エントリー

2021年09月20日の記事は以下のとおりです。

損保が合法賠償せず、逃げられるように企んだ、傷害罪の証拠抹殺捜査、送致の手口

  • 2021/09/20 16:25

損保が合法な、傷害事件賠償債務金支払いせず、おおっぴらに逃げられるようにと、損保、大蔵省、自賠責事業、運輸省時代のと、法曹資格者、日弁連、検察庁、裁判官、裁判所、法務省が共謀して、企んだのが「傷害事件は起きて居ないように、刑事事件捜査で捏造の手、傷害事件で扱う筈の、警察用診断書の段階で捏造、受傷原因不明、事実無根で、正式事件扱い逃れ用に、一週間の加療とでっち上げ記載診断書で統一、国中この犯罪で統一して有る訳です。

そして「傷害事件が起きて居ないように”この、警察用詐欺診断書一枚だけしか、傷害事件の証拠?”を、故意に揃えず事件捜査終了、傷害事件が起きて居ないと偽装捜査で、違法送致を常としてある、この手口で」

刑事訴訟法手続きで「傷害事件は虚偽、そんな事件は起きて居ないと、刑事事件上で確定して有る、これで損保は、傷害事件の治療費、補償、賠償金踏み倒しが、大手を振って出来る訳です」

刑事事件で、傷害事件が起きた証拠等は無いと、警察、検事共謀犯で、常時捏造捜査のみ凶行、起きて居ない傷害事件ですから「第三者行為傷害受傷被害者と、主治医は共に”虚偽の第三者行為傷害で、治療費を含めた補償金、賠償金詐取を働いて居る、犯罪者”似、刑事事件捜査で捏造されて、決められて居るんです、この刑事訴訟法手続き犯罪が、一連の損保、司法極悪犯罪の、最高の武器とされています」

この犯罪によって「損保、提携弁護士、民事、刑事事件担当裁判官、裁判所は”やろうと思えば、損保が対人補償、賠償支払い責任を負って居る傷害事件で、全事件を虚偽の第三者行為傷害、詐欺治療行為と、強制的に決めて通せる訳です”」

ここまでの司法、警察テロ犯罪、損保が合法対人賠償逃れ出来るように、犯罪指揮して成功させて有る、警察、司法犯罪の武器、捏造刑事事件捜査、送致でっち上げ公式証拠が、全事件で捏造されて居るのですから、損保、提携弁護士、裁判官犯罪法曹権力は「公然と”被害者t主治医は、虚偽の第三者行為傷害受傷、治療をでっち上げている詐欺犯罪者”だと、嘘が本当とでっち上げられており”陥れ放題を、堂々と凶行し捲れて居ると言う事です」

損保が賠償責任を負う、第三者行為傷害事件の刑事捜査、送致で”第三者から、人体に危害を加えられても、死傷する事は無い”と、公式でっち上げされて、確定だけさせて有るのですから、損保は、詐欺事件捜査、送致事実が有るから、特に任意の対人、人身傷害特約で、一円も保険金支払いせず、通せるんですよね、被害者と主治医全員を、詐欺罪で摘発も出来るし。

このからくりなのですが「流石に全部の損保絡みの傷害事件で”被害者と主治医を、虚偽の第三者行為受傷、詐欺治療でっち上げで摘発、投獄に走れば、社会問題化されるから”違法診断でっち上げで、掴み金をぶつけて居るんです、些少の掴み金をぶつけて、合法事業と偽って居るんです」

こいつらの本音は「全部の被害者と主治医を”詐欺事件捜査を武器で使い、詐欺でっち上げで摘発、投獄したい”が本音でしょう、些少の掴み金をぶつけて居る事も、不本意なのだから、詐欺犯罪者故」

この一連の犯罪、厚生労働省、労基労災事業でも、常時成功させられると、高を括ってしくじって、損保、司法強要、恐喝犯罪が、公式に表に出たんです。

犯罪診断が常に正しいと、虚偽で通る、損保犯罪を武器とさせて、労災事業、医師、福祉事業を恐喝

  • 2021/09/20 15:21

医師法蹂躙、損保、司法犯罪診断以外、医師法強制無効化を通して認めない、日本国の司法、法務省、警察テロ犯罪。

この、犯罪診断特権を、絶対の武器とさせられている損保、共済、提携弁護士、刑事、民亊担当裁判官、裁判所は「損保が合法な賠償金支払いせず、逃げられるようにを目的とさせて、医師法蹂躙、損保、司法犯罪診断が、合法破壊で絶対だ、決定、判決だけを下して、医師法、主治医の治療行為、診断、医学的証明を無効、犯罪だと、合法破壊で、テロ犯罪決定だけする不文律を、闇で仕組んで成功させて居ます」

この、犯罪特権を自由に悪用し捲れる損保、共済、提携弁護士なので「医師の治療行為、診断が犯罪だ、損保がでっち上げた、犯罪賠償踏み倒し用診断が正しいと、判決を下せ、と詐欺訴訟提起すると”刑事事件捜査で先ず、傷害事件が起きて居ないように、捏造捜査で終えて、詐欺捜査で送致受け”も作られて居ますから」

医師法と、主治医による、第三者行為傷害の治療等行為は「起きて居ない傷害事件だと、刑事事件手続きで証明して有る、詐欺捜査、手続きで、もでっち上げて有るのだから”犯罪に手を染めている被害者と主治医”と、強制捏造が、合法で通る訳です、刑事事件詐欺捜査、傷害事件は起きて居ないと、故意に捜査で捏造、詐欺捜査で送致のみ受けて居る、この詐欺刑事事件の扱いが、犯罪診断を通せ、訴訟詐欺告訴、犯罪診断のみ常に勝訴、この損保指揮、司法犯罪を常時出せる、決定的証拠としてあるのです」

単に、民事手続きだけで「損保、提携弁護士、裁判官が共謀しての”損保でっち上げ、犯罪診断が正しいと認めろ、医師法無効、主治医の医療行為が犯罪、詐欺だと認めて、損保犯罪診断が、適法な診断だと判決を下せ”この訴訟詐欺を提起したら、やらせ判決常時の裁判官が、国中でこの損保犯罪診断が正しい、医師法、主治医による医療行為、診断が犯罪だと、常に犯罪判決を下す闇のからくりは、ここまでの規模で、合法無しで、常に判決を下すともならないでしょう」

損保が合法賠償せず、逃がされるように、刑事事件捜査で常時”傷害事件は起きて居ないように、でっち上げ捜査で終結させて”詐欺送致受けを常に成功させて「損保が賠償責任を負う、第三者行為傷害事件、加害事件は起きて居ない、被害者と主治医が、犯罪を行って居る、詐欺を働いて居るんだと、常時詐欺民事裁判で、通るよう仕組んで有ると言う事です」

詐欺裁判受理、損保犯罪診断が常に適法、医師法は無効とでっち上げ、主治医の第三者行為傷害名目医療行為は虚偽、詐欺犯罪だ、損保の犯罪診断が正しいんだ、この判決、決定が常に付いて裁判官、弁護士、検事、警察は「傷害事件抹殺刑事捜査、送致実例証拠と言う、絶対の武器を捏造して有るから”巨大犯罪行為者意識も、捨て去れているし、合法を犯罪だと偽り、詐欺罪でっち上げで粛清も、平気なんですよ”」

ですが「厚生労働省の事業、労災事業、交通事故労災事件でも”損保、提携弁護士が、厚労省に対して、医師法は無効だ、損保犯罪診断が正しい、医師法は間違い、主治医の第三者行為傷害受傷の医療行為は詐欺犯罪、と判決を取った”厚労省、労災事業よ、主治医に、犯罪診断通りカルテを一般傷病と偽造させて、補償を打ち切って、犯罪診断以後の支給金を、詐欺だとして回収しろ!」

こう、損保が提携弁護士に指示を出して、厚生労働省事業、労基に乗り込ませて強要、恐喝したけれど、厚生労働省が、医師法蹂躙しろ、カルテを損保が合法賠償せず逃げられるように、犯罪診断通り、一般傷病とカルテ偽造からさせろ!は、公に出来なかった訳です。

こんな犯罪判決で、厚生労働省に、医師法蹂躙、カルテ偽造させろ!詐欺で摘発するぞ、は通せないから、警察、司法テロ権力も。

損保が司法、警察、国、地方行政機関、医師、医療機関、福祉系事業を独裁犯罪支配

  • 2021/09/20 14:43

十和田労基の事件、損保犯罪診断が正しい、医師の医療行為、診断は犯罪だ、交通事故労災事件だとして、医師が被害者と、労基も一緒になって、十年以上も交通事故労災事件名目で、第三者行為傷害と言う事にして、医療行為を続けて居て、労災補償も行って居る事は「損保の犯罪診断が、8カ月しか交通事故労災の治療、賠償、補償を認めて居ないから、医師と労災事業は、犯罪治療、補償を行って居るんだ、こう、何処にも合法無しで、損保、提携弁護士に隷属した、裁判官判決が、何時も通り出た」

つまり、損保、提携弁護士は『交通事故労災適用傷害事件だが”損保犯罪診断で、事件後8カ月で、交通事故労災適用の第三者行為傷害受傷は、治療、補償、賠償不要となったんだ”と、医師法も何も破壊させた主張を、何時も通り、言い掛かりで吐いて詐欺訴訟提起、詐欺訴訟と承知で、裁判官は受理、損保犯罪診断通り、合法をぶっ壊して判決、何時も通りの訴訟詐欺訴え、詐欺判決が下った訳です。

で、損保、提携弁護士は「この、裁判官が共謀犯の、犯罪診断が正しい、合法は無効で判決を下した、訴訟詐欺を強制的に成功させた判決を”何時も通り、合法補償を続けて居る労災事業を、犯罪判決で恐喝、強要して、犯罪で打ち切れと、直接強要、恐喝に走った、何時も取りの犯罪に手を染めたから、何時も通り労基、厚生労働省は、主治医にカルテから偽造させて、労災給付は違法だった、打ち切るし、事故から8カ月以降の給付金は、詐欺支給と、カルテ偽造させて捏造して、回収に走る、と思ったんでしょうね」

通常であれば?犯罪診断が正しいと言う、裁判官犯罪判決が出たからと、労基も大いに焦り”被害者の主治医複数に、犯罪診断判決以降のカルテを先ず、一般傷病の治療等だったと、偽造させるよう指示、命令を出す筈”と思った訳でしょう。

所が労基、私から、関係先に”第三者行為傷害受傷の治療を、カルテから偽造して、一般傷病の治療だと偽造して偽れば、犯罪だから禁じますよ”と、本省、主治医ら、医療費詐欺のつけを回す先、八戸市国保事業に手を回されて、医師にカルテ偽造指示も出せなくなったんでしょう?

で「医師法から正しく労災です、守った”正しい労災支給の続行、カルテ偽造で過去分、詐欺回収拒否”と、珍しくしたんです、多分損保、提携弁護士他司法?何時も通りの犯罪に走らないで、合法を貫かれて、焦ったでしょう、と思います」

こいつらは常時、損保、提携弁護士、裁判官が、犯罪診断でっち上げで詐欺訴訟提起、犯罪診断が適法判決、合法破壊で、この訴訟詐欺成功判決を、労基、医師、健康保険等に突きつけて「この犯罪診断適法判決通り、カルテから偽造しろ!犯罪診断期間後全て、一般傷病の治療とカルテ偽造しろ、させろ!こう強要、恐喝に手を染めれば、常に犯罪に手を染めさせられて来て居る、と言う事でしょう」

まさか市井の民が、医師法から遵守を証明して、カルテから偽造が出来るなら、公にしてみるべき、犯罪は禁じます、と突き付けて、何時もの犯罪機関らが、市井の民に従い、損保、司法からの、カルテから偽造で、第三者行為傷害抹殺から、を止める等、想定外だったと思います。

損保、司法は、裏も取らずに、労災事業と自賠責、自動車保険事業は同じ犯罪行為事業と錯覚で

  • 2021/09/20 10:26

十和田労基に、対人犯罪賠償が常、の損保ジャパン、あいおいニッセイ同和損保が委任、犯罪提携弁護士が、損保犯罪診断が正しいとの、合法さ微塵も無し判決、医師法蹂躙、主治医の医療行為、診断は犯罪故正しい、損保がでっち上げた診断こそ、唯一正しい診断だ、法の破壊犯罪判決を、錦の御旗と、勝手に錯覚して押し掛けて「この犯罪判決に”何時も通り従え!事故から8カ月以降に、労災で支給した医療費、休業損害等を回収しろ!今支給して居る、労災給付を打ち切れ、詐欺だ!”」

こう、間違いようの無い、厚生労働省、厚生労働省の補償事業相手の強要、恐喝行為に走った、とんでも実例により、次の事実が、公式証明されています。

;通常厚生労働省、労基は、次の損保、司法犯罪要求に、闇で応じても居る”損保、司法共謀、犯罪診断で、医師の合法第三者行為傷害受傷の治療、診断を、医師法が犯罪とでっち上げて、医師の医療行為が犯罪、損保、司法犯罪診断が、法の規定破壊で適法だと”民事、刑事訴訟法手続きも含めて、強制でっち上げ、決定に狂奔しており、この犯罪判決だけ、常に下したら”交通事故労災事案で有れば、損保、提携弁護士は、労基にこの犯罪判決を持参して、医師法違反犯罪判決が出た、従え!と、じかに強要、脅迫し捲っており、労基、厚労省は、この犯罪命令に従い、主事にカルテ偽造から、命じて行わせて、と言う、医師の国家資格、国家資格者業務、医療行為で、監督権限を犯罪に行使して、カルテ偽造から命じて、従わせて居ると言う、極悪国家行政機関と、ばれています。

;ですが”十和田労基の同様恐喝、強要実行事件で、私が、カルテ偽造から犯罪、止めなければ駄目”と、厚生労働省、八戸市国保、十和田労基等に文書も送った事で、損保、司法犯罪強要への追従を思い止まりました”元々犯罪命令、押し付けに労基に来て、犯罪の強要に走って居る事が、厚生労働省、労基の積極的共犯犯罪の現実、を証明して居るとしか?警察,検察に、被害届け出も、刑事告訴もせず、見逃している事実でも、相互の闇の犯罪が?

自賠責事業、超えれば任意自動車保険対人補償、賠償事業は”労災事業が行って居る事の踏襲です”この法螺を、損保、司法、厚生労働省、労基も、法の規定も何も理解するものが無い強み?で、損保、司法の法螺に、労基、労災事業は、無条件で法螺を受け入れて、再現に走った、とんでも実例です、しかも「労災事業も”過去に労災適用の傷病被害に遭遇して、労災が適用されて、後遺症認定も下りた”事が、偶然分かった時限定で、過去の労災適用受傷情報が見つかればで、加重だの、犯罪診断で、合法補償せず、逃げられて居ます、偶然過去の情報が見つかれば、ですから、法の下の平等、法による社会正義実現の真逆の権力犯罪です」

この犯罪、加重と言う”労災が、医師の診断を無効化させて、でっち上げた診断が、絶対の効力を発揮する”自賠責、任意自動車保険事業も、この労災犯罪に追従しているだと、公の文書記載も合わせて、公式実行して居るんです”医師法強制無効化共々で、犯罪証拠を作成、発行、犯罪強制実行、権力ぐるみのテロ犯罪を、警察、違法の共犯で凶行も、公に実演等していますし。

でも「労基は”損保、司法テロと違い、医師の証明、労災適用受傷の治療継続中等”診断が出て、被保険者から出される等すれば、犯罪診断に、合法カルテ等を偽造して、合わせろ等、犯罪故行って居ません”損保、司法他、権力犯罪集団とは違って居ます”」

この国交省、損保、司法判事、嘘が発覚した事が、今後どう反映されて行くのか、医師、医療機関も、被保険者、第三者行為傷害受傷被害者も、きちんと考えるべきです、問い合わせ歓迎致します、特に医療関係から。

労災事業は、損保、司法命令が出たからと、主治医にカルテ偽造からさせて打ち切りは、常時はせず

  • 2021/09/20 08:00

国土交通省補償制度参事官室が、自賠責事業手続き代行損保と提携弁護士に、法令順守全て不要とさせて、あらゆる必要な犯罪の公認を、法務省、金融庁、裁判所、検察庁らと共謀して、凶行三昧させて居る、根拠は「労災事業に、自賠責事業は準じている、自賠責任意自動車保険事業が行って居る事は、労災事業が行って居る事のなぞりだ、こう強弁して、犯罪やり放題に走って通して有ります、が」

実例の通り「労災事業、厚生労働省は”損保、司法犯罪診断、賠償論で、常時法の破壊で、裁判官も通して判決も下すが”被保険者側から、医師法違反である、主治医は第三者行為傷害の受傷として治療を継続して居る、こう、医師の診断書、医学的証明書も添えて、正しく対抗されれば、十和田労基事件で証明されているように、国土交通省、自賠責事業、手続き代行損保、法曹権力共謀犯罪への追従は、基本出来ないからしない訳です”」

厚生労働省だから「公然と、損保、司法犯罪用用に従い”主治医にカルテから偽造させて、第三者行為傷害受傷抹殺させて、これを武器とさせて、労災打ち切り、公的事業に詐欺支払い付け回し”は、おおっぴらに出来ません、ばれない所で行っては、でしょうが、発覚したなら、厚生労働省ですよ、破滅に瀕するから」

国土交通省、自賠責事業、手続き代行損保、共済、司法共謀犯罪「損保犯罪診断が正しいと、裁判官も判決、決定ででっち上げて、主治医にこの犯罪診断通り、カルテ等を偽造させて、第三者行為傷害証拠を抹殺して、事実証拠捏造で成功させて有る、ですが」

交通事故労災の場合、十和田労基事件の通り「損保、法曹権力は、犯罪診断が適法と判決、決定で捏造決定しても”労災打ち切りを果たすには、労基、厚生労働省に強要、恐喝を行って従わせて、医師に第三者行為傷害医療記録を、労基が指示して偽造させて、第三者行為傷害の証拠抹殺”が必須と言う事です」

でも「労基、厚生労働省は”被保険者側から、犯罪診断が正しい等と言う判決に、医師法も含めた合法は無い、医師の医療行為、診断で、第三者行為傷害の治療と証明出来ている、カルテ偽造、補償踏み倒し、一般傷病と捏造、公金から医療費詐欺は認めない”と公式反論されれば、労基、厚生労働省は、犯罪強要に従えません、実例通りです」

この、十和田労基損保、司法恐喝、強要直接実行して失敗事件、厚労省相手の犯罪の武器が、犯罪診断が正しいとの合法無し判決での事件、公開失敗でも、労基が手を汚して居る犯罪を、国交省、自賠責事業、損保、共済、裁判官、医師、健康保険等が追従して居る、は嘘と判明して居ます、私の尽力が功を奏した結果、平成18年から、この類の、損保、司法命令に従った、労災犯罪を禁止させたからです。

自賠責事業が犯罪事業、極悪非道な現実

  • 2021/09/20 07:38

法令順守の対極にある、国土交通省、所管している自賠責事業、自賠責対人補償枠を超えれば、合法破壊特権を、自賠責手続き代行事業損保、共済、提携弁護士が、闇で持てている、国の強制補償保険事業の自賠責事業、の手続き代行ですから、法に照らし合わせれば、国家公務員法から順守必須、の筈が「関係する法律で、刑事罰が科せられる法律も何も、摘発、処罰されない治外法権特権が、損保、共済、提携弁護士に、現実に与えられて居る訳です、何しろ”医師法違反等から手を染めて、合法な労災支給を打ち切れ!と、厚生労働省、労基に直接、強要、恐喝まで出来て、犯罪責任不問です”」

何処にも合法の無い、医師法違反から手を染めている、損保犯罪、でっち上げ診断が、医師法蹂躙で、合法無しで正しいだの、常時判決を下している、犯罪が常に通されている司法テロ!が武器と出来ており「普通であれば、厚生労働省医政局医事課、保健局保険課等と、都道府県庁、市の同様法律所管部署等が”この損保指揮、司法ぐるみ犯罪命令に、医師、医療機関にも医師法他蹂躙指示を出して、カルテから損保、司法テロが正しいと証拠偽造で偽らせる犯罪に走り”」

合法な対人補償、賠償踏み倒しを、証拠偽造で正当と偽り、労災詐欺打ち切り、健康保険詐欺、生活保護費詐欺、傷病手当詐欺(組合健保の犯罪、件の母親の疑惑の詐欺行為、人身交通事故事件でも、損保が不払いに走ると、組合健保加入被害者なら、虚偽一般傷病で、傷病手当が支給される仕組み)等等、国中で凶行三昧されています。

国土交通省補償制度参事官室、損保、共済、料率算出機構、調査事務所が言い張って来て居る「同様の犯罪、医師法蹂躙、公的資金詐欺組み込み犯罪で、合法補償、賠償踏み倒し、公的事業に詐欺で付け回し、医師にカルテ、レセプト偽造強要で従わせて成功させて居る犯罪は、労災事業も手を汚して居るから、自賠責事業も倣って居るんだ!この強弁、事実でしょうね、但し」

労災事業、厚生労働省に関しては「この一連の犯罪、労災事業では”医師法から違反だと、正しく指弾されて”医師にカルテ等偽造をさせない、健康保険に医療費詐欺をさせない、等の手を打たれれば、自賠責事業、任意自動車保険事業と違い、労災犯罪打ち切りは、厚生労働省はしません、出来ません、自賠責事業、国交省補償制度参事官室、損保、共済、法曹資格者、司法犯罪権力は”闇で厚生労働省が、犯罪命令に追従した事件”だけを、全部が犯罪で追従と、法螺を吐いて居るのです」

まあ「ほぼ”損保犯罪診断のみ判決で通す”後は医師にカルテ、レセプト偽造させて、労災打ち切りも常時成功、合法補償、賠償踏み倒し、医療費等公金詐欺を、保険者らも共犯で実行は、現実に、ほぼ成功させられて居るんですしね、私が合法のみ求めた労災事案以外、基本犯罪に追従でしょうから」

損保、司法犯罪実例証拠、犯罪証明、行政の加担

  • 2021/09/20 07:06

;十和田労基署に、損保ジャパンとあいおいニッセイ同和が委任した弁護士が”医師法蹂躙、交通事故労災事案で、被害者、被保険者が負って治療して居る、第三者行為傷害の治療、賠償期間は(損保様がでっち上げただけ('◇')ゞ)事故から8ヵ月が正しい第三者行為傷害の医療、賠償期間だ、合法根拠は無いが”神である裁判官が、合法根拠無しで判決を下した、神の託宣で、健保、堀津規定破壊が果たされた、強制追従しろ!神の託宣なのだから、この犯罪判決を携えさせて、厚生労働省、十和田労基をxx、xxさせた、とんでも犯罪事件、一旦医師法も無視して、乗った十和田労基でしたが、私から”医師法から違反、そんな判決は無効、犯罪に追従しては駄目、厚生労働省が”と通知されて、我に返り、医師法違反の判決に効力無し、労災支給金回収不要、支給も、医師の診断に従い、判断する”と、合法公務としました。

※この蛮行、自賠責事業所管官庁の筈の国土交通省が、自賠責手続き代行させて居る損保、共済、提携弁護士に、弁護士法、自賠法、医師法、医療法、健康保険法等を蹂躙の公認、加担に走っており、犯罪に走らせて居る結果です”国土交通省所管の自賠責事業で、手続き代行させて居るだけ、国の補償事業なのに、国家公務員法遵守も不要と言う、犯罪の公認で”この構図で、厚生労働省所管の、医師法等適用法律順守が鉄則の、労災事業に対して、医師法他蹂躙の、裁判官も手を汚した、合法な国の補償事業遂行潰しを、厚生労働省に対して実行したのです、国土交通省が、損保ジャパン、あいおいニッセイ同和に、ここまでのテロ犯罪を行わせた、厚生労働省、十和田労基は、私が法令違反、判事は禁止、と通知したから、医師法違反他犯罪を思い止まりました、労災事業がj陪席事業、手続き代行損保、提携弁護士、裁判官共謀、確たる犯罪強要を蹴り、合法公務を遂行しました。

国土交通省、自賠責事業実施?料率算出機構、自賠責調査事務所?手続き代行名目、自賠責、任意自動車保険損保、共済は「自賠責事業、自賠責を超えれば任意自動車保険事業で、同じ所業を手掛けて居る、人身交通事故受傷被害者相手の補償、賠償手続きは”労災事業に準じており、同様の業務を、労災事業も行って居る”と強弁して居るけれど、完全な嘘だと言う、動かぬ実例の、極悪証拠です」

医師法から蹂躙した、損保、司法犯罪判決を武器で携えて「厚生労働省、労災事業に対して”医師法他違反犯罪が、自賠責、任意損保のでっち上げ主張通り、民事の判決で通った、厚生労働省、労災事業、この犯罪判決に従え!と強要、恐喝実行、労基は犯罪強要拒否実例、公務実例です、何故強制捜査されないんだ?私が法を持ち、犯罪を禁じたから、仕方なく犯罪に走らなかっただけ、何時もは言いなりに手を汚すから?と取られるよ?

この一件だけでも「国土交通省、自賠責事業料率算出機構、調査事務所、手続き代行損保、共済司法が犯罪公認請け、自賠責、任意自動車保険犯罪で踏み倒し特権闇で行使、普通は犯罪命令に、厚生労働省他も、所管法律蹂躙で追従?が証明出来ています」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745500
ユニークアクセス:4919377
今日
ページビュー:2725
ユニークアクセス:2681
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed