エントリー

2021年01月04日の記事は以下のとおりです。

人間、基本は変わらないと言う

  • 2021/01/04 15:57

人間、根本の性質、性根は、ほぼ一生変わらないでしょうね、自分の利益以外見ない、考えたりした事も無い人間は、一生ここは変わらないでしょうね。

近しい義理の親族達を見て来たけれど、基本は変わる事なしで、未だそうでしたから、死ぬまで変わる事は無いでしょう、まあ、もう関わらずに済むでしょうから、良いですけれど。

昔からずっと、自分の得する事しか、とんでもない事を重ねて、自己利益しか考えず、でしたから、何かない限り、関わって良い事も無いし、関わらず来ていたんですよね、不愉快になる事しか、ずっとして来て居ない、金に汚い、誰か利用出来る身内、義理の親族から、自分の利益の為に、金を巻き上げて来続けて、でしたから、結局最後まで、変わる事も無しでした。

こう言う手合いは、公共の利益と言う思考から、見事に備わって居ませんから、自己利益の前に、他を見て、優先順位を弁えて等、言うだけ無駄で、一切通じません。

この点の輩は、ほぼどの人間も「自分の責任から逃げ回る事が常時、他者の責任に、自分で事実、責任の所在をすり替えて、他者に己が負うべき責任から、常に転嫁します」

こう言う手合いと、弁護士連中、裁判官連中は、根本が同じ手合いなので、本当に気が合うんですよ「根本の問題を、故意に違う話だと、理屈も何も無しで、強引に作り替えて、自己責任転嫁を常時、之がほぼ全てです」

そして「己らの悪事、法破り、犯罪事実を、証拠も合わせて出されて、負うべき責任を負うよう求められると、責任を正しく負う事を求める、こう言う手合いから不当な被害を受けている人達に対して、腐り切った虚言、責任転嫁に走り、逆恨みも向けるのが常です」

そう言えば「妻の両親の遺産相続審判の決定で”相当上が、拙い事実ばかり暴かれて、対抗出来もしない事態が重なり続けたから、でしょうけれど、何時もの弁護士、裁判官、書記官犯罪談合で、法を蹂躙して決定を下す、では無くて”」

表に出ている遺産金、遺産預金を、法律通り四分の一ずつ相続だ、次男が使い込んだ遺産金は「他の相続人は認めていないから、次男にその分多く相続させる理由が無い、却下、等決定を出されて、弁護士共々逆上し捲って居ましたね」

であれば「弁護士に持って行かれた大金、意味の無い出費でしたしね、愚か者はこう言う事が、当たり前も通じないから、考える事も何も出来ない、と言う実例です」

法律を定めた所で

  • 2021/01/04 07:53

一昨年、昨年と、民法があちこち変わりまして、相続も結構変わって行ってはいますが。

事実として「法曹資格者、書記官、調停委員、法務省役人、公証人、報道カルト等は”元からの相続の鉄則規定、民法第896,1031条の規定から、本当に何も知らないままです”被相続人が死去時の時点で、包括相続遺産全てを凍結して、相続人全員の相続遺産と扱う事”この法の規定も全く知らないですし」

相続権者が二以上居る場合、基本「遺言状が有ろうとも”他の相続権者が持つ、法定相続遺留分に付いて、本来の相続遺留分の5割しか、遺言状での遺贈は認められて居ない”この相続の大原則も、全く知らないままです」

この事実がある故「後妻業と言う”法定相続人が他に居るのに、遺言状が有るから絶対だ”と、法によらず、後妻さんがご主人の遺産を、根こそぎ奪えて通って来て居る、之を果たせるから、御主人や、内縁の夫を、不審死させて、遺産を根こそぎ奪えて来ている”司法犯罪も、好きなように成功させられて来たんです」

今日の北海道新聞の特集に「二年前までは”他に法定相続人が居ようとも、遺言状が有れば、遺贈を受けた者は、他の法定相続人遺留分、減殺遺留分まで、根こそぎ収奪出来る”こう、司法書士、弁護士に、特集を書かせる等して、煽り立てて来て居る事も無いようにして」

「遺言状を作成して、相続トラブルを、出来るだけ防ぐのが望ましいですと、過去のでっち上げ、遺言状で他の相続人遺留分も、根こそぎ犯罪で収奪出来ますよ特集虚偽喧伝から、無いように偽って有ります、相変わらず卑劣ですね、報道を謳う司法共謀犯国家権力は」

目的は何か、何処を決着点と、ポイントを変えながらでもして置くか

  • 2021/01/04 07:36

双方が争いになった事件の場合「特に民事事件の場合は”事件当時者双方のどっちが法律的に正しいのかは、根本に据えるべき事ですが”それを持った解決は、大体出来ません」

法に沿って解決出来る位なら、初めから大事になり、拗れ捲ったりしませんから「多くの場合”合法、正しい常識等関係無く、我欲を見たそう”と目論む人間が居る事で、不当な事件が起こされて、法の正しい適用等通じず、我欲を満たそうと暴走し続ける人間と、同じ性質、思考の警察官、司法書士、弁護士、裁判官、書記官、調停委員等も、こう言った手合いが同類故、同調に走り、より事件を悪質犯罪事件化させ捲るんです」

これがほぼ常時、が実際です「法律を正しく理解して、法律に沿って物理的に、解決すべきことを解決出来る人間であれば、そもそもこうはなりませんし」

警察官、行政が所管する法を犯させて居る行政機関、弁護士,司法書士他、関係する士資格者、裁判官(検事、検察庁)書記官、調停委員連中は「起きている事件が、大元で何の法律が適用される事件で、どう言う理由、思惑により、合法によらない争いが起きていて、拗れ捲って行っているのか、法を犯して拗らせ捲くって居るのは、そもそも事件関係者の誰で、狙い、目論見は何なのか、これ等をまるで理解も出来ない訳です」

こう言う現実が常なので、法を犯して、我欲を満たす事を目論んで、不都合な利害関係者側を、言い掛かりで誹謗中傷して、陥れに走る腐った関係者に、国家権力は、同類故組して、合法と、合法を通そうとする側を、でっち上げ、言い掛かりで潰しにのみ走る、之がほぼ常です。

この現実も事前に、多くのこうした現実を、実務で知って置いて「犯罪被害を出来る限り、事前に防止して置く事です”100%、腐った狙いを成功されてしまえば、ほぼ法による被害回復等は、無理ですから”特に経済事犯関係の被害回復は、法曹資格者、権力、警察、報道カルトには、そんな高度な事件事実、まるで分かりませんし、犯罪者と同類の思考、人間の性質が大半だから」

普段の訴訟手続き?は、闇談合が日常と言う

  • 2021/01/04 07:19

多くの民事、刑事事件にしても「特に行政が所管する法律、が下敷きで存在して居て、事件になった場合”多くの事件の場合、行政所管法律を犯して、事件がこじれて言った結果、司法扱い事件化される状況になった”が多いのですが」

つまり「事件の根本の正、誤は”法律の適用の上下から、出来るだけ正確に事件を、事件の構図を理解、把握して”そこに適用される法律を、上下を正しく理論構成して、当て嵌めて”が、本当は必須なのですが、法曹資格者、警察からして、三権分立も何も、意味すら分からないのが現実なので”」

事件の根本が、どの法律に関わって居て、同法に背いて居て、其れから始まって、どう他の法律を犯して居るのか等々、全く分からないで「法律では無い、だの、何かの解釈だ、だの、当人が、委任した弁護士がこう言ったから、だの、全く何の理論構成も無しで、オカルトごっこだけに警察、法曹資格者他士資格者、裁判所等が、常時暴走して」

合憲、合法の枠の思いっきり外側で、でっち上げただけの「事件の扱い、出鱈目事件化、事件潰し、出鱈目の極致の裁判官決定、判決を下して、余計事態を混乱だけさせて、其の場だけ逃げた気で通します」

当然ですが、之が実際なので「物理的な事件原因なら”多くの場合、何の正しい解決も出来ないままですし、こんな出鱈目な裁判官決定、判決等、正しく問題化されて居る、物理的に処理が必要な事件を、公に正しく解決する”公の処理の答え、に等出来ません」

一例を挙げて見ますと「妻の実家建物と、大量の遺産物品は”結局泥棒の共謀行為弁護士と、直接共謀行為者札幌の裁判所、裁判官、青森県警,泥棒幇助、共謀犯は、法に沿った正しい処理も何も、分からないから物理的に正しい処理策も何も、決定で出す事も出来ないで”逃げただけですが」

私が色々手を打ち、欲塗れの泥棒一族に、欲しいと言うから、と出来た訳です、物理的な結果として”行政が所管する法律”により、欲塗れの一族が、欲しかったこれ等を、公式に貰えたと言う。

事件の当事者と、関係者と、法曹資格者、警察

  • 2021/01/04 06:59

以前関わって居た弁護士は、常々こう言って居ました。

弁護士―山本さん、弁護士の所や、裁判所に事件を持って来るけれどね”弁護士も裁判官も、事件とは無関係なのだから、どう言う事件なのかからして、分かる訳が無い”んだよ、当時者でもないし、大体の当事者も、何が何だか理解出来て居ないから、説明も出来ないしね。

弁護士ーだから”事件を弁護士の所や、裁判所に持って来ても、弁護士も裁判官も、何が何だか分からないから”事件を持って来た人が思い込んだような答えも、結果も出る訳が無いんだよ、弁護士も裁判官も、当時者からして、事件の事を、実際には分からないんだから。

弁護士ーだから”民事のトラブルで有れば、事件の当事者同士で、裁判所や弁護士の前で、双方に考えて居る事を吐き出させれば良いんだよ”民事事件の場合、之をさせれば、相当部分争いの多くを、双方が消せたりするし、相手に吐き出すとすっきりするから、そして、おおよそ双方の言い分も、原因も、弁護士、裁判官、書記官が分かるから。

弁護士ー特に民事事件の場合”弁護士の前や、裁判所で、利害関係当事者間で、直接相手に対して、考えている事や、事件の原因を吐き出させなければ、まともな解決等出来ないんだよ”双方に納得出来ない感情と、恨みが残るだけで終わるんだよね。

弁護士ー弁護士も知らない、分からない訳は、委任者、事件の当事者も、自分が持って来た事件をちゃんと説明出来ないし、何の結果を求めているのか、之も言わない訳だ、この状況で、裁判官が分かる訳が無いんだよ、民事事件は折り合いだからね、之では折り合いを付ける着地点も、弁護士も裁判官も、書記官も分からないんだよ。

弁護士ー弁護士の所や、裁判所に事件を持って行く、事件関係者の大半は、自分が思って居る結果しか、事件の内容等無関係で求めて居ないから、弁護士立ち合いや、裁判所で、ある程度双方同士に、相手に言いたい事を吐き出させないと、双方何も納得も出来ないまま、裁判官は、ほぼ何も分からない内容で、判決が出るだけなんだよ。

と言った事を、良く言っていました、その通りでしょうね、でも「我欲だけしか無い人間、事件当時者は”卑劣な人間性ですから”自分で相手と、直接やり取りせず、同類弁護士の陰に隠れます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年01月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5320439
ユニークアクセス:4505636
今日
ページビュー:1335
ユニークアクセス:1304
昨日
ページビュー:1511
ユニークアクセス:1443

Feed