エントリー

2021年09月26日の記事は以下のとおりです。

厚生労働省の出方は?

  • 2021/09/26 16:09

自賠法だ、診療情報、健康保険情報抜き放題、横流しし放題、犯罪使用やり放題出来ている、この守秘情報を、医師でも無い、当然医療機関でも無くて、医師、医療機関、健康保険組合、レセプト審査機関、労災事業等から、違法、犯罪と向こうも承知だから「違法横流しで送った後、その先の、犯罪使用目的、更なる違法横流しの足が付かないように?横流しを受けた、損保、共済の、違法横流しを受けた担当から、故意に隠蔽して、違法横流ししてくれている、この犯罪情報入手、横流しし捲りで、賠償支払い潰しの武器を手に入れられて、恐喝、強要、詐欺に成功して通せて居る」

今では損保、自賠責事業は、この一連の、医師による、合法な医療行為、診断叩き潰し特権の、公式な行使、犯罪で医師法無効化成功を、常時通せるまでになって居ます。

これ等の、自賠責、損保第三者行為傷害賠償債務補填等、法によって保険金支払い責任を負って居るが、犯罪行使が認められて居て、合法な主治医の治療、診断叩き潰し、犯罪診断特権で、合法支払いを潰せる、この犯罪賠償、犯罪で支払い却下特権により、合法支払い叩き潰しし放題、出来て居るから。

犯罪で収益を、好きなように得られています、合法を求められて居ない、犯罪で合法支払い潰し自由を認められて居るから、犯罪で収益を手に入れ放題が、更に徹底されています。

自賠責事業、損保事業の犯罪実態振りは、私が被害者となった、複数の第三者行為傷害被害事件で、身を持って犯罪被害を受けさせられて居るので、実体験で様々承知しており、犯罪事実証明を果たして、公開し続けて居ます。

医師法を、法律規定通り遵守が必要、医師はこの法律で縛られているが、自賠責事業、損保、共済、法曹資格者、司法機関、法務省らは「医師法違反凶行特権から、国の闇で持てて、行使し捲れて居ます、医師法蹂躙特権が、現実に与えられて居て、主治医の医療行為、診断無効化、犯罪とでっち上げで決めて通せる、恐ろしいテロ行使特権が与えられて居るんです、傷害致死事件で、傷害罪、傷害致死事件の捜査から、賠償潰し用に、警察、検事を指揮して、恣意的な方向ずらし迄、実際果たせています」

医師法蹂躙、無効化まで出来ている法律破壊特権が、実際持てて居るから、冤罪を仕組み、被害者を詐欺犯でっち上げで陥れも、自由に成功出来ています。

法務省、司法、警察が、当然直接共犯、犯罪で成功させる、にも関与して居ます、法令遵守は絵空事、テロが日常の、国家権力集団国家です。

公式に、医師法違反文書も出して、通って居る、医師法破壊

  • 2021/09/26 15:33

医師で無ければ、医業を行う事を、刑事罰則も設けて禁じて有る、近代法治国家では、日本国も、表向き近代法治国家の振りをしており、同じ法の規定です、が。

実際には「損保、共済職員、自賠責事業の連中は、公然と医業から、無資格で行い、通されています、犯罪ですけれど、この連中は、公然と無資格で、医業も行えて、主治医の医療行為、診断等を、法に反して叩き潰せて、通って迄居ます、厚生労働省、法務省、警察、司法、報道カルト等が共謀犯となっており、この国際犯罪も、公然と凶行出来て居て、通されています」

ここまでのとんでも犯罪が、公然と行えて、通されている理由?は「自賠責事業を、民間業者が丸投げされて、手続きを行えて居るからと言う、何処にも医師でも無い連中が”主治医の医療行為、診断法に反して、強制否定まで出来て通って居る、法律根拠では無いのに”ここまでの、完全なテロ犯罪も、公に行えて、犯罪と承知で、摘発も何もされず、通せて居るのです」

医師でも無く、医療機関でも無い損保、共済、自賠責事業、国土交通省が「犯罪で、被保険者、債権者の、第三者行為傷害も含めた、診療情報、健康保険情報、労災適用情報等を、共犯期間等から、犯罪者相手と承知で提供を受けて、犯罪事業者間で、犯罪用に更に横流し捲り、賠償を踏み倒す目論見で、恐喝、強要等に悪用三昧出来て、犯罪責任を逃れられて居ます」

この一連の犯罪が、もう医師法の破壊が当然、まで嵩じており「医師でも無い自賠責上、損保、共済職員が”医学的所見”も、公式に、主治医の医療行為、診断の否定の武器として下しており、医師法蹂躙、主治医の治療、診断叩き潰しも成功させられて居ます、司法、警察、行政が、ここまでの犯罪を、犯罪と承知で見逃すまでになって居ます」

ここまでのテロ国家に成り下がり切って居る現実、実例証拠を持った上で、傷害事件まで、損保、自賠責事業で指揮を執って、通せて居る事態まで招いて有る上で「自賠責事業、損保事業による、医師法違反からの犯罪を、共謀犯の一角厚生労働省は、公の医師法違反他、公式犯罪事実、証拠に対する、医師法違反、医療法違反、健康保険法違反の監査、調査、告発を、さてどうするのか、私は公式に、刑事事件で合否を捜査項目とさせて有る上で、厚生労働省に、医師法違反他犯罪事実を、厚生労働省所管法律を正しく適用させて、監査、検査、告発を求めたのですから」

刑事事件に、直接絡む、医師法蹂躙犯罪も、公式に捜査項目、医師法による、合否証明事項とさせて有るのですし、厚生労働省が、医師法違反から適法とするなら、憲法から変えてから、です。

多くの医療機関、医師、公的事業を巻き込み続けての、自賠責、任意損害保険、司法共謀犯罪

  • 2021/09/26 10:38

ここまで犯罪の証拠が揃って居ても、損保指揮、違法、行政、警察、報道他権力犯罪で有るから、損保も嘯いて、通っている通り、どれだけの犯罪に手を染めて、ばれようとも、司直の手が入る事は有りません、実行犯しかいない国家権力、だからね。

医師法違反が、法の規定破壊で、合法無く損保、共済、自賠責事業で、闇で認められて居る、その先に必要となる、言い掛かり、でっち上げ、虚偽犯罪により、自賠責、任意損害保険合法支払いを潰す為に必要な犯罪は、損保、共済、自賠責事業、司法に、全部の犯罪凶行を、摘発をせず、認められて居る、これが実際ですからね、犯罪を証明した所で、訴え先が全部実行犯、どうもならんって。

挙句「労災事業、健康保険事業、レセプト審査機構等が先に立って、憲法、法律で、違法漏洩、悪用目的情報横流し禁止、となって居るにも拘らず、犯罪と承知で、犯罪更なる横流し、賠償潰し用悪用の武器で、犯罪提供し捲って居ると来ています」

この、犯罪で違法に守秘情報が流されて来て居る、損保、共済は、更に横流しし捲り、合法支払い潰しに悪用して、犯罪利得を得放題出来ています、この為に、労災事業、健康保険事業、レセプト審査機関他は「犯罪と承知で、恐喝の武器とさせて、損保犯罪集団い、闇で、犯罪と承知で横流しし捲り、恐喝、詐欺の武器で使わせて居ます」

医師法違反から損保、共済は、認められて、犯罪三昧に走って居ます、国交省、金融庁、法曹権力、警察等が、自賠事業、任意損害保険事業者が、合法保険金支払いを、恐喝、詐欺で潰せるように、闇で認めています、極悪非道な現実です。

今日の、厚生労働省に対する、医師法違反他証拠も添えた、調査要求、刑事告発要求で、厚生労働省は、どう出るか、言い逃れ出来ない、医師法違反記載、公式損保の回答文書、自賠責事業と共謀の、医師法違反犯罪証拠他です、あれが大丈夫なら、医師法遵守は不要、無資格で医師法業務し放題出来ます、シャーマン、祈祷師、陰陽師等と同様だと言う。

疑惑は不可なるばかり

  • 2021/09/26 10:12

資質から備わって居ない、当然ですよね”先代から始まり、子に、神の依り代一族、を装う教育も施して来なかった”んだから、装い方と、神話の教育を施しもせず、まあ、先代もでしょうが、部外者の反力には、らしく装う教育もなされて居ない訳だし、キリスト教では、神道と、天皇家の歴史など、知らないのだから、子に教育出来る訳が有りません。

これを受けて、現行の象徴は”先々代から、象徴としてふるまう、必要な儀式等教育を受けて、天皇の歴史、神道の歴史等を学んだ訳です”だから、装えるし、振舞えるだけです、教育を施されて、身に付いた結果として、ですが。

弟は「根本的に、頭と人間性が”らしく振舞う方法も、神道、天皇家の歴史も何も、まるで覚える事も出来ない、この事実を、両親も、良いよい、どうせ税金で、王侯貴族、独裁者で暮らせるのは同じだ、を求めて今の結果で”何も知らないと来ていますし、伴侶はx国の血統と来て居る、子に、神道の歴史、振舞い、儀式の手順、天皇の歴史など、この両親には、自分も何も知らない訳で、子に教育など施せないのは当然です」

「大和民族の頂点に、天照大神の末裔の血統、神の依り代一族”だの、誰も信じてすら居ない、DNA鑑定結果を、先ず示せ、取りあえず先代、息子と孫全員の、DNA鑑定の結果を先ず示せ、旧宮家の血統者も”と、当たり前を言われて、出来もしないで」

天照大神の血統、神の依り代一族だだの、この時代に誰が本気で信じるか、あくまでも「らしく装える必要が、それをなす教育を施す事と、身に付けて、きちんとらしく振舞えて、儀式も遂行出来る必要が有る、これを求めているだけだ、実際の本性は”先代夫婦のように、勝手に下りたが、特権は握り続けて、濫用三昧を重ねて、本性を国民に晒し捲って居る”長年、らしく振舞い続けた功績を、自分達で反故以下にした、高齢になって迄、権力を保持し続けると暴走したら、こう言う結果を生む、官民でも日常ですが、理解力も無かったんでしょう」

で「この一族の一人が、色狂いの性質だったらしく、ひもに狂い続けて、闇で資金提供?特権濫用をで、ひもに下駄を、不正手段で履かせ捲った中の”フォーxム大学LLCと、JDでしたか?ロースクルール入学、卒業に付いて、この大学に、アメリカの公認会計士資格も持ち、アメリカ等のクライアントら相手に仕事して居る人が、二回のロースクルール卒業に付いて、回答を求めたと、ネットに載って居まして」

大学からの回答として「LLCは、2018年に入学、2019年に卒業と回答文が来たが、その先の、JDでしたかに付いては”守秘情報で答えない”と、メール回答が来たと?じゃあ、LLC入学、卒業情報は、守秘不要な情報か?更に疑義が大きくなっています」

アメリカの大物俳優らが過去、子供を不正入学させて、違法で卒業資格を得させて、何人も訴追されています、この、日本国の独裁集団式の所業、日本の独裁国家権力が、権力乱用犯罪を、アメリカで展開、の構図と。

国の機関が憲法破壊から

  • 2021/09/26 06:55

@田村厚生労働大臣、自賠責、任意自動車保険、傷害保険民間事業に法を犯し、行わせて居る、医師法違反他、厚労省所管法律蹂躙、下記重大犯罪に対して、共謀犯罪機関、違法な情報横流し、犯罪に悪用させて居る、厚労省所管法律事業、国土交通省から、厚労省所管法律違反事実を持ち、調査、刑事告発、処分を求める

                                  令和3年9月26日

田村憲久厚生労働大臣
TEL03-5253-1111
FAX03-3591-9072(医政局医事課2566)
FAX03-3502-6488(労災補償課5463、資料は医事課へ)
赤羽一嘉国土交通大臣、補償制度参事官室上中、斎藤、関根係長他
TEL03-5253-8586 自賠法を持ち出すなら、任意自動車保険
FAX03-5253-1638 へ、情報不特定多数先横流し時点で犯罪
上川陽子法務大臣、大臣官房、司法法制部、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 医師以外が医療情報不正入手、犯罪診断
大谷直人最高裁長官       法曹資格で医師他国家資格事業、法を犯し
FAX03-3264-5691 て蹂躙は犯罪
綿引真理子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 刑事、民事共、証拠は合法のみ有効
田辺泰弘札幌高検検事長、恒川由理子札幌高検検事長
FAX011-222-7357 医師以外医業禁止、医師法第17条罰則

                〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                       山本弘明
                            携帯080-6092-
                            FAX011-784-5504

1,厚生労働省、日本は議会制民主主義が憲法の大前提”よって、医師と言う国家資格は、国と同等で有り、下記憲法、法律規定による、患者の情報守秘も認められて居るのです”患者の診療情報は、患者の基本的人権に属する最重要情報、憲法第11条によるのと、主治医の治験データだが、患者の人権に属する為、守秘される情報故、主治医は治験情報で使えない代わり、憲法第29条により、主治医の知的財産権として、国からも守秘が認められて居る、憲法、慶所訴訟法第105条で押収拒絶権、149条で証言拒絶権も認められて居る、国家権力からも守られた、グローバルスタンダードで共通の、違法漏洩禁止、違法取得、悪用禁止情報です。

2,しかるに現実は、医師法から蹂躙は、各法の規定で禁止、違反者には刑事罰則適用なのに”医師法は遵守不要、自賠法、健康保険法、労働者災害補償保険法、保険業法等で、医師、医療機関、保険者、労災事業から、診療情報、健康保険情報、労災情報を自賠責、任意自動車保険シャッフル、一括代行なる、自賠責と任意自動車保険、傷害保険民業、犯罪事業に流し捲り、自賠責調査事務所、損保職員が相互に闇でこれ等情報横流し、悪用三昧、医師法違反診断で、主治医の医療行為、診断を強制否定、この先は、主治医にカルテ等偽造させ、犯罪診断が正しいように偽装、自賠、任意自動車保険、傷害保険金不払い、公的資金詐欺で医療費補填、記載先も、事実ですから認めている、巨大国家権力犯罪で有るから、国交省、保険者、労災事業、損保自賠責事業に対して、厚生労働省が所管する法律違反、蹂躙事実を持ち、厚生労働省責任で医師法違反、医療法違反、健康保険法違反、労働者災害補償保険法違反を持ち、先ずは保険者、レセプト審査機関、労災事業、国交省補償制度参事官室、料率算出機構、自賠責調査事務所に対して、医師法違反、医療法違反、健康保険法違反事実、証拠に沿い、調査実施して、医師法違反(医師、医療機関で無いのに、大量の診療情報入手、保管、違法入手後横流しも告発対象)事実で先ず、刑事告発せよ。

3、添付証拠資料を、厚生労働省医政局医事課に、出先に送って有るが、送付する、昨年8月11日昼に起きた、私が運転するトラック後部に、道警所属、札幌東署留置管理課勤務、〇〇〇〇巡査が、勤務明けの運転で、意識を飛ばして、信号待ち中の私の乗るトラックに一方的に追突して、私に重い怪我を負わせながら、〇〇〇〇、加入任意損保共栄火災で先ず、言い掛かりを持ち、治療費他ほぼ踏み倒しで逃げて終わり、理由は”賠償金支払いしたくないから”更に、自賠事業、国交省、加害側窓口損保ジャパンは、自賠法第16条被害者請求受け拒否、自賠法規定無効と、国交省、損保、司法で、法に拠らずでこう決めて有る、が理由、これが加害者現職警察官と、任意自動車保険、自賠責事業共謀犯罪序章。

4、止むなく、トラックに掛けて有る、東京海上日動任意自動車保険、事業用保険人身傷害特約を、東海は”加害者過失10割で、何故東海が補償支払いしなければならない”と、当然の苦言を呈したが”自賠法無効化を闇で決めて有る、国交省、料率算出機構、加害側自賠窓口損保ジャパン、加害者任意共栄火災、東海で、闇取り決めで、人身傷害の請求を受け、自賠支払いを東海に行う、と談合検定され”人身傷害適用可。

5,東京海上日動人身傷害担当は、私の怪我が非常に重い事を、複数の医療機関担当医師が、医学的に証明した情報を得た上で”損保の取り決めで、6カ月以内で補償打ち切り圧力を掛けて来た、交渉して、今年3月16日を、法にろらず、支払い限度、以後支払い拒否となった。

6,止む無く、後遺症審査請求を行い、送った複数の医師の診断書、損保で取り寄せた治療関係情報と、偶然東海が持って居た、私が過去、追突されて後遺症14級が下りた、平成20年10月21日、〇〇〇氏一方的追突人身加害情報を、東海が当事者で無いが、偶然所持しており、一括代行、自賠損保が何処かも不明(国交省は東海と共謀で、東海自賠と虚偽の答え、実際は、自賠責日本興亜、一括代行三井住友、基本情報は、私以外所持せず)これら医師法から適用、守秘情報を、自賠責事業、東京海上任意部署で、医師法違反等行為に手を染めた悪用実施、添付証拠で証明。

(1)自賠責事業、東海任意担当は”手に入れた、交通事故に係る診療情報、検査記録、複数の主治医の診断書記載を、医師法第17条違反行為を持ち、各検査記録上も、主治医の診断と異なり、後遺症に該当する、医学的所見は見当たらず”平成20年10月21日に、後遺症が下りており、今まで重い行為傷害が残存して来ており、今回の同様部位の受傷は、この重い後遺症を下回った怪我であると、主治医の診断も無く、医師法違反診断で決定を下して居る、この件も、医師法第17条違反である”他にも、医師で無く、医療機関でも無く、診療情報違法入手、診断を行っている、との記載も有る通り医師法第17条違反、医療法違反で診療情報取得、使用、保管行為を認めている、これだけの犯罪を持ち、医師法第17条違反行為で違法診断を下して、公式文書で犯罪を認めて、発行しており、明確な医師法第17条違反、医療法違反が適用され、医師法第31条による、100万円以下の罰金、3年以下の懲役刑が、先ず適用となる。

(2)医師で無い、薬剤師、看護師、柔道整復師でも、医師法違反で診断を下した証拠、まして、主治医の医療行為、診断を否定した診断等を、証拠を残して下せば、医師法第17条違反で摘発され、刑事罰則が適用されています「国交省、自賠責事業、民間損保一括代行等と言う事業に、医師法第17条違反行使特権は有りません、医師法第17条違反は立証されていますし、医師で無く、医療機関でも無いのに、違法に診療情報等入手、違法保管行為も認めており、医療法違反も確定しています、違法なレセプト(カルテの一部)も、保険者、レセプト審査機関、労災事業から提供を受け、違法使用、保管しており、この件も医師法違反、医療法違反、健康保険法違反から適用です、厚生労働省、所管法律、医師法、医療法、健康保険法の規定を持ち、これら犯罪事業に対して、調査、告発を求める。

7、私が一方的第三者行為傷害被害を受けた、昨年8月11日の傷害事件では、加害者は現職警察官、共謀犯は自賠責事業、共栄火災、日本興亜損保、東京海上日動となっており”医師法違反等犯罪を、彼ら自身で証明した上で”これ等犯罪、医師法第17条違反他、立証済み犯罪から、厚生労働省も見逃すなら、今後医師法違反等を絡めた犯罪は、整合性を持った摘発、刑事事件扱いは不可能となります、今年3月29日、私が高温焼却炉の下敷きとなった、重大な第三者行為傷害事件でも、今度は〇〇〇〇巡査も、第三者行為傷害加害者と、東海、提携弁護士が言い掛り、刑事事件から捜査介入等しています”この三件の第三者行為傷害事件で、関与させられて居る主治医は、診断書を取って居ない医師も含めると8人、医療機関は下記数医療機関に上って居ます。

※北新北、東病院、統合後の北新病院、実際は三医療機関、コスモ整形外科、大塚眼科、中村記念病院、渓仁会病院、xxx病院、これだけの医療機関、主治医が、刑事上も関与して居ます。

8,添付書類の通り”自賠責、任意自動車保険事業による、医師法第17条違反他診断”に関して、複数の主治医にこの医師法違反証拠を送り、法による、主治医からの診断書追加発行を求めてもある通りです”自賠責事業、任意自動車保険、傷害保険事業、法曹資格者に、医師法第17条違反行使特権、医師の医業否定、犯罪決定権等有りません、又、自賠法、保険業法、健康保険法、労働者災害補償保険法で、患者の診療情報、健康保険、労災使用情報自賠責、任意保険事業に、更なる横流しも認め、損保、共済事業社、医師で無く、医療機関でも無く、保険者でもない事業者と承知で横流し、医師法違反等行為で悪用させて居る事も、犯罪です。

※損保、提携弁護士の言い分は”自分達は医師でも医療機関でも無いのに、診療情報等を渡す側が犯罪責任を負う”違法で手に入れた情報を、何処に流して使わせても、流した方が悪いから責任は無い、医療機関で無いから、診療情報、健康保険情報、労災情報は、どう扱っても違法責任は来ない、個人情報保護法も、国交省、金融庁、司法は課さないとしてくれているから、刑事、民事事件に使えている、法によれば、医師法違反、医療法違反、健康保険法違反で取得情報等、刑事、民事で使える訳が無い、等答えて居ます。

9,今年3月29日の傷害事件では、加害責任者から捜査機関に対して”〇〇〇〇巡査に、5割以上加害責任が有ると、東京海上日常生活特約担当が言いがかって居る、自分には5割以下の責任との事、これで有れば、自分に全責任は無い故、補充捜査を求める、と文書も出て居て”xxx病院、〇〇〇〇医師(x大付属医局派遣医師)に対して私から、昨年の交通事故関係診断書の提供を行い、捜査機関から、素因の競合、〇〇〇〇氏の加害責任を、医学的に立証出来るか否か、捜査回答願い(日本初の、自賠責、任意自動車保険、傷害保険事業犯罪診断の合否捜査)も出ています、医師法違反で捜査にも介入実例、厚労省が、医師法他違反握り潰しで逃がせる状況では有りません。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5745474
ユニークアクセス:4919351
今日
ページビュー:2699
ユニークアクセス:2655
昨日
ページビュー:3044
ユニークアクセス:3038

Feed