エントリー

2021年01月30日の記事は以下のとおりです。

弁護士が認めている、司法のご都合主義、憲法、法律規定では無い

  • 2021/01/30 16:10

主に弁護士が、我欲、黒い権力犯罪利権を得るべく、仕組んで合憲、合法破壊ででっち上げて有る、所謂「憲法、法律規定破壊、之で成功させる、判例で犯罪が正しい事と、合法根拠無し、犯罪を重ねて成立させて居る、司法犯罪で分かるように、法曹資格者,司法の裁判ごっこには、合憲、合法は、元から無いです」

理由は幾つも有ります、次の理由でです。

1、合憲、合法を証明して、正しく通す為には”扱う事件毎に、正しく事実、証拠、証明から揃える必要が、必須でありますが”法曹資格者、警察官、法務省の役人からして、扱う、合否を問う事件、どれもほぼ、、何が正しい事と、憲法、法律で定めて有る事件なのか”まるで理解も出来ません、ですから、正しい事実立証から、出来る訳が有りません。

2,何が問題となっているのか、ここからほぼ何も理解も出来ないから”正しい証拠、証明も、何が知れに当たるか分からないので、揃える事も出来ません”事件を聞いて、見ても、何が正しいのか、法を犯して居ると言えるのか、まるで分からない以上、合憲、合法による判断等、出来る道理が有りません。

3,この事実が有る訳で”よって弁護士、検事、裁判官、警察官、法務省の役人、他士資格者等は、大半の事件で、正しい事実、証拠を揃えて、正しく憲法、法律を適用させて、正しく合否を判断する”等出来る訳が無いんです。

4,この事実、真実が有りますから”この連中は、何が事実か、証拠なのか、どの憲法、法律を、どう言う理由根拠で適用させて、合否を正しく判断すれば良いか、無関係で事件?を扱い、出鱈目に判断して有るんです”真実はこれです。

5,正しく事件を解き明かして、証拠も揃えて、憲法、法律を、理論構成によって適用して、これ等を持ち、合否を判断する事を、之だけ証明して求めても、理解出来る頭も何も備わって居ない法曹資格者、他国家権力なので”まるで分からない訳です”で”司法犯罪積み重ね、テロ判断だけに暴走し続けて居る、が実態です。

6、之の証明実例の一つが”他者の財産強盗、遺産も含めた他者の遺産預金泥棒”司法犯罪事実、証拠です、最高裁大法廷で、平成29年12月19日に、過去に他者の財産、遺産、遺産預金泥棒を認めた最高裁小法廷、14~16年の決定も含めて、民法第896条等違反だった、過去の決定も含めて破棄、以後採用を禁じる、この決定の意味も、未だにちゃんと分かっても居ない、現実が有る通りです。

司法が頭を張り、犯罪、テロを正当と虚偽決定、判決、最高裁禁止決定も公式破壊

  • 2021/01/30 07:28

一昨日の、複数の弁護士の証言、正しく法曹資格者、司法、警察等の実態、現実を答えているでしょう。

法曹資格者から誰から「合憲、合法とは、等何も理解出来る頭も知識も、証明する知識も能力も、判断力も無い、犯罪と合法と、区別する事も不可能、之が真実と、公式事実証拠が揃い続けて居る上で”弁護士等の証言を合わせれば”弁護士等は、事実を正直に認めている、と分る訳です」

もっと言うと「裁判官が下す決定、判決も”裁判官連中、何の事件で、何を根拠とさせて、合法、違法、犯罪と証明出来ているかも何も”分からないまま民事、刑事事件を裁き?決定、判決を下して居る、弁護士等は、この事実も認めて居ます」

そもそも「民事、刑事事件を扱っている弁護士、司法書士、裁判官、検事、警察官等”何の事件なのか、ほぼ何も理解すら出来ないと言う”群盲象を撫でる,が真実なのですからね、出鱈目を超えた司法、警察テロばかり、実際には凶行されて居る訳です」

最高裁大法廷最終決定、平成28年12月19日決定、相続遺産分割除外説を、最高裁小法廷も平成15~16年から採用しても来たが、民法第896条違反だった、以後小法廷決定も破棄して、この説の採用を禁じる、ここまで法を犯して来た、最高裁も法を犯して来たと認めて、過去の過ち決定も破棄して、採用を禁じて居るのに。

民事、刑事訴訟法手続きも含めて、強制続行し捲って来て居る、言い訳も何も、出来る訳が有りません、しかも「いやあ、この最高裁大法廷最終決定、令和2年から効力が出たんだよね?民法第896,1031条も合わせてさあ( ´艸`)」

こんなバカを超えた、司法、警察他、犯罪続行国家権力テロ犯罪の「いい訳ですらない戯言まで、弁護士他士資格者も警察、検察庁、検事、裁判官、裁判所等ぐるみ、吐いて逃げようとして居る訳です」

関係している犯罪者達も、司法犯罪で支援を受けたが

  • 2021/01/30 07:14

義理の親族、妻の兄姉、家族、阿部xx氏、他者の預金、遺産預金泥棒行為者、共謀犯罪者達も「公の、刑事、民事事件手続きでも”他者の預金、遺産となった預金泥棒行為事実、証拠が、公式に揃えられて居ます”」

正式な民事、刑事訴訟法手続きでも「この犯罪、犯罪者は正しい、犯罪を暴き、再犯を防ぎ、この犯罪を詳細に証明している私が犯罪者だと、公に決定、判決も重ねても有ります」

上記犯罪は、平成29年11月9日~平成30年10月15日までに数回、犯罪者が他者の預金を盗んだ事等が、正しく立証されていますし。

預金泥棒に加担した、十和田おいらせ農協、青森銀行、北海道銀行も、この犯罪を、証拠も出して、共謀行為も認めて居ます「顧問税理士、弁護士、監査法人、監督官庁ぐるみの犯罪、も認めて居ます」

青森県警、七戸警察署、北海道警察、札幌方面多数の警察署、報道、札幌市長、市議会議員、区長、総務部法務部所、保護課等多数も「公式に犯罪に与して居る、札幌の法曹資格者、弁護士会、裁判所、検察庁も直接共犯、実行犯、も証明されています」

政治も直接共謀犯だとも、証明されて居る訳です、札幌国税局、税務署も共犯、札幌市税事務所もしかり、ここまでの規模で、この一連の犯罪を、正しい犯罪だ、最高裁大法廷も、民法第896,1031条、新民法第909条2も、憲法第29条も、他者の財産を、犯罪により収奪等した行為者に科せられる、窃盗罪等も間違いだ、犯罪で得た利得の没収、徴税規定も間違いだ。

ここまで公式に、上記等国家権力は、実例証拠を揃えられた上で、強弁し、法を犯し、決定して通して居ます。

憲法、法律、最高裁大法廷最終決定は、全て間違いである、公庫の規模で決定、判決を重ねて、犯罪こそ正しい、犯罪者が正しい、と強制決定を重ねて来て居ます「当然ですが、全く正当さは有りませんが”処理出来る方法から、国家権力が揃って犯罪者と言う現実も有り、全く無いと言う”法治国家偽装毎、破滅して居ます」

これが司法犯罪崩壊の内容

  • 2021/01/30 07:01

遺産預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れられれば「これ等を手に入れられた泥棒、共犯、実行犯弁護士、司法書士等は、入って居る預金を、死人による預金引き出しだ、公、次の国家権力の共謀犯罪支援が受けられ、手に出来ています」

預金先金融機関、顧問税理士、弁護士、監査法人、監督官庁、警察、法曹資格者、司法機関、報道、国税庁等が共謀犯で、死人が死後預金を引き出した、と偽って成功させる犯罪、に与してくれる、司法犯罪が闇で仕組まれているので、この一連の犯罪は「正式な刑事、民事事件手続きでも、この一連の犯罪、犯罪者、犯罪被害証明が揃っている上で、適法な犯罪だと、警察、検事、裁判官、裁判所が、公式決定、判決を下して、成功させて来て有ります」

ですが「最高裁大法廷は平成28年12月19日に”この一連の犯罪は、相続遺産分割除外説と言う、民法第896条等違反犯罪を、正しい遺産泥棒で入手、遺産から強制抹殺で成功させて居る、司法犯罪だった、実は犯罪だった、民法第896条の規定、被相続人死去時に存在した、全ての包括遺産を凍結して、相続人全員の包括相続遺産とする、之を守らなければならなかった”」

拠って今後は「平成15~16年に、最高裁小法廷で、この説を正しいと認めた決定も破棄して、この判例と、相続遺産分割除外説の採用を禁じる”これが最終決定である”と、決定が出されて居ますが」

法曹資格者、司法機関職員、法務省役人、警察、国税庁、政治権力、行政機関職員、報道カルトの連中の誰も「この最高裁大法廷の最終決定の意味も理解不可能、と言う現実により”同じ犯罪を、更に公然と凶行、刑事、民事事件でも、公に続行し捲って来た訳です”」

当然ですが「刑事、民事事件手続きを洗えば、最高裁大法廷が、過去に遡って禁じた犯罪が、公にも続行させて来て有る、公式証拠の山と言う現実です」

法律により、違法犯罪も公式立証、で、司法犯罪隠蔽用の、同じ犯罪民間を訴追

  • 2021/01/30 06:44

司法犯罪は、弁護士等の証言にもある通り、日常茶飯事ですし、そもそも「法曹資格者、司法機関、警察、法務省他行政機関、政治、報道に”合憲、合法を通せる知識、証明能力、資質、理解力等、何もレベルで備わって居ない、之が事実故”初めから合憲、合法とはから、この連中には意味も何も不明な訳です」

司法犯罪の多くは「弁護士が”刑事告訴でっち上げ、民事事件犯罪が正しい、根拠も示す必要無しで提訴、主張すれば”警察、検事、裁判官が、根拠証拠、合憲、合法が間違って居る、でっち上げ、出鱈目な告訴、訴訟提起、犯罪適法主張が正しい、弁護士だから正しい」

こんな「理由ですらない”法曹資格者、司法談合で、でっち上げ、出鱈目が、決定、判決でも、合憲、合法根拠無し、憲法、法律が間違い故、守る必要が無い、と強弁されて、出され続ける仕組み、からくりです”」

この国家権力集団は「正しい常識から、何も思考、判断も出来ない故、分からないと言う、根本的な事実が有り、正しい事が通される前提が無い、よって”合憲、合法を証明して、司法でっち上げ犯罪適法を、犯罪と証明しても”初めから通す気も無いし、合憲、合法と証明された、意味もまるで理解不可能で”」

主体が弁護士でっち上げ、犯罪が正しかった主張、行為を「その通り、合憲、合法が間違って居た、憲法、法律は無効だ、犯罪、テロこそ正しかった、こう、警察、法曹資格者、司法機関ぐるみ、強制捏造だけに走り」

最後の仕上げが「裁判官決定、判決なのです、犯罪こそ正しい、理由は”合憲、合法が犯罪だから”この流れ、手口で、司法犯罪が制度化された、と偽りを決めます」

これを受けて、他の国家権力、士資資格者等、報道カルト等が「司法でっち上げ犯罪適法化、が正しいように、犯罪を重ねて合憲、合法は犯罪、司法犯罪こそ唯一正しいと、捏造証拠作り、事実証明証拠、証人抹殺、司法犯罪被害者徹底追い込み、に走り続けて居ます」

この司法テロが、他者の預金、財産泥棒、他相続人相続遺産、遺産預金泥棒司法犯罪、で崩壊し切って居ます「何しろ”最高裁大法廷が、平成28年12月19日に、他者の預金泥棒、財産泥棒、相続遺産詐取、泥棒は法を犯して居た”等、公に法も明記して、認めているのに」

この後も、司法、警察挙げて、続行し続けて来て、正しい犯罪だ、こう公に宣告もして、最高裁が禁じた犯罪を、公式続行して来て、暴かれ証明されているんですから。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年01月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5395157
ユニークアクセス:4576925
今日
ページビュー:1764
ユニークアクセス:1700
昨日
ページビュー:1827
ユニークアクセス:1759

Feed