エントリー

2020年10月の記事は以下のとおりです。

まさか又、損保、司法犯罪闇マニュアルが使えるとは

  • 2020/10/31 14:54

私としては、まさか又、損保、司法犯罪治療、賠償を犯罪によって成功させて有る、極悪犯罪マニュアル「医療調査・照会の留意点」「交通事故診療を巡る諸問題」

これ等の司法、損保犯罪闇マニュアルが、改めて役立つとは、思いもして居ませんでしたよ。

しかも、事もあろうに「地方公務員で捜査権を持つ加害者、こんな加害者から信号を待っている交差点、前から3台目が私が運転するトラック、この状況で、昼日中に”居眠り運転の加害車両から突っ込んで来られるとは、想像もして居ませんでした”」

その上「上記損保、司法犯罪治療打ち切り、賠償踏み倒しマニュアルに沿い、言い掛かりで追い込まれるとも、しかも”主治医毎追い込まれるとも、考えても居ませんでした”」

その上「医師に対して加害者、加害者加入任意損保が共謀して”医師法違反等犯罪行為を使い、加害者と加入任意損保で、犯罪を行い、追い込むとも、考えても居ませんでした”」

この一連の事件、加害者、地方公務員で捜査権を持って居る加害者と、加入任意損保による、医師法違反、脅迫等犯罪は、流石に想定等出来なかったですから。

加害者の勤務先は「この交通事故事件を扱って居る、ですからね”自分の勤務先を、加害者と加入任意損保が共謀して、犯罪によって追い込んでも、となっています”」

自分は居眠り運転で、信号を待っていた私が乗るトラックに突っ込んだが「乗員にけがを負わせた、との医学的証拠は無いから、人身加害責任は、賠償も不要だし、認めない、主治医の診断、検査結果には”交通事故による受傷の治療、検査だ、との100%立証は無いから、人身加害事実は無く、人身賠償責任は存在して居ない”」

「よって治療費等は払わないし、賠償にも応じない、人身加害責任は無い”つまり、警察が人身交通事故だと扱った事から虚偽だ”こう、加害者と加入任意損保は、公式に主張して、賠償全てを蹴った訳です、正式刑事裁判が必須、ですよ、当然」

司法犯罪はどれも同じ、偽造した段階で重大犯罪を常態化で成功

  • 2020/10/31 07:43

司法犯罪はどれも同じです「偽造した段階で、全国報道されて当然の、極悪犯罪を、司法が必要な先、行政機関、国家資格者、事業者等に命じて有り、司法犯罪が正しいように、証拠偽造、真実を証明する証拠、証人等抹殺、隠匿の手を常時使って、司法犯罪を成功させて有る、之もしくじれば、不都合な人間を、冤罪で粛清して、司法犯罪が正しいと、居直り強盗以下の権力テロに走り、成功に持って行っています」

ですが「今日の改めての書き込み通り”三通りの司法犯罪成功の闇の手口、必要な犯罪は何か、犯罪が行われる事で、司法犯罪を成功させて有る、手口、犯罪は何が行われているか”実例、証拠によって証明されて居る訳です」

司法犯罪等「絶対に事実、証拠を公にさせられ無い代物です、司法犯罪は、根本から犯罪を、正しい犯罪だ、こう偽り、だが、犯罪が正しくなる訳が無いから、司法犯罪が正しいと、犯罪を闇で行わせて、事実を作り替えて偽り、成功させて有るだけですから、闇で司法が命じて、行わせている犯罪を、事前に表に出して、公に犯罪に手を染めさせるとすれば」

多くの場合、司法犯罪が正しいと偽って、成功させるのに必要な、闇で司法が手を汚させて有る、各犯罪は失敗します。

司法犯罪を成功させる為の犯罪を、事前に公開されて、事前に犯罪に手を染めるのはここだ、とも告知されて、それでも公開犯罪に走るのは、多くの事業所、国家資格者等は、やりたがらないから。

司法犯罪は、根本から犯罪であり、正当な犯罪には、犯罪を重ねて事実を作り替える犯罪、之を成功させなければ、司法犯罪は正当とでっち上げられません。

情報が瞬時に世界を駆け巡る、今の時代に「半世紀以上昔にでっち上げて、今も使って居る、上記等司法犯罪を正当と偽る悪事は、絶体には出来ません」

司法犯罪、人身交通事故治療、賠償潰しの手口

  • 2020/10/31 07:27

昭和44年頃に、弁護士会、検察庁、裁判所、法曹権力、警察、運輸省がでっち上げただけの「赤本人身交通事故治療、賠償期間が絶対でっち上げ、之を常時成功させる為の犯罪方法が”主治医と医療機関、健康保険事業に、赤本治療期間で診療録、診断、健康保険詐欺悪用を、司法が命じてさせる”これで成功させて来て居る訳です」

;赤本、損保、司法犯罪闇マニュアル、医療調査・照会の留意点、交通事故診療を巡る諸問題、医研センターテキスト、これ等が上記司法指揮極悪犯罪を、闇で強制実行させて居る、根拠?なのですよ。

;医療調査・照会の留意点ー本当はむち打ちの症状は、事故から3カ月以上経過しなければ、正しい予後の経過は分かりませんが、そんなに賠償して居られないので、被害者に”いろいろな手を講じて、社会復帰させましょう”この行為は違法ですが、社会通念上認められる違法行為です。

;交通事故診療を巡る諸問題ー医師、損保社員の実名座談会記録を纏めた本の記載です”弁護士から聞いたのだが、交通事故受傷診断で、治療期間が3~4週間を越えれば、正式な刑事訴訟法手続きが取られるので、実際の怪我の程度は無視して、交通事故の診断書は、常に一週間位としましょう”日本の司法、警察は、加害者保護で有り、被害者は保護されないから、この診断書偽造は加害者が重い刑事罰を受ける、高額賠償責任を負おう事を逃れさせて、加害者を保護する行為で正しい行為です”

;この偽造診断書を、後日盾に取り”一週間の診断書でカ月治療した、医療費詐欺、賠償金詐欺だ”こう言い掛かりをつけて、賠償潰し等を成功させてもある通りです。

;交通事故治療に携わる整形外科医、脳神経外科医も、弁護士も検事も裁判官も警察も”交通事故患者の診断書、診療録など、誰も信用して居ませんからね( ´艸`)”

※これ等の司法他犯罪の手を”私が乗車するトラックに、夜勤明けの警察官が、居眠り運転で突っ込んだ人身交通事故事件でも、もっと悪質な行為、主治医の医療行為に真っ向から言いがかると言う”禁じ手を使い、治療、賠償潰しに走って居ると言う、医師法、医療法、健康保険法蹂躙を、加害者と加入任意損保が、私に仕掛けている訳です。

司法犯罪、不動産明け渡しだけ決定で、近隣も含めて押し込み根こそぎ強盗

  • 2020/10/31 07:14

司法犯罪の手、不動産の明け渡しだけ決定した「この一部決定で、近隣も、他の占有権、営業権も、該当場所の複数権利者所有物品も”運送屋、便利屋、遺品整理屋、古物商を犯罪実行役で、裁判所、裁判官、申立者委任弁護士で使い、犯罪を代理実行させて、根こそぎ強奪、執行外営業権、営業看板破壊等、押し込み無差別強盗の限りを尽くして、後は戦利品古物商法違反、廃掃法違反で闇抹殺」

古物犯罪故買は「公安委員会、警察が、直接加担して成功させて有る、犯罪廃棄処理は、地裁が有る市役所環境局、産廃業者、一廃業者、廃棄物処理施設が、強盗戦利品犯罪処理に直接加担して、これ等の犯罪を成功させて居る、古物売り主虚偽、廃棄する物品書湯者虚偽、事業系一廃偽装で処理を請けて、証拠抹殺に成功させて有ると言う」

この一連の司法犯罪が「こともあろうに国の公務だと言って”国、司法が犯罪実行役を使い、一連の犯罪を行わせて、公安委員会、警察、都道府県庁、地裁が有る市役所、環境部署が、強盗戦利品犯罪処理”に直接加担して、犯罪を成功させて居るから」

この一連の権力犯罪を請け負って居る運送屋、便利屋、遺品整理屋、古物商連中は「生前整理、遺品整理請負等と言う、上記司法他犯罪と同じ犯罪請負を、大手を振って委任させて、請け負えて、犯罪で稼げて、犯罪収益を脱税も出来ています」

司法を名乗るが、完全なマフィアです、第三世界、中世の恐怖独裁権力支配、憲法、法律、社会正義を徹底的に、司法独裁テロ権力が指揮して破壊させて有り、逆らう人間は、冤罪粛清で消して、恐怖犯罪国家を形成して有るんです、司法犯罪で日本を独裁支配し切る、日本国憲法、法律無効化達成で、国際常識も破壊しつくして、司法でっち上げ犯罪制度のみ絶対を、日本国の統一基準とさせる、目論見はこれです。

司法犯罪の手口は、半世紀以上昔にでっち上げられ、、今も続行

  • 2020/10/31 07:00

司法犯罪の手口はどれも同じ「偽造、証拠隠滅を”法律上逮捕されなければならない”悪質なレベルで、国中で凶行させて有り、犯罪が正しいように、この手口で強制偽り、決定して、犯罪は正しい判決、決定を重ねて、正しい事実、証拠、答えを強制犯罪化、之が司法犯罪全てに共通して居ます」

他者の預金泥棒、司法犯罪は「預金先に”口座名義人による預金の引き出しだと、手続き書類、帳簿、決算書等を偽造させており、犯行ビデオ隠匿も常時行わせてもあります”これ等の犯罪を命じて、常時行わせて有るから、他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば、口座名義人による預金引き出し、と、常時偽りが通り、他者の預金を盗み、無税で犯罪利得を手に出来て通って居る、と言うからくりです」

裁判所の事件記録、特に「遺産相続事件、遺産預金がこの手で盗まれて、弁護士、裁判官、調停委員、書記官、遺産預金がある金融機関、警察、監督官庁が”公に共謀犯となって居て、盗めた遺産預金を、遺産目録から強制抹殺事実、証拠、これ等を確認すれば、司法犯罪他者の預金この手で盗み、犯罪利得得放題事実立証”」

これを、多少の頭を持ってりゃ、正しく理解、証拠確認出来ます、何しろ「裁判所手続き事件記録、証拠と言う、司法犯罪他者の預金泥棒、この犯罪を、司法他国家権力、法曹資格者等が直接指揮、犯罪に手を染める事までして、犯罪を重ねて成功させて有る、確たる証拠、実例証拠公文書ですから」

つまり「これ等の実例証拠があるから”でっち上げた事件名、立件出鱈目方法の手口、特殊詐欺だのと言う、上記司法犯罪をなぞった行為で、他者のキャッシュカード使用で預金抜き取り”も蔓延しているし、上記司法犯罪公式事実、証拠と同じ犯罪ですが、司法同様犯罪を、刑事事件で、司法犯罪故犯罪と出来ない、これを正しく使い、犯罪適法に持って行けない訳です」

司法、警察は「他者の預金泥棒犯罪直接実行犯、この犯罪の頭集団です、裁判所の事件記録で立証出来ている通り」

自分の勤務先の警察署各部署に、自分で捜査を求めろ

  • 2020/10/30 13:54

居眠り運転して、信号待ちしていた私の乗った車に突っ込みながら「主治医は追突交通事故が原因で、私が怪我を負った等を、100%立証して居ない、各検査に付いての主治医も同じだ、よって、もう一円も金を払わない、自分で何とかしろ、この措置でお前が困って、加害者、勤務先に行くと、自分が困るから弁護士を差し向けるからな」

まあ、狂い過ぎた連中ですよね「突っ込んだ運転手は、事故場所を管轄する警察署勤務、です、自分で事故担当交通二課xxx係長に対して”自分が突っ込んだ車の乗員が、追突事故が原因で怪我を負ったとの、主治医の証明は無い、自分は人身交通事故被害を加えて居ない、人身交通事故加害者とされた事件構成、加害者扱いは不当、違法で虚偽だ”こう、自分が勤務しているx警察署交通二課係長に、直接訴えを出せば良い事です」

虚偽の人身交通事故加害者扱いだ、こう主張して居て「虚偽の、人身交通事故加害者に仕立て上げられている事件、だ、よって人身賠償責任は無い、もう一円も医療費等は払わない、之も言い張り、実行して居ます」

主治医は「交通事故が原因で怪我を負い、検査、治療しているとは、診断書に書けない、そんな医学的立証は不可能である、之が真実ですから”加害者側の主張は事実、とも言えて居ます”交通二課、刑事二課、札幌検察庁、担当検事に、人身交通事故加害者と扱われて居る、不当な冤罪扱いだ、と訴えを提起して」

主治医に、医療費詐欺嫌疑をかける、私を賠償詐欺で陥れる、之を当然、でしょう?加害者と損保、弁護士連中は、この事件の加害者は、自分が勤務するx警察署と、札幌検察庁、担当検事にも、公式捜査要求から、加害者は出すべきです。

面倒なので、勤務先警察署刑事二課に

  • 2020/10/30 13:18

私は車に突っ込まれて、加害者地方公務員、捜査権を持つから、xx火災任意自動車保険に加入して居ます、こう聞いた時から、加害者にも私の乗車車両に掛かって居る、任意自動車保険会社に対して「xx火災であれば、ほぼ間違い無く言い掛かり等を付けて来て、人身賠償に応じないだろうから~~」

これ等を、事故当日から伝えて、こうなった時に備えて来て居ます、予想通りの状況になった訳です。

xx火災は「治療費支払いも含めて、もう一円も支払いしない、主治医が交通事故による受傷だと、100%証明出来ないから、人身加害責任は無いからだ、後は自分でどうにかしろ、医療費等支払いをしない事で、あんたが困り、加害者と接触したら、うちが困るので、弁護士を出すからな」

こうも言い掛かりを、不当行為を宣告して、実行して居ます「弁護士等関わる気は無い、突っ返して終わらせて、です」

この連中は本当に愚かです、加害者が勤務する、x警察署に弁護士を差し向けて「人身加害事故との事件扱いは虚偽だ、虚偽の交通事故事件をでっち上げたな、交通二課は、人身加害、被害は無い、医療費、賠償金詐欺事件だ、刑事二課、主治医と被害者を、この容疑で捜査しろ」

これをしなければならないんです、面倒だから、これ等を私が行って行っています「刑事二課にも文書により、虚偽の交通事故受傷で治療、検査費詐欺、賠償金詐欺を働いていると、x警察署勤務の加害者が主張して、賠償拒絶として居る、交通二課の虚偽事件捜査、主治医による診療記録偽造、医療費詐欺との、加害者主張、支払い拒絶事実に付いても、公式捜査をせよ、事件担当警察署勤務、加害者警察官が之を主張し、賠償拒絶等して居るのだから」

之も手続きしますよ、一方的被害を受けた身で、ここまで非道な被害を受け続ける、加害者が警察官の事件で、なのですよ。

司法犯罪、損保犯罪

  • 2020/10/30 12:54

今日の文書の記載内容は、はっきりしている事ですよね「加害者は司法警察員、勤務先の警察署が交通事故扱い、その交通事故事件で”車に突っ込んだが、相手車両の乗員にけがを負わせた、との、相手方車両乗員主治医からの、医学的証拠は出ていないから、自分は人身被害を加えて居ない、拠って居人身賠償、交通事故加害者責任での治療費他賠償責任は無い”」

こう言い張って居る訳ですから、事実そうですし「自分が勤務する道警、勤務先警察署の事故担当交通二課と、刑事二課に対して”自分が突っ込んだ相手方車両の乗員が、交通事故が原因で怪我を負った、との医学的証明は無い、事故の扱いが人身交通事故扱いなのは間違いで、物損交通事故で有る”こう言って、捜査をやり直させるべきですし」

刑事二課にも行き「自分は車で突っ込んだが”相手方被害車両の乗員は、怪我を負った事実医学的証拠は無く、自分は人身故交通事故加害者では無い、物損加害行為だけだ、人身加害行為もある、と言うのは虚偽、相手方車両乗員が、交通事故で怪我を負った事になって居て、治療、検査等を受けて居る事は、医療費詐欺、賠償金詐欺である、この容疑で捜査せよ」

こう、公式に求めて、札幌の検察庁、担当検事にもこれ等を求めて、加害者は物損加害行為だけである、人身加害行為事実は無い、主治医、被害車両乗員は、虚偽の交通事故受傷により、医療費他賠償金を詐取して居る、こう公式訴えを提起して、正式刑事訴訟法手続きを完遂させるべきです。

これ等の事実は、加害者が公に主張して、人身加害事実無しと決めて、人身賠償拒絶、に走って居る、加害者が主張して、通しに走っている事実ですから、司法警察員としても。

事故調書の記載も、よって虚偽だと言う事で、虚偽事故扱いなのに、人身賠償はする必要が無い、よって治療費他を、もう一円も払わない、とも主張して、実行して居ます、加害者さんは、是非白黒決着を、刑事訴訟法手続きも含めて付けなければならないんです、司法、警察によって。

司法犯罪は、人身交通事故事件も

  • 2020/10/30 07:46

医師と医療機関事務員等への教育は「日本は加害者保護なので、加害者が正式刑事事件で扱われないようにと、加害者が高額賠償責任を負わず済むように”交通事故被害者の怪我の治療期間診断を、基本受傷程度無関係で、一週間の加療を要する”これで常に診断書を作り、発行せよ、こう教育が施されて居ます」

弁護士の教育としてですよ、交通事故の怪我の治療期間が、事故の時の治療期間が3~4週間となれば、加害者は正式刑事事件で扱われてしまうし、高額賠償責任を負うから、初めの診断書は、受傷状態無関係で、基本一週間の加療と作成、発行せよ、加害者保護が絶対だからこれを通せ、と言う教育が、医師と医療機関事務員らに施されて居る、損保裏マニュアル通りの教育です。

そして「この出鱈目診断書を盾に取り”お前は加療一週間だ、カ月も治療を受けて居るが、違法な治療受け行為だ、医療費詐欺、賠償金詐欺だ”こう言い掛かりを持ち、治療を患者に止めさせる武器でも使って居る、弁護士と裁判官犯罪です」

之も損保裏マニュアル記載、記載通りの犯罪行為です「司法犯罪の定番、絶対に偽造が認められて居ない証拠、証明書を、司法が闇で偽造しろ、と命じて偽造させて、偽造証拠を悪用して、犯罪が正しいと嘘を通して居る」

司法犯罪、他者の預金泥棒の手とも同じです、之が司法犯罪を成功させて有る、司法が指揮する闇の権力犯罪の常套手段です。

絶体に偽造、行使が認められて居ない証拠、証明書を、司法が闇で命じて、国中で同じ偽造、行使、悪用に走って通せている、人身交通事故事件も同じ構図です。

之も超えて「加害者と加害側損保、弁護士は”人身交通事故受傷だと、主治医は100%立証出来て居ない、人身交通事故加害責任は負わない”こう、医師法で公に対抗に走りました、加害者は司法警察員、警察、司法が医師法で争う、と打って出た訳です」

まあ、この言い分も正しいですけれど「パンドラの箱です、医師法で争うとなれば、自賠責事業、任意自動車保険対人、人身傷害特約事業が医師法違反、医療法違反、健康保険法違反だと言う事実でも争う訳で」

人身交通事故事件でも、パンドラの箱を壊した

  • 2020/10/30 07:29

人身交通事故事件も「司法犯罪で構成されています”弁護士会がでっち上げただけの、赤本交通事故治療、賠償期間に合わせて、主治医に診療録、診断書等を偽造させて有り、赤本基準以後、交通事故による治療が消されて居る訳です”」

そして「交通事故が原因の怪我の治療期間が3週間~4週間と診断書を出せば、加害者は正式に刑事事件で扱われるし、賠償も高額になるので、主治医に一週間の治療を要すると、統一で診断書を作成、発行させて有る、日本は加害者保護で有り、被害者は一切保護されない故、こう言った診断書等偽造が認められて居る、こう医師、医療機関事務職員等に教育を施されており、診療録、診断書等偽造、行使が常態化していると言う」

損保裏マニュアルの記載通り「医師、医療機関従事者等に、犯罪教育が施されており、実行されて居る訳です」

司法犯罪の常、絶対に偽造出来ない証拠、証明書を偽造させて、事実を作り替えて通して居る、交通事故事件では「医師に診療録、診断書を、赤本基準通りに偽造させて有るのと”加害者保護が闇の司法、警察の絶対だ、と言う事にして有り、被害者の治療期間を、事実は無関係で、常時一週間の加療とさせて有り、加害者の刑事責任、正当な賠償責任逃れもさせて有る、損保裏マニュアル、司法赤本犯罪治療、賠償が根拠、と言う事です」

ページ移動

ユーティリティ

2020年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5271016
ユニークアクセス:4458281
今日
ページビュー:734
ユニークアクセス:717
昨日
ページビュー:1428
ユニークアクセス:1394

Feed