エントリー

2020年09月23日の記事は以下のとおりです。

交通事故事件も、大きく変わって居る

  • 2020/09/23 17:23

2~3年前までは「交通事故事件でも”ビデオ映像を揃えていても、ビデオ映像は証拠にならないんだ、今までの、犯罪事故状況捏造が絶対だ”こう、警察、司法犯罪権力が、損保の下僕故、押し通すばかりで来ていました」

処が、今回ある地方公務員、さんから突っ込まれて、怪我を負った交通事故の事故状況確定、事故状況を持った調書作成では「ドラレコの映像通り、で事故状況の確定と、事故被害者調書の作成、が行われたのです」

多分、危険運転事件多発で、ドライブレコーダーの映像が、動かぬ証拠で使われて居る事が、大きく影響したのだと思いますよ、ドライブレコーダーの映像が有ればもう、警察、司法が、損保の言いなりで、事故状況、加害者被害者、怪我の程度でっち上げを強制適用、決定させる被害を逃れられます。

今回の追突事故でも、無効のドライブレコーダーの映像も有り、二回進んでは止まり、でも、突っ込んだ車は動かずだったので、結構な車間距離が開いた後、瞬時に突っ込まれた事が、向こうのドライブレコーダー映像で証明されています。

300馬力のパワーを、瞬時に開放したんでしょうね、本当に瞬時に突っ込んで居ました、荷台の床が変形した事故です、突っ込んだのが乗用車で(;'∀')、、とんでもない衝撃が加わって居ますが「ドラレコ映像が無いと”軽い事故、軽微な怪我だ”と、定番の損保、弁護士、裁判官の言い掛かりが降って来るでしょう」

前後左右が写るドライブレコーダーを、皆様方、是非装着すべきですよ、交通事故の捜査が大きく変わり、ドラレコ映像が物を言うようになったのですから、ようやく正しい交通事故事実で、正しくけがの程度を通せて、に持って行けるようになって来て居ます、50年以上続けられて来た、犯罪人身交通事故でっち上げ決定、診療記録偽造までした、怪我の程度軽いと捏造から。

合法は却下、独自の審査基準が絶対

  • 2020/09/23 17:12

xx部長ーYMOTOさん、廃掃法は無効で、廃掃法を無効化出来る独自の基準、が有ったんですね、全く知りませんでした、、(-_-;)

YMOTO-のようですね”犯罪を請け負わせるための、独自の法を犯して良い基準”が有り、裁判所、報道機関、介護系事業、不動産屋等で各々、犯罪を請け負わせられる業者選定の、独自の基準を作り、犯罪を正しく請け負える業者を厳選して居て、廃掃法、古物商法違反、窃盗行為を請け負わせている、訳ですから”廃掃法を所管している札幌市から、事業を認められた当社は、犯罪を行っておらず、独自の審査基準に合致しない事でも分かる通り、、、( ´艸`)

XX部長―もっと法律違反、でどうにか出来る、と思って居ましたが、一筋縄では行かない、大きな闇が有るんですね、どうすれば良いか、、、(;'∀')

YMOTO-各々の権力、業者等は、犯罪を請け負わせられて、目の前物品を、法を犯す業者を複数噛ませて、どうであろうとそこから運ばせられれば良い、複数の犯罪者を噛ませれば、大元に手を及ぼさない、覚醒剤、ヘロイン、コカイン密売組織と同じ構造の、犯罪のからくりが出来ているんですよ、司法、警察、政治、行政、報道等によって。

xx部長ー~~~、、、(;'∀')

マフィアが、公に国家権力に君臨出来て居る、、日本の真実の一端です「まあ、ヤクザが直に司法、警察、行政、報道と結託して、犯罪を手掛けられて居る、まで腐り切って居るのだし」

時代錯誤が極まり過ぎ

  • 2020/09/23 07:53

交通事故事件でも「ビデオ映像が有るのが普通になったから”ビデオ映像を持ち、事故調書を作るように変わって居ます、思い込み、半世紀以上昔からの、事故状況でっち上げ、警察官、損保、弁護士、裁判官ぐるみの賠償潰し用事故事実捏造、真実隠蔽、抹殺は、どんどん崩壊して行っています”」

多くの犯罪も、ビデオ映像等が証拠で使われる時代となって居るが「時代から完全に取り残されて気付く事も出来ない、法曹資格者他士資格業者、検察庁、裁判所の職員、法務省と役人連中、報道カルトなのです」

この連中は、当たり前の常識から、本当にほぼ何も分からない事が強み、常軌を逸し過ぎた国家権力と言う強みを持ち「オカルト司法犯罪こそ絶対、真実も合憲、合法も間違いだ、之を常時、強制的に、犯罪で真実を作り替える、虚言で犯罪を正当と言い張る、等により通す、半世紀以上これだけで成功させて来て居ます」

時代錯誤を極めた国家権力です、ビデオ等が正しく証拠で使われる時代に、全く適応も出来ないのですよ。

昭和40~50年代で、この連中は完全に止まり切ったままです、時代に合わせる事等、司法、報道の自滅に繋がる訳です、真実を犯罪で作り変える手で、司法犯罪を成功に持ち込めて来た、ビデオ等が証拠で使われる時代に変わっても、適応できるはずが有りません、犯罪集団だから、自爆しますから、己の犯罪が、ビデオ等で証明されるから。

司法犯罪隠蔽用、司法冤罪

  • 2020/09/23 07:18

今月4日午後4時からの、裁判所、弁護士が、泥棒阿部xxの犯罪の共犯者と、私に拠って暴かれて、責任を逃れたいが為に「厚別東1条6丁目8番、阿部氏居宅に、無差別強盗目的押し込み下見に来た事件でも”押し込み強盗実行犯民間人”を連れて来て、押し込み強盗は認めない、自分の財産等権利を守る」

こう、合法な理由を持ち、押し込み強盗を阻止に動かれれば「民間人の押し込み強盗を連れて来て、押し込み強盗下見で押し入る事を、正しく阻止された、公務執行妨害だ、この定番の、司法冤罪も予定して有った訳です、予想通りに」

何時もこの司法犯罪国家権力”も”こう言う、でっち上げの公務執行妨害罪冤罪も、手を染めて押し込み強盗を成功させて有る、と言う事実、証明です。

この手口も読んで有るから、事前に警察官と札幌市の役人を臨場させた訳です、こいつらの手口は、半世紀以上同じ手口です、司法犯罪を成功させる、この目論見の為だけで、憲法、法律、社会常識を根こそぎ破壊させて、司法犯罪を強引に成功させて来て居ます、真実隠蔽、事実を逆に造り変える為の、証拠から何から偽造捏造、犯罪適法化と、冤罪でっち上げで決定、之で司法テロ、犯罪を常時成功させて来て居ます。

単なる無差別押し込み強盗、不動産明け渡し強制執行名目の、司法押し込み強盗犯罪も、これ等の権力犯罪、司法冤罪で、強引に成功させて有るんです。

大量の警察官と、札幌市の役人が臨場している中で「民間人と押し込み強盗下見を、強引に図ってしくじり、暴力行為が起きる強い恐れだの、あまりにも程度が低過ぎますから」

ここまで読んで有るから、撮影も怠りなくして居ます、撮影するな、と喚いたけれど、やはりこう言う司法冤罪まで、ですね。

今月4日午後4時から起きた、札幌の司法押し込み強盗下見事件

  • 2020/09/23 07:05

今月4日午後4時過ぎから起きた、札幌の司法押し込み無差別強盗下見事件、事前に私から、厚別警察署他、札幌市役所環境局等に連絡を入れて「厚別署から大量の警察官臨場を行って頂き、札幌市役所環境局からも、一般廃棄物担当係長に来て貰って、札幌の司法無差別押し込み強盗下見事件が、誰の権利を、民間の押し込み強盗を、札幌の裁判所、裁判官連中、小寺他弁護士が”遺産泥棒で保護費詐欺犯である、阿部xxとの共謀犯罪を、何としてでも成功させて、司法ぐるみ犯罪を正当と偽らねば”が目論見の事件を、実際に確認して貰った訳です」

この押し込み無差別強盗下見、裁判所、司法犯罪で「この現場で押し込み強盗を指揮する、田中孝文執行官は”民間の押し込み強盗実行役、日笠昭儀なる人間を同行して”大量の警察官と、札幌市の役人がいる、私が臨場を頼んだから、の状況なのに」

裁判所、裁判官が、弁護士共々冤罪を仕組むと言う、定番の手口に走ったようで「押し込みを拒まれて、暴力事件が起きる強い可能性が有るので、押し込み強盗役民間人を立ち会わせた」

こう、建物明け渡し調書、なる、公文書ですが、に書いて有ります「大量の警察官と、札幌市の役人が臨場している中で、無差別押し込み強盗の下見を、何としてでも成功させようと目論んだが、法により拒絶された、之が真実です」

暴力事件が起きる強い可能性、お前らの犯行だろうが「流石に無差別押し込み強盗実行は、この状況です、出来ませんでしたが”自分達の押し込み強盗未遂犯罪を、こうやってすり替えている訳ですね”事前に手を打って置かなければ」

こう言う冤罪の手も、司法が仕組んで有るから「ビデオ撮影、写真撮影を拒もうとしたんでしょうね、やはりなあ、ちゃんと撮影して有るから、押し込み強盗と警察官、役人さん方を」

司法犯罪を糊塗する為、冤罪でっち上げも組み込んで有る

  • 2020/09/23 06:50

司法犯罪は、明白な犯罪で構成して有ります、でっち上げた答えがそもそも、犯罪を正当と言い張るだけ、微塵も合憲、合法は無いでっち上げですし。

他者の預金泥棒司法犯罪も、相続遺産分割除外説でっち上げと、遺言状が有れば、他の法定相続人法定遺留分まで、犯罪に手を染めて奪い、所有権を得られる、犯罪で収奪して、この司法でっち上げ犯罪と。

他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入って居る預金は「金融屋に司法他が命じて、口座名義人による預金の引き出しだと、偽造、証拠隠滅の手を使い、偽って通せ、こう命じて有るので、この手口で盗み、窃盗利得を手に出て居ます、当然犯罪収益だから、無税の収益です」

こう言った司法指揮、共犯実行犯罪を用いて、他者の預金泥棒収奪、他者の財産等根こそぎ強盗収奪を、強引に成功させて居ます、司法を謳う国家権力の、之が真実です。

他者の預金泥棒が発覚したら「他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入っている預金は全部、口座名義人が泥棒に差し出した事になる、一切窃盗事件も、窃盗被害も無い」

こう、合法根拠ゼロで司法、警察が金融屋と共犯で言い張り、証拠偽造、隠滅で逃がします、最後の逃げは、犯行ビデオ隠匿です。

そして「一旦金融屋に金を預ければ、金は全部金融屋の所有となる、口座名義人と相続人には、入れた預金の権利は無い、被害者は金融屋だ、預金を幾ら盗もうと、被害者は金融屋だから、金融屋が被害届け出を出さないので預金泥棒事件は無い」

この嘘で、戦後ずっと他者の預金は、盗んで手に入れ放題、司法指揮が主体の弁護士用犯罪、が、強引に成功させられて来て居ます。

今年に入り、真逆の、法律通りの事件構成、預金者、相続人が被害者、泥棒が犯罪者、こう変えていますが「当然、何の整合性も取れません、”阿部xxに至っては、昨年中は上記虚言で預金泥棒実行犯で合法”今年に入り、預金泥棒で送検ですから」

同じ犯罪で、同じ実行犯でこうです、どれだけ司法が出鱈目、犯罪国家権力なのか、憲法、法律等全く何も知らないカルト犯罪国家権力だと、一定分かるでしょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5146618
ユニークアクセス:4346246
今日
ページビュー:4332
ユニークアクセス:4124
昨日
ページビュー:1354
ユニークアクセス:949

Feed