エントリー

2021年05月の記事は以下のとおりです。

過失致死傷事件

  • 2021/05/31 14:28

   @過失により、人を死傷させた場合の刑事罰則と、加害者が注意すべき点、概略

                                 令和3年5月31日

;刑法第209条、過失致死罪

30万円以下の罰金刑、又は科料

;刑法第210条、過失致死罪

50万円以下の罰金、又は科料

;刑法第211条、重過失致死傷罪

5年以下の懲役、或いは禁固刑、100万円以下の罰金

1,多くの過失致死傷事件の場合”単純過失致死傷罪(業務上、自転車を含む、運転処罰法適用等以外)は、ほぼ不適用”大半は、人を死傷させた原因に付いて、簡単に予見出来る注意義務を行った、予見出来る原因への対策を怠った事件で有るので、懲役、禁固刑が科せられる、重過失致死傷罪が適用されます。

2、この事件加害者となり、事件後加害者側で、被害者、捜査機関相手に、特に相手に重傷を負わせる、死なせたら、身内等相手と捜査機関相手に、加害者無責、加害者責任はほぼ無い、等で争うと、再犯の恐れと、証拠隠滅の強い恐れにより、逮捕、最大23日拘留される恐れが大きいです、犯行事実、証拠と、犯人特定されて、犯人が無責等で争うと、正式刑事裁判に移行して、重い刑事罰が科せられます。

3,傷害罪、傷害致死罪、重過失致死傷罪が、正しく証明されている場合「加害行為事実を認めて、被害者に慰謝料支払い、被害で生じた賠償金支払いを行い、出来るだけ刑の軽減を得るのが、特に重過失致死傷罪適用の場合、良いでしょう」

4、今回の、重過失傷害罪事件(治癒まで年単位の重症)で、加害者加入、個人賠償特約損保が、この損害保険個人賠償特約が適用される、だが”加入者、加害者の意思に拠らず、弁護士費用を先ず出す、損保が送る、弁護士委任状に署名、押印して返送する事、加害者責任は軽い等と、公式に、被害者等相手に争うので”との、白紙弁護士委任状送り付けに応じると、上記事態を招くでしょう。

5,加害者、個人賠償責任保険加入者は、加害者責任を、文書等でも認めており、被害者に謝罪していて、個人賠償特約も含めて、被害賠償金支払いを、正しい被害証明によって行って、情状酌量を得て、罪を軽くしたい、こう個人賠償損保に、何度も伝えているとの事です「この損保と、白紙委任状送り付け、白紙委任(事件不記載、相手方不記載、委任、受任事項委任者の意向無し)を、委任者の意思を潰して行っても居る行為は、下記刑法の適用と思慮出来ます」

;刑法第223条1項、強要罪

3年以下の懲役刑

適用要件、相手方、親族等に対して、脅迫等行為も持ち、相手方の身体生命、財産に危害を加える、等告知などする、知見に沿わない行為(加害を認め、賠償する意思の、法を犯した阻害行為)を強要する場合に適用されます。

6,この後は「加害者自身の意思で”重過失傷害加害責任を認めて居る上で、理由なく刑事、民事で共に争い、刑事訴訟法手続きを主体で争う”か、強要行為阻止に動くかでしょう、個人賠償特約は、既に稼働されたので、適用は確定ですが”この特約は、加害者の賠償責任による、賠償金支払いを果たし(中間払いも)債権譲渡を果たし、個人賠償特約に、正しく請求する、これが正しい手続きです、仮支払いを願います”」

7、今後の再犯防止等対策も含めて、不当に争わされれば、重大な責任が科されるのでは無いでしょうか?当方で、頼まれた事は、事態悪化を防ぐ為、果たす所存です。

報告です

  • 2021/05/31 10:51

小樽市幸2丁目18-44国有農地と、隣接する18-39民有宅地に、道庁、後志振興局が、確信犯で過去から、産廃等廃棄物瓦礫を、違法と承知で投棄させ続けて来ている事件、ゼンリン、グーグル航空写真マップと言う、過去の現地の状況複数証拠も手に入れたし、次の手を打ちました、打った手の確認も。

;小樽警察署生活安全課には”ゼンリン、グーグル航空写真マップ証拠もプリントした上で”産廃等瓦礫違法投棄、違法埋設が、次々重ねられた証拠の航空写真を持ち、現地に捜査に行き”違法投棄、違法埋設の証明を果たして下さい、等要請しました。

ゼンリン航空写真地図では”畑になっている場所、18-39土地で、18-44国有農地と接している場所の一部も、農業で使われています”産廃瓦礫不法投棄、埋め立てされる前の、動かぬ証拠写真です。

この辺りに付いて、グーグル航空写真マップ、ゼンリンのよりだいぶ後の年度の航空写真でも”同じ場所、グーグル航空写真の年度には、18-44国有農地との間に、18-39民有宅地が、幅4メートル有る場所”は、V字に下がって居ますが、今は、産廃等瓦礫で埋められて居ます。

この住宅は、平成13年度か、翌年に竣工して居ますから「18-44国有農地と、この住宅地の間の、18-39民有宅地の窪みは、平成15年以降に違法に産廃瓦礫等で、道庁が主犯で、民間に埋め立てさせて来たと言う事です」

この場所より下、違法造成坂道道路の下の方も、ゼンリン航空写真、グーグル航空写真より、18-39民有宅地への、産廃瓦礫違法投棄、埋め立て範囲が広げられています、道庁が主犯の、環境犯罪行為被害拡大です。

現実に、物理的にこの一連の、道庁が主犯環境犯罪は、物理的な証拠が、大量に揃っていますから、言い逃れられる訳が無いのです、道庁による、巨大環境犯罪は、もう逃げられません、誰でも事実確認出来ますし。

損保と弁護士共謀犯罪、証拠が追加で

  • 2021/05/31 07:44

過失傷害罪、重過失傷害罪(刑法第209,211条)事件の加害責任者は「個人賠償特約に加入して居まして、この特約が、正しく適用される、これは”損保が、弁護士特約で弁護士費用を出します、個人賠償特約が適用の案件なので”と、加害者、加入者に要求している、伝えた通りです」

加害者、加入者は「これから刑事事件捜査開始なので”加害責任は無い、被害者過失が重いと争うと、重い刑事罰が科せられる、自分は罪を認めており、賠償金を保険でも払って貰い、刑事罰を出来るだけ軽くして貰う”弁護士を就けて、加害責任逃れで争う気は無いです、と、損保に伝えていますが」

損保、弁護士に、刑事事件の正しい手続きも、分かる訳が無いし「人身交通事故事件用、自動車運転処罰法特例、軽い怪我であれば、刑事罰の適用を除外する、この特例”だけ”を、主治医に診療記録、診断書捏造、事実無視で、常に一週間の加療が、何かの怪我で必要、このでっち上げ診断書を常時作成、使い、片っ端から加害者無責で勝利、この手が、過失傷害罪、重過失傷害罪事件、刑事一課強行犯捜査事件でも、同様に通せる、事件後20日以上経過した、加害者は無責で逃げられると、勝手に思い込んで」

損保と弁護士は「加害者に対して”公式に、過失傷害、重過失傷害加害責任は無い、被害者責任等が重いと争う用の、弁護士白紙委任状に署名、押印しろ!被害者名無し、委任時効委任者の言無視、公式に争う用の委任状”を、無理やり加害者に送って来ました」

加害者を「重い刑事罰適用に、強引に落とす為に、加害者の意思も無視して”違法を重ねて、刑事事件、民事事件で、加害者無責、軽微な責任だと、根拠証拠無しで”強引に争う為の、違法を重ねた弁護士の委任要求、強要行為です」

こんな委任を行えば、当然ですが「重過失傷害事件の捜査は”重い刑事罰則を、加害者に科す前提で、正しく事件事実と、主治医への捜査が、刑事裁判実施が確実ですから”これから長い日数掛けて、行われて行きます」

この現状で有れば「通常は、逮捕されて、拘留されますし”被害者相手の不当な脅迫、恐喝行為の追加ですから”罪状が増えて当然です」

農水省、道庁犯罪も、正しく証拠が揃い続けて

  • 2021/05/31 07:28

小樽市幸2丁目18-44国有農地と、隣接している、18-39民有宅地に、急勾配の坂道道路を、産廃瓦礫等で違法造成、拡幅等を、農水省、北海道庁が、民間の犯罪者の、この犯罪行為公認、加担に走り続けて来て、当社が動いた昨年前半まで、この犯罪を続けさせて来て居ました。

北海道庁、環境省、小樽市役所は「廃掃法の所管権限は、北海道庁に移管して有るから”北海道庁が、産廃等投棄事実は無い、どんな物質が投棄されて居るか、道庁は証明せず、産廃等不法投棄事実は無い”と、公文書を出したから、廃掃法違反、不法投棄、不動産侵奪は無い!」

こう、法律度外視で言い張り、農水省、北海道庁環境犯罪、不動産侵奪犯罪は、存在しない犯罪で有る、と強弁して居ますが。

農水省、都道府県庁って”農業関係の法律、実務も所管して居る訳です”つまりこの事件で、農水省、北海道庁は”見ても分かる産廃、一廃等瓦礫を、国有農地、元畑だった民有地に投棄した事を認めて居る上で、農業に正しく適した土壌材だ!

こうも公に決定して居ると言う「農地法、食品衛生法違反ですが、法律で定められている、廃棄が必要な産廃、一廃入り土砂で、農業用地を違法埋め立てている所業は」

公文書一枚に「産廃、一廃入り瓦礫で、国有農地、民有宅地、元農業に使って居た土地を、違法に投棄、埋め立てさせて来ているが、違法は存在しない、見ても、掘削しても証明出来ている、産廃、一廃混入掘削土砂の、違法投棄は合法である、これで逃げられる気だったのですが」

ゼンリン過去の航空写真マップに、グーグル過去の航空写真マップ証拠も有ります、違法に埋め立てられた事実が、この航空写真証拠でも、追加証明されています、逃げ道は無い証拠ですし。

18-39民有地で農業を営んでいた人も、既に確定して有ります、長年に渡り、廃棄物入り瓦礫を違法投入して来て居る事は、もう言い逃れ出来ません。

しかも「農水省、道庁は”産廃、一廃大量混入瓦礫違法投棄は、農業に適した土壌材の投棄だ”とも、公式に決定して居ます、農地法での決着も、これで必須となって居ます」

嘘の破綻、行政犯罪です

  • 2021/05/31 06:01

@ゼンリン、グーグル航空地図写真で”小樽市幸2丁目18-44,39他地区の、過去の土地状況が証明出来ています”18-38土地は、元は畑、18-337、現在山田宅土地、土地の横、国有農地脇も畑、山田宅建築後も、国有農地との間土地は埋まっておらず、違法造成道路は今より狭く、草木が茂って居ます、知事、道庁犯罪、違法に産廃等瓦礫投棄、埋め立てが追加証明されています、民有地産廃瓦礫投棄、違法侵奪の回復権を、正しく行使します、確たる環境犯罪です

                                  令和3年5月31日

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                       (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※別紙の通り、北海道農政事務所にも、農地適格土壌、物質とは、への回答の求めも出して有ります”違法投棄されている物質は、当然不可です”農作物が汚染されるし、耕作不可です

農林水産省農地管理課 本間担当
TEL03-3502-6445 上記航空写真で確認せよ
FAX03-3592-6248 国有農地産廃埋め立て追認責任確認
鈴木道知事、道議会、石狩、後志環境生活、農務課、全国に重大影響
FAX011-241-8181
FAX011-232-1156
小樽市長、市議会、塵減量森、都市計画水上
FAX0134-32-5032 産廃瓦礫大量投棄が違法、原状回復強制が正義
中村裕之衆議院議員小樽事務所,河仁担当
FAX0134-21-5771 地図マップ二社で事実確認下さい
秋元札幌市長、市議会、環境局
FAX011-218-5105
札幌方面小樽警察署 署長、生活安全課、田中巡査部長後任
TEL0134-27-0110(272)

1、ゼンリン、グーグル航空写真マップ、ゼンリンは18-337、山田家建築前の写真では、18-39(山田宅場所も)宅地は畑で耕作されています、山田宅建築場所は”18-44違法造成国有農地際まで畑です、過去、18-44国有農地の逆側、18-39宅地際宅で農業地で使用して居ました”その先は緑地が、畑との間に有ります。

2,グーグルマップ航空写真は、山田宅建築後に撮影された写真で、山田宅と18-44国有農地の間は、広くV字に下がって居ますし、その先坂下方向18-39民有宅地、18-44国有農地の横は、草木が茂って居ます。

3、この二種の航空写真マップ、年度違いの航空写真によっても「農水、道庁は、民間に、18-44国有農地と、18-39民有宅地に、多分当社が動いた昨年前半迄、産廃瓦礫違法投棄、違法な道路造成を認めて来た、現状の、この二土地への、航空写真撮影後の、現在までの土地状況との違いが証拠ですが、産廃瓦礫大量投棄追加に加担、山田氏証言が裏付けられても居る、と言う事です」

4、この証拠も加わりましたので「農水省、道庁環境犯罪、国有農地だけで無く、18-39民有宅地へも、昨年まで印鑑の犯罪行為者と共謀して、産廃瓦礫等を、次々大量投棄させ、違法民有地も埋め立て、環境犯罪、民有地侵奪犯罪を重ねさせて来た行為事実に付いて違法な産廃瓦礫等投棄証明と、違法瓦礫等撤去工事、合法な現状回復土木工事を、法律に拠って実施致します、物理的環境犯罪証拠は、目視、掘削により、更に証明出来ます、言い逃れ出来ない、農水省、道庁環境犯罪証拠実例です」

5、環境省、小樽市長「産廃に係る法律所管権限が道庁に有る、如何なる廃棄物投棄も、道庁が合法と文書を出せば、産廃、一廃から除外で決定との事ですが”農業適地、適した土壌の可否等も、道庁が所管しても居ますが”産廃瓦礫土地で農作物を育て、売る、食する事は禁じられています、重大な健康加害行為です”18-44国有農地、18-39民有地に不法投棄産廃瓦礫で、当地も含めて、当社で農作物を植えても見ましょう、畑起こしは、瓦礫等で不可能ですが、農業適地”自然農法作物”の筈ですよね」

こう言うロジック

  • 2021/05/30 16:57

人身交通事故事件では「新しい闇のからくり、加害者無責をほぼすべての人身交通事故事件で適用とさせて、加害者の刑事、民事加害責任を抹殺して、今は上手く成功してだけいる( ´艸`)現実です」

皆様方ご承知でしょうか、次の法律改定で、作られたロジックの事を。

@平成26年新設、自動車運転処罰法

;自動車を運転して、人を死傷させた者は、7年以下の懲役刑、又は100万円以下の罰金刑に処す”但し、被害者の怪我が軽微な場合は、刑罰の適用を免除する( ´艸`)”

このロジックを作って有るが、平民はほぼ知らないから“人身交通事故事件は、原因不明で一週間の加療を要する”この、闇で決定させて有る診療記録、診断書以外、作成、行使させないからくりなのです。

実際に負った、車によって加えられた怪我の程度、治療に要する期間を”主治医への闇診断以外認めて居ない”捏造診断が常で絶対を用い、どんな怪我でも、一週間の加療を要する、原因不明の怪我である、この偽造捏造診断、診断書のみ作成、行使の手で。

交通事故人身加害者は、無責である、この警察、司法犯罪が「損保が賠償踏み倒しを、常時成功させられて居る、絶対の武器用で、常時捏造され、公文書化されてあると言う、ロジック、からくりです」

この警察、司法が、損保の下僕化し切った事実を持ち、損保賠償常時踏み倒し達成目論見「実際の怪我の程度など無視、無責の加害者を救済する為、受傷原因不明、一週間の加療を要する、捏造でこれ以外作って居ない診療記録、診断書作成から、被害者は自身の権利を守る為、潰す手を講じなければなりません」

先ず必要な事は「交通事故が原因で怪我を負った後”受診して、車によって怪我を負わされた、どう言う怪我なのか、今の段階では分からないので、こういう交通事故で怪我を負い、治療している、とカルテに必ず記載して下さい”今後治療、検査をして行き、一定期間経過する、検査結果が出るとなってから、診断書作成願いますから」

この手を講じるべきです「自動車運転処罰法のロジック”軽い怪我である、処罰を免除する”これをほぼ、詐欺手法で適用されて、加害者無責が常で逃げられている、被害者不当潰しの実態から逃れる為に」

正しく法律を適用であれば、間違いの無い犯罪の追加

  • 2021/05/30 14:40

交通二課に、交通事故事件限定で、対物、対人事件の捜査縁を移しました「車が原因の加害被害事件は、加害者には、加害行為責任は無い、加害者は無責であるので”刑事一課強行犯から、刑事事件捜査権を切り離して”車による加害行為事件は、加害者に加害責任は無い、これを大前提とさせて、加害者の無責を証明する、法律と異なる捜査事件扱いを根本とさせる悪は被害者、加害者は、被害者によって、不当に加害者とされた故である」

又「加害者は、実は無責なので”被害者の、特に人的被害に付いては、人的被害は無いと言う、医学と科学、物理的事実立証は不要な、事実と違わせた立証、捏造での事件証明?を常とさせる事”加害者は無責、被害者によって刑事事件加害者に落とされた、実は被害者なので、このでっち上げた事件証明、捏造こそ正しいのだ」

特に人身交通事故事件の扱いは「被害者と言う悪が”長期の療養が必要だ、等を立証出来ないように”事件後すぐ、一週間の加療を(受傷原因、理由は無しとさせて、交通事故以外が原因、となるようにです)要すると、常に、重い怪我でもこの診断を必須とさせて通す事、後は」

事件後二週間以内に「必須で調書を”加害者が負った賠償は(事実無根で)加害者加入損保が負います”と、加害者損保の特定と証明せず、根拠無しで、常時被害者を騙して作成、事故状況も、実際より思いっきり軽い事故と捏造と合わせて、この偽造、でっち上げで事故後20日以内位までに、この出鱈目事件調書で送致する」

後は「数か月以上治療が必要な受傷を”このでっち上げ事件構成、捏造証拠、重い怪我を負った交通事故被害、この証拠隠滅も成功させて有る”闇でこれだけを、常時成功させて有り、人身被害は無し、軽微だった、よって加害者は、闇設定どおり、ほぼ無責が証明された、被害者が言う、長期療養の怪我は嘘、悪の被害者を追い込んで、加害者が賠償もせず逃げられるように、任意損保、弁護士、検事、裁判官ぐるみ、追い込んで潰して居る、こう言う構図として有ります」

この手口を、個人賠償責任保険でも、刑事一課強行犯が事件の捜査を担う事件では「人身交通事故事件のように”加害者免責、被害者の怪我等は嘘、人身加害行為全てで、人は死傷したりしない”こう言う、主治医に人的加害行為が原因、原因と思われる理由全て記載させず、又」

傷害罪、傷害致死等事件では、刑事、検事に「主治医への”死傷原因の補完捜査を行わせない”人身交通事故事件の鉄則、加害者無責を成功させる為、この手も仕組まれて居ないから”他者の身体、生命に対する危害行為で、他者が死傷する事は無い、この闇設定にもなって居ないから」

損保、弁護士、加害者の意思でーお前が怪我を負ったのは、加害者が責任を負った加害行為が原因では無い、お前の怪我は、加害者の責任では無いから、刑事、民事責任は負わない、賠償する必要も無い、分かったか!

この「人身交通事故の定番行為は”他の傷害事件で手を染めた場合、脅迫、恐喝罪適用の犯罪です”当然ですが”主治医への、人身加害行為事実の補完捜査もしますし、身体への加害行為原因の立証も、正しいに近く行われて、証明されますから”加害者は無責、被害者こそ悪、被害者は、人的加害攻撃、行為を受けても、死傷する事は無いと、主治医、警察、司法が常時捏造して通す、は、人身交通事故事件以外、刑事一課強行犯扱いの人的加害、被害刑事事件で有れば、仕組まれて居ません」

なので「人身加害交通事故事件で常とさせて有る”加害者無責闇設定、これを通す為、人身被害者が負った怪我も、軽微、虚偽、根拠無し”と、主治医に捏造させて有り、捜査で主治医に、怪我の原因補完捜査を、絶対させない、しないからくりも、他の人身加害事件では、作られて居ません」

交通事故人身加害者は無責、捏造を重ねてこれを常時事実と偽装、結果、車で死傷させれば、無責かごく軽い罰、収拾不能に

  • 2021/05/30 08:50

任意自動車保険事業が「犯罪者擁護の損害保険なのに、認められた理由は”交通事故が原因で死傷者を出す事は無い”と、医師を治療記録、診断書作成で、国中でこれだけしか行わせない、闇の手を売って有り、よって」

人身交通事故事件の証拠、捜査記録には「交通事故が原因で、こう言うけがを負った、死亡したと、診療記録、診断書記載無しと、刑事、検事による、主治医相手の医療方面調査無しを常時の手が、闇で仕組んで有るから」

現実として「医学的証拠を踏まえて、交通事故が原因で死傷した、刑事事件は、原則無いように、多数の、大半の人身交通事故事件で、捏造して、確定させて有ります”この捏造常時成功は、主治医を従わせて有る、診療記録、診断書に、交通事故が原因、原因と、こう言う根拠で思慮出来る、と言った記載を、絶対と言えるだけさせて居ない”この手と」

交通事故が原因の死傷事件は「事故状況捏造、事実無視で軽微な事故、と常時捏造して居る上”主治医への、交通事故が原因で死傷したか否か、裏付け刑事、検事の捜査を故意にしない手口”を組み合わせて有り」

原則「交通事故が原因で死傷した事件は無い”医学的証拠無し、事故捏造証拠上、交通事故が原因で、死傷した可能性も、いくばくかあるやも知れないが、主治医の記録上も、交通事故が原因で死傷の可能性等、証拠も無い”よって加害者は、常に無責、任意自動車保険事業は、加入加害者が無責常時故成立なので、賠償支払い責任は、一件も有る訳が無い、加害者は全権無責故、任意自動車保険事業許可が出たのだから、と言うロジックが組んで有ります」

この、国家権力でっち上げ犯罪、交通事故事件で有れば「死傷者が出る訳が無い、交通事故人身事件、山のような事件証拠が示す通りだ、テロ犯罪が行き過ぎてしまい」

どんな状態で運転して居ようと「車の事故で死傷する訳が無い、これ以外通せなくなり果てた訳です、泥酔しようと、無免許だろうと、運転に支障が無いと言う事にして、これ等は事故と無関係で、強制扱われ”要は、車が起こした事件だから、運転がどうかは無関係で、死傷する訳が無い”で常時強制決定だけ通して来て居る、闇の設定に倣って」

ここに行き着き、収拾不可能に陥り続けてしまい「危険運転致死傷罪、を作って”自動車による死傷事件は原則無い、加害者は無責、被害者が悪”の闇でっち上げ設定を”危険運転致死傷罪適用に限り?消して、加害者無責前提でっちあげも、適用外とさせ始めた訳です”」

この二律背反で「交通二課の出鱈目捜査、交通事故で死傷する事は無いと、主治医共々捏造常時と、危険運転致死傷罪が適用と、後で決められた事件の捜査、加害者無責と捏造で、でっち上げ捜査、加害者加害責任あり、で扱われると決められた事件が、完全に拙くなり続けて居ます」

何しろ「危険運転致死傷罪が、後で適用と決められれば”主治医に交通事故と、死傷との間の因果関係、記録上無し”捏造と”交通事故が原因で死傷したか否か、裏付け捜査故意にせず”の手が、拙くなってしまいますから」

危険運転致死傷罪の適用事件は、以外の人身交通事故用、でっち上げた、加害者無責を捏造用捜査証拠、記録と違い「加害者有責が根本、なのだから、完全に矛盾に陥って居る訳です”危険運転致死傷罪適用で扱われるなら、主治医への医学的、交通事故が原因で死傷したであろう、補完証拠作り捜査が必要となるし”以外の事件は、故意に主治医への補完捜査せず、交通事故で死傷者は出る訳が、過去の事件これで捏造実例のみ、に沿い、無いとでっち上げが破綻して行っているので」

危険運転致死傷罪適用事件、自動車保険適用の事件と、個人賠償適用刑事事件により、人身交通事故事件は存在して居ないと、過去ずっと、主治医の治療記録、診断書から偽造だけ認めて、証拠偽造で偽れて来た、警察、司法犯罪事件捏造常時が、完全に対立、矛盾の極致に入った、に陥って居ます。

同じ闇の設定と、損保と弁護士は考えて居ると

  • 2021/05/30 07:32

傷害罪、傷害致死罪事件で「人身交通事故事件以外は、交通二課では無くて、刑事一課強行犯が事件捜査を担って居ます”ですから、加害責任者は無責、被害者の不当により、加害責任を、刑事、民事ともに負わされた、実際は被害者である、悪は被害者だ”このでっち上げ犯罪設定は、闇で作って有りません」

ですから「個人賠償責任保険、特約が、傷害、傷害致死事件加害者の事件で、偶発的事件で、加害者責任が生じた事件で適用となったと言っても”加害者は免責、実際の悪は死傷した被害者だ、損害保険個人賠償は、加入者、加害者が無責、正しい行為者だから、この損害保険商品を作れて、適用出来るんだから”実は加害者は無責、死傷した被害者こそ悪人と、人身交通事故事件同様、闇設定が有ると錯覚して、被害者を恐喝、脅迫に、損保、弁護士が走るけれど、闇の設定が無い状況です」

この所業は「損保と弁護士による、違法極まる被害者恐喝、脅迫です”加害者は無責、被害者の死傷原因は、個人賠償が適用となる事件が原因と、一切証拠も無い、加害者は無罪だ、医学的証拠も何もないからだ”と、交通二課の出鱈目捜査、主治医の捏造常時診療記録常時これで統一と、個人賠償特約適用の、他者を死傷させた加害事件でもされて居るんだと、勝手に考えた、損保、弁護士恐喝、脅迫勃発と言う」

で「人身交通事故事件用”加害者は無責、被害者、死傷被害者が悪だと、警察、主治医がでっち上げて有る”設定と違ったと、損保、弁護士恐喝、脅迫実行が拙くなり」

損保が弁護士費用を出して、加害者の意思で弁護士を動かして「死傷事件責任は無い、責任は軽微だ、被害者が責任を負って居るんだ、刑事、民事共に、これで争う!と、被害者と警察相手に戦わせようと、方向を変えた訳で」

当然ですが「加害者が乗れば”人身交通事故事件用の、自動車事故で死傷する事は、常時捏造して有る、人身交通事故が原因で死傷した事実は無い”診療記録、診断書以外無くさせて有る、警察、主治医、司法犯罪とは全く違いますから」

傷害罪、傷害致死罪事件で刑事一課強行犯は「事件の実際の事実立証に、死傷原因の医学的立証に、徹底して捜査を行う訳ですし”不当な加害者による、被害者恐喝、脅迫事件、理由は、加害行為責任逃れを、被害者を泣き寝入りさせて成功させる目論見”の事件も、加えて捜査となったりします」

人身交通事故犯罪闇設定、事件ほぼ、交通事故で死傷した実例も無い!加害者は無責、被害者が悪人、犯罪者である、加害者に刑事、民事責任は無い、正しい事件捜査も、絶対せず常時これで通して有る、とは違う結果となるでしょうね。

交通事故で死傷者は出ない、この法螺を常時成功させるべく、交通二課捜査特例を

  • 2021/05/30 07:05

自動車事故の場合「死傷者が出る訳が無い、車の事故で、死傷者が出る等無い、何しろ”交通事故が原因で怪我を負ったと、絶対に診断させない、主治医は見て居ない、交通事故が原因と分かる訳が無いから、怪我の原因が交通事故だと、絶対にカルテ、診断書に欠かせない不文律を、闇で作って、常時通して有る”人身交通事故事件の場合、主治医の治療記録、診断書には、公言う闇のからくりによって、証拠価値等無くさせて有る」

こう言う、警察、司法が、損保の下僕化し切って居るから「損保が賠償の大半、特に任意対人賠償は、基本踏み倒す為用の、主治医は国中で”交通事故が原因で死傷したと思える”等治療記録、診断書記載をしない事の徹底、これが果たされています、交通事故が原因で死傷する事は無い、用に”主治医の治療記録、診断書を、強制的にも作成させる事だけしかさせて無い、つまり」

交通事故が原因で死亡したや、交通事故が原因で重い怪我を負った、重い後遺症を負った事を、主治医に対する「診療記録、診断書の記載から”交通事故が原因、交通事故が原因と思われる”この記載を、強制的に省かせて有る、見て居ないのに、原因が分かるか、だから交通事故が原因との記載は、徹底して省け、との圧力で、日本中の主治医が、交通事故が原因の、交通事故が原因と思われる死亡事件、重症被害事件実例は無い、この虚偽状況を生み出して有る事を、絶対の武器で通せて居る訳です」

ここまでの設定「交通事故が原因で死亡した、受傷被害を負ったと言う”医学的証拠は無い”状況を、権力テロで作って有るから、任意損保の下僕に堕ちている故、作って有るから」

元偉い役人さんが「プリウスで暴走して、二人ぶつけられて死去しても”交通事故なのです、死傷する訳が無い”大元の設定ですから、無責主張して、当たり前な訳です、交通事故を起こしても、死傷する事は無いように、多数捏造実例を作り続けている通りなのですから」

人身交通事故受傷被害者とされた人達は「ほぼ”実際の怪我の程度無視で、何かの怪我等で、一週間の加療を要する”このでっち上げ診断書内容を、どれだけ重い怪我であろうと絶対と、合否無く決定されています、実は無責の加害者が、刑事、民事責任を、事故加害程度無視で、ほぼ負わず逃げられるように、この目論見の国家権力の罠に、大半の被害者は、落とされて通されています」

ページ移動

ユーティリティ

2021年05月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745526
ユニークアクセス:4919403
今日
ページビュー:2751
ユニークアクセス:2707
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed