エントリー

2020年08月10日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪の闇のからくりは

  • 2020/08/10 19:18

司法犯罪を成立させて有る、闇のからくりは、犯罪を組みこんで、司法犯罪が正しいように、事実、証拠を隠蔽、偽造して、違う答えを捏造する、この手口です。

相続遺産分割除外説ー未相続の遺産を強奪、窃盗、横領出来れば”遺産等預金は、金融屋に口座名義人が、自分の預金を引き出したと、証明書等を偽造させて有る”この犯罪は、弁護士の意向を受けた裁判官犯罪として、相続完遂まで、遺産を盗めた度、遺産目録を偽造して、盗めた遺産を遺産から強制抹殺まで、司法テロでして通して居ます。

遺言状による、法定相続人相続遺留分まで犯罪収奪ーこの犯罪も、上記犯罪の手や、遺産不動産は法務省、法務局、地面師詐欺司法書士が共謀して、法定相続人が法律で守られている、相続遺留分、減殺遺留分まで地面師詐欺収奪、名義全てを、詐欺と承知で強制書き変え、遺産から強制除外犯罪、之で成功させて有ります。

遺品整理犯罪も同じ、証拠偽造、証拠隠匿、隠滅を武器とさせた犯罪です、司法犯罪はどれも、司法、警察、行政が共犯で、犯罪を正当、適法だと、犯罪に手を染めさせて、染めて偽り、ねつ造して成功させて有るのです。

これ等他、司法、警察指揮権力犯罪の、闇のからくり、事実を偽造証拠作り、使用、真実を証明する証拠、証人隠匿、抹殺と併せて、により、司法犯罪は成功させられて居ます、犯罪の程度は、呆れるばかりに荒っぽくて低い、短絡極まる犯罪です、法曹資格者の頭の程度の低さ、犯罪者集団事実が分かる、犯罪集団の真実です。

犯罪で得た収益への税務調査、徴税を逃れさせて居る国税の犯罪

  • 2020/08/10 08:19

国税庁、地方税部署は、故意に犯罪で収益を得た者への、国税徴収法の順守、法人市民税徴収規定の順守を潰して、犯罪収益を無税の闇収入、で逃がす犯罪に明け暮れて居ます。

理由は多々有るが、基本は「司法、警察、行政犯罪制度、之が裏にあるとなれば、絶対にこの犯罪収益に、犯罪収益疑い、脱税疑いによる調査からせず、犯罪収益を無税で得させて、逃がします」

当然ですが「義理の身内らの、義理の両親の預金泥棒と同様に、同種泥棒で逮捕された、行政書士二名、弁護士二名、司法書士一名も、犯罪で得た収益の調査、犯罪収益に対する徴税等を、故意にせず、逃がす事を重ねて居る訳です」

筧千佐子さん事件でも、共犯者の東大で弁護士への、犯罪収益入手事実を承知で、犯罪収益調査証明、告発、脱税による徴税を、故意に逃れさせた通りです。

遺品整理屋連中と、裁判所強盗公務実行、道民運輸、まこと引越センターの犯罪収益事実に対する、国税徴収法規定順守調査、法人市民税税脱税疑い調査潰しの現実と、合わせて事実証明されている通りです。

これ等の権力犯罪も、犯罪収益を故意に認めて、犯罪収益調査証明、犯罪収益への法律による課税、徴税潰しにより、犯罪で収益を得て通されているのです。

国家権力と士国家資格者、行政機関、国税庁、地方税部署、警察、報道が共犯だと言っても、ここまで程度が低い、国家権力が犯罪指揮犯、共犯、実行犯で、強引異正当と偽り、成功させて有るだけ、の犯罪でしか有りません。

今まではこいつら、無能無知過ぎて、当社が犯罪事実立証して、犯罪の手口も公式立証して、再犯を防止して、犯罪収益への徴税を握り潰すまでして、犯罪で稼げたから良かっただけです、所詮は三流以下の犯罪集団です、国家権力ぐるみで。

何時まで司法遺産泥棒が?

  • 2020/08/10 08:00

間違い無く「妻の父親の死後、次男の娘が十和田おいらせ農協と組み、遺産預金を”死んだ義父による、義父の遺産預金200万円引き出し”と偽り、盗んだ事件が、妻による、新民法第909条2発効当日朝一番での、各金融機関に対しての、遺産預金仮支払手続き実施、最後が十和田おいらせ農協への手続きが、司法遺産強盗、泥棒犯罪破壊を招いたんです」

ゆうちょ銀行は過去の、石x絹江さん死後、長男の嫁が絹江さんを偽り、ゆうちょ職員とも組み、遺産となった預金を盗み手に入れて、死んだ絹江さんが死後預金を引き出した、こう偽造で偽り、公にばれた事件、ばらされた、証明された事件が有り、次男等からの「死んだ義父による預金引き出し偽装で、遺産預金を渡せ、との脅迫等を蹴りました、過去の悪行発覚、司法犯罪の発覚事件が、ここで生きた訳です」

青森銀行は、顧問共犯弁護士を担ぎ出して「便宜払いと言う、口座名義人による預金引き出し、と、偽造で偽る預金泥棒だ、預金は消えた、民法第909条9など守らぬ、遺産預金仮支払いは蹴った、之を文書も出し、凶行しました」

この一連の、各金融機関等の「新民法第909条2、民法第896条適用の可否を見れば”司法、警察、金融機関、監督機関、国税ぐるみの犯罪だと言う真実”治外法権テロ犯罪だと言う真実が、見事立証されていますよね」

弁護士、検事、裁判官、裁判所、金融屋、監督官庁、国税は、一つの犯罪組織を形成して居ると、事実立証されています。

恐らくですが「この一連の司法犯罪証明に、言い訳など出来なくなった司法、警察、金融屋監督機関は”遺産預金仮支払手続きを、遺産預金が盗まれた被害者達からも、次々出されて行けば、遺産泥棒は正しい、この虚言も破綻してしまう、被相続人死去時の遺産預金額が、合法な遺産預金額であると、金融屋から相続人に、証明書が出されてしまうから”言い逃れられなくなり切った訳でしょう」

で、先ずは遺産預金泥棒、遺産金泥棒を、泥棒と共犯の士資格者に止めさせなければならなくなり、行政書士二名、弁護士二名、司法書士一名を、業務上横領で逮捕、報道したのでしょう、この泥棒の指揮、主犯の警察、検事、裁判官、裁判所が。

新民法第909条2の正しい適用

  • 2020/08/10 07:48

@新民法第909条2、民法第896条規定とは、次が基本です。

;被相続人が死去した場合、被相続人の所有財産、包括財産は全て死去時で凍結とさせ、相続人全員の、包括相続遺産として扱う、、遺産預金に付いては、被相続人預金者死去時で遺産預金を凍結して、相続人からの、証明書を添えた、仮支払請求に、法の規定に沿い、応じなければならない。

;被相続人、相続人全員を証明する謄本等を揃えて、相続権者である事を証明した相続人から、被相続人の遺産預金が有る金融機関に対して、遺産預金仮支払請求が出た場合、各金融機関毎に、遺産預金の総額を証明して、被相続人死去時の遺産預金総額の三分の一を、各金融機関毎に上限とさせ、相続人一人当たり、各金融機関毎に150万円まで、仮支払いに応じる事。

※この新民法第909条2の発効と、妻の父親の遺産預金仮支払い請求手続きを、十和田おいらせ農協、ゆうちょ銀行、青森銀行に対して行った事で「金融庁から犯罪指示が出ていない、金融機関では無いから、預金泥棒を、記録、証拠偽造で口座名義人による引き出し、と偽って成功させろ、等指示が出ていない、十和田おいらせ農協は、民法第896条、新民法第909条2を、正しく適用させて、被相続人死去時の遺産預金額証明と、遺産預金仮支払実施、次男娘が200万円盗んで有るが、に応じた、から始まり」

司法犯罪遺産預金泥棒適法、口座名義人が預金を引き出した、死んだ後に、この偽造を武器で成功させて来た、相続遺産分割除外説、も破綻した訳です、十和田おいらせ農協は、金融機関では無かった事が、大きく功を奏したのです、金融庁から死人が預金を引き出した、との偽装で預金泥棒を正当と偽れ、指示を受けて居なかったから。

十和田おいらせ農協は「後日圧力を受けたようですが”妻と4男に、次男の娘に遺産預金を200万円盗ませた分も、民法第896条、新民法第909条2規定により、遺産預金は盗まれてはいない、法律規定上”と言う、合法を持ち、死去時の遺産預金額をベースで計算して、遺産預金仮支払いに応じました、ど、ろ、ぼ、うは犯罪だ、共証明した訳です。

新民法第909条2、正しく活用した私

  • 2020/08/10 07:10

相続遺産分割除外説、司法遺産強盗、泥棒で入手決定、論外過ぎる司法、警察犯罪、根拠?は次による?

(1)死んだ人間の財産は、所有者が居なくなったのだから、好き放題強奪、窃盗しても、財産侵害被害を受けた者が居ない、拠って他者の財産侵害行為に該当せず、成程、と、愚かを超えた法曹資格者連中、法務省役人、警察庁、都道府県警幹部が、正しい他者の財産収奪だ、と理解?して、地裁、高裁、最高裁と、正しい死人の財産泥棒である、犯罪にならぬ、遺産は盗めれば消える、遺産目録を次々偽造して、盗めた遺産を消して、相続財産に有らず、と決定し続ける、之を強引に決定し続けて来た。

(2)他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入って居る預金全部を手に入れられる、預金通帳等を預けられた、手に入れられたと言う事は、入って居る預金全部を提供された、と決定されるので、窃盗、横領は成立しない、、。

(3)こうやって手に入れた、他者の預金利得等は”合法収入では無いので、税務申告手続き外収入?なので、無税で泥棒と共犯司法書士、弁護士が所有権を得て、預金から正しく消える”税務申告する項目は無いので、脱税にも該当しない。

※この司法、警察他、他者の預金等横領、泥棒入手で無税収入制度、金融屋に口座名義人が預金を引き出した、と偽造させて、適法偽りもさせて有る、司法、警察、国税等犯罪は「新民法第909条2の発効を、私が正しく、妻の父の遺産預金仮支払手続きで使った事により、十和田おいらせ農協が、民法第896条の正しい適用を果たす結果を生み、崩壊し続けて今に至って居ます」

他者の財産を、犯罪により手に入れる事が通る日本、共犯が権力

  • 2020/08/10 06:50

遺品整理小樽、遺品整理心、遺品整理想いで、ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパン他「遺品整理、背全整理を謳う、犯罪請負で稼げているのも、国税、地方税部署も、犯罪司法、警察に与しているからですよ、地方行政機関も」

単純な犯罪成立のからくりです「事業収入も、個人収入も”正しく収入原因の立証、課税対象外支出?から、事実の有無を証明させる、証明する、つまり、合法な税務申告”を果たさせれば、犯罪利得が発覚して、徴税されますが」

この犯罪は、不動産明け渡し強制執行名目、司法強盗公務の手ですし、生活保護、介護、障害福祉事業犯罪に、不動産屋用犯罪です「ですから国税庁も、共犯の地方自治体地方税部署も”犯罪で収益を得て居る事を、正しく事実証拠も添え、証明されて、国税徴収法の正しい適用の求、法人市民税脱税への税務調査、徴税要求されても、握り潰して押し通して居るのです」

司法犯罪を成功させて居る、犯罪を制度と偽り、証拠偽造捏造、証拠隠滅、犯罪を、合法理論も無しで適法、合法が犯罪だ、と決定、判決を下して成功させて有る、他者の所有物犯罪処理請負もこれの一つです。

ですから「合法な利得入手なのか、可否調査する、経費で計上した項目の、合否調査、を、支払先も含めて調べる”誰が実際、処理物品所有者なのか、処理方法は合法、適法なのか、つまり、合法収入、合法経費なのか”合法な税務申告なのか、事実調査を故意に握り潰す事で、この一連の犯罪も、成功させて有る訳です」

国税庁徴税担当役人、査察、地方税担当役人は「権力犯罪による、犯罪収益への税務調査、刑法第19,20条から適用させるか否かモ含めた、正しい税務調査、徴税実施、脱税、犯罪収益と証明しての告発、重加算税を載せた徴税など、実は故意にせず、犯罪収益を無税で得させています」

遺品整理屋も、現在はこの犯罪収益無税、脱税で獲得の恩恵に預かれているだけです、大元の司法、行政犯罪がここまで公にされた中で、さて遺品整理屋如きが守られるのか、道民運輸、まこと引越センター共々。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5107556
ユニークアクセス:4313932
今日
ページビュー:295
ユニークアクセス:294
昨日
ページビュー:1457
ユニークアクセス:1150

Feed