エントリー

2021年06月20日の記事は以下のとおりです。

人を死傷させた事件、重大な犯罪行為ですが、損保が賠償を踏み倒せる為に、傷害、傷害致死犯罪抹殺常時

  • 2021/06/20 16:29

他者の体に、物理的な加害攻撃を加えて、怪我を負わせた、死なせた事件、重大な犯罪行為ですが、加害行為者、被保険者である加害責任者が、傷害、傷害致死行為により、被害者に対して負った、損害賠償金を、損保が補填するので。

刑事事件の捜査を、常時でっち上げ、捏造を武器とさせて、傷害、傷害致死被害は証明せず、人に危害を加えても、人が死傷した、と、刑事事件捜査内容、証拠(を故意に作らないので)では、基本どの傷害、傷害致死事件でも、証明されて居ない、よって「他者の人体に危害を加えた加害行為者は、刑事事件捜査内容上、無責であるので、損害賠償責任も無し」

こうでっち上げ、捏造し捲り、損保が賠償を、法律に拠らず踏み倒せています、警察、司法、法務省、医療が、ここまでの権力テロ、犯罪を、損保の下僕に堕ち切っており、日々凶行して、事実と捏造して、決定を重ねています。

損保が、傷害事件、傷害致死事件の捜査から指揮を執れていて「他者の人体に、物理的な攻撃を加えても、人が死傷した事件は、刑事事件捜査記録、証拠上無いと、違法捜査、違法な検事の決定、違法な裁判官決定、判決で”常時捏造して、決定させて有る”ので」

傷害行為者、他者の人体に、物理的な攻撃を加えて、死傷させた加害行為者、加害責任者は「損保が傷害、傷害致死事件加害により、加害責任者が被保険者、賠償責任者故、損保が賠償債務の補填が必要となれば”他者の肉体に、物理的な攻撃を加えても、人は死傷する事は無い”と、捜査機関、警察、司法が、主治医と共謀もしており、偽りですが、事実と刑事事件捜査、証拠ででっちあげて、検事、裁判官が、第三者行為傷害で、被害者が死傷した証拠、事件は無し!と、権力テロに走り、決定を常時下して呉れて有るんです」

結果、実際の総指揮を執って居る、損保と提携弁護士、と言う構図が物を言い、上記巨大権力テロが、日本中で成功させられて居ます、この犯罪捜査証拠が、損保の最高の武器、自由に賠償を踏み倒せている、最高の武器と言う事です。

人の肉体に、どれだけ強い、悪質な危害を加えても、被害者が死傷した事件、事件証拠、記録は、実際無いに等しい、刑事事件の捜査証拠、結果が常にこうだ、被害者は、賠償金欲しさに、肉体への危害を加えられて居る、との嘘を吐いている、詐欺犯罪者だ、警察、司法他は、他者の肉体に危害を加えて、死傷させた事件も「上記テロを常時凶行して、人は人体に危害を、幾ら加えられても、死傷する事は無いと、公に、常時捏造を重ねて、損保が賠償を踏み倒せる用、権力テロを凶行三昧しています」

傷害、傷害致死罪適用犯罪も「犯罪では無いと、損保が賠償せず通せるように、強制刑事事件捜査捏造常時、これに狂奔しており、この捏造事件証拠、記録写しを損保、提携弁護士に差し出して、損保による正当な賠償を、自由に踏み倒し放題出来ています、人権等塵、と言う実態です」

zxcvb

  • 2021/06/20 08:28

                 @重要な伝言事項

                                 令和3年6月20日

送信先
FAX011-〇〇〇-〇〇〇〇

個人賠償特約損保の要求事項を、全て文書で出させるべきです、不当な責任を負わされないように

1,今年3月29日の、個人賠償特約適用決定、弁護士特約から適用と、損保で証明書も出して居る、貴殿が被保険者、賠償債務支払い責任者の事件で”どの事業者が、誰を相手に、何の法律根拠で”調査したいと言うのか、法を明記して、文書で答えさせるべきです、個人賠償特約で、被保険者の相手方、賠償債権者や、相手方治療先等への調査は、一切認められて居ませんから、相手方への調査を、既に損保は潰して、二度と関わりを持たない、とも通告して居ますから。

2,貴殿が認めている、傷害事件被害者に負って居る賠償債務、貴殿による債務支払い、貴殿に賠償債権移動後の、貴殿が被保険者の損保への、個人賠償支払い請求に付いて”損保が、法の根拠無しで、この請求が来ても、契約に沿い、一カ月以内の支払いを拒絶”と、口頭で言ったとしても、実施して居ないから何も無いです、実施して、支払う、拒絶を、法を明記して、文書で出させる事が必要です。

3、今後の、後遺症も含めた損害賠償契約、支払いに付いても「個人賠償特約で、過失分差し引く等、電話で伝えて来て居ても”現実に賠償契約、示談契約を完遂して”示談金を支払い、個人賠償に請求を行い、それを受けて個人賠償で、どれだけ支払うか、実行しての話です”示談して、賠償債務金を支払い、個人賠償に請求して、それからの話です、全て実施して、証拠が必要です、先ずは上記1,2を、個人賠償損保に、文書で出させるべきです、公的機関からも要請されていますし」

個人賠償特約、培養踏み倒し用武器が、人身交通事故事件と違い、無いので必死

  • 2021/06/20 08:04

自転車を含めた交通事故事件、労働災害、労災適用以外の「傷害事件も含めて、加害責任者、被保険者が負った賠償債務を補填する、個人賠償事業は、卯木の損保、提携弁護士犯罪特権が使えません」

損保が持てて居る特権、”人身交通事故事件の場合、自賠責事業が先行、国の補償事業が先行”こう言う構図なので、損保が国の補償事業を、正しく代行する建前、現実は全く違って、犯罪を凶行出来る武器に悪用、国の事業代行特権で、ですが、個人賠償特約が、傷害事件加害者、被保険者が負った賠償債務支払いする、この保険が適用となる事件では、加害者被保険者、被害者、傷害事件被害者に対して、個人賠償損保は、被保険者が負った債務の補填以外、出来る事は有りません”自賠責事業は適用出来ないので”損保、提携弁護士は、国の補償事業委託を受けて居る、この強権が使えないんです。

この事実を、私に証明されて「加害責任者、被保険者に”個人賠償特約が適用出来る、弁護士特約を動かすから、弁護士からの白紙委任状を送るから、損保が事件を指揮するが、被保険者が弁護士を委任して、事件を仕切ると嘘を吐き、傀儡で弁護士委任状に署名、押印しろ!”この手口も公開で弁護士法違反、損保、提携弁護士共々、等証明されて、成功の可能性がほぼ消えていて」

個人賠償特約損保は、被害者への「あくまでも法の根拠の無い、任意の調査も、被害者に対して蹴っており、被害者は行為で調査会社の調査は合意したけれど、損保が蹴って、もう被害者と損保に、関わりを持つ事は無い通告も出して下さり、縁が切れている状況が生まれて居まして」

個人賠償特約損保、提携弁護士は「被保険者相手に”文書も出せず、法律根拠も示せず、何か知らないが、調査させろ、誰相手かも言えず、調査させろ、調査に応じないなら、被保険者が賠償債務支払いして、個人賠償に請求を寄越しても、法の根拠は無いが、支払いに応じないからなと、口頭で迫って居ると言う”」

でも「損保として、これ等要求、通告を、文書にして出せない訳です、何処にも合法根拠が無いので、つまり”言い掛かりと言う事です”契約違反、これに尽きる所業です、正業では全く無い、犯罪商売と言う証明です」

国の補償事業、完全な犯罪事業ですが

  • 2021/06/20 07:43

強制保険、国土交通省所管、自賠責事業、なのですが「民間事業者の損保、共済に”合法破壊特権を与えて”私物化させて居る事で,損保、提携弁護士が、賠償を踏み倒せる、被害者を、自賠責事業と言う、国の補償事業特権悪用の手で、賠償詐欺犯とでっち上げて通せる、これ等犯罪を成功させる、大きな武器の事業化させて有るのです」

自賠責事業で扱われた、過去の事件の記録を「損保、提携弁護士が”合法賠償を潰す武器で悪用出来るように”使わせて居るのが実際です」

これに手を染めた、筈が、昨年8月11日の、警察官追突傷害事件を潰す武器で「過去の後遺症認定情報を、ここぞと持ち出して来て”昨年8月11日に、追突されたと言うが、怪我を負った事実、証拠は無い”平成20年10月21日に、追突されて、怪我を負い、後遺症認定が下りているだろ、この怪我が原因で有り、昨年8月1日の傷害事件で、怪我を負ったは嘘だ、よって後遺症認定却下だ!”」

こう、人身傷害特約損保「任意部署で”自賠責の審査、決定では無いのに、事前認定の結果、事前認定の結果だ”任意部署が事前認定審査で、昨年8月11日の傷害事件で、受傷を負ったは嘘、平成20年10月21日の、傷害事件で負った怪我で、後遺症が下りている、この怪我が残存して居る、よって昨年8月11日の傷害事件で、怪我を負ってはいない、後遺症は超然無しと決めた、自賠責審査はせず?決定した」

この決定を出したんですが「平成25年12月20日に、暴走車両に突っ込まれて怪我を負い、後遺症認定も下りており”平成20年10月21日に負った怪我の後遺症は、完治して居る事が、自賠責事業決定で証明されています”ですから」

任意損保が出した決定「昨年8月11日に、車に突っ込まれた事件で怪我を負い、治療を重ねた、後遺症が残ったは嘘、平成20年10月21日に、追突されて負った怪我で後遺症が下りている、この怪我が事実だ、昨年8月11日の事件で、怪我を負い、後遺症が残ったは嘘だ、この、自賠法によるべき決定は、言い訳の余地の無い”賠償潰し用のでっち上げ決定です”何故後遺症認定済み事実を、一回中間分飛ばした、お前の会社の自賠責部門が、前回後遺症認定しているだろうに」

賠償を踏み倒す武器に、自賠責事業を悪用もした、極悪非道を超えています、何処にも合法が無い、こんな補償、賠償事業、潰すべきでしょうね、悪用しかして居ないんだから。

傷害事件を、損保が賠償せず済むように、刑事事件捜査で抹殺

  • 2021/06/20 07:08

他者の人体に危害を加えた、傷害事件の刑事訴訟法捜査、と、法律上はされていますけれど「損保が賠償支払い責任を負う事件が、人身交通事故事件に続き、個人賠償でも出ています、これ等傷害事件で、損保が賠償せず済むようにと、刑事事件捜査を捏造で通す、闇のからくりがでっち上げられており、常時成功させられて居ます」

目論見は「損保が賠償せず、逃げられるように、傷害事件と言う、医学的証拠等を抹殺、作らないで送致、傷害事件が起きていないように、事件構成、事件立証を捏造して有るので」

これ等傷害事件の、刑事、民事の扱いは「損保が賠償する責任は無い、これを成功させる事の一点、傷害事件被害者は、刑事事件捜査上居ないから、実際は賠償金狙いの詐欺犯罪者だ、こう、捜査機関が先に立ち、陥れられるよう仕組んでも有る訳ですので、被害者は居ない、詐欺犯罪者、詐欺犯だから一切守る必要無し、これを常時通せているんです」

この一連の「損保が賠償金支払いを逃れられるように、犯罪で刑事事件捜査記録常時でっち上げ、平成17年9月12日の事件事実、証拠が一例、奇跡的に、捏造事件記録と気付いた検事、副検事が、追加捜査を重ねて、加害者無責から、40万円の罰金刑とさせた事件、事件捏造を成功させた、犯罪刑事事件捜査、記録と言う証拠を、加害者加入損保、提携弁護士に写しで提供、脅迫、恐喝実行の武器で使わせた事で、捜査追加、罰金刑確定に繋げられた、あの事件の経緯は、奇跡と言うべき逆転劇、だったのでしょうね」

この、損保、提携弁護士に後で写しを差し出して、裁判官も共謀して「損保が賠償保険金を、自由に踏み倒して合法で通せている、捏造が前提としてある、刑事事件捜査証拠、記録、加害者実質無責用武器は、昨年8月11日の、警察官が追突加害者の事件でも、定番ですから作られて、加害者刑事、民事とも無責、これで逃がされている通りですし」

この犯罪に、自賠責事業と言う、国の補償事業も「後遺症申請を、完全な言い掛かり、恐喝の手で後遺症却下!理由は”この事件被害の前に(二回前の)交通事故受傷の後遺症認定が有る、今回の怪我では無い”と言う、言い掛かり以外無い、暴力団でも使わない手口でした」

前回の、交通事故受傷の後遺症認定決定は、この損保の自賠責部署が、窓口損保で後遺症認定して居ます、この後遺症決定で、その前の後遺症認定、後遺傷害は、完治と証明されて居るんです、国土交通省補償事業と言う、国家補償事業の決定で、よって昨年8月11日の、追突事故受傷は嘘、二回前に、後遺症認定が下りている、この怪我だは、言い掛かり、恐喝行為以外無いです。

自賠責事業は国の補償事業、強制保険ですが「この事実で分かるように、犯罪を糊塗する武器の、犯罪国家補償事業化し切って居ますね、損保が賠償を踏み倒す武器と出来るように、犯罪に染め上げられて居るんです」

大元の犯罪が、刑事訴訟法捜査のでっち上げ、捏造が、損保、提携弁護士犯罪の武器

  • 2021/06/20 06:39

損保、提携弁護士共謀、配下は「捜査機関、検事、検察庁、刑事、民事共、裁判官、裁判所、法務省等等、犯罪刑事訴訟法捜査指揮は、損保、提携弁護士が、現実に行えて居る、犯罪で賠償を果たせる武器を、損保、提携弁護士が、刑事事件証拠捏造、隠滅、事件構成、記録偽造闇の指揮、を常時成功させられて、車による、人いての加害事件で、被害者は死傷した事件は、刑事事件の証拠、事件記録上無し、こう、オカルト化学、医学実例証拠と言う、絶対の武器を振り飾せる故、事実と強制捏造して、通せているんです」

刑事事件を、損保、提携弁護士が指揮して、検事、検察庁、裁判官、裁判所、ここは刑事、民事共、法務省共々共謀犯ですから、損保、提携弁護士の支配下に入っており「損保が合法賠償せず、これを成功させる為が目論見で、犯罪で常時作られ、通して有る、刑事事件捜査記録のみを、この国家権力集団は、先に立って捏造して、正しいと決定、判決する事を重ねています」

車による、人体への危害事件で「被害者が死傷した、との医学的証拠は無しと、主治医、医療機関への、受傷原因、怪我の部位と程度、治療の状況証明捜査を、絶対しない事で、刑事事件捜査で、常時捏造決定して、通して有る”損保、提携弁護士は、刑事、民事共にこの偽造刑事事件捜査記録と言う、最大で絶対の武器を、闇で捜査指揮を、で、常時思惑通り作って貰えて居るし」

基本「この闇犯罪捜査が常時、と仕組んで有るから”加害者は常時無責、実際の扱いが無責と同じ”ほぼ正式な起訴は無し、これも事前に仕組まれて居るので、損害賠償支払いも、実質不要、何しろ、車で人の人体に危害を加えても、人が死傷した証拠、事件はほぼ無し、と、常時捏造、決定してるから、初めから加害者を無責と出来るように、刑事事件捜査がでっち上げで行われるんで」

この国家権力テロが、どんどん悪化の一途を辿り続けており「車で人に危害を加えても、人が死傷する事は無い、警察、法曹権力、法務省、医療業界等が、先に立ち、損保、提携弁護士の指揮kに入って、このオカルト犯罪を、常時成功させる為、犯罪に手を染めて、オカルト権力犯罪のみ、成立させて居るのが実態です」

こう言うからくりですから「車で人に危害を加えた、傷害事件加害者は、刑事、民事共無責と、刑事事件捜査ででっちあげて通すと決めて有り、刑事、民事責任は、負う必要が無いとされて有るんです、損害賠償も、払う必要など無いと、事件捜査で捏造してくれるので、通せているんです、警察官が加害者の事件でも、加害者責任は刑事、民事とも無し、これで実際通せているように」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5680401
ユニークアクセス:4855174
今日
ページビュー:566
ユニークアクセス:556
昨日
ページビュー:1534
ユニークアクセス:1471

Feed