エントリー

2021年09月21日の記事は以下のとおりです。

犯罪判決を携えて、厚生労働省、十和田労基を恐喝、強要、損保、提携弁護士の勢い

  • 2021/09/21 17:02

何故、損保、共済、提携弁護士、司法、警察等は「ここまでの極悪非道を超えた、テロ犯罪し放題で、犯罪責任免責特権も持てて居るのか、国土交通省の、自賠責事業が先行で使われるから、国の事業の手続き代行だから、法律蹂躙し放題で通る、こう言う論法です」

ですが、損保、共済、提携弁護士は「国の強制補償保険事業の手続き代行を、国から請け負える資格、国家事業実施なら、国家公務員と同じ、情報守秘責任が課せられなければならないが、情報守秘責任無しで、守秘情報垂れ流し、悪事に使い放題が通されています、国の強制補償保険事業の、守秘情報でこれが認められて、通されています」

更に、合法補償、賠償せず、逃げられるように、必要な犯罪全て「国土交通省が所管する、強制補償保険事業の手続き代行業務だから、法の適用を免除するから、犯罪で必要な物は、幾らでも公に、犯罪に手を染めて、犯罪責任を負わず通されて居る特権、も、実際持てています」

日本国憲法、法律全てを、自賠責事業の手続き代行事業社だ、と言う理由で、蹂躙して、犯罪で処罰されない特権が、実際損保、共済、提携弁護士他司法に、公然と与えられており、犯罪やり放題国家となって居ます。

医師に、第三者行為傷害治療証拠カルテを、犯罪圧力を掛ける、医療費い掛りで不払いで追い込む、等の手で、一般傷病カルテへと偽造させ放題特権も、当然認められて居ます。

この、カルテ偽造強要で実現特権の行使で、賠償踏み倒し自由自在が果たせているし、犯罪で保険金支払い踏み倒し後の付けを、労災事業、健康保険事業、保護事業等に、カルテ偽造させており、偽造の手で付けを回せても居ます。

極悪非道を超えた、テロ行為集団です「この一連の犯罪に”正しい犯罪だと、合法無くお墨付きを与えて居るのが、司法犯罪国家権力、裁判官カルトです”十和田労基強要、恐喝に用いた、犯罪が正しい判決文書、あれ等です、結局医師法違反判決は、効力無しで蹴られて、恐喝、強要はしくじったけれど、とんでも無さ過ぎる、損保、共済、司法、国交省テロ犯罪です」

是非とも、この厚生労働省、労基相手の、言い掛かりを持った恐喝、強要犯罪にも、捜査、監査を正しく入れて貰わなければ、私が受けて居る、非道な犯罪行為被害も。

合法であれば

  • 2021/09/21 15:28

国土交通省補償制度参事官室、上中係長がしらを切った、損保ジャパン、あいおいニッセイ同和、裁判官共謀犯罪の証明の為、十和田労基へ損保提携弁護士を殴りこませた、目論見が、労災事業に犯罪を行わせて、交通事故労災犯罪打ち切り、を強要した事件の関係書類を送信しました。

平成22年から、数年毎に送り続けて居る「交通事故労災支給を”主治医にカルテ偽造させて、打ち切るぞ”強要を潰す為、合法に出来る訳が無い、犯罪でこれを果たす事は禁止、の通告文書を、数年毎に送り続けて居るんです、国土交通省にも、知らない、訳が無いです」

この、詐欺訴訟を扱った裁判所、事件名も、きちんと告知しました、被害者さんと交わした、調査等委任状も、何度目かの送付を行いました。

今後、検察庁の、この巨大国家権力犯罪捜査がどう展開して行くか、表に出るかどうかも不明ですが、損保に、言い掛かりを持った、労基相手の強要、恐喝事件を軸とさせて、自賠法違反、医師法、医療法違反、健康保険法違反事実に付いても、医療監視、健康保険監視、医療法第25条等による、医療法違反調査等も合わせて、これ等行政の監視担当が、医師も加えて、検事と共に、捜査、監査に入る事も実現させたいと思って居ます。

国土交通省、損保、共済は「医療情報違法入手、違法扱い、強要、恐喝の武器で悪用事実に付いてや、これ等守秘情報を違法入手して、他にも漏洩もして、犯罪に使って居る事実も、証拠が出て居ますから、違法に手に入れた、守秘情報横流し、犯罪悪用事件も、一気に捜査、調査して、山の用に犯罪証拠を揃えられるでしょう」

一体毎年、どれだけの件数、金額、国土交通省、自賠責事業、損保、共済、司法共謀極悪犯罪が凶行されて居て、どれだけの金額の、犯罪被害が生み出されて居るのか、近代法治国家の対局事実が、出来る限りきちんと、数多く、公式証明されて、少しでも不当な被害を受ける人が減るように、これを実現させる時期を、一日でも早める事で、不当な被害を受ける第三者行為傷害被害者を減らせる、と思って居ます、自分が一番先が良いけれどなあ(;'∀')

権力犯罪の実例証明が、国の強制補償保険事業を、民間損保共済、提携弁護士が独裁支配、犯罪三昧

  • 2021/09/21 13:20

損保、共済が、人身交通事故事件被害者の情報等を「国の事業なのだから、国家公務員の情報守秘責任から、関係法律の正しい遵守の徹底も、全て蹴っ飛ばせて、賠償踏み倒しに、任意損保事業での賠償踏み倒し等にも、好きなように国の補償事業守秘情報を垂れ流し捲れて、脅迫、恐喝、強要に使い放題出来ています」

しかも、たかが民間事業者である、損保間でも「自賠責事業と言う、国の強制補償保険事業の、国の責任で守秘して、悪用を禁じるべき情報の筈なのに、自賠責情報横流しし放題、合法補償、賠償踏み倒しに悪用され捲っても居ます」

自賠責事業が「準じて事業を行って居る、と強弁する、厚生労働省の、労災事業では”そもそも、労災事業の実務も、全て厚生労働省、労基と言う、国の機関が、厚生労働省職員に、国家公務員法から、労災保険関係法律から、遵守させて運用して居ますから”自賠責事業のような、国の強制補償保険事業、国の守秘情報を、民から民に横流しもし放題して、恐喝、強要、詐欺等に悪用し捲りは、して居ませんから、自賠責事業、実務実施民間損保、共済が言い張る、自賠責事業の犯罪は、労災事業で厚生労働省、労基が行って居る犯罪に、準じて手を汚して居る犯罪で、労基、厚生労働省犯罪をなぞった犯罪だ、は完全な法螺です」

元々損保、共済、提携弁護士連中は「自賠責事業先行だから、国として、どんな犯罪も認められて居る、だが”犯罪を指示、命令しても犯罪とされない、犯罪に手を染めた医師、医療機関、健康保険、生活保護事業、労災事業、監督官庁らが、犯罪責任を問われるだけだから、損保は、幾らでも犯罪に手を染めて逃がされるし、犯罪を行わせても、実行犯では無いから処罰も受けない”」

こう嘯き、犯罪の限りを尽くし捲って来たんだから、確信犯罪者だから、自賠責事業と言う、国の強制補償保険事業で集めている、国の責任で守秘が必要な情報横流し、恐喝等に悪用行為も、犯罪を損保、共済、提携弁護士と言う、民間事業者が行っており、公務員の情報守秘責任も適用されず、罪にも問われず、違法横流し、悪用し放題で通って居る、と嘯いて来て居ますから、完全な確信犯です」

ようやくこの、巨大損保、司法他テロ犯罪にも、メスが入りだすでしょう、ようやくですね。

労災事業は、損保、司法ぐるみ犯罪を否定した

  • 2021/09/21 08:57

労災事業、厚生労働省の事業で、厚生労働省、労災事業は”国土交通省自賠責事業、手続き代行損保、提携弁護士、司法が言い張って居る、各種犯罪を凶行して、合法補償、賠償を踏み倒しに成功させて、治療費等は、各扶養公的制度に主治医にカルテ偽造からさせて、医師法蹂躙犯罪を命じて、合法補償、賠償踏み倒し、治療が必要な被害者には、公的事業へ、一般傷病と偽らせた上で、治療費詐欺支払いさせて居ます”私も、複数回の交通事故受傷で、これに手を染めたし(;^ω^)

所で「警察から要請されて来た”特に十和田労基、損保、提携弁護士が、犯罪に厚生労働省、労基を従わせる目的で、直接犯罪をしろ、と強要、恐喝した事件”を軸として、検察庁に捜査を求める件、ようやく、ほぼ必要な証拠実例も揃いましたから、警察経由で、札幌検察庁に、巨大権力犯罪です、警察の手に負える訳がりません、上げて頂ける手筈も付きました」

国土交通省、労基にも、この成果を伝えて有ります、もう隠蔽工作は効きません、十和田労基、厚生労働省相手に、直接恐喝、脅迫を行た、損保、弁護士犯罪、武器が「犯罪診断が正しい判決と言う、司法ぐるみ犯罪です」

しかも「私が打った手が功を奏して、厚生労働省、労基は、損保、司法、自賠事業からの、医師法蹂躙からの犯罪を、法により拒否して居ます、当たり前です」

要約、警察からの、損保、自賠責事業、任意自動車保険事業、傷害保険適用事件に、大きくメスも入るでしょう、国土交通省、厚生労働省、法務省、検察庁、裁判所が共謀犯、極悪な、テロ犯罪です、合法は何処にも有りません。

そもそも、民間事業者の損保が、自賠責事業の手続きを請け負ったからと、法令遵守も不要で、被害者の治療情報、別の治療情報も、好き放題抜いて、脅迫、恐喝に悪用し放題も出来ている事が、とっくに強制捜査すべき犯罪ですから、本当に極悪非道な、国の強制保険事業犯罪です、つづく!

第三者行為傷害事件で、損保が、加害責任者を被保険者とした事件の場合、損保が賠償踏み倒し目論見の、犯罪行使特権が発動、警察、司法が協調

  • 2021/09/21 07:52

今日一番の書き込み内容を見ても分かるように「損保が、第三者行為傷害事件加害責任者を、賠償債務の補填で、被保険者となる場合”闇の犯罪制度、損保が合法を守り、正しく被保険者が負った、第三者行為傷害被害者に対して負った、損害賠償債務補填支払い責任を、法令遵守に沿い、果たさず逃げられるようにと”損保、共済、提携弁護士に先ず、合法な保険支払いを逃れられるように、必要なあらゆる犯罪行使特権を、闇で与えて有る上に”犯罪が証明されても、刑事罰則全て免責と言う、テロ特権も与えられて居ます」

この、損保、提携弁護士用、合憲、合法根こそぎ破壊特権提供理由は「損保、共済、提携弁護士に、国の強制対人補償事業である、自賠責事業実務ほぼ全て実施特権を、法令違反、自賠法、弁護士法、労働者災害補償保険法、医師法、医療法、健康保険法違反行使特権に、該当先へ、これ等法律蹂躙強要特権を与えて有る上、これ等犯罪行為全てに付いて、刑事罰則免責特権を、自賠責事業手続き代行者だから、と言う理由で、闇で与えて有ると言う、理由ですらない、詭弁、法螺を持った、テロ特権提供です」

ここまでの、法律の根本破壊テロ特権を、じゃあ「労災事業で、厚生労働省、労基が持って居るか?と言う事です、こんな犯罪、テロ特権を”自賠責事業が、手続き、扱い全て、労災に準じた事業実施と言い張るが、労災事業は、ここまでのテロ特権は与えられて居ませんし、損保、提携弁護士、自賠責、任意自動車保険事業で行われている、多数の犯罪を、労災事業で、厚生労働省の役人が指揮して、関係先に行わせてばれれば”労基職員も、関係先犯罪行為者も、無事では済まなくなります、損保、共済、提携弁護士と違い、犯罪行使特権と、犯罪免責特権等、日本国憲法、法律規定上、たかが民間事業者である損保、弁護士に、持たせられる訳が無いのです」

これが「国土交通省補償制度参事官室、自賠責事業実施、料率算出機構、自賠責調査事務所、民間事業者の損保、共済、弁護士連中が言い張り、犯罪やり放題が現実の、自賠責事業、任意自動車保険事業と、倣っており、同じ犯罪に手を染めて居ると、こいつらが言い張る、労災事業の実態です」

自賠責事業、任意自動車保険事業で行われている、多数の法治国家破壊、テロ犯罪実行は、労災事業で行われている犯罪の踏襲だ、は大嘘と言う事が「そのと提携弁護士犯罪、厚生労働省と十和田労基強要、恐喝事件と、私相手の自賠責、任意自動車保険金犯罪踏み倒し用、日常生活賠償保険金踏み倒し目論見犯罪で、公に正しい事実で、犯罪処か単なるテロだと、労災事業は、同様の犯罪に手を染めて居ない事実共々、はっきり立証されています」

労災に準じた国の補償事業、自賠責、範囲を超えれば任意自動車保険、比較した結果が

  • 2021/09/21 07:18

;労災が適用される、労働災害死傷事件、労働者で扱われる被害者、被保険者である事が条件、の場合”労災事業は、労働基準監督署、厚生労働省が事業を所管しており、労災の適用の可否調査から、支給受付等も、主治医や医療機関に対しての調査から、労働者災害補償保険法、医師法他を順守が鉄則で”公務として行われています。

;一方、国土交通省が所管して居る、国の強制補償保険事業の筈の自賠責事業、範囲を超えれば、任意自動車保険の適用に”損保、共済内部で切り替えたように、誰も分からない手続き?”が取られている、らしい?又”損保、共済に、被害者側から、法令違反(まあ、事業自体が法律外で、全案件これですが)を指弾されれば、自賠責事業と言う、国の強制補償保険事業なのに”加害者が委員した、体を言い張るだけで、弁護士なる連中が、自賠責事業任意自動車保険事業を、強権も無いが、強権が有る法の外側設定で、強制的に仕切るからくりとして有ります。

;労災事業の場合は”厚生労働省が、労災事業全般を扱って居ますから、公務所として、役人が、法令遵守と、情報守秘責任を果たしていますが”自賠責事業、闇で任自動車保険異切り替えている?外部には知らせず、事実かどうかも不明、国の強制保険事業でありながら、国の事業として、法令遵守、情報守秘責任も果たさず、損保、提携弁護士らで、得た情報悪用し放題、こんな国の強制保険事業で、実際に行えています。

;交通事故労災事件となれば”この、合法と犯罪で、真逆の国の第三者行為傷害被害者に対する、補償保険事業”がぶつかり”国の強制補償保険事業で須賀、法の破壊、民間が何故か、法の破壊で事業を独裁支配出来ている、自賠責、任意自動車保険事業が、労災事業に補償、賠償責任放棄で、犯罪で付けを回して逃げられて居ます”損保、提携弁護士、司法がこれを常時成功させて居ます。

;理由の一番は”厚生労働省、労災事業は、労働者災害補償保険法の規定も、医師法も、公となれば、遵守が必須とされますが、厚生労働省が、所管補償保険事業実務を遂行して居るから”一方、自賠責事業、損保と提携弁護士、司法闇独善で、犯罪特権を得られて居る任意自動車保険事業は、自賠法、医師法、この連中が行った、犯罪行為に掛かる刑法が、先ず強制免責で通されて居ますから、犯罪し放題出来て通って居ます、

;この、テロ特権を好き放題活用して、医療法、健康保険法、生活保護法蹂躙を、被害者の主治医に先ず、カルテを第三者行為傷害治療から、一般傷病へと偽造切り替えさせる、医療費踏み倒し等圧を掛けて、手を汚させて、労災詐欺、健康保険詐欺、生活保護費詐欺等に付けを回せています、当然ですが、第三者行為傷害治療カルテを、一般傷病カルテに、偽造で切り替えさせられて居るから、被害者への補償、賠償も、踏み倒し放題出来ています。

この、二つの”国の機関が所管する、第三者行為傷害受傷人身被害者救済目的の筈の、強制補償保険事業の実態”で分かるように、労災事業は、国が所管する事業として、事業母体である、厚生労働省が、国家公務員法から守り、労災保険関係法律も、医師法他医療系の法律も、公式となれば、基本守って事業実施して居るが、自賠責事業、闇で切り替えたらしい?自賠責、任意自動車保険事業は、自賠法、医師法、刑法から、蹂躙して処罰逃れ特権が、実務を行って居る損保、共済、提携弁護士に先ず、無条件の犯罪特権、医師も労災事業、健康保険、生活保護事業も何処も、犯罪で言いなりにさせて、犯罪に従わせられる、テロ特権が与えられて居る訳です、同じ国の対人傷害被害補償保険事業で。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745674
ユニークアクセス:4919551
今日
ページビュー:2899
ユニークアクセス:2855
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed