エントリー

2020年08月24日の記事は以下のとおりです。

札幌、小樽市役所が主犯

  • 2020/08/24 17:50

遺品整理こころ、遺品整理小樽は、ルーツ・オブ・ジャパンもですが「札幌市役所、小樽市役所が、刑事罰が科せられる個人所有物、未相続遺産物品犯罪処理を委任しましょう、と市民に犯罪委任を呼び掛けていると言う、言い訳の余地が無い、地方行政機関が犯罪者の頭、と言う犯罪です」

遺品整理こころ、遺品整理小樽は、ですから堂々と「良く調べたら”個人所有廃棄物品、未相続の遺産物品は、うちで処理すれば刑事罰が科せられるので、犯罪は行え無いから、処理を止めます”後は札幌、小樽市役所の、犯罪委任者募集行為者責任で、所有者に返して、所有者責任で処理させる事”」

こう札幌、小樽市役所に求めて「借りて居た倉庫に違法処理を止めた物品を、当然の事として置いて、退去すれば良いのです、後の責任は、犯罪委任者を募集している札幌、小樽市役所が、法を所管しているのに、法破り、犯罪委任者を募り続けて来た責任に置いて、物品所有者に、自己処理して下さい、と伝えて置いて回るから」

犯罪と承知で、個人所有物、未相続遺産物品を、行政が市民に委任しましょう、と公式宣伝して、犯罪委任させて来て居る「犯罪の委任だから”頼む方がもっと悪い犯罪、嘱託犯罪だから、お金を払ったが、全部の物品処理もしてくれない”と犯罪委任者が騒いでも、警察も行政も、犯罪委任者が被害者だ、と扱う事も出来ない訳です」

嘱託犯罪は、金で犯罪を委任する側が、犯罪を請けた側以上に犯罪者責任を負うし「犯罪を請け負った側は”金を得て居ようと、犯罪を実行する必要は有りません”金を渡したからと言って、犯罪を代行実施させられる訳が無いのです」

まして「札幌、小樽市役所が、市民に犯罪委任させて居るのです、請け負った側は、何時でも犯罪処理を止めれば良いだけです、犯罪は、司法、警察、行政からでも、手を染めさせられる必要など有りません」

違法処理請負

  • 2020/08/24 17:39

国家権力が総出状態で、犯罪を請け負わせている、遺品整理、生前整理請負、この犯罪「不法投棄は、ばれなければ良いと言う条件で、表向き違法処理を果たす、を犯罪を請け負う条件と、闇でさせて居ます」

でも「公に処理実施となれば”個人が所有する物品御処理です、所有者が処理しなければならないので、公に違法業者処理は、刑事罰が科せられるから、行わせられません”闇で虚偽排出者、産廃偽装等、犯罪を重ねさせた処理を行う、と言う条件です」

犯罪行為ですからね、国家権力が競って犯罪を請け負わせていると言っても、国家権力ぐるみ、表だって犯罪処理は、出来ないのです。

しかも「ここに付け込めば”よく考えたら、個人の所湯物を代理行為業者が処理したなら、廃掃法違反で摘発されます、犯罪は出来ません、処理は止めます、持ち主に、この犯罪を行わせて来た、市が返して、自己処理させて下さい”」

こう言ってか、借りて居た倉庫に、個人所有廃棄物を積み上げて、飛べば良い事だと言う、国家権力が犯罪実行犯を養成して、犯罪処理を請け負わせているが、犯罪者の方が上手と言うか。

仕切る不動産屋と弁護士が、もっとあくどいと言う事です、遺品整理こころ、遺品整理小樽、飛ぶなら手を貸すよ、犯罪に気付いてもう犯罪処理は、止めた、良い事だ( ´艸`)

遺品整理こころの事件

  • 2020/08/24 07:35

札幌市役所が公に、法を犯す行為は一切無い、正業を営んでいる遺品整理業者だと、調査の結果?とも言い、札幌市役所責任で合法事業者と決定している、東区伏古12条4丁目、遺品整理こころの事件ですが。

;未相続の遺産物品一括処理請負、生前整理一括処理請負を”札幌市役所と共犯で、廃掃法、古物商法違反行為を武器で使えて、正業と偽って請負、稼ぎ続けられて居る”借りている倉庫内外に、違法処理すると言って引き取った、大量の個人所有物を搬入して、堆積し続けている事業である、之が正しい事業事実だ、この真実まで、札幌市役所、市議会、市関係部署は、事実調査にも寄り承知の上で、公に決定させて居ます、調査の結果が之で、合法事業のみ営んで居ると、札幌市各関係部署は、公に答えているのですから。

この違法処理前提で、金を得て引き取り、借りている倉庫内外に堆積し続けている、札幌市役所も公に、この違法請負委任者募集も行って居る、廃掃法、古物商法破戒請負は「いよいよとなれば”個人の所有物を、一括処理請け無許可請け負い、市町村との公協定無し故”物品所有者に廃棄責任が有る、拠って遺品整理屋は、処理すれば違法故処理出来ないし、処理責任無し」

この「廃掃法一廃処理規定を持ち出させて”借りている倉庫内外に溢れさせた、生前整理、遺品整理違法処理請け物品を残して飛ばせる”札幌市役所共謀各部署、市議会議員、警察が仕組んで有る」

「地方自治体、警察、司法犯罪権力、報道カルト共謀の、合法な遺品整理、生前整理違法処理請負業者救済の手、まで仕組んで有ります”間違ってはいませんから、遺品整理こころは、公にあの大量の遺品整理、生前整理犯罪処理個人所有物犯罪処理は、行えませんので”古物で買い取った、も嘘です、古物買取記録など揃って居ませんよ」

今まで同様の行為を行い、摘発されて報道された同様業者、有罪の合理的、物理的根拠証拠は無かったとも、良く証明されて居ます。

嘘で塗り固めて来て居るが、場当たりの嘘もばれている

  • 2020/08/24 07:20

ルーツ・オブ・ジャパン、鈴木商会の「所謂品整理、生前整理請負、廃掃法違反、古物商法違反請負は”今では明確に、北海道庁、北海道警察、石狩振興局環境生活課、江別市役所、札幌市役所環境局等が直接、犯罪と元々承知で、廃掃法違反が多数証明された今となっては、完全な共謀犯と公になり”法の所管権限を悪用して、犯罪を見逃し、成功させ続けて居ます」

犯罪を公に見逃して、犯罪証拠隠滅にも手を染めている理由?は「法の順守は不要だ、個人所有物を、幾ら犯罪に手を染めても良いから、売り主偽装で古物買い取りする、排出者を偽る、産廃と偽る手で廃棄処理するから、廃掃法、古物商法違反犯罪は見逃して有るんだ」

こう、理由ですら無い虚言、詭弁を吐き、強引に今では、公式に犯罪者の共謀犯国家権力、テロ国家権力と成り下がり切って居ます。

ここまで犯罪を、国家権力を悪用させて、共に犯罪に走り、成功させて居る国家権力と公にされて居ます「同じ行為で、摘発して刑事罰を科しても居る、何の整合性も無い、ご都合主義だけの国家権力です」

治安維持の為に、法を拡大解釈させて、でも無いですから、一部の国家権力が、犯罪を実行する業者をスカウトして、犯罪者を養成して、自分で犯罪を行わず、行え無いから、犯罪者に必要な犯罪を実行させて、正しい犯罪だとこう、法に全く適っても居ない法螺を、法の破壊、事実抹殺、犯罪適法でっち上げで偽り、通して居ます。

自分達の持てている国家権力を、独裁テロ権力になったと錯覚して、実際国家権力が、権力悪用テロ犯罪に常時手を染めて、これが通せており、何の歯止めも無くなり切った結果です「結果、法の正しい適用に動こうにも”廃掃法、古物商法違反である物理的証拠、整合性を持った立証は、行うと、上記国家権力テロ犯罪が浮上するから、実行犯国家権力が破滅するので、出来ない訳です”」

嘘で塗り固められた、遺品整理、生前整理請負正業

  • 2020/08/24 07:09

故人の所有物を、無許可や、物品が所在する市町村との協定等無く、一括処理を請け負う事は禁じられて居る、廃掃法第25条1項により、刑事罰則が適用される犯罪行為である、法の規定はこうなって居ます、原則規定です。

処が「単なる自己申告資格でしか無い”遺品整理士資格(;'∀')”を持てば、金を払えば誰にでもくれる、バッタもん自己申告資格を持てば、遺品整理、生前整理請負を、官民から請負、実施して適法となる”こう、犯罪で塗り固められた悪事が、国中の国家権力共謀犯罪を武器とされて、行えて、強制適法でっち上げで成功させられて居ます」

法律上、一つも合法、適法は無いですが、国家権力がほぼ全部、実行犯連中と共謀犯罪者なので、強引に成功させて有るのです「同じ行為で、山のように実行犯だけ摘発も、合わせて行って来て居ると言う、司法犯罪他者の預金泥棒適法と、横領と併用で、あれと同じ構図です」

兎に角「犯罪で処理する個人所有物を、最後は地方自治体が、証拠隠滅を目論見、法を犯して処理して、廃掃法違反、窃盗等犯罪を消す、これまで凶行するから、成功させて有る訳です」

司法犯罪他者の預金泥棒と同じで、犯罪を隠す為に、証拠偽造と隠滅に走る、証明された犯罪事実を、犯罪免責で潰すのと併せて「同じ行為で廃掃法違反、刑事訴訟法手続き実施だ、も行って居ます”こっちは、証拠から揃えず、廃棄物不法投棄したな、吐け、吐いたな、有罪だ”これで成功させて有るんです、司法他者の預金泥棒と、全く同じ構図なのです」

犯罪を日常行為とさせて有る、国家四大権力の真実

  • 2020/08/24 06:54

犯罪塗れ、日本の国家権力のこれが真実です、犯罪者を揃えて、合憲、合法破壊に勤しんでだけ居ます、法を所管している特権を、犯罪を成立させる事に悪用させてだけ居る、合憲、合法を破壊させる事のみに狂奔されており、正しい事を通そうとすれば、国家権力犯罪に対抗する事となり、粛清に走られます、犯罪に染まり切った国家権力の常です。

インターネットがここまで普及して居ても、国家権力の時間は、昭和40年代位で止まったままですから、インターネットの意味すら、実際には理解も出来ないままなのです。

一瞬で真実が、ネットを駆け巡る時代だと言う、私でも多少理解出来る今の時代が、日本の国家権力犯罪集団には、ほぼ何も理解も出来ません、大マスゴミが、幾らでも虚偽の情報を喧伝して、情報操作し放題出来る、この頭のままなのです。

実際の物理的行為、物理的事実立証は、素養も何も持っておらず、何の物理的行為、証明も出来る筈も無いのに、虚偽の正解を大マスゴミと、弁護士連中等で「これが真実、正解であると、法螺を喧伝して、嘘も百回吐くと、何の真実証明も無しで、事実だと虚偽を通せる、之のみで今も居るのです」

河合夫妻の刑事裁判で、120人もの証人を尋問するそうです「珍しい事に”起訴罪状を裏付ける証拠を、公に揃える”訳です、通常起訴した、=有罪、物理的な有罪の証拠は不要だ、之を日常とさせて有るのにね」

逆もあるしね「死人が死後、預金を引き出して居る、預金先に死人が死後預金を引き出して居ると、帳簿から何から偽造させて成功させて有るから正しい、と、他者の預金を横領した、証拠は無いが、そう決めたから有罪だ、預金先から帳簿他証拠は、一切出させず有罪だ、之も、司法日常テロ行為となって居るし”他者の預金泥棒も、弁護士犯罪利権の手だから”ですよ」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5146602
ユニークアクセス:4346231
今日
ページビュー:4316
ユニークアクセス:4109
昨日
ページビュー:1354
ユニークアクセス:949

Feed