エントリー

2021年02月04日の記事は以下のとおりです。

司法の実態は、憲法、法律破壊、司法独裁テロ国家樹立

  • 2021/02/04 16:35

合憲、合法で、社会常識、社会正義に適って居れば「同じ行為で適法な犯罪、合憲、合法は間違い、憲法、法律規定は、順守不要だからと、正しく犯罪、憲法、法律規定通り、憲法、法律規定を、犯罪によって蹂躙しており、犯罪である、この相反した公務決定、事件扱いは、出る筈が有りません」

まして「設定上は”憲法、法律規定、社会の正しい常識、社会正義のみを守り、憲法、法律の規定を、証明事実に適用して、条文に沿い、合法、犯罪を判断して、決定、判決を下す”これのみを正しく果たす事以外、絶対に認められて居ない、法曹資格者、司法機関、職員、警察による、上記現実です」

要するに「設定として有る地位に座った事を、独裁テロ犯罪自由凶行特権を手に出来た、自分達は憲法、法律、社会常識、社会正義に一切縛られる事の無い、強権を持った独裁テロ国家権力だ、こう、本気で自己狂信して、実行して、合憲、合法強制破壊、テロ日常凶行、自分達が与えられた、独裁支配者特権を使い、之が正しい決定、判決だ、と宣告して、強制的に成功させている、第三世界の独裁テロ国家権力集団、と言うのが現実と、このカルトテロ国家権力集団は、行為事実、証拠で公式証明して居ます」

日本国憲法第11,29,32条破壊テロ!だけでは無く、思想信条の自由、信教の自由も、公式蹂躙し捲りです。

障害を負った人に対しては「法曹資格者、司法権力の悪用に走り。障害で出来る事が制限されている、ここにこいつらは、おおっぴらに付け込み、不当を超えた追い込み、叩き潰しにも狂奔して居ます」

法治国家の法曹資格者、司法機関、職員として、絶対に遵守しなければならない事を、根こそぎ強権を悪用して、一切せず、テロ、犯罪のみに狂奔し捲って居る、国内外相手のテロ独裁犯罪行為集団です。

人権保護”も”果たしている、弁護士、嘘の極みだと言う事実、証拠も多数公式に揃って居ます、嘘の極みですと、このテロ国家権力集団は、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、報道カルト等共々、行為事実で証明しても居ます、良くもまあ、ここまでの憲法、法律根こそぎ破壊、権力悪用テロ犯罪ばかり、公式に凶行し捲れている物です。

それを合憲、合法破壊で正当と偽り、強制決定、判決にも書いて出し、正当と、根拠ゼロで確定させている裁判官、裁判所、法務省、警察等、本当にこの国、法治国家破綻し切り、が実態です、司法テロの蔓延によって。

bnmkj

  • 2021/02/04 14:24

相続が、罰則も厳しくなり、合法化されて行っています、遺産物品処理、解体建物処理費も、合法相続から必須に変わって居ます

※詳細は、裏面をご覧下さい

当社が”札幌市から初”で公式に認められた、家庭の不用物品一括引き取り、処理事業は、下記活用も出来ます。

相続済み  家庭の様々な 焚き上げ品等   一括引き取り
証明物品  不要家財等  アルバム、親書  処理請負します

相続遺産解体家屋  当社で費用算出  当社提携行政書士
処理対象遺産物品  負債見積書作成  負債遺産目録作成

※相続事件負債証明書で使用、税務署負債遺産証明書で使用可

当社は建設業です  家屋解体工事、各種リフォーム工事、併せ請け負える事業   て、不要家財等一括引き取りも請負えます

北区戸籍住民課封筒広告掲載、北24条通り北側、東苗穂3条1丁目に、立看板広告も出して居ます。

zxcvb

  • 2021/02/04 13:42

家屋解体、家財処理、相続対象も合わせて、でお困りの方、札幌市から、家財一括処理が認められた、建設業の当社に御相談下さい、相続は、提携行政書士共々対応出来ます

遺産相続が大きく変わっており、遺産預金合法相続必須、解体家屋、処理物品等放置等、違法時の罰則も厳しくなり、今後は壊す建物、処分する物品も、法律通り、正式に相続して、業者委任なら、合法業者による処分が必要、怠ると罰則適用、と変わって来て居ます。

建設業で、家財一括引き取り処理が、札幌市初で認められた当社、提携行政書士に、先ず御相談下さい”当社提携行政書士が、相続関係人証明謄本取得、遺産目録作成”に対応出来ます。

遺産解体家屋、遺産処理物品(のみも可)に付いて、当社が費用等を見積、行政書士を委任頂き、負債遺産を証明して、負債遺産で、公式に扱えます”当社が、これ等の国の制度作り”を、実務共々提言して、変わりました。

遺産金、遺産預金を、正しく相続しないで入手の場合、基本20万を越えれば、一時所得で徴税される、等に”法律通りの制度”に変わって居ます、遺産物品等処理費も合わせて、先ず合法相続が必要です。

図星だから、逆上を重ねて自爆の連鎖

  • 2021/02/04 11:20

司法犯罪は、主眼が弁護士、司法書士用の、犯罪によってさまざまな利得を得られる、邪魔な要素、人物を、司法テロで排除、粛清出来る事を実現させる、之が主な、闇の目論見で。

合憲、合法の破壊、合憲、合法破壊司法テロ事実を、他の国家権力、士資格者、報道カルト、関係する事業者等が、司法テロ、犯罪を成功させる為に「犯罪を進んで凶行する、職権悪用でこれに走り、成功させる事で”司法犯罪が成功出来て居ます”」

しかしまあ「幾ら図星の極致、を突かれたからと言って”ここまで司法、法務省、警察の巨大権限の悪用事実、実例証拠を、公式にまで、こいつら自身でも公開立証し続けなくてもねえ”冷静さを全て失い切り、国家権力権限を、テロ、犯罪に悪用三昧、之を自らも、公に立証し続けて居るんです」

私を粛清しよう、狙いの主体はこれでしょうが「私は正しいし、正しい事を、物理的、調査結果、法律によって証明出来て居ますが”司法犯罪国家権力は、憲法、法律破壊、カルトテロ集団だと言う事実、証拠を、自分達でも公けに表に出して、証明を重ねて居ます”」

そして「合憲、合法は犯罪だ、この実例、証拠を強権発動で公に、訴訟手続きで出も作り捲る一方で”同じ犯罪を、別枠で?犯罪許すまじ、法の下処断した”これも並行して、同じ司法、警察が行って居る訳です」

説明等付られる筈は有りません、同じ犯罪で、真逆の刑事、民事事件、訴訟上の扱いですから、同じ司法、警察権力が、ですから。

その上「傍聴人、訴訟関係資料代理提出者を”身元を洗い、思想信条等も調べて、法曹資格者、司法、法務省、警察が情報を共に持ち、悪用までしていると言う、頭は弁護士だと言う、事実証拠まで揃って居るんだから”最悪の司法、法務省、警察です、報道カルトも共犯ですし」

司法は、法治国家破壊が目論見

  • 2021/02/04 10:41

司法、法務省、警察(と報道なる洗脳、デマ喧伝、情報恣意的操作機関も)の実態、日本国憲法、法律、正しい社会常識、法で律せられる国家を、根こそぎ強制破壊させる、之を実現させている現実が、刑事、民事事件、刑事、民事訴訟法公式手続きでも、公式事実立証され続けて居ます。

目論見は「弁護士を頂点に据えた”司法犯罪テロ国家樹立”国家、国民、国民の私有財産等を、司法が独裁支配、自由強奪、粛正等し放題の国家樹立、之が目論見と言う、戦前の日本ですら、ここまでの狂ったカルト集団と同じ国内外テロ、は出来なかった事を、この連中は、21世紀の日本国で、現実に凶行しています、しかも」

公けに司法他公開、公務テロにまで狂奔し捲り「合憲、合法の根こそぎ蹂躙、破壊、司法が犯罪を指揮して、テロ、犯罪を適法と決定、判決を下し続けると言う、公式な事件事実、公式証拠実例が”私に関わる分だけでも”憲法から多数破壊して、通し捲っている事実、証拠の山です”」

それも「少なくても、同じ時期で有れば”合憲、合法破壊、司法テロ犯罪こそ唯一正しい、で統一すればまだしも”同じ犯罪で、適法犯罪だ、で強制力行使で、犯罪を成功させて、逃がしている事実、証拠と、憲法、法律を犯したな、処分、処罰だ、実例と”両方公式に作り続けて居るんです”」

その不整合、憲法、法律の意味も何も本当に理解も不可能、と言う司法他が自ら公式立証事実を「無能無知、まともさの欠如が極まり過ぎて居るから”理解出来もしない程度”と来ているんです」

人間、ここまでのテロ集団化を、公権力を凶行して、達成し続けて居て、理解も全く不可能な集団に、憲法、法律を持ち、法律業務、公務遂行、判断させる特権を与えられて、通されている事が、根本から間違って居るんです、国民も責任が大きいです、飾っただけの全能生神を、飾り通りと勝手に狂信して、合憲、合法破壊に加担もしているんだから。

司法テロにより、憲法から破壊続々

  • 2021/02/04 07:52

司法を名乗る、国内外相手のテロ国家権力は、刑事、民事事件、訴訟行為で、日本国憲法、関係法律の葉顔実現を、公式に実現させて行っています、私が関与して来た事件だけでも、憲法第11、29,32条他が、刑事、民事事件、訴訟行為で、公式破壊されています。

そして「これ等憲法、関係法律は、正しく遵守が必要、破ると刑事罰則が摘要だ、との、真逆の刑事、民事事件手続き、訴訟による決定、判決も、同じ時期に、真逆で出来て、出されています」

この公式事実、証拠にも寄り「法曹資格者、司法機関、法務省他、警察には”合憲、合法実現が、そもそも元から無い”憲法、法律、社会常識、遵法を根っこから壊して、ご都合主義だけで職権をテロ、犯罪に悪用して、強権を持っている故、通せているだけと言う事です”」

裁判を傍聴に来た人間と、裁判資料を代理で届けた人間を、裁判所書記官らは「身元を洗い、思想も調べて、法曹三者、司法機関、警察等で共に持ち、使っても居る、憲法違反処では無い、戦前の特高警察が幅を利かせていた時代、に戻して居る訳です、法務省、法曹権力、警察ぐるみで」

当然ですが、この独裁恐怖国家樹立テロには、主犯が弁護士!で指揮を執って居ると言う、司法犯罪が蔓延している根本原因、のこの事実も有りますから。

政党も行政も、弁護士を抱えて居る訳で、弁護士が指揮する国家テロ、憲法から根こそぎ破壊テロには、政党、行政も加担して居る訳です。

この国で起きている、指揮するのは弁護士、が事実の、法務省、司法、政治、行政、警察テロ犯罪、合憲、合法根こそぎ破壊テロに、国民はきちんと気付き、対抗する必要が有ります、合憲、合法破壊の実現が何を生むか、強く危機感を持たなければ、日本は崩壊させられます。

司法を名乗るテロ国家権力

  • 2021/02/04 06:38

@司法を名乗る憲法、法律破壊、テロ行為権力による、重大な人権蹂躙等行為”裁判所、書記官らが弁護士と内通し、傍聴人の身分、訴訟関係書類代理提出者の身分等を、弁護士に流している事実”に追加です”弁護士等に確認して、刑事裁判は、元々傍聴人の身分、思想等を、傍聴者を割り出して調べ、法曹三者、警察等で持ち、使って来た、民事もそうなって居るのは知らなかった、との事

                     令和3年2月4日

  〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
         (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
              TEL011-784-4046
              FAX011-784-5504
※法曹資格者、司法機関、法務省、警察組織等による、憲法第11,29,32条根底から蹂躙、関係法律も強制無効化事実、テロ行為が、民事裁判等公文書事件記録、証拠でも揃った訳です、カルトによるテロ、オウムの所業より悪質です

※札幌近郊各市、環境、市税、保護等介護事業、戸籍住民課宛、行政、市民の為憲法、法に沿った行政責任を果たす事、当社に全て任せず
秋元札幌市長、市議会議員全員、区長、総務部法務部所、市税、保護、会計、介護、障害福祉、戸籍住民
FAX011-218-5166 公的に認めた死人、保護費支給は詐欺
FAX011-218-5105 環境局、死人は相続権無し、家財相続不可
大谷直人最高裁長官 憲法第11,29,32条は無効、判例がFAX03-3264-5691 揃って居る、司法は破綻
上川陽子法務大臣、大臣官房、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 訴訟証拠でも上記立証済み
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 法廷に、隠しカメラ等設置?
植村実札幌高検検事長、地検検事正 傍聴者情報、裁判所共謀取
FAX011-222-7357 取り、弁護士にも提供?
小島裕史道警本部長、1,2,3,4課、生活経済、保安、公安課長
TEL、FAX011-251-0110 違法入手市民情報弁護士へも提供は?
FAX011-736-1234 道地方環境事務所
FAX011-709-8786 道労働局、各労基署長
FAX011-232-1156 振興局環境生活課

1,上記の通り「札幌地裁平成31年(ワ)第151号損害賠償請求事件で”両親の遺産預金、預金窃盗指示、行為者義兄姉、弁護士の訴状記載、書記官は傍聴人の身元、訴訟書類代理提出者の身元を調べ、弁護士に流して、公式使用させている”事実を持ち、弁護士等に確認して”元々刑事裁判では、傍聴者等の身元調べ、思想背景等を洗い、法曹三者、司法機関等で所持し、使っている、民事もそうなのは知らなかったが”との答えも得て有ります、重大な国家公務員法違反、人権蹂躙を、司法が行って居ると言う事実も証明しました“民事訴訟の訴状で、弁護士が書き、書記官らも認める”です、憲法第11条等の重大な侵害、司法によるテロ行為、弁護士の実際は、国家権力として国民の権利を蹂躙、と言う証明です、この真実が有り、憲法第29,32条根こそぎ蹂躙テロ、指揮は主体弁護士で、国中で行われて、司法、警察挙げて通されて居る訳です」

2、貼付したのは「札幌地裁平成31年(ワ)第151号損害賠償請求事件の判決文の最後です”昨日までの書面記載、義父端の遺産預金、預金窃盗被害金回収、保全を求める訴訟、遺産土地建物、残置物調査、負債解体、処理費算出、正の遺産で処理先行用、家屋鍵引き渡し、調査用の求、全て不当な訴え提起で、不法行為であるから、上記違法行為者は正しく、被告4男、私は、上記犯罪行為者に慰謝料支払いせよ、との確定判決写しです”」

2、裁判官は、武部知子、川崎直也、先崎春奈となっています「平成27年~31年の間の、最高裁大法廷最終決定、民法第896条等を過去に遡り必須で守り、被相続人死去時で包括遺産保全、相続権者全員の包括相続遺産で扱う、之は最終決定である、に背いているし、他者の貯金、遺産預金横領で弁護士、司法書士、行政書士逮捕、阿部〇〇送致、令和2年から、特殊詐欺だのでっち上げて、他者預金横領者摘発、送致、刑事裁判に付している事とも相反した判決です」

3、又「父母の遺産土地建物、残置物を「解体工事、残置物調査、適正処理出来る業者が、相続人の依頼を受け、これ等調査、費用算出(効力3カ月以内)先行相続を終え、正の遺産で負債処理、之を求めた4男、妻、請負業者当社は犯罪者、との判決等ですが、昨日の新聞記事”法を強化して、遺産土地建物、残置物、廃棄、汚染物等も相続させ、処理させる、3年以内に果たさなければ罰金を科す”等、元々これを定めて有るが、罰則無しと、司法が法も知らず、これ等を相続事件に持ち出すと、上記の通り犯罪扱い等で蹴って、子孫に付けを強制的に回して来た、この事実を、罰則により潰す為の法整備記事とも、真逆の判決です」

4,先ずは札幌市「沼〇〇子は”自己申告と、公的機関、司法も認めた、死人ですから、死体遺棄罪になっており、先ず平岸で火葬が必要、保護費は当然詐欺支給です、又、死人には相続権は無く、家財等相続決定審判は、完全な訴訟詐欺です、この家財犯罪処理請け責任も、必ず取る事”東田課長は言いました、例え犯罪でも、市が所管法律、所管業務を使い、犯罪物焼却で証拠隠滅している、証拠が無くなるから、犯罪は証明出来ないと、その通りです、沼〇氏の死体は、火葬が必要ですし、保護費詐欺、訴訟詐欺責任は、正しく負わねばなりません」

5,記載先「遺産金、遺産建物(解体が必要な建物)遺産物品は、合法に相続が必須で、家屋解体工事、遺産物品廃棄処理共に、この請負が出来て、負債遺産証明出来る業者以外扱えません”遺品整理屋、便利屋、運送屋、古物商、不動産屋、弁護士、司法書士、裁判官、裁判所には、扱える法律的権利無し”この事実への、行政責任での対応、現状犯罪に加担責任共合わせ、回答を求める”司法、警察、法務省、上記司法、警察等憲法、法律蹂躙テロ行為事実について、憲法、法律蹂躙決定、判決を出し、通せる根拠回答せよ」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年02月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5317808
ユニークアクセス:4503095
今日
ページビュー:215
ユニークアクセス:206
昨日
ページビュー:1149
ユニークアクセス:1105

Feed