エントリー

2021年07月19日の記事は以下のとおりです。

ダミーで弁護士委任も強要

  • 2021/07/19 15:29

今年3月29日の,重量物転倒による、人身被害事件、重過失傷害事件の加害責任者に、個人賠償特約が適用出来る、よって「損保が弁護士費用を拠出して、原資は保険料で、加害責任者、被保険者に”委任者である加害責任者、被保険者には、弁護士を指揮する権限を持たせない、この強制条件で”弁護士法違反の弁護士を、刑事、民事事件共、実際は損保が弁護士を指揮して、出す事を飲め、と強要もされて来て居る」

この、複数の違法、犯罪を飲まないなら『個人賠償特約で、被保険者が負った賠償債務金支払いを、法を犯して拒絶とも、法を犯して強要、脅迫もされて居る、被害者に与えた、賠償被害金を、中間示談した分支払い、債権を移動させた上で、個人賠償に支払い請求も行って有るが、この、法による保険金支払いも拒絶続行、あくまでも、虚偽の弁護士委任を飲む事と、虚偽で被害者を、刑事、民事共に、加害者無責との、言い掛かりで訴える事が条件、と強要」

これ等、損保、提携弁護士からの、弁護士法違反等に手を染めろ、法を犯す事に合意しないなら、個人賠償保険金は払わない、との強要行為を、金融庁に先ず、訴えを「被保険者が出しても居ます、ダミーで弁護士を委任しろ、実際は損保と提携弁護士が、被保険者の意思と偽り、刑事、民事事件を、言い掛かりで被害者相手に、無責を通すと訴える事も合意の内だ、等の強要事実の訴えを、既に出したとの事です」

ここまで公にされて居る「弁護士法違反、保険業法違反他、損保、提携弁護士、法務省共謀犯罪です、成功すると思って居るのが愚かですよね、強引に飲ませて、損保、提携弁護士が共謀して、被保険者、加害責任者の意思を受けた、言い掛かりでの訴えだ、これを凶行しても、被保険者、加害責任者は、自分の意思では無い、損保と提携弁護士から、ダミーの弁護士選任の強要と、言い掛かりで被害者を、刑事、民事とも訴える、自分が自分の意思で,言い掛かりで被害者を訴えた、と偽れ、逆らうと、個人賠償特約で、保険金支払いしないからな、とも脅されて、言う事を聞いただけ」

これを、公式の場でも証言もする、でしょうから、加害責任者さんは、損保、提携弁護士、司法、金融庁らが共謀の犯罪事実、証拠です。

ダミーの弁護士委任、実際の指揮権は損保、損保弁護士特約適用の条件

  • 2021/07/19 07:33

損保の任意自動車保険特約、何故か”個人賠償特約”自転車を含めた人身交通事故傷害事件、労災適用、労働災害傷害事件以外の、傷害致死事件責任を負う、損保に取って被保険者”の構成となった場合の特約も、弁護士を、刑事、民事共、弁護士費用を、損保が集めた保険料から拠出して、被保険者に就ける”形を取って居る、特約が有りますが」

この「被保険者となった者と、加入損保、被保険者に弁護士費用を拠出する契約の対象者も、に、刑事、民事共、損保が費用を拠出して、弁護士を就ける特約の実際は”損保が実際は、弁護士を指揮する事に合意しなければ、弁護士委任者に、弁護士指揮権無し、事件に関する指揮権無し”この条件に、闇で合意しなければ、弁護士特約は動かさないと言う、非弁行為が鉄則となって居ます」

当然ですが「被保険者の権利保護等はどうでも良くて”損保が提携弁護士、刑事、民事裁判担当裁判官らと共謀して、損保の賠償金支払いを、複数の法令違反、犯罪行為を、警察、検事ぐるみ成功させるも仕組まれて居て、常時合法賠償の踏み倒しを成功させて居る”これを果たす為の、犯罪を前提とさせた特約、が事実です」

合法な賠償を、法を幾つも犯して潰して居るから「被保険者が、自身の意思で、自身の権利を守る為に委任したと、建前上してある弁護士を、被保険者の意思で動かされると、破綻する危険が生じます、警察、検事、刑事、民事事件担当裁判官、裁判所、法務省ぐるみ、破綻の恐れが出ます、やらせの刑事、民事事件扱いが、成功出来なくなる恐れが生じるから、被保険者は、強制的に蚊帳の外に置く必要が有るんです、警察、司法、損保の共謀行為の外側に」

今年3月29日の、重量物転倒による、人身事故被害事件で「加害責任者、被保険者に対して、損保、提携弁護士は”文書は出せないで、被保険者の意思は無効と言う条件で、弁護士白紙委任状に署名、押印しろ、被害者を、賠償踏み倒し目論見で、言い掛かりで刑事、民事とも訴える、加害責任は無い”と対抗する、訴えるんだ、と、口頭だけで強要を重ねて居ます」

被保険者が、法律規定により、長期療養受傷なの被保険者の請求権を行使して、支払い請求を出して居るが「法律では無く、約款規定も無効化させて、支払いを拒絶する、損保の意思で動く、弁護士委任に応じて、言い掛かりで被害者を攻撃、訴えさせろ!”これを飲まないと、法は無関係で、合法支払いは拒絶だ、こう求めて居ます”」

この実例、法務省、弁護士会、弁護士、検察庁、検事、刑事、民事事件担当他裁判官、裁判所、金融庁揃って「拙い事実の現出でしょうね、表立ってやれない犯罪です”損保が弁護士費用を、集めた保険料から拠出するから、弁護士委任者、被保険者は、ダミーで弁護士委任者となるが、弁護士、事件を指揮する権限は、強制はく奪だ”公式にこれを強要し続けて居る、文書は出せる筈が無いが、さて法務省、司法、金融庁、どう逃げる」

小樽で起きて居る、行政が指揮する環境犯罪の

  • 2021/07/19 07:06

小樽市幸2丁目18-44国有農地と、18-39民有宅地に、長年に渡って、農水省、道庁、後志振興局農務課が、地元の犯罪者に、公認を与えて「廃棄物混入土砂を、次々搬入させて、投棄させて、違法な急坂国道を造成させて、国有農地幅が4㍍で狭いからと、隣接する民有宅地にも、この違法土砂、廃棄物を、昨年初めまで投棄させて、違法な国道拡幅させて来ています、犯罪行為です」

昨年、この犯罪を、現地で「居直り犯罪役人、後志振興局農務課畠山主幹、部下、小樽市都市計画高橋係長と部下を、現地に来させて、事実確認も行って有る訳ですが、道庁、後志振興局等は”この犯罪行為責任逃れだけを目論み”現実の犯罪行為責任逃れしか見ず、権力犯罪を重ねて逃げて居ます」

事も有ろうに「道庁は”産廃等は確認出来なかった、違法は無い”と、虚偽公文書を出して、全部の責任逃れに走って居ます”昭和61年に、農林省から求められて、測量を実施して有るから、この時に確実に、違法な国道造成、使用は知って居たが、農林省への報告はせず、廃棄物混入土砂を、次々地元住人に運ばせて投棄させ、違法拡幅させて来た、とも、居直って認めています」

違法行為の数々に付いて、複数の行政機関から、違法物撤去せよ、違法造成国道は認められない、廃棄物混入土砂で、国道設計基準勾配も超えた、国道設計幅も満たして居ない、国道造成届け出も出されて居ない、違法な国道は認めれない、廃棄物を仕分けして、産廃、一廃、土砂毎に搬出処理せよ、必要な国道で有れば、国道造成申請から出して、合法手続きを踏む事と、開発局、道庁農道整備、道道工事課、小樽市塵減量推進、警察から、法による要求が出されて居るが、居直りを続けて居ます。

小樽警察署によると「後志振興局農務課、畠山主幹ら、道庁は国有農地管理課が”自分達には言い分が有る”と、正しい根拠も示さず、居直っているとの事、当然警察も”18-44国有農地の違法投棄、廃棄物投棄は置いておくとして、18-39民有宅地への違法投棄物は、撤去して、崩落防止工事を実施が必要、と伝えているが、道知事、道議会、農務課国有農地管理は、一切法の順守せず、で居直り続けて居ます」

結果、小樽市建設部、水上主幹は「国道造成用、盛り土等許可申請も出ておらず、廃棄物投棄も含めて違法”18-44国有農地分は置いておくとして、18-39民有宅地への違法投棄分は、廃棄物区分処理と、違法投棄土砂の撤去、18-44違法投棄土砂等崩落防止工事が必要、農水省、国交省責任で実施を求めて欲しい”と、当社に求めて来て居る状況です」

大阪、熱海市の、崩落事件の再現が起きれば、小樽市は重大な責任を負わされます、まして「農水省、道庁が指揮しての、昨年まで犯罪と承知出続けて来て、当社が止めたから止まった、重大犯罪の結果ですから」

人身交通事故事件被害者の主治医の多くは、傷害事件と立証する、医学的証拠作り捜査を受けて居ない

  • 2021/07/19 06:46

今日のネットニュース幾つかにも、車が他の車に突っ込んだ事件が、数件報道されています、ノーブレーキで突っ込まれて、押し出されて、多重衝突になった事件も、複数報道されています。

医学的に当たり前ですが「この多重追突事故事件の被害者も、突っ込んだ運転手も”事故発生後すぐに、怪我を負ったかどうかは、正しくは判明しないし、負った怪我の治療期間、一定の治癒までの期間も、事故発生後すぐに判明する訳が有りませんが”」

事故に遭遇した乗員は、加害運転手も含めて、怪我を負って居ないだの、治癒までに、二~三週間だの「医学的な、正しい立証も出来ていないのに、報道されています”傷害事件、自動車運転処罰法を適用させての、傷害事件である事の、医学的証拠も揃えられて居ない、事故発生時なのに、乗員が怪我を負って居ないだの、二~三週間程度の怪我だだの、何処に医学的な正しい証拠が有ると言うのか”」

この報道内容でも分かるように「刑事事件捜査段階で、実際に負った、人身交通事故事件が原因の受傷の部位、怪我の程度、症状、治療に要する期間が、実際どうなのかが、ある程度判明する、事件で人体に被害を受けて、診察、治療、自覚症状も持った必要検査実施を重ねて、医学的に、一定の受傷に関する証明が出来る、事件後数か月後の、治療、検査先医療機関の検査結果と、主治医の診断に、被害患者の自覚症状等の訴え、これ等の医学的証拠を揃えた上で」

一定の、傷害事件による、被害者の人体に受けた、各被害の証明、医学的証拠による証明が揃った上で「傷害事件で負った傷害の、正しく医学的に立証されて、刑事事件捜査記録に残した、公式医学的証拠により、傷害事件の被害者の、一定正しい受傷被害に付いて、報道も出来る、これが正しいのですが」

赤本ででっち上げて有る、犯罪人身交通事故受傷毎の診断が絶対と、闇で警察、司法他ででっち上げで決めて有り、これが唯一の、人身交通事故受傷毎の治療、賠償期間だ、と、常時通るように「故意に主治医、治療先への、傷害事件と証明する、医療証拠の取り揃え捜査をしない、闇の不文律と”赤本に沿った、受傷程度報道を常時”も仕組んで有る訳です」

車により、人体に危害を加えられたが、人体に被害は無かっただの、1~3週間程度の受傷だっただの、事件発生後すぐに「この医学的合法根拠無しの、出鱈目診断を持った報道も、損保、提携弁護士、民事事件裁判官、裁判所は、対人賠償踏み倒しの、強力な武器で使えても居る訳です」

責任の所在

  • 2021/07/19 06:23

車、自転車を運転して居て、他者も含めて、加害車両の乗員も死傷させたなら、傷害、傷害致死行為責任が”加害行為者に”生じます。

他の傷害事件、過失、重過失事件の加害責任者も、労働災害により、死傷者を出した事件でも、加害責任を持つ者は、責任を問われます、法律規定で決まって居ます。

法律規定はこうなっているけれど、現実に行われて居るのは、損保、共済が、被保険者、加害責任者が負った、傷害事件加害行為で発生した、賠償債務の補填責任を負ったとなれば”該当損保、共済が、加害責任者に、ダミーで弁護士委任させて指揮を執り”加害責任抹殺を、常に果たすべく「刑事事件の捜査から、故意に出鱈目捜査が闇で設定されて有る闇制度を、常に発動させて居る”傷害事件と証明する、必須証拠である、被害者、受傷被害者が治療を受けて居る、検査を受けて居る主治医、医療機関への、傷害事件だと、医学的に証明する、医療捜査を、故意にせず”傷害事件は証明されて居ないと、捏造捜査で終わらせて居ます」

この警察、司法出鱈目、傷害事件を故意に抹殺する目論見での違法捜査、送致、刑事、民事共、捜査資料上無責常時確定、と捏造を重ねて来てある「刑事訴訟法証拠が、賠償を踏み倒す絶対の武器で悪用されて居る訳です、何しろ”刑事訴訟法上の捜査資料、捜査資料を持った、傷害罪責任立証無し、刑事、民事共、捜査記録上無責決定、確定と言う”刑事訴訟法規定を破壊させての、傷害罪責任は無し、と捏造公式証拠ですから」

この、法を犯した刑事事件捜査、傷害事件を故意に立証せず送致、刑事事件捜査記録上、傷害事件は起きておらず、加害者と容疑を掛けられた者は、刑事、民事上無責と決定、確定と言う動かぬ証拠のみを、常時でっち上げで作り、確定させ続けて来て有りますから。

車、自転車で他者に危害を加えても、被害者は人体に被害を受けないと、でっち上げの、警察、司法オカルト診断のみが、唯一絶対の医学的根拠、事実とされてあるのです。

ここまで警察、司法、法務省らが、損保が合法賠償せず、常時逃げられるように、法を犯し捲った刑事事件詐欺捜査、傷害事件抹殺が前提の、詐欺捜査に狂奔だけして有るから「日弁連でっち上げ、赤本人員交通事故受傷毎の治療、賠償期間が唯一の診断だ、が、最高裁以下裁判所、裁判官、検察庁、検事、警察庁、法務省、国交省、金融庁が、損保の下僕で凶行、権力犯罪で、未だ成功させられて居るのです」

傷害事件、傷害致死事件は、医学的に正しい証拠は無く、起きて居ないが「掴み金を”自称被害者、第三者行為傷害は証明されておらず、自称だけの被害者”にぶつけてはやる、全事件で、全て踏み倒すと、自賠責、任意自動車保険事業なる代物は、詐欺事業と公式にばれるから、掴み金だけぶつけてやって居る、これに応じないなら、詐欺刑事事件捜査証拠を使い、賠償詐欺で投獄も、好きに出来ている、これが実際です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年07月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5591202
ユニークアクセス:4767125
今日
ページビュー:2124
ユニークアクセス:2100
昨日
ページビュー:2373
ユニークアクセス:2364

Feed