エントリー

2020年09月06日の記事は以下のとおりです。

前例作りを果たしました

  • 2020/09/06 15:41

死にそうなほど具合が悪いのに、警察からと、役所から請われて、漸く阿部さんの家に辿り着いて、漸く多少体調を整えて、司法強盗完遂に、法による対抗策を講じる事を、一応果たしました、今後の対抗策は、も有るんですけれどね。

取り敢えず「司法強盗、不動産明け渡し強制執行名目犯罪に付いて”犯行の下見に来る、警察官、役人の臨場、事実確認させた実例”を作れました」

今までこの、司法強盗は「他の正当な権利も確認して居ない、見ないから、他の権利毎強盗して居る、犯罪によって強盗物品を故買、廃棄処理しているとは言えない、犯罪が有るかどうか分からないから良い」

この逃げで、常時司法強盗も成功させて来たのです、警察官、役人が、司法強盗、司法強盗の不当な被害事実確認せず、強盗物品を、所有者虚偽で古物で売り飛ばして、犯罪収益を得ている事も、排出者偽装、廃棄区分虚偽で、強盗物品の闇処理を日常凶行し続けている事実も、闇に葬り続けて来たのです。

事実の確認を、犯罪と承知だから、警察、役人、政治は故意に行わない、この権力犯罪が、司法強盗をずっと成功させて来れた、最大の理由なのです。

司法犯罪遺産預金泥棒とも、根本の犯罪を成功させて有る手は同じ、司法犯罪と承知で、事実確認せず、証拠偽造、隠滅に警察、司法、地方政治、行政機関、地方マス塵が、足並みを揃えて暴走して居ます、で、司法強盗も、成功させられて居るのです。

物品確認済み

  • 2020/09/06 15:12

阿部さん相手の強制執行は「前例が先ず無いであろう”複数の権利が存在している事実を、警察官、札幌市の役人が、公式に確認して有ります”別に警察官、道警が、法を正しく司法にも守らせる、等と言う事が有ると思っている訳では無いですよ、直接共犯なのだから、警察は」

札幌市役所が、いきなり100%、廃掃法規定を順守させる、と思っている訳でも有りません、無理でしょうから、直接共犯でも有る札幌市他、地方自治体なのだから。

それを前提として、複数の権利が有る土地建物への強制執行公務で「執行決定外の権利にも”強盗に走り、根こそぎ収奪する”この宣言を出させて有るのです」

今までは「執行決定外の権利が有ると知らなかった、と偽る手と”執行決定外の権利者に付いて、法を犯して権利を、騙して奪う、言い掛かりの執行妨害で脅す、執行、実際に言い掛かりで執行妨害冤罪に落とす、これ等の司法、警察犯罪を凶行して、強制執行名目、実際には強盗を成功させて来て居るのです”」

阿部さん相手の強制執行一回目、強盗の下見公務でも「同じ司法犯罪を行いました”法の規定では無い、解釈だ”解釈の根拠も答えない」

之で強盗を、今まで成功させて来たんですね、そんな職権も何もないのに。

この強盗では「阿部さん以外の権利者の所有物も、所有者、排出者を偽って故買、廃棄処理されるのです、但しこの事件の場合は”阿部さん以外の権利者の所有物である”この事実を、事前に警察官、札幌市の役人も、確認済みの上での犯罪実行です」

知らなかった、見て居ないから犯罪とは言えない、この手は使えません。

実例が出来た司法犯罪

  • 2020/09/06 14:55

今までは、不動産明け渡し強制執行が「適用される各法律を、正しく遵守され、行われているか否か、国民は知らされて居ませんでした、一般的な司法権力公務では無い事に付け込まれて」

私は平成10年頃から、不動産明け渡し強制執行公務の「法律に適っている、と言う事でも無い、実務を色々聞いて、知って居ます、変遷もある程度知って居ます」

適用される各法律規定は、元から正しく適用されて来た、訳では有りませんが、今ほどひどい、強盗そのものの代物では有りませんでした。

過去から今に至る間で、犯罪公務そのもの化させて来た訳です、適用される各法律を、どれも蹂躙させて、強盗公務のみに暴走して、通るように、司法、警察、法務省らで、国民に隠れて、司法指揮犯罪を成功させるように、どんどん短絡犯罪公務に変えて来て居るのです。

自身が憲法、法律で守られて居る、正当な権利を守る為、司法強盗、不動産明け渡し強制執行を謳うが、強盗、泥棒行為に対抗すれば「執行妨害だ、一部の執行決定で、他のあらゆる権利、他者の財産権等を蹂躙出来ると、解釈で決めたからだ、他者の晴朗な権利、財産所有権も、根こそぎ強奪して通る、法律で対抗してくれば、法の規定は蹂躙させて、執行妨害冤罪に落として居るんだ」

この実例、証拠が、先週金曜日に、公の司法犯罪実例、証拠で作られています「何処にも法律の、正しい根拠も無い、司法犯罪と言う実例、証拠が作られています」

執行対象外の財産権、営業権等権利を、公に行使しまして、当然執行妨害などになって居ません「ネットに書かれた通りですね、執行決定以外の権利が有れば、騙す、脅す手を使い、権利を強奪して、成功させて居る、書かれている通りが行われた訳です」

司法犯罪実例、証拠が更に

  • 2020/09/06 09:35

先週金曜日の、阿部さん宅での裁判所犯罪実例で「不動産明け渡し強制執行、実体は強盗公務の実態が、実例証拠を持って”事前に証明出来て居ます”」

過去の同様犯罪の、公文書証拠も揃って居ますからね、言い逃れられないのですよ、司法強盗、不動産明け渡し強制執行、実際は強盗公務事実、証拠に対して。

実際の不動産明け渡し強制執行事件、下見の事件で、どの法律を、どうやって蹂躙しているか、事前に公式証明が果たせています、今までも、これからも凶行され続ける、司法犯罪不動産明け渡し強制執行公務、多重の刑事罰適用犯罪です。

他の権利者の財産権まで、合法根拠ゼロで強盗収奪して居る「警察、行政、政治、報道が共犯者故成功させられて来て居る、とんでも無い司法、警察犯罪です」

別の事件の実例証拠で、他の権利は蹂躙出来ないが、証拠隠滅を武器とさせ、成功させて来て居る、等証拠も揃えて有ります。

場当たりに、司法、警察が共犯になり、強制的に犯罪を成功させて有るが、犯罪なので「公の合法証拠で対抗されれば、手を出せない事も証明出来て居ます、当たり前ですよ、独裁国家では表向き無い日本だから」

とても良い、司法強盗実例も

  • 2020/09/06 09:04

先週金曜日午後4時過ぎからの、裁判所、司法犯罪実例、ドタバタ劇の概要文書の記載、こいつらが弁護士と共謀して、常日頃どれだけの犯罪に手を染めて、司法、警察、行政が司法犯罪を成功させるべく、手を汚して成立させて来て居るか、とても正しく、実例証拠によって証明されています。

この事件、不動産明け渡し強制執行名目、強盗行為の下調べ目論見、の犯罪です「今後、実際の司法強盗が起きる、その前の、強盗用の下見です」

司法強盗の下見、の事件で「何の犯罪に手を染めるのか、犯罪によって収奪しようと目論む対象が何なのか、事前にきちんと、警察官多数、札幌市の役人も立ち合い、事実確認して有ります」

不動産明け渡し強制執行、実際に行われている犯罪複数が、事前の下見の事件で、予告犯罪の詳しい内容、行う予定の犯罪複数共々、事前証明されています。

こいつら「手を汚す犯罪の詳細な内容と、犯罪収奪する被害対象の詳細、犯罪被害対象の事前立証、警察、行政による、事前被害対象確認、が果たされた事は、今後非常に拙い状況に陥って行くでしょうね」

今までは「犯罪対象を事前確認して居ない、事前確認が無いから、犯罪が行われた証明も出来ない、よって犯罪にならない、この手で逃げて来たのですが」

きちんと事前に、強制執行名目強盗の下見事件で、証拠、犯罪被害予告対象確認等を果たしました。

強制執行公務、他者の財産強盗実例

  • 2020/09/06 07:32

@今月4日午後4時過ぎからの司法犯罪、不動産明け渡し強制執行公務”下見用”実行で、この公務?の犯罪、虚言、法の蹂躙行為事実証拠が多数揃いました”執行される側と、執行外で巻き込まれる側が慣れて居ない、知識が不足しているから、司法犯罪多数が成功しているだけ、複数の権利者の権利蹂躙を、事前に公式立証等が必須です

                      令和2年9月6日

※執行対象者に物品を貸し出しても居る個人と、法律根拠説明に行くよう要請された会社
   〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
         (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
              TEL011-784-4046
              FAX011-784-5504
※最高裁、札幌高裁以下裁判所”他者の財産等権利を、犯罪により収奪”刑事罰適用行為複数も、事前に証明されています

大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
森雅子法務大臣、弁護士でも有る
FAX03-3592-7393 執行対象外者、執行不可能ですが
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課福田、石倉企画法令
FAX03-3592-1459
紙智子参議院議員、小松政策秘書、党本部
FAX03-6551-0710
環境省北海道地方環境事務所、資源循環課板倉課長補佐他
FAX011-736-1234
秋元克広札幌市長、市議会議員全員、区長、保護自立支援課、市税、総務部各市犯罪隠蔽部署
FAX011-218-5166
FAX011-218-5105 環境清水部長他
小島裕史道警本部長、1,2,3課課長、生活経済、保安課長
TEL011-251-0110
FAX011-210-5592 道新報道センター内山他記者

1、本件、札幌市厚別区厚別東1条6丁目8番16号、阿部溘悦氏のみに対しての、今月4日午後4時過ぎからの、不動産明け渡し強制執行名目下見は、次の者らが臨場した。

;厚別署地域課、柏、松田巡査長、他8名以上の警察官、パトカー5台以上
;札幌市役所環境事業部事業廃棄物課、前野一般廃棄物係長
;田中孝文執行官と、身分不詳の男二名、執行権は無い一般人
;山本弘明、リース品貸与者で、警察に違法、犯罪防止説明に、警察、執行官に文書も作成、提供しての、立ち合いを求められた

2、田中執行官は「執行決定文書も示さず、阿部氏から記載先にも配布済み文書を渡され、読んだ後に”記載内容を受け入れせず、と宣告を発して”身分不詳者二名共々、強引に敷地に入り、居宅に押し入ろうとした”私から”執行官の身分を与えられて居ない者は、敷地内立ち入りも禁止、二の個人条に執行は下りておらず、二の個人事業営業場所も進入禁止、阿部氏が警告した通り、警告を無視して押し入ろうとするので、110通報して、警察官を臨場させる、と通告後、110通報して、警察官が続々臨場」

3、田中執行官は私、阿部氏に対して「阿部さん個人に対する執行決定で、二の個人事業営業場所も、未登記の遺産建物にも、強制執行権が及ぶ、解釈だ、執行妨害だ、と警察官に通告」

私―私のリース貸与品も有るが、執行決定は出て居ない以上、私の財産が強盗される事を防ぐのは、憲法第29条規定上も当然の権利だし、警察からもこうした法律根拠を説明するよう請われ、交通事故の怪我を押して来て居る、阿部氏が営業する二の個人事業営業看板も、外、玄関に掲示して有る、執行権が及ばない以上、執行妨害にはならない、他にも保護受給者沼xx子が、保護事業に最上位で権利が有る、無限相続で、216,000円で相続済み決定物品多数も有る、これ等権利を侵害する行為が犯罪だ。

田中執行官ー、、、、。

柏巡査部長―取り敢えず執行官と同行者、敷地から出て下さい”執行官と身分不詳者、敷地から立ち退く”写真撮影済み。

4、警察官柏、松田巡査部長、札幌市役所前の係長だけを家に入れ「建物内の営業看板、私のリース貸出契約書、二個人事業用物品、沼xx子氏相続受け済み物品一定を確認して貰った」

5、田中執行官ー阿部溘悦氏相手だけの執行決定で、この土地建物にある全ての動産、営業看板、未登記遺産建物に、強制執行権が及ぶと言う解釈である、法の根拠は答えない、各権利者の権利が証明されているなら、各々の権利を個々に証明して、各権利者の権利を法律手続きを経て、この不動産から排除しなければならないし、個々の所有権者の財産は、執行で持ち去っても、所有者各々に返さなければならない、と言う山本の言い分は、山本の考えで有り、その必要は無い、法の根拠では無く、解釈だ、全部阿部溘悦氏の権利物として執行して、阿部氏だけに返す。

田中執行官ー札幌家裁の相続審判で、相続人保護受給者沼x氏が相続を受けた物品も有るが、全部阿部溘悦氏相手の執行決定で運び出せて、阿部氏が取りに来なければ処分する、犯罪にならない。

山本ー生活保護法違反、保護法第85条も科せられる犯罪、保護受給者に入る財産の収奪行為でも有る、裁判所、国による保護法違反犯罪だ、この法の適用は、告訴の提起で成立で、既に訴え済みだ、沼内氏が相続済み物品の一定は、警察官と札幌市の役人に確認して貰って有る、古物商法違反、廃掃法違反行為も、処分すれば刑事罰が科せられる。

田中執行官―山本の考えだ、執行場所にある全ての権利、権利物を、この一つの執行決定で、全部執行して良い、法では無く解釈だ”自営業看板が有る、物品相続済み審判決定が有る、リース契約書が有るが、全て執行で運び出して、阿部溘悦氏所有として、阿部氏が取りに来なければ処分出来る、正規の所有者、権利者に引き取る権利は無い、之で処分出来る合法根拠法は関係無い、解釈だ”窃盗罪、保護法第85条違反、廃棄物及び清掃に関する法律違反、古物商法規違反定等適用されない、と言う解釈だ。

※別紙、令和2年(執ロ)第251号、今年9月2日付公文書には「執行対象者は阿部溘悦氏のみ、と記載されている通りです、又”執行対象者以外の目的物”(動産です、他営業権、営業看板は除外)は、別紙執行終了通知・遺留物引き取り催告書(債務者武藤氏、引き取り通知者私、佐藤稔執行官平成27年(執ロ)第214号、同年10月15日付、結局、お前の物だが武藤の物とした、と言い張って売り飛ばして返さず)となっている通りで、田中執行官の言い草は、完全な虚偽です」

6、次の事実、回答も記載。

@環境省産廃担当、平成28年当時環境省担当高橋企画法令担当、電話通告相手城崎総括執行官、場所道民運輸倉庫

高橋企画法令担当ー裁判所に何時環境省と廃掃法規定で”個人の所有物を、排出者等を偽って処分して良い、と認めた?これを認めて有るのは、建設業者が一定の条件を満たした場合、自社排出事業系一廃で処分を認める”この特例だけです、裁判所にこれを認めた事実は有りません、越境して個人の所有物を運送屋に運び、排出者虚偽で処分しているって、何をしているんですか裁判所は。

札幌市環境局、当時事業廃棄物課長東田―山本さん、裁判所の強制執行物廃棄処分は、確かに犯罪行為ですが”札幌市が証拠の隠滅を、破砕工場等で行っているんですよ”物証を無くさせて有るから、犯罪を立証出来ません、廃掃法違反、窃盗行為等が成立する訳が無いでしょう、証拠物の処分、証拠隠滅を、札幌市でしているんだから。

@次の、各執行官の答えも記載。

城崎総括執行官、既に退官―山本さんのリース貸出品は、其の場で返すか、他の権利が有ったのだから、執行不能として引き、別の権利を消す裁判所手続きが必要でした、執行対象外の権利には執行権が及びません、分からなかった、と言う事にして執行しているが、他の権利が判明した時点で、執行不能とするか、別の権利者に返す、退去等了解を文書で得る手続きが必要だったのに、騙して持ち去ったから、裁判所の違法を消す為、返せなかったんです。

伊藤、佐藤稔執行官ー執行官には”別の権利者が判明した場合、執行官が調査出来る、との規定が有るので”他のあらゆる権利を、一つの執行決定で強制剥奪出来るんです。

佐藤稔執行官ー法務局に登記された不動産、事業所届け出は”別の執行決定で、強制収奪は、法務局の登記が有り、難しいですが、個人営業権、個人の別居住権、個人の別の財産権は、どれも別の執行決定で、権利証明されて居ようと、強制剥奪出来るんです”民事執行法の解釈で、他の法律は全て適用されないからです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5107500
ユニークアクセス:4313876
今日
ページビュー:239
ユニークアクセス:238
昨日
ページビュー:1457
ユニークアクセス:1150

Feed