エントリー

2021年06月22日の記事は以下のとおりです。

自賠責事業、国の強制事業ですが

  • 2021/06/22 18:46

自賠責事業は、国の強制事業ですが、民間事業である損保、共済が、国の補償事業も代行して居ます。

で「後遺症の認定も”任意自動車保険対人、人身傷害特約共に、任意部分を行う仕組みですが”あくまでも、自賠責事業で後遺症事前審査を行って貰い、その結果を、任意損保が、任意の範囲分踏襲するか、しないか、判断する、役割分担となって居る、のですが」

昨年8月11日に、警察官に突っ込まれて、重い怪我を負った事件で「人身傷害特約損保は”自賠責事業に、事前後遺症審査をせず?”二回前の、後遺症が下りた、人身交通事故受傷事件、これを持ち出して」

12年前に、自動車事故被害者となって、自賠責で後遺症が認められて居る、よって「昨年8月11日、信号を待って居て、追突された事件では、怪我を負って居ないか、平成20年10月21日の人身被害受け事件で、後遺症が認定されて居るから、昨年の、車による傷害事件で、体に受傷を負った事は無い、こう、医学的根拠も全く無しで、決定して居ます、平成25年12月20日に、車に突っ込まれて重い怪我を負い、後遺症も下りている、この事件の情報を、調べて使うスキルも全く無しで、想像力も根こそぎ備わって居ないが」

自賠責事業、国の強制保険事業と任意自動車保険犯罪は、損保、共済に、独裁テロ凶行私物化国の補償事業、この現実に、国民は気付き、犯罪被害を許さない、正しい方向に向き合い出したようで。

そして「後遺症14級でも”交通事故が原因で死傷した人は居ない”のですから、後遺症審査は、出鱈目を持ち、審査不合格だ、これで通るのです」

他損保にも確認して有り「二回後遺症が(基本同じ部位、症状)下りているが、二回前の、怪我の後遺症が、昨年8月11日の、追突被害の答え、平成20年10月21日の怪我が残存して居る、昨年の怪我では無い、と決定した理由は」

後遺症を、二回出す事は無い、等です、平成25年12月20日の事故被害、受傷で後遺症認定、これが飛ばされていますが、損保の出鱈目基準?で、二回後遺症14級は、同様部位で有れば絶対、どちらにしても下ろさない損保内部の取り決め、が有るので、この事故受傷で、後遺症を下したのは、イレギュラー過ぎた訳です、損保、司法、警察とすれば。

損保犯罪賠償

  • 2021/06/22 14:31

損保、提携弁護士が指揮を執って居る、犯罪で賠償踏み倒し常時、人身交通事故事件の刑事捜査から、傷害事件で有る証拠隠滅、故意に医療証拠造らず、この手口を恒常的に使い、傷害事件を潰して居る。

車で人に危害を加えても、被害者の主治医、治療先に、傷害事件で人体に怪我を負った事を、故意に刑事事件捜査で証明しない手、を使われており、傷害罪事件は「日常的に、無かった事と、刑事事件捜査で捏造されています、この手が常時使われており、傷害事件加害者は、刑事、民事共無責、出鱈目な、軽微な加害と、虚偽で決めて逃がされています」

刑事事件の捜査を捏造して、車によって人の体に危害を加えても、人が死傷する事は無いと、偽造捏造、医療証拠隠滅、故意に揃えない、刑事事件詐欺捜査を恒常的に実行で、事実を抹殺、傷害事件を消して有る。

自賠責事業と言う、国の補償事業にしても「損保、提携弁護士、検事、刑事、民事事件裁判官、裁判所、法務省、金融庁、警察を、損保、提携弁護士が下僕で支配出来ており”上記犯罪を状に凶行、成功させて有る”から、でっち上げで自動車による、人の肉体への加害行為は起きていない”とも、捏造して決められているし、刑事事件捜査、証拠で、自動車で人の肉体に危害を加えても、死傷する事は無い、常時この犯罪決定済みだから”」

民間事業者の損保、職員は、ここまで巨大な「人身交通事故事件、他の傷害事件を、警察、司法を実際は指揮して居て、捜査で傷害が生じた事実、証拠から抹殺させて、傷害事件、加害行為事件は、刑事事件の証拠、事件構成、記録上無しを、日常的にでっち上げさせて、確定させて、通せている、テロ特権も持てています」

自賠責事業と言う、国の補償事業も合わせて「後遺症の認定?なる代物も”法律に沿わさず、損保、提携弁護士、裁判官らで、でっち上げ、出鱈目三昧に明け暮れています”自賠法の根拠?そんなちゃんとした規定は無い、損保、提携弁護士、裁判官の独善で決定して居る、事実がこうです」

14級の後遺症が下りた、後遺症残存年数規定は、14級だと2~5年で完治、医学では無くて、自賠責事業の規定なのですが「医学的証拠、証明は無視で”損保職員、裁判官、弁護士が独善で決めた、自賠法にもよって居ない、規定による決定、この詐欺後遺症残存年数捏造で決定して居るが”後遺症認定等級毎に、後遺症残存年数を定めて有るが、損保職員、提携弁護士、民亊の裁判官で、出鱈目に決めて、押し付けている、これも真実です」

後遺症14級が「一回下りれば、何十年経過しても、二度と後遺症を下さない、医学でも無く、損保の担当者が、過去の後遺症認定を認めたら、二度と後遺症は下りない、実際の、自賠責強制保険の現実です」

巨大な、損保が賠償踏み倒し常時用、刑事訴訟法、自賠法蹂躙他犯罪が

  • 2021/06/22 12:15

自賠責事業と言う、国の強制補償用保険業務を「損保、共済と言う、民間事業者に”事業母体である、国土交通省は、実質何の監査もせず”丸投げして、法律等無視させて、国の補償事業を担っている、国として損保、共済は、治外法権が認められて居るんだ、犯罪し放題特権までもって、与えられて居るんだ」

こう嘯き、提携弁護士、弁護士会、法務省、検察庁、検事、裁判所、裁判官、警察を下僕で従えて、損保独裁、テロ犯罪に狂奔し捲り、犯罪の限りを尽くせて、犯罪を見逃されて通って居ます。

この現実のまま、損保が犯罪刑事事件捜査の指揮を執り続けて、人身交通事故事件、他傷害事件も、損保が被保険者、加害行為により、被害者に賠償責任を負った被保険者を「違法を重ねた刑事事件捜査、この、有り得ない筈の警察、司法テロを常時成功させて、人体への加害行為で、被害者は死傷した事実、証拠は無い、証拠隠滅、故意に医療証拠揃えず、が常の捜査だから、この犯罪刑事事件捜査常時、が常と言う現実が有り」

傷害事件加害者は「犯罪捜査、証拠隠滅、抹殺によって、傷害罪加害事実が無くして有り、刑事、民亊とも無責だ、これで常時決定して有るから、刑事罰を正しく科せられる事も無いし、傷害罪危害も消されており、被害者への賠償責任も、実質存在しなくさせて有るんで、傷害事件加害を、好きなように加えて、逃がされて居るからくりです」

こう言う、警察、司法他が、損保の下僕に堕ち切っており、損保、提携弁護士の、この犯罪の指揮を受けて、常時凶行三昧、詐欺刑訴法事件、捏造で傷害事件加害者は、被害者を死傷させた証拠、事件事実無し、常時こう捏造して、決定させて有る、刑事事件記録と言う、絶対の武器の写しも、先に立って提供を受けて。

捏造して有る、刑事事件捜査証拠、記録の写し、絶対の武器、被害者の、傷害罪被害による怪我は嘘、賠償詐欺を働いている、詐欺犯だ、この捏造済み公式証拠で、被害者は賠償詐欺犯罪者と、闇で仕組んで有る、詐欺刑事事件捜査証拠が武器、により、被害者を陥れ放題も実際やり放題とされています。

私も今、この罠に落として粛清しようと、損保が指揮、捜査機関らが損保の下僕ですから、罠に落として粛清を果たそうと必死、の罠に落とされています。

こう言った、損保、警察、司法ぐるみの、人身交通事故受傷被害者と言う事実を「医療証拠抹殺、故意に、強制的に揃えない不文律、損保が賠償を、自由に踏み倒せる武器を闇で作り、提供して、正当な賠償踏み倒し常時、これを成功させる悪事に用いさせる、警察、司法、法務省、医療行政の闇の取り決めも、実例証拠共々、公開証明されて居るんです」

で、この偽造刑事事件捜査証拠が武器とされて、人身傷害事件被害者は、賠償詐欺犯と、捏造されており、冤罪を成功させられても居ます。

後遺症14級の怪我は、数十年強く残存と

  • 2021/06/22 07:53

後遺症14級の場合「2~5年までしか、後遺症残存を認めていませんが”賠償詐欺と捏造なら、12年以上、重い後遺症、怪我の症状が残存し続ける”と、自賠責事業でも、扱われて居ると、実例証拠が出来ています」

であるならば「後遺症14級が下りたなら”12年以上、悪用の限度年数迄、必ず行為傷害補償金、賠償金支払いさせなければ、辻褄が合いません”実際に認める、後遺症14級の怪我の症状残存年数は、2~5年以内なのに」

賠償詐欺と、証拠捏造となれば「12年以上、後遺症14級が下りた怪我の症状が残存し続ける、こう、公に扱われて居るんです、しかも”間にも、後遺症が下りているのに、間の後遺症認定事実は、調べられなかったから飛ばした”と、でっち上げも極まった、犯罪扱いされています」

後遺症認定事実は「損保、警察、司法が調べそこなうと、飛ばして通る、国の補償事業、自賠法による国の補償事業です、こんな詐欺は通りませんが、実際通せて居ると言う事です」

詐欺処では無い、重大な犯罪が、国中で凶行されて、成功させられて居ます、捜査機関が犯罪に走って居るから、成功させられて居るんです、負ってはならない事ですが、事実です。

損害保険金詐欺、どっちが、ですよね「後遺症認定、一回飛ばした、ここまでのテロ犯罪が、公に凶行されて、成功させて来ているんです」

ここまで出鱈目、損保が指揮を執り、警察、司法がテロ刑事事件捏造捜査常時

  • 2021/06/22 07:38

事実としては「平成20年10月21日の、一方的自動車追突傷害事件で、被害者の私(と同乗者)に付いて、昨年8月11日の、一方的追突傷害事件で、加害者警察官、加入任意損保は”車によって人体に危害を加えた、傷害事件は、医学的証拠抹殺、故意に揃えず”車で人体に危害を加えても、人は死傷しないと、犯罪刑事事件捜査で常時捏造、確定、この武器を、警察、司法で揃えて、写しを提供してくれてあるので、何時も通り」

車がトラック後部に突っ込んだが、トラック乗員は「刑事事件捜査証拠、記録上、怪我を負った事実は無い、詐病だ!こう捏造して有り、医療機関、主治医への、医学的証拠を揃える捜査の要求を、徹底して検察庁が拒絶して、傷害事件は無い、こう捏造して、通して有る事と合わせて」

この捏造が、刑事事件捜査上、事実とされてあるんです、この捏造を補完する為「トラックに掛けて有る、任意自動車保険会社も手を組み”平成20年10月21一日に、追突されて怪我を負い、搭乗者特約を適用させて有った、自賠責を調べたら、後遺症14級が下りていた”これが分かったと喜び」

平成25年12月20日に、暴走車両から乗車車両に突っ込まれて、怪我を負い、任意共済人身傷害を窓口として、後遺症事前申請手続きを行い、後遺症が下りている、昨年の事件の、人身傷害損保、自賠責窓口が、事前審査を受け付けて、自賠責調査事務所に審査に出して、後遺症が下りて居る事は「昨年の事件で、人身傷害特約を適用させた損保、同じ損保任意部署は、平成25年12月20日の、車による傷害事件被害受傷で、後遺症が下りて居る事を調べられず、一回飛ばして、平成20年10月21日の、車による傷害事件被害受傷で後遺症が下りている、昨年8月11日の事件で、怪我を負った事実は無いか」

平成20年10月21日の、傷害事件で負った怪我の症状が、重く残っており、せいぜいが、この怪我より軽い、加重の怪我である、よって後遺症認定は、人身傷害事業で却下だ、こう、整合性の欠片も無い、自賠責事業違反も、の決定に走ったんです。

で「賠償詐欺の、これも動かぬ証拠だと、公言して歩いても居ると言う、本当に危険です、損保が指揮する対人車両傷害事件は」

これで近代法治国家

  • 2021/06/22 06:08

@国土交通省、二回前の後遺症認定、三井住友(任意一括)下記事実に付いて、自賠法規定を記載して、公式回答を求めます”詐欺の証拠の一つ”と、他者にも言い募っているとの事ですし、札幌検察庁”人身交通事故傷害事件で、故意に受傷事実等立証せず、こう言った、でっち上げの賠償詐欺捏造”冤罪生み出し用犯罪を、警察、司法で仕組んでいる故、池袋暴走事件も、無罪主張で通ると言う事

                                  令和3年6月22日

国土交通省補償制度参事官室
TEL03-5253-8586
FAX03-5253-1638
三井住友海上札幌第三サービス、林所長窓口
TEL011-213-3322 二回前に、一括代行損保として、後遺症
FAX011-231-8974 認定、自賠責審査も通った上での損保
田辺泰弘札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 故意に主治医への補充捜査潰し、理由は
〒065-0016 札幌市東区北16条東1丁目3-15
札幌方面東警察署署長殿、刑事一課山田、二課横田警部補、交通二課
TEL011-704-0110

本件当事者、3月29日の事件で、加害責任者にこの後遺症詐欺不認定も使い、私が賠償詐欺犯と言い募り、賠償支払いせぬよう要求他、陥れに加担を要求し続けも
                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                            携帯080-

1、国土交通省、二回前の追突交通事故事件、平成20年10月21日、一方的追突人身交通事故事件で、加害者が加入して居た、任意自動車保険三井住友は、加害者加入任意損保として、被害者である私(他1名)の、一括代行対人賠償を担い、自賠責事業に、後遺症認定事前審査も出し、自賠責事業が後遺症を認定して、三井住友任意部署も、自賠責事業に倣い、後遺症認定した、ご承知の通りです。

2,平成25年12月20日、右折暴走車両が、私の運転する車側面に突っ込み、私と同乗者(上記と同じ乗員)が怪我を負い、人身傷害共済が補償を担い、自賠責事業に後遺症事前審査を出し、二名共に後遺症認定が下りている、証拠の通りの事実です。

3、昨年8月11日午後12時10分頃、信号待ち停車の、私が乗るトラック後部に、意識を飛ばした(本人が言った事)東署警察官が、急加速してトラック後部に激突、私は「ゴールド免許制度化後ずっと、ゴールド免許で、裸眼で免許更新して来て、昨年1月も、裸眼で免許更新済みが、事故後数か月で視力0,2以下まで落ちた、数か月、治療後ほぼ夜まで寝た切り、車を運転中、視界がぼやけ、意識が飛ぶ症状しばしば等に見舞われています」

4,この、昨年8月11日の、追突人身交通事故で「私は受傷を負って居ない(主治医、医療機関5か所へ、医療証拠を揃える捜査を、数度要求も故意にせず、も合わせて有り)と、加害者警察官、加入任意損保は、医学的証拠を故意に揃えていない事実を持って言い募り、賠償は10日位で他を踏み倒し、今に至って居る、トラックの任意損保は”送った証拠の通り、昨年8月11日の傷害事件で、人体被害は無い、或いは”平成20年10月21日の追突事故、傷害事件受傷で後遺症が下りている、この怪我が強く残って居るのが事実、昨年の事件では、怪我を負って居ないか、平成20年10月21日の傷害事件受傷が重く残存して居て、多少加重されたに過ぎない、平成20年10月21日に負った怪我が、より重く残存して居る、無いし、昨年の事件で受傷を負って居ない”平成25年12月20日の交通事故事件、傷害事件被害で後遺症が下りているが、この事実は無関係である、よって、一括代行人身傷害損保として、昨年の傷害事件で受傷を負い、後遺症が残った事実は無い、平成20年10月21日に負った怪我が、強く残存している、平成25年12月20日の、後遺症認定結果は問わず、との結果であり、後遺症は却下、と決定している通りです」

5,この、人身傷害特約任意損保による、後遺症却下決定は、加害者加入自賠責、損保ジャパン日本興亜窓口自賠責に、事前審査を出して居ませんよね「人身傷害特約任意損保だけで、自賠責事業へ審査に出さず、事前審査(自賠責に審査に出すから事前審査)と言い張って居る、審査ですよね」

6,事実としてですが「平成20年10月21日の、追突で傷害被害を負った事件では、xx海上xx搭乗者特約が適用されたので、この事件は、後遺症認定済み情報を、xxは取れた訳ですが、平成25年12月20日の、暴走車両ノーブレーキ右折暴走突っ込み傷害事件では”私が運転して居たのは、xx加入車両では無かった、相手の車両が、xx自賠責窓口で加入だった”xxには、任意情報が無く、この事件で私、同乗者が、共に後遺症認定されて居た情報を入手出来なかった、この事件情報を持たなかったのに、平成20年10月21日の情報が最新と錯覚した結果、ここまでの言い掛かりに、自賠法規定と偽り、走った結果を生んだと思って居ます」

7、国交省補償制度参事官室、二回前の後遺症、自賠責事業共々、加害者加入任意損保三井住友、対人一括賠償損保の立場で、後遺症認定、自賠法、後遺症認定の基準に”後遺症認定二回前”の事故の怪我が残存しており、加重規程が適用、前回の後遺症認定済みの怪我は飛ばして、その前の後遺症認定の怪我が重く残存、よって昨年8月11日の、追突事故受傷なる症状は、二回前の怪我の症状、ないし、加重の怪我規程、二回前の怪我が、昨年の怪我より重い自賠法規定、が有る事は分かりました、では、この東海任意部署の決定が、自賠法の規定のどれか、二回前の後遺症認定、一括代行損保三井住友、国土交通省補償制度参事官室、文書で回答を求めます。

8、国交省、検察庁、三井住友「xxは、上記賠償、補償詐欺証拠?捏造(でしょう)も使い、重量物転倒人身事故事件加害責任者に対して”昨年の、追突事件での受傷も虚偽、賠償詐欺を働いている、賠償支払いするな、賠償債務支払いしても、個人賠償支払いをしない、相手は賠償詐欺犯だ”等、口頭で言い募り、東海に従うよう求め続けて居る、とも聞いています”この、対人傷害加害事実抹殺、賠償詐欺捏造が成功するように、の為、傷害事件被害者の主治医、医療機関に対しての、医学的証拠作成、合法な刑事事件捜査を、故意に行って居ない訳ですよね、池袋暴走、自動車で二名殺して、無罪主張が特別では無い、車で人を死傷させても、違法捜査が常として有り、人は死傷しないと捏造常時、上記事件で証明されている事実です」

9、国土交通省補償制度参事官室、三井住友「車による傷害事件被害受傷で、後遺症が下りた(取り敢えず14級)後、最低12年以上、怪我が強く残存し続けると、自賠責、任意自動車保険で、医学無視で決めて有る事は分かりました”であれば、平成20年10月21日の傷害事件被害、後遺症認定済みの怪我に付いて、怪我の症状が消え去るまで(20年?30年?)後遺症残存分、追加支払いを求めます”」当然ですよね、これだけの事実、証拠が揃って居ますから。

10、札幌検察庁、東警察署捜査課は、国土交通省補償制度参事官室、三井住友、xx自賠責、任意部署等、平成20年10月21日、平成25年12月20日、昨年8月11日(自賠窓口損保ジャパンも)の、自動車による傷害事件関与先全てと、主治医、医療機関全てに、上記合否について、自賠法の合否、医学的事実立証を果たす、捜査の徹底を求める「何処にも合法が無く、傷害事件被害で怪我を負って居ない、賠償詐欺と、加害者警察官の事件でも、おおっぴらに扱われており、冤罪に落とそうとの、一部損保、捜査側?の、強い狙いが見えて居ます」                           

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年06月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745594
ユニークアクセス:4919471
今日
ページビュー:2819
ユニークアクセス:2775
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed