エントリー

2020年09月30日の記事は以下のとおりです。

弁護士は主犯、裁判官も、刑事裁判も詐欺

  • 2020/09/30 17:31

他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入って居る預金を貰えた事と、司法犯罪ででっち上げて決めて有る、金融屋に命じて、口座名義人が預金を引き出したと、帳簿等を偽造させて、犯行ビデオ隠匿、被害者金融屋と偽る手を組み合わせて有る。

石井翼君、末端で「90歳代の方からキャッシュカードを預かり、阿部xxと同じパターンで”入って居る預金から150万円を引き出したら、逮捕されて実名報道されていますが」

司法犯罪です、弁護士、司法書士用の犯罪の制度化、ですからね、弁護士、司法書士と共謀犯泥棒、共犯裁判官、裁判所が逃がされて居るのですよ、何故逮捕されるんでしょうか?

そもそも彼の行為も、司法、警察が直接犯罪を指揮して、手を汚して居て、犯罪者擁護、被害者不当陥れのみに走って、成功させて来て居ます、司法、警察が犯罪者です、他者を裁ける訳が無いのです。

こいつらが行って居る、刑事訴訟法手続きなる代物、どうやって行ているんでしょうか、実行犯司法、警察が、同じ行為者を、自分達が犯罪者と言う事を隠して、裁ける訳が有りませんから。

犯罪者弁護士連中も、己らの犯罪のしのぎと言う事を隠して「正しい事実、証拠で争うな、黙って罪を認めろ、余計な事を言うな、と因果を含めて、陥れて、司法犯罪責任逃れにはしているんです、検事、裁判官、裁判所も同じです。

xxxxx

  • 2020/09/30 15:44

@昨年までは、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを、どんな方法で有ろうと手に入れられれば、入って居る預金は、預金先にも裁判所、弁護士等で因果も含めて有り、口座名義人が預金を引き出したと、偽造と証拠隠滅により、常時偽り、預金泥棒を成功させて来て居ます、証拠も送ります、裏付け捜査、実行犯司法、行政他へも、を求めます

                     令和2年9月30日

〒053-0018 苫小牧市朝日町3-5-12
苫小牧警察署署長殿 刑事二課熊谷警部補
TEL0144-35-0110
今月26日逮捕、十勝総合振興局石井翼氏、札幌検察庁苫小牧支部とも情報共有願います

〒053-0018 札幌検察庁苫小牧支部
TEL0144-32-3296

札幌高裁綿引万里子長官
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357

              本件文書、証拠送付者
   〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
         (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
              TEL011-784-4046
              FAX011-784-5504

1、今月26日に、苫小牧警察署刑事二課が「90歳代の方から預かったキャッシュカードを使い、150万円を引き出した、十勝総合振興局職員、石井翼氏を逮捕した事件も含めて、電話で伝えた、この犯罪は弁護士、司法書士への、他者の預金、財産犯罪収奪利得提供用、最高裁ぐるみの犯罪のなぞりですので”司法犯罪を公に処断しない限り、立件自体出来ません”送った事実証拠を、実行犯の一角弁護士、弁護士会も共謀して、無い事実、証拠とさせて、犯罪を認めさせ、有罪に落とす、近代法治国家では認められて居ない、司法犯罪の手を使えば別ですが」

2、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、原審大阪高裁平成27年(許)第11号、相続遺産分割除外説を採用した、大阪高裁決定は破棄、この説を、最高裁も平成15年から採用して、被相続人の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れた者が”遺言状も有れば特に”遺産預金を口座名義人が死後引き出し、と偽り、引き出した分次々遺産目録から消して、相続遺産から除外しても来たが、民法第896条等違反だった、以後この説の採用を禁じる、民法第896条規定に沿い、被相続人死去時で包括遺産を凍結して、相続人全員の相続遺産で扱う事”こう、最高裁まで他者の預金泥棒を、口座名義人偽装で預金を盗み、犯罪を消して来た事等を認めています、この決定を、先ず調べて下さい。

3、別紙文書、証拠をご覧下さい「函館警察署刑事二課が、今年6月10日に、山本直人行政書士が、預かった預金通帳、印鑑を、司法他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、預金は盗んで所有権を得られる説、をなぞり、何故か横領で逮捕された事件で、小原警部補等に送った説明文書、証拠です、重複するので再度書きません、文書、事実証拠で確認下さい”実例証拠により、最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説採用禁止決定後も、この犯罪が司法、警察等の共謀行為が物を言い、続行されて、司法、警察が、正しい犯罪だと、法の根拠ゼロで決定させ、成功させている事実が証明されています”札弁連、弁護士等ともの犯罪を、裁判官、裁判所、警察等が、犯罪と承知で適法とでっち上げ決定させて、押し通して居ます」

4、この犯罪行為者の一人、阿部〇〇氏は「今年途中までは、札幌手稲警察署盗犯係、浜井警部補が事件担当で、こう言い張って居ました”〇〇氏は死去した祖母から、預金通帳、印鑑、キャッシュカードを預かった、これ等を預かれれば、入って居る預金は全部もらえた事となる、〇〇氏が祖母死去後、祖母のキャッシュカードを使い、預金を引き出したのは確かだが、こう言う根拠で一切犯罪になりません”又、預金を盗まれても、被害者は道銀であり、口座名義人、相続人は被害者不適格、預金、遺産預金は抜かれて終わりで、補填、返還される事は有りません、〇〇氏が抜いた預金は、〇〇氏が所有権を得ており、遺産から失われたのです、犯行ビデオは出さないので、〇〇氏の犯行は立証出来ませんし」

5、こう言い張って居ましたが「今年7月26日に、被害者、被害届出人、被害者〇枝氏長男相続人阿部氏、犯人阿部〇〇氏、犯行時のビデオも相続人に見せて、〇〇氏の犯行と確認も取り、札幌検察庁に送検されています”この一連の犯罪は、相続人4人中2名が保護受給者で、札幌市、市長、市議会、保護事業、札幌高裁以下裁判所、裁判官、犯人委任弁護士が保護費詐欺も合わせ、〇〇氏に祖父母の遺産を詐取、窃盗させて、保護法第85条適用犯罪も合わせ凶行した事件で、直接共謀犯です”重大な疑獄権力犯罪事件で有り、この事件事実証拠を鑑みても、石井翼氏の他者預金引き出し事件も、犯罪で扱える筈が有りません、札幌市長、高裁長官、担当裁判官、犯人共犯弁護士の共謀行為責任を問わず、立件は不可能です」

6、妻の両親の遺産預金、預金泥棒も同じです「青森県警、北海道警察、札幌の高裁以下裁判所、裁判官、札弁連、元道知事、札幌市長だった弁護士等が仕切る弁護士事務所、弁護士が”預金泥棒の直接共謀犯で、この犯罪を暴き、再犯を防いだ私を逆恨みして、犯罪者だとでっち上げ決定、判決を出し、冤罪に落とそうとまで仕組んで居ます”」

7、道銀は顧問税理士、弁護士、あずさ監査法人が共犯、青森銀行は顧問税理士、弁護士、新日本監査法人が共犯で、金融庁、財務局、裁判所、弁護士から命じられた通り”他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられた者(弁護士、司法書士なら特に無条件で)が、預金を盗みに来たら、口座名義人が預金を引き出した、死人の口座名義人も、死後預金を引き出したと、帳簿等を偽造して、犯行ビデオ隠匿をなし、この犯罪を成功させて居ます”と認めています、金融機関の帳簿には、この犯罪が山のように証拠で有り、横領証拠で出す知拙い、とも認めています」

8、今年に入り、私の尽力も功を奏して「他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを、どんな手を使ってでも手に入れられれば、入って居る預金は、預金先金融機関も共犯で、口座名義人が引き出したと、証拠偽造、隠滅で正当と偽り、通す犯罪、最後の逃げが、入れた預金は金融屋の金、預金者、相続人に権利無し、抜かれればお終い、この虚言と、犯行ビデオ隠匿で、犯人証明潰しでしたが、預金を抜かれた口座名義人、相続人が被害者、犯行ビデオを公式証拠で使う、と変えられたのです」

9、結果「今年2月から”行政書士二名、弁護士二名、司法書士一名、阿部〇〇氏が、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを悪用して、入って居る預金を盗んだ犯罪行為者被害者口座名義人、相続人の組立で逮捕、送検され出したのです”添付事実証拠と逆の事件構成です”横路弁護士、小寺弁護士の遺産目録も、被相続人死後盗めた預金は、遺産から消す、で通されているが、息子行政書士作成遺産目録は、被相続人死去時の遺産預金額で作成して有るが、裁判官が無効とした、裁判官ぐるみ犯罪証拠も入って居ます”」

10、昨年7月1日発効、新民法第909条2手続きと、私の尽力による、死人の預金泥棒は犯罪、民法第896,909条2違反証拠等”により「金融機関職員は”死人、認知者、高齢者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れたものと共謀して預金を盗んで提供し、証拠偽造、隠匿に加担させられて来た司法犯罪事実に気付き、職員も同じ他者の預金抜き取り、に走り出しても居ます”この犯罪は、裁判所に弁護士、裁判官、裁判所犯罪事実証拠として、山のように事実証拠が揃っても居ます、犯罪収益強制適法、脱税も込み、の証拠です」

11、ここまで司法指揮、主犯実行犯事実証拠が揃い、公開されています「石井翼氏を、弁護士が正しく弁護出来る筈がないし、検事、裁判官が、犯罪で処断出来る訳も有りません”記載、事実証拠を、正しく捜査して、法律破り司法犯罪との整合性を、必ず取る事を求めます”実行犯司法権力、犯人ら、秋元市長ら、私を証人とする事も求めます、刑訴法規定で無罪、罪を軽く出来る証拠、証人は、求が有れば採用が必須と刑訴法で決まって居るのですから」

。裁判所に、山のように他者の預金、財産泥棒事件、証拠が有る

  • 2020/09/30 07:50

裁判所には、山のように「他者の預金泥棒事件、財産泥棒、詐取事件記録と証拠が有ります”弁護士、検事、裁判官、法務省の役人の頭が、尋常を超えて悪くて犯罪者性質故、犯罪とみても理解も出来ないし”」

犯罪者の性質、頭なので「犯罪を暴かれ、指弾された事への逆恨み、仕返しと、犯罪強制適法決定、判決で逃げる以外、全く出来ずに来た結果です」

司法が犯罪の頭、実行犯、共謀犯ですから「裁判所に山のように、他者の預金泥棒、財産泥棒、詐取事件と、犯罪証拠が出て、揃って居るけれど、何がそうなのか全く理解出来ない、犯罪者故余計分からないのです」

相続遺産分割除外説でっち上げと、遺言状が有れば、他の法定相続人遺留分まで窃盗、詐取で手に入れられる、この司法でっち上げ犯罪と、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、が、正しい相続、他者の預金窃盗入手の根拠だ、之だけを今まで、司法犯罪集団は、正しい犯罪だ、こう強制決定させて、押し通して来た訳です。

なので「裁判所の事件記録には、上記犯罪の証拠等が、山のように有るのです、、れっきとした犯罪の証拠です、言い訳の余地が無い、犯罪の証拠が、裁判所に揃って居ます、之で司法なのですよ、狂い切って居ますよね」

何を見ても、聞いても、正しく理解、判断出来る頭も知識も、まともさも全く無い法曹資格者、法曹権力、報道カルト故、之で通せて来たのです。

いきなり「法律を正しく踏まえて、正しい事実、証拠で犯罪を立証すると変えた、司法犯罪責任は置き去りで、それを通せる訳が無い、裁判所に山のように、他者の財産泥棒、詐取事件証拠が有るんだから、摘発させなければならないのです」

時効は7年

  • 2020/09/30 07:41

横領、詐欺等の時効は7年、過去分の司法他者の預金泥棒、相続遺産分割除外説でっち上げと、遺言状で他の法定相続人遺留分まで詐取、窃盗出来る、司法犯罪の手を強引に通して、逃がして来て有る事件の「正当な被害者を脅して、犯罪適法決定、判決で泣き寝入り、陥れて来た事件、全部洗い出して、実行犯を根こそぎ逮捕しろ」

先ずは「裁判官、裁判所、弁護士会、実行犯弁護士を、根こそぎ逮捕、捜査しなければ駄目です”裁判所に、山のように他者の、被相続人の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを悪用して、預金を盗んで逃がして貰えている事件の証拠が有るのですの、証拠は公に揃って居ます、公文書証拠で”」

妻の両親の預金泥棒も、当然捜査対象です、犯罪者の共犯弁護士、札幌の裁判所、裁判官連中も、当然犯罪行為者責任を問われなければなりません。

阿部氏の事件も同じです、犯罪の証拠は、札幌高裁以下裁判所に、多数揃って居ますし「札幌市役所等にも揃って居ます、札幌市長、市議会議員、区長、保護課他が直接犯罪に与しても居ます、犯罪者の共犯弁護士連中も、当然捜査されなければなりません」

正しく法律が適用されるように変えた、時効前の司法預金泥棒事件、裁判所に証拠が揃っている事件は、全部捜査して、犯罪者を摘発しなければなりません、法曹権力の実行犯も、こんな司法を名乗る犯罪組織、構成員、法律業務、公務を担える筈が無いのです、犯罪者なのだから。

司法預金泥棒、阿部xx預金泥棒で送検、今年半ばに

  • 2020/09/30 06:59

司法犯罪他者の預金泥棒、盗めた預金は、預金先に司法が「口座名義人が預金を引き出したように、帳簿等を偽造して、犯行ビデオを隠匿して偽れ、こう命じて有り、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、預金は盗んで手に入れ放題日本」

この司法犯罪に「一旦預金すれば、金は金融機関の所有金となり、口座名義人、相続人には権利が無くなる、この嘘を組み合わせて、更に”他者の預金を盗んだ犯罪証拠ビデオ隠匿の命令も出して有り”他者の預金泥棒を、常時成功させて来て居ます、司法書士、弁護士用の司法他犯罪の手口です」

阿部xxの犯罪、祖母の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを預かっていたこの男が、祖母の死去後二回に渡り、祖母の預金をATMから盗んだ事件でも「昨年から今年半ばまでは”祖母から預金通帳、印鑑、キャッシュカードを預かった阿部xxは、預金全部も貰ったのであり、泥棒にならない、相続人に遺産預金相続権は無い”こう、札幌高裁以下裁判所、裁判官、弁護士連中、道警、手稲、厚別警察署等が、公に言い張り、犯罪隠蔽に走って来ました」

最後の犯罪隠蔽の手が、犯行時のビデオ隠匿の手です「犯行時のビデオに、阿部xxの犯行が写っているが、道銀はこのビデオを相続人に出さないから、阿部xxの犯行は証明出来ない」

こう、手稲警察署は言い張って居ましたが「今年7月26日に、相続人、被害届出人に犯行ビデオも見せて、阿部xxを、祖母の預金窃盗で送検しました」

今年中ごろに「他者の預金泥棒事件、被害者に犯行ビデオを見せて、犯人を特定して、窃盗、横領、詐欺で事件化する、こう変えたと言う事でしょう」

その結果「他者のキャッシュカードを手に入れて、預金を引き出した人間が、次々逮捕され出した、と言う事でしょうね」

であれば「他者の預金泥棒司法書士、弁護士、他の泥棒も、根こそぎ逮捕しろ、この犯罪を強制適法でっち上げ、裁判官、裁判所も手を入れろ」

司法犯罪預金泥棒、、同じ犯罪にシフト?

  • 2020/09/30 06:45

皆様方、最近になって急に「キャッシュカードを騙し取り、預金を引き出される被害、が表に出されて居る、急に数多く、この詐欺が表に出されて居る事に気付いていますか」

普通に考えれば、他者のキャッシュカードを手に入れて、ATMでお金を引き出せば「犯行の映像が証拠で残る訳ですが、この方法にシフトされた理由、司法犯罪他者の預金泥棒、之が有るからだと思いますよ」

インターネットを検索すれば、遺産となった預金が、泥棒親族、相続手続きを委任した弁護士、司法書士により、盗まれたが、金融屋、警察、司法が”犯罪にならない、正しい預金引き出しだ、遺産預金は失われた、相続を諦めろ”と脅しまで掛けられ、泣き寝入りさせられた事件多数や」

高齢の親が、成年後見人を勝手に付けられて、預金通帳、印鑑、キャッシュカードを強制的に奪われて、後見人弁護士、司法書士によって、預金を根こそぎ抜かれて放り出された、だの、高齢者施設に入った親、親族が、施設に預金通帳、印鑑、キャッシュカードを預けたら、一部の親族と施設職員が共謀したり、施設職員により、預金が盗まれ捲って居る、こう言った犯罪が、幾らでも出て来ますよね。

司法犯罪、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、金融機関に「口座名義人が預金を引き出したと、共謀して偽造して金を抜き、提供しろ、証拠偽造で正当と偽れ、と命じて有り、又”犯行時のビデオ隠匿、証拠隠滅を行い、犯人特定出来なくしろ”とも命じて有るので」

他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば「預金契約者による預金の引き出しだ、こう偽り、他者の預金盗んで所有権ゲットし放題、とされていますから」

この司法犯罪方式が行き渡り、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、入って居る預金を盗み、逃げられて来て居るんでしょう。

ですが「最近になり”この司法犯罪が、国家権力の上によって、犯罪と正しく扱うように変えられたので、犯行ビデオも表だって証拠で使う、と変えられたので”逮捕され出しただけ、でしょうね」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年09月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5185245
ユニークアクセス:4376639
今日
ページビュー:223
ユニークアクセス:223
昨日
ページビュー:1335
ユニークアクセス:1220

Feed