エントリー

2021年10月13日の記事は以下のとおりです。

報告です

  • 2021/10/13 15:21

労基、札幌市国保とかと話しまして「第三者行為傷害の治療で、緊急避難措置と言う設定で、健康保険を仮に使い、保険者が加害者、加害者側損保に、立て替えた医療費の回収手続きを取るに当たり”患者も、自信の重要な守秘情報を、正しく守らせる為と、公金詐欺を防ぐ目的を持ち”加害側損保、自賠責、任意自動車保険事業に、保険者が違法と承知で、健康保険情報漏洩して、言い掛かりの武器で悪用させて居る、犯罪を、正しく防止する為の手として”次の方法を提示して、私の事件から、実行します」

1,札幌市国保が、東京海上日動日常生活賠償に対して、x万円に上る、高額立て替え医療費の求償を行うに当たり、患者から取る、情報提供同意書に”医師法違反、医療法違反、国民健康保険法違反事業者に、国保情報を流す事は、上記法令違反、個人情報保護法違反に該当するので”厚生労働省医政局医事課、健康保険課”に対して、東京海上が要求して来た、レセプト写し等を、札幌市国保が提供する事が、医師法違反、国民健康保険法違反、個人情報保護法違反に該当するかしないか、市長から厚生労働大臣に対して、合否回答の求めを先ず出して、合法との、法律を備えた回答が出たら、東京海上が求める、レセプト写し等の情報提供に応じる事とする、との文言を加える。

2,この求償事件は加害側過失10割の、重過失傷害事件なので”東京海上日動には、主治医の治療行為、診断に対して、医師法違反で異を唱えて、求償を拒む法律権限は無いので”求償を正しく遂行せよと、会計検査院も度々通達を出して居る事に答えて、一例として、100万円を超える求償事件は、東京海上日動他、損保側の、求償拒否理由等、求償に応じる条件等を、会計検査院、厚生労働省に通知を行い、損保の求償拒絶に、合法根拠があるか否か、審査等を求める、との文言も、被保険者は、同意書に書き加える。

3、交通事故傷害事件であれば”国土交通省補償制度参事官室に対して先ず、一括代行損保が、保険者に求めたレセプト写し等の提供要求に付いて、自賠法違反とならない法の根拠回答と、提供した情報が、違法漏洩、悪用されない事を、情報の扱い方、情報の流れる先、情報守秘責任の果たし方”等を、法を持って国交省に答えを出させる前提で、上記文書と、損保が要求する、レセプト写し等を合わせて、保険者は国土交通省に対して、送付する事の遵守要求記載する。

4,当然会計検査院に対しても”損保からの、求償に対する条件等を、高額案件から、全て通知して、会計検査に事前に備えて置く”これも記載する。

合憲、合法も何も知らない国家独裁権力

  • 2021/10/13 13:59

他者の言う事を聞こうとしない、自分が思い込んだ事以外、強制的にでも、聞こうとせず、潰す人間は、ほぼ「言われて居る事に付いて、正しい知識、理解する素養、資質等が欠落した人間です、言われて居る事に対して”自分に不都合な事が、強く有ると察する事は出来るので”逆上して、遮断して、居直り、相手を封じ込みに走ります」

本当に、言われて居る事が理解出来ない人間は「分からずじっと聞いてだけいる、言われて居る事の内、疑問を呈する内容が有れば、疑問に付いて考え出します、言われる事を、強引に遮断する人間は”心辺りが有る人間ですよ”不都合な事が、自分、組織に有るから、強引に遮断に走る訳です」

権力テロ、犯罪と対峙するなら特に、相手の反応の多様性に付いて、理由から予想して、次々対応策を講じるべきです、司法、警察、国、地方行政機関、報道カルト、政治権力、事業者等等「殆どの場合”不都合を手掛けて居て、指摘、指弾、糾弾されたなら、代替、一定心当たり、法に触れる、社会的に正義では無い事に、心当たりが有りますよね”」

問題はその先です「特に何かの権力を、自分は持って居ると思って居る人間は”多くの場合、不都合な事実の指摘、証明等を出されると、逆上して、遮断に走ります”それでもまだ、聞いては居て”次から是正しようと考える人間であれば、逆上、逆恨みに走って、言い掛かりで、自己責任逃れ目論見で、陥れに走ったりしない場合が多いから、良い方です」

その点、損保、法曹資格者他は、最悪の部類集団ですよね「半世紀以上昔にでっち上げた、合法賠償潰しの手口、特に医師法違反、主治医に第三者行為傷害の治療カルテ偽造を命じて、手を汚させて、一般傷病の治療だと、カルテ他偽造で公式偽装して、合法な、加害者が負った賠償債務の補填支払い責任逃れして居る、損保、司法犯罪実例通り、の実体験です」 --

自己防衛の為に、現実認識から心をそらして、自己を保って置いて、逃れた後からが

  • 2021/10/13 12:23

内乱、テロ、戦争が起きて、自分も日々、死に直面し続ける、殺されるであろう境遇に、日々置かれて居て、自分では逃れる術が無い日々が、長く続き、明日は殺される可能性が高い、夜が明けるのが怖い日々を、一日刻みで続けさせられた、運良く、自分は救い出された、奇跡的に生き延びられただけ。

こう言った、極限状態に、長期間置かれて、自分では逃げられる可能性は、全く無くて、他の囚われ人等は、次々隣地等を加えられて、虐殺され続ける境遇の中で、自分を殺す、現実認識から、心を逸らして、自分の正気を保ち続けた上で、奇跡的に、絶望以外無い境遇から救い出されただけ、生き延びたのは、たんに運が良かったに過ぎない、これをきちんと理解出来た上で、奇跡的に生き延びられた事を、数十日後位に、現実として認識できる精神状態に回復、改善出来てからが。

絶望の中で、救い出される可能性を信じる事にして、日々の絶望を、心から排除して、自己を保ち続けた日々が、一気に現実認識を備えて、襲い掛かって来るんですよね、夜寝る前、就寝中等特に、眠ると絶望から、実は救われて居ない朝が来るのではないか(;'∀')と、恐怖の極限状態に陥り、朝まで、まんじりとも出来ない夜を重ねる、等を経験し続けるのですし。

不眠が積み重なり、意識を失うと「薬で意識を殺して、意識不明になるのであれば良いが、不眠が続きすぎて、睡眠状態に落ちたのであれば”救いが全く無い、日々明日まで生きられるか?この絶望の日々を送った”幻影が、一気に襲い掛かって来て、絶叫と共に飛び起きる事も、長い年月重ね続けます」

寛解するには、等無いですし、誰にもそんな事も分かる訳が有りません、同じ極限の絶望に置かれて、日々奇跡的に生き延びられただけで、何れ自分が、虐殺対象となる日が必ず来る、究極の絶望の状況から、心を殺して現実逃避し続けて、自己を保っただけ、奇跡的に救われただけで、虐殺される今日は、自分にも来て当然で、逃れる術は一切無かった、この状況に置かれた人達に、寛解など訪れ無いです。

精神科、心療内科で出す、睡眠導入剤って「意識を殺して、意識がある状態を無くする薬で、夢を見る等無い、夢を見る事で、症状悪化を招く”心を殺す事が、睡眠状態になると、出来ず、見ると心が壊れかねない過去の、絶望の日々を、夢で再現してしまうから”とか」

絶望の日々から、偶然救い出された人は、その後から「夢にうなされる日々も来てしまい、意識を殺して、夢等見られない、意識を殺す、薬が切れて、意識が戻る日々も送る事と、生きて居る限り、認知が悪化して、記憶が消えるまで、なったりすると」

主治医の医療行為、診断で、傷害保険、生命保険は通る、医師法による、ですが

  • 2021/10/13 08:18

一般的な傷害保険、生命保険は「主治医の医療行為と、診断内容により”保険の適用の合否が判断されるし、規定が満たされたと主治医の診断書、証明書で顕されて居れば”保険金支払いされます、原則こうです、法律に拠る、保険の適用の合否判断と、合格なら、保険金支払いがなされるのです」

労災事業も「建前上は”特に厚生労働省と、国の行政機関統合によって、変わってからは特に”あくまでも、主治医、医療機関の医療行為、県債、診断、証明が、労災適用の可否根拠で有り、支払い合否の根拠とされています、医師法等の正しい遵守の鉄則、によっています」

所が「自賠責事業、任意自動車保険事業、第三者行為傷害事件で、加害側が対人賠償債務を負い、保険会社が賠償債務補填責任を負った場合となれば”医師法破壊、主治医の医療行為、診断、証明に、合法は無い、医師法違反、犯罪診断、賠償踏み倒し目論見の、言い掛り診断が、常に主治医の医療行為、診断を叩き潰せて通って居ます”」

この所業に、合法は一切存在して居ませんが「損保の下僕に落ちている、法曹権力等が”芭蕉論、赤本診断、素因の競合診断をでっち上げて、医師法破壊で、この犯罪診断が適法と、合法無しで判決を下し捲り”」

でも「犯罪診断が適法とはならないから”主治医に、犯罪診断が適法判決を突き付けて、第三者行為傷害受傷の治療を、一般傷病と偽造したカルテ作成を命じる手で”犯罪診断適法判決が、正しい診断だったと、犯罪で偽って成功させて有ります」

この犯罪事実も含めての「法務省、最高裁広報の、事実による公言”憲法、法律、閣議決定は全て間違いだから、効力は無い、守る必要は無いんだ”弁護士、検事、裁判官が、憲法、法律に拠らず、独善で決めれば、正しい答えとなるんだ、この答えが出されて居ると言う事です」

多くの平民は「国家権力集団の多くは”憲法、法律規定の正しい意味も分からない”ので、憲法、法律順守等不要、これを凶行している事も、知らないんですよね、憲法、法律規定を、事実に添えて、憲法、法律違反と指摘、指弾しても」

法務省他役人、法曹権力、報道カルト、政治権力構成員の大半は、本当に分からないから、通じさせられる訳も有りません、憲法、法律も何も、まるで理解不可能な頭で、絶対神と据えられて居る事を悪用させて「憲法、法律蹂躙、犯罪の制度化をでっち上げて有るんです」

今、x族による憲法第1,4,8,88条破壊、独裁恐怖国家支配集団実現、に暴走事実も、同じ理由ですよ、憲法、法律等、碌に知らない、文言、効力等分からないで、独裁権力行使テロ、に走っている結果です。

憲法第4条、憲法の遵守破壊事実と

  • 2021/10/13 07:55

憲法第4条は「xxは、憲法で定める国事行為を行い、国政に関与は出来ない、と言う規定ですよね、憲法第1条では”xxは国民の総意で成り立つ、等規定されているし、憲法第8,88条では”xxは、特定の権力、機関、個人と、xx利用になる繋がりを禁じて有りますし、ですが”法務省、最高裁が言い放ち、実行して居る、憲法、法律、閣議決定は、全て間違いなので、守る必要無し、効力無し”この言葉通りの実行事実も有るように」

xx達も「今では公然と、日本国憲法、法律破壊を、公然と行い、通せて居るんです、私利私欲を果たす目論見で、国をまともに保つ、最大、絶対の武器の筈の、憲法、法律は、xx族、法務省、司法他が、現実に無効化させて、通して居るから”法治国家日本は、現実として、とっくに破綻させられて居ます”」

憲法、法律を、社会の正しい常識を軸に据えて「条文内容を正しく理解して、適用させて、合否を出す、憲法、法律を犯した事が証明されたなら、正しく是正、処断しなければならない、法治国家を維持する為の鉄則も何も、xx、三権、報道カルトの手で、根こそぎ破壊されています」

教育の根本から、憲法、法律を正しく、深く理解等不要、自己利益を実現させられれば良い、それを果たす為に「場当たりの詭弁、虚言、三段論法、言い逃れして、逃げる事を常とする事、この教育の成果が”悪貨が良貨を駆逐して通って居る、今の日本を生み出して居るんでしょうね”」

法律規定の鉄則、根幹からして、法律無効化テロが常故、意味を奪われている現実の通りです「憲法、法律の正しい理解を軸とさせて、正しく憲法、法律を踏襲出来る知識、思考、判断能力等が”欠落して居る巨大国家権力構成員ばかり”が、憲法、法律強制無効化実現、この国の現実を生み出させて居ます」

設定だけの全能の神、この現実も把握出来ないで、設定が事実で、全能の神、と錯覚して”自分達の決定的な憲法、法律違反、犯罪行為、テロ行為事実を証明されて、糾弾されると”逆恨みを募らせて、権力の悪用により、邪魔な事実、証拠、言論封殺に走るのみ、正しい教育が失われて、公徳心の喪失を徹底させて(誰かに褒められたくて、は違う)私利私欲を満たす事が全て、広い視野等不要、これが全ての人間を生み出して来た成果でしょう。

長い事大工、建設業に従事して来て「二十代前半、中頃から”大手住宅メーカーの施主”が、こう言う人間が主体になって来た、自分が思うだけ、を否定されれば逆上、異論を封じて、自分が思った事が正しいと、メーカー営業に抗議して、異論を潰す”施主が大半に変わって来ましたから」

三権分立と言う建前で、無責任を糊塗

  • 2021/10/13 07:24

x室が「独裁国家支配権力の本性を剥き出しにして、虫けら平民如きが、神の末裔?で有る一族の行為に”憲法、法律規定違反と指弾、証明して”憲法、法の順守を求めている事を、独裁国家支配権力の、闇に隠して有った、独裁権限の行使を、遂に表で行使して、憲法、法律破壊を実現させて」

要するに「自分達が不都合な事実、行為証拠に、合憲、合法と証明、反論出来ず”強権発動に走り、事実毎隠蔽に走り続けて居る”自分達が憲法、法律を犯し捲って居る事実と向き合えないので、独裁権力を、遂に表だって行使して、正論、正しい憲法、法律違反事実、証拠毎抹殺に走り続けて居る、戦前でも、x族がこれをする事は無かった、筈ですよね、軍部と財界等が、操って居た存在ですから」

現実無視で、人如きを「建前上の神、憲法、法律を犯す事の無い、正しい存在と、設定で据えて有る人は”ほぼ、設定だけだと言う現実と向き合えず”自己狂信に走り、設定は事実と錯覚して、深化させて行きますよね、こうなるともう、己の所業が憲法、法律に反して居る、法令違反である、憲法、法律規定を正しく理解出来て居ない故では、と、正しく事実、証拠を揃えて指摘、指弾される事に耐えられません」

で、向く先は「自分が憲法、法律、社会常識、社会正義に背いた、との事実、証拠を、独裁権力悪用により、強制抹殺、隠蔽する事に走るのが常です、旧ソビエト連邦と衛星国、旧カンボジアポル・ポトによる所業、オウム事件等々の踏襲に走ります」

今、日本国でも「憲法規定上、絶対に認められる筈が無い、x族達が、独裁権力として、憲法、法律破壊、独裁絶対君主に座れている現実を、日々形で顕して通せて居ます”政治、行政、警察、報道カルトの大きな所”が、独裁君主となる事が禁じられて居る、x族と結託して、憲法違反行為を重ねて居ますよね」

法務省、最高裁広報が「公然と、事実に沿い言い放って来て居る”憲法、法律、閣議決定は全て間違い、法曹資格者が、独善で決めれば正しくなる”この事実通りの発言通り、が、x族達による、独裁絶対君主と、実際なっており、合憲、合法の破壊を指示して、実現させられて居る今、も生み出せて居る訳でしょう”」

己自身の本当と、全く向き合う事が出来ず「自分に不都合な真実を、独裁権力行使で闇に葬り、自分が常に正しい、憲法、法律、社会正義、常識の蹂躙等無い、楯突く虫けらを、強権で抑え込んで、服従させる独裁権力の自分に、公然となり切る、これに走って居ると」

三権分立の徹底、あらゆる権力、個人とx族は、x族権限の不正利用目的癒着等禁止、憲法規定による、全て破壊されて居る、今の現実です。

資質が欠落した人間を、xxxと祭る事の結果の体現でしょう、憲法第1,4,8,88条の蹂躙等現実も何も、理解不可能な人間を据えた結果でしょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5837897
ユニークアクセス:5010735
今日
ページビュー:559
ユニークアクセス:557
昨日
ページビュー:1947
ユニークアクセス:1925

Feed