺品整理請負している、焚上協会に、孫請けで出して居る”と答えて居ます」

8、本日記載事業者も、札幌市、保護課等も、確信犯罪者と言う事です「実行者が労働者の場合、労災は不適用です、正しく事業者は、雇用者に伝えて下さい」 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5047266
ユニークアクセス:4262037
今日
ページビュー:76
ユニークアクセス:75
昨日
ページビュー:584
ユニークアクセス:576

Feed