エントリー

2021年01月03日の記事は以下のとおりです。

利害得失も、我欲のみの人間には

  • 2021/01/03 17:33

世の中、いい年になれば、仕事であれば共に「利害得失を、先ず前提で置くべきです、何処で着地させれば、色々都合が良いのか、これを前提に置いて、駆け引き等するのが、いい年になった社会人、事業、業務上必要です、が」

幼児化がどんどん亢進されて行っており、いい年の大人、事業に関して、利害得失を一番に据えて、駆け引きして行く、之も、全くと言えるだけ、出来る人間も居なくなっています。

我欲のみに囚われるばかりで、全体も見えないし、こう言う輩は「自分が勝手に決めただけ、別に法律から何から、勝手に決めた事に根拠も無いけれど”幼児性がほぼすべて故”いい年の人間であれば、大前提とするべき、落としどころの設定、之も何も、まるで分からない訳です」

こう言う手合いは「根拠も無いのに、自分が勝手に決めた,思い込んだ答のみ通す以外、最後まで見えないのです、幼児性のみの、いい年の人間は、之に走るのが実際常です」

こう言う手合いには、道理から説くだけ無駄です、自分の黒い狙い、思惑から、最後まで抜ける事は有りませんから。

こう言う手合いは、弁護士、司法書士も、他に、こう言う手合いを食い物にする、多少頭を使える同類には、楽に食い散らせる、葱も背負った鴨です( ´艸`)

正しく利害得失を見られれば、自分で落としどころから想定もしますが「腐り金た人間、我欲しか無い人間は、正しい利害得失から何から、全く思考力も無い故、見える事も無い訳です、で”結局食い物にされる訳ですよ”義理の、の連中等のように、ああ言いう手合いは、ちゃんとした事を求められても、我欲しか無いから、言うだけ無駄です”で、勝手に思い込んだ、歪んだ我欲を満たせる訳でも無くなると言う、愚かしい結果に堕ちる訳です」

こう言う手合いは、ほぼ決まって「弁護士だ、だの、自分の腐った我欲を達成させてくれる、同類に縋って、自分は陰に隠れて、自分の責任から逃げ回る、この行動に走ります、卑劣な餓鬼、の常套行為です、で、食われる訳ですよ、我欲を達成してくれる筈だ、と勝手に思い、使った連中に」

我欲しか無い人間、権力は、変わる事がそもそも無い

  • 2021/01/03 09:35

人間の本質は、多分ずっと変わる事が無いと思います、自分の利益、欲しか見えない人間は、一生基本同じでしょう。

こう言う人間は、個客からお金を得て、事業として費用について、責任を果たす事に付いても「顧客から出して貰った、事業に関する対価に関しても”費用に見合う事を、出来るだけ他とも比べて、果たして行こう”と言う意識も、当然持たないですよね」

個客から、事業行為、労働等を果たすことを条件として、費用を得ても「基本に公徳心が備わって居なければ、利益をどうやってでも、少しでも多く出す、これを考えるのが、人間性からしても当然です」

請けた事に付いて、出来るだけ見合うように、事業の内容、労働等行為の水準を上げ続けて、費用が惜しくないように、出来るだけ結果を出そうとは、公徳心から備わって居ない人間には、どう言う立場の事業所経営者、行為者でも、考えないし、そういう努力も出来ません。

先ず、費用を拠出した相手が、何を求めてお金を拠出したか、どう言うレベルの結果を出せば、拠出した費用に見合うと思ってくれるか、之を一義に考えられる為には「公徳心が備わって居る事、が大前提です、詐欺師、犯罪を詭弁、虚言、三段論法、欺瞞で糊塗して、の連中には、公徳心など備わって居ません」

自分で正しい事を、正しいと証明出来て、理論構成が「公にも果たせる事が出来るか否か、之ですよね、大前提の要素は”法を犯す輩、我欲しか無い人間は、己の行為に付いても、根本から何から、正しいと、根拠も一定示せて、説明も何も出来ません”」

自分自身で、自分の果たすべき、対価を得た行為に付いて、一定正しい事から、誰でも理解出来て、確認も取れるように証明出来なければ、嘘で塗り固められて居ます、と言う事です。

切り捨てる要素の基準等

  • 2021/01/03 09:17

司法犯罪、公権力犯罪に、突然遭遇した場合(交通事故被害、遺産相続犯罪続発事件他)も、自分に降って来た、腐った相手の腐った料簡が原因で、理不尽なトラブル、不利益が降り掛かって来た時、先ず理解しなければならないのは「法を犯す権力、輩には、常識も何も、元々通じる筈が無い、黒い狙いを根本に持って居て、犯罪を重ねてテロに走られて居る、何が狙いなのか、どう言う犯罪により、黒い狙いを成功させようと企んでいるか、どの規模のテロ、犯罪行為なのか、関与しているのは、何処と何処か、これ等を出来るだけ読む事が必要です。

こう言った必須事項を、出来る限り理解して、黒い狙いを把握して、法を犯して成功させて有る、闇の犯罪制度のからくりを、出来る限り証明、把握して。

少しでも司法犯罪、公権力犯罪被害を、腐った輩から受けている、不当な被害を防止出来るように、対抗策、防衛策を、一つでも多く構築して、対抗しなければなりません。

当然ですが、相手はテロ、犯罪を禁忌も無く凶行して居る、犯罪者そのものですからね「合法が通る訳が先ず無い、之も理解して置かなければなりません、犯罪者に、合法に反している等、証明して突き付けても、初めからそう言う所では無いですから、通じる筈が無いんです」

黒い目論見を通す、犯罪だのどうでも良い、黒い目論見の達成を潰す人間は、どんなでっち上げ、虚言、捏造に走り、あいつは我欲の為に、悪い事をしているんだ、と触れ回るのが常です、これに同調するのが、多くの平民ですから、公徳心を持たない人間は、こう言った連中と、実に気が合いますので。

そんな事はどうでも良いので、黒い狙いにより、不当な被害を加えに走って居る連中の実際を調べて証明して、把握して、不当な被害を、100受けて泣き寝入りせず済むように、常に方法、想定する結果を変えながら、対抗して行くべきです。

これに関しても「切り捨てるべき要素等は”ゼロ、マイナスになった時”に切り捨てるべき、一より上で有れば、取り敢えず切り捨てず、静観して、と言う考えも必要でしょう」

それが出来ないなら、泣き寝入りすると言う、何処までも追い落とされる道を選べば良い事です。

同じ手口だけしか、思考、正しく判断も出来ない故

  • 2021/01/03 09:01

司法犯罪は、手口からして、ずっと基本同じです「我欲しか無い、程度の低い人間の性根、事実を問わせず、言い掛かりを喚いて、自分が正しいと騒いで、回りに同調を求める人間と同じですよ、思考、行為事実は」

人間の器、之に付きます「色々な許容心が、先ず備わって居ません、理由の大元は”我欲しか無い人間故です”己の人間の程度、本音が我欲のみ、公徳心を出来るだけ備えて、備えて居なくても、出来るだけ事を両面から見て、両面の色々を取り入れて、何処で着地させるべきか、ゼロに持ち込まれないように、多様な方法論を講じ続けて、これ等が見事に出来ません」

こう言った思考、行動は「公徳心がゼロ、マイナスで有れば、絶対に理解も出来ないし、駆使も出来ません”我欲が全て、の人間には、公徳心を出来るだけ軸に据えて、何処を着地点とさせれば良いか、状況の変化毎に変えながら、事の処理に当たる等、絶対出来ません”」

我欲しかない輩は「正、誤問わず、自分が思ったからと言って、果たせるとは限らない、だから”どの程度引くべきか”これが絶対に出来ませんから」

こう言う輩は「己の黒さから、本当は知って居るけれど”自分で決めた、黒い思惑、欲を満たす事のみに走る以外、絶対に出来ませんから”」

しかも「多くの場合、こう言う輩は”共謀行為者を加えて行きます”自分の我欲を満たす事、之しか考えられないで、自分でそこに持って行く事も出来ず、黒い同調者、共謀行為者を加えて行くのも常です」

我欲を全部満たす、之しか一旦勝手に決めれば、変えず突っ走るだけです、器などマイナス、其れで通るとも限りません、色々な事が、いきなり変わる事も良くあります、我欲を満たせて来た闇の仕組みが、法に沿い犯罪、違法と正しく変わる事も、良くある事です。

こう言った輩を、自分の財産、身を護る為に相手にしなければならなくなった時「ゼロスタートで、一以上はプラスである、こう言う大前提の思考が、先ず必要です、向こうには法も常識も、社会正義も通じませんから、共謀者共々」

目的を、一定でも達成出来るように、之が一義

  • 2021/01/03 08:40

物事は、相手が有るなら特に「こちらがどう考えているか、向こうが法を犯して居るから、自分が思う事と違うから、向こうの間違いを指摘して、こちらの正しさを分からせて、通そうと考えても、ほぼ無駄です」

人間、殆どの問題で「法に適っているかどうか、相手がどう思って居て、何をこちらに飲ませようとしているか、理の有無は無関係で、これ等に付いて、相手方は”ほぼ関係のない事です”単に自分が見込む、求める、目論む結果に到達したい、之がほぼ全てですから」

ですから問題は「自分では無くて、向こう、相手方が”何が理由、目的で問題が、争いが、事件が起きているのか”これを読み、裏を調べて証明して、どうこちらの思う事、得るべき結果に到達させるか、こう言う考えが、世間を渡って行くには必要なのですけれどね」

あくまでも、当時者各々が、こう、当たり前の事を出来るだけ理解した上で、何処を決着点とするべきか、多様な結果を事前に想定して置き、状況が変われば、決着する方法を変えて行く事です。

人間の器の問題です、正、誤共に、相手が有る以上、理由が有るのですからね、理由に付いて、相対する側の狙い、欲、欲を満たせないとならないように、色々法を犯した罠を仕組む、これ等を常に読み込み、予想して、出来るだけ自分が想定する結果に結びつける事、ですから。

正を潰して、誤を通そうとする側の、恒なる特徴は「誤と言う事実、正解を、故意に無い事とさせて、自分の黒い狙いを暴き、通させない側を、士資格者他公権力らも加わったりして、誹謗中傷、虚偽の犯罪者でっち上げ、虚偽の我欲に囚われた人間だと、嘘塗れの喧伝に走るのが常です」

私利私欲に囚われているだけの、腐った人間と、共謀公権力は、見事に同類です、同じ性質、同じ腐敗した、我欲にのみ囚われた、同様の連中です。

器の無さ、公徳心の欠如、我欲の果てしない深さ、自分を事実無根で、大きな人間、正しい存在だと、自己狂信して、器も大きくする事から出来ない、同じ我欲のみ、の場所で一生を終える連中です。

起きて居る事に付いて、根本が何か、何故法破り、犯罪が行われているのか、犯罪を正と、根拠も無く捏造して、通されて居る手口、実行犯は?それにどう対抗して、出来るだけ謂れの無い被害を食い止めて、自分の身と財産等を守れるか、各々こう言った判断、思考、対抗策構築と実行が、本当は必要なんですけれどね、、、。

自分が求める答えだけを

  • 2021/01/03 08:21

一般大衆は特に、自分の器の中でしか、事の判断を行った、ように思い込まないですよね、器の容量がどの程度なのか、容器を大きくする事が、自分の許容範囲の広さを、出来るだけ大きく持てるように、自分の今より少しだけでも、フラットに自分を置いて、律して、自分が求めない事実,答え、意見等も、出来るだけ見て、聞いて、検証して、正、誤と言う見方だけでは無く、正、誤が出る意味も考えて、検証して、取り入れる、記憶して、何れ役立てられるようにし続ける、これを常に心掛けられれば良いんですけれどね。

世の中の色々な事、問題、仕事、事件等は「正、誤のみで測れる物でも有りません、誤にも理由があるし、正は正しくても、通されているとも限りません、正、誤共に,現実に有る、正が潰されて、誤が強制的に、正と偽って通されて居るのであれば、其れにも理由、原因が有ります”正しい理由、原因とは限らず、です”単なる私利私欲が理由で”大きな権力を行使出来る人間、資格者、組織故、正を叩き潰せて、誤を正と偽り、常時通せて、色々な私欲を、強権発動によって果たせている事が、現実に山のように起きて、通されて居ます」

正が潰されて、誤が常時正と偽られ、権力が多数、之の実現に狂奔して、法を犯して成功させられている、多数の事実には、公権力の我欲が有ります、正では我欲を満たせないから、誤が正だと、複数の国家権力が共謀行為犯罪に走り、我欲を各々満たせていると言う構図です。

自己利益の為に、公権力を悪事に強制行使、太古から現在まで、今後も、国家権力、公権力を手に入れられれば、ここに走る輩が出る訳です「当然ですが、大マスコミなるカルトが、情報操作担当です”大きな権力と共謀して、利得を分けて貰える”報道なるカルト権力は、之を日常行為として居ます、特に法曹権力との、情報操作を持った司法犯罪でっち上げ、犯罪が正しくなり、合法が犯罪となった、虚偽情報喧伝で、合法潰し、犯罪制度化達成は、過去から今、明日以降も常時重ねられて居ます」

大元の事実、問題を、故意に問題で出さず、違う話にすり替えて、司法犯罪、権力犯罪を、正しい筈、平民は虚偽、でっち上げ、三段論法による、合法破壊正当化を、無条件で受け入れて認めろ、これを要求して、成功させて来て居ます、破綻すれば、いきなり掌を返す訳です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年01月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5317787
ユニークアクセス:4503074
今日
ページビュー:194
ユニークアクセス:185
昨日
ページビュー:1149
ユニークアクセス:1105

Feed