エントリー

2020年09月28日の記事は以下のとおりです。

今年に入ったら、とは違う?

  • 2020/09/28 16:54

十勝振興局職員が、90歳代の方からキャッシュカードを預かり、150万円を引き出したからと逮捕、報道された事件、被害者は?この問いに、函館警察署刑事二課xx警部補は。

xx警部補ーこの預金窃盗事件、被害者は金融機関であり、90歳代の預金者では有りません!

山本ー今年に入ってから、昨年までの被害者金融機関捏造の事件構成から、預金者、預金者に対する相続人が被害者と、法律通り事件構成が変わって居ますよ、2月からの一連の、他者から預かった預金通帳、印鑑、キャッシュカードを使い、預金を盗んで逮捕された事件、行政書士二名、弁護士二名、司法書士二名の逮捕事件も、札幌の阿部xx送検事件も”被害者預金者、相続人”この構成で預金横領、窃盗事件を構成、に変わって居ますよ、法律通りに。

法律通りに、今年から「他者の預金泥棒の被害者も変わった訳です”じゃあ、金融屋の帳簿から何から、この犯罪の場合、口座名義人が預金を引き出したと偽造して偽り、成功させる”こっちの犯罪は?変わって居ないんじゃあないでしょうか?」

苫小牧警察署刑事二課xx警部補と、苫小牧の検察庁にも「預金先の帳簿等を調べて下さい、山のように”他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを悪用して、預金を盗んだ事件”記録等を偽造して有るから、とも伝えて有ります」

司法犯罪による

  • 2020/09/28 16:37

弁護士、司法書士用の司法、法務省犯罪、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入って居る預金を盗み放題出来て、金融機関に命じて、口座名義人が預金を引き出したように、記録等を偽造させて有り、犯行時ビデオを隠匿させて、成功させて来て居る、弁護士、司法書士と、委任泥棒が、他者の預金を盗み、所有権を得て稼げるようにと仕組まれた犯罪です。

司法、何の事は無い、他者の財産を、犯罪によって奪い、証拠偽造、隠滅、法の無効化でっち上げに走り、正しい犯罪である、と偽り、司法権力を悪用して、強制適法化を通して居る、テロ犯罪国家権力です。

金融屋に「口座名義人が預金を引き出したように、帳簿から何から偽造させて有るので、正しい他者の預金泥棒、だとされ、常時成功させて来て有る、最後の武器が、犯行ビデオ隠匿と,追及者を金融屋恐喝犯冤罪で粛清して、成功させて来て居るんです」

完全な犯罪組織、職業犯罪者集団です、こんな組織、構成員が、刑事、民事裁判、事件を「法律家、司法権力として独裁者で扱って居る、恐ろしい現実なのです」

犯罪集団が刑事、民事訴訟法手続き、事件の扱いを行って居る、犯罪者が正しい憲法、法律の適用を果たせる筈がない、犯罪当時者集団なのですから。

他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、吐いている預金を盗めた分、泥棒が所有権を得た、こう金融屋に偽造させて有り、成功させて居る司法犯罪権力、刑事、民事事件を扱える筈が無いのです。

実行犯が法律手続きを扱って居る、狂い過ぎた日本の司法の実態です。

司法犯罪事実が有る、法律で裁く等この連中は不適格

  • 2020/09/28 16:22

十勝振興局の職員が、90歳代の方から預かったキャッシュカードを使い「司法他者の預金泥棒通り、預金150万円を引き出して、手に入れた事件、弁護士、司法書士用に司法、法務省、警察、報道、監督官庁、政治がでっち上げた正当な犯罪なのに、犯罪とされ、逮捕、実名報道されていますから」

犯罪とした組み立て等を、苫小牧警察署刑事二課、担当警部補に問い質しました「昨年まで強制適法だけ通して来て居る、預金通帳、印鑑、キャッシュカード、他人のを手に入れられれば、入って居る預金は、これ等を手に入れた泥棒行為者、弁護士、司法書士なら”後見人に選ばれる、財産管理を任された、とされれば無条件で”口座名義人を偽り、盗んで自己所有と、記入機関の記録等を偽造もさせて有り、出来て通って来た」

この一連の犯罪を、私は詳細に表で暴き、犯罪の手口まで証明した、再犯防止も果たした事を、司法は逆恨みして「正しい犯罪である、この犯罪を正しく証明して、再犯も防いだ私が犯罪者だと、札弁連、弁護士、札幌高裁以下裁判所、裁判官等で公に決定、判決を下して、私を合法を通す犯罪者、と冤罪粛清にまで走って居るのですからに、白黒をつけて行く事が最重要事項です」

xx警部補ー被害者は金融機関であり、90歳代の預金者では無いです。

山本ー今年に入り、法律通り”預金を盗まれた預金者、預金者に対する相続人が被害者”と事件構成から変わって居ます、盗まれた預金を補填したとしても、金融機関は民事上の被害者であり、預金を盗まれた被害者は預金契約者です、元々、金融機関が被害者、で事件を構成して居れば、ひっくり返されますよ、弁護士も直接グルだから、金融機関が被害者だのと言うでっち上げも通っただけ、事件構成は、今年に入って変わって居ますから、被害者は法律通り、預金者ですよ。

江別署二課xx警部補、函館署刑事二課xx警部補、札幌手稲署盗犯係、xx警部補にも確認して下さい、責任を問われますよ、昨年までの預金窃盗被害者等捏造で事件を組んでりゃ、之を苫小牧検察庁と併せ、伝えて有ります。

司法犯罪成立は

  • 2020/09/28 07:57

司法犯罪交通事故事件は「1960年のブレーキとタイヤの制動性能を、今の時代まで、絶体の科学的データである、と、本気で司法、警察、損保、報道が、これ以外認めないで通して来て居ます」

今の時代の制動性能の、3~5倍の制動距離ですよ、出鱈目も極まり過ぎて居ますが、実際これを常に、事故事実確定根拠とさせて来た訳です。

1~2年前から「ドライブレコーダ等、事故映像が証拠、こう変わって居ます、損保各社も競い、ドラレコ特約を商品に加えているのも、交通事故事件確定を、各映像が絶対、こう捜査、立件が変わったからです」

預金泥棒、弁護士、司法書士用の犯罪も、犯行ビデオ隠匿と、金融屋の帳簿等偽造、犯罪証拠偽造で作り変え等の手を武器とさせて、正当な他者の預金引き出しだ、泥棒も横領も無い、この嘘で成功させて来て居ますが。

今年に入り、犯行ビデオが証拠だ、他者の預金を盗んだら犯罪だ、こう変えていますが、昨年までの、司法預金泥棒入手制度と、全く整合性が有りません。

他者の座犬都合等、泥棒、闇処理制度も同じ、遺品整理が成功するのも、司法犯罪が有るからです。

司法犯罪による、不整合続々

  • 2020/09/28 07:48

弁護士、司法書士用の犯罪の制度化、法曹権力、法務省、警察、報道、各行政機関が加担、法の破壊、犯罪凶行で成功させて来て居る。

この真実を、同じ犯罪で、犯罪と扱った事件と、司法犯罪故適法、正しい犯罪だと、公に扱っている事件を共に並べ、不整合を公式に表で追及して行く事で、司法なる国家権力が、如何に出鱈目、テロ行為集団かが証明出来ます。

弁護士が言えば、弁護士が犯罪で稼げれば、合憲、合法は無効となる事に、法務省、放送全部、行政、政治、報道が共犯で犯罪に走り、でっち上げ決定を重ねている結果です。

で「法律に沿い、犯罪だと扱う事件も、並行して起きているから、両方を並べられて、不整合を表で糾弾されれば、司法を謳うテロ犯罪国家権力は、対抗策が全く無いから」

追及者を冤罪で粛清する、犯罪は正しいと、合憲、合法を潰す、真実を隠蔽して、犯罪が正しい証拠?を偽造して作り、犯罪適法決定、判決を下して通す。

これを武器とさせて、司法犯罪のみを凶行して来て居ますが「時代錯誤を続けて来て、もうどうにも出来ないまで、司法犯罪は陥って居るんですよね」

合憲、合法破壊で、司法犯罪正当とでっち上げ決定、今の時代にこれを唯一の武器で使うだけ、司法犯罪は崩壊させるべきです。

司法犯罪による

  • 2020/09/28 06:40

@合憲、合法破壊、犯罪制度化を、裁判官判決、決定、根拠は事実捏造偽造、でっち上げ、弁護士共々の思い込みだけで重ねて通して居る”整合性を持ち、刑事訴訟法事件に使われれば、刑事裁判は成立しません”事件事実でっち上げ、預金泥棒、財産強盗、泥棒まで状態化、司法犯罪事実立証で、司法は破綻して居ます

                     令和2年9月28日

   〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
         (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
              TEL011-784-4046
              FAX011-784-5504
※道庁、札幌市直接関係事件2題も有り、司法犯罪との整合は

大谷直人最高裁長官 刑事訴訟法手続き実務変更、過去のでっち上げは?
FAX03-3264-5691
上川洋子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 交通事故事件も実務激変、過去と折り合いは
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 司法と闇が直接結託、強制執行公務も
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
鈴木道知事、振興局環境生活課、帯広建設部も
FAX011-232-1156 帯広振興局建設部は、後で連絡
秋元克広札幌市長、市議会議員全員、区長、市税、総務部、会計、保護自立支援、介護保険、障害福祉、戸籍住民
FAX011-218-5166
FAX011-218-5105阿部氏宅押し込み強奪、後に引けない訳です
FAX011-709-8786 道労働局、労基署長、強盗まで公務で
FAX011-736-1234 道地方環境事務所
小島裕史道警本部長、1,2,3,4課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110
FAX011-210-5592 道新報道センター内山他記者 

1、先ず、不特定多数の方々にとって重要な、刑事訴訟法手続き激変情報を伝えます「昨年か一昨年まで、1960年のブレーキとタイヤの制動性能データを絶対、こう偽り、人身も含めた交通事故事件でっち上げのみを通して来た事実が有りますが”今年8月11日の人身交通事故受傷被害事件、被害者調書作成で、このオカルト交通事故事件捏造制度”が激変して居て、ドライブレコーダー映像が、動かぬ証拠で使われました」

2、小樽市銭函で過去起きた、海津氏による、飲酒暴走人身交通事故事件でも「海津氏は”100㎞を大きく超えて走って事故を起こした”と証言したが、小樽署、検事、弁護士、佐伯浩次裁判官、報道は”1960年の制動性能、33mスリップ痕が有る、時速は50~60キロ以内だ、こう捏造事故状況で報道、事件でっち上げして居ました」

3、私は別交通事故事件で、このでっち上げを警察、損保、検察庁、裁判官に、強制適用されたので”自分で走行実験して映像も撮り、時速40㎞なら約5m、60㎞なら約7~mで停止する事実を、走行、停止映像で証明しました「1960年のデータだと、時速40キロで17m、時速60キロで31メートル以上です、でっち上げも甚だしいが、事実です」

4、小樽の海津氏の事件で私は、佐伯浩次裁判官にこの映像も送り「刑訴法規定では、事件が証明されて居て、自白が有っても、起訴内容が物理的、医学的等で正しいと証明が出来ない場合、無罪としなければならない、との規定が有る”この起訴内容は虚偽、有罪に出来ない、と上申しました”結果佐伯裁判官は、刑事裁判途中で、聞けぬん点過失致死傷罪での起訴に、道路交通法違反(酒酔い運転)業務上過失致死傷罪を、異例と報道された通り、加えた訳です、こう言った動きが、ようやく交通事故事件でっち上げ常時、でも功を奏したようです」

5、このように、司法なる権力と報道が行って居る、刑事、民事訴訟法手続き等は、事実すら虚偽、でっち上げが常態化して居ます「50~60年、マニュアルを変えないまま、が事実の結果です、当然、実体との乖離は、取り返しが付けられない状態に陥って居ます」

6、今月24日、UHBニュースで報道された、引っ越しの大地、無許可引っ越し等営業で逮捕、この報道ですが「この方々、札幌市保護課等が使っていた、あの、菊地氏が仕切っていた、企業舎弟運送、家財違法処理業者の方々ですよね?菊地氏が飛び、以後街金からの借金返済に追われた残りの人達が、自分緒車とレンタカーで、白ナンバー運送、家財処理を続けていると、私から市、警察、検察、報道等に伝えてあった、あの方々ですよね?札幌市が直接税金を、暴力団にも流していた事件の方々ですよね」

7、札幌市保護課等犯罪、白ナンバー引っ越し屋委任、家財違法処理委任、保護課だけで違法引っ越し1,000件以上事件は、東署交通二課が、東区保護課に任意捜査に入ったが「上が潰しました、無許可業者委任引っ越し、違法家財処理委任に保護課が税金投入を、故意に闇に葬りましたよね、引っ越しの大地、逮捕出来る整合性は、札幌市役所犯罪を握り潰した結果でも有り、整合性が全く有りません」

8、今月27日、道新第26面記事「十勝総合振興局帯広建設部職員、石井氏(21歳)が、90歳代の方から預かった?キャッシュカードを使い、150万円を引き出した事で逮捕、報道されています」

9、ですが「弁護士、司法書士用、他者の預金泥棒正当化でっち上げ絶体制度”平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定で、相続遺産分割除外説を、平成15年から最高裁もでっち上げて、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、口座名義人、死んだ人も含めて、を騙り、預金を盗めれば、泥棒と共犯弁護士、実行犯弁護士が所有権を得た、とされて通る説絶体”この説は、民法第896条違反他だった、以後採用禁止最終決定が出た後も、昨年まで強制正当化を、札弁連、弁護士、札幌検察庁、検事、札幌の裁判所、裁判官是認、道警他が強制適法でっち上げで通して来て居ます」

10、この犯罪を、正しく実例で、犯罪証拠も揃えて表に出し、再犯を防いだ私が犯罪者、正しい犯罪であると、札弁連、札幌の裁判官、裁判所、道警、青森県警らで、公式決定を重ねて、私を犯罪者とでっち上げて、冤罪粛清に走っている事実も有ります。

11、義理の兄妹と身内の犯行、阿部氏の甥の犯行、市保護課ぐるみの犯行も、同じ虚言”どう言う手で有ろうと、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入って居る預金は、盗めた分泥棒、共犯、実行犯弁護士が所有権を得る、これで適法犯罪”と、司法、警察ででっち上げて決めて来て居ます、彼は90歳代の方から、キャッシュカードを預かった訳で、引き出した預金は、上記犯罪同様、彼が正当な所有者です、整合性を取るべきでしょう”弁護士に分け前が渡らないから、逆恨みで犯罪で扱う”こう言う論法以外見えません。

12、今日凶行される、阿部氏自宅での、強制執行名目裁判所民間強盗を使い、無差別押し込み強盗事件も”窃盗、強盗事件との整合性は失われている司法犯罪で、古物商法、廃掃法も完全破壊を、公式に表で実行している事件です”遺品整理屋が大手を振って犯罪に走れる理由は、司法、行政が、この手の犯罪を、彼らを使って行わせて居るから、との実例証拠です。                

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5146562
ユニークアクセス:4346195
今日
ページビュー:4276
ユニークアクセス:4073
昨日
ページビュー:1354
ユニークアクセス:949

Feed