エントリー

2021年01月01日の記事は以下のとおりです。

法律以前、之が真実

  • 2021/01/01 18:57

;金融機関の資金を”他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを違法に手に入れる等して、違法に使い、資金を横領”金融屋には、預金者が引き出したと、証拠隠滅、偽造に手を染め、偽れと命じて有り、常時成功させて有る、司法犯罪の大きな、楽に犯罪利得を手に入れられている極悪犯罪。

;不動産明け渡し強制執行と謳うが”実際は、何かの執行を決定したとして、その辺りの金品、居住権、営業権等を、法を犯して根こそぎ強盗、収奪している、無差別犯罪”当然合憲、合法根拠も何も無し、線り物品は、犯罪者と共謀して闇に消して居る。

;弁護士、司法書士は特に”法律業務の委任、受任で有り、請負とは違い、委任状を正しく、委任者と交わしてしか”代理法律行為は出来ない事も、弁護士、検事、裁判官、書記官、警察官、法務省役人、報道カルトの誰も知らないので、委任契約も無しや、偽造した委任状で、独裁犯罪国家権力気取りで言い掛かり、法破り悪事に走り、通されている”民事訴訟、調停、審判の代理行為?も、偽造委任状で通させられているのが実態。

;民事裁判等の控訴。広告期間は”期限日までに手続きを行う”と言う規定ですが”刑事訴訟法と違い、個人、民間人も自分で出来る手続きなので、期限日までに手続きを行った事が証明出来る事”と言う法の規定、郵便事業法と絡ませた規定ですが、この正しい手続き、法による手続き期限も、弁護士、裁判官カルトは、無知蒙昧すぎて知らないと言う。

;刑法の適用条件は、基本が個人の被害者相手の犯罪行為に関して、基本が憲法第11、29条規定を軸とさせて、定められている刑法の規定を正しく、適用条件を満たした事の証拠証明が有る事が条件で、事件によって被害者側の告訴、被害届け出の有無条件があり、刑事訴訟法手続きを取る、権利の無い者による、告発権も有ります、一方、行政が所管する法律に付与された刑事罰則は”刑事罰則が適用となる行為に対して、行為者、行為事実が有れば、誰でも告発出来て、被害者、個人緒被害者も、被害証明も不要”で刑事訴訟法手続きが取れます。

※この記載に付いても”弁護士、司法書士、検事、裁判官、警察官、法務省の役人、報道カルトの連中は、見事に知らない訳です”程度がここまで低い、之が真実ですよ、虚構の絶対神、だから、ここまで酷い実態なのです。

幾ら情報が溢れようとも、正しく情報を扱え無ければ

  • 2021/01/01 18:09

幾ら情報が溢れようとも、情報を受ける人間らが、自分の考える情報以外、遮断して、疑問を持った事に対して、多方向からの、多様な情報を見て、疑問を解消、解決しようとも考えないから、馬鹿げた司法犯罪が、次々闇で構築されて、合憲、合法が破壊されて行って居るのです。

司法犯罪は、呆れるまで程度が低い代物ばかりです、法曹資格者、司法機関職員、法務省の役人、国、地方行政機関の役人、政治家、報道カルトの人間、この連中の実際に沿ってしか、犯罪を適法と偽り、司法犯罪闇で制度化、に走れませんから。

司法犯罪にしても「犯罪そのものの所業を、如何にも適法に変わった犯罪と偽っても”仕組む連中の頭の程度が、犯罪の制度化、犯罪を適法となったと偽る権力テロ”の限界です」

知らない事、理解に至れないレベルの事は、そもそも出来る訳が有りません、又「憲法、法律を犯している訳だから、矛盾しか無いのですが”矛盾を気付いて、矛盾の理由を調べて、嘘、法破り行為、虚偽、でっち上げた適法犯罪”を証明して、司法が指揮する、手を汚す権力犯罪を表で糾弾して、合憲、合法の破壊行為を叩き潰す事が必須、当然なのですが」

大半の国民は、自分で正しく深く、色々な事、問題、事件に付いて、矛盾、疑問、疑いを見出して、正解を探して行き、権力の黒い実態、司法犯罪の闇のからくり、司法犯罪の目的を暴いて証明して、合憲、合法に背いているこのテロ権力の悪事、テロ犯罪を公に潰す事もしない、出来ません。

思考、判断する事も出来ない、オウムが生まれてああなったのも、この国の多くの国民が、ああ言う所に行っている故、だったからでしょう?何処かに全能の現人神がおらせられて、自分の思う事が正しい、と認めて下さる筈だ、自分は正しいのだから、之がほぼ全て、で生きているから。

生きると言う事は、自分で良くも悪くも現実を理解し続けて、自分で出来る事は、出来る限り、必要分より多少でも多く、収受選択した上で、やるべきことは、自己防衛策も構築しながらして行く、それが次に繋がる武器になるし、と言う事の積み重ねですけれどね。

人間如きに「身の丈も無視した巨大な独裁テロ権力を持たせる、憲法、法律も何もかもを、好きなように蹂躙出来て、自分で勝手に事実無視で合否を決めて、通される特権を持たせれば、ほぼ狂ったテロ犯罪行為独裁者に成り果てます、巨大な権力、独裁権力を持てれば、自分が努力せず済むし、自分に不都合が生じれば、邪魔者をテロ粛清に走って、自己正当化を果たす、が常です」

司法犯罪も、法律以前の頭の法曹資格者、が理由

  • 2021/01/01 08:53

辯護士、検事、裁判官等、士資格者等は「資格を取得後から、資格事業について、実戦経験を”深く知悉するべく、特にトラブルが起きて、関わる事となったら”事件の原因、背景事情、法を犯した結果か、法によらない、制度が理由なのか、等々を、特にトラブルに見舞われたなら、深く調べて、出来る限りの事実による答えを見出して、次に備えて色々構築して行く、之が必須なのですが」

士資格者は特に、こう言った必須の「自分の事業である以上、必須の事と認識して、特にトラブルに見舞われたなら、好機と捉えて、徹底して事実を証明して、次に備える、等が必要だと言う、当たり前返ら逃げ回ります」

で、同じ事ばかり繰り返すのみ、役に立たない国家資格者のままです、起きた事への正しい対応策を、そもそも「現実逃避に走るばかりで、全く出来る物を身に付けられません、逆恨みと現実逃避だけしか、実際出来ないから当然です」

現実から常に逃げて、資格者の権限?を、責任逃れや、己の法破り、法破りへの共謀行為隠蔽工作に悪用、之の繰り返ししか出来ないのですから、正しく役立つ筈が有りません。

この連中も「三権分立の正しい意味、適用から知らないと言う、無能の極みですし、刑法と、行政が所管している法律に付与されている、正しい社会秩序を大きく乱す法破り行為に適用される、行政所管法律に付与されている刑事罰則、この刑事罰則の、根本からの適用の違いに至っては”多分ほぼ全員の法曹資格者が、何の事かから理解も出来ていないでしょうね”」

特殊詐欺で逮捕「じゃあ”司法同じ犯罪が、犯罪を重ねて通され、見逃されて来た事実と、何が違うのか?”説明出来ない訳ですし」

刑法の適用、詐欺と窃盗罪の適用なのに「被害者は誰?法律根拠を持った被害者特定は?被害金はどうなっている?これが正しく立証されて居ないのに、刑法詐欺、窃盗罪は適用不可能だが?行為事実に対して、刑事罰則を適用出来るのは、刑法では無くて行政所管法律に付与された刑事罰則に限る、この不文律も知らないと言う、お粗末を超えた法曹資格者集団です」

この程度だから「他者の財産、預金泥棒も、遺産、遺産預金泥棒も、司法犯罪制度だ、等と、犯罪の積み重ねで成功させられて来れたんです、合法と犯罪が区別出来ない、刑法と行政所管法律に付与された刑事罰の、正しい適用の可否も全く知らない、無知な虚構の神ゆえの強み,と言う事です」

備わって居ない知識、能力、判断力は、破棄出来る訳が元々有りません

  • 2021/01/01 08:16

虚構の絶対神であれば、虚構ですから当然、備わって居ない知識、調査する実践知識と能力、正しい事実を法に沿わせ、正しく判断、処理する事等出来る筈が有りません。

虚構の神でしか無い、日本の象徴一族にしても、法曹資格者、司法機関職員にしても、政治家連中も報道カルト構成員も「何の正しい知識も、犯罪と合法を区別できる頭も何も備わって居ません”ですから、起きた、起きる事が見えている重大な、社会秩序を破壊させる事件、処理すべき事項について,何がどうなっているか、何処が違法、犯罪なのか、どうしなければ、何が起きて、更に事態が悪化して行くのか、それを防ぐ最善の処理策は何か、法を犯す行為を正しく証明、理解出来て、それを潰す為、正しい制度、社会治安維持に必要な対応策を講じて、法治国家制度、社会秩序が破壊される事を防げるのか、これ等に対応も何も、出来る訳がそもそも無いんです」

元々虚構の神ですから、虚構の社会正義実現を果たしている、と言う事に、虚構の上でしてあるに過ぎない、正義を謳うが、実体も無いどんがらですから「国の治安維持から、正しい社会常識、社会の治安の根こそぎ破壊から起こす、法治国家の破壊行為が起きている、起こそうとしている事を見ても、何の正しい対応策も講じる事が出来ないし、事前防止も出来ません」

備わって居ない知識,能力、判断力は、発揮出来る訳が無い、当たり前の事です。

こう言った事態に対して、正しく事実を証明出来る、正しい対応策を構築出来る、一定対抗策を実行出来て、根本から対抗を実施すべき権力等に、どうするべきか実例も添え、伝えて対応させられる人間が、言い訳してもどうにもならないのだから、出来る限りの対応策、対抗策を構築して、対抗策を実施して、国家権力で動く責任を負っている各所、構成員に、根本からの手を打たせるべきなのです。

言い訳等幾ら重ねても、何の正しい方向も生み出せません、虚構の神で、そもそも同じ犯罪行為権力に「正しい自分の訴えを聞き入れて、正義を実現して下さい等、実行犯で無能無知、犯罪者の一角なのですから、無駄でしか有りません」

公式な犯罪、権力ぐるみ犯罪の実例、証拠作りにしか、役立たない虚構の神、神の機関ですから「知らない、理解出来ない、正しい解決策、処理能力など皆無なのに、虚構の神に訴えても無駄に決まって居ます”人間、知らない、理解不可能、何の対応策も持って居ないし、正しく物理的に処理等、ほぼ出来ないからした事が無い”こう言う虚構の神に据えて有る連中に、何であれ正しく理解、処理策提示、物理的に正しい処理等、出来る道理が無いのは当然です」

国難、根本から合法破壊の悪行として、実際に起きて居る事に対して、何が起きていて、どう言うテロ行為、犯罪が、誰誰によって、どう言う手口で凶行されて居て、どうやって被害の食い止めや、防止が果たせるか,テロ行為、犯罪だと証明して、根本から潰せるか、ですが「虚構の神の連中は、犯罪者と同調して、が常の神です、ですから”対抗出来る人間が、各々対抗して行く事が必須”と言う事です、何れ大きなテロ、犯罪破壊の動きを出せるように、も踏まえてです」

もう一つの司法極悪犯罪も

  • 2021/01/01 07:58

もう一つの司法極悪犯罪、不動産明け渡し強制思考、実際は「何かの不動産明け渡し等強制執行を決めて、そこら中の憲法第29条他で守られている、個人の財産所有の権利などを、押し込み無差別強盗に走り、強盗を司法、国が、民間の犯罪者を使って成功させて有る、この押し込み司法無差別強盗が有ります」

この司法犯罪、国家による、テロ犯罪そのものでしか無い、押し込み無差別強盗も「憲法、法律破壊、犯罪証拠隠滅、証拠偽造で正当と偽装、犯罪業者への犯罪利得の洗い出し、犯罪収益への正当な課税逃れも組み込み済み、これ等の犯罪が武器となっており、司法他者の財産、他者の預金泥棒、未相続遺産も同じく、泥棒に成功すれば、犯罪を重ねて犯罪利得毎、闇に葬って来て居る、この犯罪と、ほぼ同じ犯罪隠蔽工作、の手です」

この司法犯罪、国家犯罪も「昨年、阿部氏の相続絡みの事件、生活保護費詐欺も入った遺産犯罪収奪、保護受給者相続分が有り、根こそぎ遺産を犯罪収奪して、保護費で回収潰しを成功させる目論見が主眼、札幌の司法、道警、道銀、法務局、札幌市長、市議会議員全員、区長、保護課、総務課、会計課、破砕工場、環境事業公社他ぐるみの犯罪を、公式に警察官多数と、札幌市環境局の役人が、犯罪の下見時に、執行官共々犯罪宣言を聞き、犯罪被害物等も事前確認して有り、警察、札幌市環境局役人が、執行官、札幌地裁、破砕工場等に、犯罪を禁じた訳ですが」

この犯罪も、強行突破で「公開司法他犯罪実例と言う、最悪の形で凶行されて、この司法他犯罪も、公の犯罪に格上げされた訳です」

この司法他犯罪が土台に有るので、生前整理、遺品整理委任、請負なる、れっきとした犯罪も、成功させて貰えて居ます「証拠隠滅と偽造、犯罪収益への正しい課税見逃しと言う、司法他者の預金等泥棒を成功させて来た、あれと基本同じからくりです」

これ等の犯罪も「犯罪利得を証明出来れば”正しく刑法第19,20条、国税徴収法の適用を果たして、犯罪で得た利得への課税、徴税実施を果たす事が必須です、之で崩壊が始まります!”」

犯罪の委任、犯罪請け負いですから「札幌の場合で言うと、札幌市環境局、石狩振興局環境生活課、道警生活安全課が協力して、国税局、税務署が税務調査から始めれば、言い逃れは出来ませんからね、札幌地裁不動産明け渡し強制執行、無差別押し込み強盗請負犯罪収益への正しい課税、徴税とも合わせて」

激変した、司法犯罪正当破綻により

  • 2021/01/01 07:41

我欲のみに囚われている人間には「正しい方向を示して、悪は認められない事を伝えて、犯罪を止めさせようとしても、通じる事は有りません、見て居る方向が全く違う訳ですから」

この事実は、犯罪行為者が公権力や、公権力用の犯罪を手掛けている、民間の犯罪業者、犯罪者も同じです「私利私欲を満たす事しか頭にも、行為にも無い、そう言う個人、事業者、公権力には”この連中が手を汚している、犯罪の数々を正しく証明して、追加の、再度の犯罪を食い止めても、反省も無いし”逆恨みに走るのが常です」

職業犯罪者と同じです、逮捕、処罰されない犯罪行為、犯罪者ですからね、犯罪に対しての禁忌は、人間の性質の段階から、元々備わって居ません「私利私欲を満たす事が全て、犯罪であろうと知った事では無い、逮捕されない限り、我欲を満たす事だけを考えて、犯罪を正しく止めようとする、犯罪をしくじらせている相手を、言い掛かり、冤罪で粛清に走って、犯罪で利得を得ようとだけし続ける訳です」

司法犯罪の一つ、他者の預金、財産泥棒、他者の預金、遺産となった預金泥棒は「金融機関にも、司法、警察、監督官庁から、因果を含めて有り、口座名義人が自分で預金を引き出したと、証拠の偽造と、犯行ビデオ等隠匿を常時行わせて有るし”この犯罪に気付いた預金契約者、他権利者等が、金融機関、警察に訴えても”最後には、証拠の犯行時ビデオの隠匿、抹殺に走る手と、裁判官、裁判所、警察、検事が、正しい犯罪である、法律は無効故だ、こう決定、判決を下して、犯罪適法化を強引に通して来た訳です」

この一連の犯罪を、一昨年暮れから「司法テロ権力に対して、禁じると共に、司法犯罪以外の摘発を、もっと上から命じた、と言う構図です」

一昨年暮れから、昨年初めに入ってからの、この司法犯罪崩壊開始も、私の尽力が大きいでしょうね「私が闇のからくりを、事実証拠をどんどん揃えて公開して、各国家機関、地方自治体等に犯罪を成功させて有る、権力による犯罪を公に証明し続けて、破綻実例も作りだしたから、司法テロ集団のもっと上?も、からくりを理解して、破壊に動いたんでしょうから、知らない事は対応出来ない、当たり前の事です」

新年

  • 2021/01/01 07:25

一昨年の12月、大逆転、司法他遺産、遺産預金泥棒崩壊と言う、大逆転状況が生まれた事で、昨年に入り、この手の犯罪が、正しく犯罪だと、いきなり真逆の扱いに変じた訳です、あくまでも「大元が司法犯罪、弁護士、司法書士用が主眼の、無能を超えたこの士資格者が、犯罪を認められている、闇のからくりにより、他者の財産、遺産、預金、遺産預金を盗めて、無税で所有権を、法によらず得て通って居る、この犯罪である事を、必死に隠蔽する工作も、当然ですが、方向をずらす為、でっち上げで作られ、行使されて、方向を”一応の合法化”に変えたんですよね」

報道を見る限り「闇の中でこっそりと、昨年から特に”他者の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを悪用して、預金を盗んでいる犯罪者を、弁護士、司法書士、遺産相続事件関係以外限定で、挙げては来ていたようです”」

ですが「あくまでも、一昨年後半くらいか、今年に入って、が大半のようです”司法犯罪権力実行犯と、遺産泥棒は除外されて、です”」

で、昨年に入り「2016年の同じ犯罪から、行政書士、司法書士、弁護士による、同じ犯罪を数件、報道もさせて摘発した訳ですが”裁判所には、相続事件を中心として、山のように遺産預金泥棒事件も、高齢者、認知による後見人への犯罪利益供与、裁判所共々の犯罪事件野、公式実例、証拠が揃って居るけれど”」

故意にこの司法犯罪事件、公式証拠も裁判所他に揃っている事件を、無い事と偽って通して居ます「要するに、昨年5件ほど、士資格者による、他者の預金泥棒を挙げて、報道も差せたのは、この連中への警告でしょうね”もうこの司法犯罪は止めたからな、もうやるなよ”との、士資格者への警告でしょうね」

で「司法犯罪を闇に葬ろうと言う、得意の方向ずらしでしょう、司法犯罪が大元、之が公になれば、司法の実態が犯罪組織、犯罪者で構成されて居て、犯罪塗れで、司法権力の悪用で、司法犯罪を適法だと、偽って常時通して来た事により、この組織、構成員、破滅しますから」

事実を揃えて証明して、それを持って合否を判断して、決定、判決する、これが出来ない故、司法犯罪もやり放題出来て来て居る、と言う事です、之が昨年の、大きな変化の一つです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年01月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5320396
ユニークアクセス:4505600
今日
ページビュー:1292
ユニークアクセス:1268
昨日
ページビュー:1511
ユニークアクセス:1443

Feed